2006年10月17日

いじめと家族

盛り上がっていますね。
いじめで自殺の問題。

息子がいじめのために自殺したなんて、両親には耐えられないことだと思います。

毎日この問題のニュースを見ていて、学校の先生、教育委員会に問題があるのはよくわかりました。

が、

最近気になってきたのが両親の態度。

学校が悪い、学校が悪いと言っているわけですけど。

両親はどうなんでしょうか。

学校なんて、命がけで行く価値のあるところではないわけで、いじめられていたら、学校に問題提起をする、そして、学校側に問題があれば、「そんな学校に行くことないよ。」といってあげられるのは、家族しかないのではないかと。

最後に支えてあげられるのは、家族。
最後に頼れるのは家族。

だと思うんですけどね。

報道から判断するしかないので、当然断定は出来ないのですが、家族が暖かく支えてあげれば、自殺することは無かったのではないかと、思うのですが。

「学校で何があったか教えてほしい。」と事件の後でいうのではなく、学校でいじめられていることを、相談できる家族であれば。


理想ですけどね。


それに。

学校の先生。

日本中で何人の先生がいるのか知りませんけど、全員が素晴らしい先生のわけが無いし、ずいぶん前から、私が学校に行っていた頃から、「でもしか先生」なんて言われて、先生の質が問題にされていたわけで。

もういいかげんに、しょうもない学校の先生とか、くだらない教育委員会に期待することをやめたほうがいいと思うのだけれど。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 旅行ブログへ




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/thai47/51216964
この記事へのコメント
まったく同じことを考えいてました。「学校が」、「先生が」となじっていた親。確かに、ひどい先生ではあります。最低です。でも、自殺にまで追い込まれる前に、親は何をしていたんだ、あなたは何をしていたのですか?と問いかけたくなりましたね。マスコミは、いじめが自殺の原因だと言いたいわけですけれど、自殺に至らせないためには、じゃあどうすればいいんだということについても、もっと考える必要がありますよね。やはり最後に守ってやるのは親であり、家族であることをあの親はわかっていたのかなあ、そんな努力をしたのかなと思ってしまう次第です。
Posted by Ben at 2006年10月17日 22:42
お子さんが自ら命を絶ってしまった。こんな悲しいことはないでしょう。でも、死を選ばなくてはいけないほどの子どもの心の痛みに親が気がつかなかったとしたら、もっと悲しいです。子どもの心を育むことができないなら、子育てって一体何なのか。

高い教育を受けることよりも、健やかな心でいることが、人間には一番大事なので、無理してまで学校に行かなくてもいいと思います。その一方で納得が行かないのは、いじめられた子が学校に行かれなくなって教育を受ける権利を放棄することになっても、いじめた子はちゃんと教育を受け続けるんですよね。なんだか変です。
Posted by ビアンカ at 2006年10月17日 23:13
人事じゃない話です。私も子供のころ、いじめにあって悩みましたから。でも、死までは考えなかった。 時が解決すると自分に言い聞かせてました。

いじめそのもののお話じゃないですが、私も思うところあるので、自分のところで記事にさせていただきます。(多分・・) 
Posted by すまいる at 2006年10月18日 04:40
確かに『学校』『先生』にも問題があるのでしょうが、『PTA』にも問題があると思います。子供達のことを考えてあげるのが『PTA』の役割ではないのでしょうか。先生や学校を吊るし上げるのが役割ではないはずです。
『子供の自殺』は親にも問題があるのは当然の事です。子供とのコミュニケーションを密にとっていれば子供の変化を見つけることが出来たはずです。それが『親の責任』だと思います。あまりにも学校に『子育て』を任せすぎていませんか?たぶん『子供達の心』も弱くなっているんでしょうが。
小学生が『塾』が終わって深夜11時近くにタクシーで帰宅するのって変じゃないですか?これじゃ『ストレス』溜まりますよね。『ストレス』がいじめに向かわせて居るのではないでしょうか。
マスコミ、官僚、政治家は『親の責任』を全く取材、発言しないのは何故なのでしょう。やはり保身なんですか?
Posted by う〜チャン at 2006年10月18日 12:40
うぅ〜ん。何となく予想通りの盛り上がりですよね、日本は。バリ島ではいわゆる『いじめ』はありません。いじめられっ子やいじめっ子はいますが、きっと昔の日本にもいたような、親分と子分みたいな関係なのでしょうか!? 言い合ったり喧嘩した後で、すぐ仲直りしてまた一緒に遊んでいます。

で、この問題ですけど、みなさんがおっしゃるとおりだと思われます。あえて再強調させていただくとすれば、やはり、親と子の関係性とでも言うような家族のあり方が大問題なのだと思います。

人間は生まれると社会性を学習して人間としての生を歩んでいくわけで、一人の人間が一番最初に経験する社会が家族であり、この最初の社会で心を歪ませてしまうと、その次の学校社会でも企業社会でも上手く適応できなわけ
(続く)
Posted by RYO at 2006年10月18日 13:29
(続き)
で、最初良ければすべて良し、じゃありませんが、心の問題のリカバリーは難しそうなので、子供が生まれた直後の家庭環境というのは言葉で言い表せないほど大事なのだと思います。

親として責めるべき相手は(学校や教師ではなく)まさに自分自身であり、「どうして自分は子供が心を開いてくれないような親でしかなかったのだろう?」と思う以外に、一体どんなことが頭をよぎるのでしょうか? 決して、お子様をなくされた親御さんを第三者の僕がああだこうだ言うわけではありませんが、そういう大人が大半を占める社会というものはとても恐ろしいところであり、そういう風な親になってしまった大人たちも、ある意味被害者なのでしょうか?

バリ島なんかに住んでると、学校も教師も頼れるわけがないので、僕ら親が必至になります。そういう意味では、バリ島、健全です。

長くてすみません。
Posted by RYO at 2006年10月18日 13:31
Benさん、ビアンカさん、すまいるさん、う〜チャンさん、RYOさん、コメントありがとうございます。

今回の事件で、私の知る限りどのマスコミも、親の責任について書いていないんですよね。
自殺した中学生の親を責める事になりますので、書きにくいことは確かなのですが。
学校の先生が悪い、と言い続けていても、いじめはなくならないと思うのですが。
この学校の校長先生が、いじめがあったという事実を教育委員会に報告していなかったと、責められていましたけど、報告したからといって、いじめが解決するとは思えないわけで。
解決しないのならば、正直に報告して自分の評価を下げるようなことはしないほうが、と考えるのは、ある意味当然ではないかと。

(続く)
Posted by toshi@タイ at 2006年10月19日 10:25
最近の子供たちに関する事件、あるいは、他の事件でも、犯罪を犯す人の家庭というものについて、もっと注意をはらうべきではないかと思います。
多くの犯罪において、家庭環境が大きく影響しているのではないかと。

また、被害者に関しては、本人のみならず、その家庭まで事細かく人権を無視したような内容まで報道されるのに、加害者に関しては、ほとんど報道されません。

今回のいじめの事件でも、クラス全員でいじめていたとしても、首謀者になった生徒というのはいるわけで、ニュースによると、その生徒は特定されているのに、具体的に報道されることはありません。

わたしは、この加害者と言ってもよい生徒の家庭環境も知りたいと思っているのですが。
報道されることは無いでしょうね。

PTAって、今でもあるのでしょうか。
この学校にPTAがあるのだとしたら、いったい何をしているのでしょうね。
Posted by toshi@タイ at 2006年10月19日 10:26