これはモバマスssです
キャラ崩壊があるかもしれません
書き溜めはありませんが本日中におわされます


2 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 17:11:19.42 :/KoPFwWjO

フレデリカ「フンフンフフーン、フレンチトーストー」

肇「…フレデリカさんが注文したの、パンケーキですよ?」

文香「…あの…私が注文した料理は……」

肇「流石に、まだ店員さんが厨房にすら着いていないと思いますけど…」

フレデリカ「文香ちゃんはせっかちさんだからねー、せっかち沢文香だからねー」

文香「…大変、遺憾です…私はただ、先程の店員さんが正しく注文を伝えられたか心配しただけで…」

フレデリカ「だいじょーぶ?塩舐めておちついたら?」

文香「…」

肇「…あの、無言で塩と砂糖の小瓶眺めるの辞めませんか?流石にそれは…」


3 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 17:11:59.73 :/KoPFwWjO

フレデリカ「肇ちゃんは何たのんだっけー?ミルクオレ?」

肇「そのネタはもう良いですから…違います、ホットミルクですよ」

文香「…ミルクオレとホットミルクは違うのでしょうか?」

肇「い、いえ…同じですけれど…」

フレデリカ「肇ちゃんはあんまりカフェに来ないから緊張してるんだよねー?」

肇「そう言うわけじゃありませんって」

フレデリカ「見ない顔ね。肇ちゃん、ココは初めてかしら?」

肇「何故チュートリアルキャラクターみたいな…」

文香「…肇さんが、初めて…ふふっ」

肇「…杏ちゃんの偉大さを感じました」


4 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 17:12:48.84 :/KoPFwWjO

フレデリカ「杏ちゃんは今日はお出かけだよー」

肇「杏ちゃん、外に出るんですね」

フレデリカ「杏ちゃんに対する認識が伺えるねー」

文香「…彼女は、プロデューサーさんとデートだそうで…」

フレデリカ「えっ、フレちゃんそんな事聞いてなかったかなー」

肇「前日映画を観に行くと言っていたので、それかもしれませんね」

フレデリカ「成る程、親子料金ねー」

文香「…最近は、良映画が豊作ですから…」


5 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 17:13:33.48 :/KoPFwWjO

肇「…で、何故私が此処に呼ばれたんでしょうか?」

フレデリカ「だってほらー、もう同じユニットのメンバーだからねー」

肇「え゛」

文香「…肇さん…流石に…」

肇「あ、すみません…つい…」

文香「…幾らフレデリカさん相手でも、その反応は…」

肇「文香さんの方が酷くありませんか?!」

フレデリカ「話が進まないねー」

肇「誰のせいだと!」


6 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 17:14:13.91 :/KoPFwWjO

フレデリカ「ほら、折角だしフレちゃんお気に入りのカフェにご招待しよっかなーって」

肇「確かに、お洒落なカフェですね…よく来るんですか?」

フレデリカ「え?初めてだよ?」

肇「…杏ちゃん…私には荷が重すぎです」

文香「…先日、ユニットメンバーで訪れました」

肇「初めてじゃ無いじゃないですか…」

フレデリカ「え、フレちゃん知らないなーそれ」

肇「…このユニット、大丈夫なんでしょうか…」


7 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 17:14:54.31 :/KoPFwWjO

フレデリカ「さーて、そろそろ始めよっか」

肇「やはり、何かあって呼ばれたんですね」

文香「…ついに、ですか…」

肇「何が始まるんですか?」

フレデリカ「それを今から考えるんだよー」

肇「…内心、少し期待した私が馬鹿でした…」

文香「…肇さん、人生とは常に期待通りには行かないものです…」

肇「何故私は諭されているんでしょうか…」


8 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 17:58:16.05 :/KoPFwWjO

フレデリカ「うぅーん、パンケーキ美味しい!」

肇「ようやく一息つけます…それにしても」

文香「…一口、如何ですか?」

肇「流石にステーキは結構です…あと、そんな恨めしそうな表情をしながら言われても…」

文香「…そんな、まるで私が卑しいみたいに言わないで頂けますか?」

肇「…フレデリカさん、お願いします」

フレデリカ「パンケーキ一口食べる?」

肇「そう言う意味ではなく…」

文香「…一口、頂けますか?」

肇「絶対ミスマッチですって!しかも私に対してじゃなかったんですか!?」


9 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 18:02:26.04 :/KoPFwWjO

フレデリカ「こーしてのんびりしてると昔を思い出すなー」

肇「何か、カフェに纏わるエピソードでもあるのですか?」

フレデリカ「もちろん!」

肇「…無さそうですね」

文香「…肇さんも、馴染んできましたね…」

肇「染められた、と言うか感染した感じです…」

フレデリカ「そんな、まるでウィルスみたいに!」

肇「小学生ですか…」

フレデリカ「フレちゃんよく虐められてたなー」

肇「唐突なシリアス!」

フレデリカ「クラスメートの男子がねー、フレちゃんと手を繋ぐと反対の手で擦ってたんだー」

肇「…変な性癖の方が多かったんですね…」


10 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 18:05:57.89 :/KoPFwWjO

文香「…そろそろ、追加で何か注文を…」

肇「文香さん、なかなかよく食べますね」

フレデリカ「肇ちゃん、店員さん呼んでもらっていーい?」

肇「…さっき、ボタンで呼び出してませんでした?」

文香「…こうして、人は学び成長してゆくのですね…」

フレデリカ「成長したな、肇よーー」

肇「…いい話みたいに誤魔化してますけど、いま私の事嵌めようとしてましたよね?」


11 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 18:11:05.56 :/KoPFwWjO

フレデリカ「肇ちゃんって、アタシ達のプロデューサーとお話した事あったっけ?」

肇「一応、事務所でお話した事は何度かありますが」

フレデリカ「あの人もなかなか凄いからねー、覚悟しなきゃダメだよ?」

肇「…何の覚悟なんですか…それに、そこまで変な人と言う印象は受けませんでしたけれど」

フレデリカ「ユニットメンバーにはかなりフリーダムだからねー」

肇「…あ、これ本当に私もユニットに加わった感じですか?」

フレデリカ「あれ?まだ言われてなかったのかなー?」

肇「…初耳です」

文香「安心して下さい、肇さん…フレデリカさんなりのジョークですよ」

肇「心臓に悪いです…」


12 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 18:13:32.20 :/KoPFwWjO

フレデリカ「さーて、デザートでも頼もっか」

文香「…でしたら、このスペシャルジャンボパフェを…」

肇「お一人で食べ切れますか?」

文香「二つほど」

肇「質問自体が野暮でしたね」

フレデリカ「…文香ちゃん今日ちゃんとお財布持ってきてるー?」

文香「…当然です」

肇「あ、これは無いみたいですね」


13 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 18:17:19.78 :/KoPFwWjO

文香「…図書カードでしたら、多目に持ち歩いておりますが…」

肇「せめてお財布に入れて持ち歩きましょうよ…」

文香「私にとって、本も食事も同じです…どちらも、私にとって新しい世界ですから…」

肇「本でお腹は膨れません…」

フレデリカ「しょーがないから此処はフレちゃんが持ってあげよっかなー」

肇「…え、流石に悪いですよ」

文香「…ご馳走になります」

肇「遠慮ありませんね」
 

14 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 18:21:20.87 :/KoPFwWjO

フレデリカ「肇ちゃんも遠慮しなくていーよ?」

肇「でしたら、お言葉に甘えさせて頂きます」

文香「…では、スペシャルジャンボパフェを3つ注文しましょうか」

肇「遠慮!」

フレデリカ「まーまー、今日は肇ちゃんにユニットのふいんきを知って貰いたかったしいーのいーの」

肇「…充分思い知らされてますけど…」

ぴぴぴっ、ぴぴぴっ

肇「あ、杏ちゃんから連絡が…」

杏『そろそろ事務所おいでー、プロデューサーと歓迎会の準備し終わったよ』

肇「…あっ」


15 :◆TDuorh6/aM :2016/09/28(水) 18:22:02.60 :/KoPFwWjO

ツッコミが二人いれば捌き切れる気がします
お付き合い有難うございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】フレデリカ「新メンバー歓迎会ごっこ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475050214/