2013年06月30日

安田浩一氏の変節と主張への反論


  安田浩一氏の変節と主張への反論

  ネトウヨ騒ぎたいだけ・ストレス発散の場所としての新大久保

 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

005955 安田浩一氏「最近のネトウヨ騒ぎたいだけ。新大久保デモも彼らのストレス発散の場所になっている」

今年に入って東京・新大久保を始め、全国各地で在日韓国・朝鮮人に対する排斥デモとヘイトスピーチ(憎悪発言)が拡大している。

 ネトウヨ(ネット右翼)たちを排外運動に駆り立てるのは、「在日コリアンが自分たちの権利を奪っている」という“危機感”である。 その動機は欧米でも起こっている、移民や外国人の排外運動と一見すると共通しているように見えるが、日本のそれとは根本的に違う。

 評論家の呉智英氏が喝破する。
「ヨーロッパでは失業率の高い国で排外運動が盛んです。たとえばスペインでは大卒でも定職に就けない人が5割を超えるため、 “移民に仕事を奪われている”という切羽詰まった意識があり、失業者から移民に対するヘイトスピーチが問題になっています。 しかし、日本の失業率はそれよりはるかに低い。選ばなければ仕事は十分にあるわけで、そこはヨーロッパとは決定的に違う」

 実際、ネトウヨデモの参加者には安定した職業の人たちも少なくない。さらにいうならばネトウヨの活動の動機でもある 「在日特権」はもはや都市伝説レベルといってもいい。

 たとえば、ネット上では以下のような“特権”が流布している。

・NHK受信料が無料 ・水道料金の免除 ・自動車税の減免 ・公営交通の無料乗車券交付
・マスコミの優先採用枠 ・公務員への優先雇用  もちろんすべてありもしないデマである。

 それまで多くのネトウヨたちを取材してきた『ネットと愛国』(講談社刊)などの著書があるジャーナリストの安田浩一氏も呆れていう。 「ただ騒ぎたいだけなんです。とくに最近の運動は『娯楽』の要素が強くなっている。以前は内容には共感できませんが 、“権利を取り戻す”などの危機感があった。それが今は騒ぐこと自体が目的のようになっている。現実に、 先日の新大久保デモでは主催者の名前を冠に『祭り』とも表現されていた。ただ彼らのストレス発散の場所になっているだけです」

※週刊ポスト2013年7月5日号 NEWS ポストセブン 6月29日(土)7時6分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130629-00000006-pseven-soci

 今回の週刊ポストの記事を読んだ訳ではない。あくまでもこのネットで書かれている安田氏の言葉だけしか知らない。よって他にも何か書いているかも知れませんが、ここに紹介されている言葉を彼が喋ったとすれば、それはやはり彼は変節したとしか私には思えない。

>ネトウヨ騒ぎたいだけ。新大久保デモも彼らのストレス発散

 この根拠を彼は、主催者の名前を冠に『祭り』とも表現されていた・・・ことで説明しようとしていますが、実際にデモの隊列を向かい側から見ていた彼が果たして本当にそれだけだと思ったのでしょうか?

 もしも、本気でそのように感じ、そしてそのように思ったとしたら、残念ながら彼はこれまでの社会の底辺部を見続け、そこから権力側を撃つという、そのジャーナリストとしての魂を消失してしまったとしか見えない。

 6月30日のデモに集まる老若男女もまたそんな祭り気分に浸りたい為に参加すると思うなら、その目で今日しっかりと見届けるべきです。安田氏は『在特会』の運動に参加している若者を自らの著「ネットと愛国」の中で次のように述べていた。

「社会への憤りを抱えた者。不平等に怒る者。劣等感に苦しむ者。仲間を欲している者。逃げ場所を求める者。帰る場所が見つからない者。−そうした人々を、在特会は誘蛾灯のように引き寄せる。いや、ある意味では『救って』きた側面もあるのではないかと私は思うのだ。」9在特会に加わる理由(355項)

 そこには社会派ライターとしての神髄が見えた。少なくとも左翼ではあるが、私としては評価したいものがあったのは確かだ。だからこそ、彼と喫茶店でコーヒーも一緒に飲んだこともある。ただし私は在特会や仲間の事に関しての取材は頑なに拒んできた。

 ただ、時間を共に過ごしても良いと感じたのは分厚い「ネットと愛国」の著書の中でも、今回紹介したこの部分に対してだけある種の共感する部分があったからだ。しかし、今回彼はまるでそれを否定するかのように、「騒ぎたいだけとかストレス発散」と決めつけてしまった。

 彼の中で何らかの変化があったのだろうか? 本が売れて有名になりテレビのコメンテーターになってしまったと勘違いしているのか? 単なる一回のデモの趣旨が「祭り」になったからと言って、それでデモ参加者の<憤り・怒り・苦悩・焦燥・連帯感>を見失ってはいけない。

 余りにも皮相過ぎるし俗な言い方をすれば<安っぽい>物言いでしかない。変節に驚くと同時に私の中で彼に対して持っていたイメージが崩れる瞬間でもあった。

 今日我々の愛国運動に結集する人々は、政治権力や経済界・労働界・マスメディアと最も遠いかけ離れた存在でもある。「しばき隊」などが今日も複数の弁護士を配置する程の力量があるのに対して、その力の差は歴然としている。

 言ってみれば現代社会における敗者の群れかも知れないのだ。しかし、ここまでくればもうそれはさほど重要ではない。重要なのはその敗者が団結し反撃を開始したという事にある。

 その場所が今回はたまたま新大久保のコリアンタウンであった。明日には池袋のチャイナタウンに飛び火するかも知れない。ヘイトスピーチも大して重要ではない。声を挙げ始めたことが時代の観察者にとっては困惑なのでしょう。

 現在、民主主義を脅かす最大の脅威・悪として我々はマスメディアによって取り上げられている。かつてのファシズムの再来であるかのように、滅び行く運命の旧左翼までもが狂喜乱舞している。

 遊びでも憂さ晴らしでもない。為政者や左翼が国家・民族への衝動が始まったことを認めたくないのは分かる。参加者には自分達が名誉ある誇り高いナショナリズム運動に参加し始めているという自負心が芽生えて来た。

 これが諸君達が一番望まないと恐れる≪極右≫への萌芽であって欲しいと私は信じたい。

 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

  

Posted by the_radical_right at 05:53mixiチェック

2013年06月29日

決戦の秋(とき)は来たれり


  新大久保デモ/6月30日について(11)
 
 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。


 決戦の秋(とき)は来たれり

 

 日本のマスメディアで我々愛国者のデモを正しく報道している所は皆無です。国会議員は勿論のこと、地方議会レベルにおいてさえも我々のデモに堂々と参加してくれる議員は見あたりません。

 韓国人の住むコリアンタウンからは次々に日本人が追い出され、外国人が跋扈するコロニーへと変貌を遂げ、そこには日本文化を漂わせる町並は消えてなくなりました。多文化共生どころか、日本文化そのものが消滅しかかっているのです。

 コリアンタウンとかチャイナタウンには不法滞在者が住み着き、犯罪者の巣窟と化してしまいました。日本はいつからこんな外国人に乗っ取られてしまったのでしょう。

 我々日本人は今、外国人流入による浸食という極めて憂慮すべき状態の中にあります。日本の社会にはかつてなかった外来植物や外来魚が広がり始め、日本の自然生態系は破壊されつつあります。

 人間社会も例外ではありません。コンビニ、居酒屋などで見るのは外国人ばかりです。今、私達日本人が突きつけられている、この現実は日本民族にとってまさに生存の危機とも言えるものではないでしょうか。

「一体、この先日本はどうなってしまうのだ?」
 _1180241






















 国の将来を憂いる者ならば、誰しもが現下の日本に危機感を抱き、この腐敗・堕落せる社会に一撃を加えんと立ち上がるは当然のことなのです。我々は国旗を高々と掲げ、声を出してきた。それはこの国を我々日本民族の力によって守る為の行動だと信じてきたからに他ならない。

 その道のりの過程で現在大きな危機に直面しました。様々な理由があります。戦略的な失敗もあったかも知れません。しかし、ここで挫折させる訳にはいきません。ここを突破して更なる前進を図らねばなりません。

 ブログの読者の皆さん。

 力を貸して下さい。若い人達に勇気を与え、祖国を守る戦いに奮起してもらわねばならない。今回はその為に私も起ち上がりました。皆様も続いて下さい。勝つか負けるか・・・だけではありません。
我々日本民族の未来が掛かった<決戦の秋(とき)>でもあります。

 国民運動出発の起点としましょう。記念すべき6月30日を共に心に刻みましょう。

 世界史の事例を待つまでもなく、民族の活力とは流動する本流を見極めた時にこそ、最高の力を発揮し得る。そのためには近未来的予測のみならず、確固たる文明史観に立脚した高いレベルでの運動論が構築されなければならない。

 この運動の過程において大切なことは、合理性を優先する余り、実務技術に傾斜し過ぎて、非合理な民族活力を没却してはならないことだ。

 日本が四方を海に囲まれているとはいえ、そこには紛れもなく国境がある。この国境を巡る争いが現存し、そして激化する中で日本民族の存亡は、日本民族本来が持つ世界観に立って、如何にそこに若き息吹を鼓吹(くすい)出来るかにかかっている。

 日本精神とは、日本民族思想の原点として現代に生き得る力を保持している。それ故に日本とは未来に開かれた国家である。

 我々現代に生きる日本人の責務とは、この恵まれた国土と歴史と日本精神の融合を礎として、未来の日本社会に大いなる貢献を約束すること以外には有り得ない。

 今こそ、日本を愛する我々は一丸となって結集し戦わねばなりません!

 

★6/30 IN新大久保

 コリアン・タウンを推進した中山弘子新宿区長の辞任要求デモ!

〜日本人差別をなくせデモ実行委員会第3弾 外国人犯罪追放〜

003
【日時】平成25年6月30日(日) 15:30集合 16:00デモ出発

【集合場所】大久保公園
※集合場所の大久保公園に向かう道中では、妨害勢力の出現により、小競り合いや混乱が予想されます。
一旦はJR新宿駅東口の交番前に「15:00」に集合。順次、グループごとにまとまって公園に向かいます。
その他、自己責任で赴くという方に関しましては身辺や周辺に十分気をつけながら各自向かわれて下さい。

【主催】日本人差別をなくせデモ実行委員会
代表世話人:瀬戸弘幸
事務局長:有門大輔 事務局:菊川あけみ

 第三十三回 日本の心を学ぶ会 式次第

 演題 演題 西郷隆盛の詩心

講師 鷂郵姐
講師 四宮正貴先生
司会 渡邊 昇
会場 文京区民センター2B会議室
  
開会 平成25年6月30日 午後6時
9餡寮鴇
す諜鑞敘
ヌ国の英霊並びに先覚者、物故同志の御霊に対して黙祷
Τ会の挨拶 日本の心を学ぶ会代表 渡邊昇
第一部 鷂郵姐先生を囲み参加者との懇談
主題『 ヘイトスピーチ法規制問題』 約四十五分
┥休憩約十分
第二部 講演会 講師 四宮正貴先生
演題『西郷隆盛の詩心 』 約四十五分
活動等告知案内
閉会の挨拶 日本の心を学ぶ会事務局長 松本創
閉会 約午後八時半前後
 

 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

  
Posted by the_radical_right at 12:50mixiチェック

警備体制は万全です、ご安心下さい。


 新大久保デモ/6月30日について(10)
 
 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 
 警備体制は万全です、ご安心下さい。

 明日のデモに関しては「しばき隊」や「プラカ隊」などは公園を取り囲んでデモをさせないとか、有田芳生などは「やつらを通すな」などと煽っています。先ずはこの点からお話します。

 昨日デモの許可証を受け取りに新宿警察署に現場責任者が赴き、デモが安全に行なわれるように警備体制の強化をお願いし、また、私も警視庁の担当者とお会いしてその旨を申し入れました。

 公安委員会からデモの許可が下り、新宿警察署がデモの警備にあたります。動員されるのは警視庁の機動隊であり、責任を持って我々参加者の安全を守って頂けると思います。新宿警察署の警備担当者との話し合いの上で、コースも変更し、混乱を回避することでも合意した訳ですから、こちら側に不利になるような警備は一切ありません。

 日本は法治国家であり、いかに治外法権が進む新宿のコリアンタウン街の一角を通るにしても、我々日本人がそこを行進出来ないなどという事があり得る筈はないのです。仮に彼らが言うように2千名の左翼や在日が集結しても、日本の警察が責任を持って排除します。

 警察官の指示に従わずに我々のデモを力で阻止しようとする輩は公務執行妨害で逮捕されることでしょう。彼らは公園を取り囲んでも非暴力で行なうなどと言っていますが、デモ自体をさせないと言っている以上、いくら口で非暴力と言ってもそれは通らないでしょう。

 前回もプラカードを掲げて歩道を進まない、デモする側と反対歩道から抗議する…などと書いていましたが、まったく守られていませんでした。そもそも法律など守る気のない連中ですので、まったく信用出来ません。

 公園からのデモ出発に関しては機動隊が完全にデモ隊に密着して妨害者との間に入りますので、こちらから相手方の挑発に応じない限り、デモ中の騒動は一切起きないし、起こしてはなりません。また、逮捕者が出るようならば今後、行動する保守陣営のデモ申請は却下される可能性もあるからです。

 一番頭の痛いのが交通機関の出口から公園までの歌舞伎町の中を通過しての道のりです。この間で前回は小競り合いが何カ所でも発生しました。入れ墨を出した連中がハンドマイクで怒鳴りながら歩行を妨害してきます。

 この間も警察の部隊が展開してくれる事にはなっていますが、何せ乱暴狼藉を何とも思わない連中ですので、注意が必要です。特に「兄貴」「兄弟」などと口にして「身体を張っても阻止する」だとか、「前線で戦う」などと息巻いている連中ですから、前回と同様な騒ぎとなるかも知れません。
wansyou
 そこでこちらも対策としましては新宿JR東口交番前に皆さん一旦は集合し、そこから50名単位ほどで移動します。警護班は私を含めて12名です。このような腕章をしているので、集合場所で声をかけて下さい(9名はサングラス・マスクを着用し素顔を隠していますが、信頼のおける人ですのでご安心下さい)。

 東口集合      午後3時〜

 新大久保公園   午後3時半

 デモ出発      午後4時より

 また、『日本侵略を許さない国民の会』でも警備の腕章があるそうなので、集まって頂いた人の中で協力して頂ける男性にその腕章をお渡しします。1グループに5名ほどの警護・警備班がつきます。映像班も当日集合した人にお願いします。

 この間には制服警官、機動隊員、公安担当、そして相手が相手であり歌舞伎町の場所柄という事もあって、暴力団対策の刑事も情報収集に出ていると思います。目つきの鋭い人がいても、それは必ずしも相手のヤクザ関係者ではありませんので、心配しないで下さい。

 さて、朝方メールを見たら下記のようなものがありました。

桜井誠氏から6​月30日のプラカード​の呼びかけ


昨日の放送中になんどか繰り返し顔写真プラカード持参の呼びかけがありました。

再生リスト1
http://www.youtube.com/watch?v=DxhJsc64ZEY&list=PL9Sl_ZTuJ6PsYDQecRSQmzIWHB3CFeTB9

再生リスト2
http://www.youtube.com/watch?v=vgXitkoU4uk&list=PL9Sl_ZTuJ6Ps4zNb4u2HG3CvixnZXmytU

 私はニコ生は見ないので知らなかったのですが、これには注意が必要です。と言うのは政治家や芸能人と違って一般の人には肖像権があります。創価学会関連の裁判ではこの肖像権侵害で訴えられ、この部分では殆ど敗訴でした。最初から戦っても無理と弁護士に言われていました。

 最後の裁判では弁護士を頼まずに争いましたが、結局1万円の賠償ということでやはり敗訴となりました。相手方には朝鮮人と親しい弁護士がついており、しかも152名もいます。何か隙あらば訴える気でいますので、相手方の顔写真をプラカードにしてのデモは、肖像権侵害で訴訟を提起される可能性は大です。

 折角の桜井会長の呼びかけですが、この件に関してのみは賛同出来ませんので、この顔写真付きプラカードのご持参はご遠慮下さい。主催者側も共同責任として訴訟される可能性も否定出来ないからです(漫画やイラストも法に触れる可能性があるので前文を削除しました)。

 相手はどんなことがあっても直ぐに弁護士を依頼して内容証明が届きます。いちいち報告するのも面倒なので報告していませんが、久保憲司氏以外にも頂いておりました。

 Misao Redwolf @MisaoRedwolf 6月26日

せと弘幸氏のブログでの私の個人住所記載問題に関して、住所は削除された様子です。対応頂いた皆さん、ご心配頂いた皆さん、静観のご協力を頂いた皆さん、ありがとうございました。いぜん私の本名や反原連へのデマ誹謗はそのままですが、追って対応を検討したいと思います。

 Misao Redwolf @MisaoRedwolf 4時間

私の住所をせと氏が知ってブログに記載した件に関して、内部からのリークのせいにして混乱を狙う、セコイ手口だな。

 彼女の件でも武蔵小杉合同法律事務所からお手紙を頂いておりました。この新大久保デモ、参院選挙、終戦記念日、これら一連の日程が過ぎれば、今度は原発再稼働・試験稼働を求めて反原発派と対峙して戦うつもりです。

 反原発派は福島差別主義者の集まりであり、絶対に許しません。彼女の住む場所の付近をコースとした原発推進のデモを企画している最中です。その時には皆様に呼びかけますのでよろしくお願いします。

 話がそれてしまいましたが、明日は多くの人が参加して頂けることを願っています。

 ここは日本です。私達日本人の暮らす国であり街です。外国人(朝鮮人)には祖国帰る半島があっても、私達日本人にはここしかありません。自分達の国を守る為に共に戦うことの連帯感を明日は皆様と一緒に共有し声を挙げましょう。

 尚、こちら側は今回の公園における集団威嚇行為、道路上における妨害、脅迫行為などが行なわれた場合には、警視庁に告訴をする予定です。仮に現場にいない人物でもツイッターなどで呼びかけていた人物全て(国会議員やジャーナリストも含む)です。よってこちら側は整然としてデモを貫徹するようにご協力をお願いするものです。

 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

  
Posted by the_radical_right at 06:10mixiチェック

2013年06月28日

中韓・反日同盟と日本


 中韓・反日同盟と日本

 
ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

自滅へ向かう韓国経済 過剰な中国依存が裏目 中韓共倒れ


 日本がアベノミクスの金融緩和でデフレ不況から脱却しようとしているのと対照的に、危機に突入しようとしている中国と、それに追随しようとする韓国。

 中国の「影の銀行(シャドー・バンキング)」問題を発端にした経済危機を世界が警戒するなか、中国へのすり寄り姿勢を鮮明にしているのが韓国だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領は27日に財界人を大勢引き連れて中国を訪問、習近平国家主席との首脳会談で蜜月関係をアピールする。ただ、輸出に頼る韓国経済はアベノミクスの影響もあって足元がぐらついており、対中依存を高める戦略が裏目に出る恐れもある。

 韓国が「親中反日」路線を強めている。朴大統領は27日夕に習主席、28日には李克強首相ら中国側要人と相次いで会談する。経済面での力の入れ方も尋常ではない。朴大統領に同行する財界人は現代自動車やLG電子の会長ら総勢70人超と過去最大の規模。大統領自身も北京での日程を終えた後、韓国企業が相次いで進出している西安を訪れる。

 中国側も「史上最高級のもてなしで朴大統領を受け入れる」(韓国外交筋)見通しで、中韓の親密ぶりを日本や米国に見せつけ、牽制(けんせい)するという思惑で一致している。韓国政府は14日には、中国とのFTA(自由貿易協定)を積極的に推進すると表明、日本が交渉参加するTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)とは距離を置く方向だ。日中韓3国によるFTAも交渉中だが、中国との2国間交渉が先行しているのが実情だ。
2013.06.27
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130627/frn1306271810002-n1.htm

 反日国家である支那と韓国が同盟関係を結べば日本は孤立する。そのような主張が朝日新聞、毎日新聞、東京新聞に見られました。良いではないですか。前々から言って来たように反日を国是とするようなこの支那・韓国と日本は決別すれば良いのです。

 確かにかなり影響はあることは認めます。しかし、長期的な展望に立てばこの両国との経済関係抜きでも、十分にやっていける経済体制を目指すことこそが日本の最重要な国家戦略となるのではないですか。

 先ず日本からの輸出国としては現在は支那・中国がトップです。しかし、他のアジア諸国の追い上げが凄い勢いです。タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、ミャンマーなど東南アジア各国にシフトすべきです。

 中国と今後急速に貿易が萎むとしても、東南アジアやインド、更には中東地域などに販路を求めていけば、日本は支那に頼らずとも十分にやっていけると思います。明日にストップすることなどはあり得ないので、今後5年、10年の間に縮小を図っていくべきでしょう。

2012年輸出ベスト10

 中国     18  %
 米国     17・5%
 韓国      7・7%
 台湾      5・7%
 タイ       5・4%
 香港      5・1%
 シンガポール 2・9%
 ドイツ      2・6%
 インドネシア  2・5%
 オーストラリア 2・3%  
 
 アジア 54・6% 中東 3・5% EU 10・1%

 確かに中国と韓国を合わせれば25%以上にもなります。しかし、他の国が低過ぎます。これを平均化していく事が大切です。それは不可能ではありません。中国への輸出が伸びたのは日本企業の多くが支那大陸に進出したからです。

 その支那大陸から日本企業が少しづつ撤退し始めて、東南アジアにシフトしています。労働賃金も安く反日暴動もありません。この中国離れはかなりのスピード感を伴なって進んでいくでしょう。

2012年 輸入ベスト10

 中国       21・2%
 米国        8・6%
 オーストラリア  6・3%
 サウジアラビア 6・1%
 アラブ首長国  4・9%
 韓国        4・5%
 マレーシア    3・6%
 インドネシア   3・6%
 ドイツ       2・7%
 タイ        2・6%

 アジア 44・2% 中東 19・1% EU 9・3%

 こちらも中国からの輸入が多いのですが、これも徐々に減らすべきです。余り突出していると危険です。他の国からの輸入に転換を図るべきでしょう。今後シェールガスの米国からの輸入が増えれば中東からの輸入は減るでしょう。中国からの農産物輸入も減らさねばなりません。

 このどちらの表を見ても将来人口で支那を抜くことが確実なインドや大国ロシアが入っていません。またアジアに偏重し過ぎており中東・ヨーロッパがまだまだ少ない。バランスを取るべきです。

 安倍政権発足以来、ロシア、東ヨーロッパ、中東に安倍総理が。インドやミャンマーに麻生副総理が訪問して友好関係を深めています。

 中韓との関係改善は後回しですが、これはこの貿易の現状を変えようとしていることなので、大いに評価すべきです。中韓との経済関係を縮小することこそが日本の生き残り戦略であることは言うまでもありません。

 かつて米国がくしゃみをすれば、日本は風邪をひくなどと言われましたが、今、支那・中国が経済活動が停滞し始めると日本は大きな影響を受けます。だからこそ、それに対して中国とのこれ以上の経済的結びつきを強めてはなりません。

 中韓が反日同盟を結び日本が孤立することは、決して悪いことではありません。支那においてはいつバブル崩壊や政変が起きて混乱状態になるやも知れません。その為にはその依存度を減らしていく以外にはありません。

 丁度良い時に反日同盟が作られ、日本孤立化政策がとられ始めました。このような事がなければ、日本は本当に危機意識を持たずに、現状に安閑としていた筈です。民主党政権が続いていたら、益々中韓の経済体制に組み込まれていった事でしょう。

 自民党政権が誕生し、大きく舵を切り替え中国・韓国と離れる方向性を目指しています。中韓・反日同盟など何も恐れることはありません。世界は広い他の多くの国に目を向けるべきなのです。

 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

  
Posted by the_radical_right at 18:55mixiチェック

優さん、ノアさんも昨日釈放


 新大久保デモ/6月30日について(9)
 
 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

 優さん、ノアさんも昨日釈放になりました。

0a872af4 6月16日の新大久保のデモで逮捕され、まだ釈放されずに勾留されていた優さんとノアさんが昨日15時に東京地裁で罰金刑を受け釈放されました。略式起訴処分となりましたが、あの152名にも及ぶ左翼・在日弁護士どもの刑事告訴は何だったのでしょう。

 彼らは優さんとノアさんを152名の連名で刑事告訴しましたが、それは明らかに二人が更に10日間の勾留延長がついて、略式起訴での罰金・釈放ではなく、拘置所への送致を狙った「公判請求起訴」であったことは間違いありません。

 ノアさんの場合はまだ赤ん坊がおり、本来であれば弁護士たるもの、「罪を憎んで人を憎まず」のことわざもあるように、微罪であるのですからここまでの嫌がらせはすべきではなかった。左翼や在日弁護士がいかに愛国者に対して憎悪心に凝り固まっているかを垣間見せるものだった。

 普通の人間の感覚を持った弁護士なら、「容疑者には生後間もない赤ちゃんがおり、一日も早く釈放し育児に当たらせるべきである」と主張するでしょう。ところが次のような告訴状を152人の弁護士が連名で提出した。

 告訴状


2013(平成25)年6月24日

警視庁 新宿警察署 署長 殿


告訴人 N


告 訴 の 趣 旨

 被告訴人の告訴理由記載の所為は、刑法第208条(暴行罪)の罪に該当するので、厳重なる処罰を求める。


告 訴 の 理 由

 被告訴人は、平成25年6月16日、自らをノアと称し、「行動する保守運動」が主催する排外デモ「桜田祭」に参加していたが、同日午後4時16分、東京都新宿区百人町1−18−3先歩道上において、歩道からプラカードを上げてデモに抗議していた告訴人が仰向けに転倒したことに乗じ、告訴人に対し、その左太もも外側を蹴りつける暴行を加えたものである。


 (略)

 4 抗議する市民と排外デモとの衝突

このように、排外デモに抗議する市民が沿道に集まるようになり、その数は徐々に増え、排外デモを参加者数で圧倒するようになった。これに対し、排外デモ側も「無許可の違法デモだ」等と反発を強め、しばしば非難の応酬となり、両者の緊張は高まっていた。本件犯行は、このような中で行われたものである。

第3 本件告訴の意義

1 以上のとおり、「行動する保守運動」による排外デモ行進においては、暴力や差別を煽る言動が行われ、沿道に大混乱を引き起こしている。これらの行為により、付近の在日外国人は生命身体の危険を感じ、恐怖感を抱いた人たちも少なくない。
ヨーロッパのドイツ、フランスなどにおいてはかつて外国人排撃運動に対し、社会のしかるべき対応が行われなかったことから外国人の生命が奪われ、また放火等重大な犯罪に発展したとの歴史的事実があることも銘記されるべきである。事態が深刻な発展を遂げているにもかかわらず警察の
対応も充分とはいえない。
このような事態を受け、市民の抗議活動が始まるのは当然であり、市民の抗議活動は、日本人の良心の現れであり、民主主義の防波堤だというべきである。

2 「対抗言論」の法理に照らせば、排外デモ隊のヘイトスピーチに対し「言論」で攻撃することは当然許される。告訴人は、デモ隊に対し、「差別なんかやめろ」と言論で対抗していたにすぎないのであって、「言論の自由」の正当な行使である。排外デモ隊側はしばしば抗議活動に対して「違法な無許可デモである」「デモ妨害だ」等と批判しているが、明らかに誤りである。

3 「対抗言論」の法理に照らせば、言論で抗議した告訴人に対して暴力を振るった被告訴人の行為は、意見の対立を暴力で解決しようとするものであって断じて許されてはならず、厳重なる処罰を求める。

4 なお、そうではあっても、意見対立(反原発にせよ、反TPP にせよ、オスプレイ配備問題にせよ)があっても、デモの現場がここまで混乱し、暴力事件にまで発生することは普通ありえない。今回、ここまで事態が悪化している原因は、意見対立の存在そのものではなく、意見の表現方法すなわち、「ヘイトスピーチ」にあるというべきである。「死ね」「殺せ」といった、差別と暴力を煽るヘイトスピーチが、反対派市民の反発を招き、ここまでの混乱を招いている。そうである以上、「行動する保守運動」側は、「死ね」「殺せ」「ゴキブリ」「叩き出せ」といったヘイトスピーチデモのスタイルを反省し、改めるべきである。少なくとも、本年6月30日のデモは自粛し、デモの方法態様について、きちんと検討・総括するべきである。本件告訴がその契機になることを切に希望する。

以上

 いずれこの弁護士の氏名・所属事務所の住所などをネットで晒さなければならないと思います。

 彼らの狙いは人間としての慈悲の心も人間の情(なさけ)もまるで感じさせない左翼特有の冷血な人間性であると感じました。更に「川に落ちた犬は棒で叩け!」と言わんばかりの、あの民族性を強く感じさせる<追い討ちをかける>精神構造そのものでした。

 ところで、今回の事件の報道の中で我々愛国者の新大久保デモに妨害を繰り返している連中は極左や在日朝鮮人であることが明確となりつつあります。

平沼センジ @senji11 6月26日

6.16新大久保駅前弾圧の勾留理由開示公判に参加。目頭が熱くなった!「戦前から続く日本の差別と侵略の延長線上にあるこの時代の排外主義と闘う」という被弾圧者の戦闘宣言のような陳述、弁護団の一歩も引かない態度、傍聴団の連帯の意思表示。社会運動のあるべき姿を久々に見た。


宮塩 @miya_shio 6月26日

日の丸バッテンに否定的なことを言う人、神経逆撫でさせられまくってる人、日の丸がどんだけ具体的な影響力があるかを、みずから示してるじゃないか……。あの旗に染み付いたものに、ろくなものってないよ。なにを知れば肯定的に見ることができるの。


ANTIFA★黒い彗星Cheゲバりん @ANTIFAchegewalt 16時間

日本国の象徴が日の丸なら、日本国が差別と抑圧を現在行っているから、日の丸が差別と抑圧の象徴であるだろう。


ジャスミン ∠ @cleharo11 9時間

在特会の差別性には反対だといいつつ、自分の中にある差別意識はそのままになっているのがカウンターサイドの問題。 制度としての朝鮮人差別は国家と関係があるので国旗にバツをつける行為でそこをあぶり出している。


bcxxx @bcxxx 4時間

日頃から明確に確立された差別意識などに基づかなくても、例えば関東大震災の時の朝鮮人虐殺のような、非常時における流言蜚語による憎悪の扇動にも応用できます。ルワンダで民族浄化が起きた時のラジオによる扇動などもこの範疇に入ります。


李信恵 이(리)신혜 @rinda0818 6時間

京都朝鮮学校の長い裁判がありましたが、朝鮮鮮学校の出身でもなく、居場所のなかった自分を支えてくれたのが というIDの日本人の彼です。そんな彼とヘイトスピーチに対抗するパレードをします。ネットでは行き違いもありますよ。是非参加を。


ぼん @Bong_Lee 6月26日

ヘイトの現場から:/中 京都朝鮮学校への差別街宣 「校内には小学1年から6年までの約150人がいた。大音量の言葉の暴力に泣き出す子どもが続出。授業を続けることはできず、演説が続いた約1時間、パニックに陥った。」


以上

 まだまだありますが、このくらいにしておきましょう。このような連中が我々を包囲して沈黙させようと必死です。冗談ではありません。ここは我々日本人の住む国です。このような連中に罵声を浴びせられ萎縮する必要などまったくありません。6月30日は皆さん、大久保公園に結集して下さい。

 ブログランキング  ←ブログランキング応援クリックお願いします。

  
Posted by the_radical_right at 06:40mixiチェック