2006年07月18日

北朝鮮利権に蠢く魑魅魍魎を吊るせ!

86171d5d.jpeg

 水谷建設(三重県桑名市)の脱税事件で、東京地検特捜部は7月9日、法人税法違反容疑の関連先として北朝鮮人道支援の非政府組織(NGO)「レインボーブリッヂ」(東京都中央区)などを家宅捜索した。また、水谷建設会長も逮捕された。
 レインボーブリッヂによると、数年前に水谷建設から計3億〜4億円に相当する古い重機の寄付を受けた。北朝鮮への重機輸送費やスタッフの渡航費も出してもらった。事務局は「不正な金ではない。寄付は水谷建設側が国交正常化後のビジネスを見据えた先行投資だと聞いている」と話している。
 事実水谷建設の会長と一部上場の中堅ゼネコンM建設の専務が北朝鮮を訪問、国交正常化後のダム建設について北朝鮮側と極秘に折衝して内諾を得ているという。このような北朝鮮利権を巡る動きが国民が知らない所で行なわれているとしたらとんでもないことだ。
 今回の水谷建設の捜査は面向きは脱税事件だが、最大の究明すべき事件は中部国際空港の建設に絡む政界工作である。この国際空港の建設に際して水谷建設は仕切り屋をしていたことが判明している。
 水谷建設は自ら仕切り屋となって、各工事業者を割り振り、工事代金の各3パーセントから5パーセントを旧建設大臣経験者や幹事長経験者などに持参したとされる。これの解明を検察庁は最終的には目指していると考えられる。
 既に亀井静香代議士と関係の深い港区の建設会社は捜索を受けている。そして、今検察庁が北朝鮮利権で一番注目しているのが古賀誠代議士である。この古賀先生は中国から輸入している砂利の利権を一手に牛耳っているとされており、またその中国から輸入されている砂利の多くは北朝鮮から中国に運び込まれたものであるという。

参考資料  
川底砂利を追え―
宝島Real049,『北朝鮮利権の真相』を読んでいる
 ある日本政府関係者は言う。
「多くは中国から輸入されています。中国の川砂利利権をほぼ独占しているのは道路属のドンとして知られる自民党の古賀誠ですが、実は中国産として中国船で運び込まれてくる川砂利の相当部分が北朝鮮製ではないかという疑惑が持たれているのです。北朝鮮から直接輸入するとなると、また利権スキャンダルで叩かれることになるという配慮からでしょう」

野村旗守氏:「砂利」ほどボロい商売はない, 北朝鮮利権の真相, 宝島Real049, 2003.06.27., ISBN4-7966-3402-9, 1200+税.

古賀誠の動向が新聞に掲載されてあったので紹介しましょう。
◆古賀氏、南京大虐殺記念館訪問
 中国訪問中の自民党の古賀誠元幹事長は17日、南京市の「南京大虐殺記念館」を訪れ、献花した。同記念館によると自民党有力者の訪問は平成10年に党幹事長代理だった野中広務元幹事長以来、8年ぶり。古賀氏は記者団に「(過去を忘れず未来を大事にするという)中国側の姿勢に心の豊かさを感じた」と述べた。
 南京事件の犠牲者数などをめぐり、日中間には見解の相違があるが、古賀氏は「複雑な気持ちだが、(改装中の)記念館が日中友好の証しを資料の中に残すことが大事だ」と強調した。
 古賀氏は19日に北京を訪問。王家瑞中国共産党対外連絡部長と会談するほか、武大偉外務次官ら中国外務省幹部との会談も調整している。(南京 共同)

 古賀誠代議士は媚中派の頭目であり、野中広務引退後はその同和利権などを受け継ぎ、その筋にも顔が利く、このような政治家の闇の部分が白日の下に晒されることを願ってやまない。

ブログ・ランキング 応援クリック宜しくお願いします!



Posted by the_radical_right at 17:21│ mixiチェック 政治・官僚・企業腐敗 
この記事へのコメント
改装中なのは、世界遺産に登録するためです。
(申請には5.53ヘクタールの広さが必要)
その記念館を日中友好の証とは笑わせてくれますね。
売国もここに極めりです。もう帰ってこなくていいよ。
Posted by takayuu at 2006年07月18日 19:29
日本のODA(挨拶)
ヨソでも書いたがあれ税金で立ててんだよな。
我々はヨソに対しても啓蒙していく必要がある。
Posted by 神戸っ子 at 2006年07月18日 20:26
いや驚きを通り越して、寒気がしてきました。
こんな奴がのうのうと生きてることが信じられません。
毎日クリックします。
Posted by bao at 2006年07月18日 20:50
古賀に亀井ですか、媚中派は全部怪しいと思えますね。
びしびし取り締まって欲しいです。
Posted by MultiSync at 2006年07月18日 21:40
古賀、亀井、野中の三人は、揃いも揃って悪党面だ。どうしたら、あんな悪い顔相になるのか、聞いて見ていよ。
Posted by てやんでぃー at 2006年07月18日 21:45
私の友人に大阪府警で警察官をやっていた者が話していました。彼等警察官は戦後の混乱期から今日まで、潜在的な敵は朝鮮人、中国人であることを臭覚的に知っていました。ただ日本の一般人や政治家も含め左翼傾向の強い時代に、彼等の刑事根性はことごとく圧力や壁にぶつかるのです。
彼等がいう「巨悪」とはまさに大陸や半島とつながった日本の政治家達でした。いかに正義感の強い刑事でも、日本に巣食った大陸利権者を追い込むことは難しかった。今、時代の風向きが変わろうとしている。彼等の刑事魂は積年の恨みを果たそうと、一気加勢するかもしれません。
Posted by shudo at 2006年07月18日 22:06
 古賀氏は日本遺族会会長でありながら、靖国参拝に反対し遺族会会員から猛反発を受けていますね。その上に、「南京大虐殺記念館」詣でですか?
 言うまでも無く南京虐殺記念館に展示されている写真は、全て虐殺とは全く関係ないものだと東中野先生が証明されています。そのような記念館に出向くとは日本の政治家としての見識が疑われます。
 どうしてこうも政治家は落ち目になるほど中国に擦り寄っていくのでしょうか? 権力の中枢部に居れば必然的に保守的にならざるを得ませんが、そこからはじき出されたときに頼るべき寄る辺が中国なのでしょうね。
 中国に擦り寄る段階で情けない政治家であると自覚していただきたいものです。 
Posted by 基準点 at 2006年07月18日 23:11
奇遇ですね、僕も先日香港の古本屋でこの”北朝鮮利権の真相”を見つけ
今半分くらいまで読んだところですが、
利権に目がくらんだ売国政治家どもの行為に寒気がします。
Posted by lmjq at 2006年07月19日 01:16
> 古賀氏は記者団に「(過去を忘れず未来を大事にするという)中国側の姿勢に心の豊かさを感じた」と述べた。
 南京事件の犠牲者数などをめぐり、日中間には見解の相違があるが、古賀氏は「複雑な気持ちだが、(改装中の)記念館が日中友好の証しを資料の中に残すことが大事だ」と強調した。

南京大虐殺記念館が「中国の心の豊かさ」?「日中友好の証しを資料の中に残す」だと?思わず目を疑い、再読して吐き気を催した。また血圧が上がりそう(笑)

こんなやつが衆議院議員とは。売国ここに極まれリ。選挙区はどこだ!マスゴミは何故批判しない!小泉退陣の前にもう一度自民党大掃除をして欲しいものだ。
Posted by 一市民 at 2006年07月19日 02:44
自分なりに色々と外敵の事を考える事がありますが、大抵いつの間にか「内なる敵」の事を考えています。
折角、半島人がバカやってくれたのですから、これを勢いにして、内なる敵の始末、駆逐が急進すればと思います。
売国奴追求の評論、これからもよろしくお願いします。
(↑小学生の作文みたいっすね)
Posted by KC at 2006年07月19日 07:09
古賀氏の中国訪問の記事、怒りが込み上げます。野中、亀井などの事も、怒りを通り越して寒気がします。
世間が目覚め始めたこの機を逃さず徹底的に日本の膿を出し尽くして欲しいです。
shudoさんの元警察官の話。警察の方々は悔しかったでしょうね。警察関係にも甘い汁を吸っている人たちがいると聞きます。そんな人たちに負けないで警察・公安の方々には頑張って欲しいです。
Posted by ねこぱんち at 2006年07月19日 10:56
先日の「たかじんのそこまで言って委員会」で、これと関係するかのような発言がありました。
と言っても、放送しないように、「ピー」という音で消されていましたが。
捜査当局には、頑張ってもらいたい。
Posted by とおる at 2006年07月19日 16:41