2017年11月07日

トランプ歓迎活動の総括と反省

トランプ歓迎活動の総括と反省

 今後も継続するに当たっての留意点

 ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

 7月末から取り組んで来たトランプ大統領支持する活動は、トランプ大統領が来日決定後は来日歓迎パレードと名前を変え、当初の予定を台風の影響で延期して実施した。

 二回目も同じように台風の影響で悪天候の中で行うしかなかったが、これについては正直大きな不満というか納得できないものが残った。

 それは警視庁の対応である。私はトランプ大統領の来日する5日当日にパレードの実施を求めたのに、それを警備上の都合として申請事態を認めようとしなかった。

 ところが、当日カンターしただけでも都内で3つの、それも反日極左のデモが行われた。この事実は何を物語るのだろう。

 トランプ大統領の来日反対、阻止デモにはデモの許可

 トランプ大統領来日歓迎パレードには申請さえ認めない。

 今更警視庁に理由を聞くつもりはないし、問いただすこともないが、少なくともこのような対応だったことは確かだし、我々の活動が軽く見られている証左でもあろう。

 5日3つのデモが行われたが、中核派のデモは別としても、他の2つのデモを上回る動員が出来たと考えている。前日の4日のデモもそうだが、数の上では上回る自信があっただけに残念だった。

 この点に関しては、警視庁の対応を今更問うてもしょうがないので、今後の反省点として心に刻むしかない。このように米国大統領が来日した場合などに関して、我々の側に経験不足の感があったことが否めない結果となってしまった。

 ただ、左翼のデモに対する3つのカウンターなどに関しては、直前の変更などに関してはそれなりに場所決めなどに配慮して頂いたことには感謝したい。

 さて、今回もそうでしたが、今後の課題となるのが、どうしてもデモやカウンターにおける動員力の問題となります。動員人数では明らかに左翼に劣るのが我々の実情で、先ずは三桁の動員は常になければ、いつまでも侮りを受けることになる。

 <行動する保守運動>とは、何よりもその動員力が注目されてきたのは事実だ。マスメディアが在特会のデモを取り上げて批判したのは、やはり動員数が目立つようになってからであり、それ以前はテレビや新聞などで取り上げられることはなかった。

 ★マスメディアで批判的に取り上げられるようになる。

 ★しばき隊などの妨害勢力が活発化する。

 ★ヘイトスピーチ対策法が成立する。

 このような中で次第に追い詰められて、デモやカウンターに参加する人が激減してしまった経緯があり、今後巻き返しを図らねばならないとは思ってきた。

 今回の一連の行動では特に二つの団体には協力を頂いた。


1

70482447-s護国志士の会と反グローバリズム保守連合の2団体です。この2団体はヘイトスピーチ対策法が成立後も、休むことなく毎月都内で街宣してしばき隊や左翼と対峙してきた。私も東京にいる時は出来るだけ協力してきた。

 反グローバリズムの遠藤修一代表、そして護国志士の会の高木脩平局長の二人の協力がなければ、この一連の活動は成り立たなかった。

その意味ではとても感謝しているし、これからも期待し応援をして行くつもりです。

 参加者については、この2団体の常連が主力となったが、一つだけ気がついたことがあります。確かにこれまではブログの読者が参加者の多くを占めてきたと思う、しかし、読者にだけ頼るのは限界だと気がついていた。

 それは飽きられたということもあるかも知れないが、かなりランキングも下がり始め、何よりも読者数は激減してしまった。激減というよりは下降減少に歯止めがかからない・・・と言った方が正しいだろう。

 かつては1万5千人以上いた読者の数は現在では6千人台に落ち込んでしまった。半分以下であり、これでは動員力が減るのも当たり前と思っている。しかし、今回ある特徴を見ることが出来た。

 いつも活動している訳ではないが、ここ一番という時には必ず参加してくれる人がいる事です。この方々との連携を強めそして反転攻勢のきっかけにして行きたいと考えます。

 今年、特に力を入れたのは川崎問題でした。

 3月の川崎市内での講演会、6月における川崎税務署殉職事件の慰霊祭。7月における川崎デモ。これらにご参加頂いた人がこの一連の運動にも参加頂いた。つまりは在日問題に深い関心を持ち続け、自分でも何とかしたい・・・・と強い気持ちを抱いている人達だ。

 このような方々とは互いに強い心で結ばれているのを実感しました。川崎を拠点とした運動の成果が、今回の一連の運動にも結びついていると思った。

 運動の幅広い展開も大事だが、このように拠点化することにおいて、動員力の基盤固めを図ることも大切だと感じた次第です。東京都心でなくとも首都圏では川崎市同様に問題を抱える場所はいくらでもあります。

 例えば多文化共生都市つくりなどを提唱した為に、外国人流入が進み犯罪が多発している埼玉県内の蕨市や川口市などは、かつて運動して来たが拠点化するまでには至らなかった。

 そのような活動拠点を各地に構築し、そこから首都に進撃する戦略を立てないと、このままでは下降減少にはストップをかけることは出来なくなると感じた。都心だけではなく、活動の範囲をその意味からむやみに拡大するのではなく、絞って続けることに転換すべき時かも知れません。

 トランプ大統領を支持するサイトは、来日歓迎と名を変え、その都度活動報告を行って来ましたが、今後は全面的に変えて行きます。日米友好を訴えるサイトではありますが、これから北朝鮮問題が最終局面を迎えます。

 その点について順次報告し、それを論じるサイトとして表紙も全面的に変えたいと思っています。今週日帰りで1日だけ上京して打合わせをしたいと思っている。

 今後掲げる言葉は「決断主義」です。行動は決断を求めそれを迫るものです。

 決断主義とは独の政治学者のカール・シュミットが唱えた言葉です。「主権者とは、例外状況にかんして決定を下す者をいう」「何が決断されるかよりも決断されること自体の方が大切だ」 といった主張を表す用語とされて来ました。

 ずばり、今後は「戦う、決断主義」となります。自らを自由の戦士と名付け、決断主義を掲げる人々。・・・・未来の歴史家に我々をそのように表現させたい。

 

せと農園からのお知らせ

 昨日福島に戻り落花生の収穫や柿の収穫を行いました。今日も引き続き行います。落花生は今日・明日で全て収穫を終える予定ですので、お早めに注文して下さい。皆様からとても美味しいと好評です。

CIMG0986CIMG0987












落花生00

送料は次の通り

 東北 関東 信越         550円 

 北海道 北陸 東海 近畿    823円

 中国 四国 九州         1023円

 沖縄                 1337円


 今年も同じ価格で販売します。送料は別途かかります。


1キロ1500円となります。

メールでお申込み下さい。

 
 



(蜂屋柿は全て売れきれです。後は今日渋抜きして20日過ぎに販売となります。)

 
秋の味覚 ・ 蜂屋柿、 販売

 
 CIMG0800 蜂屋柿 12〜16個入り 大玉 1500円

  
  
送料は下記のようになっております。よろしくお願いします。
 

東北 関東 信越         550円 

 北海道 北陸 東海 近畿    823円

 中国 四国 九州         1023円

 沖縄                 1337円

 

 富有柿は 中玉 2段詰め 30個以上  1500円 送料は上と同じ。

 


メールでお申込み下さい。

 
 
fukushimaseto@gmail.com


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。     
 

  
Posted by the_radical_right at 06:52Comments(66)mixiチェック

2017年11月06日

<活動報告>極左へのカウンター

<活動報告>極左へのカウンター3連発

 ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。



 午前中



午後

 「戦争を革命へ」と長年煽ってきた中核派。そのような横断幕も見られたが、戦争反対を口々に唱えてデモっていました。日本における最大の革命のチャンスなのに、今何をビビってヘタれているのか。(笑)


 カウンター動画紹介

https://youtu.be/ibfSeoSh7zw
【2017/11/5】トランプ大統領訪日歓迎街宣・反トランプデモ(中核派)カウンター 1/2

https://youtu.be/oq1cPR89MK4

【2017/11/5】トランプ大統領訪日歓迎街宣・反トランプデモ(中核派)カウンター 2/2

https://youtu.be/88I0TI9pXos
【瀬戸弘幸氏】11.5 北朝鮮の手先行進反対!新宿カウンター

https://youtu.be/HVlERngFG9Q
【2017/11/5】11.5 北朝鮮の手先行進反対!新宿カウンター

https://youtu.be/uG1qNolvo58
【周囲の様子】11.5 北朝鮮の手先行進反対!新宿カウンター

癸生川三郎様撮影


さすがに3連発のカウンターは疲れました。午前中新宿で1時間、午後には中核派に対して3時間半、、又新宿に戻って1時間、5時間半立ちぱなしで足がパンパン状態になってしまった。

この3回のカウンターにのべ100人以上の方が参加されたのではないか?皆さん本当にお疲れ様でした、そしてありがとう御座いました。

 CIMG1005

























 日米両国の旗を掲げての抗議街宣は、日本を訪れている多くの白人の目に止まり、激励を受けた。新宿では白人観光客の一団と記念写真を撮った。最初は米国人とばかり思っていたが、話を聞いたらオーストラリア(豪州)からの人達でした。

 皆さん、トランプ大統領の支持者でオーストラリアも北朝鮮への征伐戦争が起きれば、参加すると言っていたが、トランプ大統領の人気の高さに今更ながら驚きました。

 多くの日本人が歓迎する中で極左や朝鮮総連が反対するのは分かるが、この人は何を考えているのでしょう。

 「反トランプ」に留意を=自民・石破氏

RS=^ADBDuWxc2xrA3Nmc3トランプ米大統領の訪韓を前に「戦争反対」を訴えるプラカードを手に集まった人たち=5日、ソウル、武田肇撮影
韓国で反米デモ相次ぐ、…

 自民党の石破茂元幹事長は5日、東京都内で記者団に対し、来日したトランプ米大統領について「必ずしも国民の全幅の信任を得ていない政権であることはよく認識すべきだ」と述べ、ロシア疑惑などで政権支持率が低迷している情勢も踏まえて関係を構築すべきだとの見解を示した。

 石破氏は、安倍晋三首相の外交姿勢に関し、「日米、日ロに比べて日中、日韓がやや薄い」と指摘。北朝鮮問題を外交的に解決するため、6日の日米首脳会談で「米国と共に(対中、対韓関係を)さらに強化していくことが極めて重要だ」と語った。

 (了)


> 「日米、日ロに比べて日中、日韓がやや薄い」と指摘。北朝鮮問題を外交的に解決するため・・・

 北朝鮮問題を外交的に解決? 今更対話ですか、何寝言いってるのでしょう。この男は戦争になれば反対すると思います。

 ネットにはこんな情報が溢れています。

 引用開始

    「噂の真相」2003年12月号
    ■石破茂防衛庁長官(現・自民党政調会長、衆院議員)の由々しき疑惑■(「噂の真相」03.12号)

    1992年に石破が金丸訪朝団メンバーとして平壌を訪問した際に「女をあてがった」との北朝鮮政府高官の永田町を直撃するミサイル級の爆弾発言が遂に飛び出した…。
    (中略)
    実は今から半年ほど前、「週刊文春」(5.1−8号)が
    「北朝鮮で女をおねだりした『拉致議連』代議士」なる特集記事を掲載。
    その中で北朝鮮高官のこんなコメントを紹介したことがある。
    「…。彼(拉致議連に所属するある議員)が共和国に来た時は、『女、女!』と要求してみなを苦笑させました。それでもしつこく要求してきて、結局その議員は女の子と夜を過ごしました」
    記事では実名を伏せられているものの、実はこの「拉致議連に所属するある議員」こそ防衛庁長官就任前に拉致議連会長をつとめていた、石破茂だというのである。
    (中略)
    本誌があらためて取材を行ったところ、少なくとも、北朝鮮高官が石破について「女をあてがった」という発言をしていたのは紛れもない事実だった。
    北の高官からその発言を聞いたのは今年3月、平壌入りした訪朝団のメンバーだった。
    (中略)
    「…『日本の政治家は女にだらしがない』『今、日本の防衛庁長官をやっている政治家も女にだらしがない』という発言だった」

    そしてこの訪朝団メンバーが「それは石破茂のことか」と問いただすと、対文協職員はうなずきながら、こう語ったという。
    「10年ほど前、このカラオケバーにきた。そして水割りを飲んで『女、女』と要求してきた。そこで一旦泊まっていた高麗ホテルに帰し、女性をホテルに連れて行った。…」
    (中略)
    また、北の高官から石破に関する話を聞いたのは、3月の訪朝団メンバーだけではなかった。
    ここ数年の間、何度か訪朝しているあるマスコミ関係者が今年に入ってからの訪朝で、孫哲秀対文協日本副局長、李成浩対文協日本課長からほとんど同様の話を聞いていたことも確認できた。
    (中略)
    「…。その政治家の実名は口にしませんでしたが、10年ほど前、“若くて三白眼の代議士”が小指を立てて、『これ、いないの?』と要求したというのです。『この政治家は共和国の人間に似ている』ともいっていました。そして部屋での“サービス”を受けたと聞きました」
    (後略)

2008年03月01日
東ドイツ秘密警察「自民党衆院議員・石破茂氏は北朝鮮で美女をあてがわれた」
告発大スクープ:
『週刊現代』2008年3月15日号
元東ドイツ秘密警察幹部が爆弾発言
「石破茂防衛相は、北朝鮮で美女をあてがわれた!」盗撮されたビデオも!

北朝鮮におけるキーセン接待の模様まで打ち明けた。

 「100人近くの国会議員を接待するため、向こうでは女性をずらりと用意していてね。
ひとりひとり選ぶような格好になったんだ。それで議員同士で醜い争いになってね。
このとき石破なんかは、『これは僕の担当だから、手を付けちゃ駄目だよ』と譲らない。
さすがに訪朝団も、彼女たちの宿舎への持ち帰りは禁じていたようだけど、次の日に空港に向かう車中で、『あの子はよかった』としつこくてね。北朝鮮には筒抜けなのに、そんなことも分からないのだろうか」

 引用終わり 

 さて、昨日から葛飾区の区議会選挙が始まりました。初日応援に駆けつけました。新風時代からの友人であり、日本第一党も推薦しています。この件については後日触れたいと思います。

 CIMG0999

























 

せと農園からのお知らせ

 今日福島に戻り落花生の収穫や柿の収穫を行います。落花生は今日・明日で全て収穫を終える予定ですので、お早めに注文して下さい。皆様からとても美味しいと好評です。

CIMG0986CIMG0987












 1キロ1500円となります。
落花生00

送料は次の通り

 東北 関東 信越         550円 

 北海道 北陸 東海 近畿    823円

 中国 四国 九州         1023円

 沖縄                 1337円


 今年も同じ価格で販売します。送料は別途かかります。



メールでお申込み下さい。

 
 
富有柿も今日食べたら甘かった。余り置くと柔らかくなるので明日から注文を受け付けます。

 それから蜂屋柿も渋抜きして置いたのですが、もう渋が抜けて食べられそうです。注文を受けてから渋抜きします。(1〜2箱は出荷可能です)

 
秋の味覚 ・ 蜂屋柿、 販売

 
 CIMG0800 蜂屋柿 12〜16個入り 大玉 1500円

  
  
送料は下記のようになっております。よろしくお願いします。
 

東北 関東 信越         550円 

 北海道 北陸 東海 近畿    823円

 中国 四国 九州         1023円

 沖縄                 1337円

 

 富有柿は 中玉 2段詰め 30個以上  1500円 送料は上と同じ。

 


メールでお申込み下さい。

 
 
fukushimaseto@gmail.com


ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。  
   
Posted by the_radical_right at 07:02Comments(15)mixiチェック

2017年11月05日

11月5日 反日極左にカウンター

11月5日 反日極左にカウンター

 極左のデモにカウンター3連発

  ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

2017年11月5日(日) 10時00分〜の予定  

トランプ大統領訪日歓迎街宣・反トランプデモ(革マル)カウンター

急遽ですが、革マル派の反トランプデモに対し抗議行動を行います。
新宿西口ガード下交差点(東京都西新宿1-3-1付近)に午前10時にお集まり下さい。

連絡 08012167354(護国志士の会・高木脩平)

2017年11月5日(日) 15時30分〜の予定  

トランプ大統領訪日歓迎街宣・反トランプデモ(中核派)カウンター

アップロードファイル 1323-1.pngアップロードファイル 1323-2.jpg


全国から11・5東京へ
トランプ・安倍会談歓迎
朝鮮暴走・共産大侵略を阻もう

15時30分に日東紡ビル前(東京都中央区八重洲8-1 画像2枚目)にお集まり下さい。

連絡 護国志士の会・高木脩平
   電話 08012167354
   Twitter https://twitter.com/TakagiShuuhei

   反グローバリズム国際保守連合・遠藤修一
   電話 09028486916
   Twitter https://twitter.com/endoshuichi


2017年11月5日(日) 17時00分〜の予定  

11.5 北朝鮮の手先行進反対!新宿カウンター

アップロードファイル 1341-1.png

金正恩はミサイルと日米差別を撒き散らすな!
トランプ大統領・安倍総理の対北会談歓迎!
11.5新宿カウンター

■11月5日(日) 17時開始

■新宿西口ガード下交差点(東京都西新宿1-3-1付近)集合

〜ミサイルと日米差別排外を撒き散らす金正恩及びその手先を、日本・アメリカの仲間と連帯して、共に糾弾しよう!〜


トランプ米大統領がこの日に訪日する。
トランプ・安倍会談が、北朝鮮攻撃と東アジアの安寧を推進させ、日米連携の強化を狙うことは明らかで首都厳戒態勢も敷かれる。

護憲の為だと自衛と侵略を一体化させ、更に大義なきモリカケ騒動・与党攻撃によって護憲絶対に突進しようとする野党・マスコミ・極左ら「北朝鮮の手先」の暴走を、なんとしても止めなければならない。

 私たちは数年来、個人団体で共闘しながら、原発、特定秘密保護法、共謀罪、安保法に賛成する共同の闘いを強化してきた。そして北朝鮮攻撃が現実味を帯び、最後の抵抗を迫られている北朝鮮の手先が到来する中、大衆運動の力でNO!の声をあげ、共に闘い抜きましょう。カウンターにご参加ください。

呼びかけ:
トランプ・安倍対北会談賛成!新宿共同カウンター実行委員会

連絡先:080-1216-7354(高木)/090-2848-6916(遠藤)

〔呼びかけ・賛同(順不同)〕
/護国志士の会
/反グローバリズム国際保守連合
/せと弘幸blog「日本よ何処へ」
/外国人犯罪撲滅協議会
(10.31現在)

 以上

 本日の活動 映像


癸生川三郎
 

YouTubeにて11/4の新宿での街宣及びカウンター

【瀬戸弘幸氏】トランプ大統領訪日歓迎街宣・及び反対デモへのカウンター【2017/11/4】

【ジャガイモ発見!】11・4トランプ大統領の訪日・訪韓反対キャンドルデモへのカウンター

【護国志士の会】トランプ大統領訪日歓迎街宣・及び反対デモへのカウンター1

【護国志士の会】トランプ大統領訪日歓迎街宣・及び反対デモへのカウンター2

 激動の歴史の始まりです。そこに忽然と現れた我々、日の丸と星条旗を掲げる新しい勢力。

後世の歴史家は我々と何と呼ぶのだろう?

 否、我々はその前に自らを次のように名乗ることにする。

 我々こそは<自由の戦士>だ。

 自由の為に戦い、そして米国の若者、台湾、フィリピンの若者たちにもインターネットで呼びかけたい。左翼全体主義者の暴虐の徒を許さない。

 東アジアから共産主義を消滅させる。北朝鮮を先ずこの地上から消し去る。それが我々<自由の戦士>の神聖なる義務である。

 極左はもうへたれてしまった。これまで朝鮮半島有事が日本左翼革命の最大の好機到来などと煽ってきたのに、今は反戦平和、朝鮮戦争反対。

 もう、お前たちの夢は雲散霧消した。歴史の彼方に消え去るのみである。

 2017年11月5日。我々有志一同は新しい政治勢力がこの日本に誕生したことを宣言したい。自由主義社会を守る戦士の誕生である。

 来たれ同士よ、我々と共に敵に対峙して、新しい時代が始まったことを見せつけようではないか?

 


 旗、プラカード、横断幕などを持って頂ける人を募っています。是非協力下さい。左翼の連中に日本に初めて本格的な<戦う親米派>が誕生したことを見せつけてやりましょう。


日米友好サイト↓

http://antifakenews.web.fc2.com/

 


  ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。






































  
Posted by the_radical_right at 01:00Comments(27)mixiチェック

2017年11月04日

<活動報告>日本第一党勉強会と梅田街宣

 <活動報告>日本第一党勉強会と梅田街宣

大阪ヘイトスピーチ違憲訴訟&トランプ歓迎街宣

 ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

  
 昨日の午後一時半より日本第一党主催の関西勉強会が開催されました。大阪市では維新の吉村市長がヘイト規制条例を成立させましたが、これは橋下徹前市長が桜井誠日本第一党党首との討論で、一方的に恥をかかされたことに恨みを抱いているので、子分の吉村市長が半ば強引に進めた経緯があります。

 9月19日に、大阪市ヘイトスピーチ規制条例違憲訴訟を日本第一党の党員7名がこの度大阪市を訴えました。これは違憲とされる条例で運営に関しての公金支出が違法であるとの住民訴訟です。

 この件でこの条例そのものが違法だというところまで持って行きたいというものです。今回は、その訴訟代理人の徳永信一弁護士先生が、訴訟の目的や趣旨などについて解説していただきました。

 徳永信一先生と言えば唯一我々の弁護を引き受けて頂く先生ですが、私は今回初めてお会いして、その話を聴くことが出来ました。この訴訟に関する事も非常に為になったのですが、それ以上に徳永先生が今の日本というか、世界の流れをどのように捉えているのか?

 時代背景や潮流に関するお話、そしてマルクスに幻想を抱き世界の新潮流を受け入れる事が出来ないガリガリの狂信的マルクス信者が弁護士会に蔓延っている事実。これらの話は非常に興味深かった。

 左翼はマルクスだけではなく仏のサルトルが唱えた「神は存在しない」という実存主義にもかぶれていたようで、徳永先生はあらゆる西欧的哲学が迷走する中で、日本独自の土着的宗教的何本浪漫主義に回帰する時ではないのか?

 そのような事を仰られたのではないか・・・と自分なりには考えた。若い人には難しかったかもしれないが、アルバニアという社会主義国家が一時極左にもてはやされたという話には、思わず昔を思い出し改めて左翼全体主義の歴史的終焉を考えさせられた。

 なお、このヘイトスピーチ規制条例に関しては、別なエントリーを立てて論じることにします。私は川崎での在日勢力によるヘイト条例の成立阻止を今後の内政問題では最大のテーマとして取り組みます。

 と、同時に大阪市のヘイト規制に対しても今回の公金不正支出問題から違憲訴訟へという戦いにおいても、自らも勉強させてもらうつもりです。今後は大阪まで足を伸ばし、この件に関して大阪の皆さんとも共に戦っていくつもりです。

 
P_20171103_181327



















 トランプ大統領の来日歓迎の街宣活動が夕刻6時より開催された。米国の国旗、そしてトランプ大統領の応援旗を並べての日米友好を訴える街宣は大成功でした。我々の側は30名以上はいたでしょう。人数を把握しなかったので、40人程になったいたかも知れません。

 そして熱心な聴衆の数、立ち止まって聴く人も多かったが、最初から我々を応援するためにお集まり頂いた方々も多かった、多くの人に激励を受けました。年配の女性の方からは励ましの手紙を頂き、本当に感謝しています。

 このような時に何よりも嬉しいのは「ブログ毎日見てます」という言葉だ。読者や応援する人がいての活動です。この読者の声を励みにこれからも頑張って行きます。

 「私は戦後生まれの日本人です。多くの皆さんもそうでしょう。平和で豊かで自由で、その中で生きて来ました。米国と同盟関係にあったからこそなのです。今日本は世界有数の親米国家です。

 確かに過去に拘る人もいますが、皆さん未来を語りましょう。これから数十年後、信頼のおける国はどこですか?シナ・朝鮮ですか、私はアメリカ以外にはないと思います。皆さん、この周りの光景をご覧下さい。英語の文字が氾濫しています。日本中至る所がそうです。

 日本がアメリカと共通の文化を分かち合い生活してることを誇りに思いましょう。アメリカとの友好関係をより強め、中国共産党などの脅威から祖国日本を守る為に戦いましょう。」

 本日の左翼全体主義へのカウンター

トランプ大統領訪日歓迎街宣・及び反対デモへのカウンター

アップロードファイル 1340-1.png

***************************************************************
 11・4トランプ大統領の訪日・訪韓反対キャンドルデモに抗議を!
***************************************************************
●日時 11月4日(土) 17時30分開始
●場所 新宿西口ガード下交差点(東京都西新宿1-3-1付近)
●主催 護国志士の会 反グローバリズム国際保守連合

【呼びかけ】
北朝鮮の対日米敵視政策により、朝鮮半島で軍事緊張が極度に高まっています。
金正恩は北朝鮮を主導し、日本にミサイルを発射するばかりか、国連加盟国に「米軍の軍事行動に参加しなければ報復しない」などと発言、「日本攻撃」についてもたびたび言及するなど、挑発的な言動を繰り返しています。

10月16日から20日まで展開された米韓合同軍事演習では、原子力空母や原子力潜水艦、戦略爆撃機など最先端兵器が投入され、金正恩を排除する「斬首作戦」を想定した大規模な軍事演習が行われました。
このように積極的なトランプ大統領による11月の訪日は、北朝鮮への危機意識を高める事でしょう。

私たちは日本国民の「YESトランプ」行動を代表し、日本の地で日米連帯の力で、「拉致被害者奪還準備のための訪日賛成!」「米国の対北強硬政策支持!」の声をあげましょう!

**************************************************
 護国志士の会
電話 080-1216-7354
 公式Twitter https://twitter.com/TakagiShuuhei
**************************************************


 旗、プラカード、横断幕などを持って頂ける人を募っています。是非協力下さい。左翼の連中に日本に初めて本格的な<戦う親米派>が誕生したことを見せつけてやりましょう。


日米友好サイト↓

http://antifakenews.web.fc2.com/

 


  ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

 

  
Posted by the_radical_right at 08:30Comments(18)mixiチェック

2017年11月03日

トランプ大統領歓迎・梅田街宣

トランプ大統領歓迎・梅田街宣

 ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。

77ca4f6c-s












 いよいよ本日開催です。明後日にはトランプ大統領がやって来ます。北朝鮮の動きですが、ミサイル発射の準備を始めたようです。今度は日本の領土か、領海内に直接撃ち込んでくるかも知れません。
 

北 新たなミサイル実験の兆候

 このような危険な徴候が見られる中でトランプ大統領は日本にやってきます。トランプ大統領がやってくる理由は北朝鮮問題です。この問題抜きに日本の未来は語れません。

 米軍は臨戦体制に入りました。いつでも北朝鮮の挑発には断固とした反撃が行われます。原子力空母打撃群が既に3隻東アジア海域に展開しました。

 米国の核爆弾搭載のB52爆撃機も24時間体制で飛行するとの情報があります。これは何と4半世紀ぶりのことです。

 米国は今回の問題で次のように表明しております。

 「完全かつ検証可能で不可逆的な朝鮮半島の非核化」

 つまりは、北朝鮮が国際社会の査察を受け入れ、全ての核兵器を放棄しない限り、今回の収束点はないという事です。北朝鮮がこの米国の方針に従わない限り戦争は不可避の状態に進みます。

 この米国の方針を日本政府も支持しているし、我々多くの日本人もこれを断固として支持するものです。もう、時間は余り残されていません。北朝鮮が年内中にこれを受け入れない限り、どうなるか?

 その結果責任は北朝鮮自らが負わなければならない。核を放棄することは北朝鮮を支配し続けて来た金王朝の独裁政治体制に終止符が打たれることを意味します。

 日本国内の左翼全体主義者はこの事態をもっとも恐れています。だからトランプ大統領の来日阻止を掲げ最大規模の反対活動を展開するでしょう。

 大阪においてはどうなのか?我々の街宣に対する妨害は今の所予想されてはいないようですが、在日・しばき隊・共産主義者が黙って見ているとも思えません。

 現場には必ず現れると思います。在日朝鮮人で我々の街宣を妨害するような輩は北朝鮮の手先です。圧倒的な我々の力によって粉砕されなければなりません。

 本日は大阪では初めて星条旗やトランプ応援旗が日の丸と一緒に振られることになります。

 これまで苦しめられ脅されてきた日本人の反撃の狼煙をあげましょう。日本国内における北朝鮮の手先共に鉄槌を下す時がやって来たのです。

 北朝鮮の独裁政権が倒され、新しい自由な北朝鮮の政権が誕生すれば、日本国内における北朝鮮の出身者にも帰国要請がなされるでしょう。

 これを我々は応援したい。祖国の再建の為に在日の皆様はどうか進んで朝鮮半島を目指して頂きたいものです。そして軍事力を放棄した平和な社会を建設して欲しいものです。

 
「反米デモへのカウンター&訪日歓迎街宣」

 場所と時刻などに関しては後日ブログで掲載します。星条旗やトランプ大統領歓迎の旗、トランプ大統領選挙時の応援旗などを多数用意します。左翼の連中に日本に初めて本格的な<戦う親米派>が誕生したことを見せつけてやりましょう。


 日程は→こちら




日米友好サイト↓

http://antifakenews.web.fc2.com/

 


  ブログランキング←ブログランキング応援クリックお願いします。
  
Posted by the_radical_right at 04:45Comments(15)mixiチェック