2006年01月01日

「自由か、共産(独裁)か」原点に返って

1b06f689.jpg 

謹賀新年       正月元旦

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。   瀬戸弘幸

 

 2006年の幕開けに、どのようなタイトルでブログを書こうかと考えた末に、古くからのシンプルな言葉である「自由か、共産(独裁)か」に落ち着きました。

 実はこの「自由か、共産か」こそが、私が政治思想を学びこの道に進むことになった、忘れることの出来ない言葉でもあります。私は東北の片田舎で農家の長男として生まれ、家業の農家を継ぐために農業高等学校に進学し、農業後継者として社会人の一歩を踏み出しました。

  しかし、間もなく市街化区域と調整区域の線引きが行われ、家の農地の大半は宅地並み課税となる市街化区域に編入され、私は将来に渡って農業をやる道を閉ざされたのです。仕方なく私は市役所に勤務することになりました。臨時職員から正式な職員とはなりましたが、私が一番驚いたのは職場の雰囲気でした。

 全く自由な意見が言えない暗い雰囲気でした。職場は左翼・社会主義者によって支配され、私はマルクス・レーニン主義の書かれた雑誌を無理やり学ばされたのです。

 私の育った家には戦没者がいました。父の兄は中国で戦死したのですが、仏壇にはその写真が飾られ、朝食事の前には正座させられて拝まされました。おばあちゃんは玄関に掛けられた「戦没者の家」と書かれた表札をいつも布切れで拭き、真新しい輝きを放っていたのを覚えています。

 そのような家庭で育った自分は、左翼がいう「先の大戦で死んだ日本の兵隊は人殺しだ。」という言葉に耐えられなかった。私は自民党に入党しました。当時田中角栄が総理の時代でしたが、参院選では企業ぐるみ選挙で大敗、共産党が躍進して「民主連合政府構想」を打ち出しました。

 この頃(70年代)まさに「自共対決の時代」であり、自民党は歴史的な退潮傾向に歯止めがかからず、若かった私は祖国の将来に危機感を抱きました。当時、市役所には赤旗が乱立していましたが、大日本愛国党の宣伝カーがやってきて、「赤旗を降ろせ!共産主義者は出て行け!」とアジっていました。

 私は東京日比谷で始めて愛国党の赤尾先生の演説を聞きました。東アジアの大きな地図がトラックの上に掲げられた。ソ連、北朝鮮、中共が真赤に染められ、日本は今にも赤い大陸に飲み込まれるような感じでした。私はもう居ても立ってもいられない気持ちで、ついに右翼政治活動を始める決意を固めたのです。

 当時の政治信条はこの「自由か、共産か」でした。それ以外には何もなかったと思います。その後勉強を重ねて行く内に「反共運動」だけでは駄目なのかと思い始め、「YP体制打倒」を掲げる新右翼運動などにも共鳴を示し、幾多の変遷をへて現在《極右》として活動しています。

 今思うに、「自由か、共産か」というシンプルな呼びかけこそ、戦後日本政治・思想の本義でありました。愛国党の赤尾先生の口癖は「近い将来、共産主義と自由主義の戦いになる。日米同盟があるからソ連も中共も攻撃してこないだけだ。左翼は自主独立を言うが、独立できても孤立するだけだ。中共とソ連は今仲違いしているが、あれは嘘だよ。中共を利用してソ連を牽制しようとしているが、裏では結託しているんだ。米国も日本も騙されている。最後は自由主義と共産主義の戦いだよ。」というものでした。

 米国のブッシュ大統領は昨年11月中国を訪れた際に中国に対して「政治的自由と宗教の自由の必要性」を強く訴えた。今更皆様にこの言葉の意味する重要性を解説する必要はないでしょう。

 一党独裁が国家の国是であり、国民に自由を認めない共産国家に乗り込んで、自由の尊さをハッキリと言明したのであった。自由とは人間の尊厳と切り離すことは出来ない。

 対して胡主席は「中国国民は民主的選挙などの権利を行使している」などと応じるのが精一杯で、明らかに食い違う発言で対立点だけが浮き彫りになっていました。共産中国には自由というものがない。中国の国民が真の自由を獲得できるようになった時、脅威は薄らぐだろう。

 しかし、ソビエト共産党の自壊を目のあたりにした彼らが、そう簡単には国民に自由を与えることはない。国民の自由への渇望が大きくなった時、その内憂の危機を「反日」へと転換、更なる危機を演出するのは間違いない。

 それが激化した時、人民解放軍は東シナ海において、軍事的な冒険主義に出る可能性があるのです。日本の将来にとって今年は極めて憂慮すべき事態が発生するかも知れません。共に2006年を闘う不動の陣地をこのネット上に構築しましょう。

ブログランキング参加    ←今年も応援よろしくお願いします!



Posted by the_radical_right at 08:03│ mixiチェック 我々の闘いの軌跡 
この記事へのトラックバック
 新年 あけましておめでとうございます。     本年も「時事評論@和の空間」を宜しくお願い申し上げます。      今年はとにかく女系天皇制阻止に向けて頑張っていこうと思??@x @
2006年を新保守派元年に【時事評論@和の空間】at 2006年01月02日 03:41
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます(^-^)/ 年の初めに、大変力強い決意、敬服いたしております。今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by あきら at 2006年01月01日 12:25
明けましておめでとうございます。こういう話、とてもわかります。今日乃木神社に参拝してきました。乃木将軍を朝日記者は裏で馬鹿と呼んでいたらしいですね。今、日本の学生は修学旅行で高い金取られてまで中国韓国に赴き、捏造反日記念館へ『強制連行』され土下座謝罪させられています。政府は何をしているのでしょうか。マスゴミはスルー。世田谷区では『子供達を守ろう!』を旗に【目玉を付けた看板】と町中【監視カメラ】だらけ。まるで『共産党による監視状態』で毎日気分悪く生活しております。アカ政党看板だらけだし。政治に無関心がいかに怖いか実感しています。それなのに我が国のTVはスポーツとクイズと芸能で騒ぐだけ。カール=フォン=クラウゼヴィッツ 戦争論 『流血を厭う者は、それを厭わぬ者に必ず征服される』
Posted by 声優 at 2006年01月01日 17:32
市役所におつとめで、サヨクが跋扈(ばっこ)していた当時、正しい右翼思想に目覚められたとのお話。私も当時、赤尾敏先生といえば、単なる街頭右翼というイメージしか持っていませんでしたが、いま思えば、先生のご主張が正しかったのです。『共に2006年を闘う不動の陣地をこのネット上に構築しましょう』。「ネット上に不動の陣地を」とても新鮮で魅力的な呼び掛けです。大賛成です。ミケ
Posted by 屋根の上のミケ at 2006年01月01日 18:28
あきらさん

明けましておめでとう御座います。今年もよろしくお願いします。

声優さん

昨年はご支援ありがとう御座います。マスメディアの反日・侮日報道は目に余るものがあります。共に偏向報道機関に対する監視を強めてまいりましょう。

屋根の上のミケさん

2006年、狂瀾怒涛・迫り来る偶発的戦争の危機の中で、恐れを知らぬ若者に呼びかける不動の陣地を、先ずネット上から始めましょう。

Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年01月01日 19:59
あけましておめでとうございます。
今年もご健闘をお祈りしております。
日本では、祖先を祀る風習がありますが、中国には文化大革命等により墓がほとんど無いそうです。台湾の国民党党首が中国を訪問した時の先祖の墓は、急遽作り直した墓と聞いています。まったく違和感のある国です。
Posted by とおる at 2006年01月01日 20:22
あけまして、おめでとうございます。
「磯城島の大和の国は言霊の助くる国ぞ真幸くあり」と言う万葉集の歌が上野の五条天神社に貼られていました。私の語学力では、良く理解できないのですが、極右評論の目指すところではないでしょうか?
Posted by なっとく at 2006年01月01日 20:55
とおるさん、明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願いします。

お墓の話は私も聞いていました。共産主義というのは祖先も何もありませんね。
文化大革命にしてもカンボジアのポルポトにしても大量虐殺が行われました。
日本のマスコミは後になってから報道しましたが、当時は見てふりをしていました本当に信じられない話です。

なっとくさん、明けましておめでとう御座います。本年もよろしくお願いします。

私は余り万葉集には詳しくありませんが、勉強したいと思います。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年01月01日 22:51
あけましておめでとうございます。
今年も色々勉強させていただきます、宜しくお願い申し上げます。
Posted by 鳥海 at 2006年01月02日 23:17