2006年08月12日

大義に殉じた日本兵

8・15の世界史的意義 その

 アジア解放・民族独立の大義に殉じた日本兵

 前回のエントリーで特定アジアを支持する方のコメントがあり、白熱した激論が戦わされた。共産中国や韓国、北朝鮮にしてみれば、先の大戦は日本の一方的な侵略戦争で、自分達は被害者であり、世界史的な意義などトンデモナイと思っているのだろう。

 しかし、東南アジアにおける日本軍の戦いはアジア諸国のみならず、戦勝国もそれを認めている。展転社刊の『アジアに生きる大東亜戦争』の中からそれを紹介しましょう。

 米国の著名な国際政治評論家のオーエン・ラティモア氏は次のように指摘している。

「真珠湾以降最初の2年間の日本の勝利は、アジアの勢力をはかる古い標準を打ち毀し、手に負えなくなったアジアが残った」

「日本が立派にやり遂げたことは、アジアにおける植民地帝国の19世紀的構造を破壊した事である」

 日本軍によってシンガポールが陥落したという報道が伝えられた時、ロンドンに亡命していたドゴール将軍(後のフランス大統領)は、その日の日記にこう記した。

「シンガポールの陥落は、白人植民地主義の長い歴史の終焉を意味する」

 我々日本人は戦後、大東亜戦争と呼ぶことさえも禁止され、学校の教科書では太平洋戦争と学ばされた。マスコミなども大東亜戦争とは言わずに太平洋戦争と言っている。

 インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイなどの教科書には、自国の独立と大東亜戦争について、かなりのスペースを割いて、ほぼ正確に教えているのとは対照的である。

 日本の教科書の中には左翼歴史教授によって、全くのデタラメな記事が掲載されてきた。かの家永三郎教授の如きは次のように書いていたのである。

「日本がアジアの諸民族を解放したのではなく、諸民族は抗日闘争という実戦過程の中で独立を勝ち取った」

 断言してもいい―!!日本軍の協力なしに独立運動を起こした国は何処にもありません。北ベトナムのホーチミンだって、日本軍兵士の協力を得て独立運動を戦っています。

 戦後の混乱の中で正確な数字は掴めてはいませんが、日本の敗戦を知った後も、自分の意志で祖国への帰還を拒否し、現地に残留した日本兵は2千人〜3千人とも云われています。

 これらの多くの日本兵はジャングルに入り、インドネシア、ビルマ、ベトナム、カンボジア、ラオスといった地域で現地の独立義勇軍に参加して戦ったのです。

 もし彼らが侵略のみを目的として現地に赴いていたとしたら、日本が敗戦した後も残って戦うことがどうして出来たでしょう。それに現地の独立軍も決して彼らを仲間として受け入れることなどなかったでしょう。

 日本兵の多くがアジアの解放と民族の独立を掲げた戦争であったからこそ、祖国に還ることも拒否して戦い死んでいったのです。この史的事実こそ大東亜戦争の大義であったのです。

 前回も紹介した『酒たまねぎURAホームページ』さんより、今日も一部抜粋してみましょう。

1951年9月、サンフランシスコ対日講和会議の席上、セイロン(現スリランカ)代表のJ・R・ジャヤワルダナ蔵相(後に首相)はこう演説した。
「アジアの諸国民はなぜ、日本が自由になることを切望しているのか。それは、アジア諸国民と日本との長きにわたる結びつきのゆえであり、また、列強の植民地として従属的地位にあったアジア諸国民が、日本に対して抱えている深い尊敬のゆえである。
往時、アジア諸民族の中で、日本のみが強力かつ自由であって、アジア諸民族は日本を守護者かつ友邦として、仰ぎ見た。私は前大戦中のいろいろな出来事を思い出せるが、当時、アジア共栄のスローガンは、従属諸民族に強く訴えるものがあり、ビルマ、インド、インドネシアの指導者たちの中には、最愛の祖国が解放されることを希望して、日本に協力した者がいたのである」。
「我々アジアの将来にとって、完全に独立した自由な日本こそが必要である」と強調。ロシアなどが主張した日本分割案に真向から反対して、これを退けた。
そして、『憎しみは憎しみによってやまず、愛によってのみやむ』というブッダの教えを引いて、対日賠償請求権を放棄し、各国にそれに続くよう呼びかけた。
インド、ラオス、カンボジアなどがこの呼びかけに答え、自発的に対日賠償請求権を放棄した。

ブログ・ランキング 応援クリック宜しくお願いします! 



Posted by the_radical_right at 12:03│ mixiチェック 教育・日本人精神 
この記事へのコメント
8・15の世界史的意義、を読んでも左巻きは詭弁としか考えられない。
そんなのに限ってミサイルが飛んで来ると、ただピーピーと怖がるだけ。
もうすぐ8月15日、左巻きの発情期。

詩(うた)見たいなモンですし、知識も、自制心もないので、左巻き様各位はスルーして下さい。
( 面倒なので、先に逃げ打っときます )


Posted by KC at 2006年08月12日 14:12
たしかにインドネシア、ビルマ、ベトナム、カンボジア、ラオスなどの国々が靖国参拝に対して抗議しているというのは聞いたことがありません。
しかし同時にそれらの国々は日本から遠く、多分旧日本軍が行った行為も韓国や中国に対して行ったそれとは質が違ったのではないでしょうか?
また、それらの国々は彼らの文化の否定されたり日本語の強要などもされなかったのではないでしょうか?

韓国や中国が同じ戦争に対してそれらの国々と違った歴史観を持っているのは当たり前なのではないでしょうか?
韓国や中国に対して、「インドネシア、ビルマ、ベトナム、カンボジア、ラオスがこうだからお前たちも同じように受け入れろ」というのはどう考えても無理があると思います。
Posted by 否定者 at 2006年08月12日 14:35
私は朝鮮人さえ日本からいなくなれば、とりあえず国内の問題の9割は解決すると思います。
京都はもう日本ではないです。キムチ王国に成り下がっています。いうまでもなく大阪も。
他の日本各地にもキムチ街はたくさんあります。

本日の記事のように日本はアジアから期待されていた誇らしい国です。
でも彼等が真の今の日本を知ったら(朝鮮人だらけ、差別差別と吠えられ、特永者だらけ、工作のための帰化、カルト教だらけ、パチンコ、ヤクザ、売春、キムチ宣伝等書ききれません)。
残念に思うのは我々日本人よりも、日本をすきなアジア人達ではないのか。
Posted by AKIRA at 2006年08月12日 14:46
否定者さんへ
先の大戦には3つの側面があったと申し上げてきました。
ー存自衛の戦い。これは米国との死闘ですが、日本は敗れましたが、米国は日本人の誇り高き戦いに感動して、この勇気を称えております。その後の日米関係はブッシュ政権が言うように、まさに歴史上もっとも堅固なものとなりつつあります。世論調査でも互いの国民の好感度は増すばかりです。
△寮錣い和臈谿\鐐茲陵念であった、アジア解放・民族独立の戦いです。これは説明したように、多くのアジアの国の民衆が誰よりも知っています。
つ目が共産主義との戦いです。これは支那大陸、朝鮮半島において、今なお継続中です。たしかに旧ソ連は崩壊しましたが、ロシアも警戒すべき国です。
さらに共産主義独裁に支配された中国、北朝鮮、左派のノムヒョン韓国、これらの国とは、未だに本当の意味での戦いは終了していないと見るべきなのではないでしょうか。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月12日 15:00
敗戦をしっても帰国せずアジアの義勇軍と一緒に戦った日本人。
この武人達は今の朝鮮人の醜態を快く思うはずないです。
銃殺してますよ。

日本をめちゃくちゃにしてる朝鮮人。お前等はもう許さんからな、覚悟しておけよ。いい朝鮮人、いない、いない^^そんなの。いたとしてももう知らん。お前等は幕末の若い志士達の魂を呼び起こしたんだよ。もう工作活動は意味ない。ほんとお前等朝鮮人にはすがすがしい志士がいないなあ。

今後殺傷沙汰を日本人に対して行ったら革命活動に私も入るから。
戦闘大和民族をなめるなよ。日本人は大儀を掲げるまでに時間を要するが(朝鮮人みたいに大義もなく人殺しはしないから)いったん立ち上がったらもう引かない。カルト教も全部ぶっつぶす。幕末の志士だってやりすぎといわれたこともあった。けどそんな彼等が時代を変えた。
Posted by AKIRA at 2006年08月12日 15:04
瀬戸さんへ
謹んで申し上げます。
>米国は日本人の誇り高き戦いに感動して、この勇気を称えております。
>互いの国民を好感度は増すばかりです。
これは何故にそうおっしゃっているのでしょうか?
私は米国は日本を利用しているだけだと思っています。
今、アメリカでは確かに「日本文化」に対する好感度は増しています。
漢字ブームに始まり、日本のアニメ、そしてPuffyです。
しかしそれは日本文化に対してであり、日本人に対してではないと思います。
実際、多くのアメリカ人は日本と中国の区別もつきません。

>中国、北朝鮮、左派のノムヒョン韓国、これらの国とは、未だに本当の意味での戦いは終了していないと見るべきなのではないでしょうか。
本当の意味が何かは分かりませんが、戦いは終了していないのかもしれません。
しかし、現状よりも関係を悪化させることが国益になりうるのでしょうか?
私にはそう思えないのです。
Posted by 否定者 at 2006年08月12日 15:24
朝鮮人は千年後でも今と変わらず日本を辱めることしかしません。

日本人とまったく異質のエイリアンです。
もう駆除しかないでしょう。レイシストだのという人は一度新大久保辺りで生活されてみては?奴等がエイリアンだとわかるでしょう。

日本をぶっ潰す気のない朝鮮人でもいるだけでぶっつぶれてる。
元々全員密入国者。血筋も最悪。血筋は関係ないという考えを以前の私もしていましたが、朝鮮人自ら定めた掟、尊重することにしました。

奴等が大嘘で自分は血筋がいいというなら何故犯罪ばかり起こすのか。不思議なエイリアン共ですね。キムチ文化を日本に持ち込むな。
Posted by AKIRA at 2006年08月12日 15:27
>京都はもう日本ではないです。キムチ王国に成り下がっています。いうまでもなく大阪も。

そう言うコメントは在阪・在京都の同胞(日本人)に対して非常に不愉快な印象を与えるものであり、国民の結束というガキでも解る戦略の根本に、甚大な障害を与えるものであります。

日本人の感情的分裂を計る「工作員」のごとき発言は以後、お慎み願います。

指、振るえとるわ・・・。
Posted by 赤犬の亡霊 at 2006年08月12日 15:30
義勇軍として戦った部隊の話は有名ですね。ことインドネシアに関しては東條さんと陸軍との意見の相違があったりしてなかなか思うにまかせなかった事情があります。大事なのは将来、日本の一時期が侵略国だったとの汚名を受けるようなことがあってはならないってことでしょう。戦争などどちらか片方が絶対悪なんて有り得ないですからね。
Posted by あきら at 2006年08月12日 16:26
大東亜戦争後に日本人が、現地に残り、
「我々はアジア解放の為にこの地に来た。日本は敗れたが、未だアジア解放の目的は達せられていない。因って、我々はここに残り諸君と共に独立の為に戦う。」
このように言い、インドネシアでは2000人と言われる人が残り再来したオランダと戦った。
否定者さん、南北朝鮮、中国とは違うのは当然です。歴史を知らない人は、一緒にしてしまうのです。それは別個に考えなければなりません。

戦後の個人主義はアメリカによりもたらされました。家制度を崩壊させ、利己主義が蔓延ったのもアメリカに付いてきた結果です。
国民の精神再興隆を望むのならばアメリカと仲良くしていても仕方ないです。私は血筋論者ではないが、もし血筋で言うならば、アメリカの血筋も最悪です。そのような国民との友好を喜ぶとは矛盾してます。
Posted by 亜細亜会議 at 2006年08月12日 16:44
否定者さん、
>しかし同時にそれらの国々は日本から遠く、多分旧日本軍が行った行為も韓国や>中国に対して行ったそれとは質が違ったのではないでしょうか?

朝鮮半島、支那大陸と東南アジアの反応がちがうのは民族性・中華主義(中国が世界の中心)・儒教(日本は弟)文化という文化・思想面からも来ていることも十分検証の余地ありますね。
あと、多分ではなく、ちゃんと調べることをお薦めします。これはそんなに難しいことではないはずですから。

統治や進出方針に、国によってエコひいきがあったのか。
台湾や東南アジアだけ特別待遇していたのか。大陸・朝鮮にだけ酷いことをしたのか。もし差別していたとたら、それはいかなる理由によってとか。面白いですよ。
Posted by 通りすがり at 2006年08月12日 18:19
在日朝鮮人はもう自ら裾を正して日本から出て行くべきじゃないでしょうかね。これだけ日本国内でテロ活動しておきながら差別されたはないでしょうし。亡霊サン大阪や京都の人間は焼肉食べますか。ばか面さげてパチパチと網の上でお肉を焼いて、醜態でしょ。

いくら同胞日本人といえども在日に同級生がいるだの根はいい奴だの言っているようじゃダメ。焼肉屋を襲撃した日本人はいるんですか?いないでしょ。それなのに朝鮮人は差別された被害者だと言い張る。キチガイ民族ですよ。
幕末なら間違いなく今の朝鮮人は襲撃されてました。我々一般人も有事に備えてある程度武装しておくことをお勧めします。
警察はたよりにならないですから。朝鮮人はいつ気狂いおこして日本人に襲い掛かるか分かりませんから。
Posted by AKIRA at 2006年08月12日 18:56
歴史という事実は一つである。
しかし、歴史観となると主観であるから、個人、国によって違うのは当然である。
ならば、支那、朝鮮の歴史観を我が国に押し付けようとするは、傲慢以外の何物でも無い!
しかも、それが事実無根であったり、あからさまに事実が歪曲されているとなると、真っ当な精神の持ち主ならば、反発するは必定なのである。
尖閣、竹島、我が国の主権に対し、挑発して来たのは彼の国である。
それを見て見ぬ振りは、後世の国民の切り捨てである!
国益とは、今日、明日の仲良しゴッコや小商いでは無い!
子孫の為の行為である!
Posted by 導誉 at 2006年08月12日 19:04
旧日本軍人の心意気と衿侍には頭が下がります、それは今尚各国から評価を受けている。その支えは「日本人の心」だと思います。

朝鮮人を人括りに見れば、けしからん、と成るのは当然です。
しかし全てについて一まとめに排斥する、との考えは短絡であって、逆に日本国の足元を弱くするのではないか。

主張すべきは主張し、糾弾し、受け入れる事もある。
政治、軍事、民間人の個々の事象や事件について、是々非々で当たり、自らも厳しく律する強さが求められると思います。
Posted by MultiSync at 2006年08月12日 19:17
朝鮮人に対しては報復をするということでいいでしょう。差別ではありません。報復です。差別を叫ぶ朝鮮人から潰していきましょう。大体韓国では親日家に対して法的に罰することが出来るそうですね。差別を最もしている民族こそが被差別者の仮面を被るようです。

朝鮮人には最大級の報復をし骨の髄まで恐怖を植え込みましょう。彼らは犬と同じです。誰が主人であるかわからせなければやりたい放題の行動を取ってきます。叩いて叩いて気絶するまでわからせましょう。

私は極右という程の自覚はないのですがそんな私でも朝鮮人に対しては何でもしていいと思います。煮ようが焼こうが何でも良いでしょう。なぜなら彼らが日本人に対してそのように接してくるからです。経済的にも切り離して国自体を崩壊させ土人の国に戻らせましょう。

Posted by トランプ at 2006年08月12日 19:23
MultiSyncさんそれは違うと思います。

私は日本人は朝鮮人にだけ甘いと思っていましたが、おそらく日本人は全てのアジア人に対して同じ態度だと最近は思います。

しかし朝鮮人には通用しない。こいつらは違う。まったくの異人種。西尾幹事先生もそう述べておられる。おなじアジア人と一括りにしてきたことはあきらかに過ちでした。

自らも厳しく律する強さ。これは朝鮮人にとってはありがたい餌になるだけ。いい加減日本には無用な人種は追い出すべきです。
Posted by AKIRA at 2006年08月12日 19:31
またこういうと左呼ばわりされちゃうでしょうけど(笑)

本人の変えようの無い部分を持ち出して排斥するのは差別です。

所謂特亜の『偏狭なナショナリズム』においては侵略者である日本人は煮ようが焼こうが何をしてもいいんです。

あなた方、彼らと同じですよ・・・。

今の日本に必要なのは『開かれたナショナリズム』であって
『偏狭なナショナリズム』や『排他主義』ではありません。

Posted by 農民 at 2006年08月12日 19:59
>いくら同胞日本人といえども在日に同級生がいるだの根はいい奴だの言っているようじゃダメ。

マア、工作員(コードネーム・AKIRA)の言う事イチイチ、真に受けても仕方ありませんね。
Posted by 赤犬の亡霊 at 2006年08月12日 20:10
『偏狭なナショナリズム』『開かれたナショナリズム』であろうとなかろうと、けじめは必要ですね。

そもそも、尊王攘夷派が天下をとって、メチャ西洋化になるほどの民族性ですから、一時的に偏狭(攘夷・排斥)になっても全く心配はないと考えます。
Posted by 通りすがり at 2006年08月12日 20:16
通りすがりさん

「尊皇攘夷派が天下をとってから西洋化した。」

これは、歴史とは違います。幕府を倒す前から西洋化しています。
それは、西洋武器などを言っているのではありません。体制や目指す維新政府の事です。

歴史と違うので・・・。
その点だけです。
Posted by 亜細亜会議 at 2006年08月12日 20:34
> 否定者 様
私も一言コメントさせて頂きます。

あなたは中国人?それとも朝鮮人? 同時に両国を代表しているかのような論調ですのでコメントに困ります。もしかしたら日本人でしょうか?

1 当然です、中国と韓国は私が見たところ欲に眩んだ目で歴史観を作っていますので他の諸国と異なります。何かと言えば被害者意識をむき出しにして、反省しろ、謝罪しろ、賠償しろのオンパレードですね、、、でもそれらの捏造が一つ一つ暴かれています。
いい加減にしましょう。「国家の品格」が損なわれますよ。

2 無理ではありません、1で指摘した捏造された歴史観を改め、真実を受け入れれば、変われます。

それによってこそ明るい未来が開けるのではないでしょうか?


Posted by 基準点 at 2006年08月12日 20:35
■韓国人 崔基鎬の述懐 「韓国人は日本人以上の日本人だった」(大意)
当時、戦争ニュースは映画館で放映されており、韓国人は日本軍の活躍に狂喜していた。(拍手と万歳の嵐)
しかし、日本で映画館に行くと、熱狂する人など殆どおらず、冷静にニュースを見ていた。
http://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_12/tokusyu.htm
■仏誌Paris Match元特派員 アルフレッド・スムラー著 『ニッポンは誤解されている』
別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4531080548/249-1372373-3521946
Posted by 奈菜氏 at 2006年08月12日 21:04
まあ人それぞれでしょうが、農民さんなにが彼等と私が一緒なんですか。

>今の日本に必要なのは『開かれたナショナリズム』
この一文は本当によく在日や韓国政府が発するものですよ。

開かれたナショナリズム、他民族受け入れ外国人天国、これらはまず韓国が自分達で実現してから。それを見届けた後、真に幸せな国家に韓国がなっていば日本もまねすればいい。それだけのこと。



Posted by AKIRA at 2006年08月12日 21:04
■中国人 謝永光著 『日本軍は香港で何をしたか』
(朝鮮人は)一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。
■オーストラリア人 ケニス・ハリスン著 『あっぱれ日本兵』
彼ら(朝鮮人)は(日本人に比べ)大型で、顔は平たく、知性に劣り、日本人が与えた屈辱を我々に転嫁した。
どんなに試みても、我々は彼らと本当の付きあいは確立できず、体罰となると、日本兵よりも彼らをはるかに恐れた。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4425946316/qid=1099204982/sr=1-1/ref=sr_1_8_1/250-8480028-1317830
Posted by 奈菜氏 at 2006年08月12日 21:05
AKIRA さんへ

>自らも厳しく律する強さ。これは朝鮮人にとってはありがたい餌になるだけ。

見る角度の違いだと思いますが、例えばミサイル問題で総連の態度を糾弾する事は当然であり、一人の在日を「朝鮮人など相手にならん」等と罵れば、人種差別の汚名を着る。

>いい加減日本には無用な人種は追い出すべきです。

ここでの「人種」と言う捉え方を、商談や対外交渉で口に出せば、レイシスト(差別主義者)と見成されて、搦手から交渉の負けが決定的になります。

日本人が逆に弱みを作るべきでない、と言う事です。
Posted by MultiSync at 2006年08月12日 21:06
「アジアの真実」にも工作員が現れました。
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10015677191.html#cbox

おまけ
犬HKのクズに鉄槌を

緊急告知!!
NHK「2006 日本の、これから」 アンケート改竄
7月〜8月4日の設問と今現在の設問が改変されています。

いままで集まったアンケート結果は無かったものにされようとしています!
希望者は至急下記のアンケートに答えて下さい。
http://www.nhk.or.jp/korekara/index.html

Posted by ♪ at 2006年08月12日 21:19
ま、国と国ってのはどの考え方が大勢を占め政策に繁栄されるかで、仲良くもなればいがみ合いもするもんです。しかしながら朝鮮だけは長い長い属国の歴史からくる独特の民族性を有していてこれは治らんでしょうね(´∀`) とにかくやっかいな隣国です。
Posted by あきら at 2006年08月12日 21:34
否定者さんへ
米国国民の世論調査では英国に次いで日本に好感を持つ人が多くなっています。日本でも一番好感度が高い国は米国です。対して日本人が一番嫌いなのは中国です。
東アジアに君臨する共産主義は滅ぼさねばなりません。共産主義が滅びなければ日本に対する脅威はなくなりません。共産主義が消滅すれば、中国は5つ位の国家に分解することでしょう。
亜細亜会議さんへ
わが国の民族派の中には、今なお米国に対する嫌悪感を捨てられない人々が多いですね。そのような方に聞きたいのは、では米国と離れて東アジアで日本が生存戦略を如何に構築するのか、その戦略を先ず提示すべきではないのか、と言うことです。米国と同盟関係にあっても、勿論日本古来の良さは守って行くのは当然のことでしょう。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月12日 21:39
AKIRAさん

>>今の日本に必要なのは『開かれたナショナリズム』
>この一文は本当によく在日や韓国政府が発するものですよ。

あなたはここを何時からご覧になっていますか?
ここの主宰者である瀬戸さんは『開かれたナショナリズム』を提唱しているんですが・・・(人それぞれ微妙に解釈はあるでしょうけど)

本当の開かれたナショナリズムとは排他主義でも、他者を見下すことでも、
また、外国人を無制限に受け入れることでもありません。

もし、その気がありましたら今一度、過去ログをざっとでいいですか見ていただきたいものです。

他者を糾弾する者は自らを厳しく律しなければいけません。
差別的、盲目的な相手を差別的な言動で糾弾するのは第3者から見ればどっちもどっちなんですよね。





Posted by 農民 at 2006年08月12日 21:43
農民さん私はここを去年の12月頃から見ています。
そんなことより、あなた↑のこと全て朝鮮人に向かって言いなさい。

彼等がまともな人間であれば私だってレイシストの汚名を被ってまでコメントしませんよ。
Posted by AKIRA at 2006年08月12日 21:50
異国の地でアジアのために戦った日本軍にご冥福を祈ります。
また、我々日本人はまた誇り高き国日本を建て直します。
アメリカや中国、などから鎖を解き、日本の本当の独立を宣言したいです。
Posted by 艦長 at 2006年08月12日 21:51
MultiSync さんへ
いつもありがとう御座います。
農民さんへ
お久しぶりです、いらっしゃい。
お二人は良き理解者であると思っています。極右と名乗っているためか、どうも誤解をしている人も多いようです。私は少しでも多くの国民の支持が得られるためには現実的な戦略が絶対に必要であると考えます。特に日米同盟は東アジアの情勢を考えれば、これは最も重要な柱であると考えます。しかし、どうしても反米愛国者には分かってもらえないようです。
また、朝鮮人の問題ですが、朝鮮人だから悪いと言った主張には与することは出来ません。何が問題なのかを具体的に指摘をして、批判するなら分かりますが、人種・民族で批判することは、逆に相手に付け入るすきを与えてしまいます。在日朝鮮人問題に関しては、永住権の見直し、権利ではなく資格であるとの再確認、それを主張して行く事が、今後必要だと痛感しています。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月12日 21:51
AKIRAさん

エンコリとかでコトあるごとに言ってますよ。
日本を批判するなら客観的事実に基づき、理性的にするべきだと。
それができるならば批判は歓迎です。
自らを省みるきっかけになりますからね。

あなたがそこまで朝鮮人を憎む理由は分りません。

ですが、ぼくにも、『すべての朝鮮人が悪いわけではない』と思う理由があります。

ぼくの友人があなた方のような人に排斥されるのなら『売国奴』と言われても抗うつもりです。
Posted by 農民 at 2006年08月12日 22:02
瀬戸さんへ
私は反米愛国者です。
瀬戸さんの仰るように、現実的に考えると日米同盟は重要だと思います。それは、現在の憲法、愛国心なき国民に防衛費増大を求めることからです。
しかし、現在米国に利用され、国民は国を護る、愛するという当然な事を忘れています。
西洋、米国に追随している以上、日本人は覚醒しません。
米国の傘から外れなくてはいけないと思います。
米国のフロンティアスピリッツに付き合う必要は無いと思います。
Posted by 亜細亜会議 at 2006年08月12日 22:13
農民さん
>ぼくの友人があなた方のような人に排斥されるのなら『売国奴』と言われても抗うつもりです

本気ですか?
おやりなさい。
いずれその時がかならずきますから。
正々堂々やりましょう。まちがっても朝鮮人のお友達と結託して薄汚い手を使わない事を祈ってます。売国奴どころじゃなくなりますよあなた。裏切り者ですね。
朝鮮人と関係をもつと法則発動。こうやって朝鮮人が日本にいるだけで日本人同士が憎しみあう。これが問題だといっているのに。
Posted by AKIRA at 2006年08月12日 22:24
亜細亜会議さんへ
日本が真の自主独立の国家として存続するなら、何の問題もありません。しかし、北朝鮮のミサイル発射の時もそうでしたが、中・韓・露は日本の提案した北朝鮮批判・制裁案に反対しました。日米の同盟関係がなかったら、日本は東アジアで孤立してしまいます。
なぜ、米国に利用されているとか、米国に追従しているという視点からぬけだせないのでしょうか。私は以前から日米共同覇権構想を提唱しています。日米が共同して東アジアにおける覇権を握り、共産中国の覇権に対抗するものです。
これは何も米国の手先になることではありません。互いが平等な力関係を作りあげるということです。
そのためには国内の左翼勢力を駆逐して、憲法を改正し強力な国防国家を目指します。これ以外に日本が中国や朝鮮と対峙する国家戦略はないと思います。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月12日 22:43
AKIRAさん
ま、同じ名前で親近感がありますが、在日朝鮮人にも日本に溶け込み暮らしている者もいることは理解して欲しいですね(^-^)/ ただ日本に居ながら反日的な態度は忌み嫌われて当然だと思いますよ。加えてあまりにも異質な民族性と言うか「肌が合わない」って表現が的確かと思います。
Posted by あきら at 2006年08月12日 22:43
>瀬戸さん

どうもご無沙汰しております。

最近、切に思うのはあまりにも朝鮮人差別が酷すぎるということです。
(朝鮮人、在日の問題もおおきいですが)

ネットでの嫌韓ブームの副作用なんですかね・・・。

朝鮮人という言葉の前に思考停止してしまう所謂『嫌韓厨』と日本人の前では思考停止してしまう特亜の反日。

僕には同じにしか見えないんです。

この無秩序な排斥主義に危機感を感じるのは杞憂でしょうか・・・。

>AKIRAさん

あなたとのこれ以上の議論は意味はないのでやめておきます。
朝鮮人問題以外で共通項があればまた・・・。

Posted by 農民 at 2006年08月12日 22:47
朝鮮人の世論調査で日本を悪く思っている割合はかなりのものですね。そしてそれは捏造された教育や甘えの思想から来ていると思われます。日本国内にいる朝鮮人を見境なく殺せとまではいいませんが朝鮮学校など反日教育をしていたりパチンコや消費者金融などいろいろ問題を起こしています。これは一度朝鮮人を日本から切り離すことが必要なのではないでしょうか?レイプ強盗殺人武装スリなどあまりに酷すぎます。韓国や北朝鮮に対してはもう攻撃してもいいのではないかと思います。少なくとも経済的に切り離してもらいたいです。

最近の日本人は礼儀正しすぎですね。せめて卵を投げつけるくらいはしてもいいんではないでしょうか?あちらは糞を撒き散らしたり脅迫したりしますからね。最も勇敢であった世代の日本人であれば絶対に今の国内の寄生朝鮮人を許さないでしょう。私はそう思います。
Posted by トランプ at 2006年08月12日 22:56
瀬戸さんへ
日本と米国が現在の国際的枠組みの中で平等な力関係を構築出来るとは思いません。日本は、資源なく穀物自給率も40%です。軍事でも米軍を駐留させています。国連の枠組みでも日本は核の保有も出来ません。
確かに仰るように、ミサイル発射の際米国がいたから決議できました。しかし、翻していうならば、日本は米国がいなければ何もできないのです。
米国との共同覇権で中共を防ぐといいますが、日本一国では何も出来ないという考えから脱却し、日本のみでもなしうるという国民感情を醸成することが、真の独立の第一歩だと思います。これ以上、米国と同盟を結び進歩があるとは思えません。既に半世紀同盟関係にあるのです。
Posted by 亜細亜会議 at 2006年08月12日 23:07
>亜細亜会議さん

私もアメリカの原爆投下や絨毯爆撃や東京裁判等々に対して非常に怒りを覚えるところがありますので亜細亜会議さんのお気持ちは痛いほどわかるのですが米国と離れるというのは現実的ではないと思います。(心の声 米国は謝罪せよ!)

亜細亜会議さんの仰ることを実行するにしてもその前に中共を潰すことが必要でしょう。いつまでも米国の都合の良い道具として扱われることは私も嫌ですがとにかく支那が崩壊するまで待ってみませんか?

米国と正常な距離を取るにしても順序というものがあるのかもしれません。私もそうですが胸の内にグッとこらえて支那を潰すことに全力を尽くすべきです。反米の時期が来たら私もそちらに移りますのでw今はなにとぞアメリカとの強い結束を謳いましょう。
Posted by トランプ at 2006年08月12日 23:23
瀬戸様、お世話掛けます。

皆様、朝鮮人中国人に不逞の輩が多い、これは事実でしょう。
しかし日本に溶け込み、日本人として生きていける者も存在する。

国対国は明確に主張を繰り広げる外交、組織に対しては内政の改革と頑張りに期待し応援するしか有りませんが。
個人間について「レイシストの誹りを受けず、不逞の輩を排除する」には、「周囲大勢の注視」が効果的だと思います。

悪い奴は、嘘が上手いとか暴発して危険なのも居ますから決して油断せず、日本人の誇りと威厳を持って団結し、事実に即して対処したいものです。
Posted by MultiSync at 2006年08月12日 23:29
トランプさんへ
朝鮮半島は東アジアにおける火薬庫です。日本は余り関与すべきではありませんが、無関心であってはならないし、場合によっては国連軍、あるいは多国籍軍として介入を余儀なくされるかも知れません。国内には「在日問題」も抱えており、どうあるべきか真剣な議論が必要になりますね。
亜細亜会議さんへ
日本が単独で自国を守れるだけの軍事大国を目指すのは余りにも非現実的です。いずれにしても米中対立となれば、中立とはいかないでしょう。仮に米中が結びつけば、日本が単独で自国を守ろうとしても、極めて困難になります。
かつてのような大アジア主義が幻想なら脱亜も考えなくてはなりません。米国との同盟関係と言ってもこれまでは、一方的に守ってもらうだけの立場でした。アフガン、イラクでようやく日本もその責任の一端を担うことができました。問題はあったにせよ、少しづつ一人前の国家になりつつあると思います。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月12日 23:30
各位
私はこれで休ませて頂きます。8・15日まで後2日です。テレビで社民党の福島党首が「小泉首相の靖国参拝はアジアの国民に対する配慮を欠く」などと言っていますが、本当に何を言っているのやら、彼ら左翼の言うアジアとは一体何処の国を指しているのでしょう。
皆さん、明日、明後日、共に民族精神高揚のために共に頑張りましょう。
それでは失礼します。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月12日 23:36
瀬戸さん
お疲れ様でした。おやすみなさいm(_ _)m
Posted by あきら at 2006年08月12日 23:40
トランプさんへ

「支那を崩壊させる為に米国との結束。
米国と離れる事が現実的には無理。」

痛いほど解ります。仰る通りです。
確かに、支那が崩壊すれば国連の枠組みも変わり、日本の安保理入りに拒否権を行使する国も無くなり、宗主国を失った、南北朝鮮も滅失することになりますね。
支那の崩壊のその日まで、反米の気持を忘れず、耐えると言うことは賛成です。
日本人は今、国の文化を忘れてしまっています。これを取り戻さないと、来る日に米国に対し対等に物事を言えなくなると思います。そうならない為にも、歴史を見直し祖国に誇りを持たなくてはならないと思います。

最後は、逸れた文になってしまいましたが。

トランプさん。
とても参考になりました。
Posted by 亜細亜会議 at 2006年08月12日 23:51
>瀬戸さん

たしかに朝鮮半島は火薬庫ですね。日本としては対岸の火事として見物できるのであればそれが一番良いと思うのですが問題は日本が礼儀正しくまた反撃できないということでますます侵略の対象とされてしまうのが怖いです。やはり礼儀正しいことも度が過ぎると悪であると私は思います。領土を侵略されても自国民を拉致されても戦争にならないというのはどう考えてもおかしいと思います。それと国内の在日問題も避けて通れない道ですよね。

増田俊男氏の本でアメリカの支那征服シナリオを読んだのですがそこでは日本が戦うことが折り込まれているようです。日本は戦う気迫を養い特アに対し睨みをきかせることが肝要だと個人的には思います。
Posted by トランプ at 2006年08月13日 00:01
亜細亜会議さんへ
あなたの文章からは軍靴の音が聞こえてくるような気がします。
農民さん
私はAKIRAさんの意見に限りなく近いです。
在日と朝鮮人とは別物です。在日という立場を在日の方々が解消しない限り
日本人と他の外国籍の方々とのような同等の関係はありえないと思います。
差別は必然だと思っています。
アメリカとの関係云々ですが、交渉ができる国かどうかだろうと思っています。原爆、裁判とありますが敗戦国ということを加味しての交渉はあったと思います。交渉できるということは次にスッテプアップが可能だということです。
Posted by 緋月 at 2006年08月13日 00:02
>朝鮮人という言葉の前に思考停止してしまう所謂『嫌韓厨』と日本人の前では思考停止してしまう特亜の反日。

ま、行動や思考は似てますね。しかし、原因が違います。
嫌韓の原因は反日で、反日の原因は反日教育。
韓国政府が反日教育を止めれば、反日も嫌韓も減少する事は一目瞭然です。
反射行動でしかない嫌韓を批判する事は無意味どころか
嫌韓を増殖させる効果しかありません。

両方を問題視するなら両方の原因である反日教育を批判するべきでしょう。
Posted by 沢木 at 2006年08月13日 03:35
私は反射行動ならネガティブなものでも肯定します。

なぜなら、他国にネガティブな行動を取られた時に
それを最も平和的に解決する手段としては
等分にネガティブな行動をやり返した上で拮抗状態を作り
お互いに止め様と交渉することだからです。

この場合に「やり返すのは良くない」とか
「倍返しする」は両方とも同等に非平和的です。

自称平和主義者は負の連鎖を恐れるわけですが
片方が一方的にやられている期間が長いほど
いざ拮抗した時に負の連鎖になりやすいです。

そして片方が我慢し続けて拮抗状態を回避する事は不可能。
いずれ拮抗状態になるのなら速い方がマシなんですよ。
Posted by 沢木 at 2006年08月13日 03:44
もうすぐ15日ですね。
圧力が増す中、小泉はどのような判断をするのか・・・。
左・右に関係なく、日本人は皆、戦争で亡くなった方々に対してご冥福をお祈りしています。
しかし靖国神社参拝については、特にこのタイミングでは絶対に反対です。

瀬戸さん
終戦記念日を迎えるにあたり、どのような活動をなさるのですか?
一度、終戦記念日の極右の活動というのを見てみたい気持ちがあります。
Posted by 否定者 at 2006年08月13日 04:17
皆様おはようございます。

>緋月さん、沢木さん

当然、原因を作ったのは朝鮮人、及び在日の人達です。
それは間違いありません。

一番の解決法は反日教育をやめさせることだとも思っています。

皆様との意見の相違はあくまでそれまでの過程であり方法論と言えるかもしれません。

僕は特亜の偏狭なナショナリズムを憎んでいます、ですから自分がそれと同じような言動は絶対したくないんです。

自らを厳しく律し、姿勢を正す姿は第3者的な判断の前では大きな武器になるはずです。
世界の目を味方につけるには大切なことだと思います。
Posted by 農民 at 2006年08月13日 06:23
否定者 様 おはようございます。

>圧力が増す中、小泉はどのような判断をするのか・・・。

小泉総理は終戦記念日(敗戦の日)である8月15日に靖国神社に参拝されますよ。そのように明言されていますよ。

>しかし靖国神社参拝については、特にこのタイミングでは絶対に反対です。

なぜこのタイミングでは反対ですか?  
何時なら良いのですか? 
靖国神社に参拝するのに誰かの許可を得る必要があるのですか? 
中韓だけにその許可権があるというのですか?

あなたの論説は意味不明です、あなたは一体何を否定しているのでしょうか?
Posted by 基準点 at 2006年08月13日 07:12
>農民さん

方法論の違いと言うなら具体的解決策を示して欲しいですね。

世界の目とかは完全に意味不明です。
第三者的な判断を下すような国が介入して来るわけないでしょう。
それに純然たる第三者なんて存在しません。

良い子にしてれば回りが助けてくれる的な発想なんですかね。
大人しくしてれば好き放題されるのが国際社会ですよ。
Posted by 沢木 at 2006年08月13日 07:22
農民さん
現状で世界の目を味方につけるのは自国民を毅然とした態度で守ることのできる国です。ですから在日の方が自ら解決しなければならないと書いたのです。特亜の偏狭なナショナリズムに通じるとは思えません。
最近は特亜を使うようになりました。大変な進歩です。
反日教育を今後も続けるのか否かはその国の判断です。
日本の方がもう一度、明治以降を見直す方が早いでしょう。
従軍慰安婦の霊がついているというふざけた話を鵜呑みにしない教育の方が大切でしょう。
Posted by 緋月 at 2006年08月13日 07:43
沢木さん、緋月さん

この議論は過去にも同じように行われているので、とりあえず
http://blog.m.livedoor.jp/the_radical_right/c.cgi?sss=stseugroodevil&id=50877603
のコメント欄を覗いてみてください。
繰り返しになってしまうので。
とりあえず仕事中なんでこれですいません。
声優さん、まだ怒ってますか?(笑)
Posted by 農民 at 2006年08月13日 09:50
昼休みなんで

在日に対しては前記の通りです。

本国、及び本国人はもはや反日という麻薬から自らの意思で抜け出すのは非常に難しいと思います。
特亜の反日教育の異常性をもっと世界に発信して、世界からの厳しい目に晒すことで変化を促すべきだと思います。

時間は掛かるでしょうけど一番現実的な方向だと思います。

黙って大人しくしろと言っている訳ではありません。言うことは理性的に言う、という事です。
Posted by 農民 at 2006年08月13日 11:28
否定者へ。
国民は8月15日の参拝を望んでいるんだよ。それにいつ行っても批判されるんだからいつ行っても同じだろ。

いずれ君のような人間が日本に住むことがなくなる日を心から待ち望んでいるよ。
Posted by 無題 at 2006年08月13日 12:55
基準点さん

首相の座を譲り渡してからがベストです。実際小泉は「いつ行っても同じ」と明言していますし。
そうすれば中韓にも何も文句を言う資格はありません。
ただ、私が靖国参拝反対を唱えるのは、「中韓に屈する」とかそういうくだらない理由ではないのです。
一国の首相が個人的エゴで多数の国民の意思に反した行動をすることに反対なのです。
どうしても行きたければ、国民投票でも行って国民の同意を得てから参拝してはどうでしょう?
「外圧に屈した決断ではなく、自らの判断で行かなかった」と言い切ればいいではないのでしょうか?
靖国に参拝することだけが戦死者に対して追悼の意を示すことなのでしょうか?
靖国参拝しないでも、追悼の意は示せるはずです。
それができないという人はただの偽善者だと思います。
Posted by 否定者 at 2006年08月13日 13:07
>世界からの厳しい目に晒すことで変化を促すべきだと思います。

まず第一に、世界が日本のために特亜を厳しい目で見る理由が無いです。
新聞が皮肉を書く程度のレベルなら場合により可能かも知れませんが
そんなレベルでは特亜は自己反省しないでしょう。

政府レベルでどうこうは利害関係が無い限りありえません。
そして利害関係で交渉するなら対象国と直接やる方が良いです。

理性的でない世論を背景に理性的な要求をするのも外交です。
Posted by 沢木 at 2006年08月13日 13:25
>一国の首相が個人的エゴで多数の国民の意思に反した行動をすることに反対なのです。

世論調査のことを言ってるなら靖国賛成が上回った事もありますけどね。
それと二択の世論調査にさほど意味が無い事は支持率が物語っています。
靖国参拝反対が強固な世論ならば小泉・安倍両氏の支持率はありえません。

マスコミは、強く賛成、どちらかと言えば賛成、どちらかと言えば反対
強く反対の四択で調査してるはずですが、賛成、反対に集計して発表している。
賛成派は強い反対が多く、反対派は弱い反対が多い事が推測できます。
官邸は独自に世論調査してますから、この辺の世論は承知済みでしょうね。
Posted by 沢木 at 2006年08月13日 13:26
訂正

賛成派は強い反対が多く>賛成派は強い賛成が多く
Posted by 沢木 at 2006年08月13日 13:27
沢木さん

世論調査なんて誰が言いましたか?
ちゃんと国民投票と記したつもりですが・・・。

小泉が5年半政権を保ったのは靖国参拝をしたからではありません。前回の選挙も郵政改革選挙ではなく靖国参拝選挙で戦っていたら圧勝はありえなかったでしょう。国民は騙されたのです。
安倍の支持率が高いのは国民が馬鹿だからです。
なんで政策さえ明らかにしていない人間の支持率が高いのですか?
「顔」や「印象」で選ぶ国民が多いからでしょう。
Posted by 否定者 at 2006年08月13日 13:40
現状では国民投票してませんよね。
にもかかわらず「国民の意思に反して」と書く根拠は
世論調査ぐらいしかないでしょう。

まだ実施してない国民投票を指すのならば
「国民の意思を問わずに」と書くべきですよ。

それと国民投票法案はまだ審議中です。
国民投票が必要とも思いませんが。

国民が騙されたとか馬鹿とか言い出すなら
国民投票に何の意味も無いのでは?
Posted by 沢木 at 2006年08月13日 13:47
否定者さん
自分の意にそぐわない国民は皆馬鹿ですか(^-^)/ 阿倍氏の人気は良かった頃の日本を取り戻し、土下座外交のふがいなさを糺して欲しいとの期待なんでしょうな(^-^)/ 私もそう考えて支持してますが(^-^)/
Posted by あきら at 2006年08月13日 14:18
否定者さんへ
国民投票ですか。それもいいかもしれませんね。
前にも書きましたが60年で多くの公式文書が開示され始めています。
先の大戦をそれに至る経緯から検証することが先決です。
情報が偏っていては公平な投票ではありませんから。
姑息な手段でゆがめられていると言われる今の報道機関にも、歪曲と捏造だとわめく隣国にとっても願ったりではないでしょうか。また右翼と言われている方々にとっても望むところだと思います。

なんか楽しみですね。ワイドショーの細切れでなく、あらゆる分野の専門家の方々の歴史考察ですよ。実現してほしいですね。
Posted by 緋月 at 2006年08月13日 14:19
コードネーム・AKIRAさんへ

>こうやって朝鮮人が日本にいるだけで日本人同士が憎しみあう。これが問題だといっているのに。

ご自分の発言がその一端を担いでる事に、イイ加減気付いて下さい。

>法則発動

あまり「専門用語」は使わないで下さい(wwwww
Posted by 赤犬の亡霊 at 2006年08月13日 14:31
赤犬の亡霊...愚かな男だ。言葉もない。
Posted by AKIRA at 2006年08月13日 15:24
〉沢木さん

確かに効果は難しいかもしれません。

しかし、日本だけが何かをしても変わるとは思えないんです。

そこまで病巣は深いと思います。

正直、手詰まり感を感じてもいますが…。

無視と対症療法的に反日プロパガンダを潰していくしかないんですかね…。

こんな曖昧な答えで申し訳ないです。
Posted by 農民 at 2006年08月13日 15:54
否定者様 早速のご返答ありがとうございます。
>首相の座を譲り渡してからがベストです。
首相による参拝について議論しているのに、「座を譲り渡してからがベスト」とは、笑止千万です。
>そうすれば中韓にも何も文句を言う資格はありません。
もともと中韓がこの件で文句を居言うこと自体が異常なのです。
>ただ、私が靖国参拝反対を唱えるのは、「中韓に屈する」とかそういうくだらない理由ではないのです。
「中韓に屈する」かどうかは、特に「国のため一命を捧げた兵士の慰霊」に当たって首相として絶対に引けないポイントです。
>一国の首相が個人的エゴで多数の国民の意思に反した行動をすることに反対なのです。
一国の首相が「国のため一命を捧げた兵士の慰霊」のために参拝することを「個人的エゴ」と解釈するセンスが信じられません。

失礼とは存じますが、返事は不要です。

Posted by 基準点 at 2006年08月13日 21:11
今日はちょっと出掛けましたので今ざっと読んだのですが否定者さんはあいかわらずですねwまるで(まさに)朝鮮人か支那人の工作員です。

ここを観覧されている多くの方々はよくこの否定者なる者の狂いっぷりを覚えておきましょうね。鬼畜左翼の人間が一体どういうものであるのかその端的な例がここに示されています。腐敗した精神がどのような行動に出るのかどのような仮面を被っているのかがよくわかります。

人間の精神においてもっとも堕落、腐敗した精神が否定者なる人物の中に宿っています。日本はこのような腐敗人種に腐敗菌を植え込まれてはなりません。断固として叩き潰しましょう。このようなエイリアンに手加減など必要ありません。安倍首相!憲法改正から核ミサイル保持、スパイ防止法案等の早期成立を!

Posted by トランプ at 2006年08月14日 01:04
「世界の目」というサイトをご覧ください。日本だけでなく、いかに朝鮮人が世界各国で嫌われているかがよくわかります。朝鮮人のDNAに植え付けられた残虐性をはじめ、いろいろなことがわかりますよ。
AKIRAさんのおっしゃるとおり、日本人は民族性なのか、限界ぎりぎりまでとことん我慢します。でも、その我慢が限界に達したら大変なことになります。逆にシナ人や朝鮮人の悪逆非道は、ここにきて日本人を覚醒させました。国内の不法滞在、外国人犯罪のワンツーフィニッシュはシナ人と朝鮮人です。連中にはアジア人だから、顔がにてるからといった感情論は一切抜いて対峙すべきです。シナ、朝鮮との友好は絶対にありえないと思います。
国交を断絶してもいいと思っています。
Posted by Yuki at 2006年08月14日 10:08
否定者さま
日本の中国への侵略戦争を批判する前に、欧米列強の中国への侵略戦争を批判しなければなりません。
中国による侵略戦争・植民地政策・領土拡張も批判しなければなりません。
中国による弾圧・殺害・強姦も批判しなければなりません。
中国の支配下にあり中国語を強制されている各民族についての弁護と、中国共産党への批判もしなければなりません。
これらを忘れて、日本のみを批判するのは、理性に欠陥があるのでしょう。
Posted by とおる at 2006年08月14日 17:35
>在日韓国、朝鮮人問題について

私は法治国家の理念を無視した如何なる排斥運動にも反対を唱えたいと思います。と言いますのは、日本国の品格を著しく損なう行為であるからです(貿易立国である日本にとっては死活問題です)。これに関しては代案など必要ございません。何故ならば、何もやらない方がまだいくばくかマシであるからです。ですが、あえて述べさせていただきますと、瀬戸様の仰るような、永住許可の見直し、不法滞在者の摘発強化、他にはパチンコ店等に対して規制を強化するくらいなものでしょうか。彼らには普通の外国人になっていただきます。もし日朝、日韓において戦争が起きたすれば、積極的に排除してもなんら非難を浴びることはないと思いますが。
Posted by オオガラス at 2006年08月15日 19:41
>否定者様

他エントリーにてコメントを差し上げたのですが、こちらのコメント欄でのご発言に疑問がございますので、私もこちらにて質問させていただきます。

否定者様が首相の靖国参拝に反対なさる理由は国民の反対が多数とのことですが、直後に安倍官房長官が多数の国民に支持されているにも関わらず「国民が馬鹿だから」と仰っています。では、靖国参拝に反対する国民が馬鹿でないのは何故でしょうか?言い換えますと、何故それを思考停止的に受け入れてしまうのでしょうか?それが否定者様が参拝に反対する真の理由であると思いますが。

ちなみに否定者様が仰る「国民が馬鹿」発言の理由には一理あると思います(無論全員がそうであるとは申しません)。ですが、ならばどの方が首相になればよろしいのか否定者様のご意見も仰ったほうがよろしいと思います。

以上です。失礼致しました
Posted by オオガラス at 2006年08月15日 20:08
>日本軍の協力なしに独立運動を起こした国は何処にもありません。
日本軍が東南アジアの民族独立に協力したなんて今まで全然知りませんでした。
独立に協力したのは元日本軍の敗残兵と聞いていました。目から鱗です。
Posted by びっくり at 2006年09月29日 20:29