平成299月、世界最先端のデジタル都市・上海に、ジャック㈱丸山運送 上海事業所が設立されました。現在は、上海を中心に活動しています。

 オフィスのある長寧区は、上海虹橋国際空港から近く、区内西部の虹橋経済開発区は国際貿易センター、世界貿易センター、万都センターなどが林立するビジネス街。外来人口(注釈:上海以外の地域から流入して上海に居住する人口を意味しているようです)に占める外国人の割合が非常に高く日本人も多く居住していますから、お店
日本食レストランや日本人向けのスーパー、カフェ、カラオケなどが充実しており、日本語の看板をあちこちで見かけます。また、ショッピングモールが多数立ち並ぶ商業エリアですから、ランチや買い物にとても便利です。

 税関等の政府機関とのやり取り、現地物流会社や輸出企業様の担当者との会話は中国語です。日本のように統一したルールのないこちらの港では、担当者によって対応が異なることが悩みのタネ。苦労は多いですが、だからこそ現地で実務に触れることが重要であると考えています。

 私たちのお客様のほとんどは中国現地企業で、日本では得られないような面白く刺激的な仕事がたくさん待ち構えています。 

 なお、海外で物流に関してお困りになっている日本のお客様のお役に立てるのは大きな喜びですし、今後は更に日中を結ぶ架け橋となれるよう業務を拡大していきます。日本と深く関わる隣の大国、中国での業務経験を通して、これからどんどん活躍の場を広げていきたいと考えています。

(弊社・社内報「輝き」201910月号より)