【SS速報VIP】岡崎泰葉「私、変われたんでしょうか…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460612830/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:47:14.72 :u8bJvK240

今更ながら【ワンモアステップ】岡崎泰葉をベースにしたお話です


P「どうした?衣装入らなかったか?」

泰葉「いえ、そうではなくて…。この衣装を見ていたらPさんと会ったばかりの頃を思い出しました…」

P「……ああ、まだ岡崎先輩だった頃か」

泰葉「そ……その節は、大変ご迷惑を…」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:48:23.52 :2Ufy6ESD0

泰葉「でも、どうしてこれにしたんですか?確かに思い出深いものではありますが…」

P「俺も色々考えたんだけどな。初のソロライブで、それも大舞台。一区切りという意味でもこれかな、って。嫌だったか?」

泰葉「そんな事はないです。ただ、改めて特別な舞台なんだなって…。期待とか責任とか…」

P「なんだ?柄にもなく緊張してんのか?」

泰葉「わ、私だって緊張くらいしますっ!」

P「岡崎先輩は舞台慣れしてるから大丈夫だろ」ハハッ

泰葉「せ、先輩はやめてください!///」


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:49:55.05 :2Ufy6ESD0

泰葉「もう…!」プクー

P「悪い悪い。まあ、泰葉は十分過ぎるほど変わったよ」

泰葉「本当ですか?」

P「ああ。前だったら今みたいな膨れ面はしなかっただろうし」

泰葉「はうっ…」

P「それに何より今は楽しいだろ?仕事も、それ以外も」

泰葉「はい。あの頃の…人形だった私が嘘みたいに…」

P「うん。歳相応の顔になってきたもんな。それに前の運動会だってそうだろ?」

泰葉「普通に楽しんでたら終わってました」エヘ

P「楽しいって何ですかー、なんて聞いてきてた子がな」ポンポン

泰葉「ですから、それはもう忘れてください!」カアァ


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:50:23.13 :/g0IXjfS0

P「そうそう。あの運動会の泰葉、ファンの間で大好評らしいぞ」

泰葉「そうなんですか?特に何かした覚えはないんですけれど…」

P「あんな無邪気な表情の泰葉初めて見た、って。ライブとか撮影だとちょっと大人びた表情する事が多いから」

泰葉「自然体が良かった、って事ですか?」 

P「あんな風にポンポン振り回してきゃっきゃしてる泰葉なんて普段からは想像し辛かったからな。おかげでまたみくのファンが減ってしまったよ」フゥ…

泰葉「え?みくさん関係ないですよね…?」

P「まあ、それはもはや枕詞みたいなものだけど、あれでファンが増えたのは事実だし」

泰葉「な、なんだかちょっと複雑ですが…」

P「あ、あと太もも」

泰葉「えっ!?」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:50:52.88 :/g0IXjfS0

泰葉「あの、太ももって…」

P「そうだ。舞台の稽古の方はどうだ?ソロライブと重なる形になって大変だろうけど…」

泰葉「はい。毎日忙しいですけど、楽しいから平気です。それより太ももって…」

P「俺も迷ったんだけどな、監督からどうしても泰葉を使いたいって言われてさ」

泰葉「くすん…。あの監督さん、子役時代に一度お世話になった事はありましたが…」

P「ああ。言ってたよ。あの頃とは良い意味で随分変わったって。あの舞台には泰葉しか考えられなかったってさ」

泰葉「そ、そこまでは過大評価な気もしますが…」

P「そんなことはない。モデルからアイドルになって、沢山の事を経験した結果が今なんだから。もっと自信を持ちなさい」

泰葉「はい」フフッ


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:51:48.38 :/g0IXjfS0

P「ところで…」

泰葉「はい?」

P「見つかったか?幸せ」

泰葉「幸せ……あっ!もう。どうしてそんな事ばっかり覚えてるんですか?今日のPさんちょっといぢわるです…」

P「拗ねんなって。ずっと気になってたんだよ。楽しいとか幸せとかをなんですか?って聞いてきた事」

泰葉「うう…。………今は、きっと…幸せ、です。前よりずっとお仕事も楽しくて色んな新しい事を経験して、事務所にも、学校にも友達が出来て…」

P「来た時はホント、皆ライバルって風だったからなぁ…」

泰葉「本当、擦れてて嫌な子でしたよね…。でも、薫ちゃんに桃華ちゃん、悠貴さんに周子さんにアヤさんに……」

泰葉「それに、Pさん」

P「うん」

泰葉「安心してください。私、今はとても幸せですから。今まで生きてきて、一番」ニコッ


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:52:31.97 :/g0IXjfS0

P「そういや泰葉の学校の友達って会った事ないな」

泰葉「じゃあ、今度紹介しますね。あ、でもスカウトしちゃダメですよ?」

P「それは会ってみないとなんとも言えないなぁ」

泰葉「そんな事したら、Pさんを私のこ…恋人ですって紹介しちゃいますから」

P「むしろバッチコイなんだけどそれは…」

泰葉「えっ!?」

P「最もそんな耳まで真っ赤にして言ってるうちは大丈夫かなー、って」

泰葉「あうっ…///」

P「スカウトはともかく、楽しみにしてるよ。泰葉の学校生活とか聞いてみたいし」

泰葉「ふ、普通ですよ…?」

P「特に泰葉が告白されたかどうかとか詳しくな。事と次第によっては…」ククッ

泰葉「さ、された事ないですから!Pさん、顔が怖いです…!」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:53:03.56 :2Ufy6ESD0

P「それで、学校の友達には渡したのか?」

泰葉「何をですか?」

P「次のライブのチケット。一応何枚か渡しといただろ」

泰葉「はい。それが、ですね…」

P「渡してないのか?恥ずかしい?」

泰葉「い、いえ。渡そうとしたんですが、そうしたら『もう買った!』って、逆に見せびらかされちゃいました」クスクス

P「ほお。良い友達じゃないか。せっかくの泰葉の夢の舞台だもんな」ナデナデ

泰葉「……夢………Pさん、夢って不思議ですね」

P「ん?」

泰葉「ひとつ叶うと、また次々に違う夢が生まれてきて…」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:53:49.04 :/g0IXjfS0

P「そんなもんさ。夢は多ければ多いほど良い。泰葉なら必ず届くし、俺はそんな泰葉を全力でサポートする」

泰葉「はい。頼りにしてます。また、次の夢に挑戦しましょうね、Pさん」

P「ああ。それで、ソロライブと言う区切りの夢が叶う岡崎泰葉の、次の夢は?」

泰葉「……もちろん、トップアイドルです!」

P「ようやく聞けた」

泰葉「…はい。きっと、随分お待たせしてましたよね」

P「いや、待ったかいはあったさ。今の顔を見たら」

泰葉「叶えましょうね、私と、Pさんと、一緒に」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:54:10.39 :2Ufy6ESD0

P「さて…そろそろ休憩終わりにするか。泰葉もレッスンの時間だろ?」

泰葉「はい。あ、ココアありがとうございます。…えっと」

P「?」

ガチャ

薫「おっはよーございまー!」

悠貴「お、おはようございますっ!」

P「おう、おはよう。…あれ?二人は今日休みだったはずじゃ…」

薫「やすはちゃんのお手伝いに来まー!」

悠貴「来ましたっ!」

泰葉「ふふっ。二人は時間があると必ずお手伝いしてくれてるんですよ」

P「へえ…」

泰葉「私より先にダンスとか覚えちゃいそうでちょっと不安ですが…」

P「さっきの威勢はどうした」ハァ…


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:54:42.87 :/g0IXjfS0

泰葉「これもきっと、成功させたい理由の一つです」

P「なるほど。尚更頑張らなくちゃな」

泰葉「はい。ソロライブだけど、一人きりのライブじゃない、って。今なら分かりま…わわっ!」

薫「やすはちゃん!はやくはやく!」グイー!

泰葉「あ、待って薫ちゃん…!行くから…!」ワタワタ

悠貴「えへへっ♪それじゃあPさんっ!泰葉さん、お借りしますねっ!」

P「おう。ちゃんと返してくれよー!」ヒラヒラ

泰葉「わ、私は物じゃないです…!」

薫「せんせぇ、行ってきまー!」

P「頑張れー!……よし。俺も全力でサポートしないとな」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:55:15.73 :2Ufy6ESD0

ーソロライブ当日ー


P「満員御礼、カメラもたっぷり。準備は万端。さて、今の心境は?」

泰葉「し…心臓がバクバクです!」ドキドキ

P「今更辞めたは出来ないぞ?」

泰葉「あ、煽らないでください…」フエェ

P「ははっ。大丈夫だ。今までの努力は裏切らない。泰葉なら出来るし、なんならちょっとくらい失敗したって構わない。ファンが求めてるのは、完璧な舞台じゃなくて泰葉と一緒に楽しむ事なんだから」

泰葉「一緒に…楽しむ…」

P「出来るだろ、今の泰葉なら」

泰葉「はい…!私だけじゃなくて、ファンの皆と一緒に」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:55:51.79 :/g0IXjfS0

薫「せんせぇ、やっぱりかおるも出たーい!」 

悠貴「じゃ、じゃあ私もっ!泰葉さんと一緒の舞台立ちたいですっ!」

P「無茶言うな…」

泰葉「ふふっ。ごめんね、薫ちゃん、悠貴さん。今日は我慢してね」

薫「やすはちゃん?」

泰葉「これは、私の舞台だから。一人で立たなきゃダメな場面だから。…でもね」

薫「?」

泰葉「薫ちゃんと悠貴さん。それにスタッフの皆さんにファンの皆さん…そして、Pさん。舞台に立つのは一人だけど、周りにはいつも皆居るって知ってるから。心は一緒だから。ね」ギュッ

薫「……うん!」ギュッ

悠貴「はいっ!」ギュッ

P「じゃ、そろそろ客席行っとけ」

薫・悠貴「はーいっ!」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:56:39.09 :u8bJvK240

「開演5分前でーす!」

P「はーい!……さあ、泰葉」

泰葉「はい。………あの、Pさん…」

P「ん?」

泰葉「ひとつだけ、お願いしても良いですか?」

P「なんだ?」

泰葉「最後の準備を。その…舞台に立つための勇気を…ください」スッ

P「…………ああ」スッ

P「自身を持て。積み重ねてきたものを信じろ。お前は十分変わった。どこへ出しても誇れる俺の自慢のアイドルだ」ギュッ

泰葉「………はい」

泰葉「……………」スゥ


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:57:14.40 :/g0IXjfS0


泰葉「アイドル・岡崎泰葉!全力で楽しんできます!」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 14:57:49.76 :2Ufy6ESD0

以上、読んでくださった方ありがとうございました!
日に日に笑顔がキラキラしていってる岡崎泰葉をよろしくお願いします!
今年こそ圏内に…!


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 15:29:02.09 :70Kh/HkAO
乙!
泰葉かあいい

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/04/14(木) 18:14:24.93 :2rb+EkI/o
おつおつ
とりあえず中間まで投票頑張ろうぜー


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】岡崎泰葉「私、変われたんでしょうか…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460612830/