――私は想うままに歌う。

声を旋律に乗せる。鼓動とリズムを合わせる。

唸るギターも。渋いベースも。響くドラムも。

全部巻き込むんだ。観客も、なにもかも。

全部巻き込んだ先に、なにかが見える気がする。

ノリにノッたステージの上には、絶対になにかがある。

目には見えないけど、見えるもの。

――それはきっと、心を震わせる……音の道標だ。


2 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:36:28.72 :+d3Ro89RO

―――

ロックってなんだろ。

口では軽く言ってるけど……正直よく分かってない。音楽のジャンルだってのは知ってるよ。

聴いてて夢中になる音楽?

それとも、思わず口ずさみたくなる音楽?

だったら、「薄荷」も「つぼみ」もロックだよ。うん。

……2人に呆れられた。いや、まぁさすがに無理があると思ったよ、私も。


3 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:38:19.61 :+d3Ro89RO

くすくす笑われる。なんだよぉ。

ジャンル分けしたらそりゃあ、2人の歌はロックじゃないけどさ。

でも私は夢中になるくらい好きだし、口ずさみたくなるよ?

だって、すごく素敵じゃん。想いが歌に乗ってるって言うか。

「泣いちゃってもいい」って。こっちが泣きそうになるよ。

「青空へと飛ばそう、希望の種」。いいじゃん、一緒に飛ばそうよ。

大好きだよ、2人の歌。

 
4 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:40:47.34 :+d3Ro89RO

……え。ちょ、ちょっと待って。なんで怒ってんの?

いたっ、な、なんで!? ほ、褒めてるんじゃん!

ごめん、なんかごめん! よく分かんないけどごめんったら、痛いよ!

ああっ、なにすんの! プレーヤー返して!

なんで消すの!? 帰りに聴けないじゃんかー!

い、いいよっ。帰ったら入れ直すし! せっかく褒めたのに……なんだよ、もう。

――2人の顔は、何故だか赤く染まっていた。

 
5 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:42:38.67 :+d3Ro89RO

―――

夕飯を食べて、お風呂から上がって、自室で一息。

パソコンを立ち上げて、音楽ソフトを開く。

ずらっと並んでいる楽曲たち。色んなCDショップに足繁く通って集めた、大切な宝物。

何曲入ってるかなんて、とうの昔に数えるのをやめた。好きな曲は増えるばかり。

一番多いのはやっぱりロック。アイドルになってからは、他のジャンルも増えてきた。

見識、ってやつ? それを広めないとね。

 
6 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:45:48.67 :+d3Ro89RO

マウスのホイールを回しても回しても、下まで辿りつけない。

どころか、「薄荷」も「つぼみ」も見つけられないくらいにリストは膨れ上がっていた。

こういうときの検索機能、っと。

拙いタッチでキーボードを叩いて、ようやく2人の名前を見つけた。

もはや名前を見るだけで安心する。私を呼ぶ、優しい声が聞こえる気がする。

それくらい、2人のことが大好きになっていた。


8 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:47:39.96 :+d3Ro89RO

……なんだか恥ずかしくなって、手早くプレーヤーに入れ直す。

もちろんお気に入り登録。すぐ聴けるよう、一番上に。

今度は消されないようにしなきゃ。

褒めると怒る。覚えたぞ。

そうだ、他の曲も少しだけ入れ替えよっと。さすがにもう、全部は入り切らなくなってるし。

愛用のヘッドホンをパソコンに挿して、リストを再生しながら選ぶ。

 
9 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:49:21.05 :+d3Ro89RO

んー。……これ入れよう。

こっちは……最近聴いてないなぁ。

カチカチ、カチカチ。クリックを繰り返して。

カリカリ、カリカリ。ホイールを回して。

そして、目に止まった。

「……『Dramatic daydream』」

私たちが最初に歌った、この曲。

 
10 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:51:06.61 :+d3Ro89RO

少しだけ音量を上げて、ヘッドホンを当て直す。

希望に満ちた明日を歌う、明るくてポップな歌。

この曲も、もちろんお気に入りに登録してある。2人の曲と同じくらい聴いてる。

決してロックじゃないけど。

やっぱりロックだ。

想像していたよりも鮮やかに、ずっと煌めくセカイ。

虹を作っている場所が在ると、私たちは信じて疑わない。

ただの理想なんて、簡単に飛び越えていく。

もっとその先を、一緒に見たいから。

心が踊る、そんな歌。

 
11 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:53:43.97 :+d3Ro89RO

気づいたら大きな声で歌ってた。

お母さんが部屋に入ってきて、叱られちゃった。ごめんなさい。

お父さんも顔を出して、「好きだぞ、お前の歌」って。

えへへ。

今日はこの歌を聴きながら寝よう。

これから見る夢は、きっと現実になると信じて。

―――

――



 
12 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:55:06.12 :+d3Ro89RO

―――

うーん、今日はバッチリ目が覚めた!

いい歌を聴くと寝起きもいい。さすが私たちの歌。

「おはようございますっ!」

勢い良く事務所のドアを開けて、テンション高く挨拶。

返事の代わりに耳に入ってきたのは「Twilight Sky」。

……なんで!?

 
13 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:57:04.57 :+d3Ro89RO

見れば、にやにやとノートパソコンを持ったクロワッサンヘアー。

わざとらしく目を閉じて聴き入る素振りを見せるぱっつんヘアー。

昨日の仕返しだと気づくのに3秒もいらなかった。

「巧く歌うんじゃなくて♪」

「心を込めて歌うよ♪」

やめろー! そこはそんなへらへらしながら歌っていい歌詞じゃないんだぞー!

どたばたと追いかけ回す。囃し立てる2人はなかなか捕まらない。

遅れてやってきたスーツの彼に怒られるまで、鬼ごっこは続いた。

 
14 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 12:58:16.49 :+d3Ro89RO

――慌ただしくなる事務所。

今日は夕方からライブだ。そのために朝早くから準備を始める。

セットリストを確認して、僅かな時間を見つけて振り付けを確かめ合う。

遊んでる時間なんてないわけで、そりゃ怒られるよね。

でも、ちょっぴり楽しかったのは内緒。

なんだって楽しい。

目まぐるしく流れる時間の中で、それだけは確かだった。

 
15 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:00:06.95 :+d3Ro89RO

―――

いつまでもこんな楽しい毎日が続けばいいな。

いつか終わりが来るのは分かってる。

分かってるけど、そうやすやすと終わらせてやらない。

一緒に歩き始めたこの旅路に、ゴールは見えないから。

だから、まだまだ終わらない。

 
16 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:02:05.61 :+d3Ro89RO

見えないものを探して歩くのは、ときには不安もある。

悩んで迷ったときは、一緒に歌おう。

新たなことに躊躇うときは、一緒に小さな一歩を踏み出そう。

少しずつ、少しずつ。見える世界を広げていこうよ。

一緒ならできるって、信じてるからさ。

―――

 
17 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:03:30.68 :+d3Ro89RO

――もうすぐステージが始まる。鼓動が高鳴り、気持ちが引き締まっていく。

ヒールの爪先でこつんと床を叩く。リボンをきゅっと結び直す。

「――ズレてるぞ」

「あ。……へへ、ありがとうございます」

彼が後ろからヘッドホンを直してくれる。いつものように。

……実は直してくれるのを待ってるんだよね。気づいてるかな?

 
18 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:05:14.81 :+d3Ro89RO

「今日は李衣菜がメインだ。ヘマはするなよ?」

「しませんよ。大丈夫」

「ふふ、ならいいんだ」

すっと上げられた拳に、自分のそれをとんと合わせた。

大きな手。拳を解いてそっと撫でてみた。

「どした?」

「なんでもないです。今日もロックに決めてきますよ!」

そしたら、褒めてくださいね。

 
19 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:06:55.33 :+d3Ro89RO

「――あ、いちゃいちゃしてる。抜け駆け?」

なにを言うか。

クロワッサンから手の込んだ編み込みに髪型を変えた子が、茶々を入れてきた。

「今日はバックダンスよろしくね。頼りにしてる」

「任せて。李衣菜がせいぜいロックに見えるようにしてあげるから♪」

「…………それはありがたいね、『大きくなったわたし』さん?」

笑顔の肘鉄が飛んできた。まともに脇腹へ突き刺さって、う、うぐぅ……!

 
20 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:08:37.08 :+d3Ro89RO

「次それ言ったら殴る」

「も、もう殴ってるじゃん……!」

「本番前になにしてるの、まったく……。大丈夫、李衣菜?」

無闇に人の過去をほじくり返してはならない、と蹲って後悔していたら、鈴を鳴らしたような声が慰めてくれた。

「うぅう、イジメられたよぉ……」

「よしよし……。加蓮、李衣菜に謝りなさい」

「ふんだ。私は悪くないし」

ほんと、直前になに遊んでるんだか。へへへ。

 
21 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:10:57.63 :+d3Ro89RO

「ほら、もうすぐだぞ。しゃきっとする」

優しく見守っていた彼が、立たせてくれた。

「さ、みんな。最高のステージを魅せてくださいね!」

微笑む私たちのお姉さんが、衣装のシワを伸ばしてくれる。暗がりでもその蛍光緑のライブTシャツが映えた。

「……うん、まぁよし。お仕置きはライブの後にしてあげる。行こっ、李衣菜、泰葉!」

「お仕置きって、もう……。――李衣菜、この前のライブでは私が助けられたから。今日は全力であなたをサポートします」

親友2人に背中を叩かれ、エールをもらって。

「それじゃ――いってきますっ」

私は、私の音を奏でよう。

 
22 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:12:49.52 :+d3Ro89RO

舞台へ上がる階段は、まるで未知への扉。

繋いだ手から伝わる想い。

幼い頃から描いていた、大きな大きな夢を叶えたキミと。

誰かの笑顔のために、この世界へ飛び込んだキミとなら。

分からないこと、知らないことがいっぱいある、未熟で半端な私でも。

きっと前に進める気がするんだ。

 
23 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:14:40.34 :+d3Ro89RO

まだ見ぬ世界が目の前に広がっているのに、なにもしないなんてもったいない。

さぁ、歓声の中に飛び込もう。

果てなく続くこの道を照らすために。ステージの上で、音の道標を見つけるために。

「行こうっ!」

――私たちの想うまま、歌おうぜ!

おわり

 
24 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:17:17.38 :+d3Ro89RO

というお話だったのさ
たとえ歌う曲がロックじゃなくても、前途を想う気持ちはきっとロック。

北条加蓮「昔の私へ、贈る言葉」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462489569/
岡崎泰葉「またひとつ、花は咲く」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462593321/
加蓮、泰葉と来て李衣菜編でした


25 :◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/08(日) 13:20:27.54 :+d3Ro89RO

途中でぶっ込んだ「Dramatic daydream」編はこちら

北条加蓮「煌めくセカイが鮮やかに」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394899498/
岡崎泰葉「虹を作っている場所が在る」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408711505/
多田李衣菜「理想なんて飛び越えて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407858508/

もしかしたら矛盾あるかもだけど2年くらい前のだから許して……


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】多田李衣菜「想いを繋ぐ、音の道標」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462678461/