【SS速報VIP】ちひろ「老Pさんと」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474988183/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/27(火) 23:56:24.18 :+Zub+p6z0

短編形式。


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/27(火) 23:57:08.77 :+Zub+p6z0

老Pと私物

ちひろ「この事務所。気づいたら、物が増えているんですよね。ちょっと整理しましょう」

ちひろ「李衣菜ちゃんのヘッドフォンセットですね。やっぱり高いと違うのかしら。今度、借りてみましょうかね?」

ちひろ「アイスクリームメーカーですね。そういえば、突然ありましたが、かな子ちゃんかライラちゃんのでしょうか」

老P「あぁ、それ私のだ」

ちひろ「え、これ。プロデューサーさんのものですか」

老P「いや、ちびっ子達が喜ぶと思ってな。邪魔なら持って帰るよ」

ちひろ「いえいえ。まだ、ライラちゃんとか使ってるみたいですし、大丈夫ですよ」

ちひろ「WiiU…。そういえば、これも突然ありましたが、どなたのなんでしょう」

ちひろ「この、WiiUがどなたのかわかりますか?」

老P「それも、私のだ」

ちひろ「えっ?」

老P「杏と紗南が話をしていたし、皆が遊ぶかなと思って買ってきた」

ちひろ「これは、ホームベーカリー?こんなのありましたっけ?」

老P「昨日、みちるが、事務所でパンが焼けたら素敵ですねー。あははーとか言ってたから買ってきた」

ちひろ「……プロデューサーさんはアイドルに甘すぎます……」

老P「孫みたいなもんだからなぁ……」

 
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/27(火) 23:57:59.13 :+Zub+p6z0

老Pとアイドル

杏「老Pプロデューサーってホ◯?」

老P「いや、普通に違うが。どうしてそう思う」

杏「いや、だってさ。ホ◯としか思えないんだよ」

杏「アイドルの皆からあれだけ好意持たれても、なびかないし」

老P「プロデューサーがアイドルと付き合うわけにいかんだろう」

老P「それに、私は老人だぞ?付き合うにしても、もっと良い相手がいるさ」

杏「ん~、そうかなぁ。老Pさんより良い相手って難しい気がするけど」

老P「まぁ、そう思ったのはそれだけじゃなくてさ」

杏「プロデューサー。未央さんに抱きつかれても、反応ないよね」

杏「普通、何かしら反応するもんじゃないの?」

老P「あぁ、杏は勘違いしておるよ」

老P「年が離れてるから、私にとってアイドルの皆は孫のようなものだ」

老P「故に、抱きつかれ様が、孫がじゃれついてきたようにしか思えんのよ」

杏「孫……孫かぁ」

杏「おじーちゃん。あんずにお小遣いちょーだい?」

老P「ははは。いくら欲しいんだ」

ちひろ「プロデューサーさんは甘やかしすぎです…………」

 
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/27(火) 23:58:42.38 :+Zub+p6z0

老Pと結婚

響子「プロデューサー。私、お嫁さんに向いてると思いませんか?」

老P「きっと、響子なら、同年代の良い相手が見つかるだろう」

留美「Pさん。ここにハンコを押してくれないかしら」

老P「留美。君はまだ若い。こんな老いぼれより、もっと良い人を見つけなさい」

ありす「老Pさん、待てますか。いいから待てるか答えてください」

老P「多分、寿命が待てんだろうよ」

小梅「プ、プロデューサーさん……あの子が死んだら結婚して欲しいって……」

老P「…………友達からで頼む」

 
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/27(火) 23:59:25.60 :+Zub+p6z0

老Pと杏

老P「杏、仕事だ。行くぞ」

杏「えー、プロデューサー。ダラダラしようよ。働きすぎだよ?もう、若くないんだしさ」

老P「私が生きている間に、皆をトップアイドルにする。杏の言う通り、若くないし、時間ももうないだろう」

老P「全員がトップアイドルで輝いている姿。それを死ぬ前に見たいんだよ」

杏「何それ。まるで、皆がトップアイドルになったら、死んじゃうみたいじゃん」

老P「はっはっは。それも、悪くはない」

老P「まぁ、やりがいのなくなった老人がボケて、そのままポックリ逝くことも珍しくはないさ」

杏「ん~………それじゃ、トップアイドルになるのは皆に譲るよ。杏はプロデューサーに長生きして欲しいからね。トップアイドルにはならないよ」

杏「だから、ダラダラしよ?ね?」

老P「嬉しいことを言ってくれる。ただ、それはそれ。これはこれ。仕事の時間だ」

杏「プロデューサーの鬼~」

 
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:00:35.99 :tVxuM2MT0

老Pと茜

茜「老Pプロデューサー!!!!行きますよ!!!!トラーーーーーーーイッ!!!!!」

老P「おっ、今日も元気でいいタックルだ」

茜「はい!今日も私は全身全霊、全力全身ですっ!!!!」

杏「茜の全力タックルを平然と受けているんなら、まだまだ長生きするんじゃないかな」

 
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:01:53.08 :tVxuM2MT0

老Pと怪我1

杏「そういや、プロデューサーって寿命が~とか言う割に、他人に仕事を引き継ぎする気ないよね。」

老P「当たり前だろう。デビューから自分と共に歩んだアイドルを他人に任せられるか。」

杏「お父さんか。」

杏「でもさ、実際問題、腰やらかしたりしたら、どうするの?働けないよ?事務所に来れないよ。」

杏「もう、若くないんだしさ。プロデューサーはもっと休むべきなんだよ。」

老P「健康には十分に気をつけておるよ。逆に働かん方が体に悪い。」

老P「それに」

杏「それに?」

老P「体悪くしても、晶葉、志希、清良のいる事務所のが良くなりそうだろう。」

杏「確かに。」

晶葉「助手よ。医者はいないんだから、素直に入院しとけ。」

 
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:02:32.61 :tVxuM2MT0

老Pと怪我2

杏「じゃぁ、突然、交通事故で亡くなりましたー。とかいう場合は?」

老P「小梅、こずえ、芳乃辺りなら見えそうだからなぁ。最善ではないとはいえ、そこから引き継ぎを始めるさ」

老P「それに、晶葉が、プロデューサーを見えるようにしたぞ、とか言いそうだろう」

杏「確かに」

晶葉「いや、私はそもそも幽霊を信じていないのだが」

 
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:03:02.64 :tVxuM2MT0

老Pと怪我3

杏「確か、315プロに元医者のアイドルがいたよね」

老P「引き抜くか……」

晶葉「問題になりかねんから、やめろ。真剣に考えるんじゃない」

 
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:03:48.52 :tVxuM2MT0

老Pと麻雀

老P「ロン。三暗刻」

比奈「いやぁ。本当に凄いっス。メンツ合わせに入ってるアタシはまだしも、レナさんや早苗さんにも圧勝じゃないっスか」

老P「年季が違う。こちとら麻雀なんて、半世紀以上打っとるよ」

早苗「へぇ~。雀荘とかで--けてたのかしら」

老P「そうさなぁ。初めて、雀荘で--け麻雀を行ったあれは、中学生の時か」

早苗「はい、タイホ」

老P「もう、時効だ。あれは、大雨の夜だった。雨宿り先に雀荘に入ってな。そこで、負けそうになっていたおっさんの代打ちとして、ヤ--ザ相手に代打ちしたのが始まりだったよ」

レナ「老Pさん。結構危険な橋渡ってるのね」

比奈「嘘っスよね。というか、アカギ知ってるんスか」

 
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:04:54.44 :tVxuM2MT0

老Pとできないこと

奈緒「老Pさんって、なんでも知ってるよなー」

老P「何でもは知らないわよ。知ってることだけ」

奈緒「ほら、それだよ。皆の趣味の話についていけるだろ?アニメとか見そうにないのに物語シリーズ知ってるし」

奈緒「知識だけじゃなくて、この前は葵に料理を教えてたし、茜のランニングにもついていけてるしさ」

比奈「まぁ、プロデューサーはメアリー・スーみたいな存在でスから」

奈緒「メアリー・スー?」

比奈「正確には違いまスけど、ようは、創作上のパーフェクト人間っス。最近だと、俺ツエー的な感じでスかね。」

老P「メアリー・スーは言いすぎだろう。プロデューサーとして、色々してたら、色々できるようになっただけだ。」

老P「それに、私にもできんことや知らんことはある。」

奈緒「へぇ、気になるな。」

老P「ピーマンが食べれない」

奈緒「子供か。」

老P「ノノと目が合わせれたことが1度しかない。」

比奈「1度は合わせれたっスか!?」

老P「後、安倍さんの正体がわからない。ウサミン星0.5光年先にあるのは掴んだんだが。」

奈緒「待って!嘘だよな!?リアルウサミン星は千葉にあるんだよな!?」

 
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:06:41.35 :tVxuM2MT0

老Pとウサミン星人

老P「安部さん。次の仕事の資料です。本番までに、目を通しておいてください」

菜々「わかりました」

老P「ちひろ。志乃と礼子を現場に送ってきて、その後、幸子を迎えに行ってくる」

ちひろ「わかりました。気をつけてくださいね」

菜々「……」

老P「こら、志乃。仕事前に、お酒を飲むんじゃない」

志乃「あら、大丈夫よ。どうせ、仕事で飲むのだから」

菜々「………」

- - -

菜々「なんで、プロデューサーさんは菜々にだけ敬語なんですか!菜々は17歳ですよ!敬語はやめてくださいって言ってるじゃないですか!」

老P「いや、すまん。昔の癖が抜けてなくてなぁ」

ちひろ「あら?プロデューサーさん。昔、菜々ちゃんと何かあったんですか?」

老P「いや、安部さんとあったというか、なんというか」

菜々「ほら、また安部さんって!」

老P「いや、ほんと、すまん」

ちひろ「で、なんで、菜々ちゃんには敬語なんですか?」

老P「あれは、20代の頃だから、40年近く前の話なんだがな。」

- - -


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:07:55.21 :tVxuM2MT0

- - -
40年近く前

若P「僕も、とうとう担当アイドルを持つことになるのか」

若P「先輩曰く、どんな人かは当日会うまで秘密とか言ってたけど、どんな人なんだろう」

若P「とりあえず、この部屋に来るんだよね」

?「失礼します」コンコン

若P「どうぞ、お入りください」

?「歌って踊れる声優アイドル目指して、ハハはウサミン星からやってきたんですよぉっ! キャハっ!夢と希望を両耳に、ファンのために全力で頑張るから、応援よろしくねーっ!さぁ、いっしょにーっ!ブイッ♪」

若P「            えっ?」

- - -

老P「と、昔の担当アイドルとそっくりでなぁ。まぁ、菜々の祖母だったらしいんだが。」

ちひろ「それは、また。そんなに似ているんですか?」

老P「はじめ菜々を見た時、タイムスリップをしたかと思ってなぁ。思わず、一緒に面接を受けていた常務に、今何年だ!?と聞いてしまったよ。キャラに関しては祖母から聞いていたらしいが、見た目もそっくりでなぁ」

菜々「えっ、聞いたわけじゃ……違いますよ!プロデューサー、菜々はキャラじゃなくて、れっきとしたウサミン星人なんです!」

老P「あぁ、すまんすまん。」

ちひろ「結局、安部葉々さんでしたっけ?その人はどうなったんですか?」

老P「私の力不足で、志半ばで引退してしまったよ。私にとっては苦い思い出だ」

菜々「別にあれはプロデューサーのせいじゃないんですけどね」

老P「ん?」

菜々「って、おばあちゃんが言ってました!はい!プロデューサーさんには感謝してると!」

老P「そうか。そう言ってくれるだけで救われるよ」

ちひろ「あ、菜々ちゃん。そろそろ、現場に向かう時間ですよ」

菜々「はい。ちひろさん、プロデューサー。菜々、頑張ってきまーす」

老P「本当に、そっくりだよ、菜々は祖母と。それにしても………安部さんかなり時代を先取りしていたな」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:13:49.36 :tVxuM2MT0

少ないけど、終わり。くぅ疲。

メモ帳にあった、いつ書いたかわからないものを、供養ついでに書き込まさせていただきました。

老Pものを、また書くかはわかりません。というか、今、書けるのかわかりません。

が、個人的には奈緒と組ませたいので、書き込むとしたら、奈緒「老Pさんと」とかそういうタイトルになるんじゃないでしょうか


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:17:06.47 :5l/bbymQo
あ、これ、菜々さんガチウサミンや

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/09/28(水) 00:19:32.95 :2mgplmPHo
菜々さんがミステリアスしてるの初めて見たかもしれない


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】ちひろ「老Pさんと」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474988183/