新横浜スケートセンターで行われた日米対抗フィギアに出場した安藤美姫はふがいない成績に終わりました。

最初のジャンプで大きく転倒し、演技を一時中断してしまい最後までやり遂げましたが46点台に終わりました。

前日に行われた練習で右肩を負傷しての出場だっただけに残念でした。

世界選手権金メダリストの安藤美姫だっただけに練習での負傷は痛かったですね。

また、ジャンプの失敗で倒れた時も負傷した右肩から落ち、その勢いでなおかつ右肩からフェンスに激突したので心配です。

世界選手権銀メダリストの浅田真央ちゃんは、60点台と検討したが米国に敗退しました。

スポーツに怪我はつきものだけど、選手にとってみれば大変な出来事です。

良く最後まで演技をしたとほめてあげたいです。

観客も拍手で演技を続行しようとしている安藤美姫を応援していました。

「チーム戦で迷惑をかけたくないのもあって、出ることを選んだ。(転倒は)肩に対して不安や痛みがあって、自分の弱さが演技に出た」と語ったていました。

早く怪我を治して万全の態勢で演技をして欲しいものです。