2017年07月26日

トヨタカムリのCMに思う。「大人になったあなたへ。」というよりも、「中高年になったあなたへ」


新型カムリのCM



懐かしい車が出てきますねぇ。

「今、乗りたい車があるか。」

「大人になったあなたへ。」

って、最初の方にでて来る車を懐かしがる人達って、「大人になった」どころではなく、3回位成人になっている年齢ではないかと。

「大人になったあなたへ。」というよりも、「中高年になったあなたへ」

ですよねぇ。

結局、このようなセダンは若い人は買わないとトヨタは思っていると。



自動車雑誌に載っていた広告なのですが。

S41


s42


いくら歳を重ねても、好きなものは、
そうそう変わらない。
今、僕はスポーツセダンに乗っている。
SUBARU WRX S4。
若い頃から好きだった、スポーツカーの軽快な走りが、
時を戻してくれるようだ。こういう時間を愉しめる。
それが大人ってことなのかもしれない。
カーステレオからは大滝詠一。
窓から流れ込んでくる、潮の香り。
ここからしばらく、海沿いの道が続く。

大人になったら
スポーツセダン。

WRX
S4



大滝詠一ですよ。
今、私の頭の中では「君は天然色」が。

イラストも、鈴木英人ぽいし。

アメリカ西海岸とか、雑誌ポパイとか、片岡義男の世界。

こちらも、広告のターゲットは、「中高年になったあなたへ」ですよねぇ。


今の若者は車なんかに興味がないので、中高年をターゲットにしてきたという事なのかもしれませんね。


若者の車離れ。バイクの方はもっと悲惨な状況になっているようで。

仮面ライダーも乗らない!?縮む日本のオートバイ市場 トム・クルーズ「トップガン」続編で復活なるか

「トップガン」


すごい落ち込みようですな。

1982年、約328万台。
2000年、約80万台。
2016年、約34万台。

ほとんど、10分の1。

「原付き1種」にいたっては、
1982年、約278万台。
2016年、約16万台。

17分の1。

壊滅状態です。

日本ではハーレーとかドゥカティは売れているように思ったのですが、こんな記事が。

ハーレーダビッドソンに黄信号、ブランド力低下やバイク人口減少響く

ハーレーダビッドソンに黄信号


売れてないんだハーレー。

今、タイに工場を作っているので販売が上向けばいいのだけれど。

それにしても、

「大型バイク市場で顧客基盤の大部分を占めるベビーブーマー世代が、老人ホームに入居する年齢に近づいている」
って、すごい書き方ですが、やっぱり若い人は乗らないんですな。


日本政府は車産業に力を入れていますが、今の中高年が老人ホームに入居する数十年後の事を思えば、車産業に力を入れることが果たして日本にとって良いことなのかどうか今一度考える必要があると思うのです


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  

Posted by thai47 at 12:45Comments(6)

2017年07月21日

大使館からのお知らせ

【在タイ日本国大使館からのお知らせ(危険情報の更新)】

タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在タイ日本国大使館

【本文】
タイの危険情報を更新しました(【危険レベル継続】(内容の更新))。
詳しい内容については以下のリンクにてご確認ください。

(PC)==> http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2017T060.html
(携帯)==> http://m.anzen.mofa.go.jp/mbhazardinfo.asp?hazardInfoflg=2&infocode=2017T060

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511
------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎在留届を提出されている方は,記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等),または帰国・転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録(「たびレジ」)を,ぜひ活用してください。登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。
・たびレジ:http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
◎緊急事態が発生した際,携帯電話のショートメッセージサービス(SMS) を利用し, 在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送信したり,返信を求める事により安否確認を行う場合があります。本システムでは,原則香港の国番号(+852)を使用し,メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。
・運用開始について:http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_kh.pdf
・よくあるご質問:http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_qa.pdf

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 12:45Comments(0)

2017年07月19日

タイに観光で入国するときは、2万バーツの現金提示が必要だって。


こんなニュースが。

タイ入国時に2万バーツの現金提示を要求される観光ビザ保有者が増加中

タイ入国時に2万バーツ


この記事だと、タイに観光で入国する人は、タイバーツで2万バーツ持っていないといけないと。

元記事はこちら。

Some tourist visa holders being asked to show 20,000 baht in CASH when entering Thailand

show 20,000 baht in CASH The Nation


これが事実なら、日本からの観光客、全滅するような気がします。

日本円、米ドルならともかく、タイバーツの現金を持っている人なんてほとんどいないでしょ。

タイに来てから、バーツに両替するのが普通ですからねぇ。

この件について調べてみたら、在タイ日本大使館のウエブサイトにこんな記述が。

タイ入国に際してのご注意(その2)

在タイ日本国大使館ウェブサイト


所持すべき金額(バーツ若しくは相当外貨)となっており、必ずしもタイバーツではなくてもいいようです。

クレジットカードを持っていれば、現金がなくても良いのかどうかについてはわかりませんな。

それにしても、こんな規則があるなんて初めて知りましたよ。

2000年から決められていたなんて。


ちなみに私の場合、日本に一時帰国してタイに戻ってきたときは、ほとんど現金なんて残っていないですよ。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:02Comments(10)

2017年07月15日

メールマガジン タイという国  第79号 2006年 7月 15日 発行 タイの病院 その4

  ●タイという国。

 タイの病院 その4

(2006年7月のお話です)

 数年前から、左あごの下にしこりのような物が出来ていた。
 脂肪の固まり、粉瘤というらしい。
 
 以前、右耳の後ろに出来たとき、日本で病院に行って切ってもらったこと
 がある。
 「これはどうしてできるのですか。」
 「体質です。」
 というわけで、耳、あごだけではなく、これまで何箇所かに出来た。
 しこりがまだ小さいうちにいつの間にか自然消滅したり、大きくなってか
 ら自然につぶれたりして、病院で切ったのは1回だけだったのだが。
 
 左あごの下のしこり、大きくなることもなく、つぶれることもなく、もう
 一年以上同じ状態。
 大きさはアーモンドくらい。
 そのままにしていても悪影響はないらしいのだが、気になるので切ること
 にした。
 
 家の近くの病院に行く。
 受付を済ませて、診察室の前で待つ。
 名前を呼ばれて、体重と血圧を測る。
 また少し待つ。
 名前を呼ばれて診察室に入り、
 「これを切りたいのですが。」
 お医者さん、しこりの部分を少し触って、
 「じゃあ、予約して帰ってください。」
 「入院する必要がありますか。」
 「入院しなくてもいいです。」
 「時間はどのくらいかかりますか。」
 「30分くらいです。」
 というような会話をして、診察室を出て、手術の予約をして帰る。
 体重、血圧を図る必要は無かったような。
 
 約一週間後。予約していた時間に病院に行く。
 受付を済ませて、指定された診察室の前で待っていると、看護婦さんが、
 「ホン チュクチュンに行ってください。」
 なんなんだ、ホン チュクチュンて。
 やたらとかわいい発音なんだけど。
 ホンは、部屋。直訳すれば、チュクチュンの部屋。
 チュクチュンなんて単語知らないし。
 
 看護婦さんの後をついて行くと、玄関のそばの部屋の前で、
 「ここで待っていてください。」
 といわれる。
 部屋の入り口の上にプレートが付いている。
 ホン チュクチュン Emergency Room
 なるほど。ホン チュクチュンて、救急治療室のことなのか。
 急病の人、怪我をした人が来たときなどに、簡単な手術をしたり、応急手
 当をする部屋。
 
 少し待っていると部屋の中に案内される。
 幅の狭いベッドが幾つか並び、ベッドの間はカーテンで仕切ることが出来
 るようになっている。
 
 そのうちの一つのベッドに案内されて、靴を脱いでベッドに上がり、仰向
 けになる。
 看護婦さんが、足に毛布をかけてくれる。
 「頭を上げてください。」
 ん?と思いながら頭を上げると、頭の下に布を敷かれ、その上に頭をおろ
 すと、その布で目隠しをされてしまった。丁寧にテープで止めて。
 
 そのままの状態で少し待つ。
 麻酔の注射をして、少し切ってから中の脂肪を取り出して、縫うだけだか
 らたいしたことないよ。
 と、自分に言い聞かせていたが、だんだん不安になってくる。
 
 人の歩いてくる気配がして、今度は顔の全体に布をかけられる。
 少し顔を右に向けられて、顔にかけられた布に何かをしている様子。
 目隠しされているので何をしていたのかは判らないが、布のしこりに相当
 する部分に穴を開けていたのではないかと。
 
 「少し痛いです。」
 お医者さんの言葉で手術開始。
 チクッとした麻酔の注射が終わり、
 「痛かったら手を上げてください。」
 といわれて、いよいよ切開が始まる。
 痛くもなんともないが、皮膚を切っている感触はある。
 いやな気分。早く終わらないかなーと思っていると、
 
 「先生はBMWに乗っているんですよね。」
 「BMWでも、もう5年前の車だよ。」
 「結構走っているんですか。」
 「チェンマイに家があるから、時々帰るからね。」
 手術をしながら、お医者さんと看護婦さん、こんな会話をしている。
 確かに、緊張してするほどの手術じゃないからね。
 聞いている方も、気がまぎれたし。
 
 「終わりです。明日から毎日消毒に来てください。」
 ということで、無事終了。
 取り出した脂肪の塊を見せてもらう。
 看護婦さん、楽しそうにピンセットで脂肪の塊をぐにゃぐにゃともてあそ
 んでいる。
 
 それから毎日病院通い。
 家から近いからいいけれど。
 
 一週間後。
 いつものように病院に行って、ベッドに横になると、
 「今日は抜糸をします。少し痛いです。」
 チクッチクッとする。
 たいした痛みではないけれど。
 看護婦さんだか研修生だか知らないけれど、5、6人が覗き込んでいる。
 なんだか恥ずかしい。
 私の顔のすぐそばまで顔を近づけるものだから。
 
 私も見たかったのだが、何しろ自分のあごの下。
 見えるわけもなく。
 
 いつものようにガーゼを貼って、
 「明日になったらはずしてもいいです。」
 すべて終了。
 
 次の日。
 ガーゼをはがして、シャワーを浴びたときのさわやかなこと。
 この一週間、顔は洗っていなかったし、水に濡れないように気を使ってシ
 ャワーを浴びていたから。

 
2017年7月に思う。

タイの病院で身長、体重をはかるときすごくいい加減なんですね。

身長は頭の上に当たるバーが適当に当たればそのあたりのメモリを適当に読んでいるし、体重なんて靴を履いたまま、いろいろなものを持ったまま測ったりして。

まあ、少しくらいの差は大した問題ではないのでしょうね。

私が行く病院は、日本語が通じないのですが、バンコクには、日本語の通訳、あるいは日本語がペラペラのお医者さんがいる、あるいは、日本人でタイの医師の国家資格を持っているという、すごい人のいる病院があります。

お金さえあればバンコクで医療の心配はいらないですね。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


このブログエントリーは、その昔「タイという国」というメールマガジンとして発行していた内容を再掲したものです。
  
Posted by thai47 at 17:30Comments(4)

2017年07月10日

お寺に猫がいっぱい。


先週の土曜日。

タイでは仏教の日という事で、近所のお寺に。

お寺3


お寺2


お寺


賑わっていましたが、お寺の裏の方には、沢山のネコが。

お寺のネコ1


お寺のネコ2


お寺のネコ3


お寺のネコ4


かわいいですねぇ。

全然逃げないし。

うちの飼い猫マルコと交換したいくらい。

うちのネコも、拾ってきたときは自分でご飯が食べられるようになったら、お寺に捨ててこようなんて言っていたのですが、なかなかそんなこともできずにいまだに家におります。

うちのネコ


偉そうにしとりますな。




☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 15:15Comments(0)

2017年07月01日

メールマガジン「在タイ日本国大使館だより」 第159号7月号

【第159号の内容】
1.7月・8月の領事出張サービスのご案内
2.「たびレジ」を是非ご活用ください
3.夏季休暇シーズンにタイへ渡航を予定されている皆様へ
4.7月の大使館領事部・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ
5.海外安全情報(危険情報等)

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

1.7月・8月の領事出張サービスのご案内

  当館では,7月から8月にかけて,以下の4か所において領事出張サービスを実施いたしますので,近隣にお住まいの方は是非御利用ください。
領事出張サービスの詳細,御利用に際しての注意事項につきましては,以下のHPを御覧ください。

 (HP) http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_shuccho.html

当日会場で旅券,証明書の受取を希望される方は,上記HPを参照の上,各地開催日の5業務日前までに当館必着となるよう申請の手続をお願いいたします。
なお,書類に不備がある場合は,受付できないことがありますので,御注意ください。

【フアヒン】
 日時:7月13日(木)15:00−18:00, 14日(金)09:00−12:00
 場所:Hua Hin Grand Hotel & Plaza (tel:0-3251-3230)
     222/2 Petchkasem Road, Tambon Hua Hin, Amphur Hua Hin, PRACHUABKHIRIKHAN 77110

【シラチャ】
 日時:7月20日(木)15:00−18:00, 21日(金)09:00−12:00
 場所:The City Hotel Sriracha (tel:0-3832-2700)
6/126 Moo 2, Sukhumvit Road, Sriracha, CHONBURI 20110

【ブラチンブリ】
 日時:8月 3日(木)15:00−18:00, 4日(金)09:00−12:00
 場所:Tawa Ravadee Resort (tel:0-3721-0444)
77 Moo7, Tambon Thatoom, Amphur Srimahaphote, PRACHINBURI 25140

【コラート】
 日時:8月24日(木)15:00−18:00, 25日(金)09:00−12:00
 場所:Sima Thani Hotel (tel:0-4421-3100)
     2112/2 Mittraphap Road, Amphur Muang, NAKHONRATCHASIMA 30000


2.「たびレジ」を是非ご活用ください

 海外渡航や在留の際に,緊急事態が発生した場合,外務省からは随時情報を提供いたします。外務省は,在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)でも,いざという時,在外公館などから緊急時情報提供を受けられる海外旅行登録システム「たびレジ」を始めています。

 登録者は,滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡が受け取れます。

 登録手続きは簡単で,海外安全情報や緊急メールの受取り先として,ご自身のメールアドレスに加えご家族や職場のメールアドレスも登録できます。お住まいの国(タイ)以外の外国へ旅行される場合は,是非「たびレジ」にご登録ください。

また,具体的な旅行予定はないが海外の安全情報は入手したいという方や, 出張者や駐在員のために常に情報を収集したいという企業・団体向けには,「簡易登録」機能が便利です。メールアドレス(複数アドレス登録可能)と,国・地域(複数指定可能)を登録するだけで,最新の海外安全情報メールや,在外公館が発出する緊急一斉通報を入手できます。(簡易登録された方には,たびレジ登録時のお役立ち情報の提供や,緊急時の電話連絡はできませんので,具体的な旅行予定がある方は,たびレジ登録をお願いします。)

「たびレジ」ホームページ:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/


3.夏季休暇シーズンにタイへ渡航を予定されている皆様へ

例年,夏季休暇シーズンには,在留邦人の皆様のご親族,友人の方々や観光などで数多くの方がタイに渡航されます。今回,タイに渡航される皆様に,「旅券の管理」,「たばこ・酒等の持ち込み」等の事例を御紹介します。皆様自身が安全対策を考える際,参考にして頂ければと思います。

(1)パスポートの管理について
ア パスポートを紛失又は盗難された場合には,当館において申請に基づき「パスポート」(パスポート申請の場合には戸籍謄本又は抄本が必要となります)又は「帰国のための渡航書」を発給することとなります。その後,タイ入国管理局(以下入管)において入国印の転記手続が必要です。

イ 当館では,「パスポート」又は「帰国のための渡航書」の発給手続きに際し,さまざまな確認作業や入管宛の依頼文書を作成するために多少の時間がかかります。また,入管における入国印転記手続が完了しないとタイから出国することはできません。これら手続の関係で予定どおり帰国することができなくなることがあり,フライト便の変更やホテル延泊などで,予期せぬ経済的負担を強いられる状況にもなりかねませんので,パスポートの管理には十分に注意してください。

ウ なお,警察官又は入国管理局職員に職務質問された際,パスポートを携帯していない場合,罰金や身柄を拘束される可能性もあります。パスポート(最低でもパスポートのコピー)を携帯し,職務質問を受けた場合には直ちに提示できるようにしておいてください。

(2)たばこ・酒等の持ち込み
〜「知らなかった」は通用しない厳格な取締まり,一時的な預かりでもダメ!〜
タイ物品税局では,たばこ及び酒類の不法持ち込みで当局により摘発された者に対し,高額な罰金を科しています。たばこについては,紙巻きたばこであれば200本(1カートン),葉巻等であれば250gまで,また酒類については1リットルまで免税での持ち込みが認められます。これら免税たばこや酒類等について,規定量を超えてタイ国内に持ち込もうとした場合,税関検査で摘発されると高額な罰金を科せられるほか,物品も全て没収されます。
こうした検査・摘発はタイ当局の主権・判断に係わる事項ですので,在外公館が摘発された人に代わって交渉したり,判断に異議を唱えたりすることはできません。摘発を不服として罰金支払を拒否した場合や罰金が支払えない場合には裁判となりますが,その間,身柄を拘束されることもあります。
タイへ渡航される皆様には,当地の法律を守り,快適なタイの滞在を過ごされるようお願いします。
なお,タイ国政府観光庁によれば,たばこについて「他人の分を1人で持っているだけでも没収及び罰金となります。」とのことです。以下URLを参考にしてください。
http://www.thailandtravel.or.jp/about/basic.html

【事例】空港において,入国手続きの際,団体旅行グループの1人が,全員分のたばこ及び酒類を一時的に預かり,タイ国内に持ち込んだところ,当局が同人物を職務質問。十数カートンのたばこと数十本の酒類を発見し,「違法」であると判断して摘発。

(3)プミポン国王陛下崩御に伴う服喪
現在タイ国は,プミポン国王陛下崩御にともない服喪中です。
 タイにとって観光産業は重要なものであり,外国人観光客の入国規制や服喪を求める等は実施されておりませんが,タイ国が上記のような状況にあることを理解し,国民感情をおもんばかった上で,節度をもった行動を心がけていただくことが,タイ滞在を快適なものとすることに繋がるものと思われます。
 以下のタイ政府観光庁のホームページも参考にしてください。
 https://www.thailandtravel.or.jp/


4.7月の大使館領事部・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ

今月の大使館及び総領事館の休館日は,土・日曜日及び10日(月:三宝節振替),28日(金:ワチラロンコン国王誕生日)です。
※7月17日(月)(日本の祝日)は通常通り開館します。

※休館日の前日及び翌開館日(特に開館直後の時間帯)は,終日大変混み合うことが予想されます。手続きに時間を要する戸籍・国籍関係,急を要しない旅券や証明の申請は,時間をずらしてお越し頂くことをお勧めいたします。また,即日発給の各種証明及び旅券査証欄の増補についても,申請が増えており,お待ち頂く時間が長くなっておりますので,あらかじめご了承ください。

※平成29年(2017年)の大使館・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ
 大使館:http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/embassy/holiday2017.pdf
 在チェンマイ総領事館:http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/files/000118078.pdf


5.海外安全情報(危険情報,感染症関連情報等)

【広域情報(2017年5月22日付)】
ラマダン月のテロについての注意喚起(更新)
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C133.html

【危険情報(2016年11月25日付)】
●ナラティワート県,ヤラー県,パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)
レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)。(継続)
●ソンクラー県(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●シーサケート県のプレアビヒア寺院周辺地域(同県のカンボジアとの国境地域東部)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●首都バンコク
レベル1:十分注意してください。(継続)
●スリン県の一部(パノム・ドン・ラック郡及びガープ・チューン郡のカンボジアとの国境地域)
レベル1:十分注意してください。(継続)
●上記を除くすべての地域
レベル1:十分注意してください。(解除)
☆詳細については,以下のリンク先の内容をよくお読みください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2016T222.html#ad-image-0

【タイの安全情報】
 大使館では,安全情報「安全のしおり」,「大使館からのお知らせ」等をホームページに掲載しております。
●バンコク都内における爆発事案に関する注意喚起(続報)(2017.6.19)
 http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20170616-2.html
●プーケット等南部リゾート地における注意喚起(2017.6.16)
 http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20170613.html
●病院における爆発事案に関する注意喚起(2017.5.22)
http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20170522.html
●在タイイラン大使館前における焼身自殺未遂事案に関する注意喚起(2017.5.19)
http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20170519.html
●国立劇場付近における爆発事案に関する注意喚起(2017.5.18)
http://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20170518.html

【外務省参考リンク】
外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル:http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

◎在留届を提出されている方は,記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等),または帰国・転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録(「たびレジ」)を,ぜひ活用してください。登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。
・たびレジ:http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
◎緊急事態が発生した際,携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を利用し,在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送付したり,返信を求めることにより安否確認を行う場合があります。本システムでは,原則香港の国番号(+852)を使用し,メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。
 詳細については,以下の外務省海外安全ホームページをご覧ください。
【運用開始について】http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_kh.pdf
【よくあるご質問】http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/pdf/sms_qa.pdf
_____________________________________________________________________________

■在タイ日本国大使館
ホームページ「ご意見箱」
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/mail/iken.htm
◆代表 (02)207−8500 または (02)696−3000
◆領事部
【旅券・証明班】 (02)207−8501,(02)696−3001
【邦人援護班】  (02)207−8502,(02)696−3002
【査証班】    (02)207−8503,(02)696−3003
 領事部FAX  (02)207−8511
  窓口受付時間   8:30〜12:00,13:30〜16:00

■在チェンマイ日本国総領事館
ホームページ「ご意見箱」
http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/iken/iken.html
 ◆代表 (053)203367
  FAX(053)203373

【バックナンバー】
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/mz.htm

【購読停止を希望される方はこちら】
https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=th

 (了)



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 10:29Comments(0)