【SS速報VIP】モバP「俺は池袋晶葉担当プロデューサー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463971638/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 11:47:18.45 :cWk5PVWUO

モバP「今日はみんなに、池袋晶葉というアイドルの生態を知ってもらうとともに、いかに彼女がかわいいかを理解してもらいたいと思う」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 11:59:13.61 :cWk5PVWUO

モバP「というわけで、やってきました晶葉ラボ」

晶葉「どういうわけでなんだ…」

モバP「そんなことより晶葉! 何かロボの実験で手伝えることはあるか!?」

晶葉「いや、今のところは何もないな…」

晶葉「まぁ、せっかく来たんだ。コーヒーでもいれるからゆっくりしていくといい」

晶葉「それに、助手がそばにいてくれるだけで、研究にも力が入りそうだよ」

モバP(やだ、何この子、すごい素直なんですけどかわいい)


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 12:06:25.76 :cWk5PVWUO

晶葉「それより助手、自分の仕事はいいのか?」

モバP「ん? あぁ大丈夫だ、明日の俺が全部やってくれるさ」(ズズッ

モバP「それに、今の俺には、晶葉のかわいさ、魅力を伝えるという、仕事より大切な使命があるからな!」(キリ

晶葉「か、かわいいとか、そんな真面目な顔で言うな!恥ずかしいだろう!」(カァァ

モバP(やだこの子、メチャクチャかわいい結婚したい)


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 12:25:25.06 :cWk5PVWUO

モバP(俺は今まで晶葉と過ごしてきて、晶葉のことは誰よりもわかっているつもりだ)

モバP(ここ最近は彼女も俺を信頼してくれているようで、とても嬉しい)

モバP(しかし、まだ彼女のことを全て理解しているわけではない)

晶葉「それに、私に魅力なんてない。総選挙も圏外だったし、自分でもわかっているつもりさ」

モバP「そんなことないさ、晶葉には魅力がある。俺がそれを完全に引き出せていないのが悪いんだ」

晶葉「そ、それはちがう!助手は充分私の力になってくれている!君がいなかったら、私はこうしてアイドルを続けることもできなかったし!」(アタフタ

モバP(アタフタしてるかわいい)


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 14:19:24.94 :cWk5PVWUO

晶葉「あぁ、そういえば買ってこなければならない部品があったな。近くのパーツショップに売っていればいいが…」

モバP「わかった。俺も行くよ」

晶葉「む、それはダメだ。さっきの口ぶりからするに、まだ仕事は片付いていないのだろう? 私のことより自分の仕事を優先しろ。ちひろに怒られるぞ」

モバP「ば、馬鹿言え! ちちちちちひろなんて怖かねぇやい!」(ガクガク

晶葉「足がとんでもないぐらい震えているのだが…」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 14:29:58.60 :cWk5PVWUO

モバP「コホン。それに、俺には晶葉以上に優先するものなどない」

モバP「晶葉が困っていたら手伝うし、晶葉が寂しがっていたら側にいる」

モバP「そのための担当プロデューサーなんだからな」

晶葉「君はよくしれっとそんな恥ずかしいことを言えるな」///

晶葉「ありがとう」(ボソ


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 19:13:16.60 :kZVOR/N90

【パーツショップ】

モバP(前述した通り、晶葉はアイドル活動の他に、ロボットの研究をしている。普段は自分のラボにこもり実験をしている。だが…)

晶葉「お?これはなかなか。ん?この部品も…」

モバP(正直、俺はこのての分野はからっきしなんだよなぁ。熱心にロボの話をされても、これだけは文系の俺にはよくわからない)

モバP(だが、まぁ)

晶葉「お!これは…ふふ、見ろ助手! あったぞ! これが欲しかったんだ!」

モバP(ときおり見せるこの笑顔は、総選挙1位の島村卯月に引けを取らないほど魅力的だ)

モバP(話は合わなくても、この笑顔が見れるかだけで、彼女のプロデューサーをしていたいと思えるのだ)


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 19:21:19.64 :kZVOR/N90

(ありがとうございましたー

晶葉「すまないな、荷物持ちをさせてしまって…」

モバP「なんてことないさ、俺がやりたくてやってるんだから。」

晶葉「そうか、ありがとう」

晶葉「お礼に、新作ロボが完成したら、助手に1番に試さしてあげよう!」

モバP「お、おぉ…ありがとう」

モバP(試させるって、実験体って意味なんじゃ…)


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 19:37:36.99 :kZVOR/N90

モバP「そうだ、どこか行きたい所はあるか? 今日はレッスンも無いし、久しぶりにゆっくりしてもいいんじゃないか?」

晶葉「えっ?そ、そうだな…」

モバP「ん?なんだ」

晶葉「そ、それは、デートのお誘いと受け取っても、いいのかな?」///

モバP(やだ、顔真っ赤。初心すぎでしょこの子かわいい)

モバP「そうだな、相手がこんなオッサンでいいなら…」

晶葉「お、おっさんなんかじゃない!君は私から見たら全然若くてカッコよくて…は!」///

晶葉「ち、ちがうぞ!今のは客観的に見た率直な感想であって!て、それじゃ認めてるじゃないか!」///

晶葉「と、とにかく!せっかくのお誘いなんだ、無碍にはできないからな。き、喫茶店にでもいくか!」///

モバP「お、おう?わかった」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 19:50:46.62 :kZVOR/N90

【喫茶店】

モバP「なにが食べたい? なんでも頼んでいいぞ?」

モバP(デレステの課金用の金額を越えなければ…)

モバP(だいたいおかしいだろ、なんでまだ晶葉たんデレステ出てこないの? もう俺の準備は万端なんだよ?)

晶葉「そうだなぁ…あ」

モバP「ん?なんかあったか?」

晶葉「き、君のことだ、どうせ今も金欠なのだろう?」

モバP「そ、そうハッキリ言われると悲しいな。事実だからどうしようもないが…少しくらいかっこつけさせてくれても…」

晶葉「だ、だからその、これを2人で食べれば、お金の節約にもなるんじゃないか?」

モバP「ん?」(ノゾキコミ

【ジャンボパフェ 今ならカップルで頼めば半額!】

晶葉「///」

モバP(なんか今日は、やけに晶葉の赤面を見てるような気がするかわいい)


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 20:07:22.55 :kZVOR/N90

店員「お待たせしました、ジャンボパフェでございます」

モバP「よ、予想よりデカイな」

晶葉「そ、そうだな」

モバP(頼んでみたはいいけど、俺たちはカップルとして見られているのか?)

晶葉「そ、それじゃぁ、いただきます…」

モバP(良くて兄妹とか、お父さんと娘だろ)

モバP「い、いただきます」

晶葉「はむ…ん!意外といけるじゃないか!」

モバP「ん…おぉ、確かに美味い。甘すぎない、サッパリした味だな」

晶葉「ふふ、やはり私の選択に間違いはないのだな」

モバP(まあいいか、晶葉が嬉しそうだったら、それで)


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 20:15:21.98 :kZVOR/N90

晶葉「ふぅ、ごちそうさま。たまにはこういうものもいいな」

モバP「そうだな、晶葉も羽を伸ばせてるようでなによりだよ」

モバP(ん、まてよ…なにか忘れてるような。こう、とても重要な必須イベントを…)

モバP(あ…)

モバP(あ ー ん 、 を し て い な い!!)

モバP(なんてことだ!せっかくカップル用のジャンボパフェなんてものを頼んだのに、あまりの美味しさに食べさせあいをするのを忘れて夢中になって食べてしまった!)

モバP(モバP、一生の不覚!)

晶葉「ど、どうしたんだ? 頭抱えて…キーンてなったのか?」

モバP「いや、なんでもないんだ、なんでも…」(しょんぼり

晶葉「?」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 20:32:57.14 :kZVOR/N90

【ラボ】

晶葉「ここはこの部品を…この組み合わせはどうだ?」

モバP「なあ晶葉、熱中してるところ悪いが、もう夜も遅いぞ? ラボに泊まるつもりか?」

晶葉「む、そうか…だがもう少し待ってくれ、キリの良いところで終わせたいんだ」

モバP(あー、こうなったら言う事きかないからな。しょうがないか…)

モバP「わかった、じゃあコーヒーでもいれてくるよ。昼はお前にやらせたからな」

晶葉「ん、すまない、助かるよ」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 20:42:33.44 :kZVOR/N90

モバP「はいよ、コーヒー一杯」(コト

晶葉「あぁ、ありがとう」(ズズ

晶葉「ふふ、やはり人にいれてもらったコーヒーは美味しいな」

モバP「そうか、そう言ってくれると、俺も嬉しいよ」

モバP(なんだかんだ言って、まだ14歳の子供なんだ。1人で居るのは寂しいだろう)

晶葉「…な、なぁ、助手」

モバP「ん?どうした?」

晶葉「助手は、私の担当プロデューサーになって、後悔してないか?」

モバP「後悔?」

晶葉「あぁ、ロボしか取り柄のない私を見つけて、アイドルの世界に引き込んでくれた君には、とても感謝している」

晶葉「アイドルとして上手くいかなかった時、君が専属のプロデューサーになってくれると言われた時は、すごくうれしかった」

モバP「そうか…」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 20:53:50.29 :kZVOR/N90

晶葉「だが、私は君の期待に、満足に応えてあげられていない…」

晶葉「現に、今回の総選挙だって圏外だった。せっかく君がプロデュースしてくれているのに…」

モバP「…」

晶葉「怖いんだ。このまま人気が出なかったら、君が愛想を尽かしてどこかへいってしまうんじゃないかって…」(グス

モバP「…」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 21:19:05.96 :kZVOR/N90

モバP「はぁ…まったく」(ナデナデ

晶葉「!な、なにを!」(ゴシゴシ

モバP「ちょっとがっかりしたよ。もっと俺を信頼してくれてると思ってたんだが」

晶葉「え…?」

モバP「俺がお前の担当になる時、約束しただろ?」

モバP「ずっといっしょにいてやるって」(ナデナデ

晶葉「あ…」



晶葉『そうか、君が担当してくれるのか』

モバP『おう、俺がいればもう安心だ!』

晶葉『そ、そうだな…』

モバP『? どーした?暗い顔して』


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 21:35:51.82 :kZVOR/N90

晶葉『いや、嬉しいよ。だけど…』

モバP『?』

晶葉『な、なぁモバP…もう、君はどこにも行かないんだよな?』

晶葉『ずっといっしょに、いてくれるんだよな?』

モバP『晶葉…』

モバP『当たり前だ、俺はお前の担当プロデューサーになったんだ』

モバP『俺はずっと、晶葉といっしょにいてやる』

モバP『約束だ』




晶葉「そうだ、そうだったな」

晶葉「忘れるところだった。約束した…ずっといっしょって…」

モバP「晶葉…」

晶葉「すまなかった、助手」

晶葉「そうだな、弱音なんて、吐いてる場合じゃなかった…」

晶葉「君がいれば、きっとトップアイドルになれる。君と一緒なら、なんだってできる!」

晶葉「もう忘れないよ、助手」

モバP「おう、信じてるぞ、晶葉」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 21:41:38.49 :kZVOR/N90

晶葉「そうと決まれば、こうしちゃいられない! 今はできることをやるんだ!」

晶葉「アイドルとロボの両立!まずはこの新作ロボを完成させなければ!」

晶葉「待ってろ助手!すぐに完成させてやる!」(シュババ

モバP「はいはい、待ってるよ」

モバP(良かった、笑顔が戻った。やっぱり晶葉には泣き顔は似合わない)

モバP(しょうがない、待っててやるか)

モバP(あぁー、なんか安心したら、眠気が…」

モバP(……)


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 21:47:58.74 :kZVOR/N90

モバP「zzz」

モバP「んん…」

モバP「あぁ、寝ちまってた…げ、もう9時じゃねぇか」

モバP「晶葉、そろそろ終わらせてかえ…あ」

晶葉「…」(スー スー

モバP「ふぅ、ほんとこいつは…」(フフ

モバP「親御さんには、後で連絡いれておくか…」(ダキカカエ

晶葉「ん…助手ぅ」

モバP(ソファに寝かせておこう)

モバP「おやすみ、晶葉…」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 21:56:00.45 :kZVOR/N90

モバP(…)

モバP「さあどうだっただろう、君たちにも晶葉のかわいさは12分に伝わったかな?」

モバP「これを機に、どんどん晶葉のファンが増えてくれたら俺も嬉しいぞ!」

モバP「正直キャラがおかしいとか、いろいろ不満な点はあったかもしれない…」

モバP「だが、俺が伝えたいことはすべて伝えたつもりだ!」

モバP「それでは、またどこかで会おう!さらばだ!」スゥ



ガシィ!

ちひろ「逃すと思ってるんですか?モバPさん」(ニコニコ

モバP「や、やぁちひろさん、お久し振りですね、元気にしてましたか?」(ダラダラ

ちひろ「えぇ、いま私、とてもテンション高くなってて困ってるんですよ~」(ニコニコ


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 22:02:19.75 :kZVOR/N90

ナニガセイタイヲシッテモラウダ!ナニガカワイサヲリカイシテモラウダ!!タダシゴトサボッテデートシテタダケジェネェカ!!

チ、チガウンダチヒロサン!イヤチヒロサマ!コレハシゴトヨリジュウヨウナコトデアッテ!

シゴトヨリダイジナモノガアルカァ!(ドゴォ

グボァァ!!


晶葉「助手ぅ…ずっと、いっしょだぞ…」zzz




おわり


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/23(月) 22:06:27.12 :kZVOR/N90

初ssで拙いところがあったかもしれませんが、生暖かい目で見てくださると幸いです

このssが少しでもPたちの目に止まって、晶葉ちゃんかわいいと思ってくれたら嬉しいです


デレステで晶葉ちゃんはよ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「俺は池袋晶葉担当プロデューサー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463971638/