2017年08月21日

東京新聞らしい「混迷トランプ外交」の記事

東京新聞らしい「混迷トランプ外交」の記事

 トランプ大統領は日本の為に頑張ってるよ!


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。
 

【東京新聞】在日米軍撤退の「公約」どうなってる? 混迷トランプ外交

 「日本が駐留経費を全額負担しなければ米軍撤退」と発言してきたトランプ氏が米大統領に就任して七カ月。

 こと在日米軍基地に関しては、日本にとっても負担軽減への突破口になる期待もあったが、沖縄県名護市辺野古では新基地建設は続き、日米関係に変化は見られない。

 米国の対日政策は、そして日本外交はどうなっているのか。(鈴木伸幸、安藤恭子)(8月21日 紙面から)

    2017年8月21日 東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017082102000125.html

東京新聞というのは日本に取って不必要な新聞社だね。

 ★共産シナが尖閣列島を日本から奪おうとして軍事攻勢を強めている。

 ★北朝鮮が日本を核ミサイルで攻撃し焦土化すると再三脅している。

 東京新聞社はこのような深刻な極東情勢の中で、日本に駐留する米軍など必要ないと行っているのと同じだ。これは共産シナや北朝鮮に日本が早く侵略されて降伏することを願っているようなものだ。

 このような国賊が日本にはウジャウジャいるが、中でもこの東京新聞はしばき隊や男組を称える記事を書いて来たわけでから驚きもないが、本当に日本にはいならい新聞ですね。

 

 米国トランプ大統領支援デモ

2017年10月22日(日) かいさ 

「日米同盟、強化・推進!フェイクメディア、撃退・粛清!」

※詳細、決まり次第、発表

【主催】瀬戸弘幸


 このような新聞社が糾弾する目的で「フェイクメディア、撃退・粛清!」を付け加えることにしました。参加する人は各自朝日・毎日・東京新聞などを痛烈に非難するポスターなどをご持参下さい。


 しかし米軍が極東から撤退したり、トランプ大統領が身動き取れなくなるのを、一番喜ぶのは共産シナと北朝鮮です。それを記事にするあたり本当にこの東京新聞社は分かりやすい新聞社ですね。


 しかし、この選挙機関中の在日米軍の問題はその後修正して、トランプ大統領も認識を新たにしているのに、なぜこうも捏造して報道するのか?


 混迷など一切していない。混迷しているのは日本の左翼だろう。北朝鮮が暴発して米朝戦争になれば、日本の左翼など一巻の終わりだ。それを分かっているから焦っているのだろう。


 仮に米軍が撤退したとしても、その時は日本は核武装しているし、世界でも米国に次ぐ軍事大国になっているはずです。


 
ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。
 


 

  
Posted by the_radical_right at 18:44Comments(22)mixiチェック

共産党区議が言論弾圧

共産党区議が言論弾圧

 公共施設使うなと保守派を恫喝

  ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。  

e4a2b697<せと弘幸>映像サイトは左の写真をクリックするとご覧になれます。

New  せとちゃんねるでの主張や解説を始めています。

 日米同盟強化、トランプ大統領支持、祖国を北朝鮮の脅威から守れ!

はすみとしこ氏の出版記念講演会予定に共産党区議「公共施設でやるなよ。週明け電話。」

 yjimage   漫画家のはすみとしこ氏が9月に予定している新著の出版記念講演会について、共産党の区議が「公共施設でやるなよ。週明け電話。」とツイートを流し波紋を呼んでいます(画像ははすみ氏の講演会告知ツイートより)。

    これははすみとしこ氏が9月15日発売予定の新著「それでも反日してみたい」の出版記念講演会を9月11日に文京区の「文京シビックセンター」で予定しているところ、これについて共産党の金子けんたろう杉並区議がTwitterでこのように反応し注目を集めているというもの。

    金子「文京シビック…公共施設でやるなよ。週明け電話。」

    金子区議の元には複数の人が不適切な発言ではないのか、何故講演会を公共施設で行ってはいけないのか説明すべきだ、などの批判的な声を寄せており、はすみとしこ氏の新著出版元である青林堂もTwitterでこのように苦言を呈しています。


1503209097593    青林堂「業務妨害の脅しともとれるこのツイートは日本共産党杉並区議会議員 金子けんたろう http://kanekokentaro.jp  当社もブロックされているためツイッター上では見れませんが、度重なる表現の自由を奪う行為こそ「暴力」です」

    金子区議の発言からは公共施設での開催に反対の意思は伝わってくるものの、どのような「電話」をかけるのかについては明らかにされていませんが、はすみ氏は金子区議の発言に対して「お願いします。今回だけは勘弁して下さい。みんな楽しみにしているんです。(><) 」とツイートしています。既に評論家の石平氏もこのように発言しているなど影響力の強い人物にも伝播していること、また類似の騒動は過去にも起きていたものの今回は区議による発言ということで成り行きに注目が集まりそうです。

    石平「この一件においてこそ、日本共産党の恐ろしい本質が現れている。勿論のこと、普段では「言論の自由」を高らかに主張している日本の大新聞や左翼はこの件について一切批判しないのであろう。共産党と左翼ほど、言論弾圧を好む人間はいないのである。」


    BuzzNews 2017/8/20 12:00

    http://www.buzznews.jp/?p=2110409

 共産党がついに正体現して言論弾圧をはじめましたね。しかも議員の力を悪用して「公共施設を使わせない」などとトンデモナイ恫喝をしています。場合によってはこの区議の事務所前において緊急街宣の必要性もあります。

 しかし、どうしてこうも脅迫行為が続くのでしょう。保守派が何か行事を行えば、直ぐに左翼や在日、そしてしばき隊などが、このように騒ぎ出します。不当な弾圧がこうも立て続けに起きるということは、それだけ今の社会が危機に瀕しているという事なのかも知れません。

 反日連中は調子に乗りすぎています。北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込むなどと脅しているので、自分達もその気になって日本人に対する恫喝行為が激しさを増すばかりです。

 共産党は口では「民主主義」などと言いますが、最も程遠い連中であることは今回の事でも明らかです。「言論出版の自由」こそは民主主義社会の根幹であり、それを認めようとせず妨害しようとするのですから、本当にろくでもない人間たちです。

 >週明け電話

 一体どこに電話するのか?どのような内容の話をする気なのか?

 はすみとしこさん本人か。青林堂、それとも文京区のシビックセンターか。これはいずれにしても脅迫であり業務妨害にあたり、関係者は司法当局に被害届けを出すべきだ。

 しかし、この区議は何か常識がなさそうですね。生意気で喧嘩腰ですが、このような人物はこちら側が反撃すれば、すぐおとなしくなるか、それとも逆上して更に墓穴を掘るか?

 このトンデモ区議の味方してしばき隊のチンピラ共が現れてくれれば、更に面白くなります。この人物の選挙区でやれば、しばき隊が現れチンピラの仲間だと広く選挙民に知れ渡ります。

_SX338_BO1,204,203,200_ 先ずはこの金子区議の出方を見守って、こちら側の反撃を考えましょう。私ははすみ女史とは面識はありません。

 この本の表紙の絵を書いてもらっているのに、まだ挨拶もそういえばしていない。

 それだけの理由ではありません、とにかくこのような言論弾圧を何とも思わない共産党がただただ許せないだけです。

 場合によっては、この金子区議の落選運動をこの杉並の選挙区で始めるのも面白い。

 そう言えば杉並区議会には、日本第一党からも出馬を検討している仲間がいたようです。

 まだ、お会いしたことはありませんが、出来るならば、そのような人と共闘してこの金子議員の落選運動なんか、かなり効果が期待できそうです。

 

アマゾンの注文はこちら

 せと農園からのお知らせ。

 今年の桃の販売は終了しました。皆様のご協力によって今年は昨年を上回る販売量を達成しました。ありがとう御座いました。

 

 
ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。 
  
Posted by the_radical_right at 12:59Comments(16)mixiチェック

2017年08月20日

トランプ氏支持者の61%、今後も評価変えず


トランプ氏支持者の61%、

今後も評価変えず CNN

  ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。  

e4a2b697<せと弘幸>映像サイトは左の写真をクリックするとご覧になれます。

New  せとちゃんねるでの主張や解説を始めています。

 日米同盟強化、トランプ大統領支持、祖国を北朝鮮の脅威から守れ!


CIMG0948

























現在、せとチャンネルに映像を上げるアイパットに不具合が生じているので、映像を上げることが出来ません。支援者の方からこのトランプ大統領を応援する旗が寄せられました。

 この旗の前で、放送を収録したがどうもうまく行きません。本当に残念ですが、デモの際に使う小道具が揃って来ました。皆様のご支援に感謝します。

 今度のデモにはこれまで、デモなどに参加して来なかった人にも是非呼びかけます。トランプ大統領の似顔絵も頼んだので、それをお面にしてつけて参加して頂きたいと思います。

 2ちゃんのスレッドを紹介します。

ワシントン(CNN) トランプ大統領の仕事ぶりを支持する米国民の61%がその評価の変更は有り得ないと判断していることが米モンマス大学の最新世論調査で20日までにわかった。

逆にトランプ大統領の仕事ぶりを認めず、その見方は決して変わらないとしたのは57%だった。
今回調査は米バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義団体が反対派と衝突した12日の事件前後に実施。ただ、トランプ氏が両者に非があるとの見方を再度示した15日の発言前となっている。

トランプ氏の支持率はこれまで、共和党支持者の間で高率を維持してきた。しかし、この支持率は1月の就任当日以降、微減を示している。

米モンマス大学の世論調査によると、共和、民主両党の支持者でトランプ氏の評価が変わることは有り得ないとしたのは共に53%ずつ。

人種別に見た場合、アフリカ系(黒人)の55%は支持せずとの気持ちは決して変わらないとしていた。
好意的な評価は今後も続くだろうとする強固なトランプ氏支持者は女性に目立ち、その比率は72%だった。男性では54%だった。55歳以上の支持者の68%が支持の撤回はないとし、学歴が高卒以下では67%、年収5万ドル(約545万円)以下の67%が同様の回答を寄せていた。

同大の調査は8月10〜14日、成人805人を対象に実施した。

https://www.cnn.co.jp/usa/35106012.html

 米国において、トランプ支持者は日本と違ってマスゴミにだまされないようです。投稿コメント欄には次のようなコメントがありました。

 マスゴミはこの事件を取り上げて、朝昼晩と「トランプが人種差別主義者を擁護した!」とバッシングしていますしかも「トランプ離れが〜」などと嬉々として報道している

株価を押し上げ、北朝鮮を抑止して、アメリカを取り戻そうというトランプ大統領をトラブルに巻き込むために仕掛けた事件なのですね この記事ですべてがなっとくです

瀬戸先生たちが川崎デモで尽力したおかげで、日本人はこのカラクリはよく理解できるようになったと思います

日本の反日勢力(マスゴミとサヨク)は、アメリカの反米勢力とまったく同じ構図で同じシナリオで行動しているのがわかります

しかも
>マスゴミは、白人を中心とする保守系グループを「白人至上主義」「ネオ・ナチ」とレッテル貼りをして一方的に非難していますが、カウンター勢力は、武装して待ち構えており、しかも許可を取って行っているデモを非合法的に妨害したのです

恐ろしいですね
トランプ大統領、アメリカ人は正念場ですね。がんばってほしい!

トランプを狂ったように叩いている日・米のマスゴミ・サヨクの飼い主は同じということだと思います

Posted by 日本人もアメリカ人もがんばりましょう at 2017年08月20日 11:35

 トランプ支持者はこのCNNのニュースでも、心変わりはしていません。もう、トランプ大統領と共に進まもうとしています。

 旗というか、今回のデモでは横断幕として使うつもりですが、この写真の文字の意味するところです。

 Make America Great Again = アメリカを再び偉大(な国家)にする

 素晴らしい言葉です。横田基地が16・17日に一般開放されるらしい。旗を持ってデモの告知をしたいと思う。更に横須賀に米艦が入港した時にも馳せ参じるつもりです。

 今度のデモを世界的なニュースにしましょう。トランプ大統領はポーランドでは熱烈歓迎を受けました。移民に反対してポーランド国民は立ち上がった。

 日本もトランプ大統領支援デモも世界から注目されるデモにしたいものです。

 
米国トランプ大統領支援デモ

2017年10月22日(日) かいさ 

日米同盟、強化・推進!

※詳細、決まり次第、発表

【主催】瀬戸弘幸



ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

  
Posted by the_radical_right at 19:35Comments(17)mixiチェック

シャーロッツビル事件とトランプバッシング

シャーロッツビル事件とトランプバッシング

 何か、我が国の川崎報道と似ているね


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。  

e4a2b697<せと弘幸>映像サイトは左の写真をクリックするとご覧になれます。

New  せとちゃんねるでの主張や解説を始めています。

 日米同盟強化、トランプ大統領支持、祖国を北朝鮮の脅威から守れ!


世界に伝播する<フェイクニュース>

シャーロッツビル事件とトランプバッシング

米ヴァージニア州のシャーロッツビルで、銅像の撤去反対を求めた保守系団体と、そのカウンター勢力との対立から死傷事件に発展した事件を巡り、この問題に対するトランプ大統領の対応が、トランプバッシングの新しい材料となっている。

トランプ氏は、選挙戦の最中から主要メディアのネガティブキャンペーンに晒され続けており、日本でもトランプ氏の評価は分かれているようです。しかし、先日紹介したビデオからもわかるように、トランプはアメリカの保守であり、主要メディアの容赦ない捏造報道に直面しながら政権運営をしているという点では、安倍政権と同じ立場である。

シャーロッツビル事件については、日本でもアメリカの主要メディアと全く同じ切り取り方で報道されています。そして、実は、ヨーロッパの主要メディアでも同じように報道されています。世界中のマスゴミは、揃ってあからさまな嘘を報道しており、彼らが、実はひとつの勢力であることを自ら暴露しています。

RS=^ADBZ_K1MFp5FTJ4KmFoL3XbcEoyU2Wn























今回の報道をとおして様々な問題を取り出すことが出来ますが、まずは、この報道が捏造されたものであることを確認しておきます。

日本のメディアでの報道は次のようなものでしょう。

(1)
銅像の撤去反対を求めた「白人至上主義」の団体と、それに反対する勢力とが衝突し、暴行事件に発展、「白人至上主義」の男性が運転する自動車が反対勢力の群衆の中へ突入し、女性一名の死亡を含む多くの重軽傷者が出た。(街中で殴り合う映像、黒い自動車が群衆に突進する映像)

(2)
この事件について、トランプ大統領は「驚きの反応」を示し、白人至上主義を非難しないどころか、“責任は両方の陣営にある”と発言。これに対して、アメリカ国内の政財界から、トランプと距離を置く動きが出ている。(トランプ氏が記者会見する映像)

(3)
アメリカ国内では、南北戦争時代の南部同盟は奴隷制を肯定していたため、南部同盟の英雄達の銅像を撤去する動きが広がっていた。(他の町で銅像を倒して狂気している人たちの映像)
この報道のどこがファイクなのか、15日にトランプタワーの中で行われた記者会見での、トランプ大統領自身の発言がわかりやすいと思います。



(13:00〜)
トランプ:あなた達(メディア)は、報道されている人達(事件の当事者)について、事実を曲げて話を作り替えようとしているのです(中略)あなた達が報じている人達の中には、ネオ・ナチや白人至上主義者とは異なる、大勢の人たちがいました。報道機関は、彼らのことを全く不当に扱っています。もう一方の(カウンター)グループについても同じことが言えます。ちゃんとした人達もいましたが、火付け役もいたのです。揃いの黒服を着て、ヘルメットを被り、野球のバットを持った連中がそこにいたことを、あなた達は見たでしょう。もう一方のグループの中にも大勢の悪い連中が入り込んでいたのです。

記者:あなたは、報道機関が白人ナショナリストを不当に扱っていると言っているのですか?
トランプ:違います。(中略)事件の前夜、彼らは、大変平和的にロバート・E・リー像撤去に反対する抗議行動を行っていました(※1)。次の日、このグループの中に、ネオ・ナチや白人至上主義者、これらについては何とでもあなた達の好きなように呼べばよいですが、数名の乱暴な、ならず者が入り込んだようでした。しかし、そのグループには、罪もなく、まったく法律に基づいて抗議をしていた大勢の人達がいたのです。(中略)彼らは許可を取って(デモを)行っていたのです。もう一方(のタウンター・グループ)は許可を取ってはいませんでした。私があなた達に言えるのは、この一つのストーリーに二つの側面があるということです。今回起こった事件は、我々の国にとって恐るべき瞬間だと私は思います。しかし、そこには我々の国の二つの側面が存在しているのです。

以上

マスゴミは、白人を中心とする保守系グループを「白人至上主義」「ネオ・ナチ」「人種差別主義」とレッテル貼りをして一方的に非難していますが、カウンター勢力は、武装して待ち構えており、しかも許可を取って行っているデモを非合法的に妨害したのです。

日本の国体を守ろうとする日本人愛国者が、「極右」「人種差別主義」「ヘイト団体」と言われているのとまったく同じです。
自動車が群衆に突入し、多数に死傷者が出る、というところは幸いなことに日本ではまだ起きていません。しかし展開は、川崎市において1年前に起こった事件と全く同じです。

保守側のデモとそれを妨害するブサヨ、そしてこれをブサヨの側からのみ報道するマスゴミ。アメリカの「白人至上主義」が、日本の「極右」「排外主義・ヘイト団体」に置き換わっただけです。

アメリカで人種差別されているのは、アメリカ建国国民である白人の方なのです。(これがテキサス親父さんが批判する「ポリティカル・コレクトネス」です。)

さらに、この事件は、警察が、反米勢力側で意図的に状況を悪化させた疑いが濃厚になっています(※2)。

デモ参加者両方の側から、アメリカ国内では通常あり得ない、警察の放任姿勢や「驚くべき手際の悪さ」が指摘されています。そうだとすると、この問題は、マスゴミだけでなく、地元当局によっても、トランプを新たなスキャンダルに巻き込むために仕組まれた策略だということです。
マスゴミは、白人を中心とする保守系グループを「白人至上主義」「ネオ・ナチ」とレッテル貼りをして一方的に非難していますが、カウンター勢力は、武装して待ち構えており、しかも許可を取って行っているデモを非合法的に妨害したのです。

白人男性の運転する黒い自動車が群衆に突入し、多数に死傷者が出る、というところは幸いなことに日本ではまだ起きていません。しかし、そこまでの展開は、川崎市において1 年前に起こった事件と全く同じです。

保守側のデモとそれを妨害するブサヨ、そしてこれをブサヨの側から報道するマスゴミ。そして、「白人至上主義」が、日本の「極右」「排外主義・ヘイト」に置き換わっただけなのです。
さらに、警察が意図的に状況を悪化させた疑いが濃厚になっています(※2)。

 以上

 支援者の方からメールを頂きましたが、全く川崎の件とマスコミの報道姿勢は瓜二つです。正式な許可を取った保守派のデモに対して、許可を取らない左翼が襲いかかっています。

 その襲いかかった行為を批判せずに許可を取った集会やデモについて批判しています。


米国の共産主義者が引き起こした暴動については、有門大輔氏のブログにも書かれているので。そちらも合わせてご覧下さい。 http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/52055298.html

 

米国トランプ大統領支援デモ

2017年10月22日(日) かいさ 

日米同盟、強化・推進!

※詳細、決まり次第、発表

【主催】瀬戸弘幸


 参加の呼びかけを個人ではなく団体などに変えたいと思っています。例えば「自由社会を守る国民連合」などです。分裂・停滞してそして孤立化を余儀なくされてきた保守・愛国者がまとまって、この北朝鮮の脅威に立ち向かう。

 この戦いは最後の戦いだと思います。そんなことは万に一つもないでしょうが、トランプ大統領が内外からの攻撃にあって、アジアから撤退を余儀なくされた時に日本は滅びます。


 ★我々は座して奴隷となるよりは戦って死ぬ道を選びます。そのような意思を持つ強い日本人を結集しなければ、日本は滅んでしまいます。もう、綺麗事を言っている時ではありません。


 
ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。   
Posted by the_radical_right at 06:50Comments(40)mixiチェック

2017年08月19日

川崎問題のお知らせ。

川崎問題のお知らせ。

3日間の夏季研修を行います。

 

ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。


e4a2b697
<せと弘幸>映像サイトは左の写真をクリックするとご覧になれます。

New  せとちゃんねるでの主張や解説を始めています。

 日米同盟強化、トランプ大統領支持、祖国を北朝鮮の脅威から守れ!



 川崎の在日朝鮮人がまたこんな事をしているようです。

 反ヘイト市民団体 人種差別なくす条例制定を 社会

川崎市に申し入れ

伊藤副市長(右)に申し入れ書を手渡す市民ネットワークのメンバー

a000690814_01
「ガイドラインでは不十分」

 市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」(関田寛雄代表)は8月7日、人種差別撤廃条例制定を求める申し入れを川崎市に行った。ネットワークのメンバーはインターネットやデモで行われている差別の実態を伝えた。

 ヘイトスピーチ対策を巡っては現在、川崎市が公共施設の利用に一定の歯止めをかけるガイドラインの策定を進めている。一方、ヘイト団体は7月16日、中原区で昨年6月5日のヘイトデモのリベンジと位置づけ、「反日勢力による日本人差別と戦っています!」などの横断幕を掲げたデモを行った。さらにインターネット上でデモを拡散させ「朝鮮半島へ帰れ」などの誹謗中傷の書き込みを行い、特定の在日コリアンを攻撃している。

 もはや「ガイドラインだけでは不十分」。同ネットワークは指針を支え、犯罪として取り締まる根拠となる条例の早期制定が必要とし、川崎市に申し入れを行った。

 罅淵撻А暴電戞淵船絅鵐鼻房匆駟〇稻/誉諜崋厖事長は「(障害者や外国人ら弱者への)優生思想につながる懸念がある。具体的行動に移すことの恐れ」もあると述べた。「国において理念法ができ、実態的に無くしていくのは自治体としての役割」とも指摘し、条例の早期制定を求めた。

 神奈川県弁護士会人権擁護委員会の本田正男弁護士はヘイト側の姿勢を「言葉の乱用だ」と断じ、条例制定に向けては弁護士会としても知恵を出す考えを示した。

 青丘社職員の崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さんは先のデモを踏まえ「私たちの被害を無かったことにしないでほしい」と市に迫った。「法やガイドラインができても公共道路で警察が許可したら今は市民の手で止めるしかない」とも述べ、被害に寄り添った取り組みを行うよう要望した。

 申し入れ書を受け取った伊藤弘副市長は「非常に重く受け止める。差別のない社会づくりに異存はない」と述べ「人権全般にわたる条例づくり課題もある。形になる過程で助言、指導いただければ」と前向きな姿勢を示した。
 
      http://www.townnews.co.jp/0206/2017/08/18/395033.html        

 
さらにインターネット上でデモを拡散させ「朝鮮半島へ帰れ」などの誹謗中傷の書き込みを行い、特定の在日コリアンを攻撃している。

 これを意図的に我々と結びつけデモをやらせないような条例を作ろうとしています。本当に許せないことですが、出来るものならやってみたらいいでしょう。

 言論の自由もデモも規制するなどは、昨夜の大阪の条例問題でも書きましたが、日本が共産シナや北朝鮮のような共産主義独裁国家、有田芳生議員が首相にでもならない限り出来っこないです。

 >公共道路で警察が許可したら今は市民の手で止めるしかない」とも述べ、

 これが恐ろしい考えです。公安員会が許可したデモを自分達の手で止める・・・と言っています。それがどう言うことなのか?日本の法律を全く理解していません。暴力によってでもやめさせるなどの考えは、とても法治国家においては許されないことで間違った考えであることを示しています。

 RS=^ADB8GyY02r0R2gMgBc3gDegjef3FN0T2警察は法に乗っ取り警備しています。もし、この警備がなかったら、我々はデモが出来なかった。左翼と在日は暴力をむき出しにして我々に襲いかかって来ます。

 若い日本の警察官がこのデモを警備し、事実上我々を守ってくれたからこそ、このデモが成功しましたが、デモも出来ない川崎の状況というのは本当に恐るべきものがあります。

 
 さて、仕事で忙しく連絡が遅れてしまいましたが、余命チームさんとの共同で夏季研修会を8月24日から26日にかけて泊まりで開催します。

 この研修会は前にもお知らせしていたように、マスコミなどに対する訴訟をするに当たっての勉強会もかねております。

 参加資格者と言っては何ですが、訴訟を提起出来る人に限らせて頂きます。

 ★昨年6月5日の川崎デモの参加者。近くまでは行ったが妨害で参加出来なかった人も含む。

 ★今年の7月16日の川崎デモに参加された人。(昨年、今年の両方)

 ★告訴に当たって協力をして頂ける方。

人数ですが男性15名。女性5名程の予定でおります。尚研修費用などの参加者負担はありません。

 私のメールの方に申し込んで下さい。資格を有する方のみとなりますので、よろしくお願い申し上げます。詳しい事はメールを頂いた方にのみお知らせ致します。

 

 メールにて受付します。

 fukushimaseto@gmail.com
 

 せと農園からのお知らせ

 桃の注文は終わりましたが、届いていない人はいませんか?連絡下さい。

 最後の収穫しましたが、3箱ほど残りました、購入希望者はメールで申し込み下さい。


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。 
 





  
Posted by the_radical_right at 07:17Comments(18)mixiチェック