これはモバマスssです


2 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 04:48:16.45 :M59IB7fZ0

~杏宅~

杏「あー、こたつって幸せだな」

杏「結構場所取るけど買って良かったよ」

杏「今日は一日中オフだし、杏はこたつから出ないぞ!」

杏「みかんよし、コーラよし、ゲームよし、充電器よし」

杏「前回の反省を活かして、今日はインターホンが鳴っても絶対に出ない!宅配便の人はごめんね」

杏「電気や水道のメーター見られたとしても、まぁ出なければ良いだけだしね」

杏「念の為チェーンも掛けたし、ピッキングされても大丈夫でしょ」

杏「久し振りにぐーたら日和だぁ!」


3 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 04:49:06.78 :M59IB7fZ0

杏「さて、みかん食べよ」

肇「あ、剥いておきましたよ」

杏「ありがと肇ちゃん。こたつでグダッてるとそれすらめんどいよね」

フレデリカ「杏ちゃんコーラ飲むー?」

杏「まだいいや。トイレ行きたくなるし」

肇「それすらめんどくさがるなんて…」

杏「めんどくさいって言うか、こたつから出たくないんだよね」

肇「ほんの数分じゃないですか…」

フレデリカ「誰かトランプ持ってきてー」

肇「こたつから出たくないので杏ちゃんお願いします」

杏「数秒前の会話思い出そうか」

 
4 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 04:49:33.47 :M59IB7fZ0

杏「…ん?」

肇「どうかしましたか?」

杏「別に。そんな事よりさ、出口はあっちだよ」

フレデリカ「トランプは?」

杏「隣のコンビニか百均にでも売ってるんじゃない?」

肇「仕方ありませんね…文香さんに、買ってきて貰いましょう」

杏「この部屋電波繋がりにくいから外で連絡した方がいいよ」

フレデリカ「うーん、みかん美味しいねー」

杏「聞けよ、ってゆーかそれ杏のなんだけど」


5 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 04:53:20.77 :M59IB7fZ0

杏「…なんで居るの?」

フレデリカ「今日は四人で買い物に行く予定だったんだー」

杏「杏聞いてないんだけど」

肇「それで、杏ちゃんの家が集合場所になったんです」

杏「せめて杏に聞くか杏の話聞いてよ」

フレデリカ「まだ文香ちゃんは到着してないんだけどねー」

杏「そもそもどうやって入って…まぁいいやそれは別に」

肇「もう少ししたら到着するみたいです」

杏「杏はパスでいいや。外で待ってたら?」

フレデリカ「もうこたつに入っちゃたから無理かなー」

肇「杏ちゃん外で待ってていいですよ」

杏「おっけー表出よっか」


6 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 04:56:36.64 :M59IB7fZ0

杏「まぁ別に居てもいいけど、杏これからゲームするから邪魔はしないでね」

肇「杏ちゃん、和菓子とお茶はまだですか?」

杏「厚かましいにも程があるよね」

肇「冗談ですよ。ちゃんとポテチ買ってきましたから」

杏「和菓子じゃないじゃん!」

フレデリカ「杏ちゃんはやっぱりツッコミの元祖だねー」

肇「私たちの先生ですからね」

フレデリカ・肇「我が師だけに!」

杏「こんな朝早くに来たからまだ眠いんでしょ?寝てていいよその方が静かだし寝てろ」


7 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 04:59:30.84 :M59IB7fZ0

フレデリカ「で、コップは何処にあるのー?」

杏「戸棚の下から二段目にあるよ」

肇「用意した物がこちらになります」

杏「肇ちゃんに前場所教えたっけ?」

肇「じゃん!この高そうな湯飲みです!」

杏「飲み物コーラなんだけどな」

フレデリカ「わぁお、でもお高いんでしょー?」

肇「まぁ、割と」

杏「否定するか何かセットに付けなよ」

肇「私の力作を安売りしろって言うんですか?!」

杏「あぁめんどくせぇ!」


8 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:04:36.37 :M59IB7fZ0

杏「まぁいいや。イヤホン付けよ」

肇「ではこちらは作戦会議をしてますので」

杏「はいはーい。何かあっても呼ばないでね」

フレデリカ「らじゃー!」

杏「ふぅ…これで集中出来る。さーて手持ちのモンスターのレベル上げないと」ピコピコ

フレデリカ「ーー倒すためーーー背後から肇ちゃーー」

肇「なるほーーー遠距離ーー文香さーーー」

杏「あー崖から落ちたちくしょう」ピコピコ

フレデリカ「ーーアタシのーーーー能力ーー」

肇「ーーイミングーー朋さーーー人質ーー」

杏「…えっと、このタイプにこの技は…」

フレデリカ「ーー共鳴世界ーーー当てれば多分ーー」

肇「ならーーーアライブファクトーーーー」

杏「んぁあ!集中出来ない!」


9 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:09:55.28 :M59IB7fZ0

肇「杏ちゃん、もうゲームはいいんですか?」

杏「二人の会話が不穏過ぎて気になるんだよまったく」

フレデリカ「杏ちゃんポテチ食べる?」

杏「え、買ってきたの?」

フレデリカ「隣にコンビニあるから買ってきていーよ?」

杏「…メントスあるけと食べる?」

フレデリカ「流石のフレちゃんもそれはマズいかなー」

肇「まったく…どうして二人は落ち着いて会話出来ないんですか」

杏「今更ブーメランなんて狩猟武器流行らないよ」

肇「でも先日、何処ぞのアイドルユニットが巨大ブーメラン作ってましたよ?」

杏「じゃー肇ちゃんにそれ当てないとね」

肇「ふふっ、杏ちゃんに飛ばせるんですか?」

フレデリカ「あ、みかんなくなっちゃった!」

肇「文香さんに買ってきて貰いましょうか」


10 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:19:02.50 :M59IB7fZ0

杏「文香ちゃんが食べ物買って、無事届くと思う?」

肇「そもそもお金持ってないでしょうね」

杏・肇「はっはっはっ」

フレデリカ「二人とも目が笑ってないよー?」

杏「ところでフレデリカちゃん。肇ちゃんはポテチ持って来てくれたよ?」

フレデリカ「フレちゃんは肇ちゃんを連れてきてあげたよー!」

肇「あ、ではもうフレデリカさんの飲み物もお菓子もありませんね」

杏「誰が買ってくるべきかなぁ」

フレデリカ「じゃートランプで決めよっか!」

杏「おっけ乗った」

肇「ふぅ…イカサマは無し、ですよ?」

杏「そう言いながら今何かこたつの下に隠さなかった?」

フレデリカ「って言いながら今杏ちゃん箱からジョーカー取り出したでしょー」

肇「…普通にやりましょうか。文香さんも居ませんし」


11 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:24:52.83 :M59IB7fZ0

杏「あー負けたこんちくしょう」

肇「ふぅ…ギリギリでした」

フレデリカ「ババ抜きなんて久し振りだねー」

杏「基本大富豪だもんね」

フレデリカ「でも杏ちゃんが負けるとは思わなかったなー」

肇「最後は完全に運でした」

杏「二人がアポなしで此処に来た時点で杏の運は最底辺だからね」

フレデリカ「ふふーん、照れちゃってー」

肇「そんな事言われても、嬉しくありませんよ?」

杏「褒めてないよ。仕方ない、何かお菓子以外欲しいものある?」

肇「流石に申し訳ないですし、私も行きますよ」

フレデリカ「じゃーフレちゃんも行こっかなー」

杏「今のトランプの時間完全に無駄じゃん」
 

12 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:29:55.33 :M59IB7fZ0

杏「鍵は…閉めといていいかな」

肇「文香さんですしね」

フレデリカ「直ぐ戻って来れば大丈夫じゃないかなー?」

杏「あー、今日は家から出る気なかったのに」

肇「こたつの魔力は恐ろしいですね」

フレデリカ「そんな引き篭もりの杏ちゃんが、遂に外に!」

杏「お?喧嘩売ってる?」

フレデリカ「杏ちゃんどーしたの?コンビニに喧嘩は売ってないよー?」

肇「あの、恥ずかしいんで他所でやって頂けますか?」

フレデリカ「喧嘩はよそっか」

杏「勝敗は予想だけにしとくべきだね」

肇・杏・フレデリカ「よそだけに!」

杏「あ、これ思ったより楽しい」

肇「下らないですけどね」

フレデリカ「実際アタシ達が戦うと被害凄いもんねー」

杏「ツッコミの私の胃が、ね」


13 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:35:20.10 :M59IB7fZ0

~3F~

肇「このコンビニ、明らかに平野なのに何故3階の表記が…」

杏「そこはほら、本名だと杏達のユニットと被るからさ」

フレデリカ「フレちゃん的にはファミデリカが良かったかなー」

杏「歩いて30分くらいのとこにあるし行ってきたら?」

肇「あ、杏ちゃんの部屋にお財布忘れました…」

杏「いいよそのくらい、お菓子なんて大した金額しないからね」

肇「このバリアブルカードって言うの、気になるので買っていいですか?」

杏「肇ちゃんは南極ラーメンね」

フレデリカ「フレちゃんはおでんにしよっかなー」

杏「二人とも前提条件忘れてない?」

フレデリカ「でも竹輪おいしいよ?」

杏「否定はしないけどね。取り敢えずポテチと飲み物買ってこっか」


14 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:39:56.90 :M59IB7fZ0

杏「はい、荷物は二人が持って」

肇「私、あまり筋肉は無いので…」

杏「茄子さん相手に近接で押し切った怪物が何を言ってるのさ」

フレデリカ「あ、文香ちゃんからもう着いてますってラインきたよー」

杏「待たせると悪いし走ろっか」

肇「フレデリカさん、荷物お願いします」

フレデリカ「じゃー肇ちゃんはアタシの事背負っていいよ?」

肇「投げ飛ばしますよ?」

フレデリカ「フレちゃん荷物持ってるけどいーのかなー?」

杏「いいから走れよ」
 

15 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:44:06.01 :M59IB7fZ0

~杏宅~

杏「あれ、ドアの前誰も居ないんだけど」

フレデリカ「もう入っちゃてるんじゃないかなー?」

杏「かもね。せめて人ん家入るなら一報寄越して欲しいけど」

ガチャ

文香「…お疲れ様です…」

フレデリカ「おはろー!」

杏「文香ちゃん移動して、そこ杏の席だから。充電コード完備してあって一番あったかい場所なんだ」

文香「…ここからは、禍々しい気配を感じたので…」

肇「自分自身からではないですか?」

文香「…何か?」

杏「あ、文香ちゃん残ってたモノ全部食べたでしょ」

文香「…状況証拠のみで犯人を断定するのは…ナンセンス、と言わざるをえませんね…」

杏「今買ってきたお菓子はナシね」

文香「すみませんでした…」
 

16 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:46:54.05 :M59IB7fZ0

杏「ふー、あったかい」

フレデリカ「こたつは最高だねー」

肇「素晴らしいですね…」

文香「…お鍋がやりたくなりますね」

杏「うち鍋ないよ」

肇「そんな事もあろうかと、私が作ってきました」

文香「…実は、既にお肉は自宅から持って参りましたので…」

フレデリカ「フレちゃんキムチ鍋の素持ち歩いてるよー?」

杏「野菜はあった気がするし…夜は鍋だね」

文香「…幸せです」


17 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:48:11.22 :M59IB7fZ0

杏「あ、結局買い物って何買いに行くの?」

フレデリカ「こたつだよー」

文香「…ですが、まぁ…」

肇「杏ちゃんの家にあるなら、わざわざ買う必要もありませんね」

杏「買いに行け、今すぐ三人で」


18 :◆TDuorh6/aM :2016/11/21(月) 05:48:41.19 :M59IB7fZ0

こんな時間に起きてしまったので
お付き合いありがとうございました


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/21(月) 07:32:57.30 :BavNTRo9o
おつおつ
久々に原点回帰だね
おつ

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/11/21(月) 08:28:52.61 :uNNrdN6S0
肇ちゃんはもう原点に戻れないけどな……


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】フレデリカ「こたつごっこ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479671245/