【SS速報VIP】池袋晶葉「押すたびに助手が甘やかしてくれるボタン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466180531/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:22:11.33 :8CvAyrg5O

P「………は?」

晶葉「ふっふっふっ」ポチー

P「ちょ、おいっ!…………って、何も起こらないぞ?」

晶葉「…本当か?」ジー

P「ああ……」

晶葉「…………本当に本当か?」ウワメヅカイ

P「うぐっ…」

晶葉「…………そうか」ショボン

P「ああ、もう!晶葉は可愛いなぁ!」ナデナデ

晶葉「ふふん、そうだろうそうだろう!」ニヘー


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:24:39.27 :8CvAyrg5O

晶葉「ほらみろ、成功じゃないか!」ムフー

P「成功ってか、かなり力技だったけどな…」ハァ

晶葉「あ、こら。まだ撫でるのやめるな」ポチッ

P「はいはい」ナデナデ

晶葉「ふふふ♪しかもだな、これは押すたびにだんだん内容が過激になっていくのだ!」

P「なん…だと…」ナデナデ

晶葉「あ、勿論、その…変なことはなしだぞ?Pがどうしてもって言うなら別だけど…私は天才だがまだそういうのは早いと思うし…」ゴニョゴニョ

P「ぜひとも変なことってのがどういう事かを問いただしたいんだけど…」ナデリナデリ

晶葉「ううう、うるさい!」カアッ

P「自分から言っておいて…」ナデナデ

 
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:25:34.10 :8CvAyrg5O

P「次押したらどうなるんだ?」

晶葉「そうだな。…あれだ!膝に乗せて撫でるとかどうだ?」ポチットナ

P「どうだ?とか言っちゃったよ…。仕方ないな。ほら」

晶葉「細かい事は気にするな♪」ノソノソ

P「まあこれくらいなら普段やってるし…」ナデナデ

晶葉「えへへへ。いいか。私がこのボタンを押している限り今日のPは一日私のものなのだからな!」ギュー

P「はいはい。ま、たまにはいいか…」ナデナデ

晶葉「もっと!」ポチ

P「かしこまりました、お姫さま」ナデナデ

 
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:26:40.97 :8CvAyrg5O

P「まったく。画期的な発明品が出来たからと言われてきてみれば…」

晶葉「画期的だろう。なんせこれがあればPは私を甘やかし放題。私はPを一人占め。Win-Winの関係になれるんだからな!」ドヤッ

P「いや、いいんだけどさぁ…」

晶葉「さて、次はどうしてもらおうか…」ポチポチ

P「分かったから手持ち無沙汰に押すな…」ナデナデ

晶葉「あ、あれだ!あすなろ抱き!」

P「あすなろ抱き?……ああ、あれか。よく知ってるな」

晶葉「うむ。この間ウサミンと話している時に聞いてな。昔からの憧れだと言っていた」

P「あの宇宙人は…。本気で歳隠す気あるのか…」

 
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:27:30.45 :8CvAyrg5O

晶葉「と言う訳でPよ、次はあすなろ抱きだ!」ポチー

P「はいよ。よっ…と。これで良いか?」ギュッ

晶葉「おおう。これは…予想以上に素晴らしいな!」ムフー

P「満足してくれて何よりだ」

晶葉「だか…あれだな。Pの顔が思った以上に近くて…その…」

P「ん?なんだ?発情した?」ボソボソ

晶葉「はつ…!ばか!バカP!まだ早いと言っただろうが!耳元で囁くんじゃない!///」

P「晶葉は可愛いなぁ」ハッハッハ

晶葉「うう…」

 
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:28:16.57 :8CvAyrg5O

「ウサ!」

晶葉「ん?どうした?ウサちゃんロボ。私は今忙しいんだが…」

「ウサウサ!ウッサ!」

晶葉「来客?……ああ、そういえば頼子が来るんだったな。通してくれ」

「ウッサー!」

P「待て、このままか?」

晶葉「ん?何か問題あるか?」

P「いや、晶葉が良いんなら良いけどさ」

晶葉「うむ。あ、そろそろ撫でる方に戻ってくれ」ポチ

P「もうそのボタン意味ないだろ…」ナデナデ

 
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:28:56.48 :8CvAyrg5O

頼子「失礼します…」

晶葉「ああ、頼子。わざわざすまない」

頼子「いえ。大丈夫で………す?」

P「よっ!」ナデナデ

頼子「ええっと………?」

P「ああ、俺の事は気にしないでくれ」ナデナデ

頼子「…はあ」

晶葉「何だったか…。そうだ。次の仕事の件だったな。決めたか?」

頼子「はい。次はこの絵画にしようかと…。日本初公開らしいので、話題性も申し分ありませんし。個人的にも好きな画家なので…」

晶葉「ふむ…。だがこの美術館は以前入った事があるからな。警備も厳重になっているだろう…」

頼子「ええ。だからこそ、やり甲斐もありますし…」

P「いやあ、なんの話をしているかさっぱり分からないなぁ」


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:29:27.99 :8CvAyrg5O

頼子「それでは、よろしくお願いします…」

晶葉「うむ!私に任せておけば無問題だ!都ごとき、ちょちょいのぱっ。だしな!」

P「頼むから危ないマネはしないでくれよ?」

晶葉「ふふん!天才に不可能はないのだ!」

P「そうですか…」

頼子「それで、どうしてこの様な状態になっているんですか?」

P「ああ、それは……そういえば、これ頼子が押したらどうなるんだ?」ヒョイ

晶葉「あ!こらっ!取るな!」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:30:38.52 :8CvAyrg5O

P「頼子、試しに押してみてくれ」

頼子「はい…。えっと……」ポチ

晶葉「ああっ!」

頼子「…………?」ポチ−

頼子「………特に何かあるようにも思えませんが…」ポチポチ

P「うん。俺もなんともないな…」

頼子「何のボタンなんですか?」ポチ−

P「押すたびに俺が甘やかすボタン?」

頼子「………!?」ポチポチ

P「らしいんだけど…」

頼子「…………はぁ」ポチポチポチポチ

P「……押すの早くなってない?」

頼子「……気のせいです…」ポポポポポチ

P「頼子、目がマジになってるから…」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:32:03.32 :8CvAyrg5O

P「あきはー?」

晶葉「むう……あっ!あれだ!最初に使用者認証したから、私以外が押しても効果ないっていう!」

頼子「そうなんですか?」

P「今思いついただろ…」

晶葉「そ、そんなハズはないだろう!私は天才なのだから、それくらいの機能は朝飯前なのだ!」

頼子「なるほど…。では、これは晶葉さんにお返ししますね…」

晶葉「ああ、すまない……少し窪んでないか…?」

頼子「そうでしょうか…?」

P「悪いな。また今度美術館でも付き合うからさ」

頼子「…はい。楽しみにしておきます♪」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:32:46.45 :8CvAyrg5O

頼子「それでは、私はこれで」

P「なんだ?もう行くのか?」 

頼子「はい。色々準備がありますので。下見もしておきたいですし…」

晶葉「では、詳しい日時等はまた改めてだな」

頼子「それでは失礼します」ペコリ

P「ああ、またな」

晶葉「ふふん。忙しくなりそうだ…♪」

P「じゃ、俺もそろそろいくかな…」

晶葉「なにを言っている。今日一日は私の物になると言っただろうが」ポチ

晶葉「……やっぱり、少し緩くなってる」

P「まだやるのか…。まあいいけど」


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:33:16.66 :8CvAyrg5O

P「で、次はなにする?膝枕でもするか?」

晶葉「ふむ。魅力的だか、それは後でしてもらうとして…、そろそろ昼食の時間だ」

P「んじゃ、何か作るか?」

晶葉「ふっふっふっ。心配無用だ!カモン!ウサちゃんロボ!」パチン

「ウサ!」カラカラカラ

晶葉「既に作らせていたからな!」フフン

P「おー。おっ、ちゃんと野菜もあるな。偉い偉い」ナデナデ

晶葉「だってPがちゃんと食べろって言うから……っておい!ピーマンは入れるなと言ったのに!」

「ウッサ!」

P「好き嫌いするなってさ」

晶葉「ぐぬぬ…。ウサちゃんロボのクセに…」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:34:19.04 :8CvAyrg5O

晶葉「くそっ。だけど食べなければ問題ないし…。と言う訳で、Pよ!」ポチ

P「ん?代わりに食べたりはしないぞ?」

晶葉「えっ…?いや、そうじゃなくて。まずはPが箸を持つ」

P「はいよ」

晶葉「あとは、あーん」アー

P「………ん?……ああ、はいはい」ヒョイ

晶葉「もぐっ……んんっ!!?んー!んー!」ジタバタ

P「戻しちゃダメだぞー」

晶葉「んぐっ!………ふぁ…なんでいきなりピーマンからいくんだ!」ナミダメ

P「おっ、食べられたな」ナデナデ

晶葉「ま、まあ私は天才だからな!」フゥ

P「よし。じゃあ、あーん」ヒョイ

晶葉「あー……んむっ。………んんーっ!」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:35:02.46 :8CvAyrg5O

P「はい。ご馳走さま」

晶葉「うう…。ひどい目にあった…」クスン

「ウサ~♪」

P「ん?おっ。晶葉晶葉」

晶葉「ん?なんだ?ピーマンならもう一生分食べたからいらないぞ?」

P「はい。あーん」

晶葉「あー……むぐっ……!プリン!」ホワー

P「ウサちゃんロボから、ピーマン食べきれたご褒美だとさ。はい」

晶葉「あー……んっ♪ああ、幸せだ…」ニパー

P「良かったな。次はどうするん?」

晶葉「あっ!」ポチ

P「もういらないだろ、それ…」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:36:01.66 :8CvAyrg5O

晶葉「ふわぁ…」クアー

P「ん?眠くなった?」

晶葉「んー…。お腹がふくれたら少しな。そうだ。ちょうど良いしさっき言ってた膝枕をしてくれ」ポチ

P「かしこまりました、お姫さま」

晶葉「むふふふ」ポスン

晶葉「後はあれだな。眠るまで撫でていてくれ」ポチッ

P「子守唄もいるか?」ナデナデ

晶葉「それは……いや、いい」

P「そうか……」ナデナデ

晶葉「ふぁ…。起きたらまた…色々やってもらうからな…」ウトウト

P「ん…」ナデナデ


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:36:46.27 :8CvAyrg5O

晶葉「くー……」スヤスヤ

P「寝たか。…疲れてたのかな」ナデナデ

「ウサー…」パサッ

P「おっ、悪いな」

「ウサ」

P「こうして見ると普通の中学生にしか見えないんだけどなぁ…」

「ウサウサ?」

P「ん?まあ、たまには良いんじゃないか。急ぎの仕事もないし。晶葉もたまには甘えたいだろうし…」

「ウササ」ペコリ

P「なんのなんの。こちらこそよく世話になってるから」

「ウサ」

P「ああ。ヨロシク」


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:37:31.81 :8CvAyrg5O

P「ふむ…」

晶葉「んんっ…」モゾッ

P「ああ、はいはい」ポンポン

晶葉「ふへ……」ギュッ

P「ふふっ……」ナデナデ

晶葉「むにゃ…」ニヘー



おしまい


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/06/18(土) 01:39:04.90 :8CvAyrg5O

以上、読んでくださった方ありがとうございました!
久しぶりに書いたらよく分かんない展開になりましたが…
デレステ参戦はよ!


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】池袋晶葉「押すたびに助手が甘やかしてくれるボタン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466180531/