2006年01月06日

「生きる」4

みなさん、こんにちは。

日本全国、寒いのですかね。
確かに今年はすごく寒いです。
でも、みなさんのブログを拝見していると
すこしづつあったまってきます。
ありがとうございます。

今日の寒さで思い出したので、今日は

黒澤監督の映画、「生きる」についてお話します。



この、「生きる」という映画は、黒澤映画ではおなじみの
「志村喬」さん主演の映画です。黒澤監督の白黒作品
では珍しく、三船敏郎先生主演ではありません。

末期ガンと診断された役所勤めの平凡な男が、

「息子に、自分がガンだ」」知らせようとするが、
「行き違い」で知らせることができず」
「死ぬまでになにをすれば良いか」を悩み、
「すごく前向きな女の子」に付きまといながら、

「公園造り」に全力を傾けることを決意し、
「死んでいく」

という話です。

なぜ、この寒さでこの映画を思い出したかといいますと、

この主人公は、雪の降る日の完成した公園でひとりブランコを
こぎながら死んでいくのです。

このシーンを思い出したのです。

ごらんになったことのない方は、寂しくて、寒そうなシーン
だとお思いですか?

いいえ、

私は、とても明るく、あったかいシーンだと思いました。

主人公の満足そうな顔、
はじめて、何かに本気になって、やり遂げた顔、

雪の降る夜の寒い公園に一人ブランコで、
「いーのちぃ みじぃかし、こいせよぉおーとめ」
と低い声でつぶやくように歌っているのに

なんか、

「うらやましい」

とまで思いました。


「死ぬ気になれば何でもできる」なんてよく言いますが、

もうすぐ死ぬとわかったとき、自分は
「死ぬ気になって本当にできるのかな?」
と思ってしまいました。

だから、死ぬ気になってやり遂げた主人公が
うらやましかったのです。


映画は所詮、現実ではありません

「うまくいきすぎだ」「実際にはありえない」「楽しんで終わり」
でも、まずは楽しめればいいです。

でも、「こいつ、いいこと言うな。まねしてみるかな。」
「いい話だな。すこしでもこんなふうにできないかな。」

なんて考えて、映画をちょっとでも現実にできたら単なる
映画じゃなくなりますよね。

現実の人を見習うのと同じことが映画でもできるのかな
と思いました。

この映画については、明日もお話します。
もっとお話したいことがあります。

ではまた。



thankyousensei8 at 22:26│Comments(15)TrackBack(4) 映画 | 感動

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 黒澤「生きる」ハリウッド版リメーク  [ サボテン島のハリネズミ ]   2006年01月08日 15:45
黒澤明監督の映画「生きる」がドリームワークスでリメイクされるらしい。 黒澤「生き
2. ★「生きる」、寡黙と饒舌さ★  [ ★☆カゴメのシネマ洞☆★ ]   2006年01月10日 14:06
5 「生きる」 (1952) 日本 監督:黒澤明製作:本木荘二郎脚本:黒澤明 橋本忍 小国英雄撮影:中井朝一美術:松山崇編集:岩下広一音楽:早坂文雄照明:森茂出演:志村喬 日守新一 田中春男千秋実 小田切みき 左卜全 山田巳之助 藤原釜足 金子信雄 他、いつもながら、ネタ...
3. この映画を見て!「生きる」  [ オン・ザ・ブリッジ ]   2006年01月22日 22:06
第22回「生きる」見所:死を宣告された人間にとって生きるとは?志村喬の名演技に注目!  この映画は日本映画史、世界映画史共に名高い映画であり、世界中の映画評論家
4. 黒沢明「生きる」  [ モナミ  ]   2006年05月06日 16:29
初めての試み「映画を語る」に武田さんが挑戦します。いっさい損得はないという名作...

この記事へのコメント

1. Posted by 笑顔整体の院長   2006年01月06日 23:52
映画にしてもなんにしても、
自分のものにしてしまえば、
自分のものですね^^
つよしさん、こんにちは。
サプライズ力の赤城です。
おかげ様で、「結婚生活カテゴリー」で、
1位を獲得することが出来ました。
コメントして頂き、ありがとうございます。

つよしさんもブログで紹介させてもらいました。
これからも幸せであふれた内容にしていきたいと思います。
ありがとう。
心から感謝を込めて♪
3. Posted by 「幸せになろう」 つよし   2006年01月07日 00:43
院長様、コメントありがとうございます。
ひとつひとつ、いろいろなことから学んで、自分のものにしていくのがいいのですね。
4. Posted by 「幸せになろう」 つよし   2006年01月07日 00:45
赤城様、コメントありがとうございます。
そして、おめでとうございます。
今からそちらへおめでとうを言いに行きますよ。
5. Posted by 光彩   2006年01月07日 00:45
こんばんは^^
私のページに、ご訪問&コメントしていただいて
ありがとうございます♪
死と向き合うって、難しい事ですよね^^
でも、そこには、学ぶ事も多く有りますから、
正対してみる時間も必要なのかもしれませんね♪
これからも、どうぞ、よろしくお願いします☆
6. Posted by オリーブ   2006年01月07日 01:35
強く生きている人
優しく生きている人
可憐に生きている人
周りを見渡せばたくさんの素敵な人がいて、
作られた映画の中であっても
素敵な生き方の人に触れるのって
感銘しますよね。
7. Posted by ウルフ   2006年01月07日 08:07
おはようございます。
ご訪問ありがとうございました。

幸せですか。何となく自分には縁の無い言葉です。
いや、求めてる幸せが違うだけで、きっと日常には幸せはあると思うんですが…

今年は幸せになりたいです。
8. Posted by 「幸せになろう」 つよし   2006年01月07日 10:23
光彩様、コメントありがとうございます。
死に向き合うことは、普段自分が死ぬことなんであまり意識しないので
難しいです。私の場合、まわりの人が立て続けに死んでいったので、その時期は
死と向き合えていたような気がします。
9. Posted by 「幸せになろう」 つよし   2006年01月07日 10:26
オリーブ様、コメントありがとうございます。
そうですね。現実も本も映画も関係なく
感銘して、自分のものにできれば、1日中ちょっとづつ良くなる環境に自分がいることになりますね。
10. Posted by 「幸せになろう」 つよし   2006年01月07日 10:28
ウルフ様、コメントありがとうございます。

「今年は幸せになりたいです。」

いい言葉です。今年1年、忘れないで下さい。
きっと、ウルフさんなりの幸せを感じられるようになりますよ。
11. Posted by まつさん   2006年01月07日 11:46
「ハリー・ポッター」の記事へコメント頂きありがとうございました。
訪問の足跡を残すため、失礼かと思いましたがこちらにて失礼します。
「生きる」は邦画の中でも生涯ベスト10に入るほど、そして黒澤映画の中でも「天国と地獄」に次いで好きな作品です。
かつて「伝説の教師」というドラマで、生徒役だった黒澤明の孫である黒澤優がブランコで同場面を再現していたのを見て涙した覚えがあります。
また明日の記事も楽しみにしております!
12. Posted by 「幸せになろう」 つよし   2006年01月07日 15:48
まつさん様、コメントありがとうございます。

天国と地獄もすばらしいですね。
三船も男らしいし。

まつさん様に楽しみにされて、とてもうれしいですが、未熟なもので、恥ずかしいです。でも、自分なりに書いていきます。
13. Posted by つちはし   2006年01月08日 20:30
ちょうど、昨晩「生きる」のビデオを
見ました。

偶然ですね。

予想以上に面白かったです。

生きるということは
何かを作ること。

というところが
とても私の心に響きました。

私の場合は文章を書くことですが
これも作ることの一つかなと
思いました。

久々に心に残るいい映画でした。
14. Posted by カゴメ   2006年01月10日 14:05
TB、感謝です!!

>私は、とても明るく、あったかいシーンだと思いました。

安堵と達成感。
その裏面にある、もの静かな寂しさ。
それが自然に、そして優しく混在していて、
何とも雄弁なシーンでしたね。
私のレビュー、TBエコーさせてくらさい。
15. Posted by 「幸せになろう」 つよし   2006年01月10日 21:59
カゴメ様、トラックバックありがとうございます。未熟なコメントですみません。私ももっとかっこいいコメントが書けるようになりたいよう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔