2005年08月12日

公明党が靖国を語る時、忘れてはいけない過去の布教活動

   神棚を焼いて捨ててしまえ!と広宣流布していた創価学会
   それと一体である公明党が靖国を語る資格があるのか?
 
昨夜放映されたテレビ朝日の『報道ステーション』に出演した公明党の冬柴幹事長は、解説者の「小泉首相は8月15日に靖国神社に参拝に行くと思いますか?」の問いに対して、「私たちのことを思えば行かないと思います。」と答えた。
 
これまで公明党は小泉首相の靖国神社への参拝に反対してきた。
左翼はこの首相の参拝については、政教分離を明示している憲法に違反すると批判してきた。
政教一致の疑いがある公明党はこの「憲法違反」という批判はできない。
すぐに自らに跳ね返ってしまうからだ。
そこで彼らが批判する口実は「近隣諸国に対する配慮が大切」ということでである。
 
しかし、待って欲しい。そもそも公明党の母体である創価学会は日本の神道に対して強い敵愾心を抱いて、それを信者に教え込み強引な布教活動を全国的に展開していた、その過去に対してどのように総括しているのか、
未だにそのことについては沈黙している。
 
公明党と創価学会は違うなどという詭弁は聞きたくない。国民の誰しもが公明党と創価学会は一体であると思っている。
 
本日の聖教新聞に池田大作名誉会長のスピーチが掲載されてある。
「まっすぐに公布の大道に行きぬく人生はすがすがしい。猛暑のなか、法のため、人のため、尊き汗を流し、奮闘する同志の報告が、私のもとに次々入ってくる。」
若かりし頃の広宣流布について述べているくだりだ。
 
この広宣流布とは創価学会が全国的に自分達の信じる宗教を広めるために行っていた活動であった。この布教活動を私は目にした頃がある。
小学校の高学年の頃だった。
池田大作名誉会長の冒頭の言葉のように、それこそ夏の猛暑の昼頃だった。
この後は続きを見てください。
 
ブログランキング参加中  ←公明党を危険と思う方はクリックを

昼休みに二人の男が訪ねてきた。世間話が終わると、家にあった仏壇や神棚にケチを付け始めた。「神棚があるとバチが当るとか、不幸になるとか」そんな悪口を言い始めた。
応対していたおばあちゃんも切れてしまったのか、「お前ら神様の悪口いうなら帰れ」と追い出した。
この時始めて創価学会という宗教の存在を知った。おばあちゃんとこの二人の言い争いが余りにも凄かったからだ。
創価学会の信者はこの頃、広宣流布として多くの家を訪れ、「神棚があると罰が当るから取り払った方が良い」などと歩いていたのだ。
「そんな神様を信じていても何の役にも立たない」とけなしていた。

真夏の暑い日だったが、突然雷が鳴り出し、その内雷雨がきてバケツを逆さにしたような大雨であった。
雷が納まってから私は買い物に出た。私の近くには大きな神社があった。
その神社の前を通ると先程の男達が雨宿りしていた。
なんと神社の木の廊下に靴も脱がずに土足で上がっていた。
神社なんか、何の役にも立たないどころか、この創価学会の信者達は雨宿りして
ちゃっかり利用して濡れないようにしていたのだ。
このような布教活動は現在は見られない。
しかし、池田大作名誉会長にしても、冬柴幹事長にしても皆さんやっていた。
神棚を焼いて捨ててしまえ!そのような輩が靖国を口にすることを私は許さない。
Posted by the_radical_right at 19:37│ mixiチェック 公明党 カルト宗教 
この記事へのトラックバック
私のパソコンのIDを識別して、はじき出すようにしているらしい。 政治を語るものが批判を排除するようであっては政治にかかわる資格がないーというのは広く世間一般の常識だろうが、田中康夫やその周辺の人物にはその常識がない。彼らは「公」(Public)といった意
チームニッポン・ブログが批判意見をアクセス禁止で排除【田中県政追撃コラム&取材メモ】at 2005年09月09日 16:00
毎日 皇室典範:有識者会議報告書に与野党幹部コメント  ▽冬柴鉄三・公明党幹事長 有識者会議が、男系か女系かなど問題とされていた点を十分に調べたうえで結論を出したのだから、答申内容はそのまま立法化すべきだ。いろいろ議論すべきものではない。 ってオイ!
聞き捨てならん【226TRAX】at 2005年11月25日 22:48
忘れてやるつもりだったが、 昨日の発言でアタマ来たので保存。 京都新聞 5月26日 ヒトラー墓参り発言を注意 公明幹事長が福本議員に
犯科帳【226TRAX】at 2005年11月25日 22:50
この記事へのコメント
残念ながら次の衆院選でも公明党勢力を駆逐されることはないみたいですね。
Posted by 蔵信芳樹 at 2005年08月12日 22:44
次の選挙は母屋の族議員のお掃除が第一なので、
離れは母屋の修理が済んでからですね。
全てがいっぺんに完成してしまったら
人生面白くないですよ。
二兎を追うものは一兎を得ず。
Posted by 能天気 at 2005年08月13日 03:08
蔵信芳樹 さんへ

いつもありがとう御座います。
確かに今回の選挙においても、公明党は健闘するでしょう。
彼らが政府権力と結びつき、しだいに力をつけてきている現状は、いずれ大きな
問題となるでしょう。彼らはカルト宗教団体であることは歴然としており、この組織に対する警戒感を緩めてはならないと思います。

能天気 さんへ

初めまして、書き込みありがとう御座います。
そうですね、楽しみは後に取って置くことにしますか。
私は今後も徹底した批判を加えるつもりです。

Posted by 瀬戸弘幸 at 2005年08月13日 06:59
 草加=朝鮮系カルト

 亡国集団は殲滅すべし。と言っても、逝田ももう長いことないだろう・・・。 後継者の次男にはカリスマ性がないし、逝田亡き後は組織がガタガタになることは間違いない。その日が楽しみだわい・・・。
Posted by 中凶殲滅 at 2006年01月18日 08:29

おっと訂正。後継者は長男でした。後継者と目されていた次男は事故で亡くなってましたね・・・。
Posted by 中凶殲滅 at 2006年01月18日 08:32