2017年02月28日

メールマガジン タイという国  第73号 2006年 2月 28日 発行 交通事故

  ●タイという国。

 交通事故

(2006年2月のお話です)

 少し前の話。
 バンコクで、車をぶつけた。
 少し細い道から、右折しようと車が途切れるのを待っていた。
 前の道は、片道一車線。両側で二車線。
 
 右側から来た車が止まってくれたので、少し前に出たら、その車の向こう側からオートバイが。
 そのオートバイ、すでに倒れていて、バイクと乗っていた人が地面を滑ってきた。
 片道一車線の道なので、オートバイが滑ってきたのはもちろん反対車線。
 そのオートバイにぶつからないよう、あわててバックすると、すぐ後ろにいたタクシーにゴツン。
 
 あのオートバイ、車が止まったことに気がつくのが遅くて、ハンドルでよけながら急ブレーキをかけて転倒したようである。
 少し小雨が降っていたので、前がよく見えなかったのかもしれない。
 
 アーアと思いながら、車を降りてぶつかった場所を見てみると、たいしたことはないが、バンパーは割れて、ボディもしっかりとへこんでいる。
 タクシーの方は、もっと大きく。
 
 このような事故の場合、タイではまず保険会社に電話する。
 タイ語で状況を伝えるのは大変なので、相手のタクシーの運ちゃんに私の携帯電話を渡し、私の加入している保険会社の電話番号を教える。
 
 タクシーの運ちゃん、電話してくれる。
 その後も、私の携帯電話でいろいろ電話していたが。
 
 30分以上待って、保険会社の人が来る。
 私の車のボンネットを開け、車体番号を確認する。
 車体番号の刻印の上に、紙テープを貼り付け、その上を鉛筆でなぞる。
 その紙テープが事故を起こした車が間違いなく保険に入っている車であったことの証拠になる。
 
 その後、書類を作る。
 事故の状況なんてたいして聞かれることもなく。
 今回の場合は、私が全面的に非を認めて、タクシーの修理代金も支払うと話す。
 どうせ保険金なんだから。
 
 相手のタクシーの運転手に保険会社が作った書類を渡す。
 この書類を持って、修理工場で修理すれば修理代全額の保険金がおりる。
 私も書類を受け取る。
 私の場合も、修理をするときこの書類を出せば、無料で修理が出来る。
 
 結局、すべての手続きが終わるまで、2時間くらいかかってしまった。
 
 「時間がもったいない。仕事にならない。」
 と、タクシーの運ちゃんがぼやく。
 もっともなことで。
 この2時間と、車の修理をしている時間は仕事が出来ないわけで。
 
 悪いねー。と言って、500バーツ渡す。
 
 今回の事故の原因を作ったバイク、私たちがいろいろ話をしているとき、倒れたバイクのそばでこちらを見ていたが、私は一切無視をしてした。
 
 見ると、バイクに乗っていた人は、いつものタイ人の服装。
 ビーチサンダルにジーンズにTシャツ。
 雨の中、ビーチサンダルだと、バイクで急ブレーキをかけるのは無理。
 その服装でアスファルトの上を滑走した。
 かなりの擦り傷があったに違いない。
 
 いつの間にかいなくなってしまったが。



2017年2月に思う。

タイって本当に交通事故が多いですな。

タイの日系企業の中には車を運転すると危ないからと、駐在員の車の運転を禁止しているところもあるそうですが。

運転の下手なタイ人に運転を任せる方がずっと危ないと思うのですよ。

普段仕事ではタイ人は仕事ができないと文句を言っておきながら、車の運転はタイ人はできるのに、日本人は危なくてできないという。

不思議なことです。

ちなみに私は自分で運転しています。

絶対に多くのタイ人よりも私の方が運転がうまいと思います。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


このブログエントリーは、その昔「タイという国」というメールマガジンとして発行していた内容を再掲したものです。
  

Posted by thai47 at 12:30Comments(8)TrackBack(0)

2017年02月22日

プロトン ペルソナ、4日間かけての修理。


先日わがプロトン ペルソナを点検に出した時の話。

タイで思う 2017年02月02日 プロトン ペルソナの18万キロ点検をしたら、ブレーキの部品を交換しなければならないと言われて・・

で、そのまま乗っていたのですが、エンジンが不調になったのですよ。

アイドリングが安定せずに、Dレンジでブレーキを踏んで止まっている状態で、時々失火しているような感じで、エンジンが息継ぎをして、最悪エンストとするという。

Uターンしようとタイミングを見計らって、いざアクセルを踏んだ瞬間にエンスト。

こりゃやばいわ。

オートマですから、クラッチを離してエンジンをふかしてごまかすなんてできませんし。

というわけで、ウィパワディにあるタイの中で一番大きなプロトンのディーラーに行ってきましたよ。

部品がないからまた来てね、なんて言われたくないので。

ここに無い部品はタイに無いという事です。

14日火曜日に持ち込んで、修理完了したのが17日金曜日でした。

エンジンの不調に関しては、イグニッションコイルを交換。

Ignition coil


そして、前回交換しなかった、ブレーキの部品も交換。

Master cylinder


Master cylinder body


エンジンマウントブラケットからオイルが漏れているのが発覚したので、それも交換。

Brkt oil leak


Brkt assy


Engine brkt


で、修理は完了。

Engine room


リアの右側のドアの窓が開かないのは、モーター交換で3千数百バーツかかるという事なので今回は見送り。

エアコンの効きがいまいちなのもとりあえず放置。

それでも、前回の点検修理と合わせて3万数千バーツ。

車というのはお金がかかりますな。


エンジンマウントブラケットの交換は効果がありましたね。

アイドリング時の振動がものすごく小さくなりました。

18万キロも走れば、いろいろ問題が出てくるのも仕方ないのかもしれませんね。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:19Comments(6)TrackBack(0)

2017年02月21日

PatumthaniのImmigrationで、90日申請。


タイに住んでいる外国人に義務付けられている、90日毎のイミグレーションへの申請。

私が住んでいるパトゥムタニのイミグレーションはのんびりとしたタイの田舎の風情がたっぷり。

Patumtani Immigration


必要事項を書き込んだ一枚の申請書を、パスポートと共に出せば、職員の方がパソコンに入力して、プリントアウトした紙をパスポートにホッチキスで止めて終了。

この手続きって、何か意味があるのでしょうかねぇ。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 15:59Comments(6)TrackBack(0)

2017年02月20日

メールマガジン タイという国  第72号 2006年 2月 20日 発行 オカマと献血

  ●タイという国。

 オカマと献血

(2006年2月のお話です)

 私の住んでいる家の近くに、フューチャーパークという大きなショッピン
 グセンターがある。
 タイで一番とか二番といわれる大きなショッピングセンター。
 
 その吹き抜けになっている場所で、時々ステージを作ってコンサートとか
 が開かれる。
 もちろん無料で見ることが出来る。
 
 先日、買い物にそのフューチャーパークに行ったときのこと。
 ものすごい大音量で音楽が流れている。
 なにをやっているのかと見てみると。
 
 数人のオカマの人たちが、大きな羽のついたきれいな衣装を着てステージ
 の上で踊っている。タイで有名なオカマショー。
 
 マンボとか、カリプソとか、観光ツアーに組み入れられているほど有名で
 ある。
 オカマショー、けっしてヘンなものではなく、家族連れで楽しめる楽しい
 ショー。
 いうなれば宝塚の男版?
 言われなければオカマと気がつかないかもしれない。
 確かに少し背の高い人が多いような気もするが。
 
 そのオカマショーをやっていたわけで。
 
 ステージの前には椅子を並べて、また各階の吹き抜けの周りから見下ろす
 ように多くの人が見ているわけであるが。
 
 ふと、その観客席の後ろのほうを見て見ると、ストレッチャーというか、
 アメリカ映画などで時々見かける、救急車に病人を乗せるときに使うよう
 な小さな寝台が10個くらいロの字の形に並べられている。
 その中央には、テーブルがあり、看護婦のような人たちが数人。
 
 はて、なにをやっているんだろうと良く見てみると、献血。
 
 そのストレッチャーに寝ている人たちは、献血の最中。
 
 なんと、このオカマショー、その献血の人集めのためのキャンペーンだっ
 たわけで。
 
 献血のためにオカマショー。
 
 私はもうタイに十年以上滞在しているが、この先仮に十年以上滞在したと
 しても、献血のキャンペーンにオカマショーという発想は出てこないと思
 う。


 


2017年2月に思う。

世の中変わりましたな。

タイはおかまの人達が多いなぁと思っていたのですが、いつの間にか日本でもおかまというかニューハーフというか、そのような人たちがテレビにたくさん出るようになったりして。

私が若いころには、男の人が金髪にするというだけでも驚きだったのですが、今では、コンビニに行って、レジのアルバイトの髪型がモヒカン刈りだったとしても驚かない気がします。

大昔。マンダムがマンダムと社名を変えて、男性化粧品を発売するというのが大ニュースだったなんて今では想像もできませんな。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


このブログエントリーは、その昔「タイという国」というメールマガジンとして発行していた内容を再掲したものです。
  
Posted by thai47 at 12:30Comments(4)TrackBack(0)

2017年02月19日

日本で買って来たかゆみ止め「ムヒ」

今まで使っていた「かゆみとバイバイ」が無くなったので、確か日本で買ってきたかゆみ止めがまだあったよなあと探してみると、ありましたよ。
ムヒ


「ムヒ」です。

ふとパッケージの底を見ると、使用期限が。

ムヒ 使用期限


はあ?

いつ買ってきたものなんでしょうか。

日本に行った時は必ずかゆみ止めをいくつか買ってくるのですが、使う順番を間違えたようです。

まあ飲み薬ではありませんので、使ってみることにしました。

捨てるのはもったいないですし、タイで買えないですからねぇ。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 13:28Comments(8)TrackBack(0)

2017年02月14日

メールマガジン タイという国  第71号 2006年 2月 14日 発行 タイのラーメン

  ●タイという国。

 タイのラーメン

(2006年2月のお話です)

 タイ人は麺好き。
 タイには、麺類を売っている屋台がたくさんある。
 
 タイの麺。
 
 バーミー。
 黄色い麺で、日本の中華そばと同じような麺。
 センミー。
 細いビーフンのような麺。
 センレック。
 センミーよりは少し太い麺。
 センヤイ。
 日本のきしめんのような平たい麺。
 
 その他いろいろ。
 これらの麺を、いろいろな方法で調理するわけである。
 その調理法も各種あるが、有名なのが、ナムとヘン。
 ナムというのが普通のラーメンのようにスープが入った状態。
 ヘンというのは、スープのない状態。といっても焼きそばのように炒めた
 わけではなく、あえたような状態。
 それぞれの麺の名前の後に、ナム、ヘンをつけて、バーミーナム、センミ
 ーナムという風によばれている。
 
 ナムのスープにも何種類もあって。
 普通の透明なスープ。
 黒いスープ。
 赤いスープ。
 
 黒いスープは、豚の血を使って作られているらしい。
 
 それぞれの麺に、入れるもの。
 たとえば、魚のすり身の団子、ワンタン、牛肉、豚肉など。
 変わったところでは、赤黒い豆腐のような塊。
 豚の血を固めたものである。
 
 好みで好きなものを入れることが出来る。
 ということで、麺の種類、調理法、入れる具の種類の組み合わせは膨大な
 数となる。
 
 是非とも、タイの麺を味わっていただきたい。
 タイの麺類の特徴として、たいていの場合、量が少ない。
 二杯、三杯くらい食べないとお腹いっぱいにならないほど。
 一回の食事で、何種類もの麺が食べられるということでもある。
 
 マーマーというものがある。
 タイのインスタントラーメンのブランド。
 マーマーブランドのものでなくても、タイ人はインスタントラーメンをマ
 ーマーとよぶことが多い。
 
 面白いのはこのマーマー。
 店に売っている。
 いや、スーパーとかで売っているという意味ではなく、麺類を売っている
 屋台などで。
 
 バーミー、センミーというような麺の替わりに、マーマーを注文すること
 が出来る。
 
 わざわざ店でインスタントラーメンを食べることもないのに。
 と思ったのであるが、一度食べてみると以外においしかったりする。
 特に、マーマーを炒めた、「マーマーパット」
 一度食べてみることをお勧めする。
 日本の焼きそばに限りなく近い味。 


2017年2月に思う。

私は麺好きなので、週に一回はタイのラーメンを食べています。

美味しいですよね。

ここ最近はバンコク周辺のショッピングモールに日本のラーメン店が出店しているのですが。

年のせいか、どうもあの脂っこそうなラーメンは食べる気がしなくて。

見た目も、チャーシューとかがドーンと乗っていて海苔がどんぶりの縁から半分はみ出したように張り付いていて、なんとも下品な感じがするのです。

例えばバンコクでなら、ラーメン亭で食べられるような昔ながらの町中の中華料理屋のラーメンが私は好きです。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


このブログエントリーは、その昔「タイという国」というメールマガジンとして発行していた内容を再掲したものです。
  
Posted by thai47 at 17:30Comments(4)TrackBack(0)

2017年02月13日

ニコンが去年の6月発売予定だったコンパクトデジタルカメラを、発売中止。かなりやばい状態にあるようです。


プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」発売中止のお知らせ

Nikon  ニュース  発売中止のお知らせ


ニコン、1型コンパクト「DL」シリーズの発売中止を決定

ニコン発売中止を決定 デジカメ Watch


去年の6月に発売予定だったのに、発売中止。

カメラを作るための金型、生産設備等は既に手配していたと思いますので、かなりの損害ですね。

ニコン、かなり経営が苦しくなっているようで。

ニコン、1000人削減発表 今期最終赤字60億円

ニコン1000人削減発表期最終赤字60億円


ニコン、最終赤字90億円に拡大 17年3月期

ニコン最終赤字90億円に拡大


ニコン1も全然鳴かず飛ばずで、他社のミラーレスに市場を奪われている状態。

ニコンファンの私としては、何とか頑張ってもらいたいのですが。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 17:51Comments(6)TrackBack(0)

2017年02月11日

武力衝突と戦闘行為の違い 法律用語と一般用語の使い分け


わかりやすくまとめられたページがあったのでご紹介。

武力衝突と戦闘行為の違い 法律用語と一般用語の使い分け

武力衝突と戦闘行為の違い


稲田防衛大臣が、「あれは武力衝突で、法律用語としての「戦闘」には当たりません」と答弁しているのは、法律に基づいているわけで。

間違っているわけではないのですよね。

法律で「戦闘行為」が定義されていることは説明せずに、稲田防衛大臣を責め立てる日本のマスコミ。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 13:13Comments(2)TrackBack(0)

2017年02月10日

大使館からのお知らせ

【在タイ日本国大使館からのお知らせ】

タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在タイ日本国大使館

外務省海外安全HPなりすましメールにご注意下さい
最近,外務省海外安全ホームページの「最新海外安全情報メールサービス」を装った不審なメールが配信されているとの情報が寄せられています。
不審なメールは,本文に外務省海外安全ホームページを装ったリンクが貼り付けられており,発信元がフリーメールアドレスとなっております。
外務省海外安全ホームページの「最新海外安全情報メールサービス」は平成28年12月31日をもって終了しております。
このような不審メールをはじめ発信元や内容に心当たりのないメールを受信された方々におかれましては,リンクを決してクリックすることなく,直ちにメールごと削除されるようお願いいたします。
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎在留届を提出されている方は,記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等),または帰国・転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録(「たびレジ」)を,ぜひ活用してください。登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。
・たびレジ:http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
◎緊急事態が発生した際,携帯電話のショートメッセージサービス(SMS) を利用し, 在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送信したり,返信を求める事により安否確認を行う場合があります。本システムでは,原則香港の国番号(+852)を使用し,メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。
・運用開始について:http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_kh.pdf
・よくあるご質問:http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_qa.pdf

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 10:51Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月06日

うちのネコ、マルコ

マルコ🐱1


マルコ🐱3


マルコ🐱2



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 15:04Comments(4)TrackBack(0)

2017年02月02日

プロトン ペルソナの18万キロ点検をしたら、ブレーキの部品を交換しなければならないと言われて・・


一万キロ毎にディーラーで点検をしている私のプロトン ペルソナ。

先日18万キロ点検をしたら、ブレーキの部品を交換する必要があるとのこと。

確かに、時々ブレーキを踏んだ時にストロークが変わることがあったような。

いつものように、部品の在庫はないので、改めて出直して交換したのがこの部品。

ブレーキ部品3


この穴の部分についていたわけですな。

ブレーキ部品2


修理が終わったら、「この部品も交換しなければならない」なんて話が。

ブレーキ部品1


ブレーキオイルの入っているカップの部分ですな。

ブレーキ部品4


で、この部品の在庫はないと。

あーあ、タイだよね。

以前ホンダのディーラーでも、部品交換しても直らなかったり、町の修理工場でも何度も違う部品を交換したり。

ディーラーの人が言うには、両方故障していたと。

同時に故障しますかね。

部品を注文してまたディーラーに修理に行くのも面倒なので、とりあえずこのまま乗っていることにしました。

それにしても、もう少しきちんと故障個所、故障している部品を特定するという事は出来ないものなんですかねぇ。

テキトーにやっているようにしか思えない。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 00:30Comments(4)TrackBack(0)

2017年02月01日

大使館からのお知らせ

在タイ日本国大使館からのお知らせ】

タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在タイ日本国大使館

閉館時間帯の緊急電話番号に関するお知らせ(平成29年2月4日〜2月6日分)
今週末、2月4日(土)午前0時00分から2月6日(月)午前8時30分までの閉館時間帯の緊急電話については、060−002−4080となります。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎在留届を提出されている方は,記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等),または帰国・転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録(「たびレジ」)を,ぜひ活用してください。登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。
・たびレジ:http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
◎緊急事態が発生した際,携帯電話のショートメッセージサービス(SMS) を利用し, 在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送信したり,返信を求める事により安否確認を行う場合があります。本システムでは,原則香港の国番号(+852)を使用し,メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。
・運用開始について:http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_kh.pdf
・よくあるご質問:http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_qa.pdf

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:46Comments(0)TrackBack(0)

メールマガジン「在タイ日本国大使館だより」 第154号2月号

【第154号の内容】
1.2月20日は「旅券(パスポート)の日」です!
2.旅券(パスポート)のこと,もっと詳しく知っておこう!
3.今後の領事出張サービス実施予定
4.2月の大使館・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ
5.海外安全情報(危険情報,広域情報等)

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

1.2月20日は「旅券(パスポート)の日」です!

 幕末から明治初期にかけて「旅券(パスポート)」に一定した呼び名はなく,印章,印鑑,旅切手,免状などの名称が使用されていました。「旅券」という正式な名称が決まるのは,1878年(明治11年)のことで,同年2月20日に「海外旅券規則」が制定され,「旅券」という言葉が初めて法令上使われました。
これを記念して生まれたのが「旅券の日」です。

旅券は海外に滞在する際,ご自身が日本人であることと,氏名・年齢などを日本政府が証明する国際的な身分証明書であり,また,海外で万が一ご自身の身に何かが起こった時に,その国の政府に対して,ご自身に必要な保護と援助を与えるよう要請する重要な公文書です。

 平成28年,大使館管轄内において,226件の紛失,106件の盗難が発生しています。旅券の盗難については,人混みでのスリ,ホテルやレストランでの置き引き,通りでのひったくり等による被害が引き続き多い傾向にあります。人混みの中や食事中等に旅券等貴重品を入れたバッグを置く際は必ず体に触れるように置く,歩く時はバッグを体の前に,また,歩道を歩くときは道路と反対側の手に持つよう心がけ,常に誰かがご自身のカバンや貴重品を狙っていると思って注意してください。
また,盗難に加え,外貨両替所等での置き忘れ,自宅や勤務先でのしまい忘れ,引っ越しの際等の不注意により,旅券を紛失するケースも散見されます。

紛失・盗難旅券は,闇ルートなどを通じて国際的な犯罪組織等の手に渡り,偽変造され不法な出入国に使われたりするケースもあります。知らないうちに知らない所であなたの旅券が不正に使用されないように,旅券の管理には十分ご注意ください。

 万が一,旅券を紛失・盗難された場合には,必ず最寄りの日本国大使館又は総領事館に速やかにご連絡ください。尚,紛失・盗難届を出した旅券が後日見つかった場合でも,使用することはできません。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/lost.htm


2.旅券(パスポート)のこと,もっと詳しく知っておこう!

(1)旅券の有効期限にご注意ください!
皆様がお持ちの旅券の有効期限を一度ご確認ください。もし残りの有効期間が6ヶ月を切っている場合は,旅券の切替をご検討ください。残存有効期間が6ヶ月以上ないと入国できない国や,査証を申請できない国も多数あります。出発間際に気が付いて旅券の切替手続をしても,新旅券は申請日を含め4開館日以後の交付となるため,予定通り出発できなくなる恐れがあります。
タイにお住まいの方の場合は,出国前に前の旅券から新旅券への滞在許可(いわゆるビザ)や再入国許可の転記(又は再取得)手続をタイ入国管理局で行う必要があり,場合によっては渡航日程の変更を余儀なくされることもありますので,十分にご注意ください。旅券は,残存期間が1年を切った時点で切替手続きが可能です。この機会に,ご家族全員の旅券を改めてご確認ください。
なお,パスポートの残存有効期間については,滞在期間や入国目的等によって国ごとに異なりますが,おおよそ3〜6ヶ月以上が必要とされており,長期滞在を予定している場合には,滞在予定期間より長い残存有効期間を要求されることもあります。諸外国の出入国管理は,国ごとに政策が異なり,国際政治情勢や内政事情等により予告なしに突然変更されることがあるため,渡航先の国の最新情報については,渡航先国の大使館や総領事館に確認されることをお勧めします。

(2)旅券(パスポート)の切替手続の際のサイン変更について
旅券は,海外における日本人の身分や国籍を政府が証明する唯一の公文書です。タイで生活されている在留邦人の皆様も様々な場面で旅券の提示を求められることが多いかと思います。
ところで,旅券の切替申請をされる際,旅券に印刷されるサイン(所持人自署)を変更される方がいらっしゃいます。もちろん,変更はご自身の自由ですが,サインを変更したことにより,銀行,カード会社あるいは取引先等との諸手続に問題が発生し,元のサインに戻して旅券を作り直すことはできないかとのご相談を受けることが少なからずあります。しかしながら,このような自己都合による旅券の再切替は法律上認められません。
旅券の切替手続の際にサインの変更をお考えの方は,サインを変更することにより,これら関連手続きに支障をきたすことがないかを事前に十分検討の上,申請されることをお勧めいたします。

【外務省 こんな時、パスポートQ&A】 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_4.html


3.今後の領事出張サービス実施予定

2月は,領事出張サービスの実施予定はありません。3月にはシラチャー,プーケットにて領事出張サービスを実施する予定です。日時等詳細については,後日大使館ホームページに掲載します。


4.2月の大使館領事部・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ

今月の大使館及び総領事館の休館日は,土・日曜日の他,次のとおりです。
 13(月)万仏節振替

※休館日の前日及び翌開館日(特に開館直後の時間帯)は,終日大変混み合うことが予想されます。手続きに時間を要する戸籍・国籍関係,急を要しない旅券や証明の申請は,時間をずらしてお越し頂くことをお勧めします。また,即日発給の各種証明及び旅券査証欄の増補についてもお待ち頂く時間が長くなることがありますので,あらかじめご了承ください。

※平成29年(2017年)の大使館・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ
 大使館:http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/embassy/holiday2017.pdf 
 在チェンマイ総領事館:http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/files/000118078.pdf 


5.海外安全情報(危険情報,広域情報等)

【スポット情報(2016年10月12日付)】
タイ:爆発事件発生の可能性に関する報道に伴う注意喚起
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2016C273.html 

【危険情報(2016年11月25日付)】
●ナラティワート県,ヤラー県,パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)
レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)。(継続)
●ソンクラー県(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●シーサケート県のプレアビヒア寺院周辺地域(同県のカンボジアとの国境地域東部)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●首都バンコク
レベル1:十分注意してください。(継続)
●スリン県の一部(パノム・ドン・ラック郡及びガープ・チューン郡のカンボジアとの国境地域)
レベル1:十分注意してください。(継続)
●上記を除くすべての地域
レベル1:十分注意してください。(解除)
☆詳細については,以下のリンク先の内容をよくお読みください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2016T222.html#ad-image-0 
 
【感染症広域情報(2017年1月22日付)】
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C013.html 

【タイの安全情報(犯罪手口のいろいろ)】
 大使館では,タイにおける一般犯罪手口を取りまとめたタイの安全情報「犯罪手口いろいろ」,「大使館からのお知らせ・国内における犯罪傾向と注意喚起」,および「タイに旅行や滞在等予定されている皆様へ」等をホームページに掲載しております。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/teguchi_new2.pdf

◎在留届を提出されている方は,記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等),または帰国・転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録(「たびレジ」)を,ぜひ活用してください。登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。
・たびレジ:http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
◎緊急事態が発生した際,携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を利用し,在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送付したり,返信を求めることにより安否確認を行う場合があります。本システムでは,原則香港の国番号(+852)を使用し,メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。
 詳細については,以下の外務省海外安全ホームページをご覧ください。
【運用開始について】http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_kh.pdf
【よくあるご質問】http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_qa.pdf
_____________________________________________________________________________

■在タイ日本国大使館
ホームページ「ご意見箱」
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/mail/iken.htm
◆代表 (02)207−8500 または (02)696−3000
◆領事部
【旅券・証明班】 (02)207−8501,(02)696−3001
【邦人援護班】  (02)207−8502,(02)696−3002
【査証班】    (02)207−8503,(02)696−3003
 領事部FAX  (02)207−8511
  窓口受付時間   8:30〜12:00,13:30〜16:00

■在チェンマイ日本国総領事館
ホームページ「ご意見箱」
http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/iken/iken.html
 ◆代表 (053)203367
  FAX(053)203373

【バックナンバー】  
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/mz.htm                      

【購読停止を希望される方はこちら】
https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=th
 (了)

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 10:43Comments(0)TrackBack(0)