2009年02月28日

NHKに郵送されたのは旧日本軍の実弾

連載・『赤報隊』と『日本民族独立義勇軍』

赤報隊の名でNHKに郵送されたのは旧日本軍の実弾


 

 この事件については『赤報隊』の名を騙った単なる模倣犯や愉快犯ではないかとの指摘がありましたが、今朝の産経新聞のこの記事を読む限りにおいては、そのような人物ではないという感じがしました。

 送られた金属片がすべて旧日本軍の実弾であったということは、大きな意味を持つと思います。これまで『日本民族独立義勇軍』や『赤報隊』が起こした事件は、旧日本軍の何らかの記念日に起きています。

 一番最初の神戸米国領事館放火事件は大東亜戦争の開戦日でした。二番目の横浜米軍住宅放火事件の犯行声明には次のような文面がありました。

「昭和二十年五月五日、オキナワ第三十二軍第二次反攻はザセツせり、以後本格的対米攻撃はアトを絶てり。今オキナワ戦に、水ヅキ草ムす英霊のミタマに対し、この戦闘をササグ」

 これは神風特攻隊の指宿基地がこの日、壊滅的な打撃を受けた屈辱の日でもありました。その翌日の6日に決行された攻撃は米軍に対する総反撃を意味するものでした。

 また3番目の大阪ソ連領事館への火炎瓶襲撃事件は5月27日に起きましたが、これは日本海開戦記念日でした。

日本海戦 - Wikipedia

 これらはすべて旧日本軍と何らかの関係のある日を選んでいます。5月3日の朝日新聞社阪神支局への襲撃事件ですが、これを憲法記念日と見るのではなく、極東軍事裁判の開廷日と見る識者が当時多かった。

 本日、当時のニュース映像をニコニコ動画で見ました。著作権の関係があるので削除されるかも知れませんが、当時のニュースキャスターも「極東軍事裁判開廷日」であると紹介しています。

赤報隊.朝日新聞襲撃事件「報道特集」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6290943

※残念でした、もう消されていました。

 赤報隊や日本民族独立義勇軍がいかに戦前の日本軍にこだわっていたかは明らかです。今回の行動がかつての赤報隊事件に関係したグループによる犯行と考えた場合、次のような推理が成り立ちます。

 福岡県のNHK支局が放火された翌日に素早く行動が行なわれています。彼等がかつての赤報隊関係者であれば、自分たちの存在を示すものとして、一番最適な物(ぶつ)を選ぶとした場合、今回の旧日本軍の実弾こそ、まさにそれに一番相応しいと思います。

 このような推理が成り立つのも、日本独立義勇軍と赤報隊の引き起こした事件は未解明のままで時効を迎えたということにあります。犯行グループは逮捕されることなく、この社会に今も存在し続けています。

 昨今のマスメディアによる反日報道の酷さには、強い憤りを抱いていると容易に想像できます。彼等がまたうごめき出したと推理しても何ら不思議ではありません。

 新しいメンバーを加え、更に組織は充実されているかも知れません。今後のマスメディアの動向次第では本格的な活動再開となるかも知れないのです。

 さて、本日ニコニコ動画にUPされた特集番組の中で、この赤報隊の事件をハッキリと「支持します」と述べているのは若き日の故阿部勉さんです。

 ニコニコ動画は消されて見られませんが、故阿部勉さんの言葉だけユーチューブにあったので紹介します。

赤報隊.朝日新聞襲撃事件「阿部勉」の見解

http://www.youtube.com/watch?v=UNJ4pSjGxLg

 私の知る限り、この赤報隊の事件を明確に支持すると述べたのはこの阿部さん一人であったと思います。これほどハッキリとした口調で支持した右翼活動家は他に見当たりません。

 三島由紀夫先生の楯の会の初期メンバーの一人であり、私もかつてお付き合いがありました。この阿部さんに誘われて『全国有志大連合』という組織に参加をして私の右派の人脈も広がりました。

 私にとっては忘れがたい人であり、私の郷土の福島にも度々やってきて一緒に酒を飲んで色々教わりました。この阿部さんが一連の犯行声明を書いたのではないかと一時疑われてもいました。

(続く)

☆3月1日

不逞朝鮮人と売国日本人に怒りの鉄槌を

<全員集合!文京区民センターを日章旗で包囲しよう>

不逞鮮人と左翼の反日集会は日本民族への宣戦布告だ!


◆反日を働く不逞朝鮮人と売国日本人が一堂に会して3月1日、文京区民センターで慰安婦強制連行などの歴史偽造集会を開くが、これは日本民族への宣戦布告である。

◆国民の税金で運営する施設が、我が国と民族の名誉を汚す目的で使用される屈辱を看過できない。
 反靖国と慰安婦強制連行を叫ぶ一大キャンペーンを指をくわえて眺めていいのか。
 心ある日本人よ! 目前で日本の尊厳が虐殺・侵略されている。
 目を逸らすな、3月1日は日本民族の誇りを守る戦争だ!


日時:平成21年3月1日(日) 12時集合

場所:文教区民センター前(地下鉄春日町、後楽園、JR水道橋駅)

※雨天決行 日章旗かプラカードの持参を 
※同日夕刻、同センターで「行動する保守」の総括集会あり


【呼び掛け】
主権回復を目指す会、せと弘幸Blog『日本よ何処へ』、在日特権を許さない市民の会、千風の会 

連絡:西村(090‐2756‐8794)


【以下参考】
「3・1朝鮮独立運動90周年」

和解・平和・友好の実現を求める3・1集会
ー100年にも及ぶ不正常な関係に終止符をー

講演「歪められた歴史認識の現実と克服に向けて」
高嶋伸欣 琉球大学名誉教授

報告 在日コリアンの人権状況について
金 東鶴 在日朝鮮人人権協会事務局長
日本軍慰安婦問題の解決に向けて
西野留美子 バウネットジャバン 共同代表

アピール 一坪沖縄反戦地主会関東ブロック

韓国からゲストの特別アピール
光州民主化闘争当事者 訪日団
この他3・1独立運動に関する映像放映

 

3・1緊急国民集会 〜「行動する保守」の総括〜

 民主党政権誕生目前の現在、保守勢力の真価が問われようとしています。「行動する保守」をスローガンに掲げ街頭活動、講演会など各地で運動を展開してきた「主権回復を目指す会」「せと弘幸Blog『日本よ何処へ』」「外国人参政権に反対する会・東京」「在日特権を許さない市民の会」の四団体代表が一堂に介し、これまでの保守運動の総括を行います。

 「行動する保守」に賛同する方も、あるいは疑問を持たれる方も当日はぜひ会場に足をお運びいただき、パネリストと共にこれから日本が目指す未来について熱く語り合いましょう。一人でも多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

【日時】
平成21年3月1日(日)18:00開場 18:30開始 20:30終了予定

【場所】
文京区民センター 2−A会議室
※シビックホールではありません

東京都文京区本郷4−15−14
筺ィ娃魁升械牽隠粥升僑沓械

都営三田線春日駅A2出口直ぐ
丸の内線後楽園駅4B出口徒歩5分
南北線後楽園駅6番出口徒歩5分
JR水道橋駅東口徒歩10分
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754

【会場費】
1,000円

【パネリスト】
西村修平/瀬戸弘幸/村田春樹/桜井誠

【主催】
主権回復を目指す会/せと弘幸Blog『日本よ何処へ』/外国人参政権に反対する会・東京/在日特権を
許さない市民の会

【生中継】
18:30より以下のサイトにて生中継を行います。

http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【告知動画】

行動する保守緊急集会2009.3.1《瀬戸/西村/村田/桜井》
<ニコニコ動画>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6228915
<youtube>
http://www.youtube.com/watch?v=fgtRC0iuub0
<PeeVee.TV>
http://peevee.tv/v/54ziaf

【その他】
当日はアンケート用紙を配布する予定です。
お手数ですが参加者の方は筆記用具をご持参ください。

【問い合わせ】
西村修平(090−2756‐8794)
桜井  誠(070−5021‐5975)

 

ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします。

〜新風連ブログ〜

新風連



 

http://www.murayamadanwa.com/ 

  

Posted by the_radical_right at 18:36mixiチェック 検証・歴史的大事件 

ショックを隠せない創価擁護グループ

ショックを隠せない創価擁護グループ

創価・公明を利する輩には、大きな打撃となるか!


 
昨日は創価学会の御用ライターである宇留嶋瑞郎氏のことを久しぶりにブログで取り上げた割にはコメント欄は静かでした。やはり民主党が矢野元公明党委員長の国会参考人招致を決めたことや、『黒い手帖』が講談社から発売されたことでショックが大きかったのでしょうか。

 宇留嶋氏は東村山市議故朝木明代さんの万引き冤罪事件やその後に起きた殺害事件については、当時の東村山署や八王子検察庁の捜査を何ら問題にしていません。

 杜撰な東村山署の当時の捜査を正当化したり、これらの事件を指揮・担当していたのが創価学会の検事2名であったということに関しても、何らの問題意識を持ち合わせてはいないようです。

 『民主主義汚染』なる単行本を書いていますが、この本に書かれてある内容は、故朝木明代さんの同僚議員である矢野穂積さんと遺族の朝木直子さんの事件の真相を求めるその後の行動と対立するもので、結果的にそれは創価学会・公明党を利する行為となっています。

 本人は真実を追及する結果としての取材・執筆活動であって、その結果がどうあれそれについて批判を受ける理由はないと思っているかも知れません。

 しかし、明らかに創価学会から資金の提供を受けている(雑誌のまとめ買い)雑誌への記事の執筆で生計を立てている点を見ると、その記事が真実かどうか以前の問題であると私は考えます。

 今回より改めて創価学会の御用ライターである宇留嶋氏について述べてみたいと思います。

 私がこの東村山問題に取り組むようになってから、私を批判し続けている「3羽の雀の日記」に次のような文面があったそうです。昨日のコメント欄にありました。

>久しぶりに宇留嶋さんの件に触れましたが、矢野「市議」らの言う「伝聞の伝聞」の見本
>のような記事で、しかもけっきょく何を言いたいのかよくわかりません。
>そんなことより、「御用ライター」裁判での証人採用の話は、いくらなんでもそろそろ結論
>が出ているでしょうから、どうなったのか教えていただきたいものです。

 私はこのサイトの主は宇留嶋氏とは常に連絡を取り合っていると思っていましたが、違うようですね。本人から何も聞いてはいないのでしょうか? 宇留嶋氏が教えていない、或いは聞いていても知らないふりをして書かない。それとも本当に教えられていないのか。

 いずれにしても「教えていただきたいものです」と書いているので教えますが、宇留嶋氏が反対しています。その理由は宇留嶋氏本人から聞かれたら良いと思います。

 宇留嶋氏に限らず自分のほうに都合の悪いことはブログなどでは一切書かないというのは当然のことかも知れません。私は偶然、宇留嶋氏と千葉英司元東村山署副署長と喫茶店でお会いしたと前に報告してあります。

 昨年11月30日のことです。朝木明代さんの追悼集会に参加して、その帰りに駅前の喫茶店で偶然、宇留嶋氏と千葉氏にお会いしたわけです。その時のことは下記エントリーに書いてあります。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52102829.html

 私はこの中で次のように書いています。

 先ずは御用ライターの件ですが、「矢野さん、朝木さんが訴えられている名誉毀損の裁判に証人として出廷するので是非承諾して下さい」とお願いしました。

 しかし、ウルシマさんが言うには、「裁判官が認めないとそれは出来ない。自分は分からない」ということでした。

 あくまでも裁判官の判断であるとしています。自分はどうなのかについては、何もお話をしていただけませんでした。ご自分が「創価学会の御用ライター」と書かれるのが嫌で訴訟までしているなら、私が何故今以て「御用ライター」と書いているのか、その根拠を私に裁判所で尋ねれば良いだけのことだと思います。


 また、私はこのエントリーの中でかなり長い時間お話ししましたので、後はウルシマさんがお書きになったら、私も書くことにします」と記してありますが、その後宇留嶋氏はご自分のブログで私との直接会話を取り上げており、何故か私の幾つかの質問はまったく無視されていました。

 先ず彼は自らのブログで「右翼関連」というカテゴリーの中で書いています。現在10回のエントリーがありますが、その最初の部分です。

http://pullman.blog117.fc2.com/blog-category-14.html

 ここに下記のような文章があります。

 右翼との30分

 はたしてこの右翼は、矢野とちがって普通の会話が成立し、洋品店に行こうとしている彼らの判断がどれほど常軌を逸したものであるかについて理解してくれるのか。以下は右翼との会話の一部を要約したものである

 この右翼というのは私を指す訳ですが、この会話はその一部だけが要約されて紹介されています。彼にとって都合の悪い箇所は全て無視されている訳です。

 その彼が書かなかった部分をこれから何回かに分けて取り上げてみようと思います。昨日取り上げた会話がまさにその一部でした。

瀬戸  「宇留嶋さん、Nさんを知っていますか?」

宇留嶋 「…知らない」

 このNさんを知らないと答えたことは私にとっては非常な驚きでした。昨日も書きましたが、このNさんは創価関連の記事を書く人としては有名な方で、私のような政治経済誌に関わった人達の間では知らない人はおりません。

 N氏が2004年頃に発行していたタブロイド版4ページの新聞には、常に東村山市の記事が掲載されていました。草の根の矢野・朝木さんを攻撃する記事です。

 書かれてある記事は、これまで宇留嶋氏が『月刊タイムス』に書いてある原稿と瓜二つのような記事です。私はてっきり宇留嶋氏が書いていると思っていたほどです。

 それを「…知らない」と言われたので、果たして本当に二人は接触がないのか、不思議に思って調べていたというわけです。

 また、昨日「宇留嶋氏と仲が良い東村山市市議の薄井政美(うすい・まさよし)さんだってお会いしているはずです」とも書きましたが、これも複数の人からの証言で明らかです。

 不思議なのは薄井市議もお会いしているN氏を宇留嶋氏が知らないと断言したことです。「知っていますよ」と答えれば、何事もなかったと思います。

 私はこうも聞きました。

瀬戸  「宇留嶋さんは、『月刊タイムス』の社長とは何年も会っていないそうですね?」

宇留嶋 「ああ…」

瀬戸  「何年もって、2年とか3年とかじゃなくて、それ以上ってことですか、5年とか?」

宇留嶋 「…」

 自ら記事を書いている雑誌社の編集・発行人と5年以上も会っていないのに、何の不便も感じないで記事を入稿するという、不思議な関係が明らかとなった一瞬でした。

 普通では考えられません。その理由とは一体何なのでしょう? そのことも次回以降で推理していくことに致します。

 

ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします。

〜新風連ブログ〜

新風連



 

http://www.murayamadanwa.com/ 

  
Posted by the_radical_right at 09:34mixiチェック 東村山・朝木明代さん謀殺事件 

2009年02月27日

お知らせ 「黒い手帳」発売

お知らせ・ 「黒い手帳」が講談社より発売

 追い詰められる創価学会と公明党

黒い手帳 創価学会「日本占領計画
黒い手帳 創価学会「日本占領計画
入荷お知らせ
矢野 絢也 著、講談社
価格:1,785円
入荷次第メールでお知らせ
お客様オススメ度 ★★★★★ (0点/5点満点)、お客様レビュー0件

 画像はこちらです。

 32479 B                                                         

この本の発売は前から聞いていたのですが、ブログで公表すると、創価学会からの妨害が行なわれる可能性もあるので、控えて来ましたが、本日メデタク発売となったのでお知らせ致します。

 創価学会に対する包囲網は着々と敷かれつつあります。矢野元委員長が朝のエントリーでも紹介したように、国会で参考人として創価学会と公明党の政教一致を暴露すれば、これは大変なことになります。

 いくら創価問題をスルーしてきた新聞社であっても、これを報道しないわけには行かないでしょう。公明党と創価学会の問題を徹底追及してきた我々に更に追い風が吹くことは確実となりました。

 産経ニュースの紹介

 学会問題」で解散圧力強める 民主党

 
民主党は、公明党の支持母体である創価学会を相手に損害賠償請求訴訟を起こした矢野絢也・同党元委員長の国会への参考人招致を目指すなど、「政治と宗教」を今後の国会論戦の最重要テーマに据える方針を決めた。背景には、この問題にスポットをあてれば、国会での審議を避けたい公明党が衆院解散の圧力を強めるとの読みがある。

 参院の主導権を事実上握る民主党はこれまでも矢野氏の国会招致をちらつかせるなど公明党と創価学会に揺さぶりをかけてきた。しかし、早期解散に追い込む決定打に乏しい中、公明党・学会が神経質になっている「政治と宗教」問題を重要な切り札に位置づけ「本気モードに入った」(民主党関係者)という。

 輿石東参院議員会長も26日の記者会見で「麻生内閣として最後の予算委員会になるかもしれないので、『政治と宗教』の問題にきっちり、かたをつけなければいけない」と述べた。

 のろしを上げたのは小沢一郎代表と、参院幹部の輿石氏、北沢俊美副代表、西岡武夫参院議院運営委員長、石井一副代表との23日夜の会合だった。5氏は矢野氏の参考人招致を今国会で実現させるよう調整を急ぐことを確認した。

 これを受け民主党は26日、公明党を除名された福本潤一元参院議員を招いて「民主政治推進プロジェクトチーム」を国会内で開いた。会合では、参院の予算委だけでなく、文教科学、総務、財政金融各委員会や政治倫理審査会などにも「政治と宗教」の問題を取り上げる舞台を広げていくことを決めた。これら参院審議の場では、創価学会施設を利用した選挙運動の実態や、憲法20条の「政教分離」のあり方などをとりあげる考えだ。

 民主党は昨年6月、菅直人代表代行らが国民新党や社民党の有志議員とともに矢野氏を国会内に招き、公明党と創価学会との関係や自身が評論活動を中止させられたとして学会を提訴した経緯などを聴取した。

 菅、石井両氏はその後、矢野氏を招致しての「政治と宗教」に関する集中審議開催を主張していた。石井氏は今国会の参院予算委でも矢野氏らの国会招致を提起した。ただ、こうした動きも「公明党・学会への牽制(けんせい)の域を超えていなかった」(民主党幹部)というわけだ。

 参院予算委は自民党が委員長ポストを握っており、参考人招致の行方は不透明だが、民主党は多数決による招致議決などの強行突破も辞さない構えだ。

 こうした民主党の動きに対し、公明党幹部は「関心はない」と語り、平静を装っている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090226/stt0902262347009-n1.htm


 

 関連エントリー

 黒革の手帳

 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52158802.html

 

 映像紹介 せと弘幸

 矢野公明党元委員長・黒革の手帳

 http://jp.youtube.com/watch?v=JaYCW34qVmE

 東村山事件の闇・信じられない杜撰な捜査

 http://jp.youtube.com/watch?v=XbODNdgbx_I

 黒革の手帳・100冊は復刻中である。

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6010620

 

ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします。

〜新風連ブログ〜

新風連



 

http://www.murayamadanwa.com/ 

  
Posted by the_radical_right at 16:20mixiチェック 公明党 カルト宗教 

今度は本気? 矢野元公明党委員長国会招致!

矢野元公明党委員長国会招致問題

民主党が正式決定、今度こそ実現か。

民主:参院議員が会合「矢野元公明委員長の参考人招致を」

 民主党の小沢一郎代表と輿石東参院議員会長、西岡武夫参院議院運営委員長ら参院のベテラン議員が23日夜、東京都内のホテルで会談し、当面の国会運営について意見交換し、言論活動を妨害されたとして公明党の支持母体、創価学会を提訴した矢野絢也(じゅんや)元公明党委員長の参考人招致を求めるべきだとの考えで一致した。

 出席者によると会合では、内閣支持率が急落した麻生太郎首相について「このままずるずるいくのが望ましい」との意見が出る一方、世論への配慮などから「国会で何か仕掛けるべきだ」との指摘も出され、矢野氏招致が挙がった。【小山由宇】
 
毎日新聞 2009年2月23日 23時28分

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090224k0000m010110000c.html

 このニュースで永田町界隈は揺れているというのに、日本のテレビ局などは一切無視しています。公明党の議員は創価学会の一大事であると、何としてもこれを阻止しようと必死な動きを見せています。

 民主党のある議員は「突然、公明党の議員から会いたい」と連絡があったと言っていましたし、自民党の議員は公明党の議員から「何としてもこれだけは阻止するので、是非協力して欲しい」と頼まれていると明かしました。

 では、本当に今回は実現するのでしょうか?

 小沢一郎氏は矢野絢也(じゅんや)氏一人に限って参考人招致を行なうことを指示したと云われています。福本潤一元公明党議員や創価学会の幹部は外されました。

 その理由ですが、やはり創価学会との全面戦争は避けたいとの配慮が働いたためでしょう。福本潤一元議員のほうが参考人として呼ばれれば、創価学会に対する批判、池田大作名誉会長への献金疑惑などについて話をする可能性がありました。

 P献金と呼ばれるもので公明党の国会議員は全て、池田大作へ個人献金と称するカネを半ば強制的に歳費から取られていたと暴露して除名されたのが福本元議員でした。

 福本元議員が何故離党したのか? その理由は下記サイトに書かれていました。

福本潤一 活動記録

 あくまで『政治的判断として、公明党の在り方に異義を申し上げた』事に対して、応援の声を寄せて下さった方々も非常に多く、心から感謝しております。 ... 去年4月、冬柴幹事長に呼ばれ、神崎元代表同席のもと、公認しないことを告げられました。 ...

 公明党・創価学会にとっては福本元議員だけでも参考人招致が見送られたことで安堵しているのではないでしょうか。福本元議員のほうが最近の公明党の内部情報には明るく、相当の打撃となったはずです。

 しかし、矢野元公明党委員長一人であっても、この国会への参考人招致が実現すれば、公明党にとっては大きな打撃になります。東京都の都議会議員の選挙前に実現すれば、国政選挙よりも重要だとしている公明党・創価学会にとってはまさに死活的な大騒動になることは間違いありません。
 
 参考人として呼ばれ話をする、その中身もさることながら、その実現を許してしまったという公明党・創価学会の力の衰えを天下に晒してしまうことになるわけです。

 この公明党元委員長・矢野絢也(じゅんや)氏の国会参考人招致問題はこれからシリーズで書いていきます。今、創価学会はこの矢野絢也(じゅんや)氏に対する誹謗・中傷を全組織を挙げて展開しています。

 我々が開いた「政治と宗教を考えるシンポジウム」の会場に、何食わぬ顔で参加しようとして、私に見つかって追い出された創価学会の御用ライター柳原滋雄の日記では、これまで15回に渡って矢野絢也氏の攻撃が続けられています。

 一番新しいものを紹介しておきましょう。

矢野絢也の素顔  15  内部情報を外に漏らし続けた“背信の徒”

http://www.yanagiharashigeo.com/kd_diary/index.htm

 これらの事柄についても、順次お知らせしようと思います。

 また、もう一人の創価学会御用ライターである宇留嶋氏に関しても、自分は創価学会とは関係ないなどと言っているようですが、果たしてその言葉は信用できるものなのでしょうか。

 最近、宇留嶋氏が創価学会が企画した北海道旅行に、同じく創価学会の御用ライターと一緒に参加していたと思うという話を聞きました。旅費は創価学会が持ったのか、或いはご自分が負担したのかまでは知りません。

 この一緒に参加したと見られるライターさんを以前、宇留嶋氏に喫茶店で偶然お会いしたときに伺っています。

瀬戸  「宇留嶋さん、Nさんを知っていますか?」

宇留嶋 「…知らない」

 Nさんを知らない人は創価関連を扱うジャーナリストでは知らない人はおりません。有名な方で乙骨先生も知っていました。宇留嶋氏と仲が良い東村山市市議の薄井政美(うすい・まさよし)さんだってお会いしているはずです。

 それを「…知らない」と一瞬怪訝そうな顔をしてお答えになったので、「何かあるのかな?」と思っていましたが、これはホンと驚くべき話でした。

 「いつのことかまでは覚えていない」という話ですが、宇留嶋氏のごく近くにいる人の話ですから、一応紹介しておきます。

 「そんな北海道に行った覚えはない」と反論なさっても構いませんが、N氏を知らないと言ったあなたの証言を否定する話として飛び出した話題であることだけは知っておいてください。

 それから私が初めてN氏とお会いしたジャーナリストのパーティーに宇留嶋氏も出席していたとの証言も得られました。確かに多くの人が参加するパーティーですから、そこで会ったかまでは覚えていないのかも知れません。

 しかし、私には宇留嶋氏がN氏を知らないと言った点が、どうしても嘘をついているようにしか感じられなかったのです。


御礼

 昨夜のエントリーに関しては、私の記事よりもパチンコに詳しい人達のコメントのほうが読みごたえがありました。ありがとう御座いました。

☆街頭演説活動のお知らせ

【日時・場所】2月28日(土) 午前11時〜午後1時30分

・11時〜12時 高田馬場駅早稲田口前
・12時30分〜1時30分 新宿駅東口前
(当日の現場の状況によっては、西口前、南口前の順で街宣場所を変更する可能性があります)

【テーマ】拉致問題、民主党の危険性など

【主催・問合せ】日本の自存自衛を取り戻す会


☆東京・デモ行進と勉強会

中華膨張主義を許すな! 2・28台湾防衛デモ行進

台湾は台湾人の国だ! 中国の侵略を許すな!
台湾は日本の生命線だ! 台湾を防衛せよ!
日本人と台湾人はチベット、ウイグル、南モンゴルの民族自決を断固支持せよ!

【日時】2月28日(土) 14時 出陣式 14時半 行進出発

【集合】大久保公園(新宿区歌舞伎町2−43 ハローワーク裏、都立大久保病院前)

【交通】
JR「新宿駅」東口から徒歩7分、歌舞伎町方面へ
西武「新宿駅」から徒歩3分
都営大江戸線「東新宿駅」から徒歩4分

【コース】 
大久保公園→職安通り→明治通り→甲州街道(新宿駅南口前)→新宿中央公園
(所要時間:約1時間)

主催】2・28台湾防衛デモ実行委員会
(090−4138−6397)

【加盟団体】
台湾研究フォーラム メールマガジン台湾の声 維新政党・新風埼玉県本部 日本李登輝友の会 日本ウイグル協会 イリハム応援団 在日台湾同郷会 日本台湾医師連合 維新政党・新風東京都本部 在日台湾人アジア人権研究会 南モンゴルクリルタイ(加盟順)

【参加呼びかけ協力】せと弘幸Blog『日本よ何処へ』



ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします。

〜新風連ブログ〜

新風連



 

http://www.murayamadanwa.com/ 

  
Posted by the_radical_right at 09:12mixiチェック

2009年02月26日

パチンコ必勝法の罠

パチンコ必勝法詐欺事件

<詐欺>「パチンコ必勝法」で数千万円 9容疑者逮捕 

 求人広告の応募者に「パチンコ必勝法」で高額収入が得られると思い込ませ、保証金名目で現金をだまし取ったとして、新潟県警は25日、東京都中央区湊、無職、川村志季容疑者(25)ら9人を詐欺容疑で逮捕した。被害は少なくとも宮城、栃木、茨城など5県で、数千万円に上るとみられる。

 逮捕容疑は昨年8月、市場調査会社と偽って折り込み求人広告を出し、応募した新潟県内の40代の女性に「パチンコ必勝法を教える。玉を出して利益を得たら55%が配当になるが、店に内緒でやっているので保証金50万円が必要」などと偽り、4回にわたって現金計60万円を同社名義の口座へ振り込ませた疑い。さらに、今年2月中旬、同様の手口で高知県香南市の40代の女性に現金50万円を振り込ませた疑い。

 県警によると、川村容疑者らは架空の社名で事務員を募集。応募者には時給1000円程度の約束で、「元手3000円で6万円勝った」といった「パチンコ客」からの電話報告を自宅で受けて「会社」へファクスで送る事務作業をさせ、1〜2週間後に「必勝法がある」と持ちかけていた。「客」も容疑者らが演じ、応募者を信用させていたとみられる。【岡田英】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000108-mai-soci
  

 このパチンコ必勝法なる商売は、その殆どがインチキ詐欺であると関係者から伺ったことがあります。手口は巧妙のように見えて実は極めて単純なのだそうです。

 どういうことかと言えば、始めから仕組まれているのに、応募者はそれを知らずに騙されてしまうということです。では、その聞いた手口を一つ紹介しましょう。

 雑誌などに「必勝法」などと書いた派手な広告をぶち上げます。この時にいかにも信用性があるように登場させる名前があります。

 梁山泊という、かつてパチプロ集団として名をはせたグループの名称が使われます。これはこの「パチンコ必勝法」に信憑性を持たせるためです。

 映画も作られたこの伝説の梁山泊ですが、実際にこの梁山泊として活躍していたグループが関係していることは先ずありません。その殆どが無関係な人々によって行なわれています。

梁山泊に興味のある方は下記をご覧下さい。

梁山泊 (パチンコ) - Wikipedia

 では、その手口ですがタネを明かせば本当にバカバカしいの一言です。先ず雑誌などの広告を見た人達が集まってきます。ビルの一室には所狭しとパチンコやスロットの台が置いてあります。

 そこにかつて梁山泊に所属していたという人物が現れる、いわゆる“パチプロ”を自称する人物ですが、その人物がパチンコ台に座って実演します。

 あらかじめ、このように打てば出ますよ−と書かれた小冊子を与えられます。このパチプロを自称する人物が、この小冊子に書かれた通りに打つと、あらあら不思議なことにジャンジャン玉が出てくることになるのです。

 この光景を見た人は驚いて、この必勝本に飛びついて買って行くという訳です。しかし、これが実はインチキなのです。その通り打つと見えない所にいた他の人物が遠隔操作で玉がジャンジャン出るように電波を送ります。

 集まった人々はこの場の雰囲気に呑まれてしまい、高額な必勝本を買ってしまうという訳ですが、今回逮捕された一味はまた別の話となります。この紹介したものはインチキでも、一応は“情報”なるものを提供しており、今回私が書いたような事実はまだ暴かれてはいません。

 今回逮捕された連中は、そのインチキ情報も与えることなく、ただカネを騙し取ったというわけですから、これは摘発されて当然だということです。

 しかし、このような犯罪が起こるのも結局のところは、賭博行為が野放しにされてきているという現状があるからに他なりません。パチンコは明らかに賭博なのにこれが放置されている。

 そこが一番の問題であると思います。

 パチンコという賭博は限りなく怪しく、違法スレスレの状態で営業しているのではないでしょうか? 下記の紹介するサイトでのやり取りを見ているとそのように感じます。

http://dentotsu.jp.land.to/pachinko.html

 パチンコ産業も不況で経営が苦しいと聞きます。しかし、繁盛している店もまだまだあります。このパチンコ産業がどれほど日本の社会を毒して来たのか。

 そのことを一切マスコミは伝えようともしません。パチンコは韓国では全面禁止されていることは前回お伝えしました。全面的な禁止にすぐに乗り出せなくとも規制を強め、徐々に衰退の方向にもっていかねばならないでしょう。

ニコニコ動画 御手洗は即刻辞めろ!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6190069

 

ブログランキング 

↑↑
ブログランキング応援クリックお願いします。

〜新風連ブログ〜

新風連



 

http://www.murayamadanwa.com/ 

  
Posted by the_radical_right at 16:56mixiチェック 外国人参政権問題・在日