2006年07月21日

反撃!元長官メモ事件 その

反撃!元長官メモ事件 その

売文屋(日経新聞社)の正体、財界の走狗!

 商業メディアは一斉にこの事件(敢えて事件と呼ばせて頂きます)を伝え始まった。昭和天皇はA級戦犯と称された方々の靖国神社への合祀には反対だった、だから靖国神社にはその後参拝していない…このようなキャンペーンがまるで大洪水のようにあふれ出している。

昭和天皇が不快感・参拝中止「それが私の心だ」 日経新聞朝刊

昭和天皇が不快感・参拝中止「それが私の心だ」 朝日新聞夕刊

昭和天皇「合祀」に不快感「だから参拝せぬ」    読売新聞夕刊

 メモ書きにして残されたという言葉は、飾る言葉がなく直情的であるだけに、目にする方にしてみれば、その受けたショックは計り知れない。昨日の朝に自分の書いた文章を見ても、如何に自分が動揺していたかが分かり恥ずかしい限りだ。

 しかし、このマスコミが垂れ流す報道は、折角芽生えてきた「民族の正気回復」を押さえ込み、失権しつつあった戦後の原理を再び元気付ける可能性を否定できない。それ故に我々は徹底的な反撃のキャンペーンを展開する。

 本質的にはやくざな売文屋の集団に過ぎないマスコミが、このように連動して書き出した背景を先ず知らねばならないでしょう。その目的と意図するところが何処にあったのか?

 昨日のエントリーでも述べましたが、それは「歴史の歪曲を許すな!」として、日本民族の正史を綴る活動が高まる中で、反動勢力が一致してこの<虚妄の半世紀>を死守しようと仕掛けてきた思想戦と捉えることが出来るのではないでしょうか。

 彼ら反動勢力は我々が最も敬愛してやまなかった昭和天皇が自ら語ったとする「肉声」のメモを持ち出し、この思想戦争の幕開けに際して圧倒的な勝利を得ようとしています。

 既に彼ら売国奴勢力は昨夜は勝利の美酒に乾杯をしたかも知れません。しかし、この先制攻撃を我等愛国者は必ずや打ち破ることでしょう。彼らの勝利などほんの一時でしかないのです。

 それではその彼らの狙いを今朝の日経新聞「社説」より見ていくことにしましょう。売国マスコミは意外にも正直者のようです。今朝の社説の中でそれは隠すこともなく書かれていました。

 小泉首相の靖国神社参拝を巡って国内に賛否の大きな議論が渦巻き、この問題で中国、韓国との関係がぎくしゃくして、首脳会談も開けない事態が続いている。

 新たな事実が明確になったことを踏まえ、靖国神社問題を冷静に議論し、この問題を他国の意向に振り回されるのでなく、日本人自身で解決する良い機会にしたい。

 私は動揺して恥ずべき文章を書きました―と申し上げましたが、まさにこの点でした。
「他国の意向に振り回されるのではなく…」
 実は私も全く同様な意見を昨日書いていた。

 共産中国の内政干渉に屈する形で、今後の靖国神社参拝問題を語るよりも、昭和天皇のお言葉の意味を深く考えて、今後の在るべき姿を論じるならば、それは後者の方が余程有意義であると考えます。(これが朝一番で新聞を目にした時の私の率直な感想でした)

 しかし、その後冷静に分析するなら、国民の声をこのような方向に誘導しようとして書かれた意図が明白となっている。一見尤もらしく思えるが、それは結果的には外圧に屈する結果としかならない。ほくそ笑むのは中韓などの「反日国家」のみである。

 日経新聞はより露骨に今朝の社説でそれを強調している。

 昭和天皇がA級戦犯合祀に強い不快感を示したのは、過去の戦争への適切な反省と世界平和への思い、米英両国や中国など諸外国との真偽を重んじる信念があったためと推察される。そうした昭和天皇の思いを日本人として大事にしたい。

 推察と一応は断わりを入れながらも、昭和天皇の思いとしてそれを国民に強要している。強要の中身は彼らがこれまで主張してきたA級戦犯と称された方々の靖国神社からの追放である。

 A級戦犯合祀は内外の理解を得るのが難しいのも事実である。中国・韓国の反発だけでなく、米欧の世論も厳しい目を向けていることを忘れてはならない。

 靖国参拝問題は小泉首相が言うように「心の問題」で単純に片付けられるものではない。昭和天皇の「心」の歴史的背景を重く受け止め、小泉首相はじめ関係者が適切に行動する事を切に望みたい。

 昭和天皇のお言葉を錦の御旗に掲げ、言う事を聞かなければ“逆賊”になるぞと脅しているようなものである。まさに言論テロの開始である。

 そもそもが報道した張本人がまだ「推察される」という段階なのに、どうしてそれが絶対視されるような文面へと誘導されて行くのであろうか。

 それは目的というか、彼らの狙いである終着点にそれを強引に持ち込もうとしているからに他ならないのである。つまり、この昭和天皇が発言した内容を書きとめたというメモを自分達だけが独占し、それを利用してA級戦犯と称された方々の靖国神社からの追放を画策しているわけだ。

 その目的は一つしか考えられない。それは中国市場という幻想に踊らされ侵出する日本財界の先兵となって、中国共産党に協力するという道を選んでしまったからだ。

 日本経済新聞は日本資本主義と一体であり、その代弁者である。不況克服を大陸進出に賭け、一定の成果を得ていると考えている経営者達は、より一層の支那大陸への歩を進めようとしている。

 それがどれ程危険な選択であるかについて、我々は警鐘を鳴らし続けてきた。しかし、彼らは益々中国市場という甘い幻想に酔いしれ、そこから抜け出すことができない。

 今回の元長官メモ事件が左翼の朝日新聞社ではなく、日本経済新聞社からの報道であった事は、経済活動を優先する者も左翼と同様に売国奴的な体質を抱え込んでいることを証明して見せた。

 国家の誇りや尊厳などよりは、企業の利益を優先して憚らない。そのような経済至上主義の走狗としての役割を持たされたが故に、今回彼らは世に出す必要がまったくなかった私的メモをスクープという形で報道せざるを得なかった。

 我々《極右》はこれは彼ら体制反動勢力が「最後の切り札」として、この元長官メモ事件を引き起こしたと断定する。この闘いは民族の正気を回復するか、それを消沈させてしまうかの、本格的な最後の決戦となるでしょう。

※昨日は北のミサイル発射の6300人に次ぐ6200人の応援クリックがありました。如何に今回の日経記事に危機感を抱いた愛国者が多かったかを、この数字が示しています。ありがとう御座います。

ブログ・ランキング 応援クリック宜しくお願いします!



Posted by the_radical_right at 09:05│ mixiチェック 「富田メモ」事件 
この記事へのトラックバック
 1つ1つ見ると意味不明だったけど、流れとして見ていくと繋がります。  と思ったら、早速黒幕が出てきましたか。 YOMIURI 「早く障害除去を」昭和天皇メモ報道で中国  【北京=杉山祐之】中国外務省は20日、昭和天皇が靖国神
遂に地雷を踏んだな【子供達の未来】at 2006年07月21日 11:59
ちょっと出遅れてしまった感がありますが,話題の「富田メモ」に関して思うところを...
筆者の信ずる先帝陛下の大御心【もののふのこころ】at 2006年07月21日 17:08
この記事へのコメント
まるで、時代劇のお殿様のお世継ぎ争いのような感じです。
お世継ぎの居ないお殿様が、お忍びで城下に出かけて、女性と仲良くなり、その後、お殿様が無くなった。
何年か後に、その女性が男子の子供を連れて現れ、「この子は、お殿様のお子様です。」と。
そのような状況で、誰が鵜呑みにするでしょうか?
お殿様の地位を奪おうとする家臣と女性の企みとは、よくあるストーリーです。
今回のマスコミの反応は、鵜呑みにした家臣のようです。
素性のはっきりしない物を鵜呑みにしてはいけません。
Posted by とおる at 2006年07月21日 09:14
初めまして。
いつも拝見し、勉強させて頂いております。
昨日からの、富田メモに関しての報道は如何な物かと思います。

本来、マスコミはまずその真否を検証し、その上で慎重に天皇陛下のお言葉とされる内容の意図をできるだけ正確に報じなければならない。
しかし、富田メモはもう本物の如く報じ、さらにそれが天皇陛下の御心の全てであるかの様な報道がなされています。

この状況には大変憤慨しております。

もし本当に天皇陛下の御言葉であるならば、もっと丁重に扱わなければならないと考えております。
Posted by ゆーた at 2006年07月21日 09:29
瀬戸さん

日経なんぞの記事で踊らされる必要はありません。

あのメモの真偽の程はわからないし、万一本物でも該当部分は徳川侍従長の発言ともとれるわけです。徳川侍従長なら陛下を思うが故に松岡、白鳥の非難めいた発言をすることも考えられますが、常に国民のことを思われた先帝が、それも神道の長たる方が、気に入らない人物が祭られたからと言って2百4十万余りの英霊が眠る靖国の参拝(親拝?)をやめるなどとお考えになるわけはない、と私は信じております。

さらに譲って先帝のご発言を書き留めたものであったとしても、肉筆ではなく、富田長官とういうフィルターを通した伝聞にすぎません。先帝は合祀後も靖国に勅旨を派遣なさってたわけですし、靖国のみたまを思う歌もお作りになってます。そういう事実を無視して、このような情報に振り回されてはかえって先帝に失礼ではないでしょうか。

Posted by 桃太郎 at 2006年07月21日 09:37
これが本物であれなんであれ、
今上陛下のお言葉で無いということが全てなのではないでしょうか?
と思うのだけれど・・・
各社マスコミは全文ではなく、一部だけを引用しているところも
事の真偽を疑わせる要因になっている気がします。
Posted by 大飛出 at 2006年07月21日 09:41
はじめまして。
御隠れ遊ばした先帝の御言葉なる物が出回って居る様ですが、この裏を精査し、先帝達が如何に苦しまれたかを明らかに成る切っ掛けだと想ってます。
それに最早、戦犯なる者は…全国4000万の署名と国会の採決により名誉が回復されて居る事を言っていかないと…想います。
Posted by ミヨポン at 2006年07月21日 09:54
5
皆さん、マスゴミが捏造した昭和天皇のお言葉にまどわさられるな!
まず、あの記事を見て俺は昭和天皇は戦争をしなければ日本の未来がないのは承知していたはずです。それに、A級戦犯にされた人達は天皇陛下をかばったのも知ってるはずなのにこんな発言はしないと思います。
Posted by 艦長 at 2006年07月21日 10:45
 はじめまして。
 私は詳しいことは分からないのですが、ミヨポンが仰る様に全国の署名の後の国会での採決で国民の意思が表れた形となっているのですが、先帝天皇があえてそれに反することを仰るのか不思議でならないのですが?
Posted by ken at 2006年07月21日 11:34
『藤尾(文相)の発言』
http://www.vipper.org/vip295965.jpg
それをトリミングする報ステ
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1153401234504.jpg
デリられる前に要保存。
Posted by 2ちゃんよりコピペ at 2006年07月21日 11:36
135 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/07/21(金) 00:32:37 ID:9S6kBeIZ0
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1153401253062.jpg
http://puka-world.com/php/upload/ren/img-box/1153401268728.jpg

    中曽根の靖国参拝もあ●●●
    藤尾(文相)の発言。
   =奥野は藤尾と違うと思うが
    バランス感覚の事と思う
    単純な復古ではないとも。
Posted by 2ちゃんよりコピペ 2-1 at 2006年07月21日 11:53
     私は 或る時に、A級が
   合祀され その上 松岡、白取
   までもが、
     筑波は慎重に対処して
   くれたと聞いたが
・    松平の子の今の宮司がどう考
余そ  えたのか 易々と
り う    松平は平和に強い考えが
関で あったと思うのに 親の心子知
係す  らずと思っている
も が   だから 私あれ以来参拝
知が していない。 それが私の心だ
ら 多
ずい ・ 早速質問 関係者もおり批判になるの意(点?)
Posted by 2ちゃんよりコピペ 2-2 at 2006年07月21日 11:53
 メモの裏面
http://puka-world.com/php/upload/puka/img-box/1153405202547.jpg
http://puka-world.com/php/upload/puka/img-box/1153408657604.jpg
http://puka-world.com/php/upload/puka/img-box/1153409342136.jpg
63.4.28
xxxxxx会見
昨年は
(1)高松薨去間もなx
 心も重かった
(2)メモで返答xxxつく
 していたと思う
(3)4.29は吐瀉したがその前で
 やはり体調が充分でなかった
 xxxで x官に今年はx記者の
 印象があったのであろう
=(2)については記者も申して
おりました
戦争の感想を問われ、
嫌な気持と表現したが
それは後で云いたい
そして戦後国民が努力して
平和の確立につとめてくれた
ことを云いたかった
”嫌だ”と云ったのは奥野xxx
の靖国発言中国への言及にひっかけて
云った積りである


Posted by 某所からのコピペ at 2006年07月21日 12:08
このメモの問題の部分の上の方に
藤尾(文相)
と書かれた部分がある。

藤尾が文相やってたのは1986年7月22日〜9月8日までの
わずか49日間。

少なくともこのメモは1988年4月28日のものじゃない

1:紙の変色がぜんぜん違う
2:インクが違う
3:バの字の筆跡 点の書き方が左右で違う
Posted by 某所からのコピペ at 2006年07月21日 12:08
今回のメモが出てきても(真偽は定かではないが)首相が参拝については個人の自由と言い従来の姿勢を変えていないのは評価出来ます。天皇の意思がどうであれ戦没者の追悼をするのは当然です。
Posted by ウィザード at 2006年07月21日 12:26
ウィザードさんに一票&ランキング ポチッ。
で、今回の事件は悪意を持った首謀者が当然いるはずですが、永田メールの時みたいにフェードアウト→シャンシャンではすまされない(当然)事ですよね。
マスコミにしてもここまで【昭和天皇の心】と明言した以上、世論の関心の度合いの変化や今後起きる別のニュースでかき消されて風化させてはいけません。
誰がどのように『しまい』をつけるのか見せてもらいましょ。
Posted by 3丁目 at 2006年07月21日 15:10
はじめまして。
今までブログランキングでは読み飛ばしていましたが、
今回初めて記事を読ませていただきました。

酷い出来事です。
コレでは「左翼」と呼ぶ事すら恥ずかしい、
正真正銘の「売国」では無いですか。


今回の出来事で、極左と相対する極右があって、
初めて中道は正常に機能できるのだと、痛感した次第であります。

日本人は今まで、狂犬病の犬に手をさしのべるような、
大局観を欠いた似非ヒューマニズムに捕らわれていたのでしょうか。
ただ中道に向かおうとするが故にバランスを欠いていたのかもしれません。

いずれにしても真相を究明せねばなりません。
「永田メール事件」より遙かに重大な事件です。
Posted by コラ at 2006年07月21日 17:04
なんにせよ、検証もろくにしてないみたいだし、報道した新聞社はおそまつだと思う。

ところで>藤尾(文相)
は本当なのでしょうか?




>瀬戸さんへ
いつもの調子にもどられてなによりです。ファイトです。

Posted by ryo at 2006年07月21日 18:58