2005年11月18日

右翼逮捕で思った革マル派の終焉

dfebcc98.jpeg

公安警察のデッチ上げを叫ぶのに、被害届(捜査協力)は矛盾ではないのか?

警視庁公安部は17日、<極左>の革共同・革マル派の車輌を破損させた疑いで、右翼団体員13人を逮捕した。(産経新聞)この事件は今年5月3日の憲法記念日に起きた。

先ずこの事件に対する革マル派の公式サイトに掲載されてある「改憲阻止を訴える全学連の行動に国家権力が仕組んだ襲撃を糾弾する」を見て頂きたい。


『5月3日、「憲法記念日」のこの日、有楽町マリオン前において、憲法改悪に反対する街頭情宣にとりくんでいたわが全学連と革共同革マル派の情宣隊にたいして、乱闘服で身を固めた反共右翼約20団体50〜60名が襲撃してきた。この襲撃事件は、警視庁公安部公安第二課、丸の内警察署、第一機動隊、反共右翼の四者が綿密に仕組んだ作戦にもとづいてひき起こした謀略的な破壊攻撃にほかならない。国家権力は、改憲の大濁流に抗して唯一改憲阻止の闘いを革命的に推進しているわが全学連と革共同革マル派にたいする憎悪をむきだしにし、右翼をファシスト突撃隊として、白昼公然と衆人環視のもとで改憲反対運動を破壊するという画歴史的な攻撃をうちおろしてきたのだ』

更に詳しく知りたい方はアドレスを紹介しよう。http://www.jrcl.org/

何故この問題を今回取り上げたかといえば、今回の事件が反体制<極左>の終焉を意味する出来事であったからだ。

この事件を革マルは右翼と公安警察が仕組んだ攻撃だと主張してきた。しかし、今回右翼団体員が逮捕されたのは、革マルが国家権力に被害届を提出したという事に他ならない。仮に被害届けは出さなかったにしても、捜査協力は絶対していると思もう、それ以外には考えにくいのだ。

確かに被害届を受けなくとも警察官が逮捕することはできる。しかし、このような場合は現行犯逮捕であり、警察官の目の前で事件が発生した場合、警察官は即座に逮捕することも可能だ。

この事件において、事件発生以来半年を経過してから、関係者が逮捕されたということは、革マル派が公安警察の調べに協力した結果として、逮捕状が執行されたと見るのが妥当だろう。

『わが全学連と革共同革マル派は、今回国家権力と右翼とが一体となって仕掛けてきた謀略的な破壊攻撃にたいして断固として反撃するものである』

この革マル派の言ってきた反撃の手段が、公安警察への被害届出があったなら、これほど笑える話は最近ではめったにお目にかかることなど出来ない。

革マル派のナンバー2と称されてきたダラ幹ことJR労組の松崎明は既に権力と一体となって、自らの保身に奔走している有様である。この松崎明に対して、死刑執行を宣言した同じく<極左>の中核派も内部崩壊の状況に襲われている。

今回の事件は戦後史における<極左>運動の終焉を象徴する事件として記憶に留めたい。

このブログでこの記事を取り上げるにあたって、私には忘れられない記憶がある。1975年11月26日から12月3日まで全国の公務員がストライキ権を求めてストに突入した。国鉄の国労と動労もストに参加したので全国で列車はストップした。利用者が怒って暴動一歩手前となり、労組も慌ててストライキを止めた。

この時、「鬼の動労」と言われたのが革マル派の松崎明動労委員長であった。山形県米沢市はこの動労の東北のストライキの拠点となった。当時私は23歳であったが、この米沢の動労の拠点に仲間と共に殴り込みをかけ私は逮捕された。

すぐ釈放されたが、略式起訴され罰金刑を受けて、前歴者リストに記載されてしまったのである。国家権力の転覆を叫ぶ<極左>はこの時は被害届を出さなかった。代わりに被害届を出したのは日本国鉄道であった。この当時の<極左>にはまだ反権力思想があった。

ブログランキング   ←応援クリック頼みます!



Posted by the_radical_right at 10:12│ mixiチェック 市民団体・極左動向 
この記事へのトラックバック
 西郷隆盛   長州藩に並ぶ、攘夷派に挙げられるのが薩摩藩士たちである。 西郷隆盛は、士族では下から二番目という低い家の出でありながらも、 第28代藩主、島津斉彬によって見出され、直接教育を受け、藩士としての 識見を備えていくことになる。斉彬は、幕末3...
攘夷派の軌跡 薩摩編【売国反対!攘夷への道】at 2005年11月19日 19:58
この記事へのコメント
今回の瀬戸先生の投稿を興味深く読ませていただきました。革マル派は日本国民が反日洗脳から覚めようとしているこの時代の流れに、うまく適応できずにもがき苦しんでいます。もはや、掲げるべき主義・主張もなく漂流しているとしか思えません。長いこと革マル派を担当してきた公安警察官の皆さんも真剣に次の対象団体か転職を考えねばならない時代ですね。合掌
Posted by shibata at 2005年11月18日 17:24
本当に笑っちゃうね。公安警察と右翼が結託しての攻撃なら、右翼が逮捕される訳ないものね。最近の革マルはおかしいよ。
Posted by 風来坊 at 2005年11月18日 18:49
各位
コメントを有り難うございます。
おかしいと言えば彼等の主張も「反革命戦争突入阻止」というのも、普通の人が聞いたら何が何だか分かり難いですね。朝鮮労働党の存在を多くの方々が支持している状況でならば意味を持つ言葉であると思いますが、今時、何人の方が共産革命を支持しているというのでしょうか。
そして、極左活動家が逮捕された時、大抵は50代が中心です。若手がいない時点で組織の高齢化=弱体化を意味します。
その点、右翼は若手が台頭しているだけに十分期待が持てるでしょう。核マル派の車輌を破損させた右翼活動家らは、よくやってくれたと思う。
Posted by 極右評論管理者 at 2005年11月18日 20:03