thaliyaheiwaのブログ

バイト

2009年08月27日

これが現実

本日ブログ、277日目

本日のカレー(予定)

  中辛 ・ バターチキン(チキンのクリーミーカレー) 100円プラス

  辛口 ・ キーマ(チキンのひき肉)

  中辛 ・ ダル(インド豆)

  甘口 ・ ベジタブル(野菜カレー)→パンプキン(かぼちゃ)

コックの奥さんは主に夜や土日にバイトに入っているのですが、平日は新橋に

あるラーメン屋さんでアルバイトをしていましたが、昨日しかも急に辞めて欲しいと

言われたらしく、さすがにショックを隠せないらしい状態でした。

そもそもどうして辞めることになったのかというと、もともとこのラーメン屋さんには

ある知り合いのネパール人の紹介で入ったらしいのですが、その紹介した本人が

別の仕事を辞め、失業したため、コックの奥さんを押しのけて、自分が今度

そのラーメン屋さんで働くことになったらしく、結果的にはじかれてしまったらしいのです。

話だけを聞くと、なかなか日本人同士ではないような話ですが、これが現実です。

ちなみにこのラーメン屋さんのは、コックの奥さんに今まで、「良く働くしすごい
ね」

と言っていたらしく、よく今日は褒められたとか聞かせれていたものでした。

それが、辞めさせる理由は、「言葉もダメだし、仕事もできないから」と

言われたそうです。

ちなみに私は、ほとんど褒めたことがありません。日本語もまだまだだし、

私や自分の旦那さんに守られながら、仕事をしているので、出来て当たり前だし

そんなもんだったら、他ではバイトとしては厳しいから、勉強してくださいと

常々言っていました。

何が悪くて、誰が悪くてなど、こういうことが起きるとつい誰かのせいにしがちですが

どう考えても、結果は変わらないのだから、頑張るしかないとだけ言ってあげました。

派遣切りではありませんが、これが現実です。

日本人でさえ、厳しい状況なのに、技術を持たない外国人妻などはかなり厳しい

状況です。早めにネパールに帰国することも勧めてはみていますが、どうなるか

わかりませんが、できる範囲でも協力はしようとは思いますが・・・

厳しい世の中です・・・



thaliyaheiwa at 01:41コメント(0)トラックバック(0) 

2009年08月05日

勉強=道は開ける

本日ブログ、255日目

本日のカレー(予定)

  中辛 ・ ジンガマサラ(エビのクリーミーカレー) 100円プラス

  辛口 ・ キーマ(チキンのひき肉)

  中辛 ・ アルマタール(ジャガイモとグリーンピース)

  甘口 ・ アンダー(刻みゆで卵)

今日は、少々愚痴っぽい内容になりますが、お許しください。

ここの場所も、既に10ヶ月目に入り、様々のことが起こりました。

その中で一番辛かったのは、リーマンショックからの世界的恐慌、消費の落ち込み、

外食を控える傾向などにより、売上が悪い意味で横ばいになり、苦しい時期を

経験しました。

今はようやく少し持ち直してきましたが、気が抜けないのが事実です。

そんな中、アルバイトのコックの奥さんに常々言ってきたことがあります。

今、日本はとても厳しい状況だから、あなたがこれから先に、他のアルバイトを

するにせよ、今の日本語だとどこも雇ってくれないから、一生懸命勉強して

もっと頑張らないと、辛い思いするよ!と助言したのが、去年の12月頃でした。

その後半年が経ち、さてどうなったのかというと、たいして変わりません!

そういう事実がありつつ、先日私に、この奥さんが言ってきました。

「ターリー屋の他のお店で、ネパール人のあまり日本語が出来なくても、

働いているみたいだから、私ももっと働きたいので、紹介お願いします」

どこから情報を得たのか知りませんが、どうであれ、すぐ返事しました

「今のあなたの日本語能力だと、他のお店では迷惑がかかるし、そもそも

紹介はできない。しかも、あれだけ言ったのに、勉強もせず、自分が新宿エリア

で出来ると思わない方がいいよ」

言葉だけみると、ひどい事を言ってますが、現実的な話です。

日本人でさえ、派遣切りやらで、街には無職や仕事を探してる人が溢れています。

その中で、勝ち残っていくためには、とにかくまじめに勉強して、人よりも少しでも

努力した人のほうが、道は開けると思います。

題名のように、勉強=道は開ける が、全てそうなれるとも限らないご時勢ですから

ほんとうに厳しい状況ですが、私自身にも言い聞かせるつもりで、謙虚に

頑張るしかないです。



thaliyaheiwa at 00:30コメント(2)トラックバック(0) 

2009年05月26日

結構怒ってしまいました

本日ブログ、184日目

本日のカレー(予定)

  中辛 ・ バターチキン(チキンのクリーミーカレー) 100円プラス
 
  辛口 ・ キーマ(チキンのひき肉)

  中辛 ・ アルマタール(ジャガイモとグリーンピース)

  甘口 ・ シーフード(ホタテ入り)

昨日はコックが休みのため、夜は私とアルバイトの二人で店をまわします。

アルバイトはおなじみのコックの奥さんです。出勤早々、機嫌が悪いです。

問いただすと、どうやら先日お伝えした、ネパール国内で起きた、コックである

旦那さんのお兄さんの悪態により、財産をほとんど持っていかれたらしく、

将来コックと奥さんがネパールに戻っても、今のお父さんが住んでる家しか

残ってないらしく、仕事に身が入らない様子です。

いつもなら間髪入れずに、気持ちを切り替えて頑張れ!とはっぱをかけるのですが

本人にとっては深刻な出来事なので、さとすように、大変だろうけど、仕事は

仕事だから頑張ってください!と言ったのですが、次に奥さんから出てきた

言葉が衝撃的でした。「こうなったら、死んでもいいわ」でした。

さすがの私も、怒らないわけにはいきません。

あんなに優しい旦那さんがいるんだし、お国に、子供さんもいるんだし、

冗談でもそういう言葉をしかも異国の日本では使わないように!

次に私の目の前で使ったら、辞めてもらう覚悟してくださいと言いました。

普通はここまで言えば少しおさまるはずですが、逆ギレぎみに、口を返してきます。

「仕事もいらない、旦那もいらない、子供もいらない、何にもいらない」

完全に感情的になっています。

「私の友達はみんな財産がいっぱいある。無いのは私達だけ!」

治まりがつきません。もとの問題がネパールで起きてることなので、何を言っても

無駄なようです。そうこしているうちに、お客様が連なって来店し始めたので

”事”は一旦治まりましたが、今日コックが出勤してきたら、今後のこともきちんと

言うつもりです。少しならまだしも、度が過ぎるのはお客様にとっても良くないです。

ここの場所は、厨房の中が丸見えですから、私語は謹んでもらわないといけません。

悲劇のヒロインも、一回は許しますが・・・なるべく私もキレないように対処ですね!



thaliyaheiwa at 02:35コメント(0)トラックバック(0) 

2009年02月09日

女性の力

近年、女性の社会進出は、目を見張るものがあります。

JRの電車に乗ると、女性の車掌さんがいます。鉄道会社のシステムだと、あと数年で

女性の運転手が電車を走らせるのが、普通の光景になるのではとも思います。

こうした、今までは男社会であった現場で、女性が活躍する姿を見ると、

すごいなと思うし、自分も頑張らなくてはと思います。

では、うちのお店はどうでしょうか?

最近は、コック夫婦が引越ししたので、私が不在のときは夫婦二人で、

お店を守ってくれています。

先日、アルバイトで来てる奥さんが、「私もナンを焼いていいですか?」

よくよく聞いてみると、アリアル(旦那さん)がナンを捏ねてるときだけでいいので、私がナン焼きを

覚えて旦那さんを助けたいとのことみたいなのです。

そんな話を聞く以前から、私は女性がナンを焼くというのはどうなんだろう?と

思っていたのもあり、理由はともかく悪い話ではないと思いました。

女性のキメ細やかな部分がどんなナンを作るのだろうと興味はあります。

ただし、ナンを焼くということはお客様に美味しいものを提供しなければなりません。

アリアルであれ、そうとうインドやネパールで小さい頃から経験を積んで今があります。

私も微力ではありますが、3年間必死に覚えて今があります。

なので、本人には気持ちはうれしいけど、やるなら、徹底してやってもらいたいし、

お昼の他のバイトを辞めてでも、勉強するぐらいの気持ちがなければ、今回は

OKは出せないと伝えました。

決して、本人のチャンスを狭くしたわけではありません。

それこそ覚悟を決めてでもやりたいというならば、私はOKを出すつもりです。

以前、OPENして間もない頃、私の友人が閉店後に訪ねてきました。

ナンを焼いてみたいというのです。

その友人とは、現役バリバリの女性のパン屋さんです。毎日、生地を扱ってる

ので、ある意味私よりも生地に関しては、経験も技術もあります。

さて、実際にやってもらったらどうなのか、興味深くみてました。

もちろん最初の10枚はうまく焼けません。当たり前の話です。

がしかし、私がコツやこんな感じと焼いて見せたら、あれあれ段々と

コツをつかみ、たたいて伸ばすところまでは、いけるぐらいになりました。

さすがにタンドール釜にはりつけるのは、恐怖感と感覚がパン屋とは違うので

苦戦してましたが、その様子をみると、近い将来、女性のしかも日本人が

ナンを焼いてる姿があるかもしれませんね。

改めて”女性の力”将来が楽しみです!









thaliyaheiwa at 02:04コメント(2)トラックバック(0) 
記事の検索
最新のコメント
記事アクセスランキング
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ