これはモバマスssです
キャラ崩壊があるかもしれません
書き溜めはありませんが、直ぐに完結いたします


2 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 15:54:39.70 :A6QIr8hJO

フレデリカ「力が欲しいか?」

文香「…落ち着いて、読書を出来る空間が欲しいです…」

フレデリカ「ならば其方には魔王を倒して貰わねばならぬ」

文香「魔王…ドイツの詩人、ゲーテのものでしょうか?」

フレデリカ「ゲテモノ?」

肇「そんな事、言ってなかったと思いますよ?」

杏「てゆーか何してるの?」

フレデリカ「うーんとね…分かんない!」

肇「…」

文香「肇さん…その、やべぇ此奴らみたいな目は…」

肇「あっ、すみません…」


3 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 15:55:18.75 :A6QIr8hJO

フレデリカ「でもさー、一度は言ってみたい台詞ってなーい?」

杏「なくなくなくないかな」

文香「本は剣よりも強し」

フレデリカ「汝、力を望むか?」

杏「あとは…任せたよ…」

フレデリカ「国に帰ったら、結婚するんだ」

杏「コレはペンです」

文香「この程度の量…私にとっては、朝飯前です…」

肇「…すいません!この中にツッコミ出来るアイドルはいませんか!」


4 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:02:22.83 :A6QIr8hJO

杏「で、結局なんでこんな事やってるんだっけ?」

文香「実は…私、とあるドラマでヒロインを演じる事になりまして…」

肇「おめでとうございます。それで、どんな役を?」

文香「…とある古書堂に勤め、現場に足を運ぶ事なく本に纏わる事件を解決してゆくという…」

杏「あれ、どっかで…」

肇「それと、先程の会話にどの様な繋がりが?」

フレデリカ「あると思うー?」

肇「…私が間違えてました」


5 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:02:54.46 :A6QIr8hJO

文香「そのドラマに、告白のシーンがあったのですが…恥ずかしながら、そう言った経験は無く…」

杏「なるほどねー、演技の練習しようとしててああなったんだ」

肇「普通そうはなりませんけどね?」

杏「だって普通じゃないじゃん」

フレデリカ「普通もFなのにねー」

文香「よろしければ…お二人も、協力して頂けますか?」

杏「やだ」

肇「もちろ…え?」

フレデリカ「杏ちゃん恥ずかしがり屋だもんねー」

杏「否定はしないよ。杏はやらないからね?」


6 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:04:04.55 :A6QIr8hJO

肇「とは言え…私も、そう言った経験は…」

フレデリカ「だいじょぶだいじょぶ、なんか好きって感じの言葉並べるだけだからねー」

肇「ちなみに、フレデリカさんはそう言った経験は…?」

フレデリカ「フレちゃんは自分が大好きだよー」

杏「知ってた」

文香「…では、フレデリカさんはトリを務めるという事で…」

フレデリカ「わぁお、フレちゃん大役だねー」

肇「フレデリカさんに出来るとは思えませんけどね」

フレデリカ「酷くない?」


7 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:06:45.96 :A6QIr8hJO

肇「仕方がありませんね…私がやります」

フレデリカ「いぇーい!ふぁいと!」

杏「陶芸によって磨き抜かれた彼女の言葉は、果たして彼を振り向かせる事が出来るのか!」

フレデリカ「気になる続きはCMのあと!」

肇「前ふり雑過ぎません?」

文香「では、二度目の告白シーンからいきます」

肇「一度目振られてるじゃないですか!」

 
8 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:09:23.65 :A6QIr8hJO

 ふと、自分がうとうとしていた事に気付く。
 泣き疲れたからか、喚き疲れたからか。
 長い長い時間を、ずっとずっと悩んできたからか。

 これが夢ならいいのに。
 目が覚めた時、彼とまた笑顔で…
 一縷の望みに掛けて、願いを込めて。

 けれど、カチカチと響く針の音が。
 外から伝わる冷たい雨の音が。
 私に悲しい現実を突きつけていた。

 これが現実だと分かっていても。
 それでもそんな奇跡に掛けるだなんて…
 でも、受け容れて仕舞えば。
 それこそもう、全てが終わりな気がする。

 泣いて、悩んで、悔いて、嘆いて。
 それでも当然、解なんて出ない。
 …分かってはいる。
 もう彼とは、やり直せない事くらい。
 

 それなのに私は…
 それでも、もう一度彼と…


9 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:12:18.98 :A6QIr8hJO

肇「…明らかに、告白出来そうな場面ではない気が…」

杏「杏も一瞬、なんの演技の練習なのか分からなくなったよ」

文香「言ったではないですか…二度目のシーン、と…」

肇「これ絶対無理ですって、完全に破局を迎えてるじゃないですか!」

フレデリカ「八極?」

文香「もし拳法を使える役だったなら…きっと、四肢を折って解決していたでしょう…」

肇「え、これどんなドラマなんですか…」
 

10 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:15:28.13 :A6QIr8hJ

文香「仕方ありませんね…普通の告白で結構です」

肇「なんで私がそんな事を言われなければ…」

フレデリカ「まぁまぁ、肇ちゃんもダンスやってるからねー」

肇「皆さんもやってますよね?」

杏「あらぶってるねー」

フレデリカ「荒ぶレデリカだねー、ホットミルクのんで落ち着く?」

肇「結構です、牛乳もいりません、ミルクオレもです」

文香「では…お願いします」


11 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:27:13.28 :A6QIr8hJO

肇「すみません、久しぶりの夏祭りではしゃいじゃって…」

肇「貴方が…ちゃんと付いてきてくれてよかった」

肇「あの…はぐれないように、手を繋ぎませんか?」

肇「…ありがとうございます、一緒に楽しみましょう」

肇「貴方との、大切な思い出にしたいので…それと」

肇「これからも…もっと、もっと」

肇「思い出を、増やしていきたいです…」

肇「…だめ、ですか?」


12 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:30:22.39 :A6QIr8hJO

杏「んあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

フレデリカ「破壊力高め威力マシマシだねー」

肇「…ふぅ…恥ずかしいですね」

文香「…良い、ですね…表情・間・息遣い。どれをとっても完璧でした…」

肇「よかった…力になれた様でしたら」

文香「…舞台、冬なんですけれど」

肇「…最初に言って下さい」

フレデリカ「テイク2いっとくー?」

肇「次は杏ちゃんどうぞ」

杏「え、杏はやらないって…」

肇「どうぞ」

杏「…ういうい」


13 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:36:22.30 :A6QIr8hJO

杏「…えー、外でたくないなー」

杏「お出かけなんて平日嫌って言う程できるしさー、今日は家でのんびりしよーよ」

杏「…思い出って…よくそんな事面と向かっていえるね…」

杏「いや、杏としても嫌じゃないよ?むしろ…わー!」

杏「とにかく決定!今日は家でゴロゴロしてよーって」

杏「普段仕事忙しくて疲れ溜まってるでしょ?偶には休むのも大事だよー」

杏「いーのいーの、その方が杏的には楽だし幸せだから」

杏「…それに、私は一緒にいられればそれで…」


14 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:39:39.03 :A6QIr8hJO

フレデリカ「杏ちゃんかわいいねー」

文香「素直になり切れず、且つ役を演じながらも自分を崩す事なく…流石、ですね…」

肇「好きな人とコタツでのんびり…素敵ですね、杏ちゃん」

フレデリカ「果たして杏ちゃんの脳内には誰が描かれてたのかなー?」

文香「やはり…キャンディアイランドにも所属しているだけありますね…可愛さに全振りされてました」

杏「誰がいっそ杏を殺して…」


15 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:43:09.33 :A6QIr8hJO

杏「よし!次はフレデリカちゃんの番だよ!」

文香「期待が…高まりますね」

肇「出来るんですか?」

フレデリカ「最近肇ちゃんがナチュラルに酷くない?」

杏「いいからいいから!はやくいけー!」

フレデリカ「杏ちゃんそーとー恥ずかしかったんだねー」

文香「照れ隠し、それもまた可愛さに一役買っているのでしょう」

フレデリカ「よーし、フレちゃんやっちゃうよー」


16 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:50:23.43 :A6QIr8hJO

フレデリカ「最初はねー、気が会うなーくらいだったんだけど」

フレデリカ「なんとなーく気にし始めてから、あっという間だったかな」

フレデリカ「それにちゃんと自覚しちゃうと、なんとなーく照れ臭くなっちゃうしね」

フレデリカ「ふわふわーって、甘くって。飛び跳ねて、弾ける感じ」

フレデリカ「君にもお裾分けしてあげたいな。もしかしたら、既になってたらいいな、って」

フレデリカ「ちょっとだけ、フレちゃん頑張ちゃう事にしたんだー」

フレデリカ「…フレちゃんと一緒に、甘~い一時を」

フレデリカ「ずっとずーっとに、しちゃおうよ…ね?」


17 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:53:27.60 :A6QIr8hJO

杏「うごごごごごごご」

肇「…フレデリカさん、普通に喋れたんですね」

文香「流石ですね…恋のパティシエと呼ばれているだけはあります」

フレデリカ「いぇーい!どお?フレちゃん可愛かった?」

肇「普段からあの様な感じなら…」

フレデリカ「演技得意だからねー、フレちゃん大女優だもん」

文香「…ふふっ」

杏「んあぁぁぁああぁぁぁぁぁ」

肇「杏ちゃん、流石に恥ずかしがり過ぎでは…?」


18 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:56:36.87 :A6QIr8hJO

杏「なんだったんだろう…こう、凄いものを見た気がするよ」

文香「それは、きっと…」

フレデリカ「未来の貴女自身なのです、なんてねー」

杏「クェーサー出さなきゃ」

肇「ところで…如何でしたか?文香さん」

フレデリカ「力になれたかなー?」

文香「そう、ですね…分かってはいましたが…」


19 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 16:59:11.65 :A6QIr8hJO

文香「個性的過ぎて参考にならないので、本で学ぶとします…」

杏「…肇ちゃん」

肇「…分かってます」

杏「殺るか」

肇「殺りますか」


20 :◆TDuorh6/aM :2016/10/07(金) 17:00:14.01 :A6QIr8hJO

今日はちゃんと金曜日です
いつか書くかもしれない話の練習も含めて
お付き合い、ありがとうございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】フレデリカ「告白ごっこ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475823224/