2017年01月20日

ロットゥーの事故が多いからといって、マイクロバスに替えればいいというものではないと思う。


WiSE

WiSE


bangkok post Microbuses to replace passenger vans this year

Microbuses to replace passenger vans


いわゆるロットゥーの事故が多いからって、ロットゥーをマイクロバスに変更するというのは、あまりにも安易なのでは。

ロットゥーが危険で、マイクロバスは安全だという理由がわかりません。

事故原因をきちんと検証して対策を立てるべきだと思うのですが。

この意見が正しいと思うのですよ。

Participants at the meeting said there were concerns about the improper use, condition and speed of vans and the quality of their drivers, he said.

使われなくなった、ロットゥーはどこへ行くのでしょうね。


ちなみに、燃料としてガスを使う事の是非については触れられていません。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング  
Posted by thai47 at 12:30Comments(0)TrackBack(0)Bangkok Postより

2017年01月18日

日本で技適マークの無い海外のスマホを使って、日本で使えるSIMカードを利用してネットに接続するのは電波法違反なのでしょうか。


2014年11月25日の私のブログで。

日本に一時帰国したとき、スマホを借りるか、SIMをタイで買っていくか、日本で買うか、というようなお話。

ところで。

「すごいSIM」とか、Prepaid LTE SIM を日本で使う場合に問題になるのが電波法。

特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)が付いていない携帯は日本で使うと違法になる可能性があると。

Prepaid LTE SIMの注意事項にも、

●本サービスで利用する機器は、「XiR」または「FOMAR」に対応し、特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)があるものを、お客様自身でご用意ください。

と書いてあるのですが、海外で売っているスマホに、日本の(技適マーク)が付いているわけないですよねぇ。

もちろんタイで買った私のXPERIAにも、そんなマークはついていません。

空港で、Prepaid LTE SIMを買って、自分のスマホに入れて使用している外国人は、みんな電波法違反なんでしょうか。

日本でスマホを買った人は、日本の契約があるでしょうから、空港でSIMカードを買う必要は無いでしょうし。

不思議です。




と、日本の電波法について疑問を書いていたのですが。

知らないうちに法律が出来てまして。

総務省 電波利用ホームページ 海外から持ち込まれる携帯電話端末・BWA端末、Wi-Fi端末等の利用

海外から持ち込まれる携帯電話の利用


日本に入国される皆様へ無題


Wi-Fi端末に関しては、米国のFCC認証や欧州のCEマークの表示及びWi-Fi Allianceの認証を受けた旨の表示(認定ロゴ)があるもの。

Bluetooth端末に関しては、Bluetooth SIGの認証を受けた旨の表示(認定ロゴ)があるもの。

は、90日以内なら日本の技適マークがなくても使えるという事になりました。

でもねえ。

日本で使えるSIMカードを使うのはどうなんでしょうか。

Wi-Fiでもなく、Bluetoothでもなく。


そもそも、技適マークの無い端末を使わせない理由は、

総務省 電波利用ホームページ  電波監視の概要


やっぱり、海外のスマホで、日本で使えるSIMカードを使って、ネットに接続するのは違法なのでしょうか。


それにしても、90日と限定する意味は分かりませんな。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 13:00Comments(4)TrackBack(0)旅行

2017年01月17日

MBKセンターで、スマホのバッテリーを交換した。


私の使っているスマホ。

早いもので買ってから既に3年半。

朝の目覚まし時計代わりに一日が始まって、一日中手放せないような状態になっています。

機能的には特に不満は無いのですが、流石にバッテリーがすぐに無くなるようになって。

新型に買い替えようかなぁとも検討したのですが。

何万バーツも出して新型を買っても、何か特別なことができるようになるわけでもなく。

バッテリー交換をしてみようかなと。

バンコクのMBKセンターに行って交換してきましたよ。

Xperia バッテリー


待ち時間1時間半くらいと言われたので、その間に食事をして、まだ一時間も経っていなかったのですが、待っている間スマホで時間をつぶせないですから、様子を見に行くと出来ていました。

1,200バーツ。

高いのか安いのかはわかりません。

私の使っているスマホ、Xperiaはタイではそれほど売れていないようなので、電池交換などもどうしても割高になるのではないかという気もしますし。

使える電池があることだけでもすごいかなと。

日本ではスマホのバッテリー交換は、値段も高くて何日か預けなくてはいけないらしいですから。

ところが。

知人の話では、i-Phoneの電池交換、5,420円でしかも、待ち時間20分で出来たとのこと。

今は日本にこんな店があるんですねぇ。

iPhone(スマホ)の修理・故障ならiCracked

一説によれば日本が世界で一番iPhone率が高いらしい。

そうでなければ、iPhone関係だけのこんな商売成り立たないような。

ちなみに、新型のiPhone7、タイでは思ったように売れていないらしいですよ。

まあ、値段は高いし、新型と言っても特に目新しい機能もないですしねぇ。

他のメーカーの安いものでも十分に使えますからねぇ。


それにしても、MBKセンターのスマホ関連の売り場。

小さなブースがものすごくたくさんありますが、それなりに売り上げがあるんでしょうねぇ。

場所代も必要ですし、人件費も必要ですし。

あれだけの店が成り立っているのが不思議な気がします。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:30Comments(8)TrackBack(0)タイの話題

2017年01月16日

メールマガジン タイという国  第70号 2006年 1月 16日 発行 郵便局

  ●タイという国。

 郵便局

(2006年1月のお話です)

 郵便局に小包を出しに行く。
 日本の知人に送る、タイの民芸品のようなバッグ数点。
 アユタヤの市場で買ってきたままで、包装はしていない。
 
 郵便局に行き、
 「これ送りたいんですが。」
 といい、適当な大きさの段ボール箱を見繕ってもらう。
 郵便局には、小さいものから大きいものまで数種類の段ボール箱が用意し
 てある。
 
 今回使った段ボール箱は、少し大きかったので、50バーツ。
 大きめの段ボール箱を使用した場合は、ガムテープを貸してくれて、きち
 んとプラスチックのベルトをダンボールにかけてくれる。
 
 梱包が終わると、段ボール箱にも、宛先と、こちらの住所を書いて窓口の
 順番を待つ。
 
 順番を待っているところには野良犬が寝ている。
 
 順番が来るとカウンターの前に行き、そばにあるはかりに小包を載せる。
 
 「日本までEMSで。」
 EMSの伝票を受け取り、宛先、こちらの住所等を記入する。
 
 「000バーツです。」
 
 「あれ、高いですね。前送ったときはもっと安かったんですけど。
 料金表ありますか。」
 
 「料金表はありません。コンピューターで自動で値段が出ますから。
 前と値段が違うのは、日によって値段が違うから。」
 
 日によって値段が違うって、本当なんだろうか。
  


2017年1月に思う。

郵便局に最後に行ったのはいつでしょう。

思い出せないくらい前ですね。

私が初めてタイに来た頃は、エアーメールなんて書いたり、エアーメールは値段が高いから、エアログラムにしたりして。

今、エアーメイルを書いている人なんているのでしょうか。

旅の思い出として、観光地で絵葉書を買って自分宛てに絵葉書を送る、なんて人はいるようですけど。

Eメールが普及して、スカイプとかLINEで、無料で国際通話ができる現代。

便利にはなりましたけど、情緒はなくなりましたねぇ。

遠い異国から届いた恋人からの、エアーメールを何度も読み返すなんて、ロマンチックだと思うのですが。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


このブログエントリーは、その昔「タイという国」というメールマガジンとして発行していた内容を再掲したものです。
  

2017年01月13日

CNGとかLPG仕様に改造するのは違法ではないし、危険でもない。


私のこのブログを以前から読んでくださっている方ならご存知だと思いますが、私が普段乗っているプロトン ペルソナはCNG仕様で天然ガスで走っております。

その前に乗っていたホンダCR-VもLPGで走るように改造していました。

ガスを使っているから普通の車よりも危険だなんて考えてはいないわけで。

今年の初めにタイであったロットゥーの悲惨な事故について、バンコクで発行されているフリーペーパーWiseにこんな記事が出ていました。

減らないロットゥー事故 タイ国民の長距離移動の足、ロットゥー(乗り合い式のミニバス)慣れ親しまれる一方、毎年多くの事故が起き、安全面に疑問符も

タイのコラム社会問題減らないロットゥー事故


ロットゥーをLPガス車や天然ガス車に改造することは安全基準を満たしていない違法改造だと書かれていますよねぇ。

ガスを使えるようにすること自体は違法改造ではありません。

中には違法改造の車もあるかもしれませんが、タイでは結構厳しい法律があるのですよ。

私の乗っているプロトンも毎年一回CNG関係の点検を受けなければなりません。

このような事故があるたびに、ガス車は危険だと問題視されるのですが。

この事故もそうですが、火災の原因がガス車に改造されていたからという調査結果は出ていないんですよね。

ちなみに天然ガスが漏れた場合でも、比重が空気よりも軽いためにすぐに空気中に拡散して上昇して爆発する恐れはほとんどないと言われています。

車が事故にあった場合に火災が発生するのはガソリン車でも多くみられることで、ガス車だから火災が発生したというのは、実例はないのではないかと思うのです。

LPGの場合は、火災が発生するというよりも爆発します。

日本でも昭和30年代頃には、LPGのタクシーのガスタンクが爆発するという事故が多発して社会問題になりました。

今では安全対策がきちんとされていますので、爆発する心配はありませんが。

最近日本で走っているタクシーの大半はLPG仕様だと思うのですが、事故を起こして爆発したという話を聞いたことはありません。

ということは・・ガソリンよりも安全なのではないのでしょうか。


イタリアでは、

webcg イタリア流! 最新、新旧「フィアット500」の改造法を見よ

新旧フィアット500の改造法を見よ webCG


ガス仕様は決して危険ではないですし、環境の為にも、ガスを使用するのは良いことなのですよ。

LPG仕様に改造した私のCR-Vに使ったガスタンクはイタリア製でしたし。


安心してガス仕様の車に乗ってくださいませ。

ロットゥーの運転が荒くて危険なのは別問題です。





☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング  
Posted by thai47 at 11:26Comments(8)TrackBack(0)車ネタ

2017年01月05日

お正月にはヘッドライトを磨いた。


以前から気になっていたヘッドライトの曇り。

去年、高いお金を出して磨いてもらったのだけれどたいした効果はなく。

headLight_before


タイで思う 2016年05月09日 曇ったヘッドライトを磨いてもらったのだけれど。

昨年、日本に一時帰国したときにこんなのを買ってはいたのですが。

ヘッドライトリフレッシュ


これを使ったくらいできれいなるとも思えず、やっぱりヘッドライトの周りをマスキングして、ペーパーでこするしかないかなぁと思っていたのですが。

面倒ですよねぇ。

そんな思いでいた昨年の年末。

フューチャーパークにある、ダイソーのような60バーツショップのCan★Doをぶらぶらしていたら、こんなのを見つけまして。

ダイヤモンドパフ


これは使えるかもしれない。

値段も安いのでとりあえず買ってみるかと。

年が明けて、新年早々これを使ってヘッドライトを磨いてみました。

大正解。

サンドペーパーと違い、小さいのでマスキングをしなくても、ボディを傷つける心配もなく。

持ちやすくて力も入れやすい大きさ。

適当に表面が平らになるまでこすって、日本で買ってきたヘッドライトリフレッシュで磨いて、コーティングして。

headLight_After


headLight_After2


まあ、こんなもんでしょ。

十分満足。

プラスチック自体が変色していますから、どんなに頑張っても元の透明感は戻りませんから。

実労働時間は2時間もかかっていないような。

絶望的にヘッドライトが黄色く曇ってしまった場合の対処として、この方法お勧めです。

本当はこんなにひどくなる前に、今回使ったヘッドライトリフレッシュを使った方がいいんでしょうねぇ。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 12:30Comments(6)TrackBack(0)車ネタ

2017年01月04日

2017年の元旦は。

2017年、平成29年、酉年だそうで。

それにしても、早いですねぇ。

2000年問題で大騒ぎをしたのが、ついこの間のような気がしているのですが、既に17年前ですか。

平成になってから既に29年。

私が昭和生まれの頑固な年寄りとよばれるようになるのも時間の問題ですな。

今年のお正月は地味に近くでお参りをして、

初詣


初詣2


初詣3


最近のお気に入りのこの店で食事をしてコーヒーを飲んで。

初詣4


初詣5


今年もよろしくお願いいたします。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:20Comments(4)TrackBack(0)タイの話題

2017年01月02日

メールマガジン「在タイ日本国大使館だより」 第153号1月号

【第153号の内容】
1.新年のご挨拶
2.外国へ旅行される場合は,「たびレジ」登録を
3.在留証明書(和文)の書式変更について
4.在外選挙人登録のご案内
5.平成29年(2017年)の大使館・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ
6.1月の大使館・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ
7.海外安全情報(危険情報,感染症広域情報等)

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

1.新年のご挨拶

2017年の新たな年となりました。在留邦人の皆様,当館メールマガジン読者の皆様におかれましては,どのような新年を迎えられましたでしょうか。

 昨年10月13日,プミポン前国王陛下が崩御されました。タイ国民にとってはとても悲しい出来事であり,現在も王宮に弔問に訪れる国民の列が途絶えることはありません。ここに改めて深い哀悼の意を表したいと思います。現在もタイ国,タイ国民共に服喪を続けていることから,在留邦人の皆様,当地を訪れる邦人の皆様におかれましては,引き続き,国民感情をおもんばかった上で,礼節をもった行動を心がけて頂ければと存じます。

 また昨年は,幸い,邦人の方が巻き込まれるような大規模な事件や事故はありませんでしたが,8月には国際的な観光地であるフアヒンを含む南部7件で連続爆弾事件が発生し,多くの外国人観光客が負傷する事態が発生しました。当館では,引き続き,緊急事態発生時には皆様から提出していただいている在留届に記載されているEメールアドレスへの情報発信を行うほか,ホームページやメルマガを通じ情報提供を行って参りたいと思います。

 領事部では,旅券(パスポート)及び各種証明書の発給,戸籍・国籍関係届出の相談・受理,在外選挙人登録申請受付,邦人援護業務の窓口を設けている他,バンコクから離れた地域にお住まいの方向けに,年に数回,大使館領事部職員がそれらの地域に赴く「領事出張サービス」を実施しております。海外での生活は日本と違って色々と困難がつきまとうものだと思います。ご質問・ご相談等はお電話やメールでも承っておりますので,ご遠慮なくお問い合わせください。

本年も皆様のお役に立てる大使館領事部であることを目指して,引き続き安全情報や領事情報の提供,領事出張サービスを含めた領事窓口サービスの向上に一層努めて参りたいと考えておりますので,皆様のご協力とご支援をお願い申し上げます。

平成29年 元旦
在タイ日本国大使館 参事官 野中 豊


2.外国へ旅行される場合は,「たびレジ」登録を

 海外渡航や在留の際に,緊急事態が発生した場合,外務省・在外公館からは随時情報を提供いたします。在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航でタイに滞在される方(海外旅行者・出張者を含む)や,お住まいの国(タイ)以外の外国へ旅行される方は,外務省海外旅行登録「たびレジ」を,ぜひ活用してください。登録者は,滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。
 
 登録手続きは簡単で,海外安全情報や緊急メールの受取り先として,ご自身のメールアドレスに加えご家族や職場のメールアドレスも登録できます。

 また,「旅行予定はないが,海外安全情報は入手したい」という方や,企業・団体様向けには,「簡易登録」の機能がおすすめです。

「たびレジ」ホームページ:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ 


3.在留証明書(和文)の書式変更について

 1月4日(水)から在留証明(和文)の書式が変更となりますので,ご留意願います。なお,新申請書は,当館ロビーに常備いたしますが,当館ホームページ(各種証明)からもダウンロード出来ますので,ご活用願います。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/shoumei.htm


4.在外選挙人登録のご案内

既にご承知の通り,外国にいても「在外選挙制度」で,日本の国政選挙に投票することができます。在外選挙制度に基づき投票するためには,在外選挙人名簿への登録申請を行い,事前に在外選挙人証を取得しておく必要があります。まだ登録申請がお済みでない方は,以下を参考に本登録につきご検討ください。

【日本国内居住者との違い】
日本国内の場合,同じ市区町村の住民基本台帳に継続して3か月以上記録されていれば,自動的に選挙人名簿に登録されます。 しかし,海外居住者の場合は,ご自身の「登録申請」に基づき,在外公館経由で日本国内の最終住所地等の選挙管理委員会において「在外選挙人名簿」に登録を行い,登録された選挙管理委員会が発行した「在外選挙人証」を取得することが必要となります。
つまり,海外居住者の場合は,日本国内居住者の場合と異なり,選挙権を行使するためには,自ら選挙人名簿への登録申請を行う必要がある点をご理解願います。
なお,在外選挙人証がお手元に届くのは,登録申請後,通常1か月半〜2か月程度かかりますので,登録資格のある方で,まだ登録がお済みでない方は,今後の国政選挙に備え,お早めに登録申請をして頂くことをお勧めします。
【在外選挙人証イメージ画像:http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/senkyoninshomihon.jpg】

(1)登録資格
満18歳以上の日本国民であること。
同一の大使館や総領事館の管轄区域内に引き続き3か月以上居住していること。
日本の住民登録を抹消していること。


(2)必要書類
在外選挙人名簿登録申請書(当館領事部窓口に用意しております他,大使館ホームページからもダウンロードできます)
旅券(日本国又は居住国政府機関の発行した顔写真付き身分証明書でも可)
海外に引き続き3か月以上居住していることを証明する書類(住居の賃貸借契約書等)。ただし,在留届を3か月以上前に提出している方は不要です。

在留届と在外選挙人登録は,制度上全く別のものですので,在留届を提出して頂いただけでは,在外投票を行うことはできません。
詳しくは,当館領事部在外選挙事務担当にお問い合わせください。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/senkyo.htm


5.平成29年(2017年)の大使館・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ

 大使館:http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/embassy/holiday2017.pdf 
 在チェンマイ総領事館:http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/files/000118078.pdf 


6.1月の大使館領事部・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ

今月の大使館及び総領事館の休館日は,土・日曜日の他,次のとおりです。
2日(月)元日振替
3日(火)年始休暇
※新年最初の開館は,1月4日(水)午前8時30分からとなります。
※日本の祝日である9日(月:成人の日)は,通常通り開館します。

※休館日の前日及び翌開館日(特に開館直後の時間帯)は,終日大変混み合うことが予想されます。手続きに時間を要する戸籍・国籍関係,急を要しない旅券や証明の申請は,時間をずらしてお越し頂くことをお勧めします。また,即日発給の各種証明及び旅券査証欄の増補についてもお待ち頂く時間が長くなることがありますので,あらかじめご了承ください。


7.海外安全情報(危険情報,広域情報等)

【スポット情報(2016年10月12日付)】
タイ:爆発事件発生の可能性に関する報道に伴う注意喚起
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C273.html 

【危険情報(2016年11月25日付)】
●ナラティワート県,ヤラー県,パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)
レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)。(継続)
●ソンクラー県(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●シーサケート県のプレアビヒア寺院周辺地域(同県のカンボジアとの国境地域東部)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●首都バンコク
レベル1:十分注意してください。(継続)
●スリン県の一部(パノム・ドン・ラック郡及びガープ・チューン郡のカンボジアとの国境地域)
レベル1:十分注意してください。(継続)
●上記を除くすべての地域
レベル1:十分注意してください。(解除)
☆詳細については,以下のリンク先の内容をよくお読みください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2016T222.html#ad-image-0 
 
【感染症広域情報(2016年11月22日付)】
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C312.html 

【タイの安全情報】
 大使館ではタイにおける一般犯罪手口を取りまとめたタイの安全情報「犯罪手口いろいろ」,「大使館からのお知らせ・国内における犯罪傾向と注意喚起」,および「タイに旅行や滞在等予定されている皆様へ」等をホームページに掲載しております。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/teguchi_new2.pdf
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/anzen_q2_2016.htm

◎在留届を提出されている方は,記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等),または帰国・転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録(「たびレジ」)を,ぜひ活用してください。登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。
・たびレジ:http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
◎緊急事態が発生した際,携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を利用し,在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送付したり,返信を求めることにより安否確認を行う場合があります。本システムでは,原則香港の国番号(+852)を使用し,メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。
 詳細については,以下の外務省海外安全ホームページをご覧ください。
【運用開始について】http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_kh.pdf
【よくあるご質問】http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_qa.pdf
_____________________________________________________________________________

■在タイ日本国大使館
ホームページ「ご意見箱」
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/mail/iken.htm
◆代表 (02)207−8500 または (02)696−3000
◆領事部
【旅券・証明班】 (02)207−8501,(02)696−3001
【邦人援護班】  (02)207−8502,(02)696−3002
【査証班】    (02)207−8503,(02)696−3003
 領事部FAX  (02)207−8511
  窓口受付時間   8:30〜12:00,13:30〜16:00

■在チェンマイ日本国総領事館
ホームページ「ご意見箱」
http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/iken/iken.html
 ◆代表 (053)203367
  FAX(053)203373
【バックナンバー】  
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/mz.htm                      

【購読停止を希望される方はこちら】
https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=th
 (了)

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  

2016年12月31日

パタヤとホアヒンを結ぶフェリーが就航するんだって。

Pattaya-HuaHin ferry starts Jan 1,free until Jan 15  BANGKOK POST

ferry

Pattaya-Hua Hin ferry   Bangkok Post


フェリーと聞くと、車も運べるのかと思ってしまったのですが。

人だけのようです。

ちなみに船は中国製。

今の軍事政権は中国大好きですからねぇ。

乗ってみたい気はしますが、私はしばらく様子を見ることにします。

まあ、タイ湾の中ですから、海が荒れることもないでしょうから大丈夫だとは思いますが。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:04Comments(0)TrackBack(0)Bangkok Postより

2016年12月26日

我が家も光ファイバーに。


我が家は数年前からTRUEのインターネットを契約していたのですが。

最近TRUEは遅いから他に替えた方がいいよ、なんて噂も聞いていました。

でもねぇ、面倒だし。

なんて思っていたら、先日TRUEがプロモーションで光ファイバー回線の費用が安くなりますよーと、私の住んでいる住宅街でキャンペーンをやってまして。

せっかくなのでこの機会に光ファイバーに。

モデム


右側が新しくなったモデム。

回線が早くなるとモデムも大きくなるのね。

光ファイバーにして正解でした。

明らかに早くなりましたよ。

お勧めです。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 15:46Comments(8)TrackBack(0)タイの話題

2016年12月25日

自動車を組み立てるという事。


【タイ】ベンツ、トンブリ工場との契約を12年延長

ベンツトンブリ工場との契約を12年延長


1979年から、タイでベンツが組み立てられていたなんて、知りませんでした。

タイは完成車の関税が高いですから、タイで組み立てれば販売価格がかなり抑えられるわけで。

それにしても、このトンブリ・オートモーティブ、ベンツとタタを生産していたんですよね。

ちなみに、タイで組み立てられていたタタの車はこんなの。

TATA MOTORS

TATA MOTORS


ピックアップトラックですな。

タタは、タイでの組み立てをやめるのでしょうか。

自動車の製造現場と言われて、普通の人達が頭に浮かべる映像は、ロボットがバチバチと火花を飛ばして溶接しているシーンとか、ライン上を流れる車に作業員が部品を取り付けているシーンとか。

ベンツでも、タタでも、同じメーカーが組み立てをすることができる。

すなわち、中国メーカーでも、日本の自動車メーカーあるいは欧米の自動車メーカーのサプライヤーと呼ばれている部品の外注先で部品を作れば、同じような品質の車を作ることができるという事で。

コスト削減という名目で、日本の自動車メーカーが系列を無くした事で、サプライヤーが系列以外の自動車メーカーの仕事をするようになった、しなければならなくなったという事が結局、日本の自動車メーカーの首を絞めることになってしまうのかもしれません。




ベンツとタタを組み立てるなんて、ずいぶん妙な感じはしますが、タタってイギリスのジャガーランドローバーの親会社なんですよねぇ。

ジャガーをタイで組み立てればいいのに。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 17:30Comments(4)TrackBack(0)車ネタ

2016年12月24日

メールマガジン タイという国  第69号 2005年 12月 24日 発行 野良犬の名前

  ●タイという国。

 野良犬の名前

(2005年12月のお話です)

 
 ソムチャイ、バオ、カモーイ。
 
 私が以前住んでいたアユタヤの家の近くにいた野良犬の名前。
 私がつけたわけではなく、近所の人に聞いた名前。
 
 ソムチャイ。
 タイ人の男性に多い名前。
 バオ、タイ語で「バオバオ」というのは、ゆっくりとかという意味。
 車のドアをばたんと閉めたときなどに、
 「バオバオ」もっとやわらかくというように使われる。
 カモーイ、タイ語で泥棒。
 
 ソムチャイがなついていて、仕事から帰ってくると飛びついてくる。
 おかげでいつもズボンが泥だらけになるのだが。
 ソムチャイには晩御飯の残りとかをやっていた。
 
 それを見ているバオとカモーイ。
 ソムチャイがいかにもお腹をすかせている野良犬という雰囲気で、がつが
 つとご飯を食べているところに、そーっとバオが近づいていく。
 ソムチャイがよそ見をした瞬間に、お椀に顔を入れる。
 
 ソムチャイ、しょうがないなーという顔をして、あきらめる。
 
 そーっと近づいてくるから、バオ、と名づけられたのかも。
 
 あるときには、ソムチャイがよそ見をしているときに、カモーイがやって
 きて、お椀をくわえて逃げていく。
 
 だから泥棒。カモーイ。
 
 バンコクの路上の屋台とかでのんびり寝ている野良犬にも、名前がつけら
 れているのかもしれない。
 
 家内の実家で餌をやっている犬の名前。
 ローレックス。
 
 なぜだかはわからない。
 間違っても高価な犬ではない。
 ただの野良犬。
 

2016年12月に思う。

アユタヤに住んでいた時に、表にいた野良犬。

私が引っ越すときに連れて行くわけもなく、その後どうなったのか心配しています。

今までどおり近所の人から適当に餌をもらって元気にしていればいいのですが。

と、引っ越してから数年は思っていたのですが。

あの、2011年のタイ大洪水で、私の住んでいたあたりは大きな被害を受けました。

洪水の時、野良犬たち、どうしたのでしょうねぇ。

あの洪水で一番大変な目にあったのは、住む場所を失った野良犬ではなかったのかと。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


このブログエントリーは、その昔「タイという国」というメールマガジンとして発行していた内容を再掲したものです。
  

2016年12月23日

私の住んでいる住宅街に、ヘビー級の蛇が。


蛇


大きいですねぇ。

毒蛇ではないらしいですが、蛇は嫌いです。

これだけの大きさの蛇なら、猫とか犬は飲み込んでしまいそうですし。

たまに出てくるんですよね、こんな大きな蛇が、

蛇だって一匹でいきなりこの世に出現したわけではないですから、親も兄弟もいるでしょうから、そのうちまた出てくるのでしょうねぇ。


捕獲して袋に入れられた状態。

蛇の袋


タイの人達は優しいので、こうして捕まえた蛇を決して殺すことはなく、どこかに持って行って放すんですよね。

で、そこでまた繁殖していたりするんでしょうね。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:30Comments(6)TrackBack(0)タイの話題

2016年12月22日

プロトン ペルソナ 18万キロ

18万キロ


6年で18万キロ。

一年で3万キロのペースですな。

この後も順調に走り続けてほしいものです。

10年は乗り続けたいですから。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 18:21Comments(4)TrackBack(0)車ネタ

2016年12月21日

大使館からのお知らせ

【在タイ日本国大使館からのお知らせ】

海外安全情報(広域情報)の発出

タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在タイ日本国大使館

21日,外務省より,海外安全情報(広域情報)「年末年始のテロに対する注意喚起と「たびレジ」登録のお願い」が発出され,外務省海外安全ホームページに掲載されましたので,お知らせします。
お住まいの国(タイ)以外の外国へ旅行される方は,外務省海外旅行登録「たびレジ」を,ぜひ活用してください。

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C344.html 

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング