2008年05月28日

まだなついていない猫

cat_Pot_2











☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


  

Posted by thai47 at 21:33Comments(6)TrackBack(0)

2008年05月27日

保護色

植木鉢猫









☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
  
Posted by thai47 at 19:20Comments(4)TrackBack(0)

2008年05月21日

どこまで高くなるのでしょうか、タイのガソリン価格。

eda1c0a2.JPG
今日のガソリン価格。

私がいつも入れている、91オクタンのガソホールで、34.29バーツ。

約112円。

いったいどこまで上がるのでしょうか。ガソリンの価格。

ちなみにタイでは、明日ガソリンが、いくらいくら上がりますよー、なんて報道されます。

するとその日はガソリンスタンドが混雑します。

そのニュースを知らなくても、ガソリンスタンドがやけに混んでいるなと思ったら、明日にしようと思わずに、その日に入れた方が正解です。

わかっていても、並ぶのが面倒なんですよね。




☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

1996年ごろは、ガソリンは8バーツくらいでした。
当時の4倍以上。

うわっ。
  
Posted by thai47 at 20:17Comments(18)TrackBack(0)

2008年05月18日

頑丈で大きな車が安全なわけではない。


在タイ日本国大使館ウェブサイトに、このような記事があります。

「タイでの安全のしおり」<平成20年版>

タイに観光、仕事で来られる方は是非一読されることをお勧めします。



ところで、最近のクルマって、安全に出来てますよね。
車の安全って、大きく二つに分けられます。

アクティブセーフティーと、パッシブセーフティー。

アクティブセーフティーというのは、能動的安全性。
事故が起こらないようにすること。
たとえば、ABSとかスタビリティーコントロールとか。

パッシブセーフティーというのは、受動的安全性。
不幸にも事故が起こってしまった時に、乗員とか相手を出来るだけ傷つけないようにすること。
たとえば、クラッシャブル構造にするとか。



現在発売されているクルマは、この二種類の安全性に関して、充分な配慮が行われています。

一部のメーカー、車種を除きますが。



昔は、ベンツはぶつかっても安全だとか、ボルボに乗っていれば大丈夫、なんて言われていましたが、今では、他のメーカーの車と比較しても、安全性に関しては大差ありません。

アクティブセーフティーに関しては、ボルボよりも日本のメーカーの方が上を行っている感さえあります。


クラッシャブル構造。
車がつぶれることにより、衝突の衝撃を吸収して、乗員を守る自動車の構造なのですが、当然、人が乗っている部分は、出来るだけつぶれないように丈夫に作り、つぶれてもいい部分、クラッシャブルゾーンを作って、安全を確保するわけですね。

衝撃を吸収する為には、つぶれないといけないわけです。車は。

車をつぶしつつ、前からの衝突の場合、エンジンなどが車内に入り込まないよう配慮されています。

すごいですよね最近の技術は。

その代わり少しぶつけただけでも、べこっと大きく凹んだりするわけですけど。


安全な車というのは、頑丈なクルマという意味ではなく、ましてやクルマが大きければ良いという物ではありません。

きちんと安全性に配慮されたクルマが、たとえ車体が小さくても安全な車なのです。


「タイでの安全のしおり」<平成20年版>の交通事情と事故対策の中の

(3)交通事故対策
ア 安全運転をしていても衝突等される現状から、頑丈で大きな車を選定することをお勧めします。また、乗車時には全員シートベルトを着用しましょう。

という項目は


ア 安全運転をしていても衝突等される現状から、パッシブセーフティー性能に優れた車を選定することをお勧めします。また、乗車時には全員シートベルトを着用しましょう。

とした方が良いと思います。



自分の安全の為に頑丈で大きなクルマに乗る。

そこのけ、そこのけ、俺様が通る。と言っているようで少し嫌ですよね。






☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ






このページEuro NCAP For safers cars によりますと、一部の人たちには頑丈で大きいから安全だと思われているピックアップの衝突試験は残念な結果になっています。

Euro NCAP For safers cars Isuzu D-MAX/Rodeo

Euro NCAP For safers cars Nissan Navara

ちなみにNissan Navaraは2回テストされています。
初回はこんな悲惨な結果。

Euro NCAP For safers cars Nissan Navara 改良前

エアバッグの展開プログラムに問題があったので、変更したらしいですけど。
もし初期のNissan Navaraに乗っていたら、ディーラーで確認された方が良いと思います。
エアバッグのプログラム、大丈夫?と。


  
Posted by thai47 at 20:44Comments(8)TrackBack(0)

2008年05月17日

子供の携帯所持を禁止


「小中学生に携帯持たせるな」 政府の教育再生懇、報告盛り込みへ

 政府の教育再生懇談会(座長・安西祐一郎慶応義塾塾長)は17日、都内のホテルで会合を開き、子供を有害情報から守るため「小中学生に携帯電話を持たせるべきではない」とする内容を、6月にまとめる第1次報告に盛りこむことで一致した。有害サイトを通じて犯罪に巻き込まれたりいじめが起きたりしていることや、子供が携帯電話を持つ必要はないとする福田康夫首相の持論を反映させることになった。

 会合では、情報行政を所管する総務省と携帯電話事業者から意見を聞いた上で議論を進めた。事業者側は、総務省の要請で有害サイトの閲覧をやめることができる「フィルタリングサービス」を導入し、18歳未満は原則加入としている取り組みなどを説明した。

 しかし、再生懇の委員らは、保護者がフィルタリングを解除する恐れがあることを指摘。また、携帯メールを多用することで友人らと直接コミュニケーションを取らなくなり人間関係の形成に影響する、などの声もあがった。山谷えり子首相補佐官は会合終了後の記者会見で、子供に携帯電話を持たせることについて「メリットよりも大きな害があることをよく考えてほしい」と強調した。

 再生懇の前身である教育再生会議は昨年12月の第3次報告で、有害情報対策としてフィルタリングを義務づける法的規制を導入するよう提言していた。しかし、首相が「子供が携帯を持つべきかどうかを議論した方がいい」と指示し、新たに所持を規制する議論が始まった経緯がある。





素敵ですねー、日本。

自分で、自分の責任で、親の責任で決められない。
政府に決めてもらわないと。
会社に決めてもらわないと。
そんなことばかり。


最近タイである日本人と話したのですが、全然自分の意見が無いんですよね。
日本の本社がこう言っている、タイで誰々がこう言っているという話ばかりで。

少しは自分の頭を使えばいいのに。


子供の携帯、禁止すると良いと思います。

すると、数年後、数十年後には、日本製のすばらしい携帯が世界中にあふれていることでしょう。



えっ、どういうことかって?。



今世界が注目している日本の物。




自動車、オートバイ、アニメ、テレビゲーム、全て学校とかで禁止しようといわれていたもの、実際に禁止されていたものばかりでしょ。






☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


  
Posted by thai47 at 21:21Comments(6)TrackBack(0)

2008年05月16日

やっぱり私は日本人。


バンコクの韓国料理店に焼肉を食べに行った。

韓国料理の焼肉だから、キムチとかがたくさん出てくる。

つけだれも2種類。


でも、何か違う。


そう、焼肉はやっぱりしょうゆベースのたれでないと。



タイに来たばかりの頃、おいしいステーキが食べたくて、ステーキ屋さんに行ったのだけれど、やっぱり何かが違う。

スーパーでステーキソースを見ていて気がついた。

日本で食べるビーフステーキ。

かかっているソースはしょうゆベースなんだね。



おいしいステーキが食べたい時は、ステーキ用の肉を買ってきて、スーパーで日本製のステーキソース、いや、ステーキしょうゆをかけて食べることにした。


BENIHANAというステーキレストランは、しょうゆベースのステーキなんですけど、ものすごく値段が高い。


しょうゆ味にこだわるなんて、やっぱり私も日本人。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


でも、目玉焼きを食べる時は、しょうゆではなく、ソース。




  
Posted by thai47 at 21:40Comments(6)TrackBack(0)

2008年05月15日

「エルメス」のバッグのデザインを覚えていなければ犯罪者になるかもね。


こんなニュースが。


エルメス模倣品「輸入ダメ」 東京税関

東京税関は、フランスの高級ブランド「エルメス」の形態をまねたバッグの輸入を15日から差し止めた。不正競争防止法に基づく同社の日本法人「エルメスジャポン」(東京・銀座)の申し立てを受けた措置。全国の税関で模倣品の輸入ができなくなる。同税関によると、高級ブランドの形態の模倣をめぐる輸入差し止めは初めて。


 模倣品が差し止めの対象となったのは、エルメスのバッグ「バーキン」と「ケリー」。ともにベルトなどに特徴を持つ数十年来の同社の看板商品で、正規品の価格は80万〜1千万円という。同社のロゴなしで、形態をまねた商品が大量に流通しており、ネットなどで格安で売られている。

 東京税関によると、形態を模倣した商品は06年から、偽ブランド品などの輸入差し止め制度の対象に加わった。ただ、経済産業相の意見書の添付が求められるなど要件が厳格で、これまで差し止めが認められたのは、米国の保険会社「アフラック」のマスコット人形とホンダの大型バイクの2件にとどまっている。

 エルメスジャポンは「知的財産を守るため、これまでは社員が税関に赴くなどして水際で阻止してきた。差し止めが認められたのは、お客さんのためにもありがたい」としている。







「エルメス」は、自社のオリジナルのデザインだからと、主張したいんでしょうけどね。

自慢ではないですが、私、「エルメス」というブランド名は知っていますが、こんなバッグ、初めて見ました。

もし私が、バンコクでこの形をしたバッグを、いいデザインだなと思って日本に買って帰ったら、「エルメス」のブランド名が入っていなくても、税関で没収されるわけですね。

ということは、私はバッグを買ったお金を損すると。

おかしくないですか。




「エルメス」のブランドを守る為に、私が損をする。

損をしない為には、「エルメス」のバッグのデザインを全て覚えておけと、東京税関は言うのでしょうか。



たくさん持ち帰ったら、逮捕されたりするのでしょうか。

「エルメス」のバッグのデザインを知らなかったばっかりに。





☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

  
Posted by thai47 at 20:26Comments(2)TrackBack(0)

2008年05月08日

吉兆に思う

お客さんが残したものを別のお客さんに出す。

すごいね。

冗談で思うことはあるけど、本当にやっていたとは。

でも。

こういう高級料亭とかって、残り物が多いんでしょうね。

ぜんぜんお箸をつけていない料理。

確かにもったいないですよね。

偉い人との会食。

料理が出てきても、偉い人が来るまで食べられない。

熱いうちがおいしいのにさめてしまう。

そして結局全部は食べずに残ってしまう。

料理を作っている板前さんも悲しいでしょうね。

せっかく作った料理、手もつけてもらえずにそのまま捨てるなんて。

だからといって、他のお客さんに出すなんてとんでもないですけどね、



こういう残り物、残飯の一番少ない店はどこか考えてみる。

「吉野家」

おそらくほとんど残飯は出ていないのではないかと。

牛丼を食べにきて、牛丼を残す人はあまりいないでしょうからね。

ちなみにバンコクにはこんなすごい店が。



吉野家にライバル登場! その名は牛野家!

日本の代表的な料理といえば、寿司に蕎麦に刺身! でも、何か忘れていませんか? そう、それは牛丼! そして牛丼といえば「安い、うまい、早い」で有名な吉野家を忘れてはいけない。しかし、その吉野家に強力なライバルが出現したという。しかも、店員の制服や店のデザイン、そしてメニューまでもが、ほぼ吉野家と同じだというから驚きだ。しかし、いちばんの驚きは店名である。その名も『牛野家』!


ただ単に「吉」を「牛」にしただけである。メニューは牛丼と豚丼がメインで、なぜか鮪丼も販売されている。しかし、いちばん重要な部分は味である。外見だけマネをしても、中身が伴っていなければ長くは続かないだろう。だが、試食してみた結果、吉野家の味とは違うものの素晴らしく美味しいではないか!


この牛野家だが、残念ながら日本では出店しておらず、微笑みの国・バンコクでのみ食べることができるファーストフード店だ。バンコクのエッチな繁華街パッポンストリート付近にあるので、エロがてら(?)寄るという日本人観光客もいるという。


残念ながら味は吉野家ではないが、ここまでマネをしなくてもオリジナルでやっていける美味しい味なのだから、独自路線で勝負してみるのもアリでは? 怪しいアジアに精通しているクーロン黒沢氏の各著書ではないが、まだまだカオスな部分がアジアには潜んでいるようだ。









一度行って見たいと思っているのですが、タニヤなんて私のような貧乏人が足を運べないからね。

「ぎゅうのや」ではなく、「うしのや」にすればもっとよかったのに。




☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

  
Posted by thai47 at 22:13Comments(12)TrackBack(0)

2008年05月06日

もうだめですね、日本。


今日本に、中国の胡錦濤国家主席の馬鹿が来ているわけですけど。

パンダの貸し出しに応じる意向、胡主席が表明

5月6日21時15分配信 読売新聞

 中国の胡錦濤国家主席は6日夜、都内のレストラン「日比谷松本楼」で、福田首相が主催した非公式の夕食会に出席した際、東京・上野動物園へのジャイアントパンダの貸し出しに応じる意向を表明した。研究目的で、雄雌つがいを貸し出す。

 1992年に来日したジャイアントパンダ、「リンリン」は4月30日に死んだため、同園のシンボルがいなくなっていた。日本政府は雄雌計2頭のジャイアントパンダを「日中友好のシンボルに借り受けたい」と中国側に要請していた。

 胡主席は来日直前の4日、北京で行った日本人記者団との会見で、「我々は日本の人々の願いを理解している」と述べ、パンダの貸し出しを前向きに検討していることを明らかにしていた。

最終更新:5月6日21時15分
読売新聞



こんな話をしている場合か。

福田首相、さっさとやめてください。

YOUTUBEで、「長野聖火リレー」と検索して、聖火リレーの実態を見てみてください。

そのあとでこのニュースを見ると、・・・・・・

日本に絶望。

世界に向かって恥ずかしい。

今の中国、人権問題とかで注目されていているのに。
世界が日本と中国の首脳会談に注目しているのに。

パンダですか。

あーあ。

どうしようもないね。





☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

  
Posted by thai47 at 20:11Comments(14)TrackBack(0)

2008年05月05日

皆さんは知っていましたか。

最近話題になっている、後期高齢者医療制度とか、裁判員制度。


廃止だとか見直しだとかいろいろ言われていますけど。


後期高齢者医療制度は、平成18年6月21日に公布された「健康保険法等の一部を改正する法律」に基づいていて、裁判員制度は、平成16年5月21日に成立した「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」に基づいているわけですね。


当然国会で審議されたと思うのですが、平成16年、18年ごろに審議されていた期間にはこれらの制度の内容は問題にならなかったのでしょうか。
野党は反対しなかったのでしょうか。

少なくとも私は、このような制度が審議されていることすら知らなかったのですが。



なんだか知らないうちにとんでもない制度が決められているような。

意識的に国民に知らせないのか、マスコミがサボっているのか、あるいは、私が知らなかっただけなのか。




☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

  
Posted by thai47 at 18:42Comments(4)TrackBack(0)

2008年05月03日

各新聞で香港の聖火リレーについて書かれた記事を読み比べてみる。

やっぱり気になる聖火リレー。

長野が終わってしまうと、日本の一部の新聞は興味を失ったようで。



たとえば、読売新聞。

香港での聖火リレー、目立った混乱なく無事終了

【香港=吉田健一】北京五輪の聖火リレーが2日、中国領内最初のリレー地・香港で行われ、警官3000人を動員した厳戒態勢の下、目立った混乱はなく、無事終了した。

 聖火リレーは香港に続き、3日に中国の特別行政区マカオで行われ、4日の海南省を皮切りに中国本土で実施される。

 リレーに合わせて、民主派は中国の人権状況改善などを求めるデモを実施したが、参加者は20人余りにとどまるなど、中国の支援で好調な経済を背景とした市民の民主派離れを浮き彫りにした。

 また、香港メディアによると、チベット旗を持ってチベット暴動の武力鎮圧に抗議しようとした女子大学生ら約10人が警察当局に一時連行された。
(2008年5月2日22時24分 読売新聞)






とりあえず記事を書いただけという文章ですね。

香港メディアが伝える女子大学生が警察に連行されたことは、目立たなかったのでしょうか。



日経では。

香港聖火リレー、厳戒で大きな混乱なし

【香港=吉田渉】北京五輪の聖火リレーが2日、中国の特別行政区の香港で行われた。中国に人権改善を求める民主派らが小規模なデモを実施したが、約 3000人の警察官が厳戒態勢を敷き、大きな混乱はなかった。香港市民や中国人留学生らが赤い服を着て沿道に集まり、「中国加油(中国がんばれ)」と連呼。チベット独立を支持する学生らと小競り合いになる一幕もあった。

 同日のリレーは午前にスタートし、夕刻まで香港域内を巡った。運動選手や芸能人、不動産会社経営者ら119人が走者となった。香港の大手企業が社員を沿道に大量動員したほか、中国本土からも多くの市民が訪れ、中国国旗を振りながら応援する姿が目立った。

 沿道でチベットの旗を広げた女子学生の周りには市民がどっと群がり、「おまえは中国人ではないのか」「香港から出て行け」など口々にののしる場面もあった。厳重な警備に加え、大量動員された市民も抗議活動を抑え、混乱はほとんどなかった。(02日 22:01)






もしかして、この「沿道でチベットの旗を広げた女子学生」というのが、警察に連行された女子大学生なのかな。



そして朝日新聞では。

赤い「愛国」、デモ封じ込め 香港聖火リレー

【香港=奥寺淳、野嶋剛】中国全土をめぐる北京五輪の聖火リレーが2日、香港で幕を開けた。大陸と異なり自由が保障され、過去に数々のデモの歴史を刻んできた香港だが、政府は人権活動家の入国を拒み、リレー直前にチベット支援者を拘束。中国の国旗と香港の旗で赤く染まった。


 午前10時、九竜・尖沙咀(チムシャツイ)でトーチに火がともった。中国人留学生らが街頭を埋め尽くし国歌を斉唱。チベット独立の旗を見つけると多数の国旗で覆いかぶせた。

 「なぜ。私たちは異なる意見を言っているだけ」。香港大哲学科の陳巧文さん(21)が再びチベットの旗を示そうとすると、警察が陳さんの両手足を抱え連行した。警察は「本人の身の安全と公衆の秩序を守るため」と説明。計10人を一時拘束したという。

 天安門事件の追悼集会を毎年開く団体も「中国政府はチベットと対話を」とデモをした。しかし、約8時間、119人でつないだリレーに混乱はなく、北京五輪組織委員会の楊樹安副主席は「香港市民の熱情のおかげで成功した」とたたえた。

 街頭を赤く染めたのは、中国人留学生や大陸から応援ツアーで来た人々に加え、インターネットを通じて集まった香港人もいた。「愛国愛港(中国を愛し香港を愛する)」と声を上げ、中国批判をする人に詰め寄った。

 聖火は空路でマカオに運ばれ、3日午後に聖火リレーが開かれる。






沿道でチベットの旗を広げ、警察に連行された女子大学生というのは「香港大哲学科の陳巧文さん(21)」だったようです。

「政府は人権活動家の入国を拒み、リレー直前にチベット支援者を拘束。」したことにより、聖火リレーを「デモを封じ込め」て、終わらせたわけですね。



そして注目すべきは毎日新聞。

北京五輪:聖火リレー 香港「1国2制度」アピール デモ容認、混乱なく

【香港・庄司哲也】北京五輪の聖火リレーが2日、中国領内として初めて香港で行われ、大きな混乱もなく終了した。リレーは、中国が香港への「高度な自治」を保障した「1国2制度」が試された場でもあった。厳重な警備で混乱を未然に防ぐ一方、チベット独立や民主化を求めるデモも一定程度容認し「1国2制度」の「成功」をアピールした。聖火が香港を無事、通過したことで中国政府は自信を深めたとみられる。

 聖火リレーの開始に当たり、香港特別行政区政府の曽蔭権行政長官は「香港は国際都市だ。(聖火リレーでは)中国と世界各地をつなぐ、橋渡し役を担った」と強調した。

 1国2制度の下、言論や政治活動の自由を含む高度な自治が保障された香港は、中国との関係を守りながら、その自由を維持しようと腐心している。警備の警察官を大量動員し、過激な行動には断固とした措置を取る姿勢は堅持しながら、チベット旗の掲揚を意識し「どんな地方の旗を掲げても違法ではない」と度量を示した。

 実際、香港が歓迎一色だったわけではない。報道によると、周囲の観客と衝突しそうになったチベット独立を唱える香港大の女子学生ら8人を警察が一時保護、直後に解放した。また、中国の人権弾圧を非難する民主派団体は、「人権聖火リレー」と名付けたデモを行った。

 スーダンのダルフール紛争問題で中国を非難し、北京五輪に反対する米女優ミア・ファローさんは香港内で講演を行い、民主派団体「香港市民支援愛国民主運動連合会」は聖火と同時に「人権聖火リレー」と名付けたデモも実施した。

 だが、そうした抗議の活動も大きな混乱にはつながらなかった。一定の言論、政治活動の自由がありながらも中国本土との一体化が進む香港を印象付けた。中国政府にとっては理想的な聖火リレーとなったと言えよう。
 ◇警官も記念撮影−−沿道、和気あいあい

 【香港・庄司哲也】香港での聖火リレーは「加油(がんばれ)」の声援を送る「大応援団」が沿道を埋め尽くし、リラックスムードの中で行われた。

 最初は緊張の表情を見せていた警備の警察官も、市民と記念撮影を始めるなど、和気あいあいの雰囲気が漂った。

 記者が宿泊したスタート地点の九竜地区のホテル前には、中国国旗をイメージした赤いTシャツを着た人波が押し寄せた。普段は徒歩で数秒で着く場所まで10分以上もかかる。

 人々は聖火リレー開始前から「加油!」の叫び声を上げ、女性聖火ランナーが通過すると、興奮は最高潮に達し「ウオーッ」という地鳴りのような声が周辺にこだました。

 沿道には外国人観光客も撮影のために多く訪れていたが、市民の熱気にあっけにとられていたようだ。

 目で見える範囲には聖火リレーに反対する人は一人もいない。北京五輪で馬術競技が分散開催される香港は、五輪成功を願う雰囲気が盛り上がっていた。

毎日新聞 2008年5月3日 東京朝刊






もしかしてこの記事を書いた毎日新聞の記者は、中国人なのかも。
「政府は人権活動家の入国を拒み、リレー直前にチベット支援者を拘束。」したことを知らないのか、知らないふりをしているのか。
「目で見える範囲には聖火リレーに反対する人は一人もいない。」って・・・・・



そして産経新聞。

聖火リレー、沿道埋めた香港市民 中国への帰属意識、未曾有の高まり

 【香港=矢板明夫】中国国内初となる北京五輪の聖火リレーは2日、沿道を埋め尽くす大勢の香港市民の大歓声の中でスタートした。五星紅旗を振り中国をたたえる歌を合唱し続ける若者の姿が目立つ。英国から返還されてから約11年。政治、経済、文化すべての分野で中国の影響力が浸透し、五輪という大イベントを機に香港人の中国への帰属意識が未曾有の高まりをみせている。
 スタート地点の九竜半島尖沙咀近くの歩道。「海外華人のみなさん、お疲れさま」と書かれた大きな横断幕を、友人と一緒に掲げる大学生風の女性がいた。
 「留学生たちは海外で一生懸命聖火を守ってくれたから、彼らにご苦労さまと言いたい。聖火が中国に帰ってきたので、これからは私たちがしっかりと守ります」と言う。広東語なまりだが中国語だった。
 隣には「聖火を守り、祖国を愛す」と書かれた板を掲げる若い男性がいた。スタートの3時間以上前の午前7時から来たと言い「妨害活動があれば身をていして壁になるつもりだ」と意気込む。
 香港メディアが昨年に行った調査によると、香港の若者の約7割が中国人であることを誇りに思っている。返還前の90年代前半、中国人になることに不安を感じた大勢な香港人が株や不動産を売って欧米に移民したという騒動が、遠い昔のことのようだ。わずか11年で、香港人の意識は大きく変化した。背景には、国際社会における中国の台頭や、香港経済の中国依存の高まり、中央政府による愛国主義教育の浸透を指摘する声が多い。
 97年の返還後、香港の学校で中国の歴史、文化、国情などを教える時間が大幅に増え、英語の代わりに中国語が公立の小中学校で必修科目と指定された。当局の資金で夏休みなどに中高生を革命ゆかりの地などを訪ねさせ、中国への帰属意識を強化する教育も行っている。
 聖火リレーで「中国加油」(中国、がんばれ)と大きな声で応援しているのは、ほとんどがこうした教育を受けた世代。聖火に反対するものはすべて中国の敵だと思いこむような姿勢が、すり込まれている。
 民主派の立法会議員の李柱銘氏は「若者たちは天安門事件を経験しておらず、本当の共産党を知らない。香港にとって本当に大事なのは盲目的愛国主義ではなく、『民主と自由』との価値観であることを早く気づいてもらいたい」と話している。





いつもの産経新聞ですね。
立派に中共を批判しております。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


所詮中国はこんな国なのよ。
真実は民衆に知らせるなということ。
マインドコントロールにかけられている、かわいそうな中国の人々よ。

北京趣聞博客 (ぺきんこねたぶろぐ)きょうのネット検閲用語:カルフール

■メーデーにおきたカルフールデモの状況をしらべようと、「百度」検索サーチで「家楽福(カルフール)」といれますと、こんな表示が。

■搜索结果可能涉及不符合相关法律法规和政策的内容,未予显示。(検索結果は、関連の法律法規と政策内容に合致していない可能性があり、表示できません)。

■グーグルも同じ結果でした。youtubeも、中国語で検索するとシャットダウン。大手サイトは外資系でも、中国のいいなりですな。

■しかし、カルフールがだめなんですか〜?カルフールに買い物に行こうとおもって、電話番号や住所を調べたい人はどうすればいいんですか?カルフールのどこが政策内容に合致していないんですか?カルフールのどこが違法なんですか?

■こんな用語検閲するようでは、ネット統制もいよいよ末期という感じです。ちなみに、北京でもちょこっと抗議デモがあったもよう。youtubeなどで、動画がアップされていたら、教えてください。



  
Posted by thai47 at 21:55Comments(4)TrackBack(0)

2008年05月02日

訳のわからないことばかり


最近ニュースを見ていると、訳のわからないことが増えているように思います。

私がタイに長く住んでいるからでしょうか。

期限切れとなった暫定税率。
なんと復活。

不思議なのが、全国の知事だとかいろいろな人たちが、復活を訴えたこと。
税金を上げることを訴えるというのは、いったいどういうことなんでしょうね。

政治家というのは人気商売ですから、多くの国民が税金を上げることを望んでいると判断したのでしょうけど。

暫定税率を復活しないと道路が作れない。

ほかの予算を削ればいいと思うのですけどね。

無駄金はたくさん使っていると思いますけど。

ボーナスを当てにして、何かを買おうと計画していた。
でも、ボーナスが思ったよりも少なかった。

そういう場合、皆さんはどうしますか。

普通の人なら、計画していたものを買うのを止めるか、安いものに変更するか。

ですよね。

予定していた収入が無いのに、使う方だけは予定通り。

やっぱり感覚が異常だとしか思えません。

「予算」という考え方に問題があるのでしょうね。

3カ年計画とか、5カ年計画を自慢していたソビエトなんて、崩壊しましたしね。

ところで、衆参ねじれ国会と呼ばれていますが、「ねじれている」という考え方は、衆参両議会で、与党が共に過半数を取るというのが正常だとする感覚に基づいているわけで、そんな規定はどこにも無いと思うのですが。

参議院で過半数が取れなくなったとたんに、法案が成立しなくなってしまった。

これまで、衆参両議院で与党が過半数を取っていた時、話し合い、議論ではなく、数の力で法案を成立させていたことがよくわかります。

もしかして、衆参両議院で与党が過半数を取った状態の場合、参議院はいらないのではないかと。

だって、そのまま法案は通過するのですから。

今度参議院の選挙があったとき、参議院の過半数を与党が占めたら、次の参院選挙まで、参議院を廃止するというのはどうでしょ。

当選したのにいきなりクビ。

議員に支払う経費、かなり浮きますよ。


それにしても福田首相。

能力がどうのこうの以前に、こういう運の悪い人はだめですね。

やっぱり人間、運の良い人悪い人はいるわけで、一国の首相は運の良い人を選びたいものです。

運の良い首相といえば、たとえば小泉首相。

イラクに自衛隊を派遣した時でも、もし死傷者が出ていたら、全然違った展開になったでしょうしね。

前任者はあの森首相ですから、比較されても楽勝ですしね。

それに比べて、福田首相。

中国とうまくやっていこうと、胡錦濤・中国国家主席を日本に招待したら、タイミング悪くこのオリンピックがらみのチベット問題。

いまさら断りにくいでしょうしね。


話は変わって、タスポ。

【政論探求】「タスポ」に見るおぞましさ

 天下の財務省としては、なんともつまらないことをやるものだ、と思っていたら、案の定、おかしな雲行きとなってきた。

 たばこの自動販売機に7月から全国で導入される成人識別認証カード「タスポ」である。申し込みが喫煙人口の8%程度にとどまっており、自動車運転免許証でも可能なように変更するらしい。

 「タスポ」がないと自販機でたばこを買えなくなる仕組みで、対面販売のコンビニ業界では売り上げ増が見込めるためホクホク顔だという。

 たばこ規制枠組み条約の発効にともない、未成年の購入を遮断しようというのが「タスポ」の狙いだ。写真つきで申し込むわずらわしさが浸透を妨げたらしい。だいたいが、たばこを買うのになぜ顔写真が必要なのか。

 自販機の改造にカネがかかるため零細な小売店は難色を示していたのだが、業界団体は財務省のたばこ塩事業室長に陳情、財務省がこれを受けて行政指導を行い、導入が決まった。

 業界が「お上」の威光にすがり、たばこという個人の嗜好分野に官が乗り出す異様さ。これは「官から民へ」の改革に真っ向から反する。

 それも、この「タスポ」はかざすだけで使えるICカードで、自販機にはアンテナが付けられ、NTTによって瞬時に情報が集約されるという高度なシステムである。関連企業8社ほどがかかわり、総事業費は1000億円近い。

 たかがたばこを買うことに、これほどの設備投資をして不思議に思わない感覚を疑う。それも、試験的に先行導入した鹿児島の実態を見ると、先輩や親からカードを借りて購入する未成年が増え、効果のほどは定かでないという。

 最初は無料だが再発行も1000円で済むから、なくしたことにして新たにカードをせしめ、ネット販売で小銭を稼ごうというヤカラも出かねない。

 「タスポ」が全面普及したら、だれが、いつ、どこで、どういう銘柄のたばこを買ったか、完璧に把握されることになる。そこまで個人情報を集約されてはたまらないが、そのデータはどう使われるのか。

 極限の管理社会の恐怖を描いたジョージ・オーウェルの「1984年」を思いださずにはいられない。




なんなんでしょうか、これはいったい。

タバコを買ったことまで個人情報を収集される。
街を車で走れば、Nシステムに捕捉され、高速道路では、ETCで補足され。
恐ろしい世の中になったものです。

この「タスポ」、導入の理由は、未成年者の喫煙防止ということになっていますが、未成年者の喫煙って、今の日本でそれほど大きな社会問題になっているのですか。

私にはそうは思えないのですが。


いずれにしろ今の日本。

どんどん住みにくくなっているように思います。

やっぱり日本に帰ろう。

と思う国になって欲しいのですが。




最後に。



中国がネット監視要求 北京五輪控え米系ホテルに

 対中強硬派として知られるブラウンバック米上院議員(共和党)は1日の記者会見で、北京五輪を控えた中国政府が国内の米国系ホテルに対し、インターネットの接続先などを監視、規制できる機器の設置を要求していると批判した。

 同議員によると、少なくとも2つの米系ホテルに中国政府が機器設置を要求したことが確認されたという。五輪関係者や観光客のネット接続を監視したり、閲覧できる情報を制限する狙いがあるとしている。

 議員は「国際条約に反する不法行為。五輪精神にも逆行する」と中国政府を非難、撤回を求めるとともに、ブッシュ大統領には五輪開会式に出席しないよう促した。(共同)






あれっ、まだ監視していなかったの?、と思ったのは私だけ?


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ






  
Posted by thai47 at 21:43Comments(4)TrackBack(0)