・これはモバマスssです
・キャラ崩壊があります
・書き溜めはありませんが、2日以内には終わらせたい


2 :◆TDuorh6/aM :2016/08/25(木) 19:29:05.13 :ZVwXfT1sO

杏「…雨で電車運休、ね」

杏「なんでこんなタイミングで台風がくるんだろ…」

杏「いや、別に怒ってないよ?」

杏「天気はいくらプロデューサーでもどーしようもないし」

杏「急いでバス取れたおかげで箱根まで行けるんだし」

杏「温泉でのんびり出来るんなら、杏は文句言わないよ」

杏「…うん。のんびり出来るんなら、ね」


3 :◆TDuorh6/aM :2016/08/25(木) 19:32:25.49 :ZVwXfT1sO

フレデリカ「ふーんふーん、杏ちゃん。外の景色凄いよー、雨で全然見えないけど」

文香「…」

フレデリカ「だいじょーぶ?文香ちゃん。蚊に刺された?」

文香「…あまり、乗り物には強くないので…」

フレデリカ「風強くてバス揺れるもんねー。よし、代わりにこないだ買ったキャンディをあげよー」

杏「なら本読むのやめればいいと思うんだ」

文香「………?!」

杏「いや、そんな驚いた顔されても…多分それが原因だからね?」


4 :◆TDuorh6/aM :2016/08/25(木) 19:32:53.89 :ZVwXfT1sO

杏「はぁ…何時もの3人でって言われたから油断してたよ…」

フレデリカ「いぇーい!アタシ達いつメンだよ!」

文香「い、いぇーい…」

杏「恥ずかしいならやらなければいいのに」

文香「ふぅ…既に疲れました…」

杏「それ杏の台詞なんだけど」

フレデリカ「よし、みんなでワイパーごっこしよー!」

杏「やめてあげて、文香ちゃん吐いちゃう」


5 :◆TDuorh6/aM :2016/08/25(木) 19:33:43.52 :ZVwXfT1sO

杏「あとほんとに、文香ちゃん一回本離そうか」

文香「…もう少し、文学的に言って頂かないと…」

杏「えー…地の民に創造されし冥なる綴りを胸に、されど其方は虚空へと羽撃かせよ」

文香「…仕方…ありませんね…」

杏「普段、プロデューサーってこんな気持ちで杏に注意してたのかな…」

フレデリカ「わぁお、杏ちゃんって熊本出身なの?」

杏「凍える大地の…違う違う、北海道だよ」


7 :◆TDuorh6/aM :2016/08/25(木) 21:26:04.22 :ZVwXfT1sO

文香「…ところで、プロデューサーさんは…」

フレデリカ「仕事の疲れで後ろで倒れてるよー」

杏「一応プロデューサーも休みもらってるらしいしね。一緒に行動はできないけど困った事があったら呼べってさ」

フレデリカ「アイドルだもんねー、アタシ達」

杏「おぉう…フレデリカちゃんの口からそんな言葉が…」

文香「あら…私の持ってきた和菓子は…」

杏「本読みながら全部食べ切ってたよ」

文香「そんな…次のサービスエリアで買い足さなければ…」

杏「え、あんなに食べてて?」

フレデリカ「文香ちゃんはダンスやってるからねー」

杏「杏も一応やってるんだけどな…」


9 :◆TDuorh6/aM :2016/08/25(木) 21:36:11.65 :ZVwXfT1sO

杏「それにしても、あと一時間くらいあるんだよね…」

フレデリカ「一時間あれば箱根まで行けちゃうねー」

杏「何そのレモン一個分みたいなやつは」

文香「でしたら…三人で、本を読むと言うのは…」

杏「酔うよ?」

フレデリカ「アタシ様の美声に酔いな!」

杏「…暇はしなさそうだね。疲れもどーせ温泉で癒せるしいいかな」

フレデリカ「あっ、トランプあるよー」

杏「お、定番だね」

フレデリカ「麻雀でもやろっか!」

杏「まるで意味がわかんないよ…」


11 :◆TDuorh6/aM :2016/08/26(金) 00:40:42.36 :JxDEioqnO

フレデリカ「じゃあ猫に関する物しりとりしよー」

杏「唐突だなぁ…り、からね。うーん…旅行会社?」

文香「…あり、なのでしょうか…」

杏「だって他に思いつかないんだから。はい、文香ちゃん」

文香「しゃ、ですか…シャケで…」

フレデリカ「タマネギ!」

杏「ゲームのルール忘れてない?」

文香「そうですよ、フレデリカさん…猫はタマネギを食べられません」

フレデリカ「えー、でも前みくちゃんは食べてたよ?」

文香「…確かに、ハンバーグにはタマネギが使われていますね…」


12 :◆TDuorh6/aM :2016/08/26(金) 00:45:34.19 :JxDEioqnO

フレデリカ「じゃあ次のゲームはねー…」

杏「…普通にトランプしない?大富豪あたりの三人でも長く遊べるやつ」

文香「…負けませんよ?」

杏「やめとこっか、嫌な過去を思い出したし」

フレデリカ「ウノもあるよー」

杏「じゃあそれでいこうか。プロデューサーは…寝てるか」

フレデリカ「よーし、フレちゃん勝っちゃうぞ!」


15 :◆TDuorh6/aM :2016/08/26(金) 12:39:49.11 :JxDEioqnO

フレデリカ「はい、あっがりー」

杏「…杏もあがりかな」

文香「…」

杏「…そろそろ一回やめない?結構やってる気がするんだけ

文香「もう一戦、お願いします」

杏「ほ、ほら。同じゲームばっかりやってると運勢が固定されちゃ

文香「もう一戦、お願いします」

フレデリカ「みてみてー、ウノタワー」

文香「もう一戦、お願いします」

杏「…やろっか」


16 :◆TDuorh6/aM :2016/08/26(金) 12:43:58.47 :JxDEioqnO

杏「ウノ」

フレデリカ「ほい、あっがりー」

文香「…出せないので、引きます…」

杏(杏も上がれるけど…ここは)

杏「杏も出せないかなー。一枚引くよ」

文香「…杏さん。そう言う気遣いは無用ですから」

杏「ほ、ほんとに上がれなかったんだって」

文香「フレデリカさんの手札が一枚で、私が出せない色で手札を一枚にしたのに…ですか?」

杏「…そんな時もあるって」

文香「もう一戦、いきましょうか」


17 :◆TDuorh6/aM :2016/08/26(金) 12:47:08.84 :JxDEioqnO

フレデリカ「いえーい、いっちばんのりー」

杏「…ドロ4」

文香「……………」

杏「何も無ければ、杏も上がりかな…」

文香「…」

杏「もーそろそろ着くし、続きは今度に

文香「今夜で」

フレデリカ「今晩は!」

杏「…後少し、杏は寝てよーかな…」


18 :◆TDuorh6/aM :2016/08/26(金) 12:54:31.36 :JxDEioqnO

フレデリカ「よーし、とーちゃく!」

文香「心地良い空気ですね…雨も、上がりましたし…」

杏「…生きた心地がしなかったかな」

フレデリカ「さーて、湖はどこかなー?」

文香「私は…本屋巡りでも…」

杏「温泉だから、その為の箱根だからね?」

フレデリカ「じゃじゃーん、変装用めがねー!」

文香「似合ってますね…私も、かけてみましょうか」

フレデリカ「わーお、偏差値たかそう!アタシが!」

杏「偏差値の低そうな発言だね」

フレデリカ「みてみてー、鏡に美人な金髪美少女が映ってるよー」

杏「何処にも鏡無いんだけど…」


19 :◆TDuorh6/aM :2016/08/26(金) 13:00:57.57 :JxDEioqnO

杏「あ、気付かなかったけどかな子ちゃんと智絵里ちゃんから連絡来てる」

杏「なになに…」

『そろそろ着く頃かな?温泉饅頭美味しいよ~』

杏「…あれ?」

フレデリカ「杏ちゃん、お土産に木彫の深海魚はどーかな?」

杏「別に買うの帰りでいいし、そもそもそれ此処じゃなくてよくなくなくない?」

杏「…あれ?文香ちゃんは?」

フレデリカ「プロデューサー連れて本屋に行ったよ?」

杏「…バス停に向かおっか」


20 :◆TDuorh6/aM :2016/08/26(金) 13:06:42.51 :JxDEioqnO

杏「何時もの三人って、ちゃんとキャンディアイランドの事だったんだね」

杏「あの二人は何で?」

杏「…なにさー、別に照れてないよ」

杏「杏としては疲れるから遠慮したかったけど…」

杏「…え、雑誌のインタビュー?ユニットの特集?」

杏「座って受け応えするだけなら楽だしウェルカムだけど…」

杏「あ、かな子ちゃんと智絵里ちゃんも居るんだ」

杏「…りょーかい。じゃ、杏も温泉入ってくるから」


21 :◆TDuorh6/aM :2016/08/26(金) 13:09:40.91 :JxDEioqnO

明るい文香さんは良いですよね
書いてて楽しいです
お付き合いありがとうございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】フレデリカ「慰安旅行ごっこ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472120902/