2019年05月11日

車のエアコンはマニュアルで良いと思う。


私が普段乗っているプロトン ペルソナのエアコンは、今時珍しいマニュアル。

プロトン エアコン


この車を買う時に、ちょっと気になったのですが。

マニュアルでも全然問題ないですねぇ。

ダイヤルで温度とか風量を調整するのはそんなに面倒ではないし。

HR-Vはオートエアコンなのですが、いつまでも風量が最弱にならないんですよね。

タイの人達が乗っている車を見ても、オートエアコンなのに結構な確率でマニュアルで操作しています。

ただし。

マニュアルで操作する場合、タッチパネルは運転しながら操作しづらいですねぇ。

最近の車の、見ないで操作することをほとんど考えていないような気がするのは気のせいでしょうか。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  

Posted by thai47 at 16:30Comments(6)

2019年04月22日

プロトン ペルソナ。タイヤとショックアブソーバーを交換する。

先日来タイヤの異常な片減りが気になっていた私のプロトン ペルソナ。

これはもう交換してアライメント調整とかやり直すしかないなぁと。

前回タイヤ交換をしたのは、

タイで思う 2016年07月28日 プロトン ペルソナのタイヤ交換をした。

3年近く前で、168,708km の時。

今は、約 242,000km で、約 73,000km 走っているので、まあ交換してもいいかなぁと。

いつものロータスクロン3にある、B-Quikに。

B-Quik


タイヤ、私の車に合う寸法195/60R15のタイヤが5種類くらいあるんですよね。

どれがいいですか、と聞かれてもねぇ。

これが乗り心地がいいですよ、一番高いけど、というミシュランに決定。

本当は一番安いのにしようかなぁと思っていたのですが、安いタイヤで何かトラブルがあったら嫌だし。

一番高いといっても値段が倍になるわけでもなく。

ちなみにお値段は一本 3,050バーツ。

前回のタイヤ、今使っているタイヤGOOD YEARは一本 2,390バーツ。

24万キロ超の車に高いタイヤを履いてどうすんねん。
という気もしないでもないですけど。

後日 MICHELIN PRIMACY 4 日本ではいくらなのかなぁと検索してみたのですが。

195/60R15というしょぼいサイズは売られていない。

しかも、このタイヤはプレミアムコンフォートタイヤですって。

私のプロトンには、もったいなかったかも。

ま、そんなミシュランを選んで、ホイールアライメント調整もお願いして。

ロータスで食事をしていると、タイヤの片減りがひどいのでショックアブソーバーを交換した方が良いと電話がありまして。

とりあえず見に行きました。

片減りタイヤ


知ってはいましたけど、タイヤを外してあらためて見ると本当にひどい状態。

内側はベコベコに減っているのに、外側はまだまだ溝が残っている。

ホイールアライメントだけではなく、ショックアブソーバーに問題あるんでしょうねぇ。

プロトン リアショック


プロトン フロントショック


見てもわからないですが。

でショックアブソーバーの交換もお願いすると夕方4時か5時くらいに出来るとの事で。

流石に待つには長すぎるので一度家に帰って。

夕方4時半くらいに電話がありましたよ。

リアは組み込みが終わったけれど、フロントは部品がない。

部品が来るのが明日になるので完了は明日の午後になる。

ですって。

ショックアブソーバーを交換するといった時に部品はあるかと確認したのに。

今日取りに来るのであればフロントだけ今の部品で組みます。

との事でしたが、別に明日でもいいので明日まで待つことに。

翌日昼過ぎにそろそろ出来ているかなあと電話すると、今アライメント調整中との事で、車を引き取りに行くことに。

アライメント調整


これが新しい MICHELIN PRIMACY 4

ミシュラン プレマシー4


日本では手に入らないサイズ。(笑)

製造期を見てみると。

ミシュラン 製造期


1419って。

2019年の第14週。

4月初めの週。出来立てですな。


今回かかった費用。

タイヤ交換、ショックアブソーバー交換、トータル 31,785 バーツでした。


乗った印象。

確かにタイヤの表面が柔らかい感じ。

ま、7万キロ走ったタイヤと新品のタイヤを比べてもねぇ。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

おまけでもらったミシュランの傘。

リバースタイプという事で。

ミシュラン 傘 1


閉じたときの外側が、開いたときに内側になるのですよ。

しかも、表と裏の二枚構成。

内側の絵柄。

ミシュラン 傘 2


ん? これはハート?

微妙ですな。


  
Posted by thai47 at 15:28Comments(9)

2019年04月11日

プロトンペルソナ、24万キロ点検。


先日24万キロを超えたプロトンペルソナ。

いつものように一万キロ毎の定期点検をしてもらおうと先週プロトンのディーラーに行ったのですが、忙しくてその日はできないと。

以前予約していった方がいいかと聞いたことがあるのですが、予約しなくていいですよと言っていたのに、最近は混んでいるので予約してほしいと。

で、改めて予約をして点検に行ってきました。

今回の24万キロ点検はいろいろ交換する部品も多いので朝早く来てほしいとの事で。

8時前に着くように行きましたよ。

ひっそりとしたショールームにはこんな車が二台。

プロトン 1


今更プロトンを買う人もいないでしょうし、売る気もないのかショールームはエアコンも入っていないし。

最近は点検にディーラーに行くたびに、店が無くなっているのではないかと心配していたのですが、とりあえず整備部門は大忙しのようです。

といっても、整備士がほとんどいないので忙しいのではないかと思うのですけどね。

リフトアップされた車を覗き込むと、こんな部品が新しくなっていたようです。

プロトン 燃料フィルター


プロトン ベルト


ちょうどお昼頃に終わって、費用は11,374バーツ。

まあしょうがないですな。

この点検をケチって路上で止まるのも嫌ですからね。

それにしてもタイヤ。

もうだめですな。

プロトン タイヤ


内側が偏摩耗しているというだけでなく、ボコボコと変な減り方をしています。

これじゃ振動も出るし危ないですなぁ。

早いうちにタイヤ交換をして、ホイールアライメントとかを取り直した方がよさそうです。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング



  
Posted by thai47 at 17:11Comments(2)

2019年04月06日

渋滞中に追突された話。

金曜日の夕方。

会社によっては翌土曜日から月曜日迄の三連休。

私はそんな恵まれた環境ではありませんが。

でアウターリングは大渋滞。

止まっては進み、止まっては進みの繰り返し。

で止まっている時にボコッという鈍い音が。

あー追突された。

ハザードをつけて車を降りて後ろを見に行く。

少しバンパーに傷が付いているけれどたいした事ない。

後ろの車のドライバーが降りてきて、「すみません、保険に入ってますから」

30位の男性で誠実そうな印象。

私の車のキズ、直すほどでもないし。

直さなければ、保険はおりないし。

保険会社に連絡したら、延々と待たされるし。

別にいいやと思って、手を軽く振って別れました。

少し車が傷ついても、相手が謝ったら許せる。

無理して高い車を買っていたら、こんな気持ちにはなれなかったかも。

やっぱり車はプロトンだね。(笑)





☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング





  
Posted by thai47 at 13:15Comments(4)

2019年03月21日

プロトン ペルソナ 24万キロ

24万キロ


ま、そういう事で。

タイヤが片べりしていて、その影響なのか100キロを超える速度を出すと、ハンドルが振れるんですよね。

タイヤ交換して、アライメント調整しようかなぁと思いつつ。

さて、いつまで乗り続けるのか。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 11:00Comments(4)

2019年01月31日

プロトン ペルソナのヘッドライトのバルブが切れたので交換した。


朝いつものようにプロトン ペルソナのヘッドライトを点けて走り出したら、なんとなく左側が暗い感じで。

元々暗いヘッドライトなので点いているのか点いていないのかよくわかならなくて。

確認するとやっぱり点いていなかった。

以前も左側を交換しているのですが。

タイで思う 2014年04月03日 プロトンペルソナのヘッドライトのバルブが切れて交換したら、私も歳をとったなあと感じた、という話。

このときの様にLEDにしようというたくらみもなく。

タイで思う 2017年11月28日
IPF ヘッドライト LED H4 バルブをプロトンペルソナに取り付けようとしたのだけれど。


前回交換したのはこのバルブでしたが。

DSC_0087_057バルブ


今回はこれに。

H4 バルブ


前回と違うバルブをあえて選んだわけではなく、買いに行ったらこれがあったから。

で、130バーツでした。

サクッと交換して終了。

でしたが、夜ライトをつけると左側だけずいぶん上向きになっていたので調整しないとね。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 11:51Comments(0)

2019年01月26日

まだ使えるのだけれどデリバリーサービスを利用してプロトンのバッテリーを交換した話。


毎日のように乗っているプロトン ペルソナ。

前回バッテリーを交換してからほぼ2年。

このプロトンのバッテリーは変な形をしていて変な取り付け方法で、B-Quikとか近所のバッテリー屋さんでは売っていなくて、今までの経験上バッテリーが上がってから探し回るのは大変なので事前に交換しておこうかとネットで売っていないか探したら、便利なデリバリーサービスが見つかりまして。

パトゥムタニの我が家まで来て交換してくれるという事でお願いしてみました。

バイクの後ろにバッテリーを積んで。

プロトン バッテリー 1


バッテリーを外す前にきちんと別のバッテリーで電源を確保して。

プロトン バッテリー 2


これをやらないと電装の一部とかオーディオ関係にエラーが出たりするのですが、ホンダ、プロトンのディーラーはやらないんですよね。←一部のディーラーかも。

その昔、CR-Vに乗っていた時はディーラーでバッテリー交換すると必ずオーディオのエラーが出て4桁の番号を自分で入力しなおしていました。

今まで使っていたバッテリー。

プロトン バッテリー 3


新しくなったバッテリー。

プロトン バッテリー 4


いいですね。

次回からもここに頼もうと思います。

こういう部品の交換とか、タイでやってもらっているときに見ていると、オイオイといいたくなるようないいかげんさがあったりするのですが、今回は問題なく安心してお任せできるなぁと。

ちなみにお値段は、2,700バーツ。

家まで来てもらって、交換してもらって、この値段。

ちなみにプロトンのディーラーで交換するといくらかと言いますと。

タイで思う 2015年01月13日 プロトンのバッテリーがお亡くなりになりました。チーン。

4,358バーツ。

同じメーカーの同じバッテリーなのに、差がありすぎるような。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 13:16Comments(6)

2018年11月20日

プロトン ペルソナ、23万キロ点検など。

ディーラーで1万キロ事に点検している、プロトン ペルソナ。

久しぶりにバンカピのディーラーに行ってきましたよ。

ショールームには、プロトン Savvy。

プロトン整備 1


まだ新車があったとは。(笑)

リフトアップされた車をなんとなく見ていると、リアのナンバープレート照明燈に何やらプラスチックが。

プロトン整備 2



保護シートのようです。
新車の時から付いていたようですね。
ペリっと剥がしておきました。

気になったのは、タイヤの偏摩耗。

プロトン整備 3



アライメントとかが狂ってる見たいですねぇ。

さて、どうしたものか。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 12:08Comments(2)

2018年11月06日

プロトン ペルソナ 23万キロ


なんだかんだといいながら乗り続けているプロトンペルソナ

23万キロを超えましたよ。

23万キロ


先日修理に3万バーツと1万5千バーツ。

合わせて、15万円ほどかかったので、もう少し乗り続けようかと思いつつ、また故障する前に買い替えた方が賢明かもと思いつつ。

日本に住んでいたら、さっさと150万円くらいの軽自動車の登録済み新車でも買いに行くのですけどねぇ。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 13:16Comments(14)

2018年10月30日

ラジエターのリザーバータンクに細かい茶色の粉が。


毎日のように乗っている私のプロトンペルソナ。

走行距離も多くなり、いろいろトラブルも出ているわけですが、路上でトラブルで止まってしまう事の無いようにたまにはラジエターのクーラントの量を確認したりはしているわけで。

先日、リザーバータンクを確認すると、Minぎりぎりだったので、Maxまで普通の水を追加しておいたのですが。

その時に実に不思議なことが。

リザーバータンクのキャップについているホースの周りに茶色の細かい粉がびっしりと。

まるでココアパウダーをまぶしたように。

なんなんだろう、と思いながら、とりあえず拭き取ったのですが。

その翌日。

あらためてリザーバータンクを開けてみるとこんな状態。

リザーバータンク


たった一日で、こんなに茶色の粉が。

なんなんでしょうねぇ。

考えられることはサビ位しかないのですが、こんなにきれいにきめの細かいサビなんて見たことないですけど。

ちなみにクーラント自体は濁っている様子もなく。

まあ、エンジンに特に異常はないのでまた拭き取ってこのままにしておきます。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

大きなトラブルが起きて大金がかかる前に車を買い替えようと思ったりするのですが、欲しい車がないんですよね。

勿論、価格を度外視すれば別ですが。

その昔はぜひ乗ってみたいという車がありました。

例えば、初期型RX-7、MGミジェット、ユーノスロードスター、ホンダレジェンド。

なんてのは、乗って見たくて、買ったわけですけど。

ちなみにホンダレジェンド以外は中古車。

日本だと中古車という選択肢があるのですが、タイの中古車は値段も高いし、走行距離もめちゃめちゃ多かったりするわけで。

タイで価格を無視した場合、今乗ってみたい車はCクラスのベンツのプラグインハイブリッドですな。

日本の自動車関係のメディアでべた褒めのCクラス。

どんなのか乗ってみたいのと同時に、プラグインハイブリッドって、どんなメリットがあるのか確かめてみたいと思う。

ま、そんなあり得ない想像をしている間は今のプロトンに乗り続けるのでしょうね。(笑)

  
Posted by thai47 at 11:55Comments(6)

2018年10月15日

プロトンのエアコンが故障して、またまたディーラーに入院した話。


とある金曜日の夕方。

何だか熱くなってきたなあ、もしかしたらエアコンが故障したのかも。

と思いながら、エアコンのスイッチとか温度調整のつまみを何度かオンオフしたりしたのですが、変化はなく。

仕方なく少し窓を開けて走っていたのですが。

突然の大雨。

あっという間にすべての窓ガラスが真っ白。

前も見えなくて、雨が吹き込むのも我慢して、窓をもう少し大きく開けて、スピードを落として。

こういう場合は暑いのを我慢してヒーターをつけてフロントガラスに吹き付ければくもりは取れるのですが、私のプロトンにはヒーターは付いていないし。

参ったなあと思いつつ家まで走る。

翌日。

エンジンをかけてエアコンをオンオフしても、エアコンが作動する音がしないので、機械的な故障だなぁと思ったのですが、とりあえず近所のエアコン修理屋さんに行ってみてもらうと、予想通りガスが抜けているわけではなく機械的な故障で、プロトンは直せないというこれまた予想通りのお答え。

仕方なく三週間ぶりにプロトンのディーラーに。

土曜日に持ち込んで、直ったと連絡があったのが木曜日。

で、金曜日に取りに行きましたとさ。

交換した部品はこの三点。

プロトン エアコン 交換部品


工賃含めて、約1万5千バーツ。

三週間前に3万バーツで修理して、またまたこの修理代。

タイで思う。2018年07月16日 プロトンペルソナ、修理完了。乗り続けるべきか、買い替えるか。

修理代も大変ですが、故障のたびに1週間近く車が使えないというのもねぇ。

それでもこれだけお金をかけたのだから、意地でも乗り続けようかと思う今日この頃。




☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 12:50Comments(8)

2018年09月09日

久しぶりに、B-quikでオイル交換。


以前はよく利用していた、B-quik

B-quik 1


1万キロもつというオイルをプロトンのディーラーで、1万キロ点検毎に入れるようになってから、B-quikでオイル交換をする事は無くなったのですが。

この前エンジンからドバーッと冷却水が漏れてプロトンのディーラーにレッカー車で運び込まれた時、修理のついでに22万キロ点検もお願いしたのですが。

さて交換されたエンジンオイル、1万キロ持つものかどうか確認しなかったんですよね。

で、五千キロ走ったので、交換しておいた方が良いかなあと、久しぶりにB-quikへと行ったわけですわ。

混んでいて2時間以上かかるとの話でしたが無問題。

車は預けておくつもりで2台で行きましたから。

エンジンオイル交換をお願いすると、「前と後ろのタイヤの空気圧は」って、いきなり聞かれて答えられますか?

私はサクッと答えましたけど。

普通は覚えてないよねぇ。

で「モービルとシエルどちらにしますか」えっそうきましたか。

今までは、「五千キロと1万キロどちらにしますか」という質問だったのに。

「値段は?」
「同じです」

適当にモービルを選びました。

B-quik 2


オイル交換でトラブル発生。
ドレインボルトが回らないとのこと。
仕方ないので上抜きという事で。

随分前にB-quikでオイル交換した時も、同じようなことを言っていたような。

ま、オイル交換出来ればどうでもいいです。

今度プロトンに点検に持っていった時の対応が楽しみです。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 20:35Comments(11)

2018年08月19日

ヘッドライトを磨く。


洗車してもこの状態。

ヘッドライト 磨き 1


恒例となっているヘッドライト磨き。

こんなのを使って。

ヘッドライト 磨き 2


こんなので仕上げて。

ヘッドライト 磨き 3


こんなになりました。

ヘッドライト 磨き 4


もう何も悩まずに、たいした時間もかけずに、朝起きてシャワーを浴びる前にサクサクっと終了。

ヘッドライトのこの黄ばみなんとかならないものですかねぇ。

昔のガラスのヘッドライトの方が良かったなあと思うのは私だけでしょうか。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 21:00Comments(2)

2018年07月16日

プロトンペルソナ、修理完了。乗り続けるべきか、買い替えるか。


先日レッカー車に引かれてディーラーに入院したプロトンペルソナ。

タイで思う 2018年07月08日 プロトン ペルソナ レッカー車に引かれてディーラーに入院する。

予定よりも早く修理完了との連絡があり、費用も予定よりも少し安い約3万バーツとの事で。

Proton ペルソナ 修理 1


交換した部品類。

Proton ペルソナ 修理 2


Proton ペルソナ 修理 3


Proton ペルソナ 修理 4


冷却水回路関係のホース類とガスケット交換ですな。

これでしばらくは安心して乗れるかと。

ん?

Proton ペルソナ 修理 5


何やら緑色の液体が。

リザーバータンク、ラジエター共に冷却水ほぼ満タンだったので、気にしないことに。


3万バーツをかけて直したので、意地でもしばらく乗り続けようと思う気持ちと、故障した状態では売るに売れないので、次に故障する前に、今のうちにさっさと買い替えた方がいいのではないかという気持ちが半々で。

悩ましいですな。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 12:04Comments(8)

2018年07月08日

プロトン ペルソナ レッカー車に引かれてディーラーに入院する。

ある日、血液検査に病院に行こうと先日22万キロを超えたプロトン ペルソナで病院の駐車場の近くでゆっくりと左折しようとしたらいきなりパワステが重ステに。

エンストしました。
なのにラジエターファンは回り続けていて。

ギアをニュートラルにしてセルを回せばエンジンはかかるのですが、アクセルをゆるめるとアイドリングせずにストンとエンジンが止まり、ラジエターファンは回り続けているという。

でも水温計は正常値。

何回か試みたのですが、バッテリーが上がるのも心配ですので諦めて。

ちょうど近くの店の駐車場の前だったので、そこの警備員に車を止めさせて欲しいと話をして、その警備員と家内に車を押してもらって何とか駐車スペースに止めました。

エンジンが熱いと何も出来ないし、幸い病院の近くなので、とりあえず車はそこに置いて病院に行くことに。

数時間後。

ボンネットを開けてみるとエンジンオイルの漏れたような跡も気になったけど、とりあえずラジエターキャップを開けてみたら予想通り冷却水が見えない。

プロトン ペルソナ 故障する 1


こんな時の為に車に常備していた1.5リットルのペットボトルの水をどくどくと。

1本入りました。

でもまだ全然足りないような。

近所のセブンイレブンに行って、1.5リットル2本買ってきて、再びどくどくと入れ始めたら。

ぴちゃぴちゃと水のこぼれるような音がエンジンの後ろから聞こえてきて。

見てみたら豪快に水が漏れていました。

プロトン ペルソナ 故障する 2


あちゃーというわけで、このまま走ったらエンジンが壊れるのは間違いないわけで。

さてどうしたものかと。

とりあえずタクシーで家に帰り考える事に。

幸いプロトンのディーラーが休みではなかったので、ディーラーに電話してレッカー車を紹介して貰い、レッカー車でディーラーまで運んでもらうことに。

プロトン ペルソナ 故障する 3


そしてプロトン ペルソナは入院いたしました。

大事でなければいいのですが。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 17:17Comments(4)

2018年07月03日

プロトン ペルソナ 22万キロ


22万キロ


今のところ、車に問題はないのでもう少し乗り続けようと思っているのですが。

買い替えるとしたら燃費の問題があるんですよね。

今私の乗っているプロトン ペルソナ、CNG仕様なので、燃費は大体1km走るのに1バーツという感じ。

今タイのガソリン価格はガソホールE20で、26.74バーツ。

単純に考えると、ガソリンでリッター27キロ走るのと同じですな。

もし車を買い替えるとしたら、CNG仕様の車は今はほとんど発売されていないし、改造するとしても10万バーツくらいかかるんですよね。

私がプロトンを買った7年くらい前は、CNGの価格が今より安くて、ガソリンの価格が今より高く、ガスで走ればガソリンの4分の1くらいの費用で済んだのです。

ですから、10万バーツ高くても、3万キロくらいでCNG仕様にかかる費用は回収できた計算なのですが、今の価格差だと6万キロくらい走ってやっと元が取れるという状態。

それに今はCNGに改造してくれる業者があるのかどうか。

うーん。

今車を買い替えるとしたら、CNGは選ばないですねぇ。

かといって、リッター27キロ走る車なんてないですし。
という事は、この車に乗り続けるのが一番燃費がいいという事になるわけで。

とりあえず、乗り続けますかね。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 11:20Comments(4)

2018年03月08日

いつも行くプロトンのディーラーは営業していましたが、タイのプロトン、この先どうなるのでしょうか。


私が毎日乗っているプロトンペルソナ。

1万キロ毎にディーラーに点検してもらっているのですが。

21万キロを超えたのでいつものディーラーに行くと。

プロトン


去年の10月に20万キロ点検に来た時と、おそらく同じ車がやっぱり一台だけショールームにありました。

プロトン、しばらく前からタイのモーターショーとかにも出展していないし、この雰囲気のディーラーで車を買おうという奇特な人がいるとも思えない。

私がいつも行っているこのプロトンのディーラーは隣が日産のディーラーで、大きさはけた違い。

道路から見るとプロトンのディーラーは日産のディーラーの端っこにくっついているような。

タイの自動車ディーラーって日本に比べると、なぜかとても規模が大きいんですよね。

いっぱい修理待ちの車が置いてあるし、新車も何台もの在庫があって。

お客様用のラウンジなんてのもあって、コーヒーとかの飲み物はもちろん、軽食、昼になれば簡単な昼食まで無料だったりする。

でも、プロトンは違って。

このディーラーはコーヒーと水しかないし、トイレに紙もない。

他のディーラーと、違いすぎますな。

例えばプロトンがとてもマニアックな車で、どうしてもプロトンが欲しいというお客さんがいれば別ですが、普通の車であるプロトンをこのディーラーでわざわざ買う人がいるとは思えないのですよ。

私がこのプロトンを買った頃は、モーターショーにも出展していたんですけどねぇ。

今はプロトンのマレーシアの会社自体、経営不振で中国のジーリーに買われてしまったし。

この先どうなるんでしょうねえ。

しばらく前にボルボがジーリーに買われてから元気になりましたから、意外とプロトンも元気になるかも。

とりあえず、私が乗り続けている間は、タイから撤退しないで、このディーラーが存続していることを期待しています。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 13:08Comments(4)

2018年02月20日

プロトンペルソナ、21万キロを超える。


21万キロ


車を買い替えるお金もないし、欲しい車もないし。

このまま乗り続ける予定。

昔と違って、車を買い替えても、それほど何かが大きく変わるという事はないような気がして。

いま日本で普及しつつある自動ブレーキシステムとか、渋滞にも対応するクルーズコントロールとかが、出てきたら買い替えを考えるかも。

安くてシンプルで、かっこいい車ってないものですかねぇ。

マツダが日本でユーノスロードスターの初期型のレストアなんてことをやっていますが、あんな車が欲しいですな。

今のロードスターは豪華すぎると思うのですよ。

ま、そのうちほしい車が出てくることを期待して。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ロードスター
  
Posted by thai47 at 12:27Comments(4)

2018年01月23日

プロトンのエアコンが冷えなくなったので、とりあえず修理工場に。


数日前から、なんだかエアコンの効きが悪くなったような気がして、そのまま乗っていたのですが、いよいよ効かなくなってきて仕方なく修理に出そうかと。

悩むんですよね、どこで修理するか。

信頼できる店がなくて。

いつものB-Qickも以前CR-Vで、何回か通う羽目になったし。

とりあえず近所の修理工場でエアコンのガスだけ入れてもらおうかと車を持っていく。

チェックしてもらったら、やっぱりガスが無くなっているとのこと。

どこかに問題があるかもしれないからチェックした方がいいとの事でしたが、とりあえずガスを入れてくれと。

ラジエターのアッパーホースとかを触りながら、エンジンの温度が熱くなっているから部品を交換した方がいいとの話。

水温は一定していて、オーバーヒートの気配もないのだけれど、まあいいや、と部品交換もお願いする。

で、交換したのはこれ。

エアコン修理


これって、サーモスタットですな。

このサーモスタットの故障が原因で、エアコンのガスが無くなるという事があるのでしょうか。

まあ、ガス補充と合わせて、総額900バーツですから、どうでもいいやと。

しばらくこれで様子を見るつもり。

でもね。

渋滞で止まっているときに、ポコッとか変な音がするし、水温が上がるのにすごく時間がかかるようになったのですが。

いいのかそれで。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 11:04Comments(4)

2017年12月11日

B-Qickで、フロントのブレーキローターを交換した話。


10月にB-Qickで、ブレーキパッド等を交換したときに、フロントのディスクローターの在庫がなかったので、そのままになっていたのですが。

タイで思う 2017年10月16日 B-Quikでブレーキパッドを交換したり、走行距離が20万キロを超えたり。

b_quik_1


ブレーキパッドを交換したときに、フロントのディスクローターを注文していたのに、全然入庫したという連絡がなく、何度も電話で催促したのですが。

それでも、埒が明かないので、直接店舗に行って確認したら、発注されていなかったりして。

タイですなぁ。

で、改めて発注したら、次の日に入荷。

で、電話があり、いつ取り付けに来ますか、早く来てくださいな。部品を長く置いておけないと。

おいおい。今まで散々待たせておいて。

腐るものでもないのに。

というわけで、交換してきましたよ、フロントのローター。

b_quik_4


使用したのはこんなの。

b_quik_3


勿論プロトン純正ではなく社外品ですな。

取り外したローターはこんな状態でした。

b_quik_2


傷だらけ。

かかった費用は。

b_quik_5


2,980バーツ。

先日かかった費用、4,320バーツと合わせて、7,300バーツ。

車というものは維持費がいろいろとかかるものですな。



家に帰って、車庫入れしたときに干してある洗濯物をよけて止めようとしたら、豪快にガリっと。

b_quik_6


あーあ。

気にしないことにします。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:52Comments(4)

2017年11月28日

IPF ヘッドライト LED H4 バルブをプロトンペルソナに取り付けようとしたのだけれど。

先日日本のアマゾンで買ったヘッドライト用LED。

タイで思う 2017年11月21日 日本のアマゾンに注文していた、ヘッドライト LED H4 バルブが届いた話。

実物


中身はこんなの。

LED3


一本約一万円と高価ですが、素晴らしい品質ですな。

普通はプレス部品の取り付け部分もダイキャスト製。

LED5


今ついているハロゲンバルブとこれを交換するだけで、こんなのが、

LED2


こんなに。

LED1


なる予定でした。

そう、なかなか思い通りにならないことは人生に多いわけで。

LED換装はうまくいきませんでした。

まず今ついているハロゲンバルブを外そうとコネクターを引っ張ったのですが、なかなか外れず、ネット情報では固くても引っ張れば外れるとの事だったので、いろいろ掴む場所を変えながら引っ張ったら外れて、よく見たら、ロックがかかっていたりして。

LED11


左側はライトの後ろにスペースがあります。

LED6


右側はウインドウォッシャー液の注ぎ口とか、ブレーキフルードのカップとかがじゃましてます。

LED7


このままで何とかLEDバルブを突っ込めないかといろいろやってみたのですが、無理でした。

バルブを外した穴でいろいろぐりぐりやっていたら、バキッと音がして。

バルブを固定するスプリングを止めていたプラスチックの出っ張りが欠けてヘッドライトの中に。

LED14


あーあ。細かいことは気にしないことにして。

LEDバルブをヘッドライトに差し込む一番簡単な方法はヘッドライトを車体から取り外すことなのですが。

ヘッドライトを外すにはバンパーを外さなければならないので、ウインドウォッシャータンクを外すことができないかと見てみたのですが、車体の下にもぐってボルトを外さなければならないようで。

あーあ、無理だわ。

右側はとりあえず保留にして。

スペースのある左側だけでも取り付けてみようかと試みたのですが、ゴムのダストカバーを取り付けるとどうしてもLEDバルブが奥まで入らない。

ダストカバーなしだと、このように取り付けられるのですが。

LED8


おそらく、LEDバルブの後ろのフランジの様に出っ張った部分が当たっているように思います。

それを少し削れば取り付けられそうに思うのですが、一つ問題が。

LED4


製品の一番広いお尻の部分からフランジの部分の少し上まで、冷却のための穴があけられています。

中にはファンが入っていて、冷却するようになっているのですが。

強引にフランジをカットして取り付けたら、この穴の部分がゴムのダストカバーに覆われてしまうのです。

冷却効果が無くなってしまうという。

なぜこんなことになるのかと想像しますに。

LED9


バルブの取り付け位置から、ダストカバーの位置までの距離が長い。

バルブの取り付け位置が深く入り込んでいるのではないかと。

LED10


下から60mmの下半分くらい、フランジの位置までは外に出ていなければならないのではないかと。

今回の結論。

無理に取り付けても、冷却の問題でLEDバルブは故障する可能性が高いので、これを私のプロトンペルソナに取り付けるのはあきらめた方が良い。


であらためてIPFのサイトを見ていたらこんなのが。

LEDヘッドランプバルブ コンパクト 6500K H4 12V/24V 141HLB

141HLB_PACKAGE


LED13


この記述は気がつきませんでしたね。

このタイプはお尻が短いだけだと思っていました。

これならOKかも。

IPFのウエブサイトを見ると、各車種で使えるかどうか検証していて、普通に日本で売られている車の場合は、その適合表を見れば、今回の私のような失敗はないわけですが、あたりまえではありますがプロトンペルソナについての記述はありませぬ。

で、とりあえず今回は買って試してみたわけです。

このコンパクトタイプは私の買ったタイプを発売してから、しばらくして発売されています。

おそらく、発売してから、もっと後ろの部分が短いタイプが欲しいとか、ダストカバーに当たってうまく取り付けられない、なんて話があったのではないかと。

そして、それに対応する製品を出したと。

さすが日本の企業ですな。


今回、狭いところに手を突っ込んでいろいろやっていたら、手の皮がむけましたとさ。

LED12



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 13:20Comments(4)

2017年10月30日

久しぶりに車にワックスをかけた。


車を自分で洗ったり、ましてやワックスをかけるなんてことはほとんどなくなった今日この頃なのですが。

久しぶりにワックスをかけてみましたですよ。

先日いつもの洗車屋さんで、洗車だけでなくワックスがけも頼んだのですが、いまいちな出来で、やっぱりお金をかけてワックスをかけたら一目で洗車だけの時と違うなあと思いたいのに、見た目は「本当にワックス掛けたの?」という感じ。

近所の洗車屋さん、丁寧な仕事ぶりで気に入っていたのですが、少しがっかり。

で、先日わが愛車プロトンペルソナを点検に出したら、ディーラーで洗ってくれましたので、翌日ふと自分でワックスをかけてみようかなと。

大昔、いつ買ったのかも忘れた半練りのワックス。

ワックスがけなんて忘れたころにしかしませんからまだまだ半分以上残っているという状態で。

テキトーに塗り広げて拭き取って。

こんな状態に。

プロトン ワックス


30年ほど前、日本で洗車ブームなんてのがありまして、自動車雑誌がいろいろなワックスのテストをしたりして、ワックスをかけた後のボンネットの上にミニスカートの女の子を立たせて、どのくらいきれいにパンティが映るかなんて企画をやっていました。

平和な良い時代でしたね。

うちにはそのようなミニスカートの女の子はいませんので、とりあえずその辺の木の映り込みを写してみました。

ほぼ7年落ちの車としてはこんなもんでしょ。

私の車プロトンペルソナはマレーシア製ですが外装塗料は関西ペイントです。

この熱帯の日差しに晒されて、これだけのツヤを保っているのはすごいことのような気がします。

昔の車はすぐにツヤが無くなったりしたものですが、知らないうちに技術も進んでいるんでしょうね。

人間の皮膚なんて、強い直射日光に長くさらされれば直ぐに変色して皮がむけてしまうのに。

人間は進歩しませんな。

自動車というものは自動車会社が作っているのはエンジン位なもので、それも組み立てているだけだったりして、ほとんどの部品はサプライヤーとよばれている業者が作っているわけで、この私の車のようなマレーシア製の車でも、日系のメーカーが多くかかわっていますから、プロトンのような車でも、中国メーカー製の車でも、日本のメーカー製の車でも、実は品質自体にはそれほど大きな差はないのではないかと思うのです。

という事は。

日本の自動車メーカー、安くて品質がいい、なんてことを売りにしていると、中国メーカーに追い越されてしまいますよ、きっと。

積極的に欲しいなあと思わせる車を作らないと。

日本の自動車メーカーの車、あんなにたくさんの種類があるのに、欲しいなあと思う車がないのはなぜなんでしょうか。

やっぱりデザインがどうしようもないからでしょうかね。

久しぶりに汗をかいた休日でした。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 13:07Comments(4)

2017年10月29日

プロトン ペルソナ 20万キロ点検。


先日わが愛車プロトンペルソナが、20万キロを超えましたので、プロトンのディーラーに点検整備に持っていきました。

前回点検整備したときに、次回はこういう部品を交換した方がいいよという事でリストをもらっていまして。

プロトン20万キロ点検1


タイミングベルトとかですな。

なぜわざわざこんなリストをくれたかといいますと、前もって注文しておかないと、部品がない。

で、数週間前に発注したら、タイにはないので、マレーシアに発注するのでしばらく時間がかかると。

大丈夫か、プロトン。

で、そろそろ部品が入ったかなぁと電話して確認したら、部品は入っているけど、今週は整備士がウィパワディの店に手伝いに行っているので、交換できないと。

大丈夫か、プロトン。

で、次の週に交換、点検に行ってきましたとさ。

プロトンのディーラーのショールームには車が一台だけ。

プロトン20万キロ点検2


普段は4台くらい置いてあるんですけどね。

ショールームはエアコンも入っていないし。

セールスのお姉さんもいない。

大丈夫か、プロトン。

来月当たり店を閉めるのではないかと、ディーラーの人に聞いてみたら、車は売れて、次の車を発注しているんだけど、まだ届いていないと。

本当かなぁ。

長い間、同じ車がショールームに置いてあったような。

急に売れたというのも変な気がしますが。

まあいいや。

私としては、このディーラーが無くなると、整備に困りますので、細々とでも続けてくれることを望んでおります。

今回交換した部品は、

プロトン20万キロ点検3


そのほか、エンジンオイルとかATFも交換して、総額11,300バーツなり。

車というのは維持費がかかりますな。




☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


プロトン、今後どうなるんでしょうねぇ。

タイであえてプロトンを買う理由は思いつかないし。

そのうち消滅してしまいそう。  
Posted by thai47 at 17:12Comments(4)

2017年10月16日

B-Quikでブレーキパッドを交換したり、走行距離が20万キロを超えたり。


数日前から、フロントブレーキをかけたときとか、その後に異音がしていまして。

あー、そろそろブレーキパッドを交換しなければと。

恥ずかしいですからねぇ、渋滞中に変な音をさせているというのは。

で、いつものB-Quikへ。

B-quik


全輪のブレーキパッド交換。

リアのディスクローターの研削。

フロントのディスクローターは以前に研削していますので、今回は交換したかったのですが、在庫が一枚しかないという事で。

片側だけ交換するのもバランスが悪そうなので、取り寄せてもらうことにして、とりあえずそのまま使う事に。

二枚そろったときに改めて交換することに。

ホイール


で、今回かかった費用は。

receipt


クリーナーが一つ390バーツ。二つで780バーツ。

ブレーキパッド、リア用が1,350バーツ。フロント用が1,390バーツ。

ディスク研削が一枚400バーツ。二枚で800バーツ。

トータル4,320バーツでした。


さて、このブレーキパッドの値段が高いのか安いのか。

ブレーキパッドが純正品でないのは間違いないので、プロトンのディーラーで交換するよりも安いとは思うのですが、ネットで日本でのブレーキパッドの価格を調べてみたのですが、安いのから高いのまで差がありすぎ。

まあどうでもいいや。ということで。

ブレーキパッドも交換したし、まだまだ乗りますよ、プロトン ペルソナ。

200,000km超えましたけど。

200,000km


まだまだ乗りたいのですが、心配なのがプロトンのディーラー。

20万キロでタイミングベルト等を交換したいので、発注したら、タイに無いのでマレーシアから取り寄せるので時間がかかるとのこと。

おいおい、ですな。

来年あたり、プロトンのディーラーが無くなったりして。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:02Comments(0)

2017年08月22日

ヘッドライト磨き、再び。

今年のお正月に磨いたプロトンのヘッドライト。

お正月にはヘッドライトを磨いた。

半年あまりでこんな状態に。

ヘッドライト1


前回使用したこれを買いにフューチャーパークの60バーツショップのCan★Doに行ったのですが、見当たらず、仕方なくこの前使ったのをそのまま使いました。

1ff2dbaf


何とかこの状態まで磨いて。

ヘッドライト2


力尽きたので、仕上げ磨きとコーティングは次回という事で。


半年毎のヘッドライト磨きが習慣となりそうです。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 17:30Comments(0)

2017年06月03日

プロトン ペルソナ 19万キロ点検とパワーウィンドウ修理。

先日19万キロを超えた、プロトンペルソナ。

リアのパワーウィンドウが壊れたままだったので、

2017年02月22日プロトン ペルソナ、4日間かけての修理。

その修理をかねて点検をしてきました。

点検


エンジンオイルは5千キロか、1万キロか聞かれたので、思い切って1万キロと。

こんなオイルを入れていました。

エンジンオイル


最近流行りの、さらっさらのエンジンオイルですな。

0Wですから、−35度まで対応。←タイに最適(笑)

ちなみにお値段は、1,580バーツでした。

そして、パワーウィンドウの修理の部品はこちら。

パワーウインドウjpg


モーターだけでなく、アームユニットも交換。

うーん。両方交換しなくてもいいような気がしないでもないのですが。

ま、細かいことは気にしないことにして。

で、かかった費用は、6,238バーツでした。

点検修理が終わり、開かなかった窓が開くようになったので、フィルムを張りに行ってきましたとさ。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

その昔。

カストロールとかバルボリンなんてオイル、高級オイルだと思っていたのですが、単なるオイルメーカーのブランド名で、カストロールすべてが高級オイルというわけではないのですな。

  
Posted by thai47 at 12:30Comments(2)TrackBack(0)

2017年05月25日

プロトン ペルソナ 19万キロ

19万キロ


今朝のサムットプラカーンは洪水でした。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 11:05Comments(2)TrackBack(0)

2017年03月28日

プロトン ペルソナのフロントガラスを交換して、ウィンドウフィルムの交換をした。


ずいぶん前に跳ね石でひびの入っていたフロントガラス。

タイで思う 跳ね石で、フロントガラスにひびが。

ひびが入ったのはなんと2014年5月30日。

ほぼ3年前ですな。

ひびは真横に伸びて、そのあと上方向にも伸びたのですが、ちょうど視界の下側と左側で運転するときには全然気にならなかったので、そのままにしていたのですが。

ついに交換しましたよ。

ランジットクロン1のこんな店で。

フロントガラス 1


まさか、プロトンペルソナのフロントガラスの在庫があるとは思ってもみませんでした。

フロントガラス 2


フロントガラスを交換した後、ワイパーを見るとこんな状態。

フロントガラス 3


ワイパーの右と左を付け間違えている。

ワイパーを取り付けた後に、ぱっと見てわかりませんかねぇ。


この店、ウィンドウフィルムの施工もやっていますので、ドアとかリアガラスのウィンドウフィルムも3M製に張り替えてもらおうと。

「リアの右側の窓が開きません。」

そうでした。モーターが壊れたままでした。

窓が開かないとフィルムを張るのはむつかしいですよね。

近所の店で直せるとの事なので、行ってみたのですが、プロトンのモーターはないとのこと。

プロトンのディーラーで直すしかないわけですが、わざわざパワーウィンドウのモーター交換だけの為にディーラーに行くのも面倒なので、リアの右側の窓以外のフィルムを張り替えました。

ウィンドウフィルム


リアの右側の窓のモーターは今度プロトンのディーラーに点検に行った時に交換してもらって、その後この窓だけフィルムを張り替えてもらうことに。

月曜日、雨が降ってワイパーを使用したのですが、ワイパーは交換していないのにずいぶん拭き取りがいい感じ。

フロントガラスの表面も結構傷んでいたのかもしれませんね。

18万5千キロ走行していますしね。

張り替えたウィンドウフィルムの効果はまだ未定です。



手の入りにくいリアのガラスの隅まできれいにフィルムが貼ってあるのですが、一度ガラスを外して貼っているような気がします。

ガラス交換の技術、工具等があればガラスを外してフィルムを貼った方がきれいで早いですよねきっと。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 17:30Comments(10)TrackBack(0)

2017年02月22日

プロトン ペルソナ、4日間かけての修理。


先日わがプロトン ペルソナを点検に出した時の話。

タイで思う 2017年02月02日 プロトン ペルソナの18万キロ点検をしたら、ブレーキの部品を交換しなければならないと言われて・・

で、そのまま乗っていたのですが、エンジンが不調になったのですよ。

アイドリングが安定せずに、Dレンジでブレーキを踏んで止まっている状態で、時々失火しているような感じで、エンジンが息継ぎをして、最悪エンストとするという。

Uターンしようとタイミングを見計らって、いざアクセルを踏んだ瞬間にエンスト。

こりゃやばいわ。

オートマですから、クラッチを離してエンジンをふかしてごまかすなんてできませんし。

というわけで、ウィパワディにあるタイの中で一番大きなプロトンのディーラーに行ってきましたよ。

部品がないからまた来てね、なんて言われたくないので。

ここに無い部品はタイに無いという事です。

14日火曜日に持ち込んで、修理完了したのが17日金曜日でした。

エンジンの不調に関しては、イグニッションコイルを交換。

Ignition coil


そして、前回交換しなかった、ブレーキの部品も交換。

Master cylinder


Master cylinder body


エンジンマウントブラケットからオイルが漏れているのが発覚したので、それも交換。

Brkt oil leak


Brkt assy


Engine brkt


で、修理は完了。

Engine room


リアの右側のドアの窓が開かないのは、モーター交換で3千数百バーツかかるという事なので今回は見送り。

エアコンの効きがいまいちなのもとりあえず放置。

それでも、前回の点検修理と合わせて3万数千バーツ。

車というのはお金がかかりますな。


エンジンマウントブラケットの交換は効果がありましたね。

アイドリング時の振動がものすごく小さくなりました。

18万キロも走れば、いろいろ問題が出てくるのも仕方ないのかもしれませんね。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:19Comments(6)TrackBack(0)

2017年02月02日

プロトン ペルソナの18万キロ点検をしたら、ブレーキの部品を交換しなければならないと言われて・・


一万キロ毎にディーラーで点検をしている私のプロトン ペルソナ。

先日18万キロ点検をしたら、ブレーキの部品を交換する必要があるとのこと。

確かに、時々ブレーキを踏んだ時にストロークが変わることがあったような。

いつものように、部品の在庫はないので、改めて出直して交換したのがこの部品。

ブレーキ部品3


この穴の部分についていたわけですな。

ブレーキ部品2


修理が終わったら、「この部品も交換しなければならない」なんて話が。

ブレーキ部品1


ブレーキオイルの入っているカップの部分ですな。

ブレーキ部品4


で、この部品の在庫はないと。

あーあ、タイだよね。

以前ホンダのディーラーでも、部品交換しても直らなかったり、町の修理工場でも何度も違う部品を交換したり。

ディーラーの人が言うには、両方故障していたと。

同時に故障しますかね。

部品を注文してまたディーラーに修理に行くのも面倒なので、とりあえずこのまま乗っていることにしました。

それにしても、もう少しきちんと故障個所、故障している部品を特定するという事は出来ないものなんですかねぇ。

テキトーにやっているようにしか思えない。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 00:30Comments(4)TrackBack(0)

2017年01月05日

お正月にはヘッドライトを磨いた。


以前から気になっていたヘッドライトの曇り。

去年、高いお金を出して磨いてもらったのだけれどたいした効果はなく。

headLight_before


タイで思う 2016年05月09日 曇ったヘッドライトを磨いてもらったのだけれど。

昨年、日本に一時帰国したときにこんなのを買ってはいたのですが。

ヘッドライトリフレッシュ


これを使ったくらいできれいなるとも思えず、やっぱりヘッドライトの周りをマスキングして、ペーパーでこするしかないかなぁと思っていたのですが。

面倒ですよねぇ。

そんな思いでいた昨年の年末。

フューチャーパークにある、ダイソーのような60バーツショップのCan★Doをぶらぶらしていたら、こんなのを見つけまして。

ダイヤモンドパフ


これは使えるかもしれない。

値段も安いのでとりあえず買ってみるかと。

年が明けて、新年早々これを使ってヘッドライトを磨いてみました。

大正解。

サンドペーパーと違い、小さいのでマスキングをしなくても、ボディを傷つける心配もなく。

持ちやすくて力も入れやすい大きさ。

適当に表面が平らになるまでこすって、日本で買ってきたヘッドライトリフレッシュで磨いて、コーティングして。

headLight_After


headLight_After2


まあ、こんなもんでしょ。

十分満足。

プラスチック自体が変色していますから、どんなに頑張っても元の透明感は戻りませんから。

実労働時間は2時間もかかっていないような。

絶望的にヘッドライトが黄色く曇ってしまった場合の対処として、この方法お勧めです。

本当はこんなにひどくなる前に、今回使ったヘッドライトリフレッシュを使った方がいいんでしょうねぇ。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 12:30Comments(6)TrackBack(0)

2016年12月22日

プロトン ペルソナ 18万キロ

18万キロ


6年で18万キロ。

一年で3万キロのペースですな。

この後も順調に走り続けてほしいものです。

10年は乗り続けたいですから。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 18:21Comments(4)TrackBack(0)

2016年08月17日

ディーラーでプロトン ペルソナ17万キロ点検をして、ラジエターの水漏れを見つけたので、ラジエター屋さんで修理する。


私の乗っているプロトンペルソナ。

一万キロ毎にディーラーで点検して、五千キロ毎にB-Qickでオイル交換をしています。

で、先日めでたく17万キロとなりましたので、いつものプロトンのディーラーに。

Proton 17万キロ


特に問題となるところはなく、定期点検の他には、バンパーについている左側のドライビングランプがつかないので、その修理を頼んだくらいで。

少し前から、またまたラジエター液が減るという現象が出ていたのですが、もう少し様子を見ようかなぁと、いずれにしてもディーラーではなく、ラジエター屋さんで見てもらうことになるんだろうなあと思いつつ、車の整備状況を見に行くとちょうど私の車がリフトアップされていたので、ラジエターのあたりを水が漏れていないかなあと見てみると。

ラジエター、水漏れ


とってもわかりやすく、水が漏れていました。

というわけで。

プロトンのディーラーでの点検が終わって、この前ラジエターを作ってもらった店に直行。

2016年03月03日 プロトン ペルソナのラジエターを交換した話。その2

ラジエターを交換してから、まだ半年も経っていない。

写真を見せて、水が漏れていると言ったら、すぐにラジエターを外して修理。

ラジエター、水漏れ修理


修理が終わって、ラジエターを取り付けて、水を入れると、エンジンの冷却回路が錆びているらしく、赤錆びた冷却水が出てくるので、ラジエターのアッパーホースを外した状態で、ラジエターに水道水を入れながらエンジンをかけて、冷却水が透明になるまで待ちます。

で、クーラントを入れて終了。

費用は修理代が無料、冷却回路清掃とクーラント代で450バーツ。

半年も経っていないのだから無料にしてくれてもいいような気もしますが、まあいいやと。

さて。

次に冷却水が減り始めるのはいつでしょうね。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 07:30Comments(6)TrackBack(0)

2016年08月10日

プロトン ペルソナで、170,000km

_20160810_065115


日本に住んでいた時は、車の走行距離が10万キロを超えるなんてこと想像する事も無かったのですが。

タイに住むようになって、10万キロなんて単なる通過点になってしまいました。

以前乗っていたCR-Vは、手放した時30万キロを超えてましたからねぇ。

さて、このプロトン ペルソナで後どの位走るのでしょうか。

20万キロ超えは、確実ですな。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

最近またラジエター液が減るという症状が・・・


  
Posted by thai47 at 17:30Comments(5)TrackBack(0)

2016年07月28日

プロトン ペルソナのタイヤ交換をした。


10万キロ以上走って、減りが気になっていたタイヤ。

もう少し使おうかと思っていたのですが、雨の高速を走っていると、やっぱり交換しようと思うわけで。

タイの高速道路。

日本と違って、雨が降ると水たまりができてとても危険な状態になります。

水たまりでグリップを失う単独事故というのも、よくあるわけで。

回避できる危険はできるだけ回避すべきだということで、タイヤ交換することに。

いつもタイヤ交換しているB-Quik、今月中は特別価格だし。

_20160720_173429


この中では、ピレリーかなぁ。

なんて思いながら、B-Quikへ。

どんな種類のタイヤがあるか聞くと、このリストの他に、私が今使っているGOOD YEARがあるとの事。

B-Quikのネットでは表示されていなかったから、無いのかと思っていた。

でもせっかくなので他のタイヤにしようかなぁと、「ピレリーはありますか」と聞いたら、この店には在庫がなくて、他の店に問い合わせてみるとのこと。

他の店にあったとしても、取り寄せに時間がかかりそうだからピレリーはあきらめて、「DUNLOPは」と聞いたら、「減ってくると音がうるさいですよ」とのこと。

おすすめは今使っているGOOD YEARとのことで、「何か問題ありましたか」と聞かれたのですが、10万キロ走っても特に問題はなく。

しかもお値段は、一本2,390バーツと安いし。

前回6万6千キロ越でタイヤ交換をして、今は168,708km。

2013年01月29日 B-Quikで、プロトン ペルソナのタイヤ交換をした。

10万キロ以上走って、残り溝はこんな感じ。

タイヤ1


というわけで10万キロ使えるのは経験済みだし。

今使っているのと同じGOOD YEARに決定。

ちなみにこれです。

Goodyear Assurance DuraPlus

Goodyear Assurance DuraPlus - GOODYEAR


長持ちすることをターゲットに開発されたタイヤのようで。

サイズのラインアップを見てみると。

Goodyear Assurance DuraPlus - GOODYEAR_Size


タイや幅が195までしかありませんから、高級大型セダンとか、高出力の車には向いていないことが分かります。

Designed for small- to mid-sized passenger vehicles,

ですな。

今回私の車に取り付けたのは、195/60 R15 88V

ラジアルのRはどのサイズも同じですが、そのあとの88V、ロードインデックスとスピードレンジがタイヤサイズで異なるのも面白いですな。

同じゴムの材質で同じように作れば、サイズが違ってもロードインデックスとかスピードレンジは同じになる様な気もするのですが。

サイズ毎にあえて目標スペックを変えてコストダウンしているんでしょうかねぇ。

ちなみに、88Vとは、負荷能力が560kg、最高速度が240km/h なんですと。

タイヤ交換をして、アライメントも調整して。

タイヤ交換21


黄色のバランスマークも色鮮やかで。

タイヤ交換5


この黄色いマークがついている部分が一番軽いので、ホイールで一番重いであろうバルブの位置に合わせるというのは知っていたのですが、タイヤにはこんな赤い点もあるんですね。

タイヤ交換6


赤い点は新品のホイールと組む場合、ホイールの白い点と合わせるらしい。

いろいろ考えられているんですねぇ。

まあタイヤがきちんと真円で円周上どこも同じ重さに作ることができないという証明ではありますが。

タイヤ交換にかかった費用は、タイヤ4本で、9,560バーツ。取り付け工賃が450バーツのところAIS割引で半額の225バーツ。トータル9,785バーツでした。

ふと、タイヤの製造時期を確認したのですが。

タイヤ交換4


2416って。

2016年の第24週。

出来立てのほやほやでした。

これであと10万キロ。

次にタイヤ交換をするのは4年後かなぁ。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 15:30Comments(2)TrackBack(0)

2016年07月20日

パンクしたけど、これはきっと運が良いのだと。

そろそろタイヤを交換した方が良いかなあ、なんて思って、タイヤの値段は今いくら位なんだろうとB-quikのサイトを見ていたら。

_20160720_173429


今月末まで、特別価格ですと。

交換しようかなぁ、どの程度減っていたっけ、とタイヤを見てみると。

_20160720_173614


ネジが刺さっていました。

ちょうどよかったこれを機会にタイヤ交換しよう、と少し思ったのですが、思いとどまってパンク修理する事に。

まだ空気は抜けていませんでしたから、そのまま自走して近くのガソリンスタンドにあるパンク修理屋さんへ。

4月に行った店ですな。

2016年04月26日 プロトン ペルソナ、パンクしたので修理する。

ジャッキアップして。

_20160720_173725


パンク修理。

_20160720_173832


こんな長さのネジが刺さっていました。

_20160720_173756


ホイールバランスを取りますか? と聞かれたようなので、お願いしました。

_20160720_173909


200バーツでした。

前回は120バーツ。

この価格差は、タイヤの取り外しと取り付け、ホイールバランス代ですかね。

ホイールバランス、前回は何も聞かれませんでしたねぇ。

数十バーツで出来るのならやってもらった方が良いですよね。

お店も儲かるのですから、積極的に勧めればいいのに。


タイヤの空気が減る前にネジが刺さっているのが見つかって幸いでした。

道端でタイヤ交換しないですみましたから。

しかも今回パンクしたのはフロントですから、走っている時に空気が抜けたら危険ですし。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 20:31Comments(4)TrackBack(0)

2016年06月21日

プロトンペルソナで10万キロ以上走っているタイヤ。


私の車プロトンペルソナ。

1万キロ毎にプロトンのディーラーで点検して、その間5千キロ毎に近くのB-Quikでオイル交換しているわけですが。

長年乗り続けていると、オイル交換だけでなくタイヤの交換も必要になるわけで。

前回交換したのはこの頃。

2013年01月29日 B-Quikで、プロトン ペルソナのタイヤ交換をした

6万6千キロ走ったころですな。

先日16万5千キロを超えたのでB-Quikでオイル交換をしたのですが、タイヤは10万キロ以上使用していることになります。

で、今はこんな状態。

タイヤ2


タイヤ1


まだスリップサインは出ていないですけど。

今年中には交換することになりそうです。

それにしても、10万キロ以上走れるタイヤというのはすごいですな。




☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 17:30Comments(6)TrackBack(0)

2016年05月09日

曇ったヘッドライトを磨いてもらったのだけれど。


早いもので、もう5年半になる私のプロトン ペルソナ。

ヘッドライトがプラスチックになっているほかの車と同様、プラスチックの表面が劣化して見事にこんな状態に。

before


中が見えないくらいひどい状態になっています。

ヘッドライト磨きをやっているというところに行って聞いてみたら、これは磨いてもダメ。

と言われたりして、どうしようかなぁと思っていたのですが。

いつも猫のえさを買うPTTの敷地内にある洗車屋さんで聞いてみると磨けると。

磨いてもらうことに。

polishing


この時点で少し期待薄。

ポリッシャーを使って磨く場合、ヘッドライトの周りのバンパーとかはマスキングしないと、塗装を痛めるはずなのですが。

傷めない程度にしか磨かないということですな。

で、結果は。

after


まあ、ましにはなりましたけど。

満足できる出来ではないですぇ。

ヘッドライトの磨きと洗車、ワックスで2,000バーツ。

ワックスがけも全然ダメ。

この結果で2,000バーツは高い。

文句を言ってもダメな仕事しかできないところは、やっぱりダメなので、しょうがないなあと思いながら、2,000バーツを払いました。

ヘッドライトの状態を見て断る店があったのに、この店ではできるんだと思ったのは勘違いで、断った店がきっと正解なんでしょうね。

適当に磨いたヘッドライト。

コーティングなんてしていませんので、きっとすぐに元に戻りそうな予感。

今度は自分でビカールで磨いてみますかね。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 11:00Comments(6)TrackBack(0)

2016年04月26日

プロトン ペルソナ、パンクしたので修理する。


月曜日に出かけようと、ふとプロトンのリアタイアを見たら、空気が減っていて、パンクのよう。

時間がなかったのでHR-Vで出かけて、帰ってきてからタイヤを外して、近所のガソリンスタンドにパンク修理に持っていくことに。

パンク1


パンク2


しかし、この店、胡散臭いですなぁ。

汚い格好をした若いあんちゃんが数人、でかい音で音楽を鳴らしながら。

お客さんが若い女の人一人だったら、別の店に行ってしまうかも。

私は若い女の人ではないので、パンク修理をしてもらって120バーツ。

家に戻って、車に取り付け。


プロトンに乗り始めてパンクした回数。

ブログを確認したところ、おそらく3回。

この時はパンク修理屋さんまで自走していますね。

2012年06月11日 タイヤのパンク修理をする。

次は、高速道路上でパンク。

2013年09月04日 アウターリング上でパンクしたので、スペアタイヤに交換したのに・・・・

懐かしいですねぇ。2013年でしたか。
もう2年半も前になるのですね。

そして、タイヤ交換をしなければならなくなった前回。

2014年08月18日 プロトン ペルソナがパンクして、B-Quikでタイヤ交換をする。

月日が経つのは早いものです。

それにしても、一年に一回近くのペースでパンクしていますね。

タイではまだまだスペアタイアを廃止することはできないようです。

ちなみに私のプロトン、スペアタイアは平べったいテンパータイヤなので、80kmしか出せません。

いつパンクしても良いように、普通のサイズのスペアタイアを標準装備しておいてもらいたいですよね。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 15:00Comments(2)TrackBack(0)

2016年03月26日

The 37th BANGKOK INTERNATIOAL MOTOR SHOWで、買ったもの。

昨年は、このモーターショーで車を発注したのですが、今年もドーンとおもいきって、こんなものを買いました。

フロアマット 運転席


フロアマット 後席


フロアマットです。

新車の時に付いてきたフロアマットがボロくなってきたので新しく買おうとロータスとかに行った時に気にしていたのですが。

プラスチック製とかゴム製の物ばかりで、気に入ったのがなくて。

モーターショーの部品等の販売エリアで見つけました。

プロトン ペルソナ用なんてあるはずもなく、汎用フリーサイズです。

リアのセンター用のマットがセンターコンソールに当たるので、適当にハサミで切りました。

なかなか良い感じですね。
お値段、580バーツでした。




☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 13:40Comments(4)TrackBack(0)

2016年03月24日

プロトン ペルソナ 160,000km

160,000km


パンク等、色々ありましたが、路上で立ち往生して途方に暮れるトラブルは無く、160,000km走破。

年3万キロのベース。

さて、後どのくらい乗り続けるのでしょうね。




☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 09:57Comments(4)TrackBack(0)

2016年03月03日

プロトン ペルソナのラジエターを交換した話。その2


以前CR-Vを修理してもらったことのある街中の小さな整備工場でラジエター修理が出来ると家内が主張するのでとりあえず行ってみることに。

修理工場でラジエターの修理なんて出来るわけないよ、きっとラジエターを外してどこかで修理しているに違いない、と心の中で私は思っていたのですが。

行って、聞いてみると近くのラジエター修理屋さんを紹介してくれました。

ま、想像通りですな。

こんな修理屋さん。

プロトン ラジエター-04280


漏れている箇所を見てもらうと、「修理できない」と。

仕方ないので、交換できるかと聞くと、「この車用のラジエターの在庫はありません」。

そりゃそうでしょうね。

プロトン ペルソナのラジエターの在庫が、ランジットの小さな店にあったらびっくりしますよ。

困ったなぁと思ったら、「作れますよ。」

えっ、作りますか。

それは面白い。

値段を聞くと、6千バーツとのこと。

安いですな。

家内が「○○さんの紹介なんだから少し安くして」と言ったら、5千5百バーツに。

「今日中に出来ますか」

「3時間くらいで出来ますよ」

「じゃあお願いします。」

ということで、ラジエターを作ってもらうことに。

作るといっても、コアの部分はさすがに作れないので、プロトンについていたラジエターの寸法を測って、だいたい近い大きさのコアを選んで、その上下についているカバーも、似たような大きさ形のものを選んで、そのカバーに穴を開けたり、取り付け座をロウ付けしたりして、最後にそのカバーをコアの上下にロウ付けすると。

プロトン ラジエター-04291


棚の上に並んでいるのが、いろいろな大きさのコア。

下側が真鍮製らしきカバー。

で、バーナーで切ったり、ロウ付けしたり。

プロトン ラジエター-04300


プロトン ラジエター-04293


足元の床に立ててあるのが、新しいコアで、黒いカバーが今まで使っていたプラスチック製のカバー、真鍮色のカバーが製作中のカバー。

すごいですなぁ。

まさしく職人技。

現物とあわせながら、同じになるように作っていきます。

そして最後に黒くペイントすれば手作りラジエターの完成。

車に取り付けて。

プロトン ラジエター-04309


車に取り付けてから、ラジエターに水道水を入れているのを見て、あれ、クーラントは入れないのかな、と思ってみていたら、「ナムヤーいれますか、250バーツですけど」と聞かれて。

ナムヤーは、この場合クーラントのことなんでしょうな。

もちろん「入れてください」

で無事終了。

プロトン ラジエター-04318


お値段総額、5,750バーツ。

プロトンのディーラーで純正品に交換するよりも1万バーツ以上安くすみました。


この手作りラジエーター。

日本で、

「職人が手作りした全金属製のラジエーター。コアの厚みも純正品よりも厚いので水量も多く冷却効率にも優れています。」

なんてキャッチフレーズで売り出せば、純正品よりも高く売れるかも。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 13:00Comments(6)TrackBack(0)

2016年03月02日

プロトン ペルソナのラジエターを交換した話。その1


走行距離15万キロを超えた、私のプロトンペルソナ。

冷却液が漏れているようで、日曜日には必ずリザーバータンクの冷却水をチェックして継ぎ足していたのですが。

プロトン ラジエター-04239


先日の金曜日。

家に向かっているとき、渋滞にはまって、ふと水温計を見たら針がレッドゾーンぎりぎりの位置に。

えーっ、どうしようと思いつつ、なんとか家までたどり着いて、翌朝ラジエターのリザーバータンクを確認すると特に冷却水が減っている様子もなかったので、ラジエター本体のキャップを外して水を入れてみると、1リットルくらい入ったという。

翌週。

とりあえずラジエター本体の冷却水を満タンにして、職場に向かったのですが、職場のある工業団地の入り口の渋滞にはまっているときに、先週と同様に水温計の針がレッドゾーンの近くに。

何とか会社にたどり着き、しばらく放置してラジエターが冷えた頃にラジエターキャップを外して水を入れてみると、やっぱりたくさん入って、このまま乗り続けるのはやばいなと。

以前から気になっていたラジエターキャップ。

プロトン ラジエター-04274


ゴムの部分が傷んでいたので、とりあえずキャップは交換することに。

プロトン ラジエター-2238


街中の部品屋さんで、120バーツ。

キャップの交換だけで直るはずもなく、プロトンのディーラーに行って、「ラジエターから水が漏れている」と言ったら、懐中電灯でラジエターの裏側を照らして、「漏れてますね」と。

プロトン ラジエター-2242


写真の右下の方、少ししみみたいになっているところが、漏れている箇所。

ラジエターの値段を聞いたら、アッと驚く約1万5千バーツ。

それに工賃と、税金を足せば約1万7千バーツのとこと。

高くても、1万バーツを超えることはないと勝手に思っていた私。

でも、交換しないとどうしようもないし。

「在庫が無いので、ラジエターが届くまで一週間くらいかかります。」

へ?

結局、今日明日には交換できないのね。

今の状態で乗り続けるのは、かなりやばいですし。

もしオーバーヒートさせたら、路上に止まって困るだけでなく、エンジンにも大きな影響を及ぼすし。

「街中のラジエター修理屋さんで、直せるよ」

と、ディーラーの人の話。

じゃあ、とりあえずラジエター修理屋さんに行きますか。


つづく。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 16:14Comments(6)TrackBack(0)

2015年12月25日

プロトンのディーラーでパワステのオイルのホースを交換した。ディーラーに向かう途中で何の部品かわからない物が床に落ちていたのですが、そのままに。


前回15万キロの点検の時に、パワステポンプの所でオイル漏れをしているホースを注文していたのが届いたので、プロトンのディーラーに行ってきました。

こんな状態になっていたのが、

プロトン部品-2081


このプロトン純正ホースに取り替えると、

プロトン部品-2082


こんな状態に。

プロトン部品-2096


料金明細書を見たら、ATFという項目があって、なぜオートマのミッションオイルなんて交換したのかなと思ったら、パワステのオイルはATFを使っているのですね。

それはそうと。

ディーラーに行く途中、ガスを入れてお金を払って車に乗るときにふと運転席の床を見たら、こんなのが転がっていました。

プロトン部品-2091


見慣れない部品。

ダッシュボードの裏からでも落ちたのかなぁと思いつつ、別に走るのには影響ないようで、ちょうどいい具合にプロトンのディーラーに向かっていたので、そのままにして。

プロトンのディーラーに着いて、床に落ちていた部品を見せたら、ここについている部品だと。

プロトン部品-2088


ちょうどアクセルペダルの裏側あたりの床に、部品が付いていたような跡が。

ちなみにショールームにあった車を確認すると、こういう風になっているんですな。

プロトン部品-2079


パワステオイルのホース交換が終わって、お金を払う時、明細書を見たらこの部品の料金が含まれていなくて、確認したらパーツの在庫が無いと。

無いでしょうねぇ、こんな部品の在庫なんて。

で、そのまま家に帰りました。

何のためについている部品なのかよくわからないのですが、とりあえず無くても問題なさそうなので、部品を発注することも無くそのまま乗り続けるつもりではあるのですが、一言言ってほしいですな。

聞くまで在庫が無いから取り付けなかったと言わないし、それでどうすればいいかも特に言わない。

まあ、そんなもんです。

このようなディーラーの対応、プロトンに限らずホンダもそうでしたし、街中の修理工場なんてもっとひどいし。

タイではこんなものと、あきらめるしかないのかも。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング
  
Posted by thai47 at 12:30Comments(4)TrackBack(0)

2015年11月27日

プロトン ペルソナ 15万キロ


パンク以外のトラブルで路上で止まる事もなく、15万キロ。

15万キロ-03299


1万キロ毎に、プロトンのディーラーで点検していますので、いつものように点検にもって行って、以前から気になっていたパワステオイルのリザーバータンクのオイルのにじみを見せようとボンネットを開けたら、オイルポンプのあたりから、オイルが漏れていました。

プロトン パワステ オイル漏れ-2014


部品が無いので、マレーシアに発注するとのこと。

部品が届いたら、またディーラーに行かなくてはならなくなりました。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 17:30Comments(4)TrackBack(0)

2015年07月15日

プロトン ペルソナ 14万キロ点検と冷却水の点検について。


1万キロごとにディーラーで点検を受けている私のプロトン。

14万キロになりましたので、いつものようにバンカピのディーラーに。

最近ラジエターのクーラントが一週間に1回はリザーバータンクに追加しなければならないという話をして。

のんびりとディーラーで整備が終わるのを待ちます。

オイル交換をして、

proton-1644


ラジエターのクーラントを抜いて、一部部品を取り外して。

proton-1654


クーラントが減る件に関しては、この部品を交換するとの事。

proton-1650


ま、タイらしく、この部品が問題だと決定的な理由があるわけではなく、とりあえずこの部品を交換してみようということのようですな。

で、この新しいクーラントを入れる。

proton-1651


以前から、リザーバータンクだけでなく、ラジエターキャップを開けた時に気になっていたのですが、クーラントというのは、緑とかの色がついているものなのですが、いつの間にか透明になっていました。

クーラントでなく普通の水?。

いつの間に色がなくなったのでしょうか。

追加していたのは普通の水ですが、元々クーラントが入っていたはず。

考えてもしょうがないので、とりあえず今回きちんとしたクーラントを入れたということで安心。

普通の水のままだと、タイだと凍る心配はないですが、さびる心配はありますからねぇ。

エンジンオイルを交換して、滑らかにエンジンがまわるようになった気が。←たぶん気のせい。

一週間後にクーラントレベルを確認するのが楽しみです。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

エアクリーナーを冷却水関係の整備の為に外した後、あらためて取り付けた時エアクリーナーのカバーを止めているステンレス製の部品がきちんとはまっていなかったので、指摘すると、プラスチックのカバーのステンレスの部品がぱちんとはまり込む部分が欠けていてはまらないとの事。
私もやってみたのですが、がたがたで止まりません。
仕方なくそのままに。

こういうのってどうなんでしょうか。
部品がきちんと止まらくてもそのまま。
私が見ていて指摘しなければ、きっとその報告も無かったわけで。
日本ではどうしているのでしょうか。

ステンレスの部品が引っかかる部分が欠けたくらいで、エアクリーナーカバーの新品を買うというのも馬鹿馬鹿しいですしねぇ。
  
Posted by thai47 at 12:30Comments(4)TrackBack(0)

2015年07月10日

プロトン ペルソナ 140,000km


プロトンペルソナ 140,000km

140,000km-1641


約4年半。

ラジエタークーラントの量を毎週1回はチェックしないと、心配になってきました。

それ以外は特に問題は無いのですが。

ま、タイは暑いですから。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 21:06Comments(4)TrackBack(0)

2015年04月10日

ガソリンが安くなって何よりですが、NGVは順調に高くなって、この後いくらまで高くなるのか。


最近あまり話題にならなくなりましたが、ガソリン価格、安値で安定しているようですねぇ。

ptt

ptt_OilPrice


タイのお正月ソンクラン、田舎に帰省するのに、ガソリンが安くて何よりです。

でもねぇ、CNGの価格は高くなっているのですよ。

pttの価格表では、13.00バーツとなっていますが、私の家の近くのパトゥムタニのpttではごらんの価格。

cng-01630


13.05バーツ。

なんなんでしょうか、この0.05バーツ。

実際、私の車の場合、かなり減っている状態で満タンにして、190バーツ。

約14.5kg

ですので、13.00バーツと13.05バーツの価格差は0.725バーツ。

どうでもいいような。



それはそうと、私が今の車を買った当時は、NGV価格は8.5バーツだったわけで。

2011年02月11日 プリウスの燃費を知りたい。

4年間で、8.5バーツから13.00バーツに値上がり。

1.5倍になっているのですよ。

元々、NGVの価格は政策的に安くしていましたから、いずれ高くなることは予想されたのですが。

この後どこまで高くなるかと予想しますと。

2010年02月22日 ホンダCR-VをLPG仕様に改造してみました。の巻。その7

2010年の話ですが、当時のBANGKOK POSTに

A fixed price of 8.5 baht per kg is 6 baht less than the appropriate price,

という記述があります。

NGVはタイで産出しているという話ですので、国際的な原油価格の下落の影響を受けないとすれば、今も14.5バーツが適正価格ということになるわけですね。

ということは。

今の価格よりも、まだ1.5バーツ値上げされる可能性があるというわけですな。

ちなみに、今の私の車、Proton Persona CNGで、だいたいガス燃費は、1kmあたり1バーツという感じですね。

150km走って、ガスを入れれば、約150バーツかかるという計算。

ガソリンと比較しますと、現在E20の価格が25.68バーツですので、リッター25.68km走れば、CNGと同じ燃費ということに。

ま、普通のガソリン車だと、がんばってその半分のリッター13km位ではないかと。

ということは、CNGだと、ガソリンの半分の燃費ということになるわけです。

うーん。

今車を買うとしたら微妙ですね。

私がこの車を買った当時は、CNGだと、ガソリンの4分の1位の燃費でしたからねぇ。


☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


  
Posted by thai47 at 12:30Comments(4)TrackBack(0)

2015年02月25日

プロトン ペルソナ 130,000km


130,000km-01495


走り続けています、プロトン ペルソナ。

私が子供の頃、車の距離計は10万キロの桁は無かったような。

10万キロになると、メーターが一周したなんて言っていました。

実際、そんな車を見たことはないですけど。

10万キロなんて、ありえない走行距離だと思っていたわけで。

当時は、ベンツとかボルボはすごいんだ、耐久性があるので10万キロくらい普通に走れるなんて言われていましたが、今思えばがせねたでしたね。

実はスクラップにせずに使い続けていただけで。

ドイツでは古くなったベンツもエンジンを載せ変えたりして使い続ける。って、エンジン長持ちしてないし。

タイでは1970年代の日本車が普通に走っているのを見かけることがあります。

私自身も、これまで何台もの車を買い替えてきましたけど、車のトラブルとかで、乗り続けられなくて、どうしようもなくて買い換えたということなんて一度も無いですから。

なんとなく買い換えたいとか、欲しい車に買い換えたとか、そのような理由ですよね。

でも。

今家内が乗っているCR-Vは、もう仕方なく買い換えることになりそうです。

エアコンはしょっちゅう冷えなくなるし、エンジンからのオイル漏れは止まらないし、なんとなくパワステも重くなってきた感じだし。

30万キロ超えてますからねぇ。

でも、日本の腕のいい整備士に整備してもらって、きちんと部品交換をすれば乗り続けられると思うのですが。

日本では整備費用が高いので、ある程度車が古くなって、故障の頻度が高くなると買い換えたほうが安いということになるのですが、タイの場合整備費用は安いのですが、整備士の腕が悪くてきちんと直せない・・・

世の中うまくいかないものですな。



☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 23:30Comments(13)TrackBack(0)

2015年01月13日

プロトンのバッテリーがお亡くなりになりました。チーン。


日曜日の朝、プロトンのバッテリーがお亡くなりになりました。

プロトンバッテリー-1179


出かけようとして、キーをひねったら一瞬セルモーターが回ってそれっきり。

とりあえず隣の家からジャンプコードを借りて、エンジンをかけてみると、あっさりとかかりました。

プロトンのバッテリー、特殊な形状をしていますので、近所のバッテリー屋さんに売っていないことは2年前に確認済み。

プロトン ペルソナ のバッテリーを交換することが、こんなに大変だったとは。その1

プロトン ペルソナ のバッテリーを交換することが、こんなに大変だったとは。その2

プロトン ペルソナ のバッテリーを交換することが、こんなに大変だったとは。その3


というわけで、翌月曜日に再びジャンプコードでエンジンをかけて、プロトンのディーラーにバッテリーの交換に行きましたとさ。

プロトンバッテリー-01175


税金込みで4,358バーツでした。

それにしても、最初の写真の古いバッテリー、インジケーターが緑のままなんですけど。

ところで。

バッテリーって、何か変わったのでしょうか。

昔は、バッテリーが上がっても、苦しそうにセルモーターが回って、運がよければエンジンがかかったりしたのですが。

今はまるっきりセルモーターは回りません。

昔のバッテリーは、ジャンプコードを使ってエンジンをかけて、少し走れば何とか少しは復活したものですが、今回はディーラまで数十キロを走っていったのに、ディーラーでエンジンを止めたら、もう全然セルモーターは回りませんでした。

なんなんでしょうね。

前回2年目でバッテリーが死んだので、年が明けてバッテリーを交換してからちょうど2年ですから、次の点検の時にバッテリーを交換しようとおもっていたのに。

あと一ヶ月ほど持ってくれればよかったのに。

それにしても、見事な2年周期です。

☆blogランキングへ☆ 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

  
Posted by thai47 at 12:30Comments(8)TrackBack(0)