春香「へ!?」


千早「まあ、今さら改めて言うことでのないけれど」


春香「ちょ、ちょっと千早ちゃん! それどういうこと!?」

千早「どういうって……実際そうでしょう?」

春香「ちがうよっ!」

千早「え? どうして?」

春香「どうしてじゃなくてっ!!」

千早「えっと……ごめんなさい。なにを言ってるか、よくわからないわ」

春香「こっちが言いたいよ! 急になに言いだすの千早ちゃんはっ!」

千早「春香はHだってことを」

春香「Hじゃないよっ!」


2 :2016/04/03(日) 23:53:04.17 :ozkEYbc10

千早「そんなわけないわ」

春香「なんで言い切るの!?」

千早「生まれる前からそうだからよ」

春香「そんなにさかのぼる!? 私どんな宿命背負って生まれてきたの!?」

千早「あ、違ったわ。生まれた後かも。春香のご両親に聞いてみたいとはっきり言えなかったわね。ふふ」

春香「私の両親はなにを知ってるの!? 私が生まれた時なにがあったの!?」

千早「それにこの間だって」

春香「この間!? 一気に最近の話!? なに!? 私なにかやらかしちゃったかな!?」


3 :2016/04/04(月) 00:02:37.66 :VcdkztJS0

千早「やらかしたというか……この間撮影したグラビアが載ってる雑誌にも、しっかり載っていたわよ」

春香「しっかり!? いや別にHじゃないから!! 普通の水着だから!!」

千早「水着は普通よ。可愛かったわ。春香によく似合っていたと思う」

春香「え。……う、うん。ありがと」

千早「Hなのは水着じゃなくて、それ以外のところよ」

春香「褒められたと思ったら!! それ以外ってなに!?」

千早「下の辺り」

春香「下っ!?/// し、下って、なに、どうなってたっ!? なにか出てた!?」

千早「…………」

春香「黙らないでよ!! ちゃんと答えて!! 私のアイドル人生がかかってるかもしれないんだよっ!?」

千早「……なんだか、さっきから話が噛み合わない気がして」

春香「……え?」


4 :2016/04/04(月) 00:03:26.24 :VcdkztJS0

千早「もしかして、私の言葉が足りなかったせいかもしれないわ。誤解させてしまったかも」

春香「……そう……なの、かな?」

千早「ごめんなさい春香。いやな気分にさせてしまったわね」

春香「えっ? う、ううん! 大丈夫! 私も早とちりしちゃったかも! ごめんね千早ちゃん」

千早「ありがとう、春香。それじゃあ改めて……」

春香「うんっ」

千早「春香の頭がHだって話だけれど」

春香「やっぱりおかしーーーいッ!!!」


5 :2016/04/04(月) 00:04:43.60 :VcdkztJS0

ガチャ



伊織「なに大声出してるのよ春香。外まで聞こえちゃうわよ?」



千早「水瀬さん」

春香「えっ、伊織? よかった! ちょうどいいところに!」

伊織「な、なによ」

春香「千早ちゃんが変なの!」

伊織「変なのは大声出してる春香の方だと思うけど」

春香「大声出したくもなるよ!だってさっきから―――」

千早「春香の頭がHだって話をしていたところよ」

春香「あ」


伊織「……。春香、アンタ―――」

春香「ちがっ、ちがうよ!? 私はなにも―――」

伊織「大丈夫。春香がどんな変態だとしても、私たちは仲間よ。765プロの仲間だもの」

春香「そう言いながら距離をとらないで!!」

伊織「大丈夫。大丈夫よ。わかってるわ。わかってるから、もうちょっと離れてもらえるかしら」


春香「だからちがうんだってば!! もーーーっ!!!」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:13:22.87 :VcdkztJS0

――――――


伊織「……まあ、話はわかったわ」

春香「わかってくれた!? やっぱり千早ちゃん変だよね!? ねっ!?」

伊織「んー……。千早は、別に変なことを言っているつもりはないのよね」

千早「ええ。なのにさっきから、春香の反応がおかしくて……」

伊織「なるほど……」

伊織「ねえ。さっき千早が言ってたっていうグラビアって、この雑誌のこと?」

千早「ええ」

伊織「ふーん」パラパラ

春香「だ、大丈夫? 変な写真じゃない? なにも出てない?」

伊織「なにが出るのよ……ちょっと静かにしてちょうだい」ペラペラ


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:14:14.44 :VcdkztJS0

伊織「……うん。そういうこと」パタン

春香「わかったの伊織!?」

伊織「ええ、多分ね。ねえ千早。Hなのは、春香の頭よね?」

千早「ええ、そうよ」

春香「ちょっとっ!!」

伊織「静かに! このグラビアの、下の辺りって言ってたわよね」

千早「そうよ」

伊織「ん、わかったわ。ほら春香、自分でも見てみなさい」

春香「ええっ!? ちょ、ちょっとまだ覚悟が―――」

伊織「いいから早く!」

春香「は、はいっ!! ……うう、ちゃんと自分でも写真チェックしたんだけどなぁ」ペラッ


春香「…………」ジー


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:17:38.43 :VcdkztJS0

春香「……? あれ? やっぱり普通の写真だ」

伊織「当たり前よ。千早が言ってるのは、下に書いてあるものよ」

春香「下って……私の、名前が書いてあるだけ……天海春香って、ローマ字で―――あっ」


伊織「そういうことでしょ、千早」


千早「ええ。だって、HARUKAなんだから、頭はHでしょう?」

春香「そういうことなの!? もう、紛らわしすぎるよ千早ちゃん!」

千早「ご、ごめんなさい。そこまで伝わってなかったと思わなくて」

春香「全然伝わってなかったよ……もー」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:18:46.96 :VcdkztJS0

伊織「よかったわね。くだらない食い違いが解決して。あとはいつも通り、いちゃいちゃしてれば? 私に構わず」


春香「い、いちゃいちゃなんてしてないからっ!」


伊織「はいはい」


春香「ちょっと伊織聞いてる!?」

千早「落ちついて、春香」

春香「千早ちゃん……」

千早「私は、やっと誤解や食い違いが解けてよかったと思うけど……春香は?」

春香「……うん! そうだね! 私も、良かったと思う!」

千早「ええ、そうね。ふふ」

春香「えへへ!」


千早「じゃあ、話の続きね。春香はHなどスケベだっていう話だけれど」

春香「誤解解けてなぁーーーいっ!!!」



伊織(やっぱり確信犯だったわね)


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:22:08.58 :VcdkztJS0

千早「ごめんなさい。やっぱり私、春香は静純そうに見えても実はどスケベでしたってキャラだと思いたいの」

春香「思わないで!! 勝手にキャラ付けしないで!! ていうかそのキャラ設定、誰が得するの!?」

千早「私よ」

春香「伊織っ!! 千早ちゃんがサイコレ◯だった!! 助けてっ!!」


伊織「巻きこまないでちょうだい」


千早「仕方ないじゃない! 明るく元気なアイドルの春香が、裏ではどスケベの○乱アイドルだったと考えるだけで、私の腹筋が硬くなってしまうわ!」

春香「返して! 765プロの歌姫、如月千早を返してよ!!」ユサユサ


伊織「巻きこまないでちょうだい」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:25:44.42 :VcdkztJS0

千早「それに、どれだけ否定してもHARUKAの頭がHなのは変えられないわ! それとも、ご両親にもらった大事な名前、今から変えるつもり!?」

春香「ううっ……それなら千早ちゃんだって、Chihaya Kisaragi……C,K……えっと……」

千早「ふふ。なにも浮かばないみたいね」

春香「ぐぬぬ……」



春香「―――あっ! そ、それなら! 伊織だって、名字は水瀬だからMだよ! ドMだよ!」


伊織「だから巻きこまないでって言ってるでしょ!!」


春香「ドMのいおりんだよ!!」


伊織「やめて!! あとその発言、水瀬の人間全員敵に回すわよっ!?」


春香「だ、だって……だって他にHのつく人なんて……」

千早「さあ……認めなさい春香。Hなのは765プロで自分だけだって」

春香「う……うう……」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:27:16.40 :VcdkztJS0

ガチャッ


響「はいさーいっ! お仕事終わったぞ!」

貴音「ただいま戻りました」



春香「あっ! 響と貴音さん!! 助けて!!」

千早「助けを求めても無駄よ春香!!」


伊織「お願い。今すぐ私と喫茶店にでも行きましょう。奢るから。早くこの場から離れたいの」


響「ど、どうかしたのか?」



貴音「なにか揉め事でしょうか?」



春香「聞いてよ響! 貴音さんも―――ん? ひ、びき……あっ!!」

千早「っ!! しまった!!」

伊織「? ……ああっ!」


響「へ?」

貴音「?」



春香「響もHだ!!」


響「うぇっ!!」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:28:50.00 :VcdkztJS0

伊織「そうよ、響よ! 響がいたんじゃない! Hよ、Hっ!」

千早「くっ、我那覇さんもHだったわね……迂闊だったわ」



響「え、ええ、エ◯チ?/// ち、ちがうぞ!! 自分、Hなんかじゃ―――」

貴音「なんと! 響はど助平だったのですね!」

響「ち、ちがうってば!!」



春香「違くないよ! Hだよ!」

伊織「そうよ! Hよ!」

千早「ええ、Hだわ……」




貴音「やはり! 響! なにがあったかは知りませんが、ど助平なのはいけないと思います!! とにかく具体的に、なにがどうど助平なのか詳しく説明してもらわなければ!!」

響「うぎゃーーーっ!! なんなんだよもーーーっ!!!」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:43:27.46 :VcdkztJS0

――――――



雪歩「…………」


美希「…………」



真「あ! 雪歩、美希! おはようっ! ……? どうかした? 2人でドアの前で立ち止まって」


雪歩「ねえ。真ちゃん」

真「え、なに?」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:44:16.85 :VcdkztJS0

雪歩「私、萩原雪歩だよ」

美希「私は、星井美希なの」



真「? うん。知ってるけど」



雪歩「真ちゃん。私たちも」

美希「H、ってことなの」



真「……へ?」



雪歩「そして……」

美希「真君は、H、ってことなの」



真「……へ?」



雪歩「そして」

美希「真君は……」





『M、なんだ』


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:46:26.24 :VcdkztJS0

おわり



日付が変わりましたが、どんな内容だとしても、誕生日SSと言い張る権利を主張します。

天海春香さん、誕生日おめでとうございます。


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:48:15.91 :lAWuCXYDO
良かった
亜美真美はHじゃなかったんだ

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:48:49.47 :WfnQlst2O
真美もMだな

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:49:28.48 :VcdkztJS0
モバマスの綴りだとFなのでセーフと主張します

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/04(月) 00:50:43.62 :lAWuCXYDO
>>21
そうだよな
俺の亜美真美がHなわけないもんな


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】千早「春香はHなのね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459695014/