the080_blog

物流に関連する四方山話を書いています。

2010年に放送され、最高視聴率25.7%を記録した大河ドラマ「龍馬伝」龍馬伝-1
には、脇役ではありましたが三菱の創始者である岩崎弥太郎が登場してまいります。そのドラマの中で描かれた岩崎弥太郎は、ずいぶん史実と異なるような気がします。恐らく、あのドラマをご覧になっていた三菱関係者の中には、「あれ、何これ?」と感じたり、「失礼な!」と憤ったりした方も多いのではないかと思います。もちろん主役の坂本龍馬もしかり。謎に包まれた人物の原型は、もちろん実在したわけですが多くは司馬遼太郎の創作によって生み出されたものですから…。

弥太郎が登場してくる文章には必ずと言ってよいほど「土佐の地毛浪人」という修飾語が付され、その身分の低さが強調されています。その「地毛浪人」とはどれだけ身分が低かったのでしょうか。

土佐藩の武士身分は上士(上級武士)と下士(下級武士)に分かれており、上士は関ヶ原の合戦のあと山内一豊に付き従って土佐に入った家臣等の子孫であり、下士は長宗我部氏の旧家臣や土着の豪族層等の子孫が主な者でした。上士と下士も細かく身分が別れており、下士の身分としては、郷士、用人、徒士、足軽、組外、庄屋等がありました。

土佐藩-1

岩崎家はもともと郷士の身分でしたが、生活のために仕方なく弥太郎の曾祖父が郷士株を売却して、下士よりも身分の低い地下浪人となったのです。郷士は、無禄無役ではありましたが、士分の格式を維持しており苗字帯刀は許されていたそうです。生計手段としては、田畑を持っている場合は半農半士となり、町人として生計を立てた者もいたようです。岩崎家は農業を営んでいたようで、武士でもなく農民でもない、中途半端な存在ではなかったかと思います。

この時代の土佐の農民は非常に貧しい暮らしをしていたようです。その苦しい生活の中にあって、母の美和は、かなり強烈な教育ママであり凛とした存在の人格者でした。そして、お家の再興を強く願った美和は弥太郎に学問を強要しました。そのようなわけで、1213歳の頃から弥太郎の塾通いがスタートしたのです。

 

話しは飛んでしまいますが、三菱のマークは山内家の家紋がモチーフになっていたのですね。

つづく

 

 平成299月、世界最先端のデジタル都市・上海に、ジャック㈱丸山運送 上海事業所が設立されました。現在は、上海を中心に活動しています。

 オフィスのある長寧区は、上海虹橋国際空港から近く、区内西部の虹橋経済開発区は国際貿易センター、世界貿易センター、万都センターなどが林立するビジネス街。外来人口(注釈:上海以外の地域から流入して上海に居住する人口を意味しているようです)に占める外国人の割合が非常に高く日本人も多く居住していますから、お店
日本食レストランや日本人向けのスーパー、カフェ、カラオケなどが充実しており、日本語の看板をあちこちで見かけます。また、ショッピングモールが多数立ち並ぶ商業エリアですから、ランチや買い物にとても便利です。

 税関等の政府機関とのやり取り、現地物流会社や輸出企業様の担当者との会話は中国語です。日本のように統一したルールのないこちらの港では、担当者によって対応が異なることが悩みのタネ。苦労は多いですが、だからこそ現地で実務に触れることが重要であると考えています。

 私たちのお客様のほとんどは中国現地企業で、日本では得られないような面白く刺激的な仕事がたくさん待ち構えています。 

 なお、海外で物流に関してお困りになっている日本のお客様のお役に立てるのは大きな喜びですし、今後は更に日中を結ぶ架け橋となれるよう業務を拡大していきます。日本と深く関わる隣の大国、中国での業務経験を通して、これからどんどん活躍の場を広げていきたいと考えています。

(弊社・社内報「輝き」201910月号より)

DSC_0160Maruyamaのトラックは、‟三菱ふそう“でほぼ統一しています。当社の社長は若い頃に長距離トラックのドライバ―としての経験を積んでおり、そのとき運転していたのがFUSO。エンジン性能、乗り心地、使い勝手などに惚れ込み、以来FUSO一筋で今に至っています。

FUSOの正式社名は「三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)」です。この会社は、インドに拠点を置くダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)という商用車メーカーと研究・開発、調達、生産、輸出、販売・マーケティングに至るまで緻密な戦略的パートナーシップを組んでいます。そして社名に冠された「ダイムラー」というのは、皆さまご存じベンツを製造しているドイツの自動車メーカー。ベンツ「おベンツ」と呼びたくなるほど高級な乗用車ですね。
そして、前出の2社はダイムラーベンツの商用車部門としての重要な子会社という位置づけにあります。

その一方で、三菱ふそうトラック・バス()は、その名が示すとおり三菱グループの一員でもあります。今回は、その三菱グループについて気の向くままに書いてみたいと思います。

私がそんな気持ちになったのは、会社のヤードで見かけたコンテナのボディにペイントされていたBeaconのマークがきっかけです。Beacon灯台をモチーフにしたちょいと洒落た印象のマークは、「これは明らかにアジア圏のモノではない」と思い調べてみたところ、意外や意外、三菱グループ御三家のひとつ三菱UFJ銀行の子会社、三菱UFJリース・ファイナンス(株)がオーナーのコンテナリース会社でありました。もちろん本拠地は米国。レッドソックスの本拠地ボストンです。Beacon Intermodal Leasing, LLCLLCというのは英語の「Limited Liability Company」の頭文字を取ったもので、アメリカで設立される会社形態のひとつ。Beacon爆発-1Limitedは日本語で「有限」、Liabilityは「責任」、Companyは「会社」ですから、直訳すると「有限責任会社」となります)は、2008年に設立。201411月にはMFTBCの完全子会社となっています(生き残りを賭けた積極的M&Aだったのか、TOBだったのかは不明です)。

そして、いったい三菱グループって何社?売上はどれだけ?と興味が湧いてきたのです。どこまでをグループ会社としてカウントするのか分かりませんがwikiによると2019年の売上はなんと70兆円。その年の日本政府税収が概ね63.5兆円でしたから、単純に比較するのは無意味なことですが、その規模感たるや唖然!

三菱ロゴ-1幼い頃から身近な存在であった三菱の赤いマーク。幕末、土佐の地毛浪人から身を起こした岩崎弥太郎を始祖とする三菱グループは、世界最大のコングロマリットだということを知るに至ったのです。

                                   つづく

↑このページのトップヘ