凛「なんてことなの……」

幸子「いい加減に帰してくれませんかね」

凛「だって」サワサワ

幸子「もう日も落ちましたよ。一日は経ってませんけど」

凛「……私だって、帰りたいよ! ……でも……」ピョコピョコ

幸子「まず手を止めましょう」

凛「…」モフモフ


2 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:28:07.57 :E9Jl1Tyl0

凛「止まんないね」

凛「正直」

凛「止めらんないね」


幸子「……何がそんなに凛さんを突き動かすんですか」

凛「分からないから怖いよ」

幸子「はぁ……」

凛「はぁ……」モフモフ


3 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:29:46.37 :E9Jl1Tyl0

凛「…」モフモフ

幸子「…」

凛「…」ピョコピョコ

幸子「…」

凛「…」クイクイ

幸子「…」

凛「……何なの」

幸子「へ?」

凛「逆に何なの……?」

幸子「な、何がですか……」


凛「幸子の横ハネってなんなの!」モフー


幸子「逆ギレ!!?」


4 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:31:19.33 :E9Jl1Tyl0

凛「どんな日でもどんな時でも跳ねてるし」

凛「幸子が元気ないと気のせいか垂れてるような気がするし」

凛「逆に元気な時はぴょこぴょこ動いてるし」

凛「なんなの」

凛「怒るよ?」


幸子「ボクこそ怒りますよ?」

凛「…」

幸子「…」

凛「……ごめん」

幸子「はい」

凛「……はぁ」

幸子「溜息をつきたいのはボクの方なんですが」

凛「いいよ……ついて」

幸子「…」

凛「…」

幸子「……ハァ……」

凛「はぁ……」モフモフ


5 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:31:58.99 :E9Jl1Tyl0

凛「こんなとこ、誰かに見られたら何て言われるか……」クイクイ

幸子「そうですよ……ほら、いつもクールな凛さんの本性が年下の髪の毛を弄って一日を潰す女だって知られる前に、早く手を止めましょう?」

凛「具体的な例えやめてよ」

幸子「こうなるのがイヤだったら止めるべきです!」

凛「……うぅ」

幸子「それじゃあ……そうですね、いっせーのーでっ! で僕が離れますので、凛さんも手を」

凛「ダメだよ!!」

幸子「もう! そんなこと言ってないで、ほら!!」

凛「ま、まっ、待って! そんな、そんないきなり離したりしたら……!!」

幸子「どうなるって言うんですか!?」


凛「最悪死ぬ」


幸子「えっ」


凛「最悪死ぬ」


6 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:32:35.76 :E9Jl1Tyl0

幸子「…」

凛「…」

幸子「…」

凛「……はぁ……」ピョコピョコ

幸子「えっ死ぬんですか」

凛「うん」サワサワ

幸子「ど、どちらが……」

凛「二人とも」

幸子「ボクも!!?」

凛「うん」

幸子「どうして……」

凛「いや、それはさすがに……ほら、言えないよ」

幸子「どうしてですか……」

凛「えっ、そ、そんなの……」

幸子「教えてくださいよ……」

凛「だって、ほら…………血とか」

幸子「流血沙汰!!!!」


7 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:33:54.60 :E9Jl1Tyl0

凛「見たくないでしょ? そんなの」

幸子「当たり前です!! なんなんですか……こわ……えっこわ……」

凛「でも大丈夫、このままだと血は流れないから」

幸子「このままじゃダメなんですー!」

凛「えぇ……」

幸子「えぇ……ボクのセリフなんですけど……」


8 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:35:18.21 :E9Jl1Tyl0

凛「…」サワサワ

幸子「…」

凛「……あっ」

幸子「……なんです」

凛「いや……何でもないよ」クイクイ

幸子「そんな、気になるじゃないですか」

凛「……でも絶対後悔するよ? 聞かなきゃよかったって」

幸子「……逆に気になりますね」

凛「いいの?」

幸子「ま、まぁお願いします」

凛「うん……いや、なんかさ」

幸子「はい」


凛「その…………幸子の横ハネって美味しそうだよね」


幸子「一回殴っていいですか」

凛「ホントゴメン」


9 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:35:52.41 :E9Jl1Tyl0

幸子「気でも狂いましたか? 病院に行きましょう」

凛「あの、流れるような、罵倒は、ちょっと」

幸子「でも同じこと言われたらどうしますか」

凛「そんなの言われないと分からないよ」


幸子「凛さんの髪の毛って美味しそうですね」


凛「一回殴っていい?」

幸子「ほら」

凛「ホントゴメン」


10 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:37:54.80 :E9Jl1Tyl0

凛「違うんだって」

幸子「何がですか……」

凛「なんていうか……違うの」

幸子「はい」

凛「ほんと、咄嗟に思っただけで、別に本心で言ってる訳では決して」

幸子「本音は」


凛「揚げてポン酢」


幸子「」ボス

凛「うっ……」


11 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:38:28.37 :E9Jl1Tyl0

凛「ふともも……」スリスリ

幸子「この話はやめにしましょう」

凛「えっ……」

幸子「やめますよ」

凛「…」

幸子「…」

凛「…」ピョコピョコ

幸子「ん……」

凛「…………炒め

幸子「」ボス

凛「うっ……」


12 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:39:34.79 :E9Jl1Tyl0

凛「……でも、よかったな」

幸子「……?」

凛「ほら、なんだかさ……幸子と距離が近くなったような気がして」

幸子「凛さん……」

凛「ふふ、ちょっと嬉し

幸子「物理的に近いだけじゃないですか」

凛「はい」


13 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:40:13.82 :E9Jl1Tyl0

凛「もうさ」

幸子「はい」

凛「持ち帰っていいかな」

幸子「いやです」

凛「だめかぁ」

幸子「逆に了承すると思いましたか」

凛「微塵も」

幸子「ですよね」

凛「まぁ、でも」

幸子「はい」


凛「例えそれが1%に満たない確率であってもさ」

凛「信じることが大切なんだって」

凛「信じていればいつかは成し遂げられるんだって」

凛「限りない絶望の中でも、そこに一筋の光を見つけることが」

凛「私は大切だと思うんだ」


幸子「は?」

凛「…」ピョコピョコ


14 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:40:47.40 :E9Jl1Tyl0

凛「幸子怖いよ」

幸子「あなたのせいです」

凛「さちこわい」

幸子「は?」

凛「……そんなこと言って、カワイイ顔が台無しだよ」

幸子「えっ///」

凛「ちょっろ」

幸子「」ボス

凛「うっ……」


15 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:41:25.39 :E9Jl1Tyl0

ゴソゴソ

幸子「ヒッ!?」ギュ

凛「あぁっさちこっ」ギュ

幸子「な、なんですかいまの……」

凛「幸子、どうしたの? 私のこと好きなの?」ギュ

幸子「お、驚いただけです! 離してくださいっ」

凛「あっ……」

幸子「ま、全く……」

凛「ちなみに私は幸子のこと大好きだよ」

幸子「ふが」

凛「楽しい」


16 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:42:05.32 :E9Jl1Tyl0

ガタガタッ

幸子「わぁっ! や、やっぱり何か……!!」

凛「机の下……? もしかして」

幸子「えっ……もしかして」

凛「……出てきなよ。さもなくば幸子の横ハネがすごいことになるよ」

幸子「うーんアバウト」


モゾモゾ


乃々「……あ、ど、どうも…………も、森久保はそろそろお家に……」コソコソ


ダダダダ

乃々「!?」

凛「捕まえた」ニコ

乃々「ヒッ」

ダダダダ

凛「ただいま」ピョコピョコ

幸子「なんなんですかこの人」

乃々「」ガクブル


17 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:43:28.29 :E9Jl1Tyl0

凛「乃々」

乃々「ひっ……は、はいぃ……」

凛「……見てたね?」

乃々「……な、なにを

凛「正直に言いなよ」

乃々「見てました」

凛「ふーん……そう」

幸子「」アワアワ

乃々「」ガクブル

凛「」ピョコピョコ


18 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:44:28.45 :E9Jl1Tyl0

乃々「……じ、事務所に来て、気が付かずに机のしたに籠って……で、出ていくたいみんぐぅを……逃しまして……」

凛「成程ね」

乃々「け、決して覗き見していたわけでは……」

凛「どこから見てたの?」

乃々「……ぽ、ぽんずぅ……」

凛「成程ね」

幸子「うわぁ……最悪のタイミングですね」


19 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:44:54.87 :E9Jl1Tyl0

乃々「あ、あの……お二人はいったい何を……」

凛「いや、幸子の横ハネを弄っていたら抜け出せなくなっちゃって」

幸子「はい」

乃々「…………はぁ……」

幸子「これは理解出来ていない顔ですね」

凛「理屈で考えるんじゃない、本能で感じるんだよ」スィブリィーン

幸子「こういう時はふとももにダメージを与えましょう」ボス

凛「うっ……」

乃々「えぇ……」


20 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:45:59.35 :E9Jl1Tyl0

凛「まぁでも、偶然にも乃々は私達の、うん、……こ、これを見ちゃった訳だね……///」

幸子「どうして赤面してるんですか……」

凛「乃々」

乃々「は、はいぃ……」

凛「決して誰にも言ってはいけない……いいね?」

乃々「け、けっして……!」

凛「うん、よろしい。主に私の株が危ないからね」

幸子「ボク達の中では既にダダ下がりです」

凛「はいはい幸子幸子」

幸子「なんですかそれ」

凛「いい? 乃々」

乃々「は、はい……」

凛「もし、乃々がこのことを洩らしたら……」

乃々「…」ドキドキ

凛「乃々の縦ロールを弄り倒すからね」

乃々「ひ、ひぃ……!」

幸子「末恐ろしい……!」


21 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:46:35.60 :E9Jl1Tyl0

幸子「……ん?」ピコーン

凛「どうしたの」サワサワ

幸子「……一度乃々さんの縦ロールを触ってみましょうよ」

乃々「えっ」

凛「何で?」クイクイ

幸子「ほら、もしかしたらボクの横ハネ並にイイものかもしれませんよ!」

凛「ふーん……」ピタッ

乃々「えっ」


22 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:47:06.57 :E9Jl1Tyl0

凛「幸子、ちょっとどいてもらってもいい?」

幸子「はい!」スッ

乃々「えっ」

凛「よいしょ」ガバ

乃々「えっ」ストン

凛「失礼します」

乃々「えぇっ!!?」


23 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:47:58.53 :E9Jl1Tyl0

サワサワ

乃々「あ、あぅ」

凛「ふむ」クイクイ

乃々「ぅぁ」

凛「ほう」ピョコピョコ

乃々「あぁ……」

凛「これは」モフモフ

幸子「フフ」


凛「イケる」ピョコピョコピョコピョコ


乃々「ふえぇ……」

幸子「それではボクはこれで」

乃々「なっ」

凛「じゃあね幸子、また触らせてね」

幸子「また後日会いましょう! 絶対嫌です!」

乃々「まっ」

幸子「お疲れ様でしたーっ!」

乃々「幸子ちゃんのばかぁー!!」

バタン


ムーリィー





おしり


24 :◆5/VbB6KnKE :2016/01/15(金) 22:49:01.52 :E9Jl1Tyl0

皆さんも輿水幸子の横ハネを揚げてポン酢につけて食べたいと思ったことが一度はありますよね?僕はないです
前作です
【モバマス】フレデリカ「シューコちゃーん!」周子「ん?」


25 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 22:57:17.23 :2VclI83Y0
乙です あほ凛ちゃんすき
これはきっと奈緒のもふもふも卯月のふわふわも堪能しきったその先の凛ちゃんなのかなって…

27 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/15(金) 23:23:36.39 :PeWWwKzgo
色んなアイドルのアホ毛もいじってそう


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】【モバマス】凛「幸子の横ハネを弄っていたら一日が終わった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452864361/