2006年01月31日

「噴飯」との批判に応える!ヤマハ不正輸出問題

2060f584.jpeg

頭が固いから憂慮しているのではなく、事実を検証(おさらい)しているだけです。

東京新聞がヤマハの不正輸出を弁護
「東京新聞社」が恐れなしと意図的に報じた「軍事転用問題」
 最近では「朝日新聞社」よりも反日・共産中国寄りの報道を繰り返している「東京新聞」がまたまたやってくれました。ヤマハ発動機が中国に軍事転用可能な無人ヘリコプターを不正に輸出した問題で、今朝の新聞で次のような見出しで報じた。

「性能はおもちゃ並み」「農薬散布 中国参入狙う米に配慮」 「現実離れ規制・日本産業滅ぶ」

 この記事について下記↓のコメントが入った。本来ならコメント欄でお返しするべきなのだろうが、該当記事が下の方に行ったのでここで再度取り上げ反論も含めて考えていきたい。

 『正直、このサイトに噴飯。
 中国が民間のヤマハ以上のヘリをもってないとでも??
 頭が無駄に硬い連中は冷静に物事を考えられないようですね。つーか広義でとりゃなんだって軍事転用できるんだよ。プレステ輸出するな、とかもう可哀相レベル。
 あ、もちろんヤマハに非はあったと思うよ。ルール破ったという点で。
Posted by bu at 2006年01月31日 06:35』

 「噴飯」とは広辞苑では、おかしさの余り食べているご飯も噴き出すの意とある。ではこのbuさんは、何に噴飯したのか?
 要するに日本の企業が輸出した技術はとるに足らないもので、中国はそのような技術はもう既に取得済みですよ、そして、もう一つは広義に取れば何だって軍事に転用できますよ、この二つを言いたかったのではないか。

 この無人ヘリコプターに積まれている技術がどれほど重要なものであるかは、現在の航空分野の戦闘機においては最先端の技術であることは以下のサイトで確認下さい。
http://bizns.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/search/wcs-bun.cgi?ID=253351&FORM=biztechnews

 勿論、上記↑のような最先端の技術とは比べものにならないほどに幼稚な技術との指摘もあります。しかし、ヤマハのR-MAXが軍事転用された場合、軍事用として必要十分な働きをするのは間違いない。現に自衛隊はサマワでこれを偵察用に使用している。
 また、サンプルを分析・参考にされてコピーや改良型を国産化される事は、軍事面だけでなく経済・外交面でも日本の国益を大きく損ねるとお考えにはならぬのか。

 しかも、中国自体がこのヤマハの無人ヘリから技術を取って軍事転用した事を認めているだろう。

「軍事面で重要な価値」 無人ヘリで中国新華社 
 中国国営の新華社通信が2002年5月、ヤマハ発動機が中国に輸出した無人ヘリコプターを基に、中国の北京BVE創基科技有限公司などが独自の国産無人ヘリを開発したと報じ、同ヘリについて「軍事面で重要な価値がある」と評価していたことが23日、分かった。
 02年5月23日の新華社電(電子版)によると、中国が国産無人ヘリの開発に当たって参考にしたのはヤマハ発動機の無人ヘリ「RMAX」。ヤマハ発動機が01年以降、中国向けに輸出した「RMAX L181」を指しているとみられる。
 同電はさらに02年5月23日に北京で開幕した国際科学技術産業博覧会で、同ヘリが注目を集めている、と伝えていた。
 一方、中国側が開発した無人ヘリは「空中機器人」(空中ロボット)と名付けられ、全長約3・6メートル、全幅約70センチ。ヤマハ発動機の無人ヘリとほぼ同じ大きさで、(ヤマハの無人ヘリを参考に開発したことにより)「視界外まで飛んでいったヘリを再び帰還させるという難題を解決した」などと説明している。(共同)(01/23 )

 よって、いつもなら何を聞かれても横柄な態度で流暢に返答する共産中国も日本側記者の質問には何も答えることが出来ないのだ。
  
『無人ヘリ輸出でコメント避ける 中国の孔泉報道局長
 【北京24日共同】中国外務省の孔泉報道局長は24日の定例記者会見で、ヤマハ発動機の無人ヘリコプター対中国不正輸出事件について「民間企業間の契約について論評できない」と述べた』

 普通「噴飯ものだ」というのは、このような事を指すのではないのかな?buさん!
 ただし、その後、次のような弁明の声明を出してはいるが、後の祭りだ。

「軍事転用不可能」と主張 ヘリ輸出事件で中国企業
 ヤマハ発動機が無人ヘリコプターを中国に不正輸出しようとした外為法違反事件で、輸出先の「北京BVE創基科技有限公司」は25日、無人ヘリについて「軍事転用は不可能だと認識している」などとする声明をホームページ(HP)に掲載した。
 同声明は、ヤマハ製無人ヘリを空撮用に利用しているとした上で「技術的に一定の限界がある。軍事には応用不可能だと認識しており、軍に対して販売しようがない」と述べている。
 同社のHPは無人ヘリを使った空撮技術が軍事転用可能だと宣伝しているが、声明では「最近の航空技術の魅力を紹介するため」と説明した。2006年01月25日水曜日


 以前こんな事件もありました。

北朝鮮に不正輸出、兵器転用可のトレーラー
 福岡県大野城市の中古車販売会社が、ミサイルの発射台に転用可能な大型トレーラーの価格を偽って税関に申告、北朝鮮に不正輸出した疑いが強まり、福岡県警と門司税関は6日、関税法違反の疑いで、近く本格的な捜査に乗り出す方針を固めた。実質的経営者の男性ら5人前後の立件に向け裏付けを進めている。
 この業者は、同時にトレーラーの移動に使う大型トラクター(けん引車両)も、中国経由で輸出しようとして失敗していたことも6日分かった。トラクターはミサイル発射台のけん引にも使えるため、国際的な安全保障貿易管理の規制対象で、福岡県警は経済産業省の告発を受け、外為法違反(無許可輸出未遂)の疑いでも調べている。

 この事件について、ある左翼サイトでは「日本が輸出しなくてもロシアから輸入して移動式の発射台は完成したそうだ…」という記事を目にした。

 確かに日本からの輸出がなくとも独自で開発したり、他の国からいくらでも入るかも知れない。しかし、だからと言ってそのことに無関心であってはいけない。
 あなたの最後の言葉「ヤマハにも非がある、ルールを破ったという点で」には救われた気持ちである。何故なら、あなたが前述したような左翼系の人間ではないことだけは分かるからだ。

ブログ・ランキング ←対中国諜報戦争に危機感のある方は応援クリックを!



Posted by the_radical_right at 18:27│ mixiチェック 政治・官僚・企業腐敗 
この記事へのコメント
中国からヤマハに毎年支払われていたサポート料(?)・技術提供料(?)というのも気になります。
ソフトウェア・技術・ノウハウは、物理的な物でないので、CD・磁気テープの持ち運びやインターネットによる伝送によって、輸出しても発覚することは少ないと思います。
ヤマハが、これらの情報を提供することで、その対価としての金額を得ていた可能性もあります。
Posted by とおる at 2006年01月31日 19:10
揚げ足を取るようで申し訳ないのです.
「bu at」さんとおっしゃってますが,「bu」さんだと思います.
「at」は英語で「〜時に」って意味です.
修正したほうがよろしいかと.
Posted by vega at 2006年01月31日 19:11
vega様
ご指摘、有り難う御座います。
修正致しました。(謝)
Posted by 極右評論管理者 at 2006年01月31日 19:19
こんにちは瀬戸さん、お弟子さん。
ヤマハの無人ヘリが軍事転用された場合、偵察、生物・化学兵器の撒布と、門外漢の小生ですら用途を想像することは容易です。
bu氏は、疑心暗鬼に囚われれば総ての輸出品が疑わしく思えるのだろう。と、揶揄しておられるようだが、現状認識が甚だ甘いと申せましょう。支那人の悪辣さは古来、常に我々のお人好しさ加減を思い知らせてきた。テレビゲーム機なぞと同列に語れるものではありません。
ヤマハが如何なる目的で、事実上の敵国たる支那に重要な機密を売り渡したのかは憶測でしか測れません。凡そ販路拡大を目論んでのさもしい商魂からでしょうが、報道では未だ反省の弁もない。
それよりも先ずbu氏に代表されるような、国民の危機意識の希薄さが気懸かりです。
Posted by 怒る小市民 at 2006年01月31日 20:13
冷静に物事を考えることができる、頭の柔軟な(つもりの)人は中国がどういう国かということや、共産主義がどういうものか、かってはもっとたくさんあった共産主義国家がどうなったか…といったことは考えないみたいですね。
Posted by ひろむ at 2006年01月31日 20:48
最近朝日新聞のお株を奪うご活躍ですね、東京新聞(w

かつて曽野綾子さんからも呆れ果てられた捏造歪曲の才を発揮して
最強の売国奴新聞を目指して頑張っていって頂きたいものです。
Posted by 鳥海 at 2006年01月31日 22:20
各位

東京新聞がいくら軍事専門家と称する人を紙面に登場させ、軍事転用の恐れはないと報道しても、当の中国が既に軍事用に転用していることを認めています。後になって慌ててそれを否定してもホームページにアップされていたものは、日本側でコピーして見ていますから、どうにもなりませんよね。
東京新聞はまるで中国共産党や人民解放軍の日本における宣伝機関紙と同じで、国民の信頼を裏切ってしまいました。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年02月01日 14:29
自分で取材して歩いたわけでも無いのに、なんでこの記事は信用できる、この記事は
信用できない等の判断が出来るんでしょうね。神の目をお持ちなんでしょうかね。
朝日だの毎日だのNHKだのもロクな取材もせずに「関係者の話」から始めて
「という」で終わる捏造記事のオンパレードでしたな。まぁそれで一般読者視聴者の
憂さ晴らしに貢献できればそれでいいんですかね。
Posted by c⌒っ●^?^)φ at 2007年08月06日 14:49