【SS速報VIP】【劇中劇】堕天使探偵ラン「悪魔館殺人事件」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447491615/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:00:15.63 :K9hehD/o0

※エ□も隠語も下ネタもほとんど無し
※神崎蘭子が主演のドラマという設定なので、当たり前のようにキャラ崩壊
※事件に巻き込まれるキャラクターは殆ど仮名を使った架空のオリジナルキャラ
※グロテスク表現、猟奇殺人要素有り


※このSSを読むときは、部屋を明るくして、できるだけ離れて観てね!!探偵ランとのお約束だよ!!


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:01:14.14 :K9hehD/o0

プロローグ



中世ヨーロッパ、イタリアの神学者、トマス・アキナスは、キリスト教徒の七つの枢要徳と対比するかたちで


かつて大聖グレゴリウスによって定められた7つの「死に至る罪」を枢要罪として挙げていた



『勇気』『正義』『信仰』『節制』『知恵』『希望』『愛』


『傲慢』『憤怒』『嫉妬』『怠惰』『強欲』『暴食』『色欲』



其れ即ち、罪人を罪人たらしめてしまう根幹的なものは、徳の先にあるものだということを暗に示していた




ならば、徳の高き人間を、徳の先に連れて行こうとするものとは、何者だろうか




隣に座り、味方を騙り、誘い、「死に至る罪」へと導こうと、背中を押す彼等は、一体何者なのだろうか



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:02:59.29 :K9hehD/o0

前日 昼 天界 大天使チエリエルの自室


大天使ラン(神崎蘭子:以下、ラン)「ククク…(くくく…)」

ラン「完全犯罪、成立せり!(完璧な作戦ですっ!)」

ラン「我が親友は制空力を誇示する儀式の最中!(あの子は天使の羽の飛行試験真っ最中!)」

ラン「私の侵入を拒む密室の刻印は既に滅した!(あらかじめ窓の鍵を外しておいたので、簡単に入れました!)」ビシッ!

ラン「この機を逃す手はない!もはや私の目の前には、ただ召されるのを待つ甘美な果実のみ…(今のうちに、チエリエルちゃんのプリンを食べちゃおう…)」

ラン「うっへへ~♪いっただっきま~…」アーン





ガチャ

大天使チエリエル「いっけなーい!わ、忘れ物しちゃいましたっ!!」


ラン「…」


大天使チエリエル「…」


ラン「さらば!」バッ


大天使チエリエル「逃がさない!!大天使チョップ!!!!!」ゴッシャァア!!


ラン「」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:07:07.11 :K9hehD/o0

前日 昼 天界 唯一神の間


唯一神「馬鹿者!!なんてことをしでかしたんだ!!天界の面汚しめ!!」


ラン「…私のせいではない。頭の中でリリスが囁いたのだ(…だって、おいしそうなんだもん)」


唯一神「チエリエルに絶交を言い渡されてもなお減らず口を叩くのかっ」

唯一神「…愛娘といえど、容赦せんぞ!」


ラン「!!」むっかーっ

ラン「求め続ける私を蔑ろにしているのは貴方ではないかっ(食べたいっていつもパパにお願いしてるのに、買ってくれないもん!!ケチ!!)」


唯一神「なぬ!?」


ラン「私を愛するという言葉は、まるで籠の鳥を愛でるが故の巧言そのものだっ(私の事、愛娘愛娘って…でも、パパがなにかしてくれたことある!?ないでしょう!?)」


唯一神「ぬぬぬ…!」


ラン「貴方のその苦痛を強いながら嘯くような態度は、もう見飽きた!(そのくせ、やだっていってるのに、勝手に私のぱんつとパパのぱんつ一緒に洗濯しちゃうし!!もうたくさん!!)」

ラン「パパなんて、大っ嫌い!!!」


唯一神「そこまで刃向かうのなら、よかろう!」

唯一神「お前は未だ、天の上に立つ器では無いということだ!」

唯一神「愚か者め!!人間界で性根を叩き直して来い!!」カッ!!



パカッ


ラン「にゃあー!?」ヒューーーーー…


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:10:28.46 :K9hehD/o0

前日 夜 人間界 日本 D県 警察署


「頼む!俺の仕事、代わってくれ!」ぐいぐい


赤羽根刑事(以下、赤羽根)「な、なんで俺なんすか、先輩」


「お前しかいないんだ!!俺、これから別件の捜査で出なきゃいけないんだよ!!」ぐいぐい


赤羽根「俺、今日彼女と約束してるんですよ!?もう帰るところなんです!!」


「先輩より先に帰るなんて生意気だぞぉ!!このやろっ!」

「頼むよ!この借りは必ず返すから!!大丈夫だって、ほら」

「一人だけ!たった一件の補導したガキの面倒見るだけだから!!」ぐいぐい


赤羽根「じゃあ先輩がちゃっちゃとやればいいじゃないですか!!」


「くっそ面倒なんだよぉ!なんかあの子、いたいけじゃなくて痛い系っつうの?とにかくヤバくてさぁ」

「言ってる事支離滅裂で全然話進まねぇの!!親との連絡も全然できないし…」ぐいぐい


赤羽根「は…はぁ?」


「やべぇ、もう行かなきゃ!!じゃ、またな!!お疲れ!!」ダダッ!!


赤羽根「ちょ…先輩!?早っ!!」

赤羽根「おいおい…まいったなこりゃ…やるしかないのか」

赤羽根「…あの、すいません、さっき出てった先輩が抱えてた子って、どの部屋ですか…?あっ、どうも」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:13:31.24 :K9hehD/o0

ガチャ

赤羽根「…」


ラン「…」


赤羽根(銀髪…不良か?おいおいちょっと待て)ペラッ

赤羽根(名前は…ラン…苗字不明…もしかして外国人!?…でも手荷物の中にパスポートは確認できず…か)

赤羽根(…高速道路走行中のトラック運転手が、徒歩で高速道路を歩いている当該女子を発見、通報、直ちに保護)

赤羽根(事情聴取中に意味不明な言動を繰り返すものの、薬物反応は無し…)

赤羽根(…その他の詳細も不明…うわ…確かに相当面倒だこれ…とにかく)


ラン「…」


赤羽根「あー、コホン、一応名乗っとくよ…俺は、県警の赤羽根刑事だ。よろしく」


ラン「…」


赤羽根(まずこいつに日本語は通じるのか?ていうか不法入国だったらどう対処するんだっけ?くそぉ!!)

赤羽根「は…はろー?ま、まいねーむいず…」


ラン「先刻の人の子の知人か?(さっきの人の知り合いですか?)」

ラン「早々に手綱を引いた方が賢明だぞ(あの人早く止めた方がいいですよ)」


赤羽根「…え?」


ラン「大義名分を殻に被り俗欲に溺れる様は滑稽なり(さっき別の事件で外れるって出て行きましたが、嘘でしょう)」


赤羽根「…ちょ…は?」


ラン「公僕の雑事の前には禊など不要のはずなのに(こんな夜に、顔を洗い髭を剃り眉を整えて取り掛かる刑事事件なんてありませんから)」


赤羽根「…い、いきなり何を言っているんだ…?」


ラン「…あの愚か者は公務を貴様に押し付け、狂宴の舞台に飛んだのだと言っているの(残業サボって遊びに行ったってことですよ、あの人)」


赤羽根「…」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:16:44.70 :K9hehD/o0

赤羽根「な…なにをいってるのか、よくわかんないが…君、多分日本人だろ?」

赤羽根「親御さんに電話したいからさ…君の名前と、住所と、電話番号…」






ラン「我が名は、ラン。大天使ラン。」

ラン「人間界にて暗躍する『七つの大罪の化身』を浄化する使命を授かりし、天より墜とされた堕天使だ」


赤羽根「…」

赤羽根(俺より一回りは年の離れているであろう、その銀髪の少女は、唐突に、それでいて粛々と)

赤羽根(やけに仰々しい日本語で、先輩の魂胆と同じように、自らの使命を吐き捨てるように言った)


赤羽根(これが、最初の出会い。)

赤羽根(とても寒い冬の夜、取調室のなかでの出来事だった…)

赤羽根(後に、綿密に計画された数多の凶悪犯罪をことごとく解決し…そして、その後あっという間に行方をくらました謎の天才少女…)




赤羽根(自称堕天使、ランとの最初の出会い…)


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:19:53.54 :K9hehD/o0

一日目 朝 D県 赤羽根のアパート 居間


赤羽根「…」ピッピッ


差出人 美千香

件名 ハニーのバカ!!

本文 デートすっぽかすなんて最低ですよ!最低!
   二泊三日のスキー旅行で機嫌直してもらおうなんて、安易な手には乗りませんよ!
   もう貴方からは72も要りませんし、受け取ってあげません!!
   私がどれだけ寂しい思いで待っていたか、思い知ればいいんです!!
   一人で寂しく行ってくればいいんですよ!!
   あっかんべ~っだ><!!!!!!


赤羽根「…まいったな…こりゃ、あと一ヶ月は口利いてくれなさそうだ…なんとか誠意見せて謝り倒さないと…」

赤羽根「先走って高いところの予約なんかとるんじゃなかった…旅行はキャンセルだな…」

赤羽根「それに…」チラッ


ラン「場を収める睦言が浮かばないと?(気の利いた事言えないんですね?)」クツロギー


赤羽根「君にもまいったよ…俺は軽犯罪者になる危険をおかしてまで君を手厚く保護してるってのに…」

赤羽根「着替えも無いっていうから、実家から適当なお下がり引っ張り出して、世話してるつもりなのに…」

赤羽根「肝心の君は苗字さえ教えてくれないんだからな」


ラン「二つ名など無い。私の名はランだ(苗字なんてありませんよ)」ふふん


赤羽根「…一応上着羽織らせてるけど…それ半袖だぞ…寒くないのか…?」

赤羽根「とにかくだな、美千香を怒らせたの、君の責任でもあるんだからな」

赤羽根「現住所も言ってくれないせいで、昨日は夜通し捜索願引っ張り出して、あいつほったらかしにしちまったんだから」


ラン「もとより私は真言を話している(だから言ってるじゃないですかっ)」

ラン「人間界にて暗躍する『七つの大罪の化身』を…」


赤羽根「あー、はいはいわかってます」

赤羽根「最寄駅無し。戸籍も国籍も無し。電話番号無し。現住所天界で、親は唯一神。そんで…」

赤羽根「『七つの大罪の化身』とやらを全部浄化すれば、唯一神に、天界にあるお家に帰してもらえるって言われた…」

赤羽根「堕天使ランちゃんですよねー」


ラン「然り(そのとおりですっ)」


赤羽根「信じられるかああぁぁああ!!」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:23:29.96 :K9hehD/o0

赤羽根「だいたい、『七つの大罪の化身』ってなんだよ…流行ってんのか?そんな設定」


ラン「全ての理を知るわけでは無いが、それでも風は私に語り掛けてくる…(詳しいことは私も知りません。ただ、これだけはわかります)」

ラン「この現世には、悪魔の宣告を受けた無数の隠者が息を潜めているようね(この世界に、悪魔に操られた人間は、確かに存在します)」

ラン「発動の刻は…近い…鼓動が聞こえてくるわ…(あなたのすぐ近くにも、いるはずですよ)」


赤羽根「…ホントに天使なら、羽で空とか飛べたりしないのかい?」


ラン「羽根をもがれたから堕天使というのよ(羽、パパに取り上げられちゃいました…)」


赤羽根「…」

赤羽根「へんな娘拾っちまったな…」ポパピプペ

赤羽根「もしもし?三上館の方ですか?二人部屋で予約入れておいた赤羽根ですけど…はい」

赤羽根「すみません、ちょっと行けなくなってしまったので、キャンセルしたいんですが…」

赤羽根「…え?当日キャンセルの場合、キャンセル料が発生?…はい、あの、幾らですか?」

赤羽根「…え」

赤羽根「…」


赤羽根「…」





ラン「甘美な果実!!(このプリン美味しいですーっ!!)」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:27:39.11 :K9hehD/o0

一日目 朝 D県 三上館前


館長「ようこそお越しくださいました、赤羽根様」

メイド「…」


赤羽根「は…ははは…」


ラン「…噂に聞く、巨人族!?(…このおじいさん、体おっきいですねー)」


赤羽根「…」ベシッ


ラン「あいたっ」

ラン「解せぬ…何故私まで…(なんで私まで旅行に行かなきゃいけないんですか…)」


赤羽根「しょうがないだろ…二人部屋で予約取ったし、君だけ置き去りにはできないし…」


館長「私は、この館の館長、三上と申します」

館長「此方は、この館のメイドの、依田です」

メイド(依田芳乃)「…」ペコリ



館長「…あの、そちらのお連れの方は…同じく赤羽根様のご家族ですか?」


ラン「よくぞ聞いてくれた!我が名は」ズイッ


赤羽根「あーっ!!あの、ウチのいとこの、ランです!!どうぞよろしく!!」ババッ!


ラン「むぐ、むぐぐ!!」


館長「は、はぁ…?ラン様もよくお越しくださいました」

館長「初めてのお客様ということで、依田にこの館をご案内をさせます、どうぞ此方へ」


メイド「ついてきてくださいませー」


ラン「ぷは…っ何をする!!(なにするんですかぁ!)」


赤羽根「いいか!?面倒臭くなるから、天使だ何だは一旦置いとけ!!」


ラン「…未だ私を信ずるに足る者として見れないのか(…信じてくれないんですね)」


ガチャ


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:32:39.23 :K9hehD/o0

一日目 朝 三上館 エントランスホール


ラン「わぁ…」

ラン「とっても豪華な洋館…」


メイド「右手に見える大扉に入りますと食堂ー」

メイド「正面の階段で二階に上がりますとそなたたちのお泊りする客室ー」

メイド「正面階段わきの大窓の向こうは中庭ー」

メイド「左手の部屋は用務員控室なので関係者以外立ち入り禁止でございますー」


赤羽根「高いだけあって、流石に広いな…」


メイド「それではー食堂についての説明をいたしますのでー」

メイド「そのままついてきてくださいませー」トコトコ


館長「…む?依田」


メイド「なんでしょうかー」


館長「照明の明かりが鈍くなっている。後で電球を換えておいてくれないか」


メイド「承知いたしましたー」


館長「私は普段、受付か、そこの用務員室におりますので、何かありましたらノックしてください」

全体図↓
1



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:40:03.46 :K9hehD/o0

一日目 朝 三上館 食堂


メイド「食事のお時間は決まっておりますー」

メイド「朝餉は7時から9時ー、夕餉は20時から21時となっておりますー」


ラン「心が躍る…天上の香りが、私を包んでいるようだ…(すごい…まるで、天界に帰ったみたい…)」


メイド「お料理を召し上がりながらーこちらの大きな窓にて、お山の景色を楽しむことができますー」


ラン「おお…」


赤羽根「…すっげー」


メイド「この山々の景色の中にはーいくつかゲレンデのコースになっている所もー含まれていますー」

メイド「滑ってお楽しみいただくお山を、こうして美しい景色としても楽しむことができるのがー」

メイド「この三上館の特徴の一つでありー、館長様の御意向でもあるのですー」にこー



赤羽根「君は、スキー出来るか?」


ラン「戯れ事は不案内よ…(人間界の娯楽知識に限っては、勉強してますが、やれるかどうかは…)」


赤羽根「徹底してんな…」


メイド「では客室へとご案内いたしますー」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:43:30.88 :K9hehD/o0

一日目 朝 三上館 エントランスホール 階段


コツコツ…


ラン「人の子の気配がする…何者ぞ?(あれ?私達の他にも泊り客がいるんですか?)」


赤羽根「当たり前だろ。ここは人気ゲレンデの近くの宿泊施設なんだから」


メイド「そなた達の前に江戸川様という方が一番乗りにチェックインをされておりますー」

メイド「近くの大学スキーサークルの一人でしてー、後でもう5人ほどこられる予定ですー」

メイド「館長様によれば、毎年この時期になると必ず当館をご予約してくれるお得意様たちらしいのでしてー」にこー


ラン「ふむ…」


メイド「エントランスホールの階段は、このように踊り場からは東西に分かれておりー」

メイド「上った先の廊下は、それぞれ中庭を囲むように北に伸び、客室が配置されておりますー」

メイド「この館は、ちょうど、コの字になるような形になっているのですー」

メイド「それはともかくー、そなた達の部屋のある西側の客室へ行きましょうー」

メイド「此方側の部屋には未だチェックインされているお客様はおらずー静かなものですがー」

メイド「件のスキーサークルの皆様のお陰ですぐに賑やかになることでしょうー」トコトコ




コツ…


江戸川「…」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:46:46.22 :K9hehD/o0

一日目 朝 三上館 西側客室前廊下


赤羽根「あの…メイドさん…」


メイド「なんでしょうー?」


赤羽根「俺達、二人部屋で予約を取ってたんですが…」

赤羽根「一人部屋を追加することって、できますか…?」


メイド「…あいにく予約で全室埋まってしまってますがー」

メイド「当日キャンセルの方がいらした場合ー館長様にお願いしていただくことは可能なのでしてー」

メイド「ただしその場合はー追加された一部屋分の宿泊料金をお支払いいただくことになりますがー」


赤羽根「…できれば、お願いします」


メイド「ならば後でー館長様に確認して参りますー」


ラン「代償を支払ってまで袂を分かつとは何事だ?(わざわざ追加料金払って別々にするんですか?)」

ラン「二兎を追う行動など、ただ不毛であるだけよ(キャンセル料もったいないからって泊まったのに…)」


赤羽根「まずいだろよく考えたら…一つ屋根の下に男と女だぞ…もうちょっと自覚を持った方が…」


ラン「恐れるものなど何も無いが?(べつに私、平気ですよ?)」


赤羽根(あぶない…この子…)


メイド「あっ…」

メイド「こめんなさい、鍵を持ってくるのわすれていましたー」

メイド「直ぐ持ってきますー」


ラン「よい、私が持ってこよう(私が行ってきます)」タタタ…


メイド「…」しゅん

メイド「わたし…てんでダメな子でしてー…」


赤羽根「…」なでなで


メイド「あ…」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:49:15.16 :K9hehD/o0

一日目 朝 三上館 エントランスホール


館長「一号室の鍵です」


ラン「解錠術は遥か高みに在り(随分高いところにキーストッカーがあるんですね)」


館長「…そうでしょうか?私はあまり気にしませんが」


ラン「伝説の老兵の前では詮無き事であるか(貴方はおじいさんなのに体おっきいですもんね)」

ラン「羽根を奪われた私は…高みには…望めん…(私じゃ、上の段の鍵まで…届かな…っ)」ノビ―


館長「毎日館の仕事で鍛えられてますからなー」


ラン「試練はいまだ続いてる、と?(そんなに大変なんですか?)」

ラン「私に鍛え方を教えてはくれないかっ(私も早くおっきな体になりたいです!)」


館長「ま、朝早くの雪かきを終えた後はずっと受付か用務員室を往復してるだけですがね」


ラン「…」

ラン「せいぜい励むがよい…(頑張ってください…)」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:52:00.57 :K9hehD/o0

一日目 朝 三上館 西側 1号室内


ラン「悪くない。触覚の芸術といったところか(ベッドふかふかできもちーですーっ!)」ボフー


赤羽根「…」


ラン「顔を上げよ(どうしました?)」


赤羽根「…ダブルベッド…だと…」


ラン「地母神の掌が…包み込んでくる…(おっきいベッドは大好きです!)」ごろんごろん

ラン「む。この書物は…世界の俯瞰風景…(あ、この館のパンフレットだ…)」

ラン「居城の中心に座すはエデンの園か…!くっ、雪化粧、小癪な!(綺麗な中庭!…あ、あれ?雪で全然みえない…)」うろちょろ


赤羽根「まいったなこりゃあ…倍額払ってでも別部屋にしてもらわないと…」


ラン「…人の子の主義主張は、よくわからんことがある。ここは癒しの間なのだぞ?(なんでそんなに落ち込んでるんですか?広くていい部屋なのに)」


赤羽根「…ホントなら、美千香と二人で過ごしてるんだろうなぁ…」


ラン「閃いた!今この時より私は貴方に従属する!!(そうだ!だったら、私のことをその彼女だと思ってください!!)」

ラン「なんなりと私に申してみるがよい!!我が主よ!!(人間達の願いを叶えてあげるのも私たち天使の仕事です!!)」


赤羽根「…」


ラン「近う寄れ…!(さぁさぁ!)」くいっくいっ


赤羽根「…」


ラン「うん?」


赤羽根「…」スタスタ…ガチャ


ラン「解せんぞ!逃げるのか!?(なんで部屋出るんですか!?待ってください!!)」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 18:55:11.49 :K9hehD/o0

一日目 朝 三上館 エントランスホール


メイド「館長様ー、館長様ーっ」


館長「どうした、依田」


メイド「本日のーご利用者の確認をしたくー」


館長「…何か問題が?」



ラン「理由を申せ!我が主!!(待ってくださいよー!!)」バタバタ


赤羽根「俺はココにスキーしに来たんだよ、さっさと行って帰ってくる」


ラン「私を残して娯楽に現を抜かすというのか!?(彼女ほっぽってスキーですか!?)」

ラン「化けの皮が剥がれたな!!主よ!!(そんなだから怒られるんですよ!!)」


赤羽根「よーし!!じゃあ君も来い」


ラン「へっ?」


赤羽根「彼女なんだろ?だったら一緒に滑ろうぜ」ぐい


ラン「し、しかし私には心得が…(で、でもわたし、どう滑ればいいのか…)」


赤羽根「俺が教えてやる。必要物もレンタルできる。いいだろ?」ぐいぐい


ラン「わ、わっ」


ガチャ


メイド「…いってらっしゃいませー」ぺこり


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 19:37:44.46 :K9hehD/o0

一日目 朝 スキー場


赤羽根「神様のバカーッ!!!」シャーッ


ラン「にゃーーーーっ!?」ゴロゴロゴロ






一日目 昼 スキー場


赤羽根「スピードの向こう側へ行ってやるーーーっ!!」シャーッ


ラン「わ、わうっ、わわわっ」のろのろ






一日目 夕方 スキー場


赤羽根「おらおらおらーーーっ!!」シャーッ


ラン「きゃっほーーーーーっ♪」シャーッ


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 19:42:28.70 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 エントランスホール


ラン「い、今一度、絶対零度の旋風を!!(もうちょっとだけ、滑りましょうよぉ!!)」


赤羽根「行きも帰りもめんどくせぇなお前!」


メイド「おかえりなさいませー」ぺこり




ワイワイガヤガヤ


赤羽根(食堂入口脇のソファが騒がしい…)


ラン「…ん?」





男「それでさー…あれ?」

男「君は…さっきすっげー滑り方してた…」


ラン「ほえっ?」


女「あ、ほんとだー!貴方たちもここに泊まるんですかっ?」


赤羽根「あ、もしかして朝にメイドさんが言ってた、スキーサークルの人達ですか?」



男「あはは、もうそんなこと聞いてました?そうです!俺、サークルリーダーの金田一!」

金田一「金田一 一千って言います!」


女「私、七瀬 友紀!よろしく!」

七瀬「ねぇみんな!ちょっと来てー!」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 19:45:56.32 :K9hehD/o0

七瀬「では、ご紹介しまーす!我がスキーサークルのメンバーたち!」

七瀬「まず左から順に…工藤 新二くん」


工藤「よろしく!」ニコー


七瀬「毛利 六蘭ちゃん」


毛利「どーもー!」ブンブン


七瀬「そいで、服部 平五郎くん」


服部「よろしくなー」


七瀬「最後に…あれ?」


金田一「江戸川まだ来ないのかよー…朝から部屋にこもりっぱなしじゃねーか」


七瀬「えっと、あと一人、江戸川 九南くんって男の人が…」


ラン「問題ない。既に存在は察知している(大丈夫です、チェックインした時にメイドさんから聞きました)」


金田一「あいつスキー音痴だからなーっ、とうとう飯食うためだけに来るようになったか」ははは


ラン「…え?」


赤羽根「どうした?」


ラン「…なんでもない」


赤羽根「俺は、赤羽根。よろしく。んで、こいつは…」


ラン「我が名は…」


赤羽根「…」じろ


ラン「…いとこの…ランです…」


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 19:49:22.08 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 食堂脇ソファ


服部「今年初挑戦したんだけどなー」

服部「上級者コースっつっても大したことねーなー」


工藤「そんなこと言って、服部、何回雪だるまになってたか」


毛利「あははっ!」


服部「なんだと工藤ー!!」


赤羽根「いやいや、難しいですよあそこ!俺もまともに滑るのがやっとで…」


金田一「友紀、今何時だ?」


七瀬「もうすぐ…8時かな?」


金田一「おっせーな、あいつ…そんなだから皆にいつもバーローって言われんだよ」


七瀬「たしかに遅いね…どうしたんだろ」





ラン「アブソリュートの障壁か…つくづく小癪な真似を…(ふぶいてきましたね…中庭がよく見えません…)」


メイド「山の天気はー変わりやすいものでしてー」


ラン「…」


メイド「それを踏まえた上でもーこれはー近年まれにみるーふぶきかたですなー」


ラン「…ん?」


メイド「…どうしましてー?」


ラン「眼前に見えるは、癒しの籠か?(あそこの窓…誰かの客室ですか?)」




ラン「風窓を開放するにしては、今は冷気も闇も深すぎる(窓が開いてますよ…部屋の明かりがもれて…)」


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 19:53:01.22 :K9hehD/o0

メイド「…おやー?たしかにーひらかれているようですねー」

メイド「…ろくー…ななー…はちー…あの窓はおそらくー8号室ー」

メイド「ええっとー、江戸川様のー客室かとー」


ラン「…なに…?」




赤羽根「どうした?ラン」


ラン「見よ。安寧の窓が解放されている(あそこを見てください、江戸川さんの客室の窓が開いてるんです)」


赤羽根「…なんだありゃ?」


ラン「アブソリュートの吐息を好んで受ける愚者など居ない(こんな吹雪の中、窓を開けているなんて、変です)」

ラン「暴食の徒であれば、既に晩餐の香りに魅せられている時間ぞ(それに、金田一さんの言うようにご飯だけ食べに来たんだとしたら、何故前もって降りてこないんでしょうか?)」


赤羽根「…」


ラン「従者よ(メイドさん)」


メイド「なんでしょうかー?」


ラン「館の主を、召し寄せてはくれないか(館長さんを呼んできてください)」




サークルメンバー一同「…??」ざわ…ざわ…


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 19:58:06.00 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 東側 客室前廊下 8号室前


館長「江戸川様ー?江戸川様ー?」コンコン


赤羽根「…」


ラン「…」




毛利「あの、どうしたんですか?赤羽根さん」ススッ

工藤「江戸川に用事ですか?」


赤羽根「他の皆さんは、ホールに残っていてください、ほら」


毛利「えっ…?」


館長「江戸川様ー、恐れ入りますが、部屋の鍵を開けさせてもらいます」ガチャガチャ


ラン「…」


ギィ…





ブオッ!!!




館長「!!」


赤羽根「う…お!?」


ラン「なっ…!?」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:04:12.40 :K9hehD/o0

ヒュオオオオォォォッ


赤羽根(扉が勢いよく開いた瞬間、ゾクッ…と寒気がした)

赤羽根(客室の窓からふぶいてきた冷気のせいだけではない)

赤羽根(部屋の中心に見える、一面の赤色…これはおそらく…)

赤羽根(目の前に見える、江戸川さんのもの…)

赤羽根(江戸川さんの心臓が、精一杯生きようとして、『すでに切り離された四肢たち』に血液を送ろうとして)

赤羽根(切断面から勢いよく吹き出し、床や壁にまき散らされた、鮮血の色…)


赤羽根(俺は、無残にも細切れになった江戸川さんの姿を、この地獄を目にした瞬間…不可思議なことだが…)

赤羽根(俺の隣で、俺と同じように言葉を失っているこの少女、ランの、あの言葉が脳裏をよぎった)




―ラン「この現世には、悪魔の宣告を受けた無数の隠者が息を潜めているようね(この世界に、悪魔に操られた人間は、確かに存在します)」

―ラン「発動の刻は…近い…鼓動が聞こえてくるわ…(あなたのすぐ近くにも、いるはずですよ)」










主演:神崎蘭子・赤羽根P(765プロ)

2

3


堕天使探偵ラン 悪魔館殺人事件
4

(OPイメージ)
 

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:05:22.85 :K9hehD/o0

一日目 夜 19:58時点


 A 1号室 赤羽根刑事

 B 1号室 ラン

 C 9号室 金田一 一千(スキーサークルのメンバー。サークルリーダー。)

 D 7号室 七瀬 友紀(スキーサークルのメンバー。サークルサブリーダー。)

 E 8号室 江戸川 九南(スキーサークルのメンバー。)←DEAD

 F 3号室 工藤 新二(スキーサークルのメンバー。)

 G 2号室 毛利 六蘭(スキーサークルのメンバー。)

 H 6号室 服部 平五郎(スキーサークルのメンバー。)

 I 館長  三上

 J メイド 依田


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:16:34.51 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 東側 客室前廊下 8号室前


赤羽根「…」


ラン「…」


館長「江戸川様!」


毛利「ひっ…!?」ぞく…


工藤「な、なんですか?何が見えるんですか!?毛利さん!!」


赤羽根「ばっ…君たち、戻れと言っただろう!!」


ラン「…」


赤羽根「ラン!!見るな!!お前も戻れ!!」


工藤「う、うわぁ!?え、えど…がわ…!?」ビクッ


赤羽根「…ッ、くそっ」バッ

赤羽根「警察だ!!言うことを聞け!!」


毛利「!?け…」


工藤「刑事さん…!?」



金田一「おいおい、何の騒ぎだよこれ?」スタスタ…


赤羽根「金田一君も戻ってくれ!全員エントランスホールに戻るんだ!!」


金田一「え?え?」


赤羽根「いいから戻るんだ!!」グイグイ


ラン「…」


遺体発見時の状況
5


※画像内の、文字の入った○印はその場にいあわせた人間(頭文字)を、黒いつばの様なしるしは視線の方向を表しています

※描くの忘れてますが、赤羽根と館長の間に毛利が居て、皆と同じく部屋の内部を覗いています


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:21:32.70 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 東側 8号室内


赤羽根「…ひでぇな」

赤羽根(冬だったからまだいいものの、夏だったらもっと血なまぐさいんだろうな…)

赤羽根(…一人部屋でも結構広い…余計に床と壁の血痕が目立つ)

赤羽根(この冷気で全部凍ってるかと思ったが…凝固しきってない血もあるな、新しいってことか)


ラン「禊の痕跡は皆無のようね(バスルームは一度も使ってないみたいですねー)」


赤羽根(…入口近くで考え込んでても仕方がないな)

赤羽根(中の様子を、もっと詳細に…)そろりそろり


ラン「!!我が主よ!壁に魔獣の爪跡が…!!(赤羽根さん!あの壁を見てください!!)」


赤羽根(血文字…!)




―貴殿らの所業は 人の身で在りながら 悪魔のそれと相違なし―


―傲慢である 鬼--である 残酷である 下劣である―


―そうであるからこそ素晴らしい 地獄の住人に相応しい―


―だから私は連れ去ることにした ここは貴殿らのいるべき世では無い―


―悪魔王―




ラン「黙示録の宣言か…面白い…(どうやら、一筋縄じゃいかないようですね…)」


赤羽根「…」


ラン「…うん?どうした?こっち見て!!」


赤羽根「ラン…」


ラン「…??」


赤羽根「出てけ」


ポイッ バタン


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:26:43.25 :K9hehD/o0

ラン「我が主よ!あーるーじーよー!!」ドアバンバン



赤羽根「何自然に捜査に混ざってんだ!!戻ってろ!!」

赤羽根「この有様見ても平常運転とは、どんな神経してんだよあいつは…」

赤羽根「…さて」


赤羽根(部屋に入ってすぐ見えるのは、まっすぐ伸びる廊下、右手にはクローゼット、左手にはバスルームのドア)

赤羽根(クローゼットには…持ってきたバッグだけか…中身は…盗まれてるようだな)

赤羽根(廊下を進むと広々とした居間…ソファにローテーブル、ベッド、鏡台、絵画に照明、植木鉢…)

赤羽根(これといって気になるものは見つからない)

赤羽根(玄関からでもわかるようにばら撒かれた、細切れの江戸川さんの死体を除いては…な)

赤羽根(…ベッドの上に放られているのは…ここの部屋の鍵か)

赤羽根(部屋の鍵は閉まっていた…ということは、唯一の出入口は、あの窓だけ)


ヒュオオオオォォォッ


赤羽根(状況から見て、江戸川さんは今夜、何者かによってこの部屋で殺され、犯人は窓から飛び降りた…)

赤羽根(…しかし、ここは2階…出ることは出来ても、梯子か何かを使わないと侵入は無理だ)

赤羽根(あの血文字が本当なら、悪魔王とやらの…怪物の…仕業なのか…?いや…)

赤羽根「寒…っ」


バタン


赤羽根(とにかく、皆に確認しなきゃいけないことが山ほどあるな、いったん戻ろう)


ガチャ


ラン「主よ!私に狩場を差し出せ!!(私にも見せてください!!)」


赤羽根「駄目だ。あんなもん思春期にまじまじと見たら、人格形成に悪影響間違いなしなんだよ」ぐいぐいぐい


ラン「むーーっ!!」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:29:51.62 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 エントランスホール


金田一「あのっ!江戸川が殺されてたって、本当ですか!?」


ラン「…」


館長「…」


赤羽根「…本当だ」


金田一「まじ…かよ…」


服部「おいおい…」


七瀬「…っ」


工藤「…」


毛利「…」



赤羽根「そのことで、君たちに聞きたいことがある、犯人特定のために協力してくれないか」


サークル一同「…」


赤羽根「まず、俺がいない時間、この館で何が起きていたか…それを出来るだけ詳しく教えてくれ」


館長「…」


メイド「ではーわたくしからー…」す…


館長「いや、私から説明させてください」



赤羽根「…どうぞ」


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:34:05.39 :K9hehD/o0

館長「まず、赤羽根様二人がこの館を出発されたときまでは、江戸川様が存命だったことは、間違いありません」

館長「玄関で二人を見送った時に、エントランスの階段から江戸川様がこちらを見ているのを依田が確認しております」


ラン「見ていた?」


メイド「ちらりとだけですがーたしかにおりましたー」

メイド「江戸川様はーその後すぐに自分の客室の方に戻られたようでしたけどー」


館長「その後1時間ほど経ってから、金田一様、七瀬様が、共にチェックインをされ…」

館長「およそ30分後、それぞれ数分おきに、工藤様、毛利様、服部様が、到着されました」


赤羽根「…」


金田一「俺達は、各自荷物をほどいて、エントランスに集合したんだ」

金田一「いつもこのソファに集まってから一緒に出発してるからな」


工藤「僕は、その時に、部屋にいた江戸川に声をかけましたが…」

工藤「『気が乗らない』と断られちゃいまして、皆に言って、仕方なく5人で館を出ました」


赤羽根「その時江戸川さんの姿は、見ましたか?」


工藤「一応…玄関越しにですが」


ラン「彼の、追随を許さぬ疾さの真意はいかに?(江戸川さんだけチェックインが極端に早い理由はどうしてですか?)」


服部「俺らいつも漠然と集まってるだけだから、着く速さまでは意識してないが…」

服部「あいつの場合、滑るより『撮り』がメインだからな…カメラのセッティングだのする為か、毎回俺らより早く来ていた気はする」


ラン「ふむ…」


メイド「皆様が出かけられたあとーわたくしと館長様はずっと受付におりましたがー…」

メイド「スキーサークルの皆様がお帰りになるまで、人の出入りはありませんでしたー」

メイド「先ほどこの館に二つある裏口も確認しましたがーどちらもきちんとしまっていましたー」


赤羽根「つまり宿泊客は、俺たちで全員ってことですね?」


メイド「そのとおりですー…あっ」


赤羽根「?」


メイド「今朝おっしゃられた一人部屋の件なのですがー当日キャンセルなされた方がおりましてー」

メイド「空き部屋が一つ残っておりますー、後で別々のご宿泊ということでご用意できますが―」こしょこしょ


赤羽根「あ…すいません、お願いします」

赤羽根「…こほん、情報を整理すると、今日一日の館の中の状況は、こういうことだな…」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:37:35.27 :K9hehD/o0

※時刻は目安です


 7:30 江戸川、チェックイン

 8:00 赤羽根、ラン、チェックイン

 8:30 赤羽根、ラン、館を出発

 9:30 金田一、七瀬、チェックイン

10:00~
10:15 毛利、工藤、服部、それぞれチェックイン

10:45 サークル5人、館を出発


この間、エントランスホールに人の出入りは確認できず
(館長とメイドのどちらかが常に受付に。いない方は用務員室か個室で待機。)


17:00 日没

18:30 サークル5人、館に戻り、荷物を部屋へ片付けた後、エントランスホールへ

18:50 サークル5人、食堂脇ソファにて談笑

19:00 赤羽根、ラン、館に戻り、荷物を部屋へ片付けた後、エントランスホールへ


19:58 ランが江戸川の客室の異常に気付き、遺体発見


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:41:25.27 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 エントランスホール


赤羽根「…結論から言いましょうか」

赤羽根「江戸川さんを殺した犯人は、恐らく外部犯です」


サークル一同「!」

服部「外部犯…!?」


ラン「…」


赤羽根「現場の状況から見て、犯行時刻はおそらく日没以降でしょう」

赤羽根「仮に貴方たちの誰かが犯人だったとしましょうか。殺すチャンス自体はあります。」

赤羽根「スキーを終え、館に帰った後、同じく皆が自室からエントランスに集合するまでの20分間です」

赤羽根「皆が荷物をほどいている間にその人はこっそり江戸川さんに、部屋の中に入れてもらい…江戸川さんを殺--後、窓から飛び降りる」

赤羽根「そして何食わぬ顔で皆のいるエントランスホールに集まり、談笑に加わればいい」


服部「…」


赤羽根「しかし犯人は、江戸川さんを殺したうえで、さらに遺体をバラバラにしています。」

赤羽根「どれだけ手際が良い人間でも、あの状態にするには少なくとも一時間半はかかると見ていいでしょう」

赤羽根「そんな時間、俺たちにはありません。つまり、犯人は俺たち以外の外部犯ということになります」

赤羽根「犯人は17:00~18:00の間に、江戸川さんの部屋に外から侵入し、江戸川さんを殺--後、遺体をバラバラにし、荷物を奪って窓から逃走したんです」


毛利「荷物を奪った?」


赤羽根「正確には中身ですが。江戸川さんの荷物には、金品含め、ほとんど物が入っていませんでした。犯人の目的は恐らくそれだったのでしょう」


金田一「…」

七瀬「…」

毛利「…」

服部「…」

工藤「…で…でも、まってください」


赤羽根「…」


工藤「あの部屋…2階ですよ?」

工藤「犯人は、どうやって中に入ったんですか…?」


服部「それに、俺は一番初めに食堂脇のソファに座って、皆を待っている間に何気なく窓から中庭を眺めていたが…」

服部「飛び降りた奴なんていれば、直ぐに気付くはずだけど…別に、怪しい人影なんか見なかったぞ…?」


毛利「…」


ラン「全員、断罪すべきカルマについて、我が問いに答えよ(その件について、私も聞きたい事があります)」


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:44:43.20 :K9hehD/o0

―貴殿らの所業は 人の身で在りながら 悪魔のそれと相違なし―


―傲慢である 鬼--である 卑怯である 下劣である―


―そうであるからこそ素晴らしい 地獄の住人に相応しい―


―だから私は連れ去ることにした ここは貴殿らのいるべき世では無い―


―悪魔王―



ラン「この文章に聞き覚えは無いか?」

赤羽根(こいつ…メモもなしに…一瞬であの文章を覚えたのか…?)



金田一「悪魔…王…?」


七瀬「所業…って、どういうこと?」


工藤「…というか…」


毛利「つ…つまりそれ…」


服部「悪魔の仕業ってことかよ…!?」


館長「…はるか昔、この地方には人喰い氷魔が彷徨い、人間を吹雪で閉じ込め、生きたまま喰らってしまうという言い伝えが残っていますが…」

館長「も…もしや…」


金田一「そんな馬鹿な話があってたまるかよ!」


ざわざわ…



赤羽根「ま、まて!ラン!いたずらに怖がらせるなっ」


ラン「怖がらせてなどいない!私は警告しているのだ!」

ラン「あの文章には『貴殿ら』と記されてあったっ」

ラン「つまり悪魔王のターゲットは江戸川一人ではないということだッ!!」



一同「!?」どよっ!



赤羽根「ちょ…っ、みなさん、落ち着いて!!」

赤羽根「俺は、これから県警に連絡して応援を呼んできます!!だから安心してください」


メイド「あのー…」

メイド「そのことなのですがー…」


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:46:36.87 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 用務員室内


赤羽根「電話がつながらない!?」


メイド「はいー…」


館長「皆様が此方に集まってから、直ぐに警察に連絡しようと電話をかけていたのですが…」


メイド「この吹雪でー電話線が切れてしまったのやもしれませんー」


ラン「彼の悪魔王の仕業とも限らん(犯人の仕業じゃないですか…?)」


赤羽根「車で助けを呼ぼうにも、もう真っ暗だし、この天候じゃあな…」ゴソゴソ

赤羽根「…スマホも圏外か…くそっ」


館長「それに、地理的な問題で、今通報できたとしても、警察の到着は明日の朝になってしまうでしょう」


赤羽根「どちらにせよ、今夜はここにいるしかないってことか…」






ラン「館の主よ(館長さん)」

ラン「封印解除の円環は何処に?(江戸川さんの部屋を開ける時に使ったマスターキーは、今どこに?)」


館長「マスターキーは、受付のキーストッカーとは別に、こちらの机の引き出しに保管してあります」

館長「引き出しの鍵は常に、私が保管しておりますので、誰かが持ち去ることは不可能です」


ラン「…有難う」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:49:58.97 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 エントランスホール


サークル一同「…」


館長「…」


メイド「…」


ラン「…」


赤羽根「電話が繋がり次第、警察に連絡するつもりですが、残念ながら今夜は…無理です…」


服部「じゃあ俺たちが、全員悪魔に殺されるのを待てっていうのかよ!」


赤羽根「ですから、落ち着いてください!悪魔なんて存在しないんですよ!」

赤羽根「外の外部犯は、何か、梯子の様なもので二階の窓から侵入したんです!」

赤羽根「この吹雪です、ふきつける雪で立て掛けた跡なんてすぐ消えてしまいます!たったの、そういうことなんですよ!」


ラン「…」


赤羽根「ただこの状況、悪い面ばかりではありません」

赤羽根「空いた窓から侵入したところを見ると、外の外部犯は、ピッキング等を使うことは出来ないようです」

赤羽根「しかし、江戸川さんは、窓の戸締りを怠ってしまった…そのため、どこかに潜伏していた犯人にやられてしまったと考えるべきです」

赤羽根「だから、みなさん、今夜はくれぐれも、戸締りをしっかりしていれば…」



ぐぅ~っ



赤羽根「…」


サークル一同「…」


ラン「////」


メイド「そういえば、夕餉のご用意ができておりますー」




赤羽根「…頂きましょう」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:53:36.61 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 食堂


金田一「…」

七瀬「…」

毛利「…」

服部「…」

工藤「…」


赤羽根「…もぐ…」

ラン「はぐはぐ、もきゅもきゅ、ごくごく」カチャカチャ


赤羽根「よく食えるなお前」


ラン「飢えと渇きは幾千の呪言に勝る…(お腹減っちゃったんだもん…)」


赤羽根「普通は喉を通らないもんだぞ。特に…」

赤羽根「お前みたいに遺体を直接見た、毛利さんと、工藤君は…」




毛利「…」


工藤「…」


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:54:19.91 :K9hehD/o0

毛利「…」


工藤「…」


金田一「親父が外科医な癖して、グロいの苦手だったんだな、工藤」


服部「…やめとけ、一千」


金田一「誰かいじってねーと、こんな空気耐えられねーんだよっ」


七瀬「そうだとしてもっ、絶対そんな言い方ないよっ」

七瀬「工藤君のお父さんと三上さんが仲良しだから、私達格安で泊まれてるんだよ?それなのに…」


金田一「じゃあ災いを持ってきたのもこいつってことじゃねーか!」


七瀬「はぁっ!?」


服部「やめとけ!」


毛利「…っ」ビクビク


服部「毛利がおびえてんだよ…」

服部「…あんま言うと一千こそ疑われるぞ?小坊からのダチが死んだっつーのに、冷静過ぎるってな」


金田一「んだと!?」ガタッ





ラン「…」


赤羽根「…」


ラン「時に主よ(赤羽根さん、ちょっといいですか?)」


赤羽根「この空気の重さでよく話を切り出せるなお前…」


ラン「共に、エデンの園に向かわん(中庭に、一緒に来てもらってもいいですか?)」


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 20:58:23.76 :K9hehD/o0

一日目 夜 三上館 中庭


ヒュオオオオォォォッ


赤羽根「なんだよ、事件のことで確認したい事って…!さぶっ!!」

赤羽根「てゆーか、捜査に首突っ込まないでくれるか!?」


ラン「迷える咎人は氷の魔人とどう拮抗しているのだろうか(外に居る犯人はどうやってこの吹雪をしのいでるんでしょうかね)」ザク、ザク


赤羽根「そんなことを考えても仕方ないだろ!」

赤羽根「それに、外にいたらいつ犯人が襲ってくるかもわからないんだ!早く中に戻ろう!」


ラン「…」ザッザッ

ラン「ない…どういうことだ…?」


赤羽根「無視か…雪なんかかき分けて…一体なんなんだよ…!」


ラン「地獄は真上に在り…(開いていた江戸川さんの客室の窓は、ここの真上…)」

ラン「我が主よ、真紅のインフェルノに関して、問いに答えよ(犯行現場のことで、質問があります)」

ラン「あれの影響下に不浄の大地の欠片を見たか?(部屋の中に僅かでも泥汚れは確認できましたか?)」


赤羽根「…どういう意味だ?」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:01:51.21 :K9hehD/o0

ラン「仮初の理を定めよう。この吹雪より迷い込んだ咎人の業だとする(犯人が、赤羽根さんの言う通り『外部の人間』であるとします)」

ラン「すると2ツのパラドクスが浮かび上がる(だったら現場に残ってなければならないものが2つあります)」

ラン「一つ、不浄の大地の欠片だ(まず、部屋の中の泥です)」

ラン「穢れた咎人は、穢れたままでしか、籠に入ることができない(あの窓にはバルコニーがありません。だから、どんな侵入の仕方をしたとしても、絶対に土足で室内に入ることになります)」

ラン「ならば、インフェルノに不浄の痕跡が残らないはずがないのだ(だったら、絶対に室内に土汚れが残っているはずなんです)」


赤羽根「…現場には無かったが、偶然つかなかったってこともありえるだろ」


ラン「ならば、もう一つ、苦痛の雫だ(もう一つは、血痕です)」

ラン「あれほどの狂気の舞である。周囲の鮮血は咎人の体に噛み付いて放さない(部屋が真っ赤になるくらい、死体を派手にバラバラにしたんですから、犯人は当然返り血を浴びています)」

ラン「だが、体を清めた痕跡は皆無だ…インフェルノを後にした咎人は鮮血を纏ったまま…(しかし、バスルームで返り血を洗い流してないところを見ると、犯人はそのまま窓から逃走したことになります)」

ラン「ならば、私の目の前に広がる色は白では無い(だったら絶対に、窓の下の、丁度私の足元のあたりに残っているはずなんです)」

ラン「苦痛と死を暗示する、紅色のはずなのだ…(凍り付いた血液が…)」


赤羽根「犯人は宙に浮かんで窓を開け、そこから江戸川を返り血を浴びないようにバラバラにして飛び去った…と」

赤羽根「お前はこう言いたいのか。馬鹿馬鹿しい、それじゃあまるで…」



ラン「咎の在りしは…人ならざる者…なのか?(犯人は人間ではなく…化け物なんでしょうか?)」

6



44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:04:09.63 :K9hehD/o0

一日目 深夜 三上館 東側 9号室内



金田一(何が悪魔だ、馬っ鹿じゃねーの)



金田一(にしてもおっせーな、あいつ…江戸川じゃねーんだからよ…)

金田一(…)

金田一(貴殿ら…悪魔の所業…江戸川の死…)

金田一(まさかな…)


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:08:44.29 :K9hehD/o0

一日目 深夜 三上館 西側 1号室内


ラン「封印状態の把握ですら人の子には至難の業…(そもそも、窓の鍵が開いてると、なぜ犯人はわかったんでしょうか?)」

ラン「…わからぬ(むぅ…)」


赤羽根「…ラン、何度も言うが、お前は首を突っ込まなくて良い」

赤羽根「捜査を引っかき回すのはやめろ」


ラン「我が主に任せるだけで解ける鎖とは思えん(赤羽根さんだけだと逆に心配です)」


赤羽根「…なんだと?」


ラン「主殿の剣は悪魔の喉元に届くようには見えないと言っているのよ(赤羽根さんの推理には穴が多すぎるんですよ)」

ラン「飢えた野犬ならば腹が膨れればすぐ寝床に戻るはず(外部犯の物取りなら、普通荷物盗んだらすぐ逃げます)」

ラン「だが奴は我らに己の存在を誇示しているし…(見つかる危険を冒してまで、あんな文章書きますか?)」

ラン「野犬は執拗に屍を蹴る様な真似など尚更しない(遺体をバラバラに切り刻んだ理由は?)」


赤羽根「…さっきからお前は、揚げ足取ってばかりじゃないか…」

赤羽根「俺を侮辱しているのか?」


ラン「そういうつもりでは…」


赤羽根「じゃあ何か?、俺の足りない知能をあざ笑ってるってのか?」


ラン「だっ、断じて違う!(違いますっ!)」

ラン「正義を信じる心に優劣など無い!ただ私は…!」




メイド「あ…あのー…」コンコン



ラン「っ」


赤羽根「…」



メイド「空き部屋の件のことでー…あのー…」



赤羽根「…いま、開けます」


ガチャ


46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:12:17.29 :K9hehD/o0

一日目 深夜 三上館 西側客室前廊下 空き部屋・5号室前


メイド「お部屋の準備が、ようやく終わりましたー」

メイド「同じく西側客室突き当りの、このお部屋になりますー」

メイド「おそうじもしっかりしましたのでしてー」

メイド「…ふぁ…ふ」


赤羽根「随分遅くまで、ご苦労様です」

ラン「…」


メイド「なんのなんの、わたしなんて…まだまだですー」

メイド「だってこの部屋だって、ほんとは今日泊まる人が居たのに、お掃除を忘れちゃって…」

メイド「ここに住み込んで半年になるのに、いまだにものを何処かにおいたまま忘れちゃったりー…」

メイド「ちっちゃいから、高いところのものも碌にとれませんー」えへへ

メイド「でも、そんな私でも置いてくださる館長様には、とっても感謝しているんですー」

メイド「だから、ちょっと夜遅くのお仕事も、へっちゃらなんですー」


赤羽根「…ありがとうございます」


メイド「ふふー、勿体無いお言葉ですー」


赤羽根「メイドさん、今夜は気を付けて。戸締りをしっかりお願いします。」


メイド「心得ましたー」トテトテ


ラン「…」

赤羽根「なんでついてくるんだ」


ラン「我が主よ、その…(赤羽根さん、私は…)」


赤羽根「なぁ、ラン。お前が着ているその服、誰のお下がりだと思う?」


ラン「へ?」


赤羽根「俺の妹だ。七年前に死んだ。丁度お前ぐらいの年かな」

赤羽根「背は…お前より少し小さいか、あのメイドさんぐらいで、可愛いやつだった」


47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:16:54.34 :K9hehD/o0

赤羽根「自--だよ。あいつは俺なんかより、ずっと頭が良かった。だからいつもさっきみたいに言い負かされてたな」

赤羽根「だがある時、気の狂った暴漢に襲われてな、しかもそれがきっかけで…感染症にまで発展した」

赤羽根「暴漢は直ぐにつかまり、裁かれたが、裁いたところで病気は治らんし、まだ完治するほど医療も発達していない」


ラン「…」


赤羽根「ビルの屋上に突っ立ってるあいつに向かって力いっぱい叫んだよ」

赤羽根「死ぬんじゃねぇって」

赤羽根「そしたら、あいつは、俺にこう質問した」


―こんな世界で、私は幸せになれるのか


赤羽根「なれるって、俺は返した」

赤羽根「だが、ほんの、一瞬だけ、俺は揺らいだ」

赤羽根「あいつはそこを見逃さなかった」


ラン「…」


赤羽根「俺が県警に入ったのも、それが理由だ」

赤羽根「あいつの疑問に、自信もって即答できる世界を目指してんのさ」

赤羽根「俺の目の前で死にそうな奴、殺されそうな奴、片っ端から助けてやれば、そんな世界が作れると信じてるんだ」

赤羽根「…だが俺は、あの時から毎晩、あいつの自--を止められないでいる」


ラン「…」


赤羽根「だから、頼む…」

赤羽根「全然似てないけど、それでもお前を見ると、何故か妹と被る」

赤羽根「お前がもし危険な目に遭って、もし…死んでしまったとしたら、俺は…」

赤羽根「次にあいつが夢に出たとき、耐えられそうにない…」


ラン「…」


赤羽根「はは…偉そうなコト言ったけど、要するに腰抜けなんだ、俺。」

赤羽根「また、誰かを守れずに無力さを思い知る事になるんじゃないかって、ビクビクしてる」

赤羽根「…真夜中に、こんな湿っぽい話をして悪かった」

赤羽根「せめて、ゆっくり休んでくれ」


ガチャ バタン


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:19:11.37 :K9hehD/o0

一日目 深夜 三上館 西側 1号室内


ラン(…)

ラン(私のパパは…)

ラン(人類最初の殺人を、ただ傍観していた…)

ラン(アベルを殺したカイン…)

ラン(パパはそれを予測していながら、あえて殺人を傍観していた…なぜ?)



ラン(なぜ人間は、そこまで残酷になれるの…?)



―貴殿らの所業は 人の身で在りながら 悪魔のそれと相違なし―


―傲慢である 鬼--である 残酷である 下劣である―


―そうであるからこそ素晴らしい 地獄の住人に相応しい―


―だから私は連れ去ることにした ここは貴殿らのいるべき世では無い―


―悪魔王―



ラン(…)


49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:21:13.54 :K9hehD/o0

一日目 深夜 三上館 東側 客室廊下 7号室前


コンコン ガチャ


七瀬「…遅かったじゃない」

七瀬「で、話って何?」


















50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:22:40.45 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 西側 1号室内


ピピピピピピ…

ラン「…んぅ」


ピピピピピピ…

ラン「…なんだこれは…どうすればいいのだ…」ぺたぺた


ピピピピピピッ


ラン「とまった…だれだ、このまんどらごらの…いななき」

ラン「…ああ…わがあるじが…いじっておった…」

ラン「おろかものめ…いじったら…もどせ…」


ラン(朝7時…二度寝したら逆に寝坊しそう…)


ラン「煩わしい…!太陽!…は、雲と雪に隠れて見えない…」ぐぐぐっ


ビュオオオオオオ


ラン「アブソリュートは…今なお完全体か…(吹雪、やみませんね…)」


51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:25:22.83 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 西側客室前廊下 1号室前


ガチャ


ラン「…」

ラン(静か…皆…まだ寝てるのかな…?)



館長「…」コツコツ


ラン(あ、館長さんだ…)


ガラッ

ビュオッ!!


ラン「ふわっ!?」

ラン(か、館長さん!?廊下の窓から屋根に乗って、何を…)ダダッ

ラン「館の主よ!!何の真似だ!?(なにしてるんですかっ!?)」


ビュオオオオオオ


館長「…」ザッザッ


ラン(屋根の雪かき!?)

ラン「ひ、一人でアブソリュートに挑むなど、無謀だ!!(館長さん!意味ないですよっ!!まだこんなにふぶいて…)」


ズルッ

館長「!?」


ラン「危ないッ!!」


ガシッ!!


館長「っあ、ら、ラン様…!」ぐぐ…


ラン「間に合ったか…(よかったぁ~…)」


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:27:52.54 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 西側客室前廊下 1号室前


館長「申し訳ありません…私も、昨日の件のことで、未だ気が動転しきってしまっているようで…」


ラン「悪魔王の呪縛に囚われたものかと…(それで、あんな変なことを…?)」ぜーはー


館長「いえ、屋根の雪かき自体は、毎日7時から8時まで日課でやっておりまして…しかしながら、今日は周りがよく見えていなかったようですなぁ」ほっほっほ


ラン「…はは…」


館長「私ももう、年やもしれません…」

館長「ですが、あの子の幸せな姿を見届けるまでは、死んでも死に切れません」


ラン「…あの子、とは?」



館長「新二様のことです」




ラン「羽根休めし住人のことか?(泊まり客の?)」


54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:29:42.35 :K9hehD/o0

館長「新二様の父である新作と、私は、親子の様に年齢が離れておりますが、とても親しい友人でしてな」


ラン「思えば…友人達の晩餐のツマミになっていたな(…そういえば、ゆうべ…そんなことを聞いたような…)」


館長「新作は、子宝にめぐまれず、養子として引き取った新二様を、溺愛しておりまして…」


ラン「そ…そうか…」


館長「私も、孫を持った気分になってしまいましてなぁ」


ラン(やば、な、長くなりそう…っ)


館長「顔こそあまり合わせませんが、一月に一度は電話で互いの近況を話し合ったり…」


ラン「えと…」


館長「スキー旅行の際はぜひともウチに泊まってくれと頼んだり…」


ラン「あ、あの…」


館長「彼に老後を心配させまいと依田を雇ってみましたが、あまり効果は無い様で…」


ラン「ちょっ」


館長「でも依田は依田で、はたまた孫娘を持ったような愛らしさで…それはそれで…」


ラン「や、館の主よっ!!(か、館長さんっ!)」

ラン「そ奴の事は彼方に仕舞い、ど、同胞達の因果の理を…だな(工藤さんの事は、わかりましたから、ほかのメンバーについて、教えてください)」


館長「ほかのメンバー達、ですか?…わかる範囲でよろしければ…」


55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:31:27.82 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 東側客室前廊下 9号室前


ガチャ


金田一「…」ボーッ…


金田一「…」トコトコ…


金田一「…」トコトコ…


金田一「…」トコトコ…



金田一「…?」チラッ


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:34:12.67 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 西側客室前廊下 1号室前


館長「サークルリーダーである金田一様と、サブリーダーの七瀬様、それに…」

館長「亡くなられた江戸川様の三人は小学校からの幼馴染でして、新しくスキーサークルを作ったのも彼らです」

館長「その時は、『1017』なんていう、随分変わったサークル名でした」


ラン「1017…?」


館長「ええ、彼らの名前に注目してみますと、全員の名前や苗字に数字が含まれております」


金田『一』 『一千』

『七』瀬 友紀

江戸川 『九』南


ラン「なるほど…融合か…(そうか、足し算ですね!)」


館長「何の偶然か、後で入ってくるメンバーも全員数字のついた名前であるからして…」


ラン「連続融合の果てに行き着いた真名は1030…(つまり、今のサークル名は、1030ってことですねっ)」


工藤 新『二』

毛利 『六』蘭

服部 平『五』郎


館長「計算がお早いですなぁ、その通りです」

館長「と言いたいところですが、1017は、ただの仮の名前であったようで、現在は普通のサークル名で活動しているようです」ほっほっほ


ラン「あ…そう」


館長「確か、七瀬様の紹介で、服部様がメンバーに加わり、それについていく形で友人の毛利様と新二様が加わったと聞いております」


館長「こちらの三人は、初期の三人とは別の高校出身で…」


ラン「ふむ…」


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:36:27.92 :K9hehD/o0

館長「それはそうと、ココだけの話、私はあのスキーサークルの方たちをよく思っておりませんで」


ラン「…おそらく、同じ波動係数を持ち合わせていないんだと思うわ(…あー、昨日もなんかギスギスしてましたもんね…)」


館長「それだけではなく、初期メンバーの3人は、素行が悪かったことで有名で、なんでも小学校の時にクラスメートを自--に追い込むほどいじめていたとか…」

館長「新二様も、もしやただの宿泊施設のコネクションとしてしか見られていないのかと心配で」

館長「そういえば江戸川様が事故でケガをなされたとき、やはり新二様のコネで工藤新作の病院で優先的に診てもらっていたとか…」


ラン(は、話が戻ってしまったっ…!)






「うわああああぁぁぁぁぁ!!」






ラン「!?」

館長「!?」



ラン「あの声は…」

館長「金田一様!」


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:40:46.39 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 東側客室前廊下 7号室前


ラン「敵襲かっ!?」ダダッ!

館長「どうしました!?」


金田一「あ…ああ…あれ…」


ラン「け…血痕っ!?」

館長「七瀬さまの部屋の中から伸びています!」


ラン「羽根休めし住人よ!!応答しなさい!!(七瀬さん!!返事してください!!)」ガチャガチャ!ドン!ドン!


服部「おいおい、どうしたんだ!?」ガチャ

赤羽根「さっきの悲鳴は…!?」ダダッ


館長「マスターキーを取ってきます!」


ラン「任せた!(お願いします!)」


工藤「どうしたんですか!?」

毛利「まさかまた誰か…」


ラン「聞こえているなら封印を解け!!(開けてください!!七瀬さん!!)」ガチャガチャ


シーン…


金田一「っ…」

工藤「まさか…」

毛利「うそ…でしょ!?」

服部「…」

赤羽根「くそっ…」


館長「持って参りました!」ダダッ、ガチャガチャ カチッ



ガチャッ


59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:42:54.98 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 東側 7号室内


ラン「血痕が…」


赤羽根「部屋の奥まで伸びている!!」

赤羽根「七瀬さん!!」ダッ!


一同「!!」ドタドタ!







赤羽根「…」

ラン「…」











七瀬「」

7


60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:44:27.09 :K9hehD/o0

二日目 朝 7:31時点


 A 5号室 赤羽根刑事

 B 1号室 ラン

 C 9号室 金田一 一千(スキーサークルのメンバー。サークルリーダー。)

 D 7号室 七瀬 友紀(スキーサークルのメンバー。サークルサブリーダー。)←DEAD

 E 8号室 江戸川 九南(スキーサークルのメンバー。)←DEAD

 F 3号室 工藤 新二(スキーサークルのメンバー。)

 G 2号室 毛利 六蘭(スキーサークルのメンバー。)

 H 6号室 服部 平五郎(スキーサークルのメンバー。)

 I 館長  三上

 J メイド 依田


61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:47:42.38 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 東側 7号室内


毛利「七瀬さん…」

金田一「ああ、あ…」

服部「うっ…」



赤羽根(頭に出血…撲殺だな)スッ…

赤羽根(部屋の血痕は、玄関付近で殺した彼女を中に運ぶ時についたものか…)


ラン(窓は両方とも施錠されている…なら、鍵は?)



工藤「け…刑事さん、あれ…」



赤羽根「これは…」スタスタ…チャリッ

赤羽根「この部屋の鍵だ」


ラン「ありえん…!籠の封印は完璧であったのだとしたら…(そんな…部屋は密室だったのなら…)」

ラン「籠の中の灯を消す術などない!(どうやって七瀬さんを…)」






金田一「悪魔だ…全部悪魔がやったんだ…」

金田一「江戸川…七瀬…まさかつ、次は…おれ…!?」




金田一「う、うああああぁぁぁぁぁ!!」ダダダッ!!





赤羽根「金田一くん!?」


62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:51:57.71 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 エントランスホール


赤羽根「くそ…金田一は何処にいったんだ…!」はぁ、はぁ


ラン「奴め…逃亡を図ったかっ(あの言葉から察するに、館から逃げ出したんでしょうか!?)」


一同「…」キョロキョロ


赤羽根「この吹雪の中をか!?無茶だ!」


ラン「正面玄関ではないな、施錠されている」ガチャガチャ


赤羽根「…中庭の扉が開いている!こっちだ!!」ダッ!


ラン「えっ?」くる

ラン「く、くうっ、階段が邪魔で見落としたぞっ」ダッ






館長「ひぃ、ひぃ」ぜーぜー


ラン「館の主よ!エデンの向こう側には、何がある!?(館長さん!中庭の方向に、道は…?)」


館長「ぞ…雑木林が広がっているだけで…」


ラン「我等で迷える愚者を捕らえるのよ!(皆で手分けして探しましょう!)」


63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:54:15.25 :K9hehD/o0

二日目 朝 三上館北 雑木林


ガサガサガサ…


金田一「はぁ、はぁ、はぁ」

金田一「亡霊だ…!あんとき自--した…あいつの亡霊が…!」

金田一「悪魔の力で化けて出てきやがったんだ…!」

金田一「屋敷の中に閉じこもってたって、結局殺されちまうんだ!!」


ガシッ!!


金田一「うわああああぁぁぁぁぁ!!やめろ!!来るなっ!!」


赤羽根「落ち着いてください!!俺ですよ!!俺!!」ぐぐぐ


金田一「いやだ、いやだ」






赤羽根「何なんですか一体!亡霊って!?あいつって誰ですかっ!」

赤羽根「この事件と一体何の関係が」

ゴッ

赤羽根「」ドシャ



金田一「ひっ!?」

金田一「お、お前は!?」

ゴシャッ!


64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 21:57:14.15 :K9hehD/o0

二日目 朝 三上館北 雑木林




どこだー… おーい… いたかー…





館長「金田一様ー!!」ガサガサ


メイド「きんだいちさまー!」トコトコ






ラン「…ッ」

ラン「アポカリプスに通じる道標!(あのあたり、木々が折れている…こっちです!)」







ガサガサガサ!!

ザザザ!!






ラン「…馬鹿な…」


65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 22:00:16.14 :K9hehD/o0

二日目 朝 三上館北 雑木林奥地


赤羽根「」


ラン「我が主…し、しっかりしろ!(赤羽根さん、起きてください!)」

ラン「おい、目を覚ませ!貴様…っ!?」ギョッ


金田一「」


ラン「迷える…愚者まで…(金田一…さん…)」





ラン(金田一さんの傍に…なにこれ…お金…?)

ラン(散らばっているのは…お札と小銭…金田一さんの財布の中身…)

ラン(握りしめた五円玉が…一万円札を貫いている…?)


ビュオオオオオオッ


ラン「うっ…」

ラン(全部飛ばされてしまった…)


赤羽根「ぐ…」


ラン「!主よ!!生きていたか!(赤羽根さん!まだ息が…!)」


ガサガサ!

館長「赤羽根様…!?金田一様まで!」


ラン「しもべ達を集めよ!!安寧の園へ連れていかねば!!(皆を呼んでください!二人を運ばないと…!!)」


66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 22:02:01.49 :K9hehD/o0

二日目 朝 三上館 東側 裏口前


毛利「ここは…?」


館長「裏口です、少々お待ちを…」ゴソゴソ…チャリン


ラン(そんなところに、隠し場所が…)


ガチャ


館長「此方へ!!」


ドタドタ!


金田一「」

服部「重…」



赤羽根「」ボタボタ…

工藤「赤羽根さんの出血が…ひどい」



ラン「くっ…」


67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 22:03:54.03 :K9hehD/o0

二日目 朝 三上館 エントランスホール 食堂脇ソファ


館長「救急箱を持って参ります!!」ダッ

館長「依田!念のため物置に置いてある予備の包帯を!!」


メイド「はいー!」

ラン「私も行く!」



金田一「」

服部「くそ…冷たい…」


赤羽根「」

毛利「赤羽根さん…」

工藤「…」


館長「手当てします!皆様も手伝ってください!」


68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 22:05:40.61 :K9hehD/o0

二日目 早朝 三上館 物置内


ゴソゴソ… ボロボロ… パラパラ…



ラン「けほっけほっ…」

ラン「い…古の…粉塵…(ほ、埃っぽい…)」


メイド「えーっとー…えーっとー…」おろおろ


ラン「…我、生命の布見つけたり!持って行くがよい!(ありました!)」ズイッ


メイド「!ありがとうございますーっ!!」とたたたたっ



ラン「常時封印解除を維持するとは…狂人か…(物置に鍵かけてないんですね…不用心ですよ…)」

ラン「…」きょろきょろ


ラン「?」

ラン(何か…違和感が…)

ラン(い、いや、そんなことより、二人を助けないと…!)


69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 22:06:41.20 :K9hehD/o0

二日目 朝 9:09時点


 A 5号室 赤羽根刑事←重傷

 B 1号室 ラン

 C 9号室 金田一 一千(スキーサークルのメンバー。サークルリーダー。)←DEAD

 D 7号室 七瀬 友紀(スキーサークルのメンバー。サークルサブリーダー。)←DEAD

 E 8号室 江戸川 九南(スキーサークルのメンバー。)←DEAD

 F 3号室 工藤 新二(スキーサークルのメンバー。)

 G 2号室 毛利 六蘭(スキーサークルのメンバー。)

 H 6号室 服部 平五郎(スキーサークルのメンバー。)

 I 館長  三上

 J メイド 依田


70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 22:09:47.45 :K9hehD/o0

二日目 昼 三上館 西側 5号室内


赤羽根「…」


ラン「…」


赤羽根「…ここは…」


ラン「!!」

ラン「目覚めたか!私が見えるか!?ランだ!!(目が覚めたんですね!?わ、私が見えますか?)」


赤羽根「俺…どこに…」


ラン「う、動くな、此処は安寧の地であるぞっ(赤羽根さんの部屋ですっ大丈夫ですからっ)」


赤羽根「…金田一は?」


ラン「…」フルフル


赤羽根「…そっか」

赤羽根「結局、また俺の目の前で誰かが死んだのか」


ラン「…」


赤羽根「畜生…俺は…」


ラン「責めるべきは己ではない(貴方のせいじゃありません)」


赤羽根「…」


ラン「主殿の正義は私の心を強く打ったぞ(それに、貴方は決して無力なんかじゃないです…)」


赤羽根「…」


ラン「主殿?(赤羽根さん?)」


赤羽根「ごめんな、ラン」

赤羽根「どうやら、俺の方がガキだったみたいだ」


71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 22:13:02.66 :K9hehD/o0

赤羽根「力になろうとしてくれた女の子を突き放して…」

赤羽根「一人で突っ走った挙句このザマだ」

赤羽根「正義を信じる心に優劣など無い…か…その通りだな」

赤羽根「お前だって、悪魔を浄化しに来た天使なんだもんな…」

赤羽根「本当に、ごめん」


ラン「…うん」


赤羽根「もはや、こんな事言えた義理じゃあないが、それでも、頼みがある」

赤羽根「この事件を引き起こした犯人を…俺は絶対許さない…」



赤羽根「お前の力を、貸してくれ」


ラン「ふっ…」


赤羽根「?」







ラン「元より承知している!!(言われなくたって、そのつもりですっ!!)」カッ!

ラン「案ずるな、我が相棒よっ(赤羽根さん、安心してください。)」

ラン「我が相棒に代わり、闇に飲まれし真実は我が両腕で必ず掬い上げて見せようぞ!!(赤羽根さんの代わりに、事件の謎は必ず私が解いてみせます!)」





ラン「僅かな余命を愉しむが良いわ!!悪魔王!!(待ってなさい!!悪魔王!!)」


72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 22:18:00.73 :K9hehD/o0

二日目 昼 三上館 エントランスホール


ラン「…」

ラン(倒れた金田一さんの周りには、金田一さんの財布の中身が散らばっていた)

ラン(恐らく、力尽きる直前の行動…犯人に殴られたとき、まだ金田一さんは生きていた…)

ラン(しかし、私達が皆で手分けして二人を探している時の犯行だったから、とどめを刺す余裕が無かった…)


ラン(つまりあれは、金田一さんのダイイングメッセージ)

ラン(それは同時に、犯人は金田一さんが知っている人物ということを示している…)

ラン(ほんの一瞬の光景だったけど、私なら、それで十分…頭に焼き付く…覚えていられる…)





ラン(五円玉に貫かれた一万円札…五…一万…うーん…??)

8




メイド「…」じー


ラン「…」


メイド「…」


ラン「私に用事か?(あの、何か?)」


メイド「わたくしにーなにか手伝えることなどー」


ラン「我が相棒を癒せと言ったはずだが?(赤羽根さんの看病をお願いしたはずですが?)」


メイド「おれはいいからーあいつを手伝ってやってくれとー」


ラン「…そうか、では、万物の墓場が見たい(…でしたら、物置を見せてください)」


メイド「かしこまりましたー」


73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 22:22:15.20 :K9hehD/o0

二日目 昼 三上館 物置


メイド「どうぞー」


ラン「…」キョロキョロ

ラン(…これだ、さっき感じた違和感の正体…この脚立)

ラン(この脚立だけ、埃をかぶっていない。ということは、ごく最近使われたということ)

ラン(少なくとも脚立の存在を知っている人たちなら、これで窓から二階に侵入することができる…)

ラン「従者よ、この天空の架け橋は、誰ぞに役目を乞うたか?(メイドさん、この脚立、最近誰か使いました?)」


メイド「わたしがつかいましたー」


ラン「やはり乞うておらぬのだろうな…えっ?(やっぱり他の誰かがこっそり使っ…えっ?)」


メイド「昨日の夕方、電球を取り換えるようにー館長様から言われていたのを思いだし―」

メイド「エントランスホールにて使っておりましたー」


ラン「出端を挫かれるとは…(つかったんだ…)」

ラン「…寸分違わず刻を示せ(…正確な時間、わかりますか?)」


メイド「…あまりー正確にはー…でも」

メイド「脚立を物置にしまったあとーすぐに6時の鐘が鳴っていたかとー」


ラン(18:00…仮に館長さんが、その時間から急いで物置から脚立を取り出し、裏口から外に出て、中庭に脚立を立て、部屋に侵入…)

ラン(江戸川さんを殺--後、バラバラにし、脚立を降りて外に出て、裏口を回って物置に片付けた…としたら)

ラン(いや、それだと、土汚れだって血痕だって、絶対現場の近くに残ってしまう…この謎はどう説明する?)

ラン(確かに館長は体格も大きいけど、もうそんな体力残ってなさそうだし…この方法だと、19:30前後まで中庭の東側にはずっと脚立が立ててあったことになる)

ラン(正面階段が死角になってしまう受付の方はともかく、食堂脇のソファからは、窓越しに中庭が丸見え…18:50から談笑しているサークルメンバーの誰かが気付いてもおかしくない)



メイド「…」じーっ



ラン「…後回しね…(ひとまず置いておきましょうか)」

ラン「今一度、第二の地、カタストロフへ向かわん(…7号室の謎を考えてみましょう…)」


77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:06:15.15 :K9hehD/o0

二日目 昼 三上館 東側 客室前廊下 7号室前


メイド「…」ガチャガチャ

メイド「どうぞー」ギィ…


ラン「…有難う」

ラン(第二の殺人が起こった現場…密室殺人)

ラン(私はこの部屋で七瀬さんの遺体を見た瞬間、確かな違和感を感じた)

ラン(第一の殺人の時、死体をあえて玄関から見える位置でバラバラにし、部屋を血で真っ赤に染めてまで犯人は自分の狂気を見せつけた)

ラン(そんな江戸川さんの殺--現場と比べて、七瀬さんの方は、ひどく地味すぎる)


ラン「…」ガチャ


ラン(7号室の玄関からは、何が起きたのかまるで分らず、見えたもののは、血を流した誰かを部屋の奥に引きずったような血痕のみ)

ラン(その血痕を追い、ベッド横まで回り込んで、ようやく私達は変わり果てた七瀬さんを確認できた)

ラン(第一の殺人の様な、犯行宣言の様なものも、まるで無し…)


ラン(…ちょっと待って…犯人が七瀬さんを殺したとき、この血痕の存在に気付かないはずがない…何故拭き取らなかったの?)

ラン(玄関から外にに漏れ出た血痕のせいで私達は七瀬さんの危機を察知した…その上で犯人は、あえて血痕を残していたということ…?)


78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:08:30.78 :K9hehD/o0

ラン「…」スタスタ

ラン「?」キョロキョロ

ラン「!」




ラン「…成程、骸を隠した理由はこれか…(…そうか、だから七瀬さんを部屋の奥まで運んだんだ…)」

ラン「危うく奴の仕掛けた夢幻の術中に迷い込むところであったぞ(私はとんでもない勘違いをしていたんだ)」

ラン「死霊の呪言が正しく私に囁いているのなら…(ダイイングメッセージの意味が私の推理通りなら…)」

ラン「これが真言…!(これで全ての辻褄が合う!)」





メイド「なにかわかりましてー?」


ラン「始祖のインフェルノへ向かう!!(8号室を見せてください!!)」


79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:12:59.37 :K9hehD/o0

二日目 昼 三上館 東側 8号室内


ラン「…」

ラン(第二の殺人の謎は解けた…そして)

ラン(犯人はあの人で間違いない…)

ラン(最後に残った、最大の謎は…この部屋で行われた、第一の殺人…!)

ラン(あの人は完璧なアリバイを持っている…どうやってあの人は、部屋の中の江戸川さんを殺し…バラバラに出来たのか…?)



ラン(この部屋も…何か違和感がある…私は最初、土汚れや、返り血に関して疑問を持った。でも、それ以外の何か…)

ラン(…いや…土汚れの痕跡どころか、この部屋、あまりにも綺麗すぎる…?)

ラン(およそ、部屋として最低限の物しか見えないというか…)

ラン(江戸川さんが半日間ばかりここで過ごしたにしては、生活感がまるでないような…)


80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:16:49.76 :K9hehD/o0

ラン(…カメラ…そうだ、私物だ)



ラン(江戸川さんはカメラを準備するために、皆より早くチェックインすると、服部さんが話していた…)

ラン(だったらなんで部屋に、そういったカメラや機材らしきものが一つも置いていないの?)


ラン「…」キョロキョロ


ラン(クローゼットの中に…あった、江戸川さんの荷物…)


ラン「…」ごそ…

ラン「!?」バッ

ラン「…」


ラン「従者よ!!(メイドさん!!)」


メイド「なんでしょうかー?」


ラン「我等以外にインフェルノへと足を踏み入れた賊は!?(私と赤羽根さんの他にこの部屋に入った人はいますか!?)」


メイド「…いないと思いますー」

メイド「赤羽根様にげんばをほぞんしてほしいと言われ、事件後すぐに鍵をかけたはずですからー」


ラン「そうか…なら!!」ダッ


メイド「ら、らんさまー?どこへいかれるのでー?」


81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:22:10.64 :K9hehD/o0

二日目 昼 三上館 中庭


ビュオオオオオッ


ガチャッ!


ラン「…」キョロキョロ


ラン(何処かに…)ザッ…




ラン「!!」ダッ



ラン「ここだっ!」ザク、ザク ザッザッ

9



ラン「…!!」

ラン「あった…」

ラン(これでハッキリした…犯人が…どんなトリックを使ったのか…)

ラン(後は館長さんにアレを確認するだけで、全ての謎は解ける…!)


82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:29:19.60 :K9hehD/o0

二日目 昼 三上館 エントランスホール


館長「いえ、部屋割りに関しては、私も依田も特にこれと言って決めている法則などはありませんが…」


ラン「え…っ」

ラン「や、館の物以外に籠に手を付けるものは!?(じゃ、じゃあ、部屋を選ぶお客さんもいないんですか?)」


館長「…二人部屋を希望される方は、1号室と9号室のみの割り振りになってしまうことと…」

館長「唯一、金田一様が毎年、広い二人部屋を、もし空いているのならばと予約段階でご希望されるくらいで…」

館長「他の方々は当日、そこのキーストッカーから適当なカギを取ってお客様に渡しておりますが、何か?」


ラン「…承知した…恩に着る(そうですか…ありがとうございます…)」

ラン「…」トボトボ

ラン(おかしい…どういう事…?江戸川さんのチェックインの時、キーストッカーの中には部屋の鍵が8つ…)

ラン「…」トボトボ

ラン(このトリックを使うためには、江戸川さんの部屋を東側に割り振ってもらうことが絶対条件になる)

ラン(部屋割りの法則が何もないということは、江戸川さんの客室が西側になるか、東側になるかは、犯人が完全にコントロールすることは出来ないということ)

ラン(確率は50%…ここまで綿密に組まれていた計画を、そんな賭けに任せようとするのだろうか…)

ラン「…」トボトボ

ラン(犯人はどうやって江戸川さんの客室を東側に割り振ることができたの…?)

ラン「…」トボトボ


メイド「らんさまー」トットッ

メイド「急におへやを飛び出すので、びっくりしましたよー」


ラン「…」


メイド「…どうしましてー?」


ラン(最初に…チェックインした…!?)

ラン「館の主よ!!真理に繋がりし、最後の問いに答えよ!!(館長さん!!もう一つだけ質問があります!!)」


83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:32:35.14 :K9hehD/o0

二日目 昼 三上館 西側 5号室内


赤羽根「…」


ラン「…」


赤羽根「…稀代の名探偵の様なドヤ顔しやがって」


ラン「ふふん」








ラン「万物の理は我が手中に在り!!(謎は全て解けました!!)」


85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:37:10.39 :K9hehD/o0

二日目 夕方 三上館 食堂


ラン「我が相棒の様子は?(赤羽根さんの様子は?)」


メイド「部屋でぐっすりお休みになられてますがー」


ラン「…問題ない。私一人で事足りるわ(ならいいです。無理に起こす必要はありません)」


メイド「…」

館長「…」

工藤「…」

服部「…」

毛利「…ランちゃん、あの、一体話って…?」







ラン「…この時を以て(…今から)」

ラン「呪われし地にて覚醒した、地獄の軍勢達の真理を究明する(この館で行われた、恐ろしい惨劇の真実を、明らかにします)」


86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:40:55.43 :K9hehD/o0

二日目 夕方 三上館 食堂


工藤「真…実…?」


服部「何を言ってるんだ、ランちゃん!」


毛利「いつまた外に潜んでる悪魔に殺されてしまうか分からないんだよっ!?」




ラン「虚像なのだよ。園の外に脅威など無い(悪魔なんて居ないんですよ。少なくとも外にはね)」

ラン「呪われし咎人はその呪言を駆使し、我らに強力な暗示を刷り込み…(この悲劇を作り上げた犯人は、巧妙な心理トリックを使って虚像の悪魔を作り出し…)」

ラン「虚像の悪魔の爪が贄を引き裂いたのだと錯覚させたのだ(さもその悪魔が超常的な魔法を使って館の中の人間を殺したと思いこませたんです)」

ラン「地獄を作り上げた、呪われし咎人は…(そして、その犯人は…)」












ラン「この館の中にいるッ!!」ドン!!


一同「!?」


87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:41:59.82 :K9hehD/o0

 A 5号室 赤羽根刑事←重傷

 B 1号室 ラン

 C 9号室 金田一 一千(スキーサークルのメンバー。サークルリーダー。)←DEAD

 D 7号室 七瀬 友紀(スキーサークルのメンバー。サークルサブリーダー。)←DEAD

 E 8号室 江戸川 九南(スキーサークルのメンバー。)←DEAD

 F 3号室 工藤 新二(スキーサークルのメンバー。)

 G 2号室 毛利 六蘭(スキーサークルのメンバー。)

 H 6号室 服部 平五郎(スキーサークルのメンバー。)

 I 館長  三上

 J メイド 依田


88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:46:07.94 :K9hehD/o0

ラン「我等は初め、超波動存在の作り出したインフェルノを目の当たりにした(私達は江戸川さんの死体を発見したとき、超常的な怪物の存在を思い知らされた)」

ラン「そして彼の地に遺された暴虐極まる所業と呪言は、私と憐れな子羊達に向けられていた(異常なほどの残虐性、悪魔王を名乗る犯行文、そして、犯行時刻にあった私達の完璧なアリバイ)」

ラン「超波動存在に恐れをなした我等は陣地に鉄壁の布陣を敷く(それによって私たちは、館の外に潜む怪物の存在に恐れを抱き、自分の部屋の中に閉じこもって夜を凌いだ)」

ラン「だが奴は不可能を成し遂げ、容易くカタストロフィを作り出していく(しかし、それをあざ笑うかのように、悪魔王は密室の中で七瀬さんを殺して見せ…)」

ラン「その鋭い牙は、狂乱した同胞もろとも薙ぎ払い、白き雪は赤より紅い色に染まった…(錯乱して館の外に逃げ出し、林の中で孤立してしまった金田一さんと、赤羽根さんを襲った)」

ラン「共通認識を代弁するとそうなるのだが…(皆さんそう思ってますよね?)」


服部「じ、実際その通りの事が起きたじゃないか!」


ラン「これは我らに埋め込まれた邪悪なる夢幻術式なのだ(実はこれが、犯人による巧妙な心理トリックだったんです)」

ラン「彼の者が残した断末魔が、その証よ(金田一さんの残したダイイングメッセージが、それを証明しています)」


工藤「ダイイング…メッセージ?」


ラン「彼の者の死因は、咎人の策略の内ではない(はい、金田一さんを殺した第三の殺人は、実は犯人にとっては計画外のものでした)」

ラン「本来カタストロフィに埋め込まれるべき歯車であったのだ(おそらく、金田一さんは、七瀬さんとほぼ同時刻に殺すつもりだったんでしょう)」

ラン「故に昨晩、自らの暴力を我らに見せつけ、脅し、ファランクスを誘発した(そのために、第一の殺人であれほど恐怖を煽り、全員が部屋の中に閉じこもるように仕向けていた)」


毛利「でも、どうして?」


90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:51:16.02 :K9hehD/o0

ラン「血塗られし咎人の足跡を闇の霧に隠す為だ(単純に、犯人が部屋の外で行動している所を他の人に見られたくないからです)」

ラン「ファランクスの布陣は守りに適すが、索敵には向かない難点がある。そこを逆手に取ったのよ(皆が部屋の中に閉じこもっていれば、外でうろつく自分の動きを察知される心配なんてありません)」

ラン「だが、小さきイレギュラーの存在が、カタストロフィの存在を不完全なものにした(しかしある人物の予想外の行動行動のために、計画の大幅な変更を余儀なくされた)」


毛利「ある人物って…?」


ラン「館の従者よ。彼女は我が相棒の籠を仕立てるため、闇を幾重にも切り裂いていた(メイドさんです。昨夜、赤羽根さんの部屋を用意するために、彼女だけは深夜になっても頻繁に客室を出入りしていた…)」

ラン「結果、咎人は道を塞がれ、その間に通過するべきゲートの一つが、完全に封印されてしまったのよ(その結果、犯人は自分の部屋の周りをうろつくメイドさんに思わぬ足止めを喰らい、その間に部屋で待っていた金田一さんは戸締りをしたまま眠ってしまった)」

ラン「不完全なカタストロフを前に、奴は荒れ、躍起になったであろうな(殺--のチャンスを逃がしてしまった犯人は、内心焦ったでしょう。この吹雪が無ければ逃げられる可能性だってあった)」

ラン「しかしアブソリュートは咎人に加護を与えた(しかし幸運にも吹雪は止まず、次のチャンスも直ぐに訪れた)」

ラン「氷の魔人の腹中を彼の者の血で朱に染めることを許したのだ(林に逃げた金田一さんを先回りし、直前に彼を見つけてしまった赤羽根さんを、続いて金田一さんをそれぞれ鈍器で殴ることができたんです)」

ラン「しかし、その代償として、氷の魔人は引導を渡す機会を咎人から奪い…(ただ、私達が手分けして探している中での犯行だったため、とどめを刺している時間はなく…)」

ラン「逆に彼の者に報復の機会を与えてしまった(結果的に金田一さんに、犯人を示す重要な手がかりを遺す猶予を与えてしまった)」



ラン「之こそが、彼の者の我等に対する死の伝言である(これがその、ダイイングメッセージです)」

8



91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/14(土) 23:56:17.43 :K9hehD/o0

ラン「彼の者は天使の手で小さき銭を握りしめ、紙幣の男を潰している(金田一さんは右手に五円玉を握りしめ、その手で一万円札を貫いていました)」

ラン「紙幣は己を、銭は其を形作っていると推理することができる(おそらく一万円札は金田一さんを、五円玉は犯人のことを表しています)」


工藤「五円玉…」


毛利「五…平五郎!?」


工藤「まさか!?」


服部「ち、違うよ!俺じゃない!俺じゃ…」


ラン「静まれ。仮に銭の五が平五郎なら…(待ってください、もし五円玉が平五郎さんの事だったとしたら…)」

ラン「一千は何故あるがままに定義しない?(何故貫かれたお札は『一千』円札ではなく一万円札なのでしょうか?)」


毛利「た…確かに…」


ラン「彼の者が死の数術を使ったことは明白なる事実である(確かに金田一さんが数字に注目し、それを使って犯人を示そうとしたことは、間違いありません)」

ラン「しかし彼の者には完全なる数術を唱える備えなどなかったのよ(しかし、いざ財布をばら撒いてみたはいいものの、明確に犯人のみを表す数字を表現することが出来なかった)」

ラン「故に、至極単純なる大小術式の組み合わせによってそれを可能としたのだ(そこで、金田一さんは咄嗟に発想を変えました。名前ではなく、数字の大きさで表現しようと思ったんです)」


毛利「大きさ…?」


92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:00:10.78 :yqpak/By0

ラン「大と小の関係のみの話であれば解読は容易…(金田一さんの財布の中の最大数は一万、最小数は五、つまり…)」

ラン「最大なる己は、最小なる其の凶刃に倒れたのだ…とな(一番大きい数字を名前に持つ自分は、一番小さい数字を名前に持つ人間に殺された、とね)」


一同「!?」



『一千』『七瀬』『九南』『六蘭』『平五郎』『新二』



ラン「血塗られた咎人は貴様なり…(貴方の事ですよ!工藤 新二!いや…)」

10



ラン「真犯人・悪魔王!!」ドン!!



一同「!?」



工藤「…」


93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:03:41.91 :yqpak/By0

二日目 夕方 三上館 食堂


ラン「…」


工藤「な…何を言っているんだ、ランちゃん!」

工藤「僕たちが駆けつけたとき、そんなメッセージなんて、無かったんだぞ!?君の狂言かもしれない!!」

工藤「だいいち、僕がどうやってほかの二人を殺したっていうんだ!!」

工藤「七瀬さんが殺された時だって、窓にも玄関にも鍵がかかってあって、誰も入れなかったはずだ!」


ラン「逆だ。虚構のカタストロフを完成させる術を持つ男は…(むしろ、七瀬さんを殺した第二の殺人を、密室殺人に『見せかけること』は…)」

ラン「貴様を置いて他におらん!(工藤さんにしかできないんですよ!)」


館長「なっ!?」

毛利「密室に見せかけたって…」

服部「どういう事だ!?」


94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:08:20.81 :yqpak/By0

ラン「至極単純だか狂気的な幻術よ(単純な心理トリックです。あの時のことを思い出してください)」

ラン「カタストロフィの存在を察知した我等は、中にいる者の返事を求め続けた(7号室から血が漏れ出ていることに気付いた私達は、七瀬さんの安否を確認しようと、必死で中に呼びかけた)」

ラン「雁の首は直ちに揃い、館の主が施錠を解く(その間に騒ぎを聞きつけた全員が部屋の前に集合し、館長さんがマスターキーを持ってきた)」

ラン「しかし、咎人は闇に紛れ、解錠する術を携帯していた(実はその時、工藤さんは未だ7号室の鍵を持っていたんです)」


服部「持っていた!?」


ラン「血塗られし咎人はカタストロフの箱を外側から封印し…(ええ、工藤さんは七瀬さんを殺したとき、鍵を盗んで、外から鍵をかけ…)」

ラン「地獄を目の当たりにした私達の目前で幻術を完成させたのよ(皆と部屋の中に入った際に、気付かれないように、部屋の中の荷物の上に置いただけだったんです)」


工藤「バカを言うなっ…そ、そんなの、誰かに見られでもしたら、すぐにばれて…」


ラン「故に貴様は朱に染まりしアリアドネの糸を伸ばした(だからあなたは、死体を部屋の奥に隠し、あえて血痕で道を作ったんですよね)」

ラン「箱の解放時、私達の目には紅糸のみが映っていた(7号室の部屋を開けた瞬間、私達は全員、七瀬さんのものと思われる血痕に釘付けになった…)」

ラン「私達はただただ其れを手繰り寄せ、何も考えずにカタストロフィの中枢に迷い込んでしまったの(血痕の先に視線が固定されたまま、私達は知らず知らずのうちに部屋の奥まで誘導され、遺体のそばに到着する)」

ラン「その間、貴様は密かに殿を買って出ており、幻術の完成後に我が相棒に声をかけた(あなたは最後尾で皆の後をついて歩き、皆が遺体に気を取られている隙に、荷物の上に鍵を置き、赤羽根さんに知らせたんです)」

ラン「これは、殿にのみ許された極地術なのよ(このトリックは、最後に部屋に入った工藤さん、あなたにしかできないんですよ!)」


工藤「っ…」


95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:11:10.88 :yqpak/By0

二日目 夕方 三上館 食堂


工藤「ま、待ってくれよ!確かに僕はそれで、七瀬さんを殺せたかもしれない!」

工藤「だが、江戸川は!?僕は犯行時刻、みんなと一緒に喋ってたじゃないか!」

工藤「あの晩に江戸川を殺し、バラバラにすることなんて、誰にも出来はしないんだ!」


ラン「貴様が闇に呑ませし真実は、私がすでに掬い上げている(そのトリックなら…もう解けてるんですよ)」


96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:16:49.45 :yqpak/By0

ラン「我等がインフェルノを目の当たりにした際、刻を見出すは適わぬと悟った(昨晩、私と赤羽根さんが江戸川さんの死体を見たとき、まず死亡推定時刻の特定は困難だと思った)」

ラン「憐れな贄はアブソリュートの洗礼を受け、現世の理から外れたところにあったからだ(窓が開いているせいで部屋は急激に冷やされ、死体は凍り、現場の血液の状態も各所バラバラだったからです)」

ラン「ならば屍ではなく、地獄それ自体の状態にて刻を見出すしかない(死体からの死亡推定時刻の特定が困難なら、もう一つの状況証拠が、どうしても拠りどころになってしまう)」


毛利「状況…証拠?」


ラン「煌く電子の閃光だ(部屋の明かりですよ)」

ラン「我等は、中の者が闇を消すために用いたものだと錯覚していた(私と赤羽根さんは、あの部屋の明かりは、日没になってから江戸川さんがつけたものだと思い込んでいました)」

ラン「故に、地獄の完成は闇の時間であると…そう考えてしまったの(そのため、江戸川さんは早くても日没後に殺され、バラバラにされたと考えてしまった)」

ラン「真実は否、其れは、凶悪なる夢幻術式…(しかし部屋の明かりと死体の状態は、あなたが仕掛けた最大の心理的トリック)」

ラン「あの電子達は、太陽神の時間から既に煌きを纏っていた…(実は、8号室の部屋の明かりは、あなたの手によって、日没よりはるか前についていたんです)」

ラン「それどころか、インフェルノの発動時間は更に遡る…(それどころか、江戸川さん殺しの実際の犯行時刻は更に前…)」


服部「え…?」


ラン「黙示の始まる遥か前に地獄の構築は始まっていたのだ!!(この館に到着するずっと前から江戸川さんは殺されていたんです!!)」



一同「!?」


97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:21:41.80 :yqpak/By0

二日目 夕方 三上館 食堂


毛利「そんな…!?」

館長「で、では、朝に依田が見た江戸川様は…」


ラン「彼の者をを騙りし咎人也。しかし彼も確かに存在していたわ(江戸川さんの名を偽り、顔を隠した工藤さんです)」

ラン「刃に身を裂かれ、既に贄となってね…!(荷物に江戸川さんの死体を入れた状態でね!)」





服部「江戸川と…工藤が…同一人物だと!?」









工藤「…待ってくれ」

工藤「僕は、毎年のように館長さんと会っているし、毎月電話してる」

工藤「幾ら顔を隠していたからって、チェックインの時に声ですぐに…」



ラン「貴様は主不在の次元の隙間に着目し、既に策は打っていた(だからあなたは、館長さんが雪かきで受付を離れている7時から8時の間を狙って…)」

ラン「姿を知らぬ従者に記帳をさせ、事なきを得ていたということよ(その時受付を任されているメイドさんにチェックインをさせたんですよね?)」

ラン「新顔に効かぬ幻術など存在しないからな(半年前にここに来たメイドさんは、貴方たちとは初対面ですから)」

ラン「そうだろう?悪魔王よ(ですよね?工藤さん)」



工藤「…」


98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:27:58.46 :yqpak/By0

二日目 夕方 三上館 食堂


ラン「事の真相はこうだ(つまり、こういうことです)」

ラン「まず咎人改め、貴様はインフェルノの下拵えを始めた…(あなたは前もって江戸川さんを殺して、バラバラにして荷物に詰め込み…)」

ラン「彼の者として潜り込み、地獄の演出に取り掛かる(江戸川さんの名を騙り、チェックインした後、客室の中で作業を始めた…)」

ラン「その後、荷物から贄を外に出し、周囲に血袋を舞わせた(まず、荷物の中の遺体を部屋にばら撒き、あらかじめ用意した血液パックで血の海を作った)」


服部「血液パック…?」


ラン「下拵えの弊害よ。贄は最早枯れた肉塊になり果てていたのだ(前もって遺体をバラバラにしたせいで、血はほとんど流れてしまっていたんですよ)」

ラン「地獄の演出に赤は不可欠。故の苦肉の策…(遺体をばら撒いただけでは、誰かが出血量の少なさを不審がってしまい、トリックがばれる恐れがありました)」

ラン「赤、朱、紅、血にも色々ある、穢れたものなど尚更に多い(血液パックの種類によっては、凝固を妨げる成分を混ぜたものもあります)」

ラン「生命司りしアスクレーピオスの申し子を父に持つ貴様ならば…(あなたの父親は外科医…さらに、江戸川さんには父親の病院に通院歴がある)」

ラン「両腕を死の色に染めることなど常人より遥かに容易い事(息子である貴方は、少なくとも一般人よりは、血液の入手は容易のはずです)」

ラン「…そして、血染めの両腕による地獄の構築は最終段階に入った(血液をうまく撒いたら、準備完了です)」

ラン「原初の地に赴き、館の住人を監視し機を窺い…(受付の様子を伺い、館長とメイドが二人とも受付付近にいることを確認後…)」

ラン「構築式の仕上げの部分を完成させ、なかに氷魔を呼び込み、その場を後にした(速やかに部屋に戻り、鍵をかけ、明かりをつけたあと、窓を開けて冷気を送り込み、そのまま中庭に飛び降りればいい)」

ラン「電子の煌きは太陽神の輝きにかき消され…(周りが明るいうちは、部屋の中の照明なんか目立ちませんし…)」

ラン「館の住人は死角の陰で暗躍する咎人の軌跡を映すことができぬ(受付から中庭の東側は、階段が邪魔で見えないので、受付付近からほとんど離れない従業員に飛び降りるところを見られる心配もありません)」

ラン「残る仕事は、迷える子羊の皮をかぶり、次なるカタストロフィに備えるだけ(後は何食わぬ顔で、他のメンバーに混ざり、江戸川さんと顔を合わせたという証言をすれば、全てが完成する)」

ラン「ところが私の魔眼は、貴様の遺した空虚なる供物の姿を捉えた(しかし、現場に残された、カメラはおろか、ほとんど中身の入っていないバッグが、私にトリックの存在を疑わせた)」

ラン「それが敗因だ!(それがあなたの敗因です)」



工藤「な、なに言っているんだよ…」

工藤「それってつまり、江戸川の部屋がもし西側に割り振られていたら…」

工藤「部屋から飛び降りるところを館長とメイドに見られてたかもしれないってことだろう!?」

工藤「そんなハイリスクな賭けをしなきゃいけないトリックなんて…」



ラン「既に是非は決していたのよ(簡単ですよ、賭けなんて必要ないんです)」


99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:36:47.70 :yqpak/By0

二日目 夕方 三上館 エントランスホール


ラン「しかと見よ(見てください)」

ラン「解錠術式をおさめしこの箱…(部屋の鍵がかけられているキーストッカーですが…)」

ラン「天上を掴む事を許されしは、相応の体格を持った者のみ(館長さんの体格に合わせて高い位置に取り付けられています)」


ラン「よっ…んーっ!!」ノビ―


ラン「私では…今一歩…天上を掴むことはできぬ(西側の鍵がかけられた上の段は、私でもギリギリ届きません)」

ラン「私より矮小な従者に至っては、触れることすら適わんだろう。至極単純な話よ(私より背の低いメイドさんなら尚更無理でしょう。たったこれだけのことです。)」

ラン「故に必ず従者の手は東を示す(つまり、あなたが受け取ることになるカギは、必然的に下の段…)」

ラン「容易く地獄を構築することが出来たのよ!!(東側の客室になるんですよ!!)」

ラン「従者に応対させたのは因果操作の為でもあった(あなたはそれも計算に入れた上で、メイドさんにチェックインをさせたんです)」

ラン「だろう?咎人(ですよね?工藤さん)」


工藤「…」


ラン「貴様は館の主とも精通し、内情を探っていた(あなたは毎月の様に館長に電話し、館の情報を集めていた)」

ラン「館や従者の子細を把握したことで、その因果も己の手中に収めていたということよ(そのとき、メイドさんの存在と、鍵の選び方の傾向も聞き出していたんじゃないですか?)」

ラン「断言する。これら地獄の軍勢を作り上げることのできる者は…(ハッキリ言います。これら全部の殺人を行える人間は…)」

ラン「貴様を置いて居ない!!(貴方しかいないんです!)」






工藤「…証拠はあるのか?」


ラン「…」


工藤「ここまでの君の推理は、ただの推測でしか無いじゃないかっ」

工藤「僕が三人を殺した証拠なんて、何処にも…」



ラン「証も無しに伊達や酔狂で喚くと思っているの?愚かね(あるんですよ)」


100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:41:14.23 :yqpak/By0

ラン「貴様はあらゆる因果律を考えたつもりなのだろうが…(あなたは当然、スキーサークルの6人以外に宿泊客が存在する事を想定したうえで計画を練っていましたが…)」

ラン「法の番人の侵入までは想定外だったようね(その中に警察関係者が紛れ込むことまでは予想していなかったのでしょう?)」

ラン「猟犬の鼻は何処まで自らに近づくのか、貴様はそれを測りかねた…(あなたは咄嗟に最悪の展開を考えた。万が一彼が内部犯の可能性を疑い始め、荷物検査でもされたら…)」

ラン「挙句の果てにはユダの銀貨を晒す結果になるのではないかと恐れてしまった(あとで焼却処分するはずだった、あるものが見つかってしまう)」

ラン「しかし氷雪の吐息は熱を拒み、根城の中で灰にしようなど愚の骨頂(生憎外は吹雪で、火を起こすことなんてできないし、かといって部屋で痕跡を残さず燃やすことも難しい)」

ラン「ならば隠すしかない…見苦しく、駄犬の様に、土で覆うしかなかった(だから昨日の晩、七瀬さんを殺した後、こっそり中庭に向かい、目立たないような場所に埋めることしか出来なかった…)」


ラン「生憎だが、今やそれは我が手中に在る(残念ですが、回収させてもらいました)」








ラン「策に溺れたな、悪魔王よ(この空の血液パックを、ね)」ドン!!







工藤「…」


101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:45:22.83 :yqpak/By0

二日目 夕方 三上館 エントランスホール


館長「そんな…」


毛利「工藤…くん…」


服部「なんで…」




工藤「…なんで?」

工藤「こっちが聞きたいね」

工藤「僕を殺した奴らに仕返ししてやって何が悪い」


毛利「ころした…?」


館長「もしや…」


工藤「僕はただ、普通に生きていただけだ」

工藤「父も、僕を生んだ母も、僕に優しくしてくれた、ただの平和な家族だった」

工藤「そんな僕の世界を地獄に変え、家族を奪ったのは、あいつらだ…!」



ラン「…」

ラン「貴様は…理から外れた、転生せし者か…?(あなたはまさか、館長さんが言ってた、小学時代にあの3人にいじめられ、自--したはずの同級生…?)」


館長「なんと…!?」



工藤「そうさ…それが僕だ」


102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:52:53.90 :yqpak/By0

工藤「もう10年ほど前になるか…奴らのいじめに耐えかねた僕は、橋から身を投げ、自ら命を絶とうとした…」


工藤「しかし、川に流された僕は、運よく命を取り留めていたんだ。だが、記憶を失ってしまっていた…」

工藤「流された先で少年院に保護され、何年間も、自分が誰ともわからぬ生活をしていた…」


工藤「記憶が戻ったのは、今の父親に拾われ、高校生になった時、突然のことだった」

工藤「俺は、本当の両親に会いに行こうとした」

工藤「だが、そこで見たものは、ただの廃屋だった」

工藤「息子を守れなかった自責の念に駆られ、数年前に夫婦揃って首を吊ったと聞かされたよ」

工藤「おれは世間では、死んでいることになっていたんだ…」

工藤「身を投げた時から、捜索願が出されていたらしいのに、何年たっても、なぜ警察は生きていた僕を見つけてくれなかったのか…」

工藤「今となっては、もう関係ない話さ」


工藤「そんな俺の破滅的な人生の転機になったのは、大学に進学し、服部からスキーサークルの話が持ち上がった時だ」

工藤「名前を聞いて耳を疑ったよ、俺の人生を台無しにした、あいつらだったんだから」


工藤「その時俺の頭の中に、悪魔の声が聞こえてきたのさ…」



お前はただ何の理由もなく生き延びたわけでは無い

奴らに復讐するために生まれ変わったのだ

奴らが殺した両親と己自身の報いを受けさせるために

神の啓示によってお前は生き永らえたのだ

奴らを憎め 怒れ 激昂しろ 『正義』のために

その身に宿る『憤怒』こそ お前に相応しい感情であるぞ



工藤「その声に従っただけだ」



ラン(見える…あの男の目には、確かに悪魔が宿っている…)

ラン(七つの大罪『憤怒』の悪魔 悪魔王 サタン…!)



工藤「僕はただ、何の理由もなく奴らに奪われたから、僕も遠慮なく奴から奪ってやっただけだ」

工藤「僕は仕返ししただけだ!!神の啓示に従っただけだ!!」



ラン「愚か者っ!!」カッ


103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 00:56:34.02 :yqpak/By0

ラン「神は…我が父は、アベルを殺したカインをただ傍観していたわけじゃない…」

ラン「踏みとどまってくれることを祈って、信じて、見守っていたんだ…!」

ラン「貴様とて、同じ事だ!」


ラン「我が父は復讐なんかのために人を生かしたりしない!」

ラン「貴様がもう一度幸福を掴んでくれることを願っていた!」

ラン「養子にしてくれた父も、館長の三上も、ずっと貴様の幸せを考えてくれていたではないかっ!」

ラン「なのに貴様は目の前に見えているはずの幸福から目を背け、憎しみに身を焦がし、全てを復讐のために利用し…」

ラン「挙句の果てに、ただの醜い殺人鬼に成り果てたのだ!恥を知れ!!」


工藤「黙れ!!」バッ! バシッ!


一同「!?」


ラン「っ!?」

ラン「は、放せっ!!」グググ…


工藤「お前ら、近づくなっ!」

工藤「動くとこいつの首を掻っ切るそ!」シャッ


ラン「!!」


工藤「僕の人生はこれから始まるはずだったんだ…!」

工藤「僕のマイナスが、やっとゼロになって、やっと幸せを掴めると思ったのに!」


工藤「お前のせいでっ!」ギリギリ…



ラン「あ…ぐ…っあ…」ミシミシ…



毛利「ああ…っ!」

服部「やめろ!!工藤!!」

館長「新二様!!」


104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 01:00:41.66 :yqpak/By0

赤羽根「放しやがれ、この野郎ッ!!」ドゴォッ!


ドンッ! ドシャ!



一同「!?」




工藤「ぐうっ!?」

赤羽根「大丈夫か!?ラン!!早くこいつから離れろ!!」

赤羽根「大人しくしやがれ…この殺人鬼…!!」グッ…




ラン「けほ、げほっ…」

ラン「相棒よ!そいつの拘束を強めよ!」


赤羽根「な、何すんだお前…」


ガシッ

ラン「天の名において貴様を浄化する!」

ラン「大人しくひれ伏し、この男から出ていけ!悪魔王サタン!!」キィィィン



工藤?「ぐあああああああっ!っき、貴様…」


工藤?「ま、ま…まさか人間ではないなっ!奴の血族かっ…!?」


工藤?「覚えていろ、この現世に巣食う残りの同胞が、必ず貴様を殺し…」ジュウウウッ バキンッ


工藤「…」

工藤「…っ」ガクッ



ラン「…」パッ

ラン「元より私の選択肢に逃走は無い(言われなくても、私は初めからそのつもりです)」

ラン「いつでも殺されに来るが良いわ、愚か者共め(いつでもかかってきなさい、悪魔共)」

ラン「人の子の傍に光ある限り、私は決して敗けない(人の心に、闇に打ち勝つ力がある限り、私は敗けません!)」

ラン「必ず魔の眷族を根絶やしにして見せようぞ!(必ず貴方達を一体残らず浄化して見せます!)」




ラン「天神の…名の下に!!(パパの…名にかけて!!)」


105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 01:05:48.53 :yqpak/By0

一同「」ポカーン


毛利「な…なんだったの、今のは?」

毛利「ランちゃんが工藤君の顔を掴んだと思ったら、工藤君が苦しみだして、気を失って…」




ラン「彼の者を狂わせしサタンは消滅した(彼の憎しみを増幅させていた悪魔は消え去りました)」

ラン「全ては終わったのだ(終わったんですよ、何もかも)」



赤羽根「…」

赤羽根「」ドサッ


ラン「我が相棒よっ!?(赤羽根さんっ!?)」


メイド「…赤羽根さまも気を失っただけのようですー、飛び込んできたときは、びっくりしましたがー」

館長「回復しきっていない体で、貴女を助けようと無理に動いたからでしょうな…」



ラン「…ありがとう、赤羽根さん」








赤羽根(なぁ…おまえ…見てたか…兄ちゃん…頑張ったぞ…)

赤羽根(…初めて…殺されそうになってる人を…助けることが…できたんだ…)


106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 01:08:44.37 :yqpak/By0

後日 夜 D県 警察署 


「お前、例の館事件の後から調子いいな」


赤羽根「そうですか?部長」


「配属されたての頃は、何も考えてないように見えて、すぐどっかに吹き飛んじまうような若造かと思ったが…」


赤羽根「…」


「今じゃ何も考えてない若造だな」


赤羽根「…ほめてんすか?それ」


「暴れる馬鹿を止めるのは簡単だが、くじける馬鹿を立ち直らせるのって難しいだろ?そういうこったよ馬鹿」


赤羽根「はは…」


「刑事の勘が、俺にこう言ってる。お前に、最近肩の荷が、ごっそり下りる様な事があったとな」

「図星だろー?」


赤羽根「…残念ですが、逆ですよ。部長」




赤羽根「急に親戚の子が押しかけてきたせいで、毎日面倒ごとばっかりなんです」


107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 01:12:54.20 :yqpak/By0

後日 夜 D県 赤羽根のアパート 居間


ラン「もし、応答せよ…電波妨害か?(もしもしー?…切れちゃった…)」


赤羽根「ちょっ!!お前!?勝手にスマホ使って何やってんだよ!?」


ラン「美千香とやらに話をつけていた(このスマホの美千香さんに電話したんですよ)」

ラン「我が相棒のために親友チエリエルの真似事を、と思ったのだけれど…(赤羽根さんとの仲を取り持ってあげようと思って…)」

ラン「残念ながら、私の様な神聖なる波長は、奴には合わなかったらしい(でも、凄い剣幕で『誰よあんた!?』って、怒鳴られて、切れちゃって…)」


赤羽根「なんてことしてくれたんだー!!」

赤羽根「悪魔とやらを浄化したんだからお前いい加減天国に帰れよ!!」


ラン「帰還しようにも、ケルブの門に添えるべき首が、あと6つ足りないのよ(あと6体浄化しないと帰してもらえないんですよー)」

ラン「奴らめ…恐れを為して闇に隠れたか?(何処にいるんでしょうかねー…一体…)」


赤羽根「もしもし!?美千香か!?違うんだよ!さっきのは、いとこのランが勝手に…」

赤羽根「えっ!?舞台の奈落に突き落としてやる!?ぶ、物騒なコト言わないでくれ!俺が愛してるのは美千香だけだって…!」


悪魔館殺人事件 幕引

11



108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 01:15:02.21 :yqpak/By0

こんな変なSSに長い事付き合ってもらって、ありがとう

HTML依頼出した後は

もっともっと面白い話が作れるように修行してきます



過去作(上から古い順)

音無小鳥「詳しく知りたいんです!」←コピペネタ注意

岡崎泰葉「よこしまな想像」

島村卯月「頑張り狂想曲」

渋谷凛「魔法使い騒動」

姫川友紀「泥酔黙示録」

三好紗南「たのしむ心」

池袋晶葉「一粒の幻想」

本田未央「完全勝利」

北条加蓮「初期症状」

神谷奈緒「腕に巻いた約束」


109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 01:21:54.30 :yqpak/By0

今回余談とか、おまけとか、そんなのは無いです…
この話がもともとオマケなので…


110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 01:38:41.66 :3QWYz/FW0

案外設定が重くてびっくりしたわ!面白かった!
で、次回作はいつですかね?

114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/15(日) 17:35:04.56 :Wgnlxk870
まさかのミステリ大作wwwwww
乙、本当に面白かった
あと絵が可愛かった

115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/11/20(金) 01:02:20.16 :n6PKsC88O
おつ
面白かった。推理ムズいぜまたやりたいぜ