南方浪人 タイ生存記 2

バックパッカー(かつてヒッピーと呼ばれてた頃)、青年海外協力隊、業務駐在員などなど、南方で流浪を続ける万年青年です。出稼ぎの為に2011年の11月から離れていたタイ王国の首都バンコクへ2014年4月に出戻りました。同類の方々との情報交換や、友人などに消息を伝えるために当ブログを再開します。

H.27年07月28日 (火) 記; サイナラの辞。

080321_001

“まだ生存を続けてるんやけど…。”

2007年3月から2011年10月までタイ王国の首都バンコクに第一次長期滞在し、それなりにプー太郎生活を堪能した。されど、まだまだ人生が続きそうなので2011年12月から2014年3月まで西太平洋のソロモン諸島国へ出稼ぎに行くはめに。
そして、2014年4月からバンコク第二次長期滞在を開始したのだが、トロピカル気候圏の滞在が長期になり、脳みそと体が膿んでしまった。
で、2015年5月16日に帰国しちゃいました。本帰国です。もうバンコクに舞い戻ることはないと思う、多分…。

祖国へ引き揚げるにあたってどこに居を構えるか検討したんやが、まだ体が元気(=乗用車の運転可能)なうちに大好きな北海道の生活を楽しもうと、再度、札幌に居を構えることになった次第。

ということで、これからのブログは「南方浪人 北海道生存記」というタイトルで下記のURLにて展開します。
http://blog.livedoor.jp/kita_minamikaze/

どちらさんも、これにて、ほな、サイナラ

下のアイコンをクリックして魑魅魍魎の世界へGo! 
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

タイ・ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ




H.27年05月01日 (金) 記; 日本国大使館からの月刊メルマガを転載。

{以下は、大使館からの月刊メールマガジン05月01日00:00配信 を転載}
第133号の内容】
1.ゴールデンウィークにタイへの渡航を予定されている皆様へ
2.「在留届」をご存知ですか?(自分や家族の安全のためにもいざという時に役立つ「在留届」の提出をお忘れなく。)
3.旅券(パスポート)のこと、もっと詳しく知っておこう!
4.5月の大使館領事部・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ
5.海外安全情報・渡航情報(危険情報等)

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
1.ゴールデンウィークにタイへの渡航を予定されている皆様へ

ゴールデンウィークには、 日本から多くの方が、タイを訪れますが、毎年、様々なトラブルに巻き込まれるケースが発生しています。タイへの海外旅行を楽しく豊かな思い出とするためには、事件・事故等にあわないよう安全面の対策も重要です。
今回、タイに渡航される皆様に「旅券の管理」「タイ出入国の注意事項」「観光客を狙う犯罪」等の事例を紹介しますので、ご自身の安全対策を考える際の参考にして頂ければ幸いです。

(1)旅券の管理(パスポートは外国で身分を証明する唯一の文書です。責任を持って、適切に管理して下さい)
万一、旅券を紛失又は盗難された場合には、紛失・盗難場所を管轄する警察に行き、通称「ポリスレポート」の作成を依頼して下さい。当館では「ポリスレポート」と申請に基づき、「旅券」又は「帰国のための渡航書」を発給することとなります。「旅券」又は「帰国のための渡航書」を受領後は、タイ入国管理局において入国印の転記等手続が必要です。
帰国便が差し迫っている場合には、タイ入国管理局及びタイ警察における手続の関係で予定どおり帰国することができなくなることがあります。フライトの変更やホテル延泊などで、予期せぬ経済的負担を強いられることにもなりますので、旅券の保管・管理には十分気をつけて下さい。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/passport.htm

(2)タイ出入国時の注意事項
タイ税関当局では、免税品の超過持ち込み、特に免税範囲を超えるタバコの持ち込みについての摘発を強化しております。免税(納税シールのない)タバコを250グラム以上、または200本(1カートン、10箱)以上持ち込むと罰金及び没収となり、悪質と判断された場合には、「逮捕」される場合もあります。
また、先日、ニュースにもなりましたが、出国に際し、動植物を持ち出す場合、規制動植物に該当する場合又は必要な手続きを怠った場合には当局の摘発を受け、逮捕勾留されます。
詳細は、タイ国政府観光庁ホームページを参考にして下さい。
http://www.thailandtravel.or.jp/

(3)観光客を狙う犯罪
タイでは、「ひったくり、スリ、置き引き」などの一般的な犯罪の他にも、主にバンコク都内で、次のような観光客を狙った犯罪が発生しています。

(ア)見せ金詐欺
 まず、声掛け役の犯人(男性や子供等の家族連れの場合もある。)が親しげに、「日本人ですか?今度、日本の大阪に行きます。1ドルは日本円でいくら位ですか? その前に日本のお金を見てみたい。OK?」等と英語と日本語を交ぜながら近づいて来ます。うっかり、(被害者が)財布を渡してしまうと、財布からお金を抜かれるという犯罪で、主にスクンビットエリアで発生しています。

(イ)抱き付きスリ
夜間、ナナ地区からアソーク地区、プロンポン駅付近の路上を、歩行中の被害者に対して、犯人(女装している場合があります。)が、近付き、前方を塞いだり、抱きついたりしていると、別の犯人が現れ、被害者の両側から腕を羽交い締めにして、動きを封じ込めて、別の犯人が、財布等を奪います。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/140822.htm

(4)薬物犯罪
タイ国家警察は、タイ国内全域、特に観光スポット、繁華街や有名ビーチリゾート等における「違法薬物(覚醒剤、麻薬、大麻等)犯罪」の取締り・摘発を強化しています。
親しげに近付いて来る外国人から、「怪しい錠剤」、「乾燥した植物の葉」等を絶対に購入しないで下さい。これらは違法薬物の一種である「MDMA(合成麻薬)」、「ヤーバー(覚せい罪)」、「大麻」等の可能性があります。
タイでは違法薬物を所持していた場合、販売目的所持とみなされると起訴され、殺人罪よりも厳しい罰則(死刑、終身刑)が科されます。
※タイ警察は、薬物売人を利用した「おとり捜査」を実施していますので、街角で販売している不審なクスリに興味本位で手を出さないで下さい

(5)不測の事態にご注意ください
本年2月1日、BTSサイアム駅とサイアム・パラゴン・ショッピングセンターとを結ぶ通路(スカイウオーク)において、IED(即製爆弾)が複数回爆発し負傷者が出る爆弾事件が発生しました。また、4月10日夜、タイ南部サムイ島にある商業施設(セントラル・フェスティバル・デパート)の駐車場において、車が爆発し、負傷者が出る事件が発生しました。
タイに滞在されている間は、不測の事態に巻き込まれないためにも、最新情報を入手するなど治安状況等の把握に努めて下さい。


2.「在留届」をご存知ですか?(自分や家族の安全のためにもいざという時に役立つ「在留届」の提出をお忘れなく。)
 海外に住所や居所を定めて3か月以上滞在される場合には、住所地を管轄する在外公館に「在留届」を提出することが義務づけられていることをご存知でしょうか(旅券法16条)。

ご来館での届出(代理提出も可)のほか、FAX、郵送または、インターネット(ORR net:在留届電子届出システム http://ezairyu.mofa.go.jp/ )経由でもお届け頂くことができますので、当地(タイ国)でのご住所が決まりましたら、速やかに在留届を提出して下さい。(「在留届」用紙をPDFファイルでダウンロードすることができます http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/image/zairyu.pdf 。)

「在留届」は、海外において大規模な事故や災害・テロ等が発生した場合の緊急情報の連絡や安否確認などをおこなう上での、重要な基礎資料となるものであり、皆様の安全と快適な海外生活に役立つものです。「在留届」をご提出後、住所やメールアドレスおよび携帯電話番号など在留届に記載された情報に変更が生じた場合、所要の変更の届出をされていないと、在留状況等を確認することができず、緊急事態発生時等に当館から情報の発信が行えないことになります。また、既に帰国や他国へ転出された方の安否確認に余計な時間を取られ、実際に滞在している方の安否確認が遅れてしまう可能性もあります。

以上から、「在留届」の記載事項に変更が生じた場合は、その都度速やかに、変更の届出(「記載事項変更届」)を、帰国又は他国への転出で離タイされる場合には抹消の届出(「抹消届」)を、ご提出頂きますようお願い申し上げます。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/zairyuto.htm

また、昨年7月からは「たびレジ」の運用を開始し、滞在期間が3か月未満の短期旅行者の皆様にも安全情報の提供を行うことが可能となりました。「たびレジ」については、以下のウェブサイトをご覧ください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/


3.旅券(パスポート)のこと、もっと詳しく知っておこう!
(1)旅券の残存期間にご注意下さい!
皆様がお持ちの旅券の有効期限を一度ご確認下さい。もし、残りの有効期間が6ヶ月に満たない場合は、旅券の切替をご検討下さい。残存有効期間が6ヶ月以上ないと入国できない国や、査証申請もできない国も多数あります。いざ、出発間際に気づいて旅券の切替手続をしても、新旅券は申請日を含め4開館日以後の交付となるため、予定通り出発できなくなるおそれがあります。
タイにお住まいの方の場合は、前の旅券から新旅券への滞在許可(いわゆるビザ)や再入国許可の転記(又は再取得)手続を出国前にタイ入国管理局にておこなう必要もあり、場合によっては渡航日程の変更を余儀なくされることもあり得ますので、十分にご注意下さい。旅券は残存期間が1年を切った時点で切替手続きが可能です。この機会に、ご家族全員の旅券を改めてご確認下さい。

(2)旅券(パスポート)の切替手続の際のサイン変更について
旅券は、海外における日本人の身分や国籍を政府が証明する唯一の公文書です。タイで生活されている在留邦人の皆様も様々な場面で旅券の提示を求められることが多いかと思います。
ところで、旅券の切替申請をされる際、そのサイン(所持人自署)を変更される方がおられます。もちろん、その変更は自由にできるものですが、サインを変更したことにより、銀行、カード会社あるいは取引先等との諸手続に、問題が発生し、旅券をもう一度作り直すことはできないかとのご相談をされる方も少なからずいらっしゃいます。
そのため、旅券の切替手続の際にサインの変更をお考えの方は、サインを変更することにより、これら関連手続きに支障をきたすことがないかを事前に十分検討の上、申請されることをお勧めいたします。このような自己都合による旅券の再切替手続は、法律上認められませんので、旅券の切替申請の際にサインを変更することを希望される方は、十分ご注意下さい。

【外務省 こんな時、パスポートQ&A】 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_4.html


4.5月の大使館領事部・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ
今月の大使館及び総領事館の休館日は、土・日曜日の他、次のとおりです。
  5日(火) 国王戴冠記念日
13日(水) 春耕節
※日本の祝日、4日(月:みどりの日)、6日(水:憲法記念日振替休日)は、通常通り開館します。

※休館日の前日及び翌開館日(特に開館直後の時間帯)は、領事窓口が終日大変混み合うことが予想されます。手続きに時間を要する戸籍・国籍関係、急を要しない旅券や証明の申請は、時間をずらしてお越し頂くことをお勧めいたします。また、即日発給の各種証明及び旅券査証欄の増補についてもお待ち頂く時間が長くなることがありますので、あらかじめご了承ください。

※平成27年の大使館・在チェンマイ総領事館休館日のお知らせ
【大使館】 http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/embassy/holiday2015.pdf
【総領事館】http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/chiangmai/kyukanbi.pdf


5.海外安全情報・渡航情報(危険情報、感染症関連情報等)
【危険情報(平成26年8月5日付)】
●ナラティワート県、ヤラー県、パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡):「渡航の延期をお勧めします。」(継続)
●ソンクラー県(ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
:「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●シーサケート県のプレアビヒア寺院周辺地域(同県のカンボジアとの国境地域東部)
:「渡航の是非を検討してください。」(継続)
●首都バンコク:「十分注意してください。」(継続)
●スリン県の一部(パノム・ドン・ラック郡及びガープ・チューン郡のカンボジアとの国境地域)
:「十分注意してください。」(継続)

☆詳細については、下記リンク先の内容をよくお読みください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=007#danger

【感染症関連情報】
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/index.html

【タイの安全情報(犯罪手口のいろいろ)】
 大使館ではタイにおける一般犯罪手口を取りまとめたタイの安全情報「犯罪手口いろいろ」、「大使館からのお知らせ・国内における犯罪傾向と注意喚起」、および「タイに旅行や滞在等予定されている皆様へ」等をホームページに掲載しております。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/teguchi_new2.pdf
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/150411.htm
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/150413.htm

◎在留届を提出されている方は、記載事項変更(転居等による住所変更、携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等)、または帰国による転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)について、現地の滞在予定を登録して頂けるシステムとして、2014年7月1日より、外務省海外旅行登録(「たびレジ」)の運用を開始しています(http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/)。登録者は、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡の受け取りが可能ですので、ぜひ活用してください。

_____________________________________________________________________________

■在タイ日本国大使館
ホームページ「ご意見箱」
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/mail/iken.htm
◆代表 (02)207−8500 または (02)696−3000
◆領事部
【旅券・証明班】 (02)207−8501、(02)696−3001
【邦人援護班】  (02)207−8502、(02)696−3002
【査証班】    (02)207−8503、(02)696−3003
 領事部FAX  (02)207−8511
  窓口受付時間   8:30〜12:00、13:30〜16:00

■在チェンマイ日本国総領事館
ホームページ「ご意見箱」
http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/iken/iken.pdf
 ◆代表 (053)203367
  FAX(053)203373
【バックナンバー】  
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/mz.htm                      

【購読停止を希望される方はこちら】
https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/menu?emb=th
                              
                                         (了)
{転載、ここまで}

下のアイコンをクリックして魑魅魍魎の世界へGo! 
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

タイ・ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ





H.27年04月27日 (月) 記; 日本国大使館からの緊急一斉メールを転載。

{以下は、大使館緊急一斉メール H.27年04月27日12:05配信 を転載}
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

タイ在留邦人の皆様へ
                     【大使館からのお知らせ】
                                            緊急一斉メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
                  GWにタイ渡航を予定されている皆様へ
                     (2015年4月27日現在)

例年,ゴールデンウィーク等連休を利用して, 多数の邦人の皆様が観光などでタイに渡航されます。
今回,タイに渡航される皆様に,「旅券の管理」,「タイ出入国時の注意事項」等の事例を御紹介
します。
皆様自身が安全対策を考える際,参考にして頂ければと思います。
http://www.th.emb-japan.go.jp/
http://www.anzen.mofa.go.jp/

1 旅券の管理 〜パスポートは,外国で身分証明するための唯一の公文書です。
責任を持って,適切に管理して下さい。〜
旅券の紛失又は盗難された場合には,紛失・盗難場所を管轄する警察に行き,
通称「ポリスレポート」の作成を依頼して下さい。当館において「ポリスレポート」と申請に基づき,
「旅券」,「帰国のための渡航書」を発給することとなります。「旅券」又は「帰国のための渡航書」
を受領後は,タイ入国管理局において,諸用の手続き(入国印転記,入国年月日の確認等)
が必要です。
帰国便が差し迫っている場合には,タイ入国管理局及びタイ警察における手続の関係で
予定どおり帰国することができなくなることがあります。フライト便の変更やホテル延泊などで,
予期せぬ経済的負担を強いられることにもなりますので,旅券の保管管理には十分気をつけて
下さい。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/passport.htm


2 タイ出入国時の注意事項
タイ税関当局では,免税品の超過持ち込み,特にタバコの不法な所持及び持ち込みについての
摘発を強化しております。免税(納税シールのない)タバコを250グラム以上,または200本
(1カートン,10箱)以上持ち込むと罰金,没収(持ち込んだタバコ全部),課税措置となり,
悪質と判断された場合には,「逮捕」される場合もあります。
 また,タイからの出国時,規制対象の動植物を持ち出す際,必要な手続きを怠った場合
には当局の摘発を受け,逮捕勾留されます。
詳細は,タイ国政府観光庁ホームページを参考にして下さい。
http://www.thailandtravel.or.jp/

3 観光客が被害に遭いやすい犯罪,トラブル
  タイでは,「ひったくり,スリ,置き引き」などの一般的な犯罪の他にも,次のような観光客を
狙った犯罪,トラブルが発生していますので,タイ滞在中は御注意下さい。
(1) 見せ金詐欺 〜見知らぬ人からの「声掛け」に注意して下さい〜
まず,声掛け役の犯人(男性や子供等の家族連れの場合もある。)が親しげに,
「日本人ですか?今度,日本の大阪に行きます。1ドルは日本円でいくら位ですか?
その前に日本のお金を見てみたい。OK?」等と英語と日本語を交ぜながら近づいて来ます。
うっかり,(被害者が)財布を渡してしまうと,財布からお金を抜かれるという犯罪で,
主にスクンビットエリアで発生しています。
(2) 抱き付きスリ 〜夜間外出の際に御注意下さい〜
夜間,ナナ地区からアソーク地区,プロンポン駅付近の路上を,歩行中の被害者に対して,
犯人(女装している場合があります。)が,近付き,前方を塞いだり,抱きついたりしていると,
別の犯人が現れ,被害者の両側から腕を羽交い締めにして,動きを封じ込めて,別の犯人
が,財布等を奪います。タイのナイトスポット,ディスコ等では未成年でないことを確認するため
身分証明書の提示を求められるため,パスポート等を携行することとなりますので,ナイトスポット
等の夜間人混みのある場所にお出掛けになる際には,スリなどの盗難には充分気をつけて
ください。
(3) 宝石,オーダースーツ店における購入トラブル
王宮及び有名寺院周辺,カオサン通りで,タイ人男性に「今日はお寺が休みだから,
別の観光スポットに連れて行く。」と声を掛けられトゥクトゥク(三輪タクシー)に乗せられる。
観光案内の後に,「この近くに良いお店があるから,一緒に行きましょう。」と言葉巧みに
誘われ,「宝石店」又は「オーダースーツ店」に連れて行かれ,相当額の宝石の購入
又はスーツのオーダーを勧められ,断ることができずに購入してしまう。後になって購入した
ことを後悔して,返金を求める際に店側とトラブルになる場合があります。
購入を決定する際は,よく考えてからオーダーして下さい。
(4) レンタル業者とのトラブル
リゾート地(サムイ,パタヤ,プーケット島及びパガン島など)で
バイク又はジェットスキーをレンタルして,いざ返却する際に「車(船)体に傷を付け,破損させ
た。」として高額な修理費を請求され,レンタル業者とトラブルになるケースが発生しています。
また,レンタル業者は,損害保険に加入しておらず,事故を起こした際には高額な修理費の
支払いを請求します。ジェットスキー,バイクをレンタルする際には,必ずレンタル業者立ち会い
の上,船体,車体の損傷の有無を確認し,カメラ等がある場合には必ず写真撮影を行い,ト
ラブル発生時の処理方法が記載された契約書面の交付を受けるなど,返却時のトラブルに
努めてください。
また,自動車やバイクの運転に関しては,有効な運転免許証が必要であり,無免許運転や
飲酒運転等交通違反が原因で,事故を発生させた場合,法律により厳しく処罰(逮捕勾
留)されます。

4 不測の事態には十分御注意下さい
2月1日,BTSサイアム駅の通路(通称・スカイウオーク)において,4月10日夜,タイ南部
サムイ島にある商業施設(セントラル・フェスティバル・デパート)の駐車場において,負傷者が
出る爆弾事件が発生しました。
不測の事態に巻き込まれないためにも,最新情報を入手するなど治安状況等の把握に
努めて下さい。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?id={%countrycd%}&infocode=2015C100
(問い合わせ先等)
○在タイ日本国大使館領事部
   電話:(66-2)207-8501(〜3),696-3001(〜3)
   FAX :(66-2)207-8511
----------------------------------------------------------------------
◎在留届を提出されている方は,記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号や
emailアドレスの追加・変更等),または帰国による転出等があれば必ずお知らせ願います。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)
について,現地での滞在予定を登録して頂けるシステムとして,2014年7月1日より,外務省
海外旅行登録(「たびレジ」)の運用を開始しています(http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。
登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の
緊急連絡の受け取りが可能ですので,ぜひ活用してください。


{転載、ここまで。}

下のアイコンをクリックして魑魅魍魎の世界へGo! 
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

タイ・ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ



livedoor プロフィール

永遠の流浪青年

大阪生まれで、複数の職についたが土木建設現場監督としての職歴が一番長い。ヨレヨレになるまで働き続けなきゃいかんのかと、20代前半に横道にそれだして、初めての海外渡航がアフリカ大陸。それ以来、途上国との関わりが途切れ途切れだが続いている。ここらでちょっと一休みと、バンコクに2度目の長期滞在中。

Archives
タイ語 単語

上の提供元
「タイリンガル」様
タイ 天気予報
Recent Comments
  • ライブドアブログ