横浜のシンボル的な存在といえば赤レンガ倉庫。その目の前に、ぱしふぃっくびいなす、飛鳥Ⅱ、ダイヤモンド・プリンセス、にっぽん丸など日本を代表する豪華客船が着岸する大桟橋があります。DSC_0112横浜港の築港は、この大桟橋からスタートしました。明治27年のことです。

当時、江藤新平をリーダーとした佐賀の乱(明治7年)の鎮圧や西郷従道が勝手に台湾に出兵(明治7年)してしまったことにより、明治政府の台所は火の車。とても港湾整備などできない窮状ではありましたが、そこに降って湧いたように米国から巨額の予算が届いたのです。

このお金、幕末に長州藩vsイギリス・フランス・オランダ・アメリカ、列強四国との間に起きた二度にわたる武力衝突の賠償金として幕府がアメリカに支払ったもの。長州藩
当時、アメリカは南北戦争の真っ最中で遥か彼方の日本にかまってる余裕はなく、4か国の連合艦隊には適当な船をチャーターしてわずかな大砲を積み込み日本に向けて出港させました。実は、国際的な対面を維持するための形ばかりの参戦だったようです。その後、南北戦争が終戦を迎え、国内が落ち着いた段階になると、そこはピューリタン、熱血&正直なんですね。『いったい我が国にあんな莫大な賠償金を請求する資格があるのか…』という議論が沸き起こり、じゃ日本にお金を返そうということになりました。そんなわけありのお金だったのです。

この予算によって、かろうじて大型船が着岸できる鉄の桟橋が完成。ここから横浜港の発展がスタートしたのです。現在では、年間300TEUを超えるコンテナ取扱量を誇る国際戦略港湾となった横浜港には、こんなドラマがあったのですね。Trafficnews_78444_9ba3_1

この大桟橋、かつては『メリケン波止場』と呼ばれていたことがありますが、このような事情を反映した愛称だったのかもしれません。



※過去の投稿は、こちら!
http://the080.re-cruit.info/blog/detail/96