2012年09月30日

9・29反支那デモと池袋治安パトロール


 9・29反支那デモと池袋治安パトロール

 池袋の街頭を日の丸愛国者が制圧

ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 昨日の反支那(中国)デモには450名以上の行動する保守運動の参加者がありました。私は参加出来ませんでしたが、弟子の有門大輔氏が管理する同和・カルト特権を許すな!ネット連合ブログの報告記事や送られてきた写真などを紹介してまいります。

 今回のデモは『在日特権を許さない市民の会』の主催で行なわれました。

 t02200293_0240032012211923879t02200293_0240032012211926834

 参加者にデモに先立って挨拶を行う桜井誠会長と八木副康洋会長。支那人マフィアが暗躍し、都心においては支那人の居住が一番多いと見られる池袋からの支那人追放を宣言して始まった。

 「この池袋こそは在日シナ人(中国人)の中で最も悪質なシナ・マフィアの巣窟となっている! この池袋でこそ日本人の怒りが示されるべきなんです! この池袋でこそシナ人の排斥を宣言する!」 桜井会長


 今回のデモへの協賛団体や活動家の挨拶が後に続きました。

aRIMG0073aRIMG0086aRIMG0090

aRIMG0106t02200293_0240032012211926819

 協賛団体として最初に、『日本の自存自衛を取り戻す会』の金子吉晴代表よりご挨拶。

「自民党で安倍新体制が発足しましたが、副総裁にはついこの間、シナに行ってヘラヘラしていた高村正彦がなりましたよね。この一事を以って安倍・自民党はシナとやり合うつもりはありません、シナには逆らいませんと宣言したも同然です! こんなものは全然話になりません!

 『日本女性の会 そよ風』の涼風由喜子会長より

池袋の商店街組合会長のもとを訪れた時の話より、ごく僅かな期間で商店街会長が池袋の在日シナ人に篭絡されたことなどが話されました。

 NPO外追代表の有門大輔(=同特連代表=)からは、池袋におけるチャイナタウン計画が排害社(現在は『新社会運動』に発展的解散)による定期的な清掃奉仕活動が多少なりとも牽制になったことを所轄・東池袋警察署の署員も認めたことなどが紹介される。

 若手ホープ・金友隆幸氏(元『排害社』代表)から挨拶。

「シナの侵略には暴力で立ち向かうしか手はない! この暴力もろくに肯定出来ないような馬鹿が日の丸を持つから日の丸が穢れるんだよ! 乱暴な言葉はいけない? 差別的な言葉はいけません? アホかいな! 暴力を肯定してこそ初めて国が守られるんだよ!」

外国人参政権に反対する会』より村田春樹氏。

「今日は靴にシナとの友好のステッカーを貼ってきました。野良犬に舐めさせてやろうと思ったら小便をかけられた。野良犬にまで馬鹿にされるのが日中友好なんてものなんですよ。

南京大虐殺とか日本の在りもしない戦争犯罪を書き立てているのはシナ人じゃない。当の日本人の知識人だか大学教授が書いて勲章までもらっているのが今のご時勢です。私はね、シナ人が日本人に対して何をやろうが、奴らは獣(けだもの)なんだから当然のことだと思っています。問題は、日本人がシナに与してあらぬことを書き立てて日本を売っていることなんですよ! それを自民党政治の時代からずっと繰り返してきたんですよ!
こんなんで自民党政権に復活したら、また1千万人移民の受け入れ・・・なんて必ずやり出しますよ!」

以上・・・・
同特連サイトからの転載です。

 RIMG0226RIMG0210RIMG0163

 デモの参加者は前に進む度に増えていったそうです。あれだけ支那大陸で日本企業が略奪や放火に遭った訳ですから当然です。また、国連における支那の「尖閣を日本が盗んだ!」などという演説に反発した人が多いという証左でもあります。

 今回は名前を隠した日本のテレビ局や支那の放送局の取材が目についた。

 RIMG0201RIMG0190RIMG0152

RIMG0454RIMG0127RIMG0198

 支那の放送局の女性スタッフがデモ隊の脇でレポートしていました。「反支那・愛国無罪!」とでも伝えたのでしょうか。

 デモが終了した後は直ちに支那人犯罪者の巣窟である池袋中心街へのパトロールへと移った。

RIMG0441RIMG0452RIMG0447
写真の説明 
池袋西口で違法看板を発見した桜井誠氏が池袋署員に撤去するように摘発している図
池袋署ではなく本庁公安3課が看板をビル内に運んで事を収めている図
その様子を撮影する、局名を明らかにしない謎のTVクルー
その一部始終を撮影する所属不明のTVカメラ、果たして報道はされるのだろうか?


RIMG0472RIMG0464RIMG0456
支那人売春婦が路上で客を拾うなという日本警察が設置した支那語の看板、日本人には難解な漢字が使われている
さらに違法設置の看板を発見し撤去を求める桜井氏
池袋パトロール終了、解散地点に集まる反中共愛国者

 参加された皆様本当にご苦労さまでした。

ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

里芋と落花生を販売しています。

 画像瀬戸氏農作物 370画像瀬戸氏農作物 237

 里芋は3キロ  1500円 完全無農薬・有機栽培の商品です 料理用の出汁がついています。

 落花生は
 1キロ   1500円 完全無農薬・有機栽培の商品です

※落花生ですが、完全な乾燥物とは違います。乾燥したものは軽くなるのでこのお値段では販売できません。生の状態と思ってもらえればいいです。食べ方はそのまま塩でゆでて食べます。手元に届きましたら早めにゆでて食べて下さい。

愛知県内 500円 関東・信越・北陸・東海・近畿 600円

東北・中国・四国 700円 九州 800円 北海道 1000円 沖縄
1100円

※尚、これは一箱の価格ですが、二箱、三箱でも送料は同じとさせて頂きます。当方の負担としてサービスします。

  

ご注文は下記のメールへ 

fukushimaseto@gmail.com



東京都台東区東上野6−10−7金子ハイツ401 
せと 弘幸
TEL03−5830−7473/090−3347−5720

  

Posted by the_radical_right at 06:33mixiチェック

2012年09月29日

創価公明党で地殻変動の兆し


 創価公明党で地殻変動の兆し

 池田大作不在の中で進行する創価離れ。

 ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。  

 創価公明党の内部情報はなかなか外には伝わりにくい。閉鎖された特殊な世界であるからです。自民党や民主党の代表選挙が4人〜5人で争われたのに、公明党は無投票で山口氏が再選された。

 これまで結党以来、ただの一回も複数候補で代表者の選挙が行なわれた事がない。普通一般の社会から見れば、極めて異常な世界と言うべきでしょう。どのようなシステムで誰が代表者を選んでいるかも定かではありません。

 と言うのも、これまでだったら池田大作の鶴の一声で決定しましたが、その池田も信者の前に顔を見せなくなってから久しい。いくら権力を持っていようが人間には最後には等しく老いというものが襲ってきます。

 誰しもがこの運命から逃れることは出来ない。創価学会も遠からず池田大作の死去、そして新たな後継者の選出という事態を迎えることになります。言ってみれば公明党の代表選挙などはどうでも良いのです。

 この巨大なカルト創価学会の新しい指導者が誰になるのか? その時にどのような混乱が起きて分裂するのか、今まさに注目すべきはその一点にこそあるわけです。

 さて、創価公明党は全国に3000人からの議員を擁し、その議員は創価学会と一体であり、総体革命などという日本乗っ取りの野望を抱く極めて危険な存在です。しかし、その実態は外から見ていても正直分かりませんでした。

 彼ら地方議員がどのような考えで活動してるのか? 我々にとっては不気味な存在であり、これ以上増えることへの危惧の念は高まるばかりです。
 『政教分離を求める会』は国会の場ではなく、各地方自治体の場においても同じような懸念を抱き、組織が大きくなれば地方でも活動したいと考えています。

 CCF20120928_00000

 今回、このような本の贈呈を受けました。この本を見て驚いたのはかつて地方議会で公明党の所属議員として活躍していた人達が創価公明党に決別宣言して、いや、決別どころか逆に告発に転じているという事実でした。

 これまでだったらその数は極めて限られた人数しかいませんでしたが、今回のこの本にはこの「創価学会・公明党を糺すOB有志の会」に名前を連ねている人は総計で71名にも上っています。

 その内、県会議員関係者だけでも10名以上になります。これは驚きでした。一般の会員ではありません。公明党の議員を長く務めた人であり、彼らはその地域の名士でもあり創価学会の幹部として信者から慕われて来た人ばかりです。

 元議員だけではありません。なんと4名の現職の地方議員もおりました。これは全く私の予想外の事で驚きました。創価公明党と言えばピラミッド型の組織で、上からの指令は絶対で統制が取れ、一枚岩で決して崩れることがないと思っていましたが、どうもそうではないようです。

 今、急速に内部において地殻変動が起き始めているようです。見えない部分(地下)ではマグマが一斉に吹き出し、それが地表を破って表の世界に出ようとしているようです。それもそう遠くないと見ました。

 創価公明党の内部崩壊は確実に進んでいることがこの本の内容から伺えます。この単行本には20名からの方が寄稿していますが、至って真面目な本です。

 スキャンダラスな事は書かれていません。殆どの人が創価学会が本来の日蓮の教えに背き、池田独裁への動きを強める中で、創価学会というものに対する疑念と失望を深めていくさまが、一人ひとりの思いとして綴られています。

 このような組織的な反創価学会の動きが内部から吹き出したことに注目します。政教分離を求める会は今後、このような創価公明党と決別した元地方議員の声なども聞きながら、運動を更に拡大していくつもりなので皆様の参加を呼びかけます。
 
 政教分離を求める会は皆様の寄付(カンパ)によって運動がなりたっております。発足から9月中旬までの寄付金の総額とその使途の詳細をサイトで公表しております。

 ご支援頂いた皆様の暖かい気持ちを忘れずに、更に邪宗・創価学会への戦いに邁進する覚悟ですのでよろしくお願い申し上げます。


★日本の心を学ぶ会主催の勉強会のお知らせ。

第二十六回日本の心を学ぶ会のお知らせ演題 

 『日本と支那はどう違うのか—中華帝国主義について』

 今日、我が国は内憂外患交々来たると言った状況です。
外患の最たるものは、共産支那による我が国に対する圧迫・主権侵害・侵略策謀です。
これをどう打開と撃退するかが、最大の課題です。そのためには、支那という国の本質について正しい認識を持たねばなりません。

今月は、「中華思想」「中華帝国主義」とは何か、日本文化と支那文化の根本的違い、さらには神武創業の肇國の回帰し現代を変革する日本の維新と天命を改める支那の易姓革命との違いなどについて考えたいと思います。

神國日本は、中華帝国主義にどう対峙すべきか、今日の国難をどう切り開いていくべきか。
共に学んでいきましょう。

多くの方々のご参加をお待ち申し上げます。

 
【日 時】 平成24年9月30日(日)開場午後3時 開会3時5分より

【場 所】新橋生涯学習センター ばるーん 202号室 東京都港区新橋3−16‐3
     JR新橋駅下車烏杜口徒歩3分地下鉄浅草線・銀座線・ゆりかもめ:新橋駅下車4分

【演 題】『日本と支那はどう違うのか—中華帝国主義について』

【講 師】四宮正貴先生 四宮正貴政治文化研究所
     鷂郵姐 せと弘幸Blogu 『日本よ何処へ』

【司会者】渡邊昇日本の心を学ぶ会 代表

【参加費】資料代5百円終了後近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)

【連絡先】日本の心を学ぶ会事務局 埼玉県川口市安行藤八33-13 

電話090-8770-7395

※当日は午後1時よりパチンコ廃止を求める会第3回運営会合があり開場は午後2時55分まで予定しています。

現在登録会員は120名となっています。今後ともよろしくお願いします

index-bnr

 ホーム  寄付のお願い  運営ブログ  掲示板  入会申し込み  お問い合わせ  リンク 



カルト創価公明・速報
 



 
ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

里芋と落花生を販売しています。

 画像瀬戸氏農作物 370画像瀬戸氏農作物 237

 里芋は3キロ  1500円 完全無農薬・有機栽培の商品です 料理用の出汁がついています。

 落花生は
 1キロ   1500円 完全無農薬・有機栽培の商品です

 ※落花生ですが、完全な乾燥物とは違います。乾燥したものは軽くなるのでこのお値段では販売できません。生の状態と思ってもらえればいいです。食べ方はそのまま塩でゆでて食べます。手元に届きましたら早めにゆでて食べて下さい。

 
愛知県内 500円 関東・信越・北陸・東海・近畿 600円

東北・中国・四国 700円 九州 800円 北海道 1000円 沖縄
1100円

※尚、これは一箱の価格ですが、二箱、三箱でも送料は同じとさせて頂きます。当方の負担としてサービスします。

  

ご注文は下記のメールへ 

fukushimaseto@gmail.com



東京都台東区東上野6−10−7金子ハイツ401 
せと 弘幸
TEL03−5830−7473/090−3347−5720

  
Posted by the_radical_right at 05:27mixiチェック

2012年09月28日

安倍政権誕生で期待される景気回復


 安倍政権誕生で期待される景気回復

 安倍政権時代の株価は18000円

ブログランキング ブログランキング応援クリックお願いします。

「安倍首相誕生なら1ドル=100円手前までの円安、日経平均1万2000円回復も夢ではない」 市場関係者の反応

    次の首相になる可能性もある安倍氏について経済政策の転換が注目されている。“上げ潮路線”への再チャレンジで、株安・円高・デフレを脱却できるのか、市場関係者の見立ては−。安倍氏は経済成長重視や積極的な金融緩和政策を主張、日銀の責任を明確にする法改正も視野に入れている。

    「前回の安倍政権で小泉政権の経済成長を引き継いだ経験が市場で好感されると株価や為替に良い影響が出るだろう」と評価するのは三菱UFJリサーチ&コンサルティングの片岡剛士氏。

    安倍氏は2006年9月から07年9月まで首相を務めたが、日経平均株価は就任時の1万5557円から07年2月に1万8300円まで上昇、 退任時は1万6435円だった。就任時より退任時の日経平均が高かったのは2000年以降に発足した政権では小泉政権と安倍政権だけだ。為替も1ドル=111〜124円の幅で推移した。

    SMBCフレンド証券シニアストラテジストの松野利彦氏は「安倍首相誕生」を前提に「成長重視で消費増税中止も想起され、円安・債券安そして株高が考えられる。第2次小泉内閣終盤の05年初めから安倍政権の07年半ばにかけて円は約2割下落、株価が約5割上昇したことから、ドル円は1ドル=100円手前までの円安、日経平均1万2000円回復も夢ではないだろう」と予測する。

    もっとも、安倍氏の総裁選勝利が決まった26日午後の日経平均はさえないままで為替も無反応だった。
    第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏は、「安倍氏が上げ潮だから日銀がその通りの政策をやるという単純なものでもない。 政調会長などの人事を見極めたい」と指摘する。

    また、「財政を支出して積極的に公共事業をやるということにはならないかもしれない」とクレディ・スイス証券チーフ・エコノミストの 白川浩道氏は金融政策に軸足がかかりすぎることに懸念を示す。「上げ潮路線が国民に受け入れられるか、市場はまだ織り込めない。 自民党の支持率をどれだけ上昇させられるかが一つの目安になるだろう」(白川氏)

    期待はあるが、問われるのは実行力といったところか。

ソース 夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20120927/inv1209271211002-n1.htm

 安倍氏と言えば外交・防衛問題ばかりが論じられその事が評価されていますが、国民の期待としては経済の分野でも高まっています。安倍政権時代は株価は18000円。円の国際相場は123円でした。

 民主党政権には全く経済政策というものが感じられなかった。国民へのバラマキ政治だけが先行し円安に対する対策は皆無でした。その結果の日本は経済はガタガタになってしまいました。

 私は経済のほうは余り得意ではないので、一昨日頂いた純日本人会の栗原茂男代表からのメールを紹介しながら進めてまいります。栗原氏は下記のような経済塾の幹事も務めておられ、経済問題に精通しております。

平成24年10月度 『 丹羽経済塾 例会 』 の御案内

日 時   :  10月14日(日) 17:30〜 19:30(受付17:15)

テーマ   :  「ばらまき!」と誹謗されないケインズ的政策パラダイムは?
            -----静態乗数分析 対 動態乗数分析-----

参加費  :  2千円( 学生は無料 : 受付でお申し出ください)             

会 場 : 四谷区民センター( http://bit.ly/MLv6nP )11F 第4集会室
      東京都新宿区内藤町 87  電話 03−3351−3314  
      地図  http://bit.ly/QKG2X1

    幹事 : 栗原茂男


 こちらが一昨日栗原氏から頂いたメールです


貿易赤字が話題になっています。
通常、産業の国際競争力が弱いと輸入が輸出が上回って貿易収支は赤字になり勝ちです。
ではここのところ貿易赤字が続く日本は産業の国際競争力が弱っているのでしょうか?

赤字が出ていると言う事は結果としてそうなのですが、国際競争力が弱るというのは技術が劣化して弱る場合と為替相場が不当に上がる場合とあります。
現今の日本の場合は技術力が劣化したからでは決してなく円が高くなり過ぎであることが数値で説明できます。

財務省発表のこちら↓のページの貿易収支の「E 行」をご覧下さい。
------------------------------------------------------------------------
国際収支
http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/bp_trend/bpnet/sbp/s-1/s-1-1.csv
------------------------------------------------------------------------

貿易収支が平成20年、西暦2008年から急激に悪化しているのが判ります。そして昨年平成23年は赤字転落です。

その間の円ドル相場を見てみます。2008年から毎年10円単位くらいで円が上がっています。
------------------------------------------------------------------------
東京外為市場における取引状況(2002年中)  円ドル相場;125円14銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2002.htm/

東京外為市場における取引状況(2003年中)  円ドル相場;115円94銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2003.htm/

東京外為市場における取引状況(2004年中)  円ドル相場;108円17銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2004.htm/

東京外為市場における取引状況(2005年中)  円ドル相場;110円21銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2005.htm/

東京外為市場における取引状況(2006年中)  円ドル相場;116円77銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2006.htm/

東京外為市場における取引状況(2007年中)  円ドル相場;117円31銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2007.htm/

東京外為市場における取引状況(2008年中)  円ドル相場;103円39銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2008.htm/

東京外為市場における取引状況(2009年中)  円ドル相場;93円60銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2009.htm/

東京外為市場における取引状況(2010年中)  円ドル相場;87円75銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2010.htm/

東京外為市場における取引状況(2011年中)  円ドル相場;79円76銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/ex2011.htm/


そして昨日2012年9月26日 ; 77円74銭
http://www.boj.or.jp/statistics/market/forex/fxdaily/2012/fx120926.pdf

------------------------------------------------------------------------

これでは日本企業の国際競争力が下がって当たり前です。
ただ日本は対外純債権が世界最大なので利子配当の所得収支(「 I 」行)が大幅黒字で貿易収支の赤字を補っています。

こういう場合日本の執るべき政策は貿易収支は当面気にせず、国内景気を良くすることに全力を上げるべきです。

こちら↓のページの中頃、【 年次GDP実額  名目470.0兆円時系列データ(CSV形式:7KB)】をクリックして開くと、
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html

「 B 」行がGDPです。#が並んでいる箇所にカーソルを合わせると数字が見えます。なるべく見せたくないかのようです。

「実質」は製品の「実際の価格(つまり名目の価格)」より品質が上がっているので本当はこのくらいの価値が有るという理由で現実の売買価格より高い価格で日本中の商品の価格を推定して発表しているのです。
しかし、我々巷で仕事をしている者にとっては実際の取引金額こそ現実なのですが、政府の発表は参考数値であるべき「実質」を強調します。

ところで話がずれましたが、円相場を下げるには如何すれば良いかですが、一番手っ取り早いのが政府による為替介入です。現在世界中の国々がやっています。やってないのが日本だけと言う印象です。それどころか、人民元が上がるのを守る為に必死で為替操作をし、余った外貨をなるべく海外に預けたい中国政府は日本政府の政策は大変ありがたいことだと思います。
何しろ経常収支が大幅黒字進行中で対外純債権はダントツ世界一で、カネを預けるのこんなに安全な国は無い。
そんな日本国政府は日本国債を外国の皆様、是非買ってください!という政策を執ってくれているのですから。

従来言われて来たのが、日本政府の国債は大半が国内で消化されているので、何も問題はないでした。ところが今後難しい対処を迫られる外国人(個人、法人)保有を積極的に進めているのです。
しかも中国は外貨が減って、人民元高圧力を減らすことが出来、日本政府への圧力のカードを手に出来るのですから一石二鳥の政策を日本政府が執ってくれているのです。

日本政府が取るべき経済政策は投資情報官制度を即刻廃止し、大規模な財政政策を行なう。
財源は [ 国債発行 → 日銀迂回引き受け ]でも構いませんが、最善の政策は既に利用されている政府貨幣の大規模利用です。

そんなことをすると円の信任が下がると言って反対する人が居ますが、下がるわけないのですが、百歩譲って下がるとして、それなら円相場が下がるのですから結構な事。
そんな事言って反対する人は、経済が全く判らないのに知ったかぶりをしている人という印象です。

ハイパーインフレを言う人も可笑しな事を言う人達。
マネサプライが増えても流通速度が遅ければ物価は上がりません。そして日本は今、そんな状態です。通常の3倍くらいのお金が市場に出回っているのに、ハイパーインフレどころかデフレ継続中です。これを如何説明する?

ハイパーインフレを口にする人に尋ねても皆さん、キョトンとして答えません。答えられないと言うより、ご自分が言ってる事がどういう意味かが解らずに聞きかじった事をオームや九官鳥の如く口にしているだけという印象です。

ケインズ乗数は現代が乗り越え不可能な経済学の公式。理論的に否定できればノーベル賞をいくつ貰っても余るほど。そうであるのに、乗数理論を知らないかのごとく経済を語り(多分本当に知らない)、財政政策を否定する人達が日本経済を縮小させてきました。その罪の深さは計り知れません。

日本経済が縮小する過程で技術者と共に技術が流出し、世に出るべき革新的新製品が販売予測が立たずに日の目を見ず、良い技術が埋もれたまま、という事態が無数にあると思われます。
経常収支の黒字は裏返すと、経済学理論では、貯蓄超過。日本人はせっせと働き、稼いだカネは返す気のない外国へ貸し出す。技術も外国へ垂れ流し。

公共工事悪玉論、撲滅論を振りまいてきた人達が経済苦による「自殺者(本当は大部分他殺?)」年間3万人以上を作り出してきたことは間違いないと思います。

 栗原茂男 以上

 栗原氏から定期的にこのような経済に関するメールを頂き感謝しています。民主党政権がいかに円高を放置してきたかが歴然としています。日本の輸出産業はこれでは大きな打撃を受けたことは間違いありません。外国に出て行かざるを得ません。国内は益々空洞化してしまう。

 そこに原発の停止で追い討ちをかけました。慢性的な貿易赤字国に転落です。日本の経済力を削ぐことに熱心だったのが民主党政権であったことは間違いありません。自分の国が危機に立っているのに、支那や韓国に実質的に支援するような馬鹿げたことを採り続けています。

 確かに円高というのは外的な要因などもありますから、そう簡単でない事は分かります。しかし、政府が強い介入の意思を表明し、実際にそれを行なえば、これほどの酷い状態を放置して置く事はなかったと思います。

 748440c518267205d3fa92cf0a759ad2

 今、見ると滑稽以外の何ものでもありません。

「政権交代の経済効果は2兆円超で平均株価は1万3千円突破!」

 こんな事を書いて民主党政権の誕生を朝日新聞社は煽っていたのですね。その朝日は必死で安倍叩きを始めています。まだ選挙の日程も定かでないのに、摩訶不思議な新聞社です。

 今、責任を追及するならデタラメな経済政策で日本を沈没させた民主党政権ではないのか。公務員改革など何をしたのでしょう? 人件費2割削減などと言いながら自治労の大反対にあって結局、何も出来ていません。

 税金を上げるなら、真面目に公務員改革に取り組まねばなりません。福祉や社会保障でお金がかかるのは分かりますが、だったらそこにもメスを入れるべきです。生活保護費でパチンコをやっているような実態を先ずはなくさねばならない。

 公明党が議席をたくさん有する地域では、生活保護を受けている世帯の4分の1は創価学会員だという指摘もあるくらいです。もっと不正受給の実態解明を図らねばなりません。無駄遣いがハンパでなく行なわれています。

 安倍新総理に対する国民の期待は高まる一方ですが、反日勢力の攻撃も激化するでしょう。とにかく一日も早い解散総選挙に追い込むべきです。

 

★農産物販売のお知らせ

山形県米沢特産の丸なすの漬け物

 011

 昨年はグリーマローの漬物も販売しましたが、今年は干ばつの影響で丸なすだけの漬けものになります。大型の瓶にはいって1000円です。

送料は別途頂きます。送料も郵パックで少しお安くなりました。

関東・東京 信越 585円 中部・北陸  730大阪・近畿
800円 
    中国・四国
995円 九州
995円 北海道    730円  

送料は2箱までは上記の価格で送れます。


ブログランキング ブログランキング応援クリックお願いします。

  
Posted by the_radical_right at 07:08mixiチェック

2012年09月27日

反日勢力は言論弾圧でスクラム


 反日勢力は言論弾圧でスクラム

 朝鮮・支那人批判の声を禁じる法的規制を検討


ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。 

関東弁護士会、フジテレビ抗議デモや朝鮮第一初級学校前での民族差別的街宣活動などのヘイトスピーチ規制へ法的検討

【千葉】関東弁護士会連合会は21日、千葉市内のホテルで開いた人権シンポジウムのなかで「在日特権を許さない会」に代表される「ヘイトスピーチ」(憎悪と敵意に満ちた言論)を取り上げた。 シンポのテーマは「外国人の人権‐外国人の直面する困難の解決をめざして」。

 対象となったのはフジテレビに対する抗議デモや京都朝鮮第一初級学校前での1時間以上にわたる民族差別的街宣活動。基調報告に立った三宅貞信弁護士(千葉県弁護士会)はこれらを「現代排外主義」と規定、マイノリティーの尊厳を守る立場から、不特定多数の者の名誉を毀損、または侮辱した者に限って法で規制するべきだと訴えた。

 同弁護士によれば、日本の憲法学界は「表現の自由」との兼ね合いから、刑事罰には慎重な立場だ。「言論には言論で対抗を」といった主張もあり、攻撃を受けて沈黙しがちな当事者にとって、これらが大きな障害となっているという。
(2012.9.26 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=15&category=2&newsid=16440


 このニュースを日本人によって差別されているなどと常に嘘をついて来た韓国人の集まりである民団の新聞が報じていますが、本当に分かりやすい構図です。巨大なパチンコ産業によって巨額な資金を懐にして、それをもとにして芸能界や興行界、IT産業などに進出し、日本の新しい富裕層になった彼らが今一番恐れていることこそ、その実態を暴露されることです。

 だからこそ、在日特権やパチンコ問題、更にはカルト宗教問題を追及する団体の存在が煙たくてしょうがないのでしょう。左翼弁護士と結託して我々の自由な言論活動を法律で規制することを検討し始めたようです。

 人権侵害救済法案などという本当は日本人を弾圧する法案の制定を準備している民主党政権ですから、一日も早く解散総選挙に追い込んで、自民党を圧勝させてこのような動きをストップさせないと大変なことになります。

 この動きは部落解放同盟、在日朝鮮組織(民団・朝鮮総連)、創価公明党、そしてこのような左翼勢力が結託して我々の正当な市民運動や政治運動を封じ込めようとして始まりました。

 もしこのような法案が成立すると一体どうなるか?

1 慰安婦強制連行などは韓国人のでっち上げだと言えなくなる

2 統一協会のようなカルトに騙されて日本人女性が韓国に拉致されて農村で働かされているなどとも言えなくなる

3 韓国人や朝鮮人は違法な賭博であるパチンコで大儲けしているなどと言ったら逮捕されてしまう

4 創価学会は日本国内では竹島は日本領土だと言いながら、韓国では韓国の領土だと言っている
このような事を問題にするだけで告発されて言えなくなってしまう

5 韓国人売春婦は帰れ!朝鮮人は出て行け!と言った途端にデモは解散させられてしまう

 もう、数え切れないほどになるでしょう。彼らに都合の悪いことは全て「民族差別」というレッテルを貼られてしまうからです。言論の自由とは一旦規制されてしまうと勝手に暴走し、問題のない発言まで取り締まりの対象にされてしまいます。

 つまりは<同和、在日、創価、左翼>を反日と言っただけで逮捕されてしまいかねません。そのような恐ろしい法律を法律の専門家で弁護士連中が作ろうとしているのですから、本当に恐ろしい限りです。

 嫌な者は嫌だ! そのように考えて発言することの何処がいけないのか?

 嫌なものを嫌と言えない。そのような社会は共産党独裁の北朝鮮や支那と同じです。

 日本人に恐怖感を植えつけて黙らせようとしているのです。

 パチンコ中毒、カルト創価・統一協会の洗脳、マスメディアを使った扇動、これらにも異を唱えることが出来なくなる、正に暗黒社会となります。

>「フジテレビ抗議デモ」や朝鮮学校前で「朝鮮学校無償化に反対」に逮捕の法的検討を求める

 もう、我々全員が逮捕されます。その内にこの法律は「日の丸」を掲げただけで逮捕されるに変わっていくでしょう。彼らのやりたい放題を見ている訳にはいきません。

★御知らせ

史上最大の反中デモ! 支那反日暴動に怒りの国民大行進 in 池袋


【集合日時】
平成24年9月29日(土) 14:00集合 14:30デモ隊出発

【集合場所】
東池袋中央公園
http://www.city.toshima.lg.jp/shisetsu/kouen_guide/001111.html

【最寄り駅】

東京メトロ有楽町線 東池袋駅下車 徒歩5分
JR山手線 池袋駅東口下車 徒歩10分

必ずプラカードを1枚持参ください!


【主催】

在日特権を許さない市民の会 東京支部

 私は用があって残念ですが、このデモには参加出来ません。皆さん奮ってご参加下さい。現在、普通の日は田舎で農作業と母の介護があり、週末に上京しますが、今週はどうしても仕事で時間が取れません。本当に申し訳ありません。

 
 里芋と落花生を販売しています。

 画像瀬戸氏農作物 370
画像瀬戸氏農作物 237

 里芋は3キロ  1500円 完全無農薬・有機栽培の商品です 料理用の出汁がついています。

 落花生は 1キロ   1500円 完全無農薬・有機栽培の商品です

 ※落花生ですが、完全な乾燥物とは違います。乾燥したものは軽くなるのでこのお値段では販売できません。生の状態と思ってもらえればいいです。食べ方はそのまま塩でゆでて食べます。手元に届きましたら早めにゆでて食べて下さい。

 愛知県内 500円 関東・信越・北陸・東海・近畿 600円

東北・中国・四国 700円 九州 800円 北海道 1000円 沖縄
1100円

※尚、これは一箱の価格ですが、二箱、三箱でも送料は同じとさせて頂きます。当方の負担としてサービスします。

  

ご注文は下記のメールへ 

fukushimaseto@gmail.com



東京都台東区東上野6−10−7金子ハイツ401 
せと 弘幸
TEL03−5830−7473/090−3347−5720

 
ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。  
Posted by the_radical_right at 17:51mixiチェック

琉球新報の支那寄りの記事に驚愕


 琉球新報の支那寄りの記事に驚愕

 共産支那の沖縄侵略の手先として利用される危険性

ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

日中記念式典中止 日中関係の改善の契機になると期待していただけに残念でならない

    中国・北京で27日に開催予定だった日中国交正常化40周年の記念レセプションが中止となった。日本政府の尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化で悪化した日中関係の改善の契機になると期待していただけに、中止は残念でならない。より深刻なのは険悪な状態の出口が全く見えないことだ。
     
    中国の次期国家主席に内定している習近平国家副主席は今月19日のパネッタ米国防長官との会見で、満州事変の発端となった81年前の柳条湖事件以降の「日本の侵略」に言及し、「国際社会は世界の反ファシズム戦争勝利による成果を否定する日本のたくらみを許してはいけない」と訴えた。
     
    これは中国指導部が日本に対し歴史認識を絡めた外交戦を強化し始めた表れと見るべきだろう。
     
    日本政府は1895年の閣議決定や、1952年のサンフランシスコ対日講和条約で日本が放棄した領土に尖閣が含まれていない点などを強調し、尖閣を「日本固有の領土」であるとしてきた。
     
    だが中国共産党の機関紙「人民日報」日本版は24日付の論説で、カイロ宣言とポツダム宣言に照らして尖閣諸島を「日本が中国から窃取した領土」と指摘し、日本が両宣言の国際法上の効力に公然と疑問を呈していると批判した。同論説は、領土問題で国連演説を行う予定の野田佳彦首相もけん制した。こうした主張は明らかに尖閣問題の国際問題化を狙う中国指導部の意向を反映している。

尖閣問題は国際法の解釈や歴史認識も絡み複雑化する雲行きだ。日本政府は状況を直視し、長期的な平和と安定にけた外交戦略の再構築、展開に注力すべきだ。日中両国は静穏な環境で二国間の協議を行い、それでも折り合えないのなら、双方が国際司法裁判所に提訴し、解決策を導き出すことも検討すべきではないか。
 
日中関係の悪化を受け、国内の自治体や民間団体が企画した40周年交流行事も中止や延期が相次いでいるが、こうした厳しい局面だからこそ民間レベルから関係改善を図る逆転の発想を期待したい。
 
両国は72年9月の日中共同声明で恒久的な平和友好関係の確立で合意し、日中関係において「すべての紛争を平和的手段により解決し、武力又は武力による威嚇に訴えない」と確認している。国交正常化の原点に立ち返るべきだ。

ソース 琉球新報 
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-197295-storytopic-11.html


 o0450032610811557129

 支那大陸で反日暴徒が荒れ狂い、日本人を恐怖に陥れてからまだ少ししか経っていない。その記憶も消えないこの時期に、当の沖縄の新聞にこのような記事が出るとは正に驚愕の事態と言って良いのではないか。

 収回琉球 解放沖縄―

の大きな横断幕を掲げたデモ隊、この文字が躍ったデモは実は今回が初めてではなく、以前から見られた。共産支那の政府要人が尖閣諸島は中国の領土であると言い始めた頃からです。その頃から盛んに共産党の機関紙や人民解放軍の機関紙にも同じような主張が出始めました。

 この支那の主張に日本の菅首相(当時)が同調したと報じられたことがありました。本人が否定したので余り騒ぎにはならなかったものの、怪しいものでした。

菅首相「沖縄は独立すればいい」 と喜納前衆院議員が暴露…中国人「菅氏もいいことをいう」と絶賛

中国の大規模反日デモは18日で3日連続の発生となったが、なんと成都市のデモでは「収回琉球、解放沖縄」と大書した赤い横断幕が登場した。「琉球を取り戻し、沖縄を解放しよう」との意味で、かつて中国の属国だった琉球を独立させ、沖縄本島を支配下に組み入れようというのだ。その下地になっているのが、菅直人首相(64)が昨年9月に行った「沖縄は独立すればいい」との売国発言。中国のネット上では「菅氏はいいことを言う」ともちきりだ。

沖縄は日本のものでないから、昔のように中国の朝貢国に戻し、支配してしまおう−。こうした暴論を勢いづかせているのが、菅首相が唱えた「沖縄独立論」だ。この発言を暴露したのは、民主党の喜納昌吉前衆院議員(62)の著書「沖縄の自己決定権−地球の涙に虹がかかるまで」(未来社)。菅首相は、副首相兼国家戦略担当相だった昨年9月、喜納氏から米軍普天間飛行場の移設問題を問われると、「基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」と漏らし、最後は「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放ったという。

この発言が明らかになった今年6月以降、中国のネットサイトには、「菅氏もいいことをいう」と称賛する声や「沖縄は一度独立させ、中国の属国にしよう」といった意見が寄せられるようになった。

実際、最近の中国世論は、沖縄奪還論であふれている。複数のネットサイトに「明の属国だったが、17世紀に薩摩藩が軍事侵攻し、明治維新で日本政府が琉球王朝を廃止した」と、日本の主権には正当性がないかのごとき書き込みがあるほか、有力紙の環球時報も9月「沖縄はもともと日本の領土でない」と主張。香港の「亜州週刊」も今月3日、中国漁船衝突事件を引き合いに、「尖閣の主権を争うなら、沖縄の帰属問題も議論すべきだ」とふっかけた。

そして、今回の反日デモでも、菅発言の足下を見透かしたように、沖縄を中国のために「解放」するよう求められる始末。「解放」という名の侵攻予告を、沖縄県民はどう思うのだろうか。
http://www.zakzak.co.jp/ニュースより

 尖閣諸島への支那漁船領海侵犯事件の頃ですが、支那ではこのような主張が繰り返されるようになりました。これら一連の動きから支那が本気で尖閣のみならず沖縄そのものを獲りに来ていることは明らかです。

 このような深刻さを増す中での琉球新報の記事には戦慄さえ覚えてしまいます。支那が言っているような主張には何ら正当性がないことを昨日書きましたが、当の沖縄における新聞社がこのような体たらくでは心配になってしまいます。

 さて、話は極論になりますが、下記のような文章が弟子の有門大輔君のブログに掲載されていました。

>いっそ日本の戦後史を逆行させて沖縄全土をアメリカに再統治させる(もしくは米州に編入)。 

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51858799.html

 人によっては国賊論のように感じた人も多いと思います。沖縄返還は日本民族が一丸となって取り組んだ運動でした。この沖縄返還で米国と交渉したのは佐藤栄作首相でしたが、1965年8月19日、佐藤栄作首相は現職の総理大臣として戦後初めて沖縄を訪れました。

 この時、那覇空港での歓迎式典で、「沖縄の祖国復帰が実現しない限り日本の戦後は終わらない」との歴史的メッセージを発した佐藤氏は、
「私たち国民は沖縄90万のみなさんのことを片時も忘れたことはありません」とも語りました。沖縄返還は正に日本民族が一丸となって推し進めた祖国復帰運動でした。

 故に沖縄を米国に逆返還するなどはありえない話なのですが、敢えてこれを私のブログでも紹介する理由が一つだけあります。

 それは沖縄が日本に返還されることになっても、沖縄の基地は存続し続けるといった引き換え条件があったという事実です。もし米軍の全面撤退を求めれば沖縄返還などなかったのも歴史の真実なのです。

 米国は沖縄の米軍基地が存続できない事態になれば、日本政府の意向に関係なくこれを使い続けることもあり得るという事です。つまりは日本に左翼政権が出現して沖縄を勝手に独立させようとした時には米国が黙ってはいないという事なのです。米国が沖縄の独立=支那の属国化を許すはずもありません。

 共産支那が沖縄解放・琉球独立などと言っても、それは軍事基地のない沖縄では絶対にないのです。彼等は米軍に代わって、今度はそこに人民解放軍の軍事基地を持とうとするでしょう。沖縄とは地政学的に重要な場所だからこそ、米軍もそこに基地を置き、それ故に支那人民解放軍もそこに狙いを定めて来ています。

 そのことを沖縄の人も知っています。確かに沖縄の人に軍事基地などで多くの負担を強いてきたことは事実です。しかし、沖縄と日本は一体であり沖縄がなくなれば日本民族も存在出来ない。運命共同体であることは紛れもない事実なのです。

 過去の記事から紹介しておきます。
2006年11月17日

 沖縄の地政学上における重要性は、もう改めて述べる必要もないでしょう。

【地政学】とは一つの民族や国家の命運を、地理的空間やその地理的条件から説明しようとする学問です。


 沖縄本島を中心として九州から台湾にかけた南西諸島は、東シナ海と太平洋を画する戦略要衝であることは、地政学からも軍事戦略上も最も重要な防衛ラインであることは言うまでもありません。

 この地域で共産支那(中国)は活発に動き、我が国の領海を侵犯、或いは排他的経済水域の境界線付近では、海底油田の開発を始めています。

a19125f9.jpeg 東シナ海における緊張は高まるばかりで、自衛隊は空と海から毎日警戒態勢をとり続けています。まさに日本の将来にとって最も危険な地域となったわけです。

 このような戦略価値が増す一方の沖縄ですが、日本政府の対応は極めて不十分で満足のいくものではありませんでした。私はそのことについて早くから指摘して来ました。

 だからこそ、あの選挙で自民党が圧勝した、その浮かれた状況の中でも敢えて異議を唱えさせて頂いた訳です。しかし、当時のブログはまだ始めて間もなく見る人も少なかったので、10日に過去ログとして投稿させてもらっています。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51178052.html

 沖縄は先の大戦において、最も大きな被害を受けました。そのような不幸な過去があります。よって、その後遺症とも言うべき反戦思想が根強く残っているのも事実です。

 しかし、そのような中での自衛隊の活動が現在沖縄の人たちの理解の中で進められ評価が高まってきました。それは不発弾の処理です。あまり大手マスコミは取り上げませんが、地元の人達から称賛されています。

 沖縄に駐屯する陸上自衛隊第一混成団の不発弾処理班が、今年9月26日に設立以来、無事故で一万回の出動を達成したのです。沖縄の本土復帰直後、自衛隊は招かれざる客人でした。

 冷たい視線を浴びせられ買物さえもままならぬ時代も続きましたが、今このような地道な活動によって、沖縄においては絶大な信頼を獲得してきたのです。

 今回自民党が沖縄で敗れることは、中国軍の更なるこの東シナ海における膨張を許すことになる。その意味から今回の選挙は絶対に負けることは許されない。

 そのための秘策はあるのか? それは安倍総理が再度誠実に沖縄県民に訴えるしかないだろう。現在の問題の最大の課題は普天間飛行場の移設と沖縄振興策である。

 この二つを正面から正々堂々と訴えて沖縄県民に問いかけるしかない。稲嶺前知事時代から、この問題を話し合う協議会が設立され開始されてきた。

 地元は当然ながら振興策の担保を要求、それを優先させることから交渉を始めようとした。しかし、政府は移転計画と振興策の同時進行で微妙な食い違いが発生し順調に進んでこなかった。

 そのような微妙な相違で動きがスムーズに行かず、結局は今回の知事選の様子見となってしまった。政府は今回の知事選の結果が全ての鍵であるとしている。

 私はそのような進め方には断固反対する。先ずは沖縄の振興を何よりも優先すべきだ。それは日本国家存続のための死活的条件である。

 仮にどのような選挙結果になろうとも、駆け引きのようなことはすべきではない。選挙結果の如何に関係なく、或いは移設計画の進展に関係なく、沖縄振興に取り組むべきである。

 沖縄振興策の一つに沖縄特産であるサトウキビから、自動車燃料にも使える「エタノール」を生産する構想がある。これは景気回復が進まない北海道などでも検討され始めた。

 しかし、当の石油業界はこれに反対して先般声明を発表していた。自分達の既得権益が侵されるとの、いつもの業界の反対活動である。

 私は政府に進言したい。沖縄振興、日本農業の再生につながる「エタノール」生産を早急に推し進め、それを石油業界に販売することを義務付けよ!

 沖縄を守る!そして日本を守る決意を示さなければならない!

以上


桃(黄貴妃)の販売は27日で締め切ります。


20120913103500002012091309380000

左上が贈答用3キロ、右上が自家用の5キロです。

自家用は小振りで表面に
桃のせんこう病でポチポチが着いていますが、皮をむけば中迄は着いてはいません。昨年は販売する量がまとまらなかったのですが、今年はこの病気が蔓延し自家用が確保出来ました。

この桃の品種は「黄貴妃(おおきひ)」と言います。これは袋をかけて育てます。太陽の光が当たらないので、赤くはなりませんが、袋の中で育つので外の空気に触れることのなく、微細で柔らかな桃が出来上がります。

この桃を栽培している農家のサイトなどを見ると次のようにその特徴が書かれています。

桃なのに南国フルーツの香りが!

「マンゴーピーチ」と呼ばれる幻の桃!

昨年も好評でしたので今年も販売いたします。予約受付中です。

「黄貴妃」 贈答用 3キロ 3000円(送料別)2箱でも送料は同じです。

昨年までは贈答用しか取り扱いしませんでしたが、
今年は家庭用も

取り扱い致します
。家庭用は5キロ箱で2500円とさせて頂きます。


関東・東京 信越 585円 中部・北陸 730大阪・近畿 800円

中国・四国
995円 九州 995円 北海道  730円



リンゴジュースの販売の御知らせ。(ジャムは14個ほどしか在庫はありません)

 

リンゴジュースも在庫は60本ほどです。


20120514102800002012051511240000

 

ジュースは2本で1300円とします。(送料は別途)

 

関東・東京 信越 585円 中部・北陸 730大阪・近畿 800円

中国・四国
995円 九州
995円 北海道 730円


ご注文は下記のメールへ 

fukushimaseto@gmail.com


東京都台東区東上野6−10−7金子ハイツ401 
せと 弘幸
TEL03−5830−7473/090−3347−5720

 


ブログランキング ←ブログランキング応援クリックお願いします。

  
Posted by the_radical_right at 07:23mixiチェック