1 :名無しさん@おーぷん:2016/01/21(木)23:16:00 :Cir(主)

春香「いいけど、なんでポップコーン?」

千早「この前プロデューサーに貰ったポップコーンが美味しかったから」

春香「多分買った方が早いと思うけど……」

千早「それではダメなの、プロデューサーにお返ししたくて作るんだし……」

春香「なるほど!千早ちゃんってばかーわいい!」

千早「もうっ!からかわないで無個性リボン!」

春香「えへへ、ごめんごめん……ん?」

千早「さ、作りましょう!」

春香「う、うん……今なにか失礼なあだ名で呼ばれたような……」


2 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:17:16 :Cir(主)

千早「さて春香、早速……」

春香「うん!作ろう!」

千早「材料を買いに行きましょうか」

春香「そこからかいっ!」ズコ-

千早「ふふっ、冗談よ、材料ならここに」コトッ

春香「……これホールコーンだよね」

千早「アヲハタよ!」

春香「いや関係ないよ!これじゃポップコーンは作れないよ?」

千早「そ、そうなの!?一体どうして?」

春香「いや、どうしてって言われても……とにかく種類が違うんだってば、ポップコーンの種が売ってる筈だからそれを……」

千早「と、ここに買ってきたポップコーンの種があります」ジャ-ン

春香「あるの!?じゃあ最初から出しなよ!」

千早「エンタメ、よ」ドヤァ

春香「えぇ……違うと思うけど……」


3 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:24:47 :Cir(主)

千早「じゃあポップさせましょうか」

春香「そうだね!ええと、お水と種を入れて電子レンジっと……」

千早「……待っている間なにか出来ないかしら」

春香「じゃあしりとりでもしよっか!」

千早「もっと時間を有意義に使いましょう?」

春香「あ、うん、ごめん……」


4 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:26:33 :Cir(主)

千早「あっ!大切なことを忘れていたわ!」

春香「え、なになに?」

千早「春香は塩派?キャラメル派?」

春香「私は醤油バターかなー」

千早「にぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃい!」

春香「な、なにその声ー!」

千早「ごっ、ごめんなさい、つい取り乱して……!」

春香「怖いよ!」


5 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:26:52 :Cir(主)

千早「ごめんなさい……私ポップコーンの味は塩かキャラメルしか認めないから……」

春香「でも醤油バターも美味しいよ?確か棚にあったはず…………あったあった、ほら、あーん」

千早「きっと大した事は……」ポリ

春香「どうかな?」

千早「……やるじゃないマイク」ポリポリ

春香「でしょ?」

千早「ごめんなさい、プロデューサーがキャラメルと塩が好きと言ったから……」

春香「キャラメルと塩記念日?」

千早「ちょっとなに言ってるのかわからないわ」

春香「ごめん私もこれはあんまり面白くなかったと思う」


6 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:31:36 :Cir(主)

春香「あ、そうこうしている内にポップしてるよ!」

千早「本当だわ!うふふっ、なんだか面白いわね」

春香「千早ちゃんはポップコーン作るの初めてだよね?」

千早「ええ、でも色々と調べてきたわ」

春香「へー、なに調べてきたの?」


7 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:34:40 :Cir(主)
千早「小粒で種皮が固いポップ種(爆裂種)のトウモロコシを乾燥させた粒を、油やバターをひいたフライパンなどで数分間炒り続けると、粒の中の水分が沸騰し膨張する圧力に耐えられなくなり、固い種皮が弾けてスポンジ状に膨張する。これがポップコーンよ。一般的に食塩、粉チーズ、醤油、またはシロップやキャラメルなどの甘い味の調味料や香料をかけて、そのまま食べるわ。ちなみに、同じトウモロコシのスイート種(甘味種)では種皮が柔らかいためポップコーンには向かず、仮に乾燥させた物を炒っても全く弾けず黒焦げになるだけね」


8 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:35:42 :Cir(主)

春香「めちゃめちゃ詳しいじゃん!もうポップコーン博士だよ!」

千早「ポップコーンはネイティブアメリカンがトウモロコシを利用し始めた頃から存在したらしいわ。ニューメキシコ州では紀元前3600年頃の遺跡からポップコーンの痕跡が見つかっているの。どうやら、焚き火の中に乾燥させたポップ種の種子を投げ込んで、焚き火から飛び出した物を食べていたようね。16世紀から17世紀にかけてアメリカ大陸にやってきたヨーロッパ人は彼らからポップコーンのことを知ったけれど、ヨーロッパではトウモロコシは専ら家畜の餌として利用され始めたため、ヨーロッパ大陸ではポップコーンはあまり広がらなかったようね。
でも、アメリカに渡った初代移民たちは、友好的なネイティブアメリカンから提供されたシチメンチョウやシカの肉、そしてポップコーンといった食材によって餓死をまぬがれた経歴があるといわれ、感謝祭の伝説となっているわ」

春香「詳しすぎて怖いよ!」

千早「うふふ、そんなに褒められたら照れてしまうわ」

春香「ポジティブだね千早ちゃん……」


9 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:38:00 :Cir(主)

千早「さて、色々ポップコーンの味はあるけれど……」

春香「どれにするの?」

千早「今日はキャラメルにしようと思うの」

春香「いいねキャラメル!プロデューサーさん疲れてるだろうし、甘いものはいいかも!」

千早「それじゃあキャラメルをかけるわね」トン

春香「千早ちゃん、それは……」

千早「キャラメルよ」

春香「ハチミツだよね!」

千早「サクラ印よ!」ドヤァ

春香「やっぱりハチミツじゃん!」

千早「もう、どっちも甘くてベタベタしてるじゃない」

春香「そんなの中高生のカップルにも当てはまるよ!」

千早「あ、それ面白いわ!うふふ、うふふふふっ!」

春香「そういうの恥ずかしいからやめてよ!」


10 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:38:19 :Cir(主)

千早「というわけで」

春香「どういうわけなんだろう……」

千早「かけます」ダバ-

春香「あぁー!千早ちゃん!ポップコーンがハチミツまみれだよ!」

千早「ふふっ、春香ったらはしゃいじゃって、子供みたいね」ダバダバ

春香「別にはしゃいでる訳じゃないよ!」

千早「ペロッ……これは……キャラメル!」

春香「だからハチミツだよ!」


11 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:39:33 :Cir(主)

――10分後

千早「見て春香、ポップコーンが輝いてる……」

春香「ハチミツのせいだね」

千早「綺麗ね」

春香「まあ、綺麗だけど……」

千早「あ、いけないわ!味見だけしておかないと」

春香「そうだね、じゃあ一つ……」グググッ

千早「どうしたの?」

春香「……ハチミツが固まって、取れない!」

千早「そんな!……くっ、本当に取れないわね」

春香「ど、どうする?」

千早「……まあプロデューサーならなにあげても喜んでくれるわよねっ」

春香「丸投げか!」


12 :名無しさん@おーぷん :2016/01/21(木)23:41:21 :Cir(主)

――――――

――――

――

P「いやあ美味いなあこれ!さすが千早だよ!」バリバリ

千早「そ、そんなことは……///」

P「ありがとうな千早!」バリバリ

千早「こんなもので良ければ、また今度作ってきますね!」

P「おお!楽しみにしてるよ」バリバリ

春香「……多分あれがポップコーンだって気づいてないんだろうなぁ、プロデューサーさん……」

P「やー、このキャンディ美味いなあ!千早は最高だ!あっはっはっはっは!」バリバリ

おしまい


おーぷん2chに投稿されたスレッドの紹介です
【おーぷん2ch】千早「ポップコーンを作りましょう」
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1453385760/