フィリピンの有名ショッピングモールSM(SM CITY CEBU)


カジノ合法化論議で首相が「もっと重要な問題が山積み」と苦言

▼バンコク週報▼

国家改革評議会(NRC)の評議員12人がカジノ合法化を求めていることについて、プラユット首相はこのほど、カジノ問題より重大な問題があるとして、これらの重要問題の解決に専念するよう要請した。 賛成派の…<続きを読む>


警察トップが条件付でカジノ合法化に賛成

▼バンコク週報▼

国家改革評議会(NRC)の一部評議員からカジノの合法化を求める声が出ていることについて、ソムヨット警察庁長官は6月17日、条件付で賭博場合法化に賛成する姿勢を示した。 同長官は9月末には定年退官…<続きを読む>


国家改革評議会議長、「カジノ合法化は改革にあらず」

▼バンコク週報▼

国家改革評議会(NRC)のメンバーからカジノの合法化を検討すべきとの意見が出ているが、ティエンチャイNRC議長は6月16日、「カジノ合法化はNRCから出た意見ではなく、また、(NRCが進めている)国家改革の…<続きを読む>


警察長官、「クーデターの噂を広めた犯人」に言及

▼バンコク週報▼

最近になって「昨年5月の軍事クーデターで全権を掌握した軍部首脳らをその座から追い落とすためにクーデターを画策している者がいる」との噂がネット上に流れているが、ソムヨット警察庁長官はこのほど、「噂を…<続きを読む>


暴走族問題、首相が抜本解決のため強権発動へ

▼バンコク週報▼

オートバイで公道を暴走する10代の若者たちに関係当局が手を焼いている問題で、パイブン法相は6月16日、プラユット首相が暫定憲法44条に基づいた強権発動で解決策を講ずる予定だと明らかにした。 同条では…<続きを読む>


立法議会が暫定憲法改正案を承認、国民投票実施が可能に

▼バンコク週報▼

立法議会で6月18日、現行の暫定憲法の7項目改正案が全会一致で承認された。改正案は内閣と国家平和秩序評議会(NCPO)が提出したもの。 改正に伴い、憲法改正や閣僚入れ替えに国民の意見を反映させる…<続きを読む>


運輸相、民間航空局長を解任、能力不足と判断

▼バンコク週報▼

国際民間航空機関(ICAO)がタイの民間航空について「重大な安全上の懸念」があるとした問題で、プラチン運輸相が状況改善に向けた進展がみられないとして、ソムチャイ民間航空局局長を運輸省内の閑職に…<続きを読む>