【SS速報VIP】真美「亜美の時ラーメン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478771837/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 18:57:17.41 :xbAXk5830

アイドルがラーメン屋から百円をちょろまかそうとする話です


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 18:58:01.73 :xbAXk5830

やよい「ど、どうするの亜美?」ヒソヒソ

亜美「ここまで来て...」ヒソヒソ

真美「真美たちが引き下がるわけないっしょ!」ヒソヒソ

真美「...とは言っても」ヒソヒソ

やよい「お金が...」ヒソヒソ

真美「くそう!百円だけ足りないなんて!」ヒソヒソ

亜美「だいたいラーメン1杯1600円って高すぎっしょ~?!」

真美「ちょ!亜美!声大きいって!」ヒソヒソ

やよい「やっぱり諦めようよ...」ヒソヒソ


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:00:12.50 :xbAXk5830

~~~数時間前~~~

亜美「へいへいやよいっち~」

真美「お姉さんたちと遊びいかな~い?」

やよい「私のほうがお姉さんだよ」

亜美「それはいいからどっか遊び行こうよー」

真美「真美たちヒマヒマで時間を持て余しまくってるんだよー」

やよい「今日は特に用事ないしいいよー」

亜美「マジィ?じゃあれっつごー!!」

やよい「え、準備とかしないの...ってあ!待って!」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:01:41.78 :xbAXk5830

亜美「さぁ、勢いよく出てきたはいいけどどうしよっかー」

やよい「どこ行くか決めてなかったの?」

真美「急がば急いで進んじゃおーだからねぇ真美たち」

やよい「それっていいことなのかな...?」

亜美「とりあえずはあそこで作戦を立てようか」

やよい「ファミレスだね」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:06:05.94 :xbAXk5830

真美「で?どこいくの?」モグモグ

亜美「さあ?」モグモグ

やよい「...亜美、なんでここ入ったか覚えてる?」

亜美「ん?ちょっとお腹すいたから来たんでしょ?」

真美「そういえばそうだった気もする!」

やよい「...これからどこ行くか決めるんでしょ?」

亜美「あ!あーあーそうだったね!亜美すーっかり...忘れてはいなかったけど」

やよい「絶対忘れてたでしょ......で、どうするの?」

真美「てきとーにそこらへんブラブラーってしてればいいかなって」

亜美「んー、それでもいいよねー」

亜美「やよいっちは行きたいところないの?」

やよい「私?私は特には...」

やよい「あ」

真美「ん?どったの?」

やよい「いやーお金持ってきたかなーって」

亜美「はっはっは、やよいっちよ、案ずるな」

真美「今日はなんでも真美たちの奢りだよー!」

やよい「え?!わ、悪いよ二人共」

亜美「え、そう?まあそのほうが亜美たちも助かるしいいんだけど」

真美「別に奢ってもいいのよ~?」

やよい「いや、大丈夫、お財布あったし」

真美「それならいいけど」

亜美「あ、そうだ」

亜美「この近くでもうすぐお祭りあるからー」

亜美「食べ歩きなんてどうだい?」

やよい「いいんじゃない?」

真美「よし!じゃあかき氷どっちが多く食べられるか勝負する~?」

亜美「望むところでい!」

やよい「かき氷なんていっぱい食べたらお腹壊すよー?」」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:07:13.40 :xbAXk5830

亜美「りんごあめって美味しいけど後半微妙だよね~...」

真美「うん...このりんごがなんとも...」

亜美「だいたいおっきすぎて飽きちゃうよねー」

やよい「わざわざ大きい方買ったのは亜美と真美でしょ...」

亜美「やよいっちはなんか食べないの?」

やよい「私はあれ!」

真美「ほう、たこ焼きですか~」

亜美「じゃあ一つ買って誰が一番多く食べられるか勝負だー!」

亜美「お代は負けた人が払うってことで!」

真美「ほほう?この真美に勝とうとは」

やよい「絶対負けないからねー!!」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:08:16.78 :xbAXk5830

亜美「ぅあっつ!」

真美「ふがっ!ふ、ふがが!」フガフガ

やよい「買ったばかりのたこ焼きにそんながっつくから...」

亜美「うへー、舌が......何言ってんのやよいっち!これは戦いだよ!」

真美「ほうふぁほうふぁ!(そうだそうだ!)」フガフガ

やよい「そんな慌ててたら食べれないと思うけどなー」パクッ

真美「は、はやいよやよいっちー!」

やよい「んー、そう?」パクッ

亜美「うあうあ~!やよいっちがマジだよー!」

やよい「~♪」パクッ


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:08:47.19 :xbAXk5830

亜美「結局一つしか食べれなかった...」

真美「真美も...」

やよい「おいしかったー!」

亜美「真美、二人で割り勘だね...」

真美「うー...次は負けないかんね!」

亜美「ではこのアツアツな口を冷やすためにも」

やよい「かき氷だね」

真美「セツジョクを晴らしてやる!」

やよい「...果たすね」

亜美「今度こそ汚名挽回を...」

やよい「......」


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:10:33.94 :xbAXk5830

亜美「あったま痛いよ真美ぃ~...」

真美「真美も...」

やよい「お腹壊さないでよ?」

亜美「はぁ~い」

真美「あ、7時から花火だってさー」

やよい「花火!」

亜美「見よ見よ!」

やよい「でもまだ結構時間あるよ?」

真美「まだ見てないとこあるし回って時間潰そっか」

亜美「賛成!」

真美「じゃあ次はー...」

やよい「あ!あれ!」

亜美「どれどれ...」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:13:24.37 :xbAXk5830

やよい「あ、そろそろ花火の時間だねー」

真美「時間が経つのは早いですなー」

亜美「じゃああっちでみよっかー」

やよい「あ、二人共、飲み物買ってこようか?」

真美「え、いいよいいよ!自分で買うって」

やよい「ええー...その荷物の数で?」

亜美「あ...」ジャラ

真美「射的やら輪投げやら色々やったからね...」

やよい「カラーひよこに手を出そうとした時はどうしようかと思ったよ...」

亜美「だってかわいいじゃん...」

やよい「というか、そんなにお金使って大丈夫だったの?」

亜美「そりゃあ亜美たちやよいっちに奢る気でいたんだよ?」

真美「まだまだ大丈夫だよー!...多分」

やよい「それならいいけど」

やよい「で、何飲みたい?」

真美「真美はファンタグレープで」

亜美「じゃ亜美も」

やよい「はーい」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:17:56.32 :xbAXk5830

~~~現在~~~
真美「思えばあのファンタさえなければ...」

真美「うん、亜美、やっぱりやめよう」

やよい「このラーメン屋さん、1杯1600円で、大きさどの位なんだろう...」

亜美「とにかく、そのらーめんを3人で分ける!」

真美「いやその前にお金が足りないじゃんか!てか真美の話きいてた?!」

店のおっちゃん「...」ジロジロ

やよい「ま、まずいよ!屋台の人すっごいこっち見てる!」ヒソヒソ

真美「うあうあ~!諦めようよ亜美ー!」ヒソヒソ

亜美「...いや」

亜美「亜美にいい考えがある」

亜美「とりあえず二人とも亜美にお金貸して」

やよい「え...いいけど」

真美「それでも足んないよー?」

亜美「いいから」

亜美「あと、亜美が今からすること、途中で絶対止めないでね?」

真美「え?」

亜美「特に...お金を支払う時は...」

やよい「ちょ、ちょっと亜美?」

真美「行っちゃった...」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:24:43.24 :xbAXk5830

亜美「おう兄ちゃん!今日は寒いね冷えるねぇ!こんな日はあっつあつのらーめんでも1杯やりたいね!」



やよい「なんかすっごい慣れ慣れしく話してるよ?」

真美「亜美何する気なんだろ...」



亜美「てなわけでらーめん1杯くれるかね?」

おっちゃん「あいよ」

亜美「いやあ!それにしてもいい看板だ!センスがいいよね!センスが!」

亜美「的に矢が刺さって...なんて読むの?これ」

亜美「矢が、あたる...あぁ!当たり屋ね!いやぁ当たり屋ってなんかいい響きだよね!色々当たりそう!」

亜美「まぁ祭りの屋台のクジは当たりなんてないんだろうけど」ボソ



やよい「なんかお店のこと褒めだしたよ?」

真美「まさかゴマすって負けてもらう気なんじゃ...」




亜美「えぇ~、どうよ兄ちゃん、最近は儲かってんの?」

おっちゃん「いやいや、景気が悪くって困るよ、この屋台もね」

亜美「ふぅ~ん」

真美(あっ、そこはフォローしないんだ...)


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:28:25.12 :xbAXk5830

おっちゃん「はいよ、熱いから気をつけな」

亜美「えぇ?!兄ちゃん早いね!」

亜美「亜美たち気が短いからねぇ、遅いとブツブツ言いたくなっちゃうんだよね~」

亜美「そんでも出てこない時はもう食べる気がしなくなっちゃうかんねー!」

やよい(あの鍋の中に入ってるんだから早いなんて当たり前だよ...)

おっちゃん「あああと、もう人もあんまいないし、お代は後でいいよ」

おっちゃん「あっちの嬢ちゃんたちと先にここで食っちまいな」

亜美「え?!いいの?!兄ちゃん太っ腹ぁ!」

亜美「おーい!やよいっちー!真美ー!こっちきて食べていいってさ!」


真美「うええ?!何いってんの亜美!」ヒソヒソ

やよい「食べていいって、お金足りないよ!」ヒソヒソ


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:30:48.64 :xbAXk5830

亜美「いやぁ、看板だけじゃないや、割り箸からしてすげぇ」

亜美「こりゃあただもんじゃないね兄ちゃん」

真美(結局食べようとしてるけど...)

やよい(どうする気なの亜美~...)

亜美「たいていのラーメン屋はもう箸が折れちまってる」

亜美「だがここはまだ折れてない!いやあわかってるね、人の使ったのなんて真っ平だもんね!」

やよい(今時折れてる割り箸渡してくる屋台ないよー...)

亜美「それにしてもいいどんぶりだねぇ~」

真美(これただの紙の器だよー!)

亜美「そう思うでしょ?真美?」

真美(振られたってわかんないよー!)

真美「ソ、ソダネ...」

亜美「いやいやいや、麺もちょうどいい太さだ!太すぎるなんてもううどんだもんね!」

亜美「おっ、これは...」

亜美「実にいいメンマだね!他とはまるで違う!」

やよい「えっ」

真美(いや普段嫌いで避けてたっしょーっ?!)

やよい(何が違うとまでは言わないんだね...)

亜美「こりゃあ亜美にはもったいない...やよいっち、ありがたく受けとんな...」

やよい「う、うん...」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:33:28.99 :xbAXk5830

真美(でもここ...)

やよい(高いだけあってホントにおいしい)

亜美「いやはや参ったね~、こんなに美味いらーめんを食うのは初めてだ」

亜美「この看板だね、覚えとく、また来るよ」

おっちゃん「そりゃどうも」

やよい(心なしかおじさんの機嫌がよくなってる気がする...)

やよい(私も八百屋のおじさんと話してておまけをくれることはあるけど)

やよい(ここまであからさまなゴマすりなんてしたことないしできないよ...する気もないけど...)

亜美「あー、食った食った」

真美「結構量あったねー」

亜美「全くだ、こんなに入れて儲けは出るのかい?」

亜美「出る?そうかい、そりゃすごいや」

やよい(まだ返事してないよ亜美...)

亜美「おっと、お代あとにしてもらってたんだ」

亜美「いくらだい?」

おっちゃん「えー、1600円になるね」

亜美「おおそうかい、あっといけねえ、札を持ってなくてねぇ」

亜美「悪いがこまけえんだ、夜で暗いし落としちゃいけねえ、手を出してくれるかね?」

真美(確かに細かいけど真美たち足りないんだよ亜美!!)

やよい(どうする気なのー?!)


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:35:49.14 :xbAXk5830

おっちゃん「あいよ、ここに頼んます」

亜美「えー、一、二、三、四」ジャラジャラ

真美(うあうあ~!あんなリズムよく渡したらすぐバレちゃうよー!)

やよい(まさかここで『あ!いけねえ足りないや!』なんて言うんじゃ...)

亜美「五、六、七、今何時だい?」

おっちゃん「えー、8時だね、8時」

亜美「九、十、十一...」

やよい(あ、あぁぁ...)

亜美「十二、十三、十四、十五」

真美「あ、あm」

亜美「十六」

やよい真美「へ?」

おっちゃん「へい、たしかに」

亜美「じゃあねー」サッサッサ


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:40:31.25 :xbAXk5830

真美「ちょ、ちょっと亜美?!」

やよい「な、なんで?百円持ってたの?」

亜美「ふっふっふ...」

亜美「亜美は二人から貰ったのと合わせて1500円しか払ってないよ」

真美「は?」

亜美「亜美途中でおっちゃんに今は何時かって聞いたっしょ?」

やよい「う、うん」

亜美「その時のおっちゃんの8時が亜美の百円なんだよ!」

真美「うぇ?」

亜美「いやぁ、真美が昔こんな喋り方してるの真似してみたけど楽しいもんだねー」

やよい「え、じゃあ...」

亜美「つまりねやよいっち、おっちゃんは百円玉十六枚だと思ってるけど...」

真美「それって...」

やよい「あ、亜美!さっきのおじさんに謝ってきなさい!」

亜美「え、ええ?!やよいっちも一緒に食べてたっしょ?!」

やよい「3人で一緒に!」

真美「あ」

やよい亜美「ん?」

真美「もういないよ、あのおっちゃん」

亜美「え?」

やよい「え、嘘...」

亜美「じゃ、じゃあ帰ろっか!」

やよい「......今度謝りにいかなきゃダメだからね」

亜美「うぅ...はい...」

やよい「大体止めなかった私たちも悪いんだけど...」

真美(だいたい諦めて帰ればよかったのになぁ...)


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:42:25.34 :xbAXk5830

おっちゃん「ははは、あの嬢ちゃんには面白いもの見せてもらったなぁ」

おっちゃん「そうか、どっかで見たことあると思ったらアイドルのねぇ...」

おっちゃん「百円くらい言えば負けてやるってのよ!はっはっは!」









響「なにやってたんだ...?亜美」チラリ

響「無駄に店のこと褒めまくってたけど...」

響「ゴマすって負けてもらうのかと思ったら普通に払ってたし......」

響「...」

響「にしてもヘンなところで時間きいてたな~」

響「一、二、三、四、五、六、七、今何時?九...」

響「う~ん?」

響「......」

響「ええ?!」

響「百円ちょろまかしたのかっ?!」

響「...」





響「ふぅ~ん...」

響「いいもの見たぞ」ニヤッ

 
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:44:00.41 :xbAXk5830

翌日

響「貴音ー!!」

貴音「なんでしょう?」

響「らーめん食べに行こう!らーめん!」

貴音「ええ、いいですよ」

貴音「私もちょうどらぁめんを食したいと思っていましたので」

貴音「しかし響、今から行くとなると夕飯には少し早いのでは?」

貴音(......聞いていませんね)


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:45:54.88 :xbAXk5830

貴音「はて...響、ここはどこでしょう?」

響「まぁまぁ貴音、見てるさー」

響(とりあえずどこでもいいからラーメン屋をさがすさー!)




響(あ、あった!)

貴音「あれは...」

響「よし貴音!あそこでラーメン食べるぞ!」

貴音「ほう、外で...」

響「貴音、とりあえず自分のを見てるさー!」

 
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:48:08.32 :xbAXk5830

響「おうおじちゃん!今日は冷えるね!」

おっさん「ん?何言ってんだい嬢ちゃん、この時期にしては暖かい珍しい日だろ?」

響「え?あ、あぁ、そうだな!さ、寒いのは昨日だったな!あはは」

おっさん「?まぁ昨日のことはいいんですよ、ウチらは今日が幸せならそれで」

響「そ、そうか、そうだよな!昨日より今日だな!」

響「い、いやそれにしてもセンスのいい看板だな!

おっさん「ははは!嬢ちゃん面白いこと言うな、そりゃ提灯ってんだよ」

 
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:49:51.27 :xbAXk5830

響「的に矢が...刺さってない?!」

おっさん(何を言ってるんだ?この嬢ちゃん)

響「ま、まぁいいぞ、とりあえずラーメン一つ!」

おっちゃん「おうよ」

響「で、どうなの?最近儲かってる?」

おっさん「えぇ勿論、おらぁラーメン以外もやっててね、ラーメンはテンで駄目だがこっちは大儲けよ」

響「ふぅ~ん」

響「...」

響「......」

響「...」

響「......」

響(来ないぞっ!ラーメン!)

 
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:52:18.86 :xbAXk5830

響(ま、まだか?!)

響(い、いやいいんだ、自分は気は短くないからね...いつまでだって待つさー!)

おっさん「はい、ラーメンひとつ」

響「はい、どうも...」

響「お!すごいな!この割り箸!最初から折れてるなんてなんて親s」

響(先端湿ってる...使用済みだこれ...)

響「い、いやぁそれにしてもいいどんb...汚いッ!」

響(これどんぶりの方も使用済みだぞ?!しかもちょっと欠けてるし!)

響「め、麺は太さもちょうdふっといなぁっ!!」

響「うどんか?!うどんなのか!うどん屋かここは?!」チラ

響「ラーメン屋だぁー!」

 
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:53:35.01 :xbAXk5830

響(えぇっと...亜美は次に...)

響「えぇー、メンマが...」

響(入ってない...)

響「...」モグモグ

響(硬い)

響(いや!自分の顎は強靭だからな!このくらいじゃないと歯ごたえがないんだ!)

 
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:54:38.22 :xbAXk5830

響(あ、顎がかなり鍛えられたな...)

響「は、はい、ごちそうさまです...」

おっさん「はいよ」

おっさん「えぇ、1600円になりますね」

響「!」

響(ふっふっふ...自分これがやりたくてこんなラーメンたべてたんだ...)



響(...にしても1600円て高すぎじゃないか?)

 
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:56:35.92 :xbAXk5830

響「えぇ銭が細かいんだ!悪いけど手を出してくれないか?」

おっさん「ん?はいはい、んじゃあここにお願いしますね」ヒョイ

響「一、二、三、四、五、六、七、おっちゃん?今何時だ?」

おっさん「えぇ...5時だね、5時」

響「六、七、八、九...」




おっさん「まいどありー」

響「...」

響「...」











響「損してるよこれーー!!」

 
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 19:59:55.68 :xbAXk5830

~~~ラーメン二十郎~~~

貴音(...響は真、幸せそうにらぁめんを食しておりました)モグモグ

貴音(呼びかけても反応しないほどに...)モグモグ

貴音(邪魔をするのも無粋というもの)モグモグ



貴音「私は私で、らぁめんを楽しむとしましょう」



終わり

 
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/10(木) 20:02:47.52 :xbAXk5830

普通に時そばをなぞっただけですが終わりです

ありがとうございました


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】真美「亜美の時ラーメン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478771837/