thaliyaheiwaのブログ

シュミレーション

2009年11月08日

キムタク引退・・・

本日ブログ、350日目

大好きな読売ジャイアンツが日本シリーズ優勝という結果を出し、昨夜は

大喜びだったのですが、数日前にブログでご紹介した、巨人のキムタクこと

木村拓哉選手が引退するというニュースが入ってきました。

37歳、野球選手としてはまだまだ出来るような気がしますが、決断した

ということは、考え抜いて決めたことでしょうから仕方ないことです。

来季からは巨人のコーチとして第二の人生を歩むことになったそうです。

会見のキムタクのコメントが印象的でした。

「もう野球をやらなくてもいい安堵感があります」

常にレギュラーと控えの狭間での日々だったことを思えば、相当な

想像も出来ないくらいのプレッシャーや苦悩があったのかもしれません。

だからこそ、常に全力プレーで、若い戦士のお手本になっていたと思います。

そういう意味では、コーチは適任かもしれません。

私も、これから現場で戦うわけですが、社員、アルバイトにかかわらず、

”お手本”に思われるように心がけたいものです。

そのためにも、自分の役割をしっかりと行い、信頼を得て、いい雰囲気を作る

努力が必要ですね!本番に向けて、今から少しずつシュミレーション

しようと思います。



thaliyaheiwa at 13:02コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月02日

ダルビッシュ圧巻

本日のブログ、344日目

昨日、野球の日本シリーズで、怪我で無理と言われていた日本ハムの

ダルビッシュが先発登板した。

ダルビッシュといえば、今や日本のエースといっても過言ではありません。

ただ、今回は実践から42日離れていたことと、体調は100%には程遠い

状況での、志願先発でした。

私は巨人ファンですから当然勝って欲しいのですが、それとは別にこの

若き日本ハムのエースがどんなパフォーマンスをするのか興味深く見ていました。

すると、いつもとは明らかに違う投球フォームと投球術で、巨人打線を

バッタバッタ倒していきます。

私も野球をやっていたので、少しでもやったことがある人は、昨日の

ダルビッシュが明らかにいつもと違うのは一目瞭然です。

それでも、ヒョウヒョウとしっかりと先発の役目を果たして、チームを

勝利に導いたのです。要するに大事な場面で結果を出したのです。

ここに若干23歳の若きエースから学ぶ部分があります。

プロの世界ですから、成功と失敗は紙一重かもしれませんが、

恐らく相当考え抜いて、どうしたら今の状況の中で最大限の力を

出し切り、しかも勝利に結びつけることができるかという1点に絞り

昨日の投球術の選択をしたのだと思います。

力を抜いて、要所はしっかりと締めて、また力を抜いて・・・その繰り返し

をすることで相手を翻弄できたのだと思います。

まさに圧巻、23歳のできる精神力と技ではありません。

私も、もうしばらくすると新店舗の”マウンド”に立つことになります。

どんなに経験があっても、不安が心の中で渦巻きます。

それは、オペレーションであり、”売上結果”でもあります。

まさにダルビッシュの投球術と勝利という結果と同じです。

その場所、その時の状況に応じて、うまくコントロールできるように

せめて今からできる限りの準備やシュミレーションだけはしておこうと

思っています。



thaliyaheiwa at 10:06コメント(0)トラックバック(0) 

2009年06月03日

ターリー屋 DS

本日ブログ、192日目

本日のカレー(予定)

  中辛 ・ ジンガマサラ(エビのクリーミーカレー) 100円プラス

  辛口 ・ キーマ(チキンのひき肉)

  中辛 ・ ビンディー・ベイガンマサラ(オクラとナス)→ダル(インド豆)

  甘口 ・ ベジタブル(野菜カレー)

最近、ゲーム機も多種多様なものが出回るようになりました。

私が小学生や中学、高校の頃は、圧倒的にファミコンが空前のブームだった時代

でしたので、毎日のように学校から帰宅してはテレビに向かってゲームをしていた

記憶があります。

最近はなかなか時間も少ないので、ゲームをやる機会が少ないのですが、

個人的には育成シュミレーションゲームが大好きでよくやっていました。

もし、ゲームクリエーターが友達にいたとしたら、是非作って欲しいのは

「ターリー屋」という育成シュミレーションゲームです。

アルバイト編から社員編、または経営編などをプログラムして、末端の仕事から

大きいプロジェクト的な仕事をプログラムして、0からターリー屋を繁栄させて

いくものです。

具体的な内容は、お店を設計から始めて、コックを選出して、アルバイトも選び、

営業しながら、席の入れ方や、接客、オーダー、対応などを体験版

シュミレーションゲームにして、育成に貢献できるようにすれば、おもしろいのでは

と思います。

私は新宿エリアにいた頃は、常々席の入れ方はテトリスと一緒だと思って研究していました。

例えば、本店でいう24席という中で、どういうパターンでお客様が押し寄せとも、

今の現状での最善な案内の仕方(無駄がないような)を暇さえあれば考えて

いた気がします。

もちろん、実際の現場はパターンや決め事ですっきりいくことはありませんが、

あくまでも”基本”という部分では、自社の育成シュミレーションゲームがもしあれば

おもしろいのではと思います。

もちろん、現実化するにはコストとプログラムを作る時間がかかりますので、

なかなか難しいとは思いますが・・・

いい意味で、普段の仕事もゲーム感覚のように、リラックスして、一つ一つ

クリアして、自分のレベルがUPできればなぁと思います。











thaliyaheiwa at 00:41コメント(0)トラックバック(0) 
記事の検索
最新のコメント
記事アクセスランキング
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ