2008年07月31日

ごろつきが国を滅ぼす!

ごろつきが国を滅ぼす・中川秀直

暴力団との深い関係を清算できない政治家


 昨日は『日本の自存自衛を取り戻す会』が東京・赤坂の中川秀直事務所前において抗議行動を行なうと聞いていたので、私も参加しました。
 参加者は9名でしたが、少人数であっても効果はかなりあったと思いました。

 マンションから出てきた若者が「何ですか?」と尋ねたので「移民受け入れの中川の事務所があるので抗議行動です」と答えると「あれ、まずいですよね。頑張って下さい」と声援を受けました。

 ところが、マトモな抗議行動が出来ませんでした。

 事務所があるアークヒルズエクゼクティブタワー・マンション前に着くと、そこには20名以上の制服・私服の警察官の姿があった。
 先に到着していた方々の話では、「警察側がマイクを使えば排除するという脅しをかけてきている」と言うのです。

 マイクを使って政治信条を訴えることは静穏防止法に指定されている箇所以外を除けば、東京都内の場合は許可なしで何処ででも行なうことが出来ます。

 道路上で行なう場合は通行人の邪魔にならないように配慮しなければなりませんが、最初から始めたら排除するなどと言うのは、これはどう考えても警察の越権行為です。

 ましてや、中川秀直という男は日本を滅ぼそうとしているトンデモないごろつき政治家です。

 そのことを意外に警察官やマンションの管理人などが知らないようなので、過去ログから再度紹介しておきます。

 

 これは2006年10月4日に私のブログでも取り上げた週刊新潮ですが、通常、政治家をこのように「黒い…」と書く場合は、これは事実でなければ名誉毀損記事であり、100%の確証がなければとても書ける記事ではありません。

 つまり、中川秀直という政治家は、この週刊新潮が広告の見出しでも大きく報じたように、暴力団とは切っても切れないほどベッタリな政治家として有名な男なのです。

 中川秀直は銀座のホステスと同棲、子供が出来たが堕胎させ、別れ話がこじれて週刊誌に書かれました。実はこの女性は暴力団と付き合いがあり、中川もそれを承知していた。

 そして驚くべきことは、その女性が暴力団と組んで恐喝されそうになるや、深い交友のあった別の暴力団に解決を依頼、暴力団員同士で話し合いが持たれたという点でした。

 そのような話題には事欠かない人物です。これらのことはこれまでに多くの週刊誌や写真雑誌に取り上げられていますが、本人がそのことで週刊誌を相手取って裁判を提起したという話も聞いたことがありません。

 森内閣の時代、官房長官だった中川秀直には、そのような裏社会からの訪問者が多くて、警護に当たっていた警視庁の公安部も驚いたという話は余りにも有名ですし、それらのことで官房長官を辞任しています。

 官房長官は領収書のいらない官房機密費なるものを使えますが、この機密費が裏社会に流れたなどとも噂が飛んだこともあり、とてもマトモな人間とは言えません。

過去ログ 「中川秀直の正体」
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51111626.html

 更に、この男は朝鮮半島出身者の民族産業とも言うべきパチンコ関連業界との癒着が半端ではありません。
 地元の広島などにおいても、このパチンコ会社のオーナー一族とは深い関係にあります。

 国会をサボって民主党の赤松広隆と一緒にパチンコ・メーカーの招待で、ハワイでゴルフの接待を受けていたことも週刊新潮にすっぱ抜かれました。

過去ログ 「パチンコマネー汚染議員」
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51856798.html

 先週の週刊新潮でも過去の行状が書かれていました。

内閣改造「灼熱の暗闘」
▼「中川秀直」入閣を待つ「愛人テープ」と「ソープビデオ」

http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/backnumber/20080724/


 このようなごろつき政治家に日本が滅ぼされてしまうかも知れないのです。警察官の皆さんも、上からの指示で動いているのは理解しますが、暴力団は警察の敵でしょう。

 そのような暴力団・裏社会と繋がる中川秀直なる胡散臭い男に対して、より警戒感をもって頂きたいと願わずにはいられません。

 
★映像UPのお知らせ

【せと弘幸編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!

ドガログ版
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee185224.flv

YouTube版
http://jp.youtube.com/watch?v=CAjjED3xJfY

ニコ動版
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4130867


【桜井誠編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!

ドガログ版
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee185229.flv

YouTube版
http://jp.youtube.com/watch?v=CuGBIk3arLs

ニコ動版
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4131036

※今回の映像はかなり衝撃的です。是非ご覧下さい。

ブログランキング

↑↑ブログランキング応援クリックお願いします!

:署名サイト
1千万人移民案の阻止と代案の発案
http://www.shomei.tv/project-59.html


国民の総意』サイトにおきましては、移民受け入れをどう考えるのかという投票コーナーを設けています。

:投票
自民党が推進する「移民1千万人受け入れ案」に国民はどう回答するか!?
http://strategy.co.jp/modules/xoopspoll/pollresults.php?poll_id=6

  

Posted by the_radical_right at 07:46mixiチェック 政治・官僚・企業腐敗 

2008年07月30日

日本が汚れていくのを見るのが辛い!

<活動報告>
日本型移民社会を目指すシンポジウム粉砕!

日本はこうして汚されていく…本当に辛い!


 昨日は二つの<行動する保守>運動がありました。
 八王子における朝木明代元東村山市議の不審死事件の究明を求める行動と夕方に行なわれた、この移民国家日本をつくる策謀に対する抗議行動です。

 1000万人もの移民を受け入れたらどうなってしまうのか。
 それはもう想像しただけで恐ろしい社会の出現です。この数年で急速に外国人が増加した愛知県豊橋市に先般行って来ました。

 30万都市に外国人登録者がもう2万人以上いると見られる豊橋市の現状を『維新政党・新風』の愛知県代表・柘植まさじ氏が、自らのブログで紹介しております。

 一目瞭然(いちもくりょうぜん)という言葉がありますが、下記の写真を見れば外国人が多数住む社会が、どれほど厄介な社会かが分かります(百聞は一見に如かず―という言葉もありますね)。

 

 ゴミ出しの約束を守らない日系ブラジル人のために、ポルトガル語で書いてあります。

 

 やたら紙が貼られていますが、このようなゴミ出し場の光景は、もう豊橋などでは当たり前の光景となっているそうです。

 

 シナ語も見られます。
 特にシナ人はマナーが悪くて有名。どこの国でも嫌われています。このゴミ出しを巡ってイタリアのナポリでは地域住民との衝突から軍隊の出動までに発展した。

 在日韓国人・朝鮮人は日本語が読めるので、コリアの紙はないようですが、移民社会となればコリア語も氾濫することになります。

 この豊橋だけではなく、日本中がこのように様々な国の言葉で溢れかえってしまいます。
 「日本語が公用語の時代は良かった」などと懐かしむ時代が訪れてしまうのです。

 昨夜は皆さん、日が暮れるまで大きな声で訴え続けました

9277c849.jpgeda1ba69.jpg759d5775.jpg






b79f612f.jpg0b01dae5.jpgffc7b218.jpg  

 
30名以上の方々の顔は真剣です。
 この移民問題は必ずや国民を目覚めさせることになるでしょう。 
 上の写真のようにゴミ収集場に各国の言葉で書かれた紙が氾濫するような時代を誰も望んではいません。

 新たな開国と彼らが主張するなら、我々は攘夷派で大いに結構です。

 この国を外国人に売り渡そうとする輩をのさばらせておくことなど出来ません。

ブログランキング

↑↑ブログランキング応援クリックお願いします!

☆シンポジウムのご報告

移民受け入れはバカでも言える!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51179272.html

移民受け入れはバカでも言える!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51179825.html


:署名サイト
1千万人移民案の阻止と代案の発案
http://www.shomei.tv/project-59.html


国民の総意』サイトにおきましては、移民受け入れをどう考えるのかという投票コーナーを設けています。

:投票
自民党が推進する「移民1千万人受け入れ案」に国民はどう回答するか!?
http://strategy.co.jp/modules/xoopspoll/pollresults.php?poll_id=6

  
Posted by the_radical_right at 19:15mixiチェック 移民と外国人労働者 

朝木明代さん不審死事件

<活動報告>
朝木明代元市議・不審死事件を訴える!

創価学会が蔓延る八王子駅前で街宣敢行!

RIMG0042RIMG0051RIMG0065

 

 

 

 

RIMG0147RIMG0062RIMG0129

 

 

 

 

 先ず、このような訴えが堂々と行なわれたということが、創価学会にとっては脅威となろう。
 創価学会はこの創価学会・公明党を厳しく追及していた東村山市議の故朝木明代さんが、何者かによって殺害された事件が世間で注目されることを極度に恐れています。

 何故ならば、それは注目されれば注目されるほどに、この地域で行なわれてきた陰湿なまでの事件を告発してきた人たちへの長年に及ぶ嫌がらせ行為なども含めて広く社会に伝わってしまうからです。

 これまで、この創価学会を追及してきた女性市議が何者かによって自殺に見せかけて殺されたという疑いは、最高裁の判決文でも指摘されてきたことです。

 今回、朝木さんの娘さんや同僚議員らが、その遺志を継いで戦ってはいましたが、我々はそのような動きとはまったく関係なく、この運動に立ち上がっています。

 最初から想定していたことですが、街宣の準備をしていると一人のジャーナリストが近づき、我々に話しかけて来ました。
 故朝木市議の不審死事件を追及している『東村山市民新聞』などによれば、創価学会を擁護する創価学会の御用ジャーナリストと批判されている人物です。

 私にこのように尋ねてきました。

 「あなたは、朝木さん、矢野さんにお会いしましたか?」

 「会っていませんよ」

 「私はこの問題を長年追ってきたジャーナリストですが、朝木さんや矢野さんが言っていることはでたらめですが、あなたはどうしてこの事件が自殺ではなく、このような不審死だと言うのですか?」

 「私は私の考えで申し上げるのです。視点があなた方とは違いますから」

 「どのように違うのか? 教えて下さい」

 「ここで聞かれていれば分かりますよ」

 このような会話が、このジャーナリストと私の間で行なわれました。

 この人物が言いたかったこと、確かめたかったことは次の2点ではなかったか。

…木・矢野両氏との接触はあったのか?
 接触がなくて不審死であると主張するなら、その根拠は何か?

⊆分は長年調査をしてきて詳しい。よってあなたが主張するようなことは嘘であり、単なる推測ではないか?

 おそらくはそのようなことを言いたかったのではないでしょうか?
 創価学会側は朝木・矢野氏は胡散臭い人物で、この自殺を殺人事件としてでっち上げていると批判してきました。

 それは身内や友人が自殺したことを、他人のせいにしている卑劣なやり口で、それを訴えているのは単なる個人的な怨念のようなものに過ぎないという立場です。

 よって私が朝木・矢野両氏に事前に会っていれば、同じように私を協力者として批判しようと考えていたはずであり、朝木元市議の不審死を告発している両氏に接触がなければ、たいした調査や予備知識もなく、売名行為が目的で始めたなどと批判する気でいたのでしょう。

では、何故、私がこの問題を今回取り上げたのか!

 このジャーナリストや我々の街宣活動を遠くから監視する目的でやってきた創価学会関係者は、この後、度胆を抜く私の言葉を耳にすることになる。

 私は思想的立場が異なる『東村山市民新聞』関係者や、このようなことを調査してきたとするジャーナリスト達とはまったく異なるルートから、これが単なる自殺などではなく、殺人事件であるとの確証を得た。

 「私が何故、この事件を取り上げてこのような訴えに立ち上がったのか?」

 「それは内部告発です。現職の警察官から、この事件をこのままにしておくことは出来ない。これは自殺などではなく殺人事件であり、3人の犯人と思われる人物の特定もなされていました」

 「しかるに、創価学会の信者と見られる検察官からの捜査打ち切りによって、真相は闇の中へと閉じ込められたのです。瀬戸さんたちがこの問題に火をつけて下さい。騒ぎが大きくなれば、隠された真相はやがて明らかになるでしょう」

 「もう、時効まで2年と迫っています。頑張って下さい。社会の巨悪を眠らせてはいけない。我々も協力します」

 私が100%の確信をもって今回この事件を取り上げ、そして検察庁への捜査のやり直しを要望する理由はこの点であります。

 捜査にタッチした当時の警察官の中から、この事件の曖昧な決着を許さない―という声が出始めた。であるからこそ、立ち上がったのです。ここまでご説明すれば、私が告発を続ける地元の市民団体と連絡を取らずとも、この問題を取り上げた理由については理解いただけるものと思います。

 おそらくは誰もが予想していない結果が、これから起きるであろうことを期待しています。
 真実を隠すことなど出来ません。これは単なる私怨によるものではありません。社会正義を賭けた戦いなのです。

 RIMG0081
 この右の写真を説明しておきます。
 殺された朝木元市議の両腕の裏側には、強く掴まれた時に着くあざが残されていました。

 おそらく二人の男に両腕を強く掴まれたのでしょう。その圧迫痕が解剖した検死書類には書かれていたのです。

 自分でつけることは不可能です。
 何者かによって連れ去られ、叩き落とされて殺害されたことを物語るものであり、それ以外には考えられないものです(そのことを再現して訴えているところです)。

 その解剖の検死書類を何故に警察は長年に渡って公表してこなかったのか?
 それは紛れもなく、これが自殺などではなく、殺人事件である
からに違いないのです。

 RIMG0236RIMG0223                                             

 

 

 

 八王子検察庁の対応はあらかじめ想定していた通りでした。
 しかし、門前払いでなかったのには正直驚きました。かなりの時間待たされました。

 「このような要望書はこれまでも事件の関係者からしか受け付けたことがないので、これを積極的に受け取ることは出来ません」

 「内容証明郵便で送付されるというのであれば、それはその時にしかるべく対応をいたします」

 戦いは始まったばかりです。
 社会正義を打ち立てなければなりません。巨大な宗教組織によって、真実が歪められ著しく公正を欠く社会を断固糾さねばならないのです。

 そのためには、この運動を更に盛り上げる必要があります。
 広範囲な人々との連携も視野に入れています。思想的立場の違いはあっても、社会正義を打ち立てるための戦いには、その壁などは克服されるべきであると考えているからです。

 今回の行動には15名ほどが参加されましたが、後でメールやMIXIのメッセージで、聴衆の一人として応援しておりましたと5名ほどの方から連絡を頂きました。地元の皆さん、本当にありがとう御座いました。

映像UPのお知らせ

 【せと弘幸編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!

ドガログ版
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee185224.flv

YouTube版
http://jp.youtube.com/watch?v=CAjjED3xJfY

ニコ動版
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4130867


【桜井誠編】朝木明代元市議・不審死事件を訴える!

ドガログ版
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee185229.flv

YouTube版
http://jp.youtube.com/watch?v=CuGBIk3arLs

ニコ動版
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4131036

※今回の映像はかなり衝撃的です。是非ご覧下さい。

 

 愛国者よ!宇都宮地検と地裁に集結を

シナ・中共から刑事告訴された鹿沼警察署警官に支援を

--宇都宮地検は己の怠慢を反省し、不起訴処分を直ちに下せ!!--
7月31日(木) 午後2時から

【場所】
宇都宮地方裁判所(栃木県宇都宮市小幡1‐1‐38 JR宇都宮線宇都宮駅下車西口から作新学院・日光・大谷方面行きバス乗
→ 乗車時間約15分 → 裁判所前停留所下車
東武宇都宮線東武宇都宮駅下車 → 徒歩10分) ※地検は地裁の隣

【主催と呼びかけ】
主権回復を目指す会
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
NPO外国人犯罪追放運動

【連絡】
西村修平(090−2756−8794)
有門大輔(090−4439−6570)

 

ブログランキング

↑↑ブログランキング応援クリックお願いします!

〜新風連ブログ〜
新風連 

右派SNS「国民の総意」 

  
Posted by the_radical_right at 07:58mixiチェック 東村山・朝木明代さん謀殺事件 

2008年07月28日

今週の活動予定

今週の活動予定

<『語る』保守運動から『行動する』保守運動へ>

反創価学会・移民問題・外国人犯罪(凶悪シナ人)問題!


 今週も暑い日が続きそうです。
 また月末でもあり、皆さんも何かとお忙しいとは思いますが、今週も<行動する保守運動>は予定が目白押しとなっています。

 私も仕事の関係などで、下記に紹介する運動全てに参加することは出来ないと思いますが、なるべく時間を取ってこれらの<行動する保守運動>に参加したいと思っています。

 皆様におかれましても、是非ともご参集をお願いするものです。
 この我々の運動の継続・強化こそが、祖国・日本を救う唯一の道であることを信じています。ここで立ち止まることは出来ません。

<語る運動>から<行動する運動へ>

不審死の背景に学会の影あり―!?

「東村山女性市議・朝木明代さん謀殺事件徹底究明を立川検察庁に提出」

来る7月29日に八王子検察庁に捜査要望書を提出致します。
ご賛同下さる方は、JR八王子駅北口に午後1時(創価学会糾弾の街宣を行ないます)にご参集下さい。

【日時】
平成20年7月29日 午後1時
【場所】
JR八王子駅北口

【主催】
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
【呼び掛け】
主権回復を目指す会 在日特権を許さない市民の会 NPO外国人犯罪追放運動 外国人参政権に反対する市民の会・東京

【連絡】
瀬戸弘幸(080−1240−7123)
有門大輔(090−4439−6570)

 今、創価学会は揺れています。
 矢野元公明党委員長が創価学会を訴えました。なぜ、この時期だったのか?
 このタイミングでの告訴は矢野氏が「時機到来」と読んだからに違いありません。

 矢野氏を取り囲んで手帳を取り上げたり、自宅の売却を迫って、そのお金を学会に寄進するように強要したのは、現在の学会の幹部達です。

 民主党の狡猾な脅しの戦略に屈するかのように、学会は公明党に「自公連立」から「民公連立」へ舵を切るように迫っています。創価学会の独裁者「池田大作を守れ!」という、その理由によって自民党は見捨てられた。

 末端にいる公明党の地方議員も激しく動揺を来たしています。
 これまで8年間に及ぶ自民党との蜜月の時代を、そのように簡単に切り捨てることが出来るのか?

 肥大化したが故に、その組織内における矛盾もまた頂点へとのぼりつめることでしょう。独裁者の健康不安説も飛び交う中で、創価学会は分裂の危機をはらみながら突き進んでいます。

 東村山市議・朝木明代さんの不審な死亡は事故などではなく、何者かによって殺された可能性を強く暗示させるものです。特に彼女が創価学会と公明党を批判していた急先鋒であったことを忘れてはなりません。

 共産党・宮本顕治宅への電話盗聴事件などでも明らかなように当時、検察官であった神崎前公明党委員長までが、その非合法な活動に手を染めていたのです(知っていながら黙認していたと言われています)。

 数々の謀略犯罪行為を繰り返してきた創価学会に、やがて真実という名の天誅が下されます。その時に我々国民はこの似非宗教組織の実態に驚くと同時に、心の底からの怒りを感じることになるでしょう。

 
移民シンポジウムへの抗議行動!


【日時】
7月29日(火)18時前後より開始を予定
【会場】
女性と仕事の未来館ホール前(東京都港区芝5‐35‐3)
【内容】
自民党の手先となって「大量移民受け入れ」なる亡国のプロジェクトを推進する外国人政策研究所坂中英徳(元入管局長)滝澤三郎(国連難民高等弁務官事務所駐日代表)らに対する熾烈な抗議行動を予定!

【主催と呼びかけ】
「主権回復を目指す会」せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
在日特権を許さない市民の会 NPO外国人犯罪追放運動 外国人参政権に反対する市民の会・東京

【連絡】
西村修平(090−2756−8794)
有門大輔(090−4439−6570)

港区芝5‐35‐3
 HP:http://www.miraikan.go.jp
地図:
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&rlz=1T4GGIC_jaJP262JP262&q=%E6%B8%AF%E5%8C%BA%E8%8A%9D5-35-3&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wl


 会場に入って話を聞く人と、会場外での抗議行動の2班に分かれるようですのでご注意下さい。
 会場に入る方は下記で申し込みが必要のようです。

[お申し込み] ↓ こちらからメールにてお申し込み下さい
http://www.iomjapan.org/info/sympoapplication_20080729.cfm

 
中川秀直事務所への抗議行動!


【日時】
7月30日(水) 11時30分から13時まで(最大1時間半)
【場所】
中川秀直事務所前(港区赤坂1‐14‐5アークヒルズエグゼクティブタワーN812)
【内容】
「文化的には勿論、経済的にも誤りの一千万人移民論を絶対に許さないぞ!!」
主催
日本の自存自衛を取り戻す会
http://ccp58800.blog25.fc2.com/?mode=m&no=1

 移民の問題に関してですが、移民受け入れ派は人口の減少や高齢化社会の到来を口にしています。この点に関して、これだけは言っておかねばならないということがあります。

 彼らの試算でも50年後の日本には人口が3分の1になったとしても、まだ8000万人からの日本人がいることになります。今、西欧社会のドイツ、フランス、イタリア、イギリスなどで8000万人以上の人口を抱える国があるのですか?
(ドイツは8200万人ですが、将来は7400万人にまで人口が減少すると見られているが、さらに移民を受け入れるなどの話はありません)

 この国土が狭く密集人口の多い日本において、8000万人の人口で何か不都合なことでもあるのか。
 逆に暮らしやすい日本が出来ると思えば、これは素晴らしいことではないか(少なくともシナ人や朝鮮人で溢れる社会よりはましだ)。

 高齢化社会の到来と言えば、その内に私も仲間入りを果たしますが、若い世代にこのことだけはお伝えしたい。

「私は年老いても外国人に世話になるような社会を絶対に望まない。そのような社会を後世の日本に残したくはない。よって私は外国人の世話になるくらいなら、自ら命を絶とうと思う」

 そのように考えている日本の壮年層は多いはずです。
 そのような声を無視して進められているということは、別な狙いと思惑が隠されているのでしょう。

 
宇都宮地裁への抗議行動!

【日時】
7月31日(木) 時間未定(後でお知らせします)
【場所】
宇都宮地方裁判所(栃木県宇都宮市小幡1‐1‐38 JR宇都宮線宇都宮駅下車西口から作新学院・日光・大谷方面行きバス乗車 → 乗車時間約15分 → 裁判所前停留所下車
東武宇都宮線東武宇都宮駅下車 → 徒歩10分)
【内容】
栃木県警巡査による発砲を受けたシナ中国人犯罪者の遺族らが栃木県を相手取って賠償請求訴訟を起こしている問題で、警察官の職務遂行(職務質問・発砲等)を不当な暴力として断罪し、これを妨害しようと企てる売国弁護士らへの糾弾と裁判所の怠慢を衝く!
【主催と呼びかけ】
「主権回復を目指す会」せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
NPO外国人犯罪追放運動
【連絡】
西村修平(090−2756−8794)
有門大輔(090−4439−6570)

 今回は栃木県の警察官を刑事告発したシナ人の告発を受理して、未だにこれを却下しない宇都宮検察庁への抗議を徹底して行なうべきと考えております。

ブログランキング

↑↑ブログランキング応援クリックお願いします!

〜新風連ブログ〜
新風連 

右派SNS「国民の総意」  

  
Posted by the_radical_right at 07:30mixiチェック

2008年07月27日

<活動報告>愛知県豊橋市街頭演説!

<活動報告>愛知県豊橋市街頭演説!

地元豊橋市議・寺本泰之(ひろゆき)先生と共同街宣

 昨日の豊橋は暑かった。
 夏の季節とはいえ、体感温度は40度前後という、まさに真夏の炎天下での演説となりました。

 

 寺本市議会議員は『草の根ブルーリボンの会 豊橋』の会長を務めておられます。
 この日も13歳の時に、北朝鮮の工作員によって連れ去られた横田めぐみさんの当時の写真を首から掲げて、ブルーのたすきをかけて訴えられました。

 いつも、このように街頭に立たれて市民に訴えておられるそうです。市会議員になる前から、この活動をやっており、同じく拉致被害者救出活動を行なってきた『維新政党・新風』の柘植まさじ愛知県本部代表とも顔見知りであります。

 

 私は豊橋市で演説するのは初めてでした。
 新風関係者が7名ほどかけ付けてくれましたが、その他にも地元・豊橋市に住む20歳代前半の若者3名が激励するために会いに来てくれたのには勇気づけられました。

 一人の若者は日章旗を持って最後まで付き合ってくれました。
 皆さん、毎日ブログを読んでいると言っていましたが、本当にありがとう御座いました。

 私が今回、豊橋市に足を運んだのは寺本ひろゆき市議会議員とお会いして、今後の政治活動に対するご協力をお願いするためでした。
 寺本先生はとても気さくな方で、正義感の強い人であるとお会いさせて頂いて感じました。

 寺本先生は現在、日本の政治における不正なことに対して、これを糾すために立ち上がっています。
 公明党の市議会議員を詐欺罪で告発している市議会議員の先生がいると柘植まさじさんに聞いていたので、どうしてもお会いしたく豊橋市に伺った訳です。

 昨日の演説は柘植まさじブログでも紹介されています。

http://tsuge-m.jugem.jp/?eid=701#comments

 このブログでも下記のように紹介してありました。

  尚、この日は公明党を検察庁に告発している豊橋市の市議会議員の先生にも今後の反創価学会・反公明党活動へのご協力をお願いするつもりでおります。

http://tsuge-m.jugem.jp/?day=20071224

 この告発と行政訴訟などについて詳しく述べます。これは現在、豊橋に限りませんが、立候補者が作成するポスター代金などは、当選するとその代金を公費で負担する制度があります。

 公費の負担上限は豊橋市の場合、56万円ほどになるそうですが、寺本先生は自ら選挙に出馬、ポスターを作ったが、その印刷代金その3分の1もかからないそうです。

 ところが、他の市議会議員の先生の多くが55万円を筆頭に40万円以上を請求しており、実態に合わない公費の無駄遣いとして、その上限を25万円まで下げることを訴えています。

 この活動の中で公明党の市議が、創価学会系の印刷業者に発注、その請求金額も全員が431.760円という数字になっていたこともあり、そこに不正が行なわれている可能性が強いということで告発しているのです。

豊橋市議会議員選挙公営費返還請求事件
訴   状

平成19年10月10日

名古屋地方裁判所 御中
原告  寺本 泰之
〒441-1101 
豊橋市賀茂町字石城寺4−6
                                                                    
被告  豊橋市 被告代表者

豊橋市長 早川勝

処分行政庁

豊橋市長 早川勝

〒440-0801 
豊橋市今橋町1

請求の趣旨

1、被告は、甲第1号証に記載された竹田印刷株式会社(愛知県名古屋市昭和区白金1丁目11番10号竹田印刷株式会社代表取締役 斎藤 正俊、以下「竹田印刷」という)が、不当利得した1,077,300円及びこれに対する本訴状送達の日の翌日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払うように請求せよ。 

あるいは早川勝もしくは本件支出に権限のある職員に対して不当・違法に支払った1,077,300円及びこれに対する本訴状送達の日の翌日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払うよう請求せよ。
2、 訴訟費用は、被告の負担とする。との判決を求める。

請求の原因

  第1 当事者について

1. 原告は、愛知県豊橋市賀茂町字石城寺4-6に居住する住民である。

2. 被告は、豊橋市長早川勝(以下、「被告」という)である。
3. 原告が被告に対して、不当利得返還請求するよう求める相手方は、2003年執行の豊橋市議会議員選挙において選挙公営制度におけるポスター代の公費負担を請求した印刷業者である。

  第2 住民監査請求前置と本件提訴について
 原告は、2007年9月21日、豊橋市監査委員に住民監査請求したが、監査委員は同年10月5日付で却下の決定をし、結果通知(甲第2号証)してきた。その要点は、本件監査請求が行為後1年を経過してなされており、地方自治法第242条第2項に規定する要件を欠き、不適法であるので却下する、というものである。

 原告は上記監査結果には全く納得できないので、本件提訴する。
納得できないとする、監査委員の判断の誤りについて次に述べる。
 監査委員は「本件監査請求の対象となっている選挙運動用ポスター作成費用の支出は、平成15年5月30日に通常の財務会計行為により行なわれ、秘密裡に行なわれたものではなく、情報公開制度等により相当の注意力をもって調査したとき、客観的にみて当該行為を知りえなかったとは判断できない」という。

  選挙の収支報告書は閲覧されている。しかし、費用明細書は豊橋市に対して開示請求しなくてはみることはできない。

 原告は、平成19年6月19日に「平成19年度選挙運動用ポスター作成費用明細書」を開示請求し、平成19年6月25日に「平成15年度市議会選挙ポスター作成費用明細書候補者全員分」を豊橋市に対して開示請求した(甲第3号証)。

  原告は、平成19年度の当該明細書に両面テープとその貼り代が請求されていることに疑問を持ち、平成15年度の開示請求に及んだ。

  竹田印刷の選挙運動用ポスター費用明細書(甲第1号証)の平成15年度と平成19年度を見比べれば明らかなように、平成15年度には材料代として「用紙・梱包資材・発送代等」と一括して請求している。 

 したがってここからは用紙代・梱包資材・発送代を個々に知ることは出来ない。平成15年度に開示請求したところで本件の違法性を指摘することはできない。平成19年度の費用明細書において材料費の項目に用紙代が14,000円と書かれていた。この数字を見てはじめて原告は公費請求の違法性を知ることができた。

 に寨茣萄紺儖は地方公共団体の事務の執行を厳しく監視し、住民の利益のために機能するべき機関である。ところが豊橋市監査委員は、本件監査請求に内容を審議することなく、平成15年度の支い年月日だ、というだけで機械的に今回の結果を出している

  監査委員の任務である、地方公共団体の財務及び事業の経営が「最少の経費で最大の効果をあげるように行なわれているか」注意を払わなければならない、とする地方自治法199条3項に則った機能を、豊橋市監査委員は果たしていないことは明らかである。


 第3 本件支出の違法性について
1、豊橋市では、「豊橋市議会議員及び豊橋市長の選挙における選挙運動用自動車の使用及び選挙運動用ポスターの作成の公営に関する条例」(甲第4号証)に則り、選挙公営費が支払われる。選挙用ポスター作成費の公営負担請求の流れは次のようになっている。

  橋市議会議員における選挙運動用ポスターの作成の公費負担請求に際して、ポスター作成業者は選挙の期日後速やかに(5日以内)豊橋市長あてに選挙運動用ポスター作成費を請求する。この場合、請求書(選挙運動用ポスターの作成)に請求内訳書、選挙運動用ポスター作成証明書及び選挙運動用ポスター作成枚数確認申請書を添付しなければならない。加えて選挙運動用ポスター作成費明細書(以下作成費明細書、という)に企画費、材料費、撮影費等を書いて提出することが義務づけられている(甲第5号証)。

 2、 本年(平成19年)度執行された豊橋市議会議員選挙でポスター作成業者であった竹田印刷の作成費明細書 甲第1号証の通りである。候補者伊藤秀昭、小田健三、宮沢さちこ、沢田都史子、鈴木博、鈴木義則の6人のポスターを作成している。その作成費明細書のうち項目の材料費(用紙 ザ・ポスター 菊/140K)の金額は14,000円 となっている。ところが平成15年度の明細書(甲第1号証)には材料代(用紙・梱包資材・発送代等)は193,550円。竹田印刷は平成15年度も同じく上記6人の候補者のポスターを作成している。
      
3、 市場単価を原告が調べたところ、用紙代は14,000円が妥当であった。「梱包資材・発送代等」としているとして、主たる経費内容は用紙代にあるといえる。そこから差し引きすると平成15年度は「梱包資材・発送代」に180,000円近い経費が掛かったことになる。梱包資材と発送代に180,000円の経費が掛かったとするのは、明細書の記載に偽りがあることは明らかである。また発送代は選挙用ポスター作成公費負担には認められていない。

 そこから平成15年度に執行された豊橋市議会議員選挙の選挙用ポスター公営費の支払いに以下4,5,6の不当、違法な支出があったことが明らかになった。

 4、 作成費の公営負担の手続きは、提出された契約書を選挙管理委員会等が確認したうえで公費が支払われる規則になっている。そのとき真実と異なる金額を記載して契約書が提出されていたならば、私文書偽造罪にあたる。竹田印刷の本件行為はそれに該当する。水増しして請求していたならば詐欺罪(刑法第246条第2項)にもあたる行為である。

 5、 竹田印刷へ支払われた公金は、真実に基づかない契約書によって支払われている。地方自治法2条、「16項 地方自治体は、法令に違反してその事務を処理してはならない。なお、市町村及び特別区は、当該都道府県の条例に違反してその事務を処理してはならない」「17項 前項の規定に違反して行なった地方公共団体の行為は、これを無効とする。」とされているが、本支払いはこれに該当する。

 6、 本来負担すべき必要のない費用を過払いしたことになる。
 過払い金額は候補者一人につき―
 
193,550円−14,000円=179,550円となる。6人の候補者のポスターを作成していることから179,550円の6倍の1,077,300円が違法な支出となる。以上4、5,6より被告ないしすべての上記支出手続き担当者らが違法・不当な公金支出を行ったことは明らかであるし、竹田印刷が真実ではない金額を明細書に記入して違法・不当に公金を受け取ったことは明らかである。

     第5  結び

 本件住民監査請求及び住民訴訟は、単に実際かかった作成費より高く請求して許せない、という話ではない。これから議員になって、行政の無駄遣いをチェックしようとする人が、最初の一歩から税金を不正に受け取るということである。そのような議員に行政のチェックができるとは考えられない。

 年金、談合、裏金問題等々あらゆる政官の不祥事は議会の機能不全から来ている。議会制民主主義の根幹を揺るがす問題である。 梱包資材と発送代に180,000円近くが掛かるはずがない。市場を調査すれば一目瞭然である。明細書記載に嘘の金額を書き、違法に公金を受け取ったのは明らかである。行政に提出する契約書に嘘を書いても通る、ということがあってはならない。嘘の金額に対して住民の税金がやすやすと支払われるというような、こんなことが法治国家において許されてはならないのである。 

以上の理由から本件住民監査請求及び住民訴訟は適法な請求である。
     

     添付書類
      訴状副本      1通

    甲号証写し     各1通

    参考資料

     本件に関連する新聞記事

    証拠方法     
 甲第1号証:平成15年度及び平成19年度の豊橋市議会議員選挙における竹田印刷会社の選挙運動用ポスター費用明細書の写し甲第2号証:本件住民監査請求書とその監査結果の写し
 甲第3号証:平成19年6月19日及び同年6月25日に原告が行なった公文書公開請求書の写真 甲第4号証:「豊橋市議会議員及び豊橋市長の選挙における選挙運動用自動車の使用及び選挙運動用ポスターの作成の公営に関する条例」(豊橋市のホームページより印刷したもの)甲第5号証:豊橋市から配布される「選挙公営の手引き」の一部(写し)

他、口頭弁論で証拠を提出する。

 この裁判に出廷した時に、公明党の側の弁護士が信じられないことを口にしたと言います。

 「水増し請求して何が悪い!」

 この時、寺本先生が「それは公金の詐取だ!」

―と言い返してやったそうです。

 12万円ほどで製作できるポスターを何故に43万円以上もかかるのか。残りのお金はどうしたのだ?

 本来は自己負担であるべきパンフレット代に消えているか、その分が創価学会に寄付でもされているのではないか?

 この問題は今後連携して、徹底的に糾明していきたいと思っております。

 
<語る運動>から<行動する運動へ>

「東村山女性市議・朝木明代さん謀殺事件徹底究明を立川検察庁に提出」

7月29日に八王子検察庁に捜査要望書を提出致します。

ご賛同下さる方は、JR八王子駅北口に午後1時(街宣行ないます)にご参集下さい。

    東京地方検察庁八王子支部への要望書及び質問書

東京地方検察庁 八王子支部  

 慶徳榮喜支部長殿

 1995年9月1日、元東村山市市会議員の朝木明代氏がマンションビルから転落し死亡するという事件が起きた。 故朝木氏は宗教法人創価学会および公明党批判を専らに繰り返す名物市議であり、この転落事件は当初から創価学会の関与が指摘されていた。
 
 実に不可解なことに、この事件を捜査した検事・信田昌男は創価学会員であり、また信田にこの事件を担当させた上司・八王子支部長の吉村弘も熱心な創価学会員で、吉村の義兄は創価学会副会長を務めるほど深い関係にあった。

 創価学会関係者に殺害された可能性の高い事件を同じ創価学会員が検事として捜査する、という著しく公正さを欠いた、陰謀まみれの捜査体制が敷かれたわけである。

 捜査側はこの事件を「朝木市議が万引きをしたことを苦にしての自殺」という見解のもとに幕を引こうと企んだが、以下のような理由により、常識ある国民の大多数はこれが殺人事件だと考えている。

…木氏の持っていた鍵束は、事件当日および翌日には見つからなかったのにもかかわらず数日後に発見されたこと。

朝木氏が履いていたはずの靴が未だに発見されていないこと。

失踪中の朝木氏の最後の声を分析した日本音響研究所の鈴木松美氏(声門鑑定の第一人者)の解析によれば、その声は「飛行機が撃墜された瞬間や、頭にピストルを突きつけられているときなど、緊張の極地にある状況下で生まれる周波数である」と明言していること。

つ木氏は、翌日高知県にある反創価学会団体「ヤイロ鳥」の主催する講演会でスピーチすることを約束しており、その講演のためのレジュメをパソコンに書きかけていたときに突然行方不明になっており、パソコンの電源は入ったままであったこと。

シ萃蠹な殺人事件の証拠として、朝木氏死亡後4年半たってやっと公開された司法解剖鑑定書に「死体の両上腕部裏側に強く掴まれたときに出来る青アザがある」と明記されていること。

 以上5点のうち、イ了碧_鯔挟嫩蟒颪慮表はこの朝木氏が「殺されたこと」の決定的証拠である。

 事実、当該鑑定書の公開以来、この事件に関わる裁判所の判決は、別紙として提出する資料が示すように、「両上腕部裏側に残っていた青アザは、朝木氏が何者かによって強く掴まれ、ビルから突き落とされたと判断するのに充分な根拠がある。すなわち殺人事件と考えられる相当性がある」との判断を下している。

 最高裁判所ですら、このように当該事件を「殺人事件」と認定しているにもかかわらず、 東村山警察署には「殺人事件対策本部」さえおかれていない。そればかりか、未だに「故朝木市議は万引きを苦にしての自殺である」との見解を捨てていない。・・・・・・以下略

 

ブログランキング

↑↑ブログランキング応援クリックお願いします!

〜新風連ブログ〜
新風連 

右派SNS「国民の総意」  

★放送法違反で偏向番組通報を!☆  

  
Posted by the_radical_right at 10:04mixiチェック 公明党 カルト宗教