~事務所~

みく「なんでその話をみくにするのにゃ。あーにゃんと宿題で忙しいんだけど」

のあ「未だ実装されないにゃん・にゃん・にゃんの面汚しとは、話もしたくないと……」

みく「そこまで言ってないでしょ!? 卑屈すぎるにゃ!」

アーニャ「アー、ノアの顔、綺麗ですよ?」

みく「あーにゃんそういう意味じゃないから……」

みく「というか、そういうのはもっと偉い人達が決めることでしょ?」

みく「みくたちに言われてもどうしようもないにゃ」


2 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 21:52:06.30 :BtDZ/3Fu0

のあ「偉い人達が決める……それに歯向かったのは、貴方だったはずよ……」

アーニャ「ダー。デビューを約束させるために、カフェを乗っ取りましたね」

みく「うぐ……あれは、先の見えない不安があったからだし……」

みく「のあにゃんは、ペース的にも今年中に実装されるでしょ? みくの時とは違うにゃ」

のあ「待ち望む『いつか』……それは近ければ近いほど望ましい……そうじゃないかしら」

みく「うっ……そ、それはそうだけど」

のあ「最終決定を下すのは私たちではない……けれど、それを後押しすることは出来る……」

のあ「そのために出来ることがあるならやるべき……」

アーニャ「ミク、ノアの話、聞きましょう? 私も、ノアと一緒がいいです」

のあ「アーニャ……」

みく「あーにゃん……わかったにゃ、後で宿題手伝ってよ?」

のあ「造作も無い……」

 
3 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 21:53:43.69 :BtDZ/3Fu0

のあ「まずは、原因とその対策を考えるべきね……」

みく「原因って、実装されないことについて?」

のあ「そう……何故実装が後回しなのか……」

アーニャ「アー、人気、じゃないですか?」サラッ

みく「オブラート! もうちょっとオブラートに包んで!」

のあ「その要因は、もっともかもしれないけれど……生々しいからやめましょう……」ガクブル

みく(のあにゃんが恐怖している……!?)

 
4 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 21:55:24.11 :BtDZ/3Fu0

のあ「私は、こう考えた……実装が遅れる理由……それは」

みく「それは?」

のあ「……笑顔よ」

アーニャ「笑顔、ですか?」

みく「なんでそれが原因になるにゃ?」

のあ「貴方達……私の笑顔を見たことがある……?」

みく「そりゃああるに……」

アーニャ「アー……」

みく「……言われるとないかもにゃ」

 
5 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 21:58:40.34 :BtDZ/3Fu0

のあ「スターライトステージ……文字通りの輝く舞台……そこに立つには笑顔が相応しい……」

のあ「ネガティブな乃之も目を逸らしながら、それでも笑顔をみせている……」

のあ「けれど、私は……? ニコニコ笑顔で『おねだり Shall we~?』を唄う私……?」

みく「……想像できないにゃ」

アーニャ「ノアは、ミスチェスキィ、神秘的ですから」

アーニャ「アー、いっそ、真顔で踊るのはどうです?」

みく「真顔で踊るのはパラパラくらいにゃ……」

のあ「真顔でパラパラを踊るOP……懐かしいわね、菜々」

通りすがりの菜々「なんでそこでナナに振るんですか!? 知りませんよコナン君のパラパラなんて!」

 
6 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:01:04.70 :BtDZ/3Fu0

のあ「つまり、この問題に対する答えを出すのに手間取っている……そう考えたの」

みく「なるほどにゃ……確かに、のあにゃんのイメージを維持しつつ笑顔も見せる……」

アーニャ「ダー。難しい、ですね」

のあ「……正直、一周年というおいしいタイミングで追加されることを私は願っていた」

のあ「もしそうだった時のために、『BEYOND THE STARLIGHT』の練習までして……」

みく「のあにゃん……」

のあ「けれど、それは叶わず……この成果を披露できるのはまだのようね……」

みく「……そんなことないにゃ。みく、のあにゃんの『BEYOND THE STARLIGHT』聴きたいにゃ」

のあ「みく……」

アーニャ「ダー、そうです、ノア。私たちがいます。私たちに見せて欲しいです」

のあ「……ありがとう、二人とも」

 
7 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:03:55.86 :BtDZ/3Fu0

のあ「二人だけの観客……けれど、決して恥じることなどない……」スッ

みく「どこからともなくマイクが……」

のあ「大切な二人に……この歌を……」

アーニャ「ノアー、がんばってくださいー」ブンブン

みく「ちょっ!? どこからサイリウムを!?」

のあ「……」スゥ

のあ「You belong to me サヨナラ言えなくて いつまでも 抱き締めたかった」

のあ「I belong to you 張り裂けそうになる この胸を 君に差し出して」

みく「それは『Beyond The Time』にゃ!」

アーニャ「アー、ノア、それ違いますね。こう、でしょう」スッ

アーニャ「Ranar likul viernopal kar Ranar likul viernopal」

アーニャ「Lenar panar virakeral kar Lenar panar virakeral」

みく「『Beyond the bounds』にゃー! 超えるのは時間でも境界でもないのー!」

 
8 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:05:25.29 :BtDZ/3Fu0

のあ「ふぅ……いい曲ね……」

みく「なんでやりきった顔してるの?」

アーニャ「これが……人の心の光……」ボロボロ

みく「泣く要素一切なかったよね!?」

のあ「……追加されるにはおいしい時期を逃した……そう私は考えていた」

アーニャ「アー、今は思ってない、ですか?」ケロッ

みく「二人とも切り替え早すぎにゃ……」

のあ「これを……実装待ちのリストよ……それを見て私は気がついた……」スッ

みく「実装待ちリスト……? それがどうし――」チラッ

ヘ レ ン

みく「あっ……」

 
9 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:08:36.09 :BtDZ/3Fu0

ガチャ

ヘレン「ヘーイ!」

みく「にゃ!?」

ヘレン「世界レベルを求めるものがいる時、私はそこに現れる……」

のあ「現れるだけで笑い――もとい笑撃を与える彼女……」

みく「言い直せてないからね?」

のあ「そして……私と同様の理由で後回しになっていそうな彼女を加え……」

みく「同じ理由……あっ」

財 前 時 子

 
10 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:10:19.36 :BtDZ/3Fu0

ガチャ

時子「アァン? 何をジロジロと見ているの」

みく「た、確かにのあにゃんとは違う方向性だけど、笑顔が想像しにくい……」

のあ「この3人でトリを飾る……それは、とてもおいしい……」ガシッ

ヘレン「ふっ……このトライアングルはまさしく世界レベルね」ガシッ

時子「勝手にあんたのレベルまで下げないで欲しいわね」ベシッ

みく「トライアングルもう崩壊してるんだけど」


12 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:11:44.54 :BtDZ/3Fu0

のあ「とまあ、そういうわけよ」

みく「どういうわけにゃ……」

みく「というか、早く実装されるためにはどうするか、っていう話をしていたはずなのに……」

アーニャ「今年中に追加されそうですし、焦る必要ない、ですよね?」

のあ「そうね」シレッ

みく「それみくが最初に言ったよね!? なんでそこに戻ってくるの!?」

のあ「幸せの青い鳥は、無自覚の内に肩に止まっていたのね……」

みく「そんな綺麗な話じゃなかったでしょ!?」


14 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:13:27.58 :BtDZ/3Fu0

アーニャ「ミク、ノアも寂しかったんです。わかってください」

みく「寂しかったって……」

のあ「……そう、寂しかったのかもしれない。貴方達だけが、輝きの向こう側に行ってしまい……」

のあ「私だけが、置いて行かれるのではないかと……」

のあ「だから、こんな形でも触れ合いたかった……」

みく「のあにゃん……」

のあ「ごめんなさい……みく……」

みく「結局『駄弁りたいけど、それじゃ構ってもらえなそうだから深刻ぶった』ってことだよね?」

のあ「……瞬いてる星の光は、既に命を亡くした星のものかもしれない。けれど、命を亡くしても星の光は記憶に残り続ける」

みく「適当なポエムで誤魔化そうするんじゃないにゃ!」

 
15 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:16:10.75 :BtDZ/3Fu0

みく「もー、のあにゃんは何で真顔で変なことするのにゃ……」

アーニャ「でも、それもノアの個性、ですから。私は、好きですよ?」

アーニャ「ミクは、違いますか?」

みく「別に嫌いなわけじゃ……ただ、構って欲しいならもっとTPOというか……」

のあ「奔放さこそ猫の証……私は、それに倣っただけ……」

みく「ああ言えばこう言う……」

みく「……けど、それものあにゃんの個性かもにゃ」

みく「クールでミステリアスかと思ったら、急に読めないことをするっていうのが、のあにゃんにゃ」

アーニャ「ダー。ノアはコースマス、宇宙みたいに色んな顔を見せます」

 
16 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:17:35.15 :BtDZ/3Fu0

のあ「そう……私という宇宙はまだ可能性を秘めているはず……」

のあ「新たな輝きが……貴方達の隣に生まれる日を待ち望んでいる……」

みく「……うん。みくも、楽しみに待ってるにゃ」

アーニャ「アー、プロデューサーとチヒロに頼んでみますか?」

みく「そうだね。言うだけ言ってみるにゃ」

のあ「……みく、アーニャ」

のあ「私は……幸せな人間ね……」

のあ「『Nと同時にSSRも実装、ユニークスキル持ちで』と伝えて……」

みく「強欲!」


おわり

 
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/11(日) 22:20:14.56 :OLxtlmycO

真面目にのあさんとか時子様は表情固定の特殊ボディ実装しないといけない気がする
そしてやってくれると信じてる
笑顔も見たいけどね

 
18 :◆QbMLM0d8YE :2016/09/11(日) 22:21:53.05 :BtDZ/3Fu0

新衣装着た3人を早く見たいこの頃
ここまで読んでくれた方々ありがとうございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】のあ「デレステに出るわよ」みく「あの」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473598049/