thaliyaheiwaのブログ

2010年02月

2010年02月28日

2月最終日

本日ブログ、462日目

ようやく2月も、最終日をむかえました。

2月といえば、日数も少なく、気候も寒い中での売上維持は大変なことですが、

それでも、お陰様でギリギリ予算クリアすることが出来そうです。

最近、よくターリー屋のみなさんに言われるのが、売上に波があるけど

メリハリがあっていいね!です。

確かにここの場所はまだまだ未知な部分がいっぱいです。

4月からまた、授業が始まれば、売上が上がるとも言ってくれたりしますが、

正直不安でいっぱいです。

心境的には、ジェットコースターに乗っている感じです。

上って、急降下したり、緩やかな登りがあったり、また上がったり・・・

これからも、一年間経験することで、色々な場面に出くわすと思いますが、

全て起こりうる経験を力に変えて、怖いだけのジェットコースターではなく、

怖くとも、楽しいと思えるジェットコースターに乗っていたいと思います。

最終日頑張ります!

thaliyaheiwa at 01:11コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月27日

キムヨナの勝ち

本日ブログ、461日目

浅田真央の銀メダルが決定した瞬間、街では号外が出るほどの注目ぶり

だったことが伺えます。

私もこうしてブログの題材にするということは、それだけ注目していたということです。

結果は残念ながら、キムヨナに勝利の女神は微笑みました。

結果を見ると、浅田真央が途中ミスをおかし、それがひびき、点差が生まれた

とされていますが、もし浅田真央が完璧な演技をしたら、逆転があったのでしょうか?

もしかしたら、点差を縮められず、やはり銀メダルという結果になり、

世間では、男子のフィギュアの結果のように、浅田真央はトリプルアクセル

を跳んだのに、キムヨナに負けたと、批判が出たかもしれません。

そういう意味では、4年後に向けての意気込みとしては、”完敗”をしたことで

改めて気持ちを切り替えることが出来るのではと私は思います。

完璧だったのに、僅差で負けたとしたら、自分には何が足りないのだろうか

とか、技術的な部分やプログラムの構成の見直しに目が行きがちですが、

ミスを含めての納得がいかない完敗したことで、精神力の向上や

しっかりと自分の演技を出し切るたくましさをいうメンタル的な部分の

向上をすると思うからです。

はっきり言って、浅田真央のトリプルアクセルを大舞台で3回、しかも

パーフェクトで成功させた”技術”は感動であり、すごいことです。

後はこれを武器に、年齢を重ねる4年後に、女性独特の妖艶さや、しなやかさ、

がキムヨナを上回り、発揮できれば間違いなく、素敵な色のメダルを

日本にそして何よりも自分にもたらすことができると思います。

今回の二人の戦いは、私にも力をくれました。

とにかく二人に同等の感謝とこれからのエールを送りたいと思います。

それにしても、キムヨナ強かった・・・


thaliyaheiwa at 10:14コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月26日

花粉症の始まり

本日ブログ、460日目

いよいよ花粉症が始まってしまった。

これで恐らく、乾燥肌とはさようならですが、一ヶ月は花粉症と戦うことになります。

去年も花粉症と戦いながら、確定申告とも戦った記憶がよみがえります。

辛くとも逃げられないので、頑張ります。

あー最悪・・・

thaliyaheiwa at 01:45コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月25日

ヨナVS真央

ブログ本日459日目

オリンピックの最注目競技、フィギアスケート女子が始まりました。

ショートプログラムを終えて、下馬評通り、キムヨナがトップ、浅田真央が2位

につけています。

さて二人の今の心境はどうなのでしょうか?

キムヨナは何が何でも負けたくないと思っているのでしょうか?

浅田真央は、何とか自分の演技をして勝ちたいと思っているのでしょうか?

計り知れない重圧の中で、結果を出すのはとてつもないことだと思います。

二人は年齢も同じであり、良きライバルなのは変わりありませんが、

その時々で、勝ちたい気持ちが強い場合や、負けたくない気持ちが強い

こともあるのかもしれません。

演技はもちろんですが、二人の心境や気持ちにも注目して応援してみようと思います。

thaliyaheiwa at 00:49コメント(0)トラックバック(0) 

2010年02月24日

フジテレビの箕輪解説委員

ブログ本日、458日目

最近、仕事が終わり家に帰って、一息つくあたりになると、フジテレビの

ニュースJAPANが放映されています。

毎日ではないですが、時事の中で、必ずアナウンサーが解説委員に

コメントを求める時間があります。そこで登場するのが箕輪解説委員です。

私はこの人のコメントからいつも勇気でけられたり、納得したり、感心したりします。

とても的確で、心地のいいコメント、解説をします。

昨日もとてもいいコメントをしていました。

「ジャンプの葛西選手、よく頑張りましたね!」というアナウンサーの問いかけに

「葛西選手、実は長野オリンピックの時に団体のメンバーから外されたんです。

そこで悔しい思いをしたとは思うのですが、人は悔しい思いだけでは、

頑張ることはできません。高い志を持つ、すなわち、一度きりの人生を

どのように刻むのかをしっかりとした、強く、高い志を持ったことで、こういう

結果を出せるのだと思います。

よく、人の人生はロウソクのようなものだといいます。火をともして初めて

ロウソクそのものの役割、役目を果たす。

だからこそ、我々のそのように頑張らないといけないということを葛西選手から

学んだと思います。」

というのが昨日のコメントでした。

みなさんももし時間があったら、箕輪解説委員の決して飾らない、本心から

出てくる心地良いコメントを注目してみてください。



thaliyaheiwa at 00:02コメント(0)トラックバック(0) 
記事の検索
最新のコメント
記事アクセスランキング
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ