2006年08月16日

加藤氏は下された“民族の怒り”を思い知れ!

9764917d.jpeg

振り下ろされた斧!

右翼団体の65歳男=放火の疑いで聴取も
自民・加藤氏実家全焼・山形県警
 山形県鶴岡市大東町の加藤紘一自民党元幹事長の実家兼事務所が全焼した火災で、現場で腹から血を流し倒れていた男が、東京都内の右翼団体に所属する65歳の男であることが16日、県警の調べで分かった。県警は男が放火した疑いもあるとみて、入院中の男の回復を待って、事情を聴く方針。県警は同日午前、出火元や原因を調べるため、現場の実況見分を始めた。(時事通信) - 8月16日14時1分更新

 ああいう発言を繰り返していた者は、いつかあのような目に遭うものである―。

 小泉純一郎首相のかつての盟友にして、同首相の昨日15日の靖国神社参拝に対する批判を繰り返していた自民党元幹事長の加藤紘一氏の実家及び隣りに位置する事務所に火が放たれ、全焼したことは報じられている通りだ。
 加藤氏と言えば、自衛隊のイラク派遣に対しても小泉首相の決定に明確に異を唱えていたことも記憶に新しい。
 6年前―、野党の内閣不信任案に同調して当時の森善朗首相を引き摺り下ろそうと画策して失敗。以降、派閥内での求心力を低下、さらには秘書への不正給与問題が明るみになって一度は辞職したものの復活。
 このところ、かねてよりの親中国姿勢を顕わにし、中国の内政干渉に同調するように首相の靖国神社参拝に否定的な見解を示し続けていた。その政治スタンスは親中国という度合いをとうに越して、財界要人と同様、中国の走狗に成り下がっていたと言っても過言ではないだろう。
 
 このほど加藤氏の自宅兼事務所を標的とした放火テロ事件は、中国の内政干渉が強まっていることに対し日本の国民世論が硬化する中で、必ずや民族の怒り瓩暴力を用いてでも噴出することを実証した。
 しかし、加藤氏が真に恐れなければならないことは右翼によるテロも然ることながら、加藤氏の自宅が放火されても世論特にネット上からは彼の言動を称賛したり、彼を擁護する向きが極めて少ないことであろう。
 おそらく変考(偏向)マスメディアは「右翼ファシストによる靖国参拝慎重派に対する凶行」「言論弾圧」として大々的に報じ続けるものと思われる。だが、これまで共産中国の手先として内閣不信任案なる策を弄して権力の中枢を目指し、今また靖国問題をテコに政治的影響力にしがみつこうとした代償はあまりにも大きい。
 伝えられるところによると「今後も靖国問題をはじめとする言論活動に終わりはない」ことを述べているとされるが、生まれ育った生家の建屋を失った以上に、反中共の気運が高まりつつある中で、この政治家が失うものは大きいだろう。

 近代国家が誕生してからも近代国家が誕生する以前よりも、日本人は権力者がテロによって討滅される様を見てきた。天地を覆すような騒動に人々は狂奔し、テロリストに称賛の言葉さえ贈られることも少なくなかったではないか。
 国の為に戦い、散華された戦没者に哀悼の念を捧げるという日本人として当然のことを総理大臣が執り行ったところ、同じ日本人まして同じ党の政治家がこれを批難することは、いかに理由をつけようとも中韓両国の内政干渉に与した走狗としての誹りは免れまい。
 中韓との友好が不可欠なものであることは論を俟たないが、それ以上に日本人としての誇り、死生観、祖先に対する感謝の念、国民感情が重要であることを忘却した売国奴に、遂に斧が振り下ろされた―!
 15日、靖国神社に赴いた小泉首相をはじめとする政治家に多くの人々の喝采や激励が集まったことに比して、放火事件の被害者たる加藤氏に同情は集まっても日本国が彼を真の勇者として讃えることはあるまい。
 四十年以上も前、一人の愛国少年によって、「米帝国主義は日中共通の敵である」と発言した左翼政党の党首が暗殺された時の状況と何ら変わっておらず、それは日本国の風土、“民族の血”がそうさせるのだ。

※このエントリーに批判があるのは覚悟しています。しかし、ネットが巨大なマスメディアと互角の力を持っているなら、言論に対しては言論でという論理は成り立ちます。しかし、ネットはまだまだ現実の世界でそれだけの力を持っていません。

 我々極右はこれまで歴史的な政治テロ事件を是認してきました。その理由は日本という国家解体を狙う「反日分子」に対しては、合法・非合法を問わず逆襲する権利を持つという我々の政治信条にあります。

ブログ・ランキング 応援クリック宜しくお願いします! 



Posted by the_radical_right at 18:31│ mixiチェック 検証・歴史的大事件 
この記事へのトラックバック
卑劣なテロだ。 右翼団体(?)の責任者が加藤紘一元自民党幹事長の宅に放火し、割腹自殺をはかったらしい。加藤紘一氏は、小泉首相の靖国神社参拝や安倍官房長官の靖国観を批判していた。 それが気に食わないからと、一歩まちがえ
極右評論テロリズム宣言【土佐高知の雑記帳】at 2006年08月16日 22:52
なんか、最近ややこしいエントリばかり書いてるような気がする 今の日本で賛同者が少...
それが極右というなら、そんなものいらない【Let's Blow! 毒吐き@てっく】at 2006年08月17日 09:34
毎日新聞実家の部屋から油性反応を確認し、放火事件と断定した。現場に倒れていた東京都内の右翼団体に所属する男(65)が腹を切るのに使ったとみられる刺し身包丁も見つかった。(中略) 男が所属する右翼団体は、東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビルの一室に事務所がある。公...
加藤紘一氏の実家放火及び割腹自殺未遂事件と関連団体【worldNote】at 2006年08月17日 13:21
極右評論というブログのこの記事を読んであきれた この記事では靖国参拝に反対する言動を続ける政治家・加藤紘一の実家が放火された事件をとりあげているのだがこの人はなんと放火を賛美しているのである。  中韓と??ttp:y
極バカ評論【えらんびたーる】at 2006年08月17日 23:26
極右のテロールと言えば三島由紀夫の割腹自殺事件のイメージが ありましたが、「極」の名のつく考えの持ち主には世間一般常識と いうものが無いですからそれを前提にして考える必要が有ります。 abusan的にはテロは大義名分を失う一番の原因と考えますので 加藤紘一...
【ネタ】極右の手口にしては中途半端やないかと┐(´ー`)┌【Absenteの酔いどれblog】at 2006年08月18日 09:32
そもそも極右評論がある程度支持を集められたのはその言論の力によってたつものであり、テロに怯えたからではない。自らの支持基盤をも攻撃する暴挙ではないのか。
失望した【miracleさんのミラクルな日常】at 2006年08月19日 01:17
 以前、どこかの記事で「心の病」を抱えている社員がいると答えた企業が6割に上る、というのを見た。人間関係や仕事のノルマなどさまざまな悩みを抱えつつ、ストレスを溜めて心を磨り減らしていく、まさに「現代の病理」に迫った問題とも言えるかもしれない。  こうした...
心が「希薄」になったのか?【FKS-173cmの言いたい放題?】at 2006年08月19日 18:22
この記事へのコメント
5
もう今、この日本には左翼がほとんどおらず、売国奴が左翼を名乗る擬似左翼と右翼を見てみれば、今の右翼に傾くのは当たり前だ。
Posted by あ at 2006年08月16日 18:51
放火は感心出来ない行為ですが、中国・韓国・マスコミからの理不尽な圧力を跳ね返し、国家のために戦死した人々を首相が追悼するために靖国神社へ参拝するのを、テレビ各局で加藤氏が散々批判すれば、中には、このような行為を行う人も出ても不思議はありません。
「言論弾圧」と批判するマスコミに対しては、マスコミ自身が、「報道の自由」や「言論の自由」と称し、国民の知る権利を弾圧している事を理解せねばなりません。
一方的な靖国神社反対のテレビ報道や、先日の「富田メモ」を前文公開もせず、一方的な解釈で事実を捻じ曲げようとしている事こそ、「言論弾圧」です。
Posted by とおる at 2006年08月16日 19:09
暴力で反撃すれのはどうかと思います。
しかし、よく考えると日本をけなすやつは死有るのみ
Posted by 司令長官 at 2006年08月16日 19:16
お気持ちはわかるのですが、
少し自重していただきたく存じ上げます。
前エントリーにもカキコしましたが、早速テロ麻で大ダニが右翼の暴力の
キャンペーン張ってました。
ここで挑発するのは逆効果ではないでしょうか。
普段はネットなど無視するくせに
「極右はこんな事を考えている。危険だ!」と揚げ足を取られる恐れもあります。

ここは一歩引いて極左の暴力の歴史など我々に啓蒙していただきたく存じます。
「9条を守れ!」「戦争反対!」などと喧伝していた輩がいかに暴力的で血なまぐさいものであったのか。
直接対峙してこられた瀬戸様の体験談なども知りたいと思います。
Posted by 2ちゃんよりコピペ at 2006年08月16日 19:39
いいたいことはわかりますが、放火は犯罪ですし、もしかしたら加藤さんのお母さんを焼き殺したかもしれない行為です。やはり本音はどうであれ建前上は政治テロを正当化することはするべきではありません。ランキング上位という責任ある地位にいる貴ブログはネット右翼の代表と見なされる存在です。
この記事はネット右翼の品位と存在意義を低下させ、ネット右翼全体の利益を失わせるものです。
やはりテロは犯罪だと(建前では)明示すべきでしょう。
Posted by 憂国者 at 2006年08月16日 19:42
すみません、僕は暴力、テロによる言論弾圧は、たとえ極左、売国奴に対するものであっても民主主義の敵と考えます。

それを認めてしまえば中共の暴力的な言論弾圧を認めてしまうことになりかねないからです。

瀬戸さんの考え方には本当に共感しています。

ですから、瀬戸さん自身がそのような行動に出ないことを心から願っております。

でも内心、朝日新聞はぶん殴ってやりたいのがホンネですが…我慢です!(笑)
Posted by 農民 at 2006年08月16日 19:44
今回の事件は『テロ行為』である。
犯人の属していた団体名の公表、そしてその団体の強制的解散を強く求める。

日本国が国内のテロ行為に対してどう対応するのか見守りたい。

と同時にこのような行為を正当化しようとする氏にはがっかりした。
貴方は靖国神社の前で大騒ぎする右翼と同等レベルだったのかもしれない。
Posted by 否定者 at 2006年08月16日 19:50
批評だけをするなら、放火などが起きても不思議は無く、河野洋平氏等もっと危険な立場の物も多い。テロを全て排除する事は不可能でしょう。

しかし私はテロを支持しない。
ありとあらゆるテロ行為に対しては敵と見做しますし、当然、半島人の行ったサリン事件は最も忌み嫌うものです。
テロを目の当たりにすれば体を張ってでも戦います。

社会不安を起す卑劣なテロよりも「社会の秩序を守る立場で戦う」正道であり支持されるべき道と確信します。
Posted by MultiSync at 2006年08月16日 19:58
 匿名のネット社会では、殆どの人が加藤氏に同情せず、今回の放火を壮挙と見なす発言も多いですね。
 しかし、匿名性が薄れるミクシィなどのSNSでは、多数派とはいえないようです。ミクシィ内に配信されるニュースにリンクされた発言を見て数えると、私の目には7:3で批判的な発言が多かったように映りました。
 また、私の職場や近所では、この放火に嫌悪感を示した人が多かったのです。(まあ、顔をさらす実社会では本音を隠すことも多々ありますが。)

 左翼はメディアを掌握して一時隆盛を極めましたが、日本のサイレントマジョリティの動向や心情を読み誤って孤立化しました。
 せっかく日本世論を覚醒させつつある右派が、同じ轍を踏まないよう、願ってやみません。
Posted by ミギー at 2006年08月16日 20:04
私は瀬戸さんの今日のエントリを全面支持します。

慎重論を述べている皆さんはおかしい。
先の大戦で世界平和のため日本民族存亡の危機に命を捧げた人を侮辱しまくっている加藤や左翼共は命賭けで発言するのがあたりまえ。

朝日新聞社員襲撃なんて当たり前。
朝日新聞、TBS、NHK、日経、等などの社員は鉄槌がくだされないのをいいことに我々日本人を中韓に売るまさに鬼畜売国奴。死刑が妥当。

売国奴共は命賭けで発言せよ。
Posted by AKIRA at 2006年08月16日 20:06
否定者さんへ
別に貴方に期待されていたとは思ってはいないので、がっかりされたとしても私には関係のないことです。

>貴方は靖国神社の前で大騒ぎする右翼と同等レベルだったのかもしれない。

どのような状況下での大騒ぎだったのか、詳しくは知らないので答えようがない。おそらく極左団体が靖国神社を冒涜するような行為をしたのではないでしょうか。もし、私がそのような場に出くわせば、私は間違いなく彼ら(極左)に殴りかかっているでしょう。もっとも現在は若くはないので、それほど体力的に自信はありませんがね。
今回の加藤紘一氏の実家に放火した人が、どのような人物なのか、私は全く分からない。しかし、私には彼が行動に至った心情は理解出来る。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月16日 20:08
言論、言論というが我が国日本のマスゴミ、左翼共は言論の域をもうすでに超えている。こいつらこそテロリストである。
Posted by AKIRA at 2006年08月16日 20:10
内心、テロはいかん、と思ってますけど。なぜか加藤に全く同情心がおきないです^^;

でも、とりあえず、自分達の無謬性を信じ始めたときから全てが崩壊するものなので自戒は必要です。
売国奴攻撃は当然ですが、常に自らの傍らに正義を置いておきたいですね。
Posted by 啓親 at 2006年08月16日 20:17
各位
我々≪極右≫は祖国が存亡の危機に立たされた時は、自らの命を賭けて戦うつもりです。
現在、このブログにおいて思想啓蒙活動を行っていますが、それだけで祖国を危機から救うことが出来るとは思っていません。
自らが行動しなければならない時がやってくるかも知れません。
例えば実際に北朝鮮が日本にミサイルを打ち込んできた時など、それに便乗して国内で騒乱状況を作り出そうとする極左をそのままにしておく事はできません。
我々≪極右≫は常にその気構えでいることだけは皆さんに知って頂きたいと思います。
そのような意味で今回のエントリーは立てております。

Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月16日 20:27
AKIRAさま
左翼マスゴミ・メディアは言論テロリストですね。
武器を使うばかりが戦争ではないのと同様、武器をつかうばかりがテロではありません。物事、表面ではなく、本質をみるべきですね。

あと、国家反逆罪があったら、普通の国だったら死刑の人ですから、放火なんてかわいいものです。
Posted by 通りすがり at 2006年08月16日 20:44
加藤紘一宅の損害保険がどうなっていたか調べる必要がありますね。
最近急に増額されていたりしてませんか?
Posted by チェリスト at 2006年08月16日 20:45
オウム事件のように不特定多数を標的にしたテロは許せません。
しかし今回の、部外者を巻き込まない、個人の標的は否定する理由がありません。
Posted by 通りすがり at 2006年08月16日 20:56
AKIRAさま
左翼マスゴミ・メディアは言論テロリストですね。
武器を使うばかりが戦争ではないのと同様、武器をつかうばかりがテロではありません。物事、表面ではなく、本質をみるべきですね。

あと、国家反逆罪があったら、普通の国だったら死刑の人ですから、放火なんてかわいいものです。
Posted by 通りすがり at 2006年08月16日 20:56
暴力はいかん、という人がいるが、フランス革命は合法だったか?
Posted by フランス革命 at 2006年08月16日 20:59
極右様の考えていることは心情的にもわかるしあえてこういうことを言っていることもわかります。しかし暴力での解決は止めにしたほうがいいです。
極右様も慎重にお願いします。
暴力で日本人の歴史感が正常にもどればいいですがかえってマイナスに働きますよ。ましてやすでに政治家としておわっている人間にたいしてこんなことをしたらかえって加藤氏が息を吹き返してしまうかもしれない。
 やはり冷静に考えてこの大きな正常化への流れを変えないためにもこんな水を差すことは止めてして欲しい。
 私などは本当に日本のことを憂いての行動には思えない。もしかしたら
中共、朝鮮勢力の洗脳された手先ではないかと疑ってしまいます。
 今回のエントリーは軽率すぎる。なぜなら今日本人のマインドはゆっくりですが確実に大きなうねりをもって正常に近づきつつあるからです。
この流れは絶対に変わりませんよ。もう少し日本人を信じましょう。
Posted by ななしの経営者 at 2006年08月16日 21:00
私も加藤の家が燃えたと聞いた時は正直いい気味だと思いましたが、暴力に訴えては大衆の支持は得られないと思います。
むしろ右翼=怖いと言うようなイメージがつき、せっかく正常な方向に行きつつある日本の世論がまた逆戻りしてしまわないかと心配してしまいます。
Posted by tetsu at 2006年08月16日 21:05
俺は瀬戸先生を支持するよ。確かに人気ブログランキングで上位にあるから、
注目されてるので、発言は注意した方がいいだろうとの意見も最もだ。だが極右を名乗っている訳だし、これ位は言わなきゃー。
Posted by てやんでぃー at 2006年08月16日 21:06
なぜ加藤氏はこれまで何度も脅迫を受けていながら、高齢のご母堂が住む自宅と事務所を兼用していたのでしょうか?自身が傷を負ったり命を落とすことは、ある意味仕方の無いことです。不特定多数を相手にする政治家を職業を選んだ以上、常に命の危険があるのは当然のことですから。しかし家族は何の関係も無い。普通の市井人です。もし今回の放火でご母堂が命を落としていたら、犯人はもちろんのこと、加藤氏自身も批判されていた可能性があります。政治家が己の政治信条で命を落とすのは本望でしょうが、家族にそれを強いてはなりません。身辺に危険が迫っていたことを知りながら、対処せずにいた加藤氏の危機対処能力に強い疑問を抱きます。
Posted by ミスターボールド at 2006年08月16日 21:18
各位 コメントを有り難うございました。

テロに対する否定的なご意見もおありでしょうが、例えば数百万の人間を餓死においやる独裁者を暗殺する絶好の機会に恵まれたとしても同じ事を言えますか?同様に日本を外国に売り渡し、亡国的な言動を繰り返す輩に対するテロはもはやテロの域を超える、即ち法よりも民族の生存権に基づいて断じるべき時があると考えるものです。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月16日 21:31
全くの推測ですが、加藤氏の御母堂が外出されているのを見はからって
あの挙を起こしたのだと思います。
そのような関係の無い方を巻き込まないよう努力するタイプのテロは
以前にもありましたし、むしろ巻き込んだら行いが「何もできない老人を
巻き込んだ卑劣な凶行」と言われるのは本人もわかっていたでしょうから。

ただ、加藤氏が「思い出が焼けた」などと仰っていたのには同情の念も
覚えました。どんな人でも家というのは大事なものです。
Posted by 無名の右支持者 at 2006年08月16日 21:35
追伸
加藤氏のお母様がご無事で何よりでした。一億数千万のエネルギーがひしめく中、国家の重大時にこうした動きはむしろ止めようがありませんが、如何なる売国政治屋といえども家族を巻き込むべきではないと考えます。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月16日 21:35
今回の事件は当然の報いだと思うかもしれないが、言論の自由が許される国で今回のようなことはあってはならないと思う。今回のようなことが続くと、世論が結局、右翼は暴力やテロによってしか表現できないのかと思われてしまう。我々は言論によって戦うべきなんじゃないでしょうか。
Posted by ゆきやん at 2006年08月16日 21:39
瀬戸さんみなさんこんにちは。
末尾に「批判は覚悟」とありますので敢えて批判はいたしません。
加藤議員の母上様がご無事なのは不幸中の幸いであります。

それより今日は露西亜の日本漁業船の銃撃の方に怒りがあります。
また、改めて、支那の潜水艦は問答無用で撃沈すべきだったと思いました。
Posted by ししまい at 2006年08月16日 21:44
いつも楽しみに拝見致しております。
先ず本音を申し上げて、私は瀬戸様のご意見には同感でございます。

以下の表現が不謹慎と判断されましたらば、コメントを削除して頂きたく存じますが、私の気持ちとしましては・・・

「やはり口で優しく指摘されていたうちに、加藤氏は政治家として日本を、そして日本の国益に対するお考えを改められるべきではなかったかと思われます。しかし、子供であれ、名声を得た政治家であれ、口頭で指摘されても分からない、もしくは改める意思がないと判断された場合、最終的には“物理的な手段”を用いて悟らせるしか方法がないのではと思われます。それが、子供ならばゲンコツで済まされますが、加藤氏の場合は立場が立場だけに生家までも失う痛みを伴ったことになると、見て良いのではないかと思われます。」

火事の件に伴う悲しみには同情致しますが、それ以外のことは・・・自ら蒔かれた種ではないかと。
Posted by ワ at 2006年08月16日 21:45
>暴力で日本人の歴史感が正常にもどればいいですがかえってマイナスに働きますよ。

加藤らがこれまでやってきた行為、発言こそ、日本に対するテロだろう。日本人としてあるいは、日本の政治家としてやっていい限度を超えてしまったんだろう。

自ら行ってきた反日テロに対して、テロで応酬されたんだから、自業自得の目にあっただけだろう。

靖国参拝誹謗をテレビで、恥じもせずしゃべる数少ない人間だからマスコミには大人気なんだろう。今回の事件で本人が参拝誹謗を今後とも続けるのかは知らないが・・・

この96歳の母親も、馬鹿な息子を持って不幸だったね。そもそも馬鹿な息子を育てた自分の教育に問題があったことにも気づいたほうがいいよ。

日本人としては誰も加藤に同情などせんし、このまま政界引退するのが賢明な決断だろう。本人に決断力があるとも思えはしないが・・・
Posted by 和泉守 at 2006年08月16日 21:46
私は偏屈者なのか、瀬戸さんとは違うようです。
この度の事件は、右翼及び極右勢力へのイメージダウンを狙った動きのように感じてしまいます。
これといって根拠があるわけではありませんが、右翼関係者とされている男の倒れていた状況には不自然さを感じます。
女を使ったハニートラップに引っかかるような瀬戸さんとは思いませんが、卑怯者の手にかからぬよう御用心ください。
Posted by i at 2006年08月16日 21:46
私には今回の犯人の行動はとても中途半端な行為だとしか思えないし、
それを是とすることが本当の義とは思えませんな。狙うならあの山口
二也のように加藤氏本人を狙えば良かろう。
Posted by 流浪の名無し at 2006年08月16日 21:47
>極右評論管理者 様
>即ち法よりも民族の生存権に基づいて断じるべき時があると

これは日本が法治国家であることを否定し、リンチを肯定しています。
話題が飛ぶが、東京裁判も似たようなもので、これも肯定する気ですか?

相手に異論はあろうが戦争も法に則って行われる、左翼に一分の理が有るとすれば、感情的な行動に対する「右傾化が戦争への道」という指摘です。

感情に走るのであれば、私は支持しません。
民主主義と法治制度は、人類が長い苦労の末にやっと手に入れた財産です。
Posted by MultiSync at 2006年08月16日 22:03
事件の状況についてよく知らないのですが、
加害男性は直接刺すなりすれば加藤氏を殺害することもできたかもしれないのに、
敢えてそうしなかったのは殺害よりも脅迫的意味合いが強かったのかもしれませんね。

MultiSyncさま
管理者さまは正当防衛(少しニュアンスが違うか?)のような意味で言ったのではないでしょうか?(勿論、私の勝手な憶測ですが^^;)
Posted by くるくる at 2006年08月16日 22:17
一人一殺。
山口二矢青年のように、このにやけ顔の売国奴を刺したうえでの切腹こそ右翼の本分であります。
放火しても、保険金で立派な家が新築されることを思えば、犯人である男が自殺方法としては最悪の痛い辛い切腹を選んだことの方が痛ましい。
加藤紘一は、この事件で被害者面して、マスコミにちやほやされて、むしろ喜んでいるように見える。

右翼を称するものは、時として民主主義をかなぐり捨てる気概こそ必要であり、言論というものが、一部の人間にしか与えられていないことを、われわれは日頃感じているものです。

初投稿で偉そうにすみません。 わが意を得たりのブログです。
Posted by 馬賊 at 2006年08月16日 22:19
わたしも昔は総合格闘技をしていましたのでよく腕試しをしたくなり喧嘩なんぞしていましたが一回刃物沙汰になってからはなるべく喧嘩をするおろかさを自分自身自粛するようになりましたがその刃物沙汰になったとき思ったことは当時の師匠の言葉です。
 『喧嘩に勝っても法律でまけてしまったら負けだから。』
今回の事件もそうですよ。我々が考えている勝ちは日本の国民のより多くのかたが正常な歴史観を取り戻すことだと私なりに考えています。それが今回の事件でプラスに働くのかどうかです。民主主義が大事だとかそんなことはどうでもいいんですよ。ようは勝つか負けるか。私達が考える未来にプラスになるかならないかです。最後にかてばいいんですからもう少し戦略的に考えましょう。
Posted by ななしの経営者 at 2006年08月16日 22:24
こんな反日売国活動を行ってるのに殺されなかっただけマシでしょ。
Posted by メン at 2006年08月16日 22:37
通りすがりさん おっしゃるとおり左翼売国奴共はテロリストです。
そして戦後60年間、敗戦を利用して我々日本民族を陥れるために朝鮮人と結託して自虐史観を浸透させました。

いつでも我々に浴びせられる言葉は決まって、「冷静になれ」の一言でした。戦後60年間、冷静になりすぎて加藤のごとき小心者が大衆の面前で堂々と売国を行っても逮捕することもできなくなりました。

今の日本は民主主義とは呼べません。言論の自由とはマスメディアで堂々と池田大作は朝鮮人でありテロリストであるということです。まだまだタブーだらけです。要するに日本は左翼に分があります。
Posted by AKIRA at 2006年08月16日 22:38
ダイナマイトや火薬関係は仕事でやっていましたので手際はいいです。
本当にテロ活動をすれば際限なく過激になっていくことは周知の事実です。
いろいろな意味で暴力テロは効率が悪いと思います。
Posted by Nyan at 2006年08月16日 22:38
僭越ながら。

瀬戸様の思いは判りますが、今回のエントリー内容は世間に誤解を与えたり揚げ足取りをされる恐れがあり、「戦術的」に良くない様に思えます。

右翼関係者とされる男の正体も十分に判っていない段階での発言は、慎重にするに越した事はありません。

また加藤紘一が、今回の件で主張を変えるとも思えませんし。

現状では、
仝析世破椰佑魎杏罎覆まで論破する。 又は、
▲優奪氾で加藤紘一の不当性を根気強く訴え続け、理解者・賛同者を増やしていく。
と言う方法しかないと思います。
Posted by lark at 2006年08月16日 22:46
今回の火事は、自作自演の様ですね。

小泉首相が靖国神社に参拝されました。
世間の空気は小泉首相の考えどうりになってきました。
頭のいい売国奴どもも、そろそろ自分が捜査されて、中国や韓国の工作員と通じているということがばれそうになっている状況ではないでしょうか。

証拠隠滅のために燃やしたのでしょう。

あくまで推論です。


Posted by 自作自演 at 2006年08月16日 22:47
ではテロとはなにか、私の個人的見解を述べさせていただきます。

全国日本の田園風景の中に景観を乱すごとく佇むパチンコ店、テロです。

駅前ビル経営者朝鮮人のテナント、1階焼肉店、2階雀荘、3階居酒屋、テロです。

優雅な住宅街になんの正体もなく佇む朝鮮系キリスト教会、テロです。

新大久保、ウトロ地区、生野区、横浜中区、テロです。

要するに日本が朝鮮人によって景観や風紀を乱される、これら全てテロです。




Posted by AKIRA at 2006年08月16日 22:55
>Multisyncさま
すでに、くるくる様が述べてくれておりますが、即ち民族正当防衛権です。法治国家の否定ではなく、言葉を持たざる者が最後の最後にとるべく手段でしょう。私も万事においてそのような考えが正しいとは思いません。ですが、歴史上そのようなテロ行為が後世の我々の涙を誘っていることも事実では?
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月16日 23:15
各位 コメントを有り難うございました。
今回の事件について自作自演との見解もありますが、我々は行動に至る動機、事情はどうあれ非力な一老兵の決起であったと考えるものです。お金もない、発言力もない、老い先短い初老の男が国のために為そうとしたことだと。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月16日 23:20
まだ続きます。
靖国神社で在日朝鮮人が日本人に成り済まし、外国人記者に「日本は加害国である」と吹聴する、テロリストです。

通名を自由に使い帰化する者、テロリストです。

八重山諸島にまで進出して景観を乱す朝鮮金貸し(アイフル、武富士など)、テロです。

不法滞在者が勝手に民族教育している朝鮮学校、テロです。

まだまだたくさんあるがこれらをマスゴミが問題視しないのもテロです。
民主主義なんて大嘘。朝鮮人と売国奴が結託して血を流さないテロをやっているだけ。



Posted by AKIRA at 2006年08月16日 23:21
暴力によるテロは許せない。
しかし、言論によるテロはどうなのだ?
マスコミの言論操作、TBSのいかさま。
検証もされない、でっち上げに等しい天皇のお言葉メモ
を利用した世論の操作。
言論のテロに対して、反論するすべを持たぬ一部の人間が
暴力のテロに至るのは、過去から政治の世界では起こり続けている。
むしろ、政治家はテロに対して毅然とした態度で自分の姿勢を
貫いて欲しい。
明治の時代を見れば、本当の政治家は自分の命を賭けて
日本の明日を考えていたのだから。
Posted by トントン at 2006年08月16日 23:22
日本人として日本文明への限りない誇り、その死生観、祖先に対する感謝と義務の観念、現代人の彫琢された序列感情の方が、中韓との偽善的な友好などより遙かに重要であり、プライオリティーが高い。正真正銘人食い人種、残虐な殺人方法、もう日本国民も一度は見ている。
自己中心的で他罰的に相手を非難してやまない傲慢さも知り尽くした。
止め処のない軍拡で数年後には取り返しがつかない水準になることも判ってきた。奴らが日本を侵略したときどれ程残虐非道をするか、過去を見れば明らかだ。「生きて虜囚の辱めを受けず」の意味は、胴体から手足を切断され、ペニスを切断してくわえさせられる仕打ちを避けるための方策だった。
加藤紘一さん、僕の後ろで大笑いしていますがね。「座間味路」って。一種の爽快感を味わっていますね、みんな。小泉にあんまり嫉妬するからじゃないの?
Posted by MONMON at 2006年08月16日 23:31
こんばんは。
今回の瀬戸さんのエントリには概ね共感します。
が、やるなら加藤紘一を狙うべきであって、
家や加藤紘一のお母さん、事務所の人たちを
巻き込むのには反対です。
しかし、加藤紘一なんてすでに『終わった人』
なのに、そんな人を狙っても仕方ないと思われます。
(谷○や二○とかいるのに)
中国から怒られ、家に火をつけられ、人気も下降。
踏んだり蹴ったりの加藤紘一。頑張ってください。
俺は大っっ嫌いですが。
Posted by やすっち at 2006年08月16日 23:37
今回のエントリー、複雑な気持ちで見させていただきました。「マスメディアによる言論テロはどうだ?」という意見には賛同できる点も多いのですが、言論に対して言論で勝負を挑み、そして相手に過ちを認めさせるというのがやはり適切ではないかと思います。

瀬戸さんがブログをたちあげてから日に日に注目が高まり、支持が集まっているのはやはり瀬戸さんの意見が「正しい」と感じる人が多いからで、このまま活動を続けていけば、世論が風を起こすものだと思っています。
次に続きます・・・
Posted by ピロ助 at 2006年08月16日 23:59
正直このニュースを聞いたとき、加藤氏自身にはあまり同情する気持ちになりませんでした。
(もちろん犯人以外の被害者やけが人が出なくて良かったですが)
人に恨みをかうようなことしてきた人なんだなと、なんとなく思ってしまいました。
加藤という人には国民の税金が年間数千万も支払われ、国会議員としてあらゆる権限があるという立場での、あの売国活動と国民を中韓の犬となるような誘導活動。
国会議員である以上、この売国活動は評論家やジャーナリスト以上にタチが悪いような気がします。
あと気になったのが、TBSの報道です。
夕方のニュースといい、ニュース23といい、ロシアの拿捕事件をそこそこにこのニュースをたっぷり張り切って放送してました。
右翼の犯罪というところが、TBSにとってはロシア以上の事件だったようです。
Posted by nao at 2006年08月17日 00:03
そこで「暴力は反日分子に対しては許される」としてしまうと、正しい意見も暴力で曇り、結果的には賛同する人間を作り上げることが困難になる気がします。もちろん、加藤氏の行動が正しいかは別としてですが・・・

最後になりますが、ここのところ瀬戸さんの体調はいかがでしょうか?「憂国の戦場」とされている以上、休息ということはご自身の信念が許されないかもしれませんが、連日連夜めまぐるしい仕事をこなされていると思うとお体が心配です。まだまだこれからも蒸し暑い時期が続きます。ぜひともお体にはお気をつけ下さい。
Posted by ピロ助 at 2006年08月17日 00:03
私は日本はもうすこし物騒になった方がいいと思います。
いくらなんでも異常なほどの売国奴の数。

日本の美徳とか近年よくいうが、本来の日本は治安は良かったが物騒でしたよ。
売国奴をのさばらせている日本は本当の日本ではない。

左翼の煽動こそが「非暴力は日本が守るべきこと」でしょう。
売国奴共(テロリスト)に対し非暴力は無力です。

日本人は非暴力のおとなしい民族であったと左翼に煽動されてませんか。
誠を破る者には日本人は世界一厳しい民族ですよ。打ち首。切腹。市中引き回し。あだ討ち。思い出せ日本人!


Posted by AKIRA at 2006年08月17日 00:05
焼き討ちですか…たしか東京五輪の前辺りだったか河野一郎邸に焼き討ちをかけた野村秋介を思い出させますね。野村は帰化した在日だったとの噂もあった人物ですが真偽のほどはよく知りません。まぁ焼き討ちとか経団連襲撃とかはいただけませんね(-"-;) マスコミ共に因縁つけるネタを与えるようなもんです。早速やってますが(`へ´)
Posted by あきら at 2006年08月17日 00:07
心情的には今回のエントリーも理解はできますが、支持はできません。
今の若者がなぜ、歴史について学ぶようになったのか?
国粋主義や、民族に目覚めたわけではないと思います。
韓国や中国の下らん要求やデモを見て、愚鈍な暴力に嫌気をさしたからではないのですか?

奴らと同じレベルに成り下がるなんて、少なくても僕は嫌です。
Posted by もふもふ at 2006年08月17日 00:13
エントリーにある瀬戸様の意見は加藤に対する批判でありましょう、決起した者へのある種の同情を感じる気持ちは私にも有ります。

テロリズムは社会動乱を目的とした破壊行為、そして緊急避難である暴力や殺人は合法です。

AKIRAさんは広い範囲をテロと捉えていますが、殆んどは経済、或いは環境的な侵略行為、乃至は情報戦の部類です。
これらはテロと同様排除すべきですが、多くが見かけ上合法で行われるが為に始末が悪い。

これら陰謀に類する侵入者に打ち勝つにはあくまでも合法的な手段、反逆罪やスパイ防止法を整備し対処する必要が有ります。
手間が掛かろうとも悪事を丁寧に暴き、民意を得て、合法的に社会から敵を抹殺する戦略が必要です。
(紅ノ傭兵なども引っ掛るように)
Posted by MultiSync at 2006年08月17日 00:19
例えば、無差別殺人は、畜生の犯罪です。政治的な理想を持ちつつ他に方法がなくやむにやまれず及んだ凶行がテロでしょうか。これは左翼が行うこともあり得ますが、日本では左翼は第三の権力を握っていたり、教育洗脳というツールを確保していますから、現在の日本では左翼のテロの可能性は少ないのでしょう。
権力者(金持ちも含む)や一部民族組織が人を使って脅迫や暗殺を行うのは、テロよりももっと下劣な利己的な犯罪です。集金装置を手にいれた一部在日は、刃物を使わずに済みますからね。AKIRAさんがおっしゃるとおりです。
真の愛国者が、損得を省みずテロに及んでも不利な状況です。おかしなマスコミを糾弾したり洗脳された人たちの洗脳を解いていくしかないのでしょう。時間を要しますが、貴ブログをはじめとするネット言論に期待しています。
私は、微力ながら周囲の洗脳された人たちに、笑顔で「言論テロ」をしかけてみます。
Posted by Q9FC at 2006年08月17日 00:22
こんばんわ。

私も瀬戸さんのご意見に共感します。

暴力という方法自体が良いことでないことは、誰でも異論は無いでしょう。
今回、瀬戸さんは放火自体を肯定しているわけではないこともわかります。

一方、今までの売国奴のしてきたことは、皆さんの仰る通り、テロ行為と見做されると思います。

このような状況下で、本音と建前をうまく使い分けていくことも戦術としてはあると思いますが、ここであえて我々が声に出しにくいことを発言される瀬戸さんの勇気を評価します。

今回の事件で右翼=暴力というイメージが、問題の本質をいつも摩り替える売国マスコミによってますます喧伝されることに心配はありますが・・・
Posted by マック at 2006年08月17日 00:24
5
小泉首相の靖国参拝を含む靖国問題をリアルタイムチャットで議論しましょう。

第1回ネット靖国問題会議をしましょう。
皆様の参加待ってます。また荒らしをした場合は警察に通報します。正々堂々の議論だけ認めます。

第1回ネット靖国問題会議 議場
http://chat2.whocares.jp/chat/cr.jsp?rn=1m3m6j1t
Posted by マンダム at 2006年08月17日 00:26
加藤氏も、60年住んできた家が燃やされてやるせないそうです。(16日朝の「みのもんたの朝ズバッ!」での発言より)
加害男性の2500年以上住んできた日本が焼かれていくやるせなさは感じられないのでしょうかね・・・TT;
Posted by くるくる at 2006年08月17日 00:28
MultiSyncさん
実際はあなたのおっしゃるように見かけ上合法ですが、これらはネットによって北朝鮮と繋がりの濃厚なものと暴かれてます。テロです。工作員もたくさんいます。

私がいいたいのはもう日本は合法でこれら全てをなくすことは無理です。
そこまで侵略されました。遅すぎたんです。合法で裁くには。

あとは情報を得た者が有志を増やしていって、決起するしかないんです。
みんなで頑張りましょうよ。日本人のみで。私の意見は物騒かもしれませんがそれほど敵は狡猾及び愚劣です。

日本は朝鮮人問題に気がつくのが遅すぎた。
Posted by AKIRA at 2006年08月17日 00:34
瀬戸様の「覚悟の上で」という投げかけた一石で様々な意見が出ています。
それは今回あえて論評は避けます。

私の主張は、本来のターゲットは「加藤紘一」なんていうすでに終わった人でなく、真のターゲットは「卑劣なるマスゴミ」ではないでしょうか?
そもそも加藤紘一なんてマスゴミが利用しているだけでほとんどの国民は彼になんの期待もしてませんよ。

小泉首相の記者会見の15分間の初めから最後まで聴けば首相の真意は誰でも理解できるはずです。
そして小泉首相は繰り返して「靖国を争点にしようと煽っている勢力がいる」と訴えています。
次の総理も靖国が争点となるのかとのヒステリックな記者の質問に「それは一生懸命争点にしたがっているマスコミ・彼方たち次第だ」といいはなってます。(テレビでは掻い摘んで1分ぐらいに要約しちゃってるので小泉首相の魂の訴えが聞けなかった・・・マスゴミの操作?)

続く
Posted by G-tom at 2006年08月17日 00:36
続きました

瀬戸様
戦後60年をへて我々はネットという強力な武器を得たのです。
この武器をもって≪D級戦犯≫のマスゴミを日本国民の手で断罪しませんか?
日本国民を煽りに煽って悲惨な戦争に導いた≪D級戦犯=マスゴミ≫が自らは如何にも正義面してA級戦犯を非難し侮辱している姿こそ許しがたい悪の権化であり、その点では加藤紘一ごときに血を上らせているどころではないと思うのですが。
Posted by G-tom at 2006年08月17日 00:37
加藤への放火をテロと見なすのがそもそもの間違い。
反日、反乱分子に対する、戦争である。
戦争である以上、命をかけた戦いである。
今回の放火が反日分子への宣誓布告にあたるのだろう。

反日、反乱分子に言論で何をしようと言うのか?
そもそも奴等は、ネットなど見向きもしないぞ。
ネットで、加藤などの反日分子や、TBSなど叩いても、彼らは無視を決め込むだけだし、影響など高々知れている。
むしろ、加藤事務所前でデモ抗議活動でもしたほうが、よっぽど効果が出るだろう。


Posted by 和泉守 at 2006年08月17日 00:38
5
加藤氏のあの発言は日本人の心を傷付け、中韓に日本を売ろうとする決して許されてはいけないものです。
その発言で加藤氏の自宅や事務所に火が放たれるのも仕方のないものでしょう。彼は日本を売ろうとしているのですから。
Posted by ばいばい寒流 at 2006年08月17日 00:41
アキラって論理よりも感情を優先させるところがチョンと一緒だな。同族嫌悪ってこのことなんだね。
Posted by 萎え at 2006年08月17日 00:42
私も瀬戸さんの意見には全面的に賛成です。マスコミは右翼と言う言葉は簡単に使いますが左翼と言う言葉は、なかなか使いません日本には左翼などほとんど存在しないかのような報道、日本を愛する者は右翼であり右翼=暴力という図式を作り、今回もすぐに右翼団体と言うテロップが流れました。今まではうまく国民を騙してきましたが日本の本当の敵はマスコミや中国・朝鮮に取り込まれた日本人や反日を唱える在日であり、祖国を裏切る者は行き過ぎれば命の危険があるのはどこの国でも当然であると思います。反日を唱える者はこれからは用心すべきです。
Posted by キンキン at 2006年08月17日 00:50
瀬戸さん
こんばんは。私も今回の件につき弊ブログでコメントさせて頂きましたが、私は今回の放火行動は賛成出来ません。
Posted by 亜細亜会議 at 2006年08月17日 00:56
5
小泉首相の靖国参拝を含む靖国問題をリアルタイムチャットで議論しましょう。

第1回ネット靖国問題会議をしましょう。
皆様の参加待ってます。また荒らしをした場合は警察に通報します。正々堂々の議論だけ認めます。

第1回ネット靖国問題会議 議場
http://chat2.whocares.jp/chat/cr.jsp?rn=1m3m6j1t
Posted by マンダム at 2006年08月17日 00:58
5
小泉首相の靖国参拝を含む靖国問題をリアルタイムチャットで議論しましょう。

第1回ネット靖国問題会議をしましょう。
皆様の参加待ってます。また荒らしをした場合は警察に通報します。正々堂々の議論だけ認めます。

第1回ネット靖国問題会議
http://chat2.whocares.jp/chat/cr.jsp?rn=1m3m6j1t
Posted by マンダム at 2006年08月17日 01:00
>萎え
あのね、あんたら朝鮮人にいったいなんの感情があるの?金と惨めなうぬぼれだけでしょ。
日本人が無感情だったらとっくの大昔に中国の属国になってますよ。

日本人から感情をなくそうと工作活動するのはやめなさい。
日本人こそ内に秘めた情熱は世界一だと思いますよ。幕末を勉強しなさい。

そして日本から出て行きなさい。
Posted by AKIRA at 2006年08月17日 01:06
>アキラ
自分の主張で頭が一杯になって周りが正確にわからない、思い込みで決め付ける、妄想世界で生きることしかできない…

チョンと同じだよ。何度も言うが。
Posted by 萎え at 2006年08月17日 01:17
テロはどんな場合でも批判すべきです。我々の味方だからテロをやってもいいという考えでは、それこそ意見のあわないもの同士は殺しあいをやってもいいという理屈になってしまう。日本のみなさんはそんな社会には住みたくないはずです。左翼は言葉で破壊しましょう。暴力は無用です。このような暴力行為を私は断固非難します。
Posted by 苺畑カカシ at 2006年08月17日 01:23
AKIRAさんへ、

テロの定義を書き換えるのはどうかと思います。そういうことをやると実際に非戦闘員を無差別大量殺人する本物のテロへの罪が半減してしまいます。テロという言葉を単なる外国人バッシングに使うべきではないと思います。
Posted by 苺畑カカシ at 2006年08月17日 01:26
5
小泉首相の靖国参拝を含む靖国問題をリアルタイムチャットで議論しましょう。

第1回ネット靖国問題会議をしましょう。
皆様の参加待ってます。また荒らしをした場合は警察に通報します。正々堂々の議論だけ認めます。

第1回ネット靖国問題会議
http://chat2.whocares.jp/chat/cr.jsp?rn=1m3m6j1t
Posted by マンダム at 2006年08月17日 01:27
私は、極右評論とは意見が異なりますが、日本はもっとイスラエルを見習うべきだと思います。
 ・隣国に、拉致されても、何もしない日本
 ・隣国に、領土を占領されても、何もしない日本
 ・隣国に、大使館内に入って来た脱北者を、隣国の警官に連れ出されても、何もしない日本
 ・隣国に、大使館を破壊されても、何もしない日本
 ・隣国に、領海侵犯されても、何もしない日本
このように、何もしない国家であれば、これからも、次々と不埒な事をしてきて、一層危険になります。
Posted by とおる at 2006年08月17日 01:43
萎えよ

そっくりそのままあんたに返すよ。人の批判より己が論理的に意見を述べよ。チョンと同じなんていうのは卑怯だぞ。
Posted by AKIRA at 2006年08月17日 01:45
イスラエル国内において、イスラエル国内のパレスチナ自治区にある政治部門の人や放送局は、イスラエル人の拉致や、自爆攻撃を行えば、軍の攻撃対象になります。
今回の放火事件の家の所有者は日本人で、実力行使もして無く、自衛隊はイスラエル軍とは行動が違うので、イスラエルのような爆撃はしないでしょうが、国家の首相が、国家のために亡くなった方々を追悼している時に、テレビで散々批判すれば、イスラエルなら嫌がらせ程度はすることでしょう。
Posted by とおる at 2006年08月17日 01:52
>アキラ
=特定の相手への攻撃を超法規的に正当化する
=愛国無罪
=特アの反日
=チョン

アキラ=チョン
Posted by 萎え at 2006年08月17日 02:10
マンダムさん、URL貼っておきます。私の雑談スレがあります(^-^)/
Posted by あきら at 2006年08月17日 02:21
今オーラの泉見てるかな。
朝日はバラエティー番組まで左翼なのかwww
Posted by マンダム at 2006年08月17日 02:24
非合法手段に訴える事は、敵の攻撃をも正当化する行為。
頭を冷やすべきです。

今日は以上で就寝します。
Posted by MultiSync at 2006年08月17日 02:25

しかし朝鮮人と反日勢力はここまで日本人から警戒心を奪ったのか・・萎えのように。

慎重な男だ萎えクンは。

萎え=事なかれ主義=反日の餌食=戦争になれば真っ先に逃げ出す
過激な発言を全て特アの反日に結び付けたがるアホ。
Posted by AKIRA at 2006年08月17日 02:32
>アキラ

反論できてないW

ようするに君のような人間がいるとネット言論の地位下がってマジ迷惑。
馬鹿晒すのはやめてくれ。
Posted by 萎え at 2006年08月17日 02:37
あんたがさあ、ネット言論の地位をどーのこーの心配してもしょうがないよ。ネット言論ではあんた頭いいかもしれんが、瀬戸さんも述べているように最後は行動だよ。瀬戸さんと私の意見は朝鮮関係では違うかもしれんが、そんなにかしこまって左翼と対峙せんでもいいでしょ。
Posted by AKIRA at 2006年08月17日 02:47
AKIRAさん
相手にしないほうが利口ですよ(^-^)/ おやすみなさい。またゆっくりお話したいですな(^-^)/
Posted by あきら at 2006年08月17日 02:53
あきらさんありがとう。おやすみなさい。
Posted by AKIRA at 2006年08月17日 02:55
>アキラ

最後は暴力ですか。

呆れるね。
本当に迷惑だから、ネット右翼を名乗らないでほしい。お願いだから。

法律を守りたくないなら、日本から出ていくしかないよ。
Posted by 萎え at 2006年08月17日 02:58
今回のエントリーを支持します!
加藤氏に鉄槌が下されるのはある意味、致し方ないし、その加藤氏に
同情の声が全くといっていいほど無いのも、致し方ないことです。
Posted by 佐藤 at 2006年08月17日 03:31
私も心の内では、瀬戸さまと同じ意見、その上拍手喝采しているところではあるのですが、それでも私たちの日本は法治国家ですから法は大事にしたいと思います。
心の内で思っても表に出すべきでは無いと。

数百万の人間を餓死においやる独裁者を暗殺する絶好の機会と今回は全然違うと思います。むしろ切腹までするくらいなら放火だけjy

今は、「売国奴の家が放火された、放火した人は切腹した。それだけ怒っている人がいるのだという」だけで充分で、また、それだけだと言う事も大事にされるべきと思います。余計な事を言ってそれが台無しになる事の方が……。
我慢や耐える事はこんな時こそ大事だと思います。

他にもあるのですがすでに同じ意見のコメントがついているのでこれにて。
Posted by ナナシ at 2006年08月17日 03:58

瀬戸さん
私ががっかりしたのは貴方に期待していたからではない。
貴方が右翼でももう少し建設的な話し合いのできる大人だと思っていたからです。
Posted by 否定者 at 2006年08月17日 04:42
そこまで言うのなら実名と住所を明示して書きなさいよ。
暴力を容認するのであれば、あなた自身も暴力を引き受ける位置に立つべきでしょう。それが最低限の「倫理」というものです。自分は身を隠して暴力を賞賛するというのは極めて卑劣である。
Posted by 道草クー太郎 at 2006年08月17日 07:30
ごめんなさい。
実名・住所ともリンクで辿れるのですね。2006年08月17日 07:30 のコメントはそれを確認せずに書いてしまいました。お詫びします。テロを容認するあなたが身を晒して書いている点は凡百の卑劣右翼と異なる点として評価します。
Posted by 道草クー太郎 at 2006年08月17日 07:45
今回の放火事件は何とも致し方ないという感じですね。法治国家といえど国を貶める発言を繰り返していたならば法を乗り越えて抗議してくる者が出てきても不思議ではないですし普通の国ならばもっと頻発しているでしょう。あくまで法は大切ですが政治家に対してあまり国を売るのがすぎると今回のようなこともあるのだということではないでしょうか。もっとも朝鮮系の右翼がわざとやった可能性もありますが実際のところはどうなのでしょうかね。どちらにせよ鬼畜左翼は裏で脅しや暴力そして暗殺などをしているわけでそれに比べるとまだおとなしいものです。

法は国を守る為にあり国を壊す人間に対して情けの一つも沸き起こってくることはありえません。日本を他国に売る行為をしている者は今回のような事件も覚悟の上でしょうしおそらく本人も納得しているのではないでしょうかね。
Posted by トランプ at 2006年08月17日 08:17
外国工作員は、極左にも、極右にもなって、内乱を煽ったりする。

彼らは目的を遂げるためには、極右にもなる。

だが外国人だからこそ、極度に「民族」を強調したりする。

法を超えた暴力犯罪を肯定し、扇動したことで、瀬戸氏の正体見たり。

でなければ、敵に塩を送る、真の売国奴だわ。

前から疑っていたけど、
もう、ここに来るのは止めます。

Posted by 中道 at 2006年08月17日 08:49
放火の容疑者は、名前まで確定されているようですが、何故か実名を報道されません。不思議です。

例えば、中国で「毛沢東の廟を参拝すれば、他国の人々の心を害するから止めなさい」とテレビで放送されたら、その人はどうなるでしょうか?
その中国が参拝を反対しているから、日本の首相が参拝する事を反対するなどとテレビで、参拝中継中に言うのは、どういう神経の持ち主か疑います。
独裁・弾圧国家の政府の言う事にしたがって、他国の首脳が参拝を取り止めるようにする事は、これぞ、弾圧でしょう。
Posted by とおる at 2006年08月17日 09:37
さっそく、韓国が、「A級戦犯を分祀するだけでは足りなく、歴史認識を改めるまでは、首脳会談は行わない」というような事を言っています。
中国では、「A級戦犯だけは外してくれ」と言ったという話の他に、江沢民の「日本には、永久に歴史認識を問い続けろ」と言った文章が出されています。
加藤氏や、その他マスコミは、これらの事を報道を控えめにして、忘れさせようとしています。
「中国の被害者の心」など、どこに行ったのでしょうか?
日本は、儒教中華秩序から離れて1000年以上経っています。今更、中国やその属国の韓国・朝鮮と歴史認識は同じにはなりません。
Posted by とおる at 2006年08月17日 09:47
おはようございます(^-^)/ 今回の政治テロ?もやむなしとの一点のみを批判し、もう来ないとか言われてる人がいるが、靖国参拝にこだわり首脳会談を拒否する支那みたいですね(´∀`) 大道を歩めない方は残念です。
Posted by あきら at 2006年08月17日 09:56
産経新聞(http://www.sankei.co.jp/news/column.htm)より。
「火をつけたのは「某紙」こと朝日新聞だったからだ。」

放火犯は、朝日新聞だそうです。
これもテロ、あれもテロ。
国内で、テロが頻発していて、まるで中東のようですな。(実弾は飛んでいませんが。)
Posted by とおる at 2006年08月17日 10:10
あのような男を産んだ92歳の母は焼き殺されるべきでしたね。
テロ万歳!!

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ
Posted by さんせい at 2006年08月17日 10:12
隣国から領土を取られ、拉致され、大使館に進入・破壊され、領海侵犯され。
その上、隣国から、日本の首相に「日本のあそこは行ってはいけない」と強要されています。
これが、隣国を恐れさせている「軍国主義の国」なのでしょうか?
敵地攻撃兵器も持ってない国が、「軍国主義の国」なのでしょうか?
隣国の心を気にする前に、日本の主権を侵害された方が重要です。
Posted by とおる at 2006年08月17日 10:19
極右さんのブログを楽しみに拝読していたものです。
いつも痛快な論説が気持ちよかったのですが・・・

本日を限りにアクセスするのをやめます。
見るに値しない、ということが分かりました。
暴力容認は絶対に許せません。
貴殿と少しでも意見が違ったら暴力による攻撃の
対象になるようで大変に恐ろしく思います。
今までの崇高、と思われた貴殿の論評もむなしく
さえ感じます。本当に残念です。











Posted by チョィ右オヤジ at 2006年08月17日 10:36
各位 大変貴重なコメントを有り難うございました。

>あきら様
>AKIRA様
「アキラ」を名乗る方が二人おられるのですね。熱いコメントをお寄せ頂き、御礼申し上げます。
テロを批難し、飽くまでも言論で戦うべきというご意見もありますが、変考(偏向)メディアが掲げる言論の自由によって「真の言論の自由」が封殺されていることも、また事実ではないでしょうか。いかにネットが普及した時代とはいえ、我々のようにネット上で発言する術すら持たない者がいることも事実であり、何らの力を持たない者が国を想うあまり、テロという手段に訴えたことを私は一概に否定し得ません。むしろ加藤氏の方に大きな問題があるのではないですか、と。
また、今回のエントリーを機に去っていくことを宣言された皆様方が、また「今ごろ、極右評論は何を書いているのか」と気まぐれにでもお越し下さることを歓待致します。これに懲りずに宜しく。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月17日 10:53
民主的に選ばれた議員に対するテロを容認するなんてどこの未開民族だよ
こんな愚かな主張ではプロパガンダ戦争に負けるのは確実だろう
Posted by 島 at 2006年08月17日 11:03
今回の極右評論さんの発言に反発する人は、多いでしょう。暴力、テロ、戦争、人質救出作戦など力によってしか解決できないことが多々あります。敵から見れば独裁者が、味方から見れば救世主であったりします。物事は、多面的、多時間的尺度で見る必要があります。我々日本人は、数ヶ月から1年くらい先しか見えない人が多いですが、ユダヤ人などは、数百年から数千年の時間スケールで考えていると思われます。これでは勝負になりません。真理(事実)とは、干し草の中から針を探すようなことです。無限の忍耐力と着色しない判断力が必要です。たった一つ意見が異なるだけで、すべてを否定するのは思慮が足らないのでは?
Posted by なっとく at 2006年08月17日 11:10
>とおる様
いつもコメントを有り難うございます。
いつか、どなたかが言われておりましたが、これほど変考報道や中韓の内政干渉が相次ぐ中で、首相が靖国神社を参拝するという至極真っ当な行為に批難を繰り返し、共産中国の意におもねる政治家の自宅が標的にされたのは「当たり前だ」という気すらします。

>チョイ右オヤジ様
加藤氏の自宅が狙われたのは単に考え方が違うからですか?我々だって左寄りの人と接する時(と言うよりも知人です)がありますが、暴力に訴えた覚えはないですよ。それどころか同じ右寄りの仲間内でさえ考えの相違があることは日常的です。かつての小泉首相の盟友にして、自民党の幹事長にまでなった人が国会議員の身でありながら、最も影響力のあるテレビであのような発言を繰り返していたことが問題では?また、加藤氏が特定アジアに取り入って私腹を肥やしてきた前科から言っても「当たり前」だと思えてしまいます。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月17日 11:11
>なっとく様
>たった一つ意見が異なるだけで、すべてを否定するのは思慮が足らないのでは?

そうなんです!靖国参拝という一事のみで首脳会談まで拒否する中韓の首脳は思慮が足りなさ過ぎますよね。

>島さま
政治家が一選挙区で選出されたというなら、国賊議員に対するテロはまさに総べての日本人の怒りから噴出した行動でしょう。我々が「これからテロを行なう」だの「テロをやるべきだ」などと言ってしまうとオカシくなりますが、起きてしまった事実に対しては評論しますよ、極右ブログとして。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月17日 11:21
加藤みたいなちっぽけな存在じゃなくミンス党や草加狙えよバカ
Posted by んなら at 2006年08月17日 11:51
極右評論さんの エントリーを痛快に感じて支持してる方も悪いとは言いません。ただね、願わくば現状に対する憂いや怒りも是非読み取っていただきたい。私も政治テロには否定的です。だからと言って管理人氏の想いを全否定する気にはなりません。視野を広く、嘗て海軍教育で言われたことですが、ガチガチな思考をするな、フレキシブルワイヤーのような柔軟性を持って欲しい。それだけです。
Posted by あきら at 2006年08月17日 12:06
加藤氏がどうこうは別として、不利になる主張をする理由が理解できません。極右に期待していただけに、左右とも守旧派はダメなのかなと落胆しました。
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 12:10
テロを支持する奴は日本から出て行って欲しいな。
日本人として恥ずかしい。
Posted by hR at 2006年08月17日 12:16
まあ、きあたないーい連中馬鹿りでちゅねー。
日本はもう朝鮮のもの。
奴隷日本人hいんでわびな
Posted by くりすと at 2006年08月17日 12:19
放火テロ容認宣言としか読めませんでした…
さようなら極右。
Posted by 武士 at 2006年08月17日 12:49
毎日読ませて頂いております。
さて、今回の加藤氏放火の件ですが懐疑的に見えるところがあります。

1.放火の男が割腹自殺をしながらも火災から逃げている
2.犯行声明が無い
3.あくまで、元右翼。現在は不明
4.近くに止まっていた男性名義で借りたレンタカー前にあるおびただしい血痕
Posted by ある父 at 2006年08月17日 13:04
まず男性は腹を横にと手首を切っています。加藤氏の寝室でやったとの見方ですが
では、レンタカー付近の血痕は何か?
車で自身を傷つけた後から放火にいくのか?
もしくは、放火後に一度車に戻り、火災に燃える加藤氏へ向かったのか?
男は何故、割腹及び手首を切りながらも、刃物のある寝室から最も遠い北西側屋外にいたのか?
気道にやけどがある事から火災の中に居たのは確か
そして、メディアがこれ見よがしに言う。暴力と言論弾圧に重ねる報道真理?テロ発言
右翼からの賛辞と、暴力へ反発する民衆
左翼および報道がもっとも有利な展開?
情報まとめたほうが良くないですか?
Posted by ある父 at 2006年08月17日 13:05
管理人様

お返事頂いたので返信します。
>加藤氏の自宅が狙われたのは単に考え方が違うからですか?

貴殿の考えを突詰めればそうなります、そうなっていくでしょう。
ここのブログはそのアクセス数からしても既に影響力もあると思います。
貴殿の容認発言で勢いづいた「馬鹿」が中曽根氏、河野氏や二階氏、
野党の連中を対象とした同じテロ行為をした場合も貴殿はそれも容認
なのでしょうね。それでは金正日の言論封じと同じではないですか。
貴殿の立場なら逸る気持ちを抑えてテロを行う暴徒を崇高な論評で
抑える事こそ貴殿の考えを支持し賛同する輪が広がる、と思いませんか?

宗教やイデオロギーは話し合いや論評によって変えることはあり得ますが
暴力によって変わる事はあり得ません。
Posted by チョィ右オヤジ at 2006年08月17日 13:08
私は、今回の放火を喜んでいたり、誉めていたりはしません。
むしろ、放火などをしない方が良かったと考えています。
しかしながら、暴力と武力を一切否定する事はしません。
良い事だけを行えば、良い世界が訪れるとは思っていません。
日本には、外国からの工作員・諜報員が自由に活動でき、淫らな行いを写真に撮られたり、買収されたりで、工作活動に協力する人がいます。(破壊活動もし易い環境にあります。先日の英国での航空機テロ取り締まりも日本で出来るかという疑問もあります。)
これらの人を除去する法律・組織(諜報機関等)を整備しなくてはなりません。
今後とも、極右評論の活躍を期待しています。
Posted by とおる at 2006年08月17日 15:26
>チョイ右オヤジ様
返信を有り難うございました。
誤解しないでもらいたいのは、当エントリーでは加藤氏宅を標的とした
事件を論評しているのであって、他の政治家に対するテロを煽ろうとの
意図はまったくありません。この度の事件でも加藤氏のお母様に何事も
なかったことに安堵します。弱者を巻き込んだ無差別的なテロは右翼の
伝統から言っても断じて許されないでしょう。

しかし、何度も言うようにテロという行動に全てを賭して国賊政治屋に
天誅を加えんとした一人の人間を、単に暴力主義者として断罪すること
には与しません。テロを行いかねない者らを抑えるには、政治家および
財界人が売国的な発言を控え、猛省することが肝要だと考えます。

Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月17日 15:28
「この国に考え方は一つしか要らん、従わなければ死ね」が納得できるようなものかな。北京で耳にしそうな言葉で、日本はそういう国になれば中国に非常によく似ている、と言わざるを得ない。
Posted by Bochi Bum at 2006年08月17日 15:30
>チョイ右オヤジさん
>>それでは金正日の言論封じと同じではないですか。

瀬戸さんは別に実行を指示されたわけでもなんでもないのですから同じではないと思います。ただご指摘されている懸念もたしかに理解出来ます。これは難しいところですね。(一番良いのは瀬戸さんが抑えて私などが煽るという形でしょうかw

私としては日本人は最近あまりに行儀が良すぎると私は思っていますので少しはこのようなことがあるほうが自然だとは思います。

真実に目覚めた日本人であれば瀬戸さんの主張の真意を理解されるのではないでしょうかね?鬼畜左翼が何をしようとしているのかを知る者にとっては今回の事件を少なくとも非難はしないでしょう。
Posted by トランプ at 2006年08月17日 15:30
Bochi Bum 様

> 「この国に考え方は一つしか要らん、従わなければ死ね」
とは書かれていないと思いますが。
極右評論では、反対意見でも、丁寧に回答されています。
私と極右評論とは、朝鮮半島・中東についての考えが異なっていますが、「考え方は一つしか要らん」という扱いは受けておりません。
Posted by とおる at 2006年08月17日 15:55
理念以前に戦略も戦術も無いじゃないですか、左翼を利する事が解りきってる行動を取るのは利敵行為でしょう。自分の快楽のために左翼を利する行動を取る人間は、極右の視点から糾弾されると思ったんですけどね。

そもそも政治家相手にテロって効率悪いです。テロが有効なのは独裁者や教祖相手です。どこぞの学会やどこぞの教会の指導者を暗殺するなら、分裂と内紛を誘発できるから連日連夜に渡って右翼はテロリストと報道されようがメリットの方が大きいですが、加藤氏みたいに落ち目な政治家の家に放火してもデメリットしか無いでしょう。
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 16:15
そもそも加藤氏が連日嫌味な口調で靖国反対していたのも、世論調査で靖国賛成が逆転した一因だと思います。左右の対立はどちらがより愚かかの勝負になりがちです。(お互いに人数が多いから)愚かな味方こそが最大の敵と考えるべきではないですか?

率直な気持ちを言えば、物心ついたら左翼が圧倒的だったのを、ネットの力で持ち直して来たのに、今度は左翼全盛時代に成すすべが無かった世代に足を引っ張れるのかと憤慨してます。
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 16:17
だいたい、切腹する気なら放火なんてする意味無いですよ。加藤氏の自宅前で切腹するだけで十分じゃないですか?犯罪行為を犯さないからデメリットは全然低くなるし、私はメリットもこちらの方が大きいと考えます。
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 16:24
放火は、良くない。隣近所の人々の怯えを想像するだけで、気が滅入る。
延焼がなかったのが、せめてもの救い。

政治的な表現(行動)が、暴力しか残されていない人々もいるというのも事実だが、日本国内ではどうかなと思う。
加藤氏、本人を襲うのは、止むを得ないとしても、放火は、許せない。

私は、イスラム(アラブ)の人々のいわゆる「テロ」に共感します。

瀬戸さんの興味深いお考えに即発されました。ありがとうございます。

Posted by 石井清一郎 at 2006年08月17日 16:38

解かります。
ときどきTBSを襲撃したくなります。

割腹はよくないですよね、どうどうと声明出すべきです!
Posted by 生 at 2006年08月17日 17:21
>Bochi Bum 様
既に、とおる様よりご回答頂いておりますが、私も一言。国のために散華された英霊に哀悼の意を捧げることに異論がおありですか?いや、先の戦争に対する考え方やA級戦犯合祀に対する考え方などは人それぞれでしょう。極論すれば靖国神社に参拝したくない人は行かなくとも良い。しかし、自身の心の問題として参拝に赴いた人に対して、執拗な批判をテレビで繰り返すというのは如何なものなのでしょうか?

>沢木様
誰をも殺さず傷付けずにインパクトのある行動であれば確かに最善ですね。
ですが、手段として間違っても放火が良いとは言えませんが、何らかの手段で政治家に警告を与える必要もあるのでは?
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月17日 18:05
まぁ釣りエサだからマジレスするのもあれだし、
こっちも釣りエサをご用意。

今回のことで右翼は犯罪者ということが証明されました。
Posted by a at 2006年08月17日 18:09
おまへたちは戰爭といふものを知つてをるのか。TBSを襲撃したいならするがよい。

このホームページの作者は、恰も皇國を敬ひ愚かな政治家を誅するなどと英雄氣取りでをる。「極右論評管理者」やこのホームページに群がるものたちよ、おまへたちは戰爭といふものを知つてをるのか。わたくしは怨に満ちてゐる。我々があの大戰でいかなる地獄を味わはされたのかおまへたちに判るか。そんなに戰爭が好きなら北朝鮮へでも、イラクへでも行くがよい。北京へ行つて江の首を掻き切つて來い。おまへたちこそ尊い陛下の大御心を汚す口先だけの非國民である。

わたくしもテロリズムは仕方がないと思ふ。諭して判らぬ者は誅するしかない。おまへたちと全く同じ意見である。しかし、おまへたちは戰爭といふものを知つてをるのか。
Posted by 當時二等兵 at 2006年08月17日 18:12
わたくしはブタ右翼を肅罎擦鵑箸靴董日々活動するものであります。

日本のブタ右翼どもは、ネオ・ナチども、米國のKKKどもと同じくテロリスト集團であります。酖匹蠅亮屬砲茲訝冀里蕕困頁音走行のみならず、かつての新聞社襲撃、今般の政治家宅を放火し自決し損なふ事件などが示すとほり、反社會的クヅどもであります。彼らの現實味のない英雄幻想を叩き潰すべく、わたくしは身近なところに徘徊するこの社會のゴミを血祭りにあげて行くことを己の殘された生の使命と考へて實行してゐる者であります。さう云ふ意味でテロリストのひとりであるかも知れません。

Posted by 當時二等兵 at 2006年08月17日 18:14
>石井清一郎さま

コメントを有り難うございました。
テロは一個人が自身の無力さを痛感するところから生じます。中国におもねり、日本国を売り渡そうとする亡国の輩にいかなる鉄槌を下すべきか…。
加藤氏のご家族、事務所スタッフに犠牲者が出ず、隣家に飛び火しなかったのは本当に幸いでした。

イスラム戦士に共感すべきところもありますが、米国が日本の同盟国である以上、これには与しません。先の英航空機テロ未遂事件は依然イスラムと間で戦争状態にあることを思い起こさせました。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月17日 18:45

 >當時二等兵

 やれるもんなら、やってみろ!!
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月17日 18:46
マスコミでは、放火した人の所属を断定しておきながら、実名を報道していませんが、不思議とは思われませんか?
もし、ご存知でしたら、公表を希望します。
Posted by とおる at 2006年08月17日 19:06
民主社会におけるテロは卑劣な犯罪であり、それ以上のものではありません。テロを褒め称えるのは馬鹿げており見苦しいことです。
Posted by 玄倉川 at 2006年08月17日 20:11
放火事件をテロという方は、中国人や韓国人の日本における犯罪(密入国・不法滞在・麻薬売買・強盗・殺人など)は、テロという認識はあるのでしょうか?
Posted by とおる at 2006年08月17日 20:18
心情的には今回の事件を起こした方に120%賛成です。
しかし、戦略的には誤まったといってもいいかもしれません。

強力なメディア媒体を持つまでは、テロはその是非を唱える以前にうまく操られかねないからです。

ただ、やはり心情的には今回のテロを支持します。
Posted by 黒陽星 at 2006年08月17日 20:32
こんばんは(^-^)/
お〜ぉ、テロ支持者だと決めつけ鬼の首でも取ったつもりか?(^-^)/
當時二等兵
お前幾つになる?旧字を使えば年寄りになりすませるとでも思ってるのか?(´∀`)
テロ絶対許さじの方々に訊きたい。思想テロ、言論テロについてはどう思われますかな?
Posted by あきら at 2006年08月17日 20:53
私は加藤氏の主張には賛同できません。

しかし、いくら加藤氏と主張が違うからといって実力行使容認は…
極右様支持のコメントの多さにもびっくりです。

寅さんではないですけど、「それをやっちゃーおしめぇよ」と思うんですが。

Posted by 旅の者 at 2006年08月17日 21:04
瀬戸弘幸様、お弟子様こんにちは。
毎回勉強させて頂いております。
加藤紘一は調子乗りすぎでしたね。
まあご家族が無事でなによりでしたが。
大久保利通も凶刃に倒れました。
本来、政治家は自分の生命賭けて戦うもと私は思います。
自分の私利私欲のためのみに、メディアで持論を垂れ流す、なんともあさましい男か!?
日本の将来も考えず発言する左翼、反日、在日などの糞野郎はせいぜいこれからは、よくこれからは考えて発言するべきだと私は思います。
Posted by 正成 at 2006年08月17日 21:35
だから、有効ならテロもアリだろう。日本の世論を考えればテロが有効になる条件を満たすのは、よほどの相手(独裁者か独裁教祖)か、よほどの状況(チベットやチェチェン)しか無いでしょうがね。

そして今回の放火事件は有効ですか?逆効果しか無いでしょう。目的が正しければ結果は問わないのか?そんな考えで目的が達成できると本気で考えてるんですか?本当に足手まといの愚者でしかなく、今後同じような愚者が出ぬように筆舌に尽して罵倒するべきです。

テロだからではなく、利敵行為だから悪だと言ってるんです。テロ容認も書く事で目的に近づきますか?遠ざかったようにしか見えません。

>思想テロ言論テロ
今回の放火がその対策に少しでも役立ちましたか?完全に逆効果の利敵行為。異様なほど身内贔屓なのが左翼集落の一要因だと考えるので、反面教師にしませんか?
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 22:02
「それをやっちゃーおしめぇよ」をやらせてしまう程加藤は売国発言を繰り返したとも言えますね。国防は国にとって最も重要なものですが支那の工作員として発言する加藤には今回のような事件があっても致し方ないのではないでしょうか?仮に支那が日本征服をしてしまうと世にも恐ろしい粛清がはじまります。その地獄絵図に導こうとする加藤に対して法を乗り越えて抗議した人間がいても非難は出来ないのではないでしょうか。

何事にも例外というものがあります。基本は暴力に訴えるのは駄目でしょう。しかし日本国民を地獄送りにしようとする加藤には今回のようなことがあっても不思議ではないと思います。

今回の事件は加藤の自業自得。これに尽きると私は思います。
Posted by トランプ at 2006年08月17日 22:17
>何らかの手段で政治家に警告を与える必要もあるのでは?

何かする必要があるからって、逆効果になる行動は許されません。目的や思想が正しければ失敗しても許されるなんて考えでは、左右以前に無能者が溢れて国が滅びます。

精神論で考えても、逆効果になる放火の誘惑に負けたのは、国を思う心より私憤が勝ったからに見えます。まあ逆効果になる事も理解できないほど考え無しだったのかも知れませんけど、そうだったとしたらより深刻です。
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 22:19
>その地獄絵図に導こうとする加藤に対して法を乗り越えて抗議した人間がいても非難は出来ないのではないでしょうか。

方法が逆効果なんですから、その日本地獄絵図に荷担したも同然です。加藤氏宅に放火する事は地獄絵図を防ぐ事に貢献したと考えるんですか?政治的に死に体だった加藤氏の命脈を僅でも伸ばしただけで、いくらでも非難できますよ。
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 22:23
>沢木さん
>>テロだからではなく、利敵行為だから悪だと言ってるんです。

なるほど。今回の事件においてはプラスとマイナスの面がありますね。売国奴政治家に良い薬になった(←鬼畜左翼の自作自演でない限り)のがプラスなら世論の支持を失う可能性があるのがマイナスですね。

このプラスとマイナスどちらが大きいか。プラスのほうが大きければ得ですしマイナスのほうが大きければ損ですが判断が分かれる所ですね。

今回のような事件が頻発すればマイナスが大きくなるかもしれませんが時々はないと政治家が安心して売国行為をしてしまいます。日本人の誠実さが売国政治家を大量に生み出している側面もありますし・・どうなんでしょう。
Posted by トランプ at 2006年08月17日 22:30
>売国奴政治家に良い薬になった

政治に置いて政治家個人の意思が反映される要素は売国奴ほど少ないので、政治家個人に警告を与えてもメリットとは考えられません。ですから、たんなる鬱憤晴らしの自己満足に過ぎないと言ってるんです。
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 22:35
こんばんは(^-^)/
様々な御意見が出てますね。ところで、マスコミは放火犯の名前を明らかにしてないのは何故なんでしょうね? 警察が発表してない?ならば何故発表しない?身元くらい掴んでいるはずです。なんかおかしくないですか? もし、朝鮮人右翼だったとしたら…政治判断で隠すことも無きにしも非ずですからね。ま、わからんですよ。
Posted by あきら at 2006年08月17日 22:56
政治とは常に血なまぐさいもの。
当の政治家達はなんとも思っていないのかも知れませんよ。
マスゴミも。

政治や売国について議論するときに冷静になることが相手に付け込まれないなんて幼稚すぎ。
今回の騒動も肯定して静観しているのがいいのかも知れません。


Posted by AKIRA at 2006年08月17日 23:00
>放火犯の名前

普通に入院中で逮捕してないからかも知れませんが、デメリット削減のため事前に精神科に通院してたのなら多少は見直します。本当に精神病の可能性もあるでしょうね。大手マスコミは精神病だと名前出さない事が多いです。
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 23:04
>あきらさん

そうなんですよね。私もそこが気になっています。なぜ名前を公表しないのかと、朝鮮系の自作自演なのではないかと。

最近はいろいろ複雑な事件が多発していますのでわかりませんね。
Posted by トランプ at 2006年08月17日 23:04
まぁ、閲覧のみの方も聞いて欲しいのですが、今回テロを認めるのはけしからんとの声は充分理解出来ます。私は管理人氏の真意は加藤紘一の、こんなに日本人から誇りを奪うような発言に怒り心頭に達してのことだと思うんです。裏を返せば、なぜ国家反逆罪みたいなものを作らないのだと言う想いかと勝手に推察しています。決してテロ推奨などではないと思いますよ。
Posted by あきら at 2006年08月17日 23:14
放火犯の名前はいつまでも隠しておけるとは思えないですが、な〜んか嫌な空気を感じています。割腹を試みたのみならず手首まで切ってますよね。日本人とはちと異質な気がしてならんのですよ。
Posted by あきら at 2006年08月17日 23:19
5
トランプさんに賛成、どうせならば、加藤をみちずれにして欲しかった
Posted by アメックス at 2006年08月17日 23:20
可能性としては、精神科に通院歴がある人間を使っての自作自演だったらやっかいですね。通院歴を理由に犯人の情報を出さないから自作自演が発覚し難い。
Posted by 沢木 at 2006年08月17日 23:31
>こんなに日本人から誇りを奪うような発言に怒り心頭に達してのことだと思うんです。

それなら、なぜ関係の無い母親を巻き添えにする必要があるんでしょう?
放火は場合によっては、隣近所の人間さえも犠牲者になっていたかも知れませんよ。
今回のエントリーで僕がどうしても許せないのは、手段があまりにも稚拙で短絡的で、とても政治的な思想があるとは思えない低俗な方法を、
民族だの日本人だのと同じ括りに入れてしまう事です。

Posted by もふもふ at 2006年08月17日 23:32
>母親を巻き添え
犯人は何日か前から下見していたふしがあります。母親は散歩中だったと言う報道ですよ。別に犯人の肩を持つわけじゃないが、事実はそうだと言うことです。
Posted by あきら at 2006年08月17日 23:36
もふもふさん
それと文章の引用の仕方が間違ってますよ(^-^)/ 引用された部分は犯人の心境ではなく、管理人氏の想いであろうと私が勝手に推察したものです(^-^)/
Posted by あきら at 2006年08月17日 23:40
>近代国家が誕生してからも近代国家が誕生する以前よりも、日本人は権力者がテロによって討滅される様を見てきた。天地を覆すような騒動に人々は狂奔し、テロリストに称賛の言葉さえ贈られることも少なくなかったではないか。

昔の事件を今の価値観でみるのはおかしいのと同様、今の事件に昔の価値観を持ち出すのはよろしくない。言論に対する暴力は単に相手を利しただけ。一般の加藤紘一氏の発言に異議がある人間にとって迷惑以外の何者でもない。
Posted by uratatsu at 2006年08月18日 00:47
売国奴の家は、燃やしても良いという事なのかな?
97歳の母親が家にいなかったのが不幸中の幸い。
もし亡くなっていたら、あなたはこの記事を
書けなかった。

Posted by イプサム at 2006年08月18日 01:41
>イプサムさん

燃やしても良いということではなくて加藤のように売国発言を繰り返すならば今回のような人間が出てきても不思議ではないということではないでしょうか?管理人さんも言っていますがテロそのものを容認したわけではないわけですし。早い話が「人様(日本国民)に迷惑ばかりをかけているといつか痛い目に遭う」ということですよね?公には罪を償う必要がありますがそのような人間が出てくることは加藤も政治家として覚悟の上でしょう。

それと鬼畜左翼の自作自演の可能性もありますが仮に朝鮮人の自作自演ならば誰も家に居ないのを確認してからということも考えられますね。たしかにこの時期富田メモにつぐ朝鮮系の工作活動の可能性も高そうです。
Posted by トランプ at 2006年08月18日 02:31
「振り下ろされた斧!」

何故「斧」なんだ。
普通、「剣」だよね。

止めよ離騒の一悲曲。悲歌慷慨の日は去りぬ。
我らが「剣」今こそは、廓清の血に踊るかな。

Posted by passant at 2006年08月18日 03:02
>97歳の母親が家にいなかったのが不幸中の幸い

しかし自分の母親が97年も生きてきた日本を中韓に売る加藤とはまさにキチガイですね。
Posted by AKIRA at 2006年08月18日 03:45
まあ、極右ですから時に暴力やテロをも辞さないのは判りますが
それにしても手口が中途半端やないかと(^_^メ)アレでは
まるで中核派とか革マルといった卑怯な極左と同じやないかと。
極右なら、チャカかドス持って行って加藤紘一の奴に一矢報いる
のが筋やと思うのですがね┐(´ー`)┌

それを「評価」するとは極右の名が廃るってもんですな。
世間の大義名分と言うのを考えるのが右翼やないかと。
金豚将軍やないのですから。
Posted by abusan at 2006年08月18日 08:46
今回の放火は、許容しませんが、テロに反対する理由は何でしょう?
私は、テロを推奨はしませんが、相手がテロをする場合、他に手段が無い場合は、テロも許容します。
無抵抗主義や宗教上の理由で、テロに反対するのは、理解出来ます。
テロに反対する人で、戦争に賛成する人はいるのでしょうか?
テロに反対とは、非武装中立・戦争反対というユートピア的平和主義に近い考えのような気がします。(戦争を推奨している訳ではありません。)
Posted by とおる at 2006年08月18日 09:42
お返事ありがとうございます。

>>母親を巻き添え
>犯人は何日か前から下見していたふしがあります。母親は散歩中だったと言う報道ですよ。別に犯人の肩を持つわけじゃないが、事実はそうだと言うことです。
それは結果論だと思います。
母親を避けていたとしても放火した火が延焼し、さらに多くの人間を巻き込むことになったかも知れません。
加藤氏の言論が招いたテロだったとしても、こんな方法を民族だの日本人だのと言われるのは、ものすごい違和感があります。

>それと文章の引用の仕方が間違ってますよ(^-^)/ 引用された部分は犯人の心境ではなく、管理人氏の想いであろうと私が勝手に推察したものです(^-^)/
紛らわしい書き方ですみません(汗
上2行は、あきらさんの書き込みに反応しての感想で、後半二行がエントリーへの感想なんで(w;

Posted by もふもふ at 2006年08月18日 11:00
加藤の言動は言論の域を超えた活動である。中国の意を体して、政策に影響を与えている。日本の対中外交への干渉や2元外交、北朝鮮への援助など、税金を使って反日国に莫大な利益を供与している。国民の大出血を策謀してきた。そのしずくを啜るために...。
 彼を政界から放逐する以外にこの活動を阻止する方法はない。
山形県の選挙民よ、あんたらに第1義的責任がある。あの言動を知りながら彼を国会に送っている奴、何も知らずに投票している民主主義国に住むに値しない奴らに結果責任を取らせる方法は無いものか.
 かの異様な国々が日本に侵攻するときが来たら、山形部隊を編成して最前線に送ってやりたい。
Posted by 弱民 at 2006年08月18日 11:04
各位 コメントを有り難う御座いました。
>トランプ様
>早い話が「人様(日本国民)に迷惑ばかりをかけているといつか痛い目に遭う」ということですよね?
>あきら様
>裏を返せば、なぜ国家反逆罪みたいなものを作らないのだと言う想いかと勝手に推察しています。

いい事を言ってくれました。そうです。結局、3年前の石原慎太郎知事の
当たり前発言と同じことだと思います。
私なりに例をあげるなら、深夜、露出度の高い奇抜な服装をした女性が一人で歩いていた→暴漢に襲われた→「当たり前だ」と言ったところで痴漢を奨励していることにはならないでしょう。
まぁテロ容認との誹りを受けても、反駁する気にはなりませんが。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月18日 12:06
>passant様
>何故「斧」なんだ

記事を書いた者の感性です。剣で倒すほど立派な奴ではないでしょう。

多くの人が言うように、心情や動機は理解できても手口が手口だけに。
「斧」の方が犇Л瓩箸いΦいするでしょ?加藤氏にピッタリです。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月18日 12:13
もふもふさん
コメントいただき有難うございます。まぁ放火は昔から大罪です。犯人がどこまでそれを感じていたかは不明ですが、加藤紘一の発言に怒りを感じてる人は少なくないでしょう。特に、富田メモを巡り昭和天皇を利用したのは許されないことです。これについてもマスコミのバカ共が言わないことも含めて言いたいことは山ほどあります。
Posted by あきら at 2006年08月18日 13:53
>あきらさん
ありがとうございます。
あえて過激な表現をした。そう解釈しています。
なら当然反発もあって、僕は”民族の血”やら”日本の風土”が、放火魔を生んだとは思いたくないと言ってるんです。


>加藤紘一の発言に怒りを感じてる人は少なくないでしょう。
これは同感。僕も、その一人です。
Posted by もふもふ at 2006年08月18日 14:02
>もふもふ様

「”民族の血”やら”日本の風土”が、放火魔を生んだ」のではありません。
”民族の血”やら”日本の風土”が、国を売らんとする者らに対する怒りを生んだのです。
放火云々は実行者が選んだ手段に過ぎないのでは?
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月18日 14:10
>管理人さん
コメントありがとうございます。
いただけるとは思ってなかったので、ちょっとうれしいです。

そうか、何が気に入らないのかはっきりしたような気がします。
僕も同様に加藤氏の発言には、憤りを感じていました。
”民族の血”やら”日本の風土”で、放火と言うまるで中国人や韓国人のような
低俗な手段を選んだ輩と、僕自身が同じ括りにされているような気がしてたからと。

多分、加藤氏だけでなく小沢氏や、マスコミ(朝日新聞など)に対しても同様ですが
「いっそ誰か黙らせてくれないかな?」
そう思ってたことは事実で、
放火の事件を見て一瞬喝采の声を心の中であげました。
そのことが、僕自身の中で許せないんだと思います。
Posted by もふもふ at 2006年08月18日 14:46
私が加藤紘一について怒るのは、あのトシになってまだ幼稚な気がしてならんからです。富田メモの昭和天皇のお気持ちはその通りでしょう。だいたい天皇と内閣総理大臣とは立場が違うんです。天皇は皇祖皇宗から引き継いだこの国の平和を願うのが責務だと考えます。片や政府は国の安全と国益を守るのが責務なんです。嘗てよくドイツを見習えみたいな愚論が横行しましたが、とんでもない話です。東條さんは総統なんかじゃない。→
Posted by あきら at 2006年08月18日 15:01
→れっきとした内閣総理大臣なんです。同時の国策に対する責任は今の政府にも引き継がれているわけであり、陛下が参拝されなくとも、内閣の責任として参拝するのは義務であろうと思いますよ。
Posted by あきら at 2006年08月18日 15:06
核兵器・生物化学兵器は、一種のテロ兵器と思いますが、いかがでしょう。
核兵器の使用は、国際法では禁止されていないはずです。
かといって、テロと核兵器・生物化学兵器の使用を推奨している訳ではありません。
Posted by とおる at 2006年08月18日 15:20
核兵器・生物化学兵器の使用は、テロと思いますが、いかがでしょう。
核兵器の使用は、国際法では禁止されていないはずです。
かといって、推奨している訳ではありません。
Posted by とおる at 2006年08月18日 15:21
剣は「突く」物であり、刀は「斬る」物であり、斧は「振り下ろす」物。
下郎相手には、上から「振り下ろす」斧が表現としては適切ですね。
下郎認定は個人の判断で。
Posted by 湯呑み at 2006年08月18日 16:01
>斧は振り下ろすもの
全く同感です(^-^)/ 加藤=下郎 でよろしいかと(^-^)/
Posted by あきら at 2006年08月18日 16:09
http://www.nikaidou.com/column06.html から引用
「加藤紘一の家に放火して切腹した人間がいましたね。放火はもちろん刑法上の犯罪ですが、言論の自由を盾に取り、公共の電波と政治家という立場を悪用している連中にはいいクスリでしょう。言論の自由は誰にでもありますが、言論を誰もが同じ時間、公共の電波に乗せる権利は保証されていません。ですから、国益に反する活動をしている政治家は、やられても仕方ありませんね。」
Posted by 774 at 2006年08月18日 16:24
言論を暴力で解決するのは朝鮮や支那と同じ考え。大和民族のモラルの低下が著しい
大和民族なら議事堂の前で切腹するのが筋 加藤氏の親は関係ない
Posted by 右派人 at 2006年08月18日 21:54
その考えは反日韓国人が安重根を尊ぶのと同じ考え方です。また中共が粛正を行う考え方とも同じです。彼らと同じ精神レベルになるおつもりか。日本男児は卑怯ものになってはいけません。
加藤氏を右翼が殺せば、加藤氏は英雄になり、右翼は卑怯者の暗殺者です。
Posted by open at 2006年08月18日 22:47
瀬戸さん、お弟子さんこんにちは。ご無沙汰しております。

>右派人
大和民族かくあるべし論かね?。国会議事堂の前で割腹自殺なぞ、それこそ支那・鮮人が考えるようなあさましいパフォーマンスだとは思わないのか?
放火自体は戴けないが、生憎と小生、君のような聖人君子ではないもので、下種の売国奴が災難に遭ったと聞いて溜飲を下げたがね。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 00:19
>open
私怨から利敵行為を繰り返し、嘗ての盟友の足を引っ張ることに血道を上げる匹夫の家が燃やされた。まあ、今回の事件を小生はそう解釈している。小生は君と違い、建前論を振り翳して高尚ぶるつもりはさらさらない。また、加藤の如き国賊の家が焼き討ちに遭ったことを気の毒がるつもりもない。尤も犠牲者でも出たならば別の話になったであろうが。
本来ネットは度を越えない範囲で本音をぶつけ合う場ではないのかね?。綺麗ごとを他者に押し付け非難するのは、それこそ、どこぞの国の精神レベルに等しい幼稚で偏狭なな正義感であろう。更に付け加えるなら、どこをどうすれば特亜人と同等の精神レベルに堕すなどと云う珍妙な懸念を生じたのか、甚だ不可解だ。
仮令、加藤が放火の犠牲となったとしても英雄になぞなりはしない。嘗て国会議員と呼ばれた焼死体になるだけだ。よって、ご心配には及ばない。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 00:20
>あきらさん、湯呑みさん

   こんつはっス。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 00:22
>>怒る小市民氏
私は正義感や綺麗ごとをわざわざいいたいがためにコメントしているわけではない
私たちからみて国賊でも一般市民からみたら右翼は暴力でしか解決できない只のやくざとしか見えないのでは?しかもその標的が90の老婆と言えば尚更のこと
今回のことは左派のイメージアップにつながってしまったように思える
それから人へ返信するときは〜氏など敬称をつけたほうがいい。
Posted by 右派人 at 2006年08月19日 02:44
怒る小市民氏>
安重根は大義のためなら平時に手ぶらの伊藤博文公を刺殺しても正義といった。しかし多くの日本人は安重根をただの卑怯者と考えた。
それは日本の首相を殺されたからだけではない。暗殺は卑怯者のやることだからだ。大義のためなら卑怯なことをしても許されるという考えは
日本男児にはありません。
Posted by open at 2006年08月19日 09:19
怒る小市民さん
こんにちは(^-^)/ 加藤には一片の同情も湧かないですね(^-^)/ だいたいテレビに出過ぎなんですよ(`へ´)
Posted by あきら at 2006年08月19日 09:58
>openさん

今回は暗殺をしたわけではないですのでその例は当てはまりにくい気がします。それはそれとしても↓

>大義のためなら卑怯なことをしても許される

公には罪は当然発生します。法的に許されるという主張ではないはずです。まずこの一点。また法とは何の為にあるのかと言えば共同体を守る為にあるわけでその共同体を壊し続ける人間に我慢が出来ず鉄槌を下す人間が出て来ても不思議ではない、と主張したからといって大義の為なら〜という主張をした事にはなりません。

Posted by トランプ at 2006年08月19日 10:19
怒る小市民さんへ
久しぶりです。お待ちしておりました。
でも、余り過激な発言は止めて下さいね。(笑い・・・冗談です。
 今回のエントリーで批判する人も多いですが、それ以上に激励して
くれる人が多いのにも驚かされました。
日本が静かながら変化して行っていることを認識したしだいです。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月19日 10:52
何だか、よく批判される半島の国と同程度だよなぁ。
今さら切腹?テロ肯定?
欧州民主主義と、東亜細亜権威主義は非なる性格を持つから、
仕方ないのかもしれないけど…。

精神論を模った、直情行為の賛美なんてねぇ。
国際社会を無視して、突っ走って叩かれないと、
こうした言動は大人しくならないのかな?
Posted by 東西 at 2006年08月19日 16:57
失礼します。

犯人といわれる人間の状況が、ライブドア事件において沖縄で自殺した
言われる野口英昭氏と似ているところが気になる。

腹を切り、手首を切ったというところ。
他殺の疑いが濃厚らしいですが。
(放火犯と疑われる堀米正広(65)が所属するのは大日本同胞社)

今回の件における考え方。
平時、準有事、有事、戦時という分け方で考える。
言論の限界、民主主義の限界を考える。
そうすれば、
民主主義原理主義という何とかの一つ覚えにはならないだろう。

吉田松陰の教えはいかなるものだったか。
現在を、国家存亡の危機ととらえるかどうかであろう。




Posted by 素朴人 at 2006年08月19日 17:44
今回の事件を起こした人物が所属する右翼団体は歌舞伎町にあるらしいですね。Speak Easy社会というブログで色々書かれていましたが朝鮮系の工作活動の可能性もやはり高そうですね。

私としては本当の右翼であれ偽右翼であれ加藤がどんな被害に遭おうと別に何とも思わないです。本当の右翼であれば加藤は自業自得だと思いますし偽右翼であれば仲間内で意味のない自損行為をやってるなと思うだけす。

近い将来支那が日本に対し武力行使をしてくるかもしれないこの時期においては国を売る加藤のような人間がどのような目に遭おうと知ったことではないというのが正直な気持ちです。売国加藤に対してはあまり関心がないですね。わざわざテロを許すなと声高に叫ぶ気には到底なれません。罪は償って下さいと言う程度です。
Posted by トランプ at 2006年08月19日 18:41
瀬戸さん、お弟子さんこんにちは。

>右派人氏
>>私は正義感や綺麗ごとをわざわざいいたいがためにコメントしているわけではない
ほう、ならば訊こう。
>>大和民族なら議事堂の前で切腹するのが筋
この発言の真意は奈辺にあるのかね?。小生には倒錯した大和魂の醜悪なカリカチュアにしか思えないのだがね。

無論、小生とて卑劣なテロ行為は糾弾されて然るべきと考える。瀬戸主宰の真意は推し量れぬものの、売国奴であろうが暴力による排撃は賛同はできぬ。なれど、これまでの極右評論のエントリーを顧みれば瞭然であるが、テロ行為を奨励も教唆もしてはいない。加藤氏の一件については、怪しげな街宣右翼を擁護する発言はしてもおらぬ。ただ単に、国賊に天罰が下ったと述べているに過ぎない。そして小生も尤もだと感じている。
(続)
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 19:34
(承前)
犯人を弁護するつもりは微塵もないが、留守宅であるのを見計らっての犯行だとも囁かれている。つまり、殺意はなかったと云うことだ。
左派のイメージアップなぞ何ほどのものであろうか。寧ろ、本音を押し隠し、降って湧いたように綺麗ごとを述べる俄か人格者の多いことに危惧を抱く。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 19:35
>open氏
戦時に於ける敵対国に対するテロ行為以外は、小生とていかなるテロ行為も否定する立場にある。
>大義のためなら卑怯なことをしても許されるという考えは日本男児にはありません。
お説ご尤も、異存はない。だが、己が利欲がために国家の安寧を脅かし、敵対国に取り入ろうとする輩には鉄槌こそ相応しいとする極右評論の主張には、共鳴するものである。然るに、小生も極右評論を支持する一人として、もし極端な行動に走る気配あらば、身を挺してでも諫言するのが小生の、「日本男児」のありかたと心得ている。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 19:36
>瀬戸さん
過激な発言は自重したいと思います(笑)。
なれど敢えて苦言を呈しますが、この先、真剣に極右の台頭をお望みならば、大衆の支持を損なわぬよう発言は慎重に願います。多くの支持があってこそ極右の意見が国政に届くこともありましょう。人々の信を失っても依怙地に己が主張を言い募るだけでは、ネオナチやKKKと何ら変わりがありません。日本は日本式の極右を目指すのではありませんでしたか?。やがて出現するであろう、次代の若き英雄に極右を託す夢をお捨てになられたか?。
(続)
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 19:38
(承前)
此度のエントリーによって、多くの支持者を失ったこともまた否めぬ事実です。このエントリーを取り上げて、聖人君子を気取るブロガーが、腐れ儒者の如く極右糾弾に勤しむ様は忌々しくもありますが、確かに本音では快哉を叫んでも、それを、どうだとばかりに意見表明をするのは、多くのユーザーにとって心理的な抵抗感がありましょう。どうぞ、以後の発言では熟慮をお願い致します。

>あきらさん
偏向マスゴミが自身の主張を代弁させるべく、既に「過去の人」である加藤なぞを引っ張り出し政権批判をさせておりますね。毎度のことながら、姑息なやり口には反吐が出ます。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 19:40
怒る小市民さん
こんばんは(^-^)/
私は先の戦争を真に反省するためには、戦争当時国全てが反省すべきだと思います。戦争となれば、加害=戦果であり被害=敗北なんです。真に反省すべきは何で被害を受けるような事になったのかなんです。これは強盗の論理などと解されがちですが、国際関係など今もそうなんです。だいたい加藤みたいな理屈では子供や孫が日本人としての誇りさえ持てなくなります。私はそれを恐れます。
Posted by あきら at 2006年08月19日 20:36
怒る小市民さんへ
ご心配おかけしております。ただ明日は総括のエントリーを立てます。もちろん意固地になるわけでもなく、冷静に論じたいと思います。確かに批判もありましたが、応援クリックは当日過去最高となりました。
極右などいらないーと書かれたブログに対する反発もあったのかも知れませんね。極右の主張は支持しないが、極右の存在と台頭(ある程度の)を待望する方が反発したものと思います。
これまでコメントを入れたことがない方のコメントが相次ぎました。普段から入れていた方は、どちらかと言えば批判的、対して新しくなされる方は好意的でした。黙って見ていた人が、危機感を持ったのかも知れませんね。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年08月19日 21:11
>あきらさん
仰る通りです。大戦についての可否は、甚だ不当なものではありますが東京裁判、並びにBC級戦犯の判決によって責任者が刑に服し、その後のサンフランシスコ講和条約を受け容れたことによって、既に決着を見ております。
不本意ながら、これによって我が国が兎にも角にも国際社会への復帰を遂げたのですから、恨み言はいいますまい。
されど、後世に伝える歴史に偽りがあってはなりません。戦争当事国の有識者を一堂に会し、なぜ大戦に至ったかの緻密な検証作業が是非必要ですね。
無論、特定の国に都合のよい主張は一切排した形で。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 21:36
>>怒る小市民氏
ちゃんと敬称つけてくれましたな
最初の私の発言は少々感情的で幼稚であったことは認めましょう。このブログにも賛同できる点もありますがあなたの意見には賛同出来ません。あなたはいったいなにが言いたいのですか?あなたの意見に賛同できない人間は人格異常者のように言ってくれますがまともに人の意見も聞かず綺麗ごとだと批判するあなたが人格異常者なのでは?ここで私が書いたことは私の真意です。
Posted by 右派人 at 2006年08月19日 21:36
続きです
なぜ本音を押し殺していると分かるのですか?あなたの言う本音とはなんですか?私の意見を要約すると加藤氏に文句があるなら加藤氏本人に言えということです。現在の日本でいかに我々が国賊だからと主張しようと一般市民の目には今回の件どう映るでしょうか。「怖い右翼が火をつけて政治家を黙らせようとした」としか見えないのでは?その心配はないという根拠を教えて欲しい
Posted by 右派人 at 2006年08月19日 21:47
怒る小市民さん
国際関係ってのは難しいもんです。支那一つとっても、共産党の存在意義の第一は反日なんだし、アメリカはルーズベルトを戦犯とは絶対認めますまい。極東裁判に於いて提起された人道に対する罪は本来ならルーズベルトが筆頭にあげられてしかるべきでしょう。アメリカはそれがわかってるから遊就館の零戦にも何も言わない。日本もエノラゲイに何も言わない。それが大人の対処法なんです。その点支那は子供です。
Posted by あきら at 2006年08月19日 21:52
>瀬戸さん
加藤氏の一件でかように紛糾したのは、逆にそれだけ多くのユーザーが日本人の心のありかたに意見をお持ちだと云う証左でありましょう。
明日は総括をなさるとのこと。その際には、小生も存念を述べたく存じます。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 21:53
各位 コメントを有り難うございました。
>怒る小市民さま
ご無沙汰しております。加藤氏の自宅に対するテロ事件は賛否両論ですが、これほど反響を呼んだ背景は、やはり人というのは捉え方はともかくテロという騒乱状態に興奮するようです。イラクでの開戦前、人々が深夜、明け方までテレビ報道に噛り付いたように。
ご指摘の通り、放火の実行者は加藤氏の御母堂様が外出されるのを見計らって火を放ったと言われております。これは然る大帝の馬車に幼児が同乗していたため手榴弾を投げ込めなかった著名なテロリストの心境にも共通しております。その方法論はともかく、無関係の者を巻き込まぬとした狄神右翼瓩冒世錣譴燭里任呂覆い任靴腓Δ。そうでないとしたら、加藤氏は単に狂犬に襲われた不運の人…。燃え盛る炎の中、身を剥がすような熱さの中で腹を掻っ捌くほどの気概はそうそう見い出せません。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年08月19日 22:15
>右派人氏
小生はさほど君の神経を逆撫でしたつもりはないのだが、随分と敷衍した解釈でお怒りのようだ。小生の弁の要諦を問われているようなのでお答えしよう。
日頃、加藤氏に対して苦々しく想いを抱いておるにも拘わらず、彼が兇徒の愚行によって災難を負ったことに対し、したり顔で道徳論をぶつ人らの中で、果たしてどれだけ本心を語る者がいるであろうか?、と云う疑義だよ。
君が本心から加藤氏の一件を痛恨事と憂慮しているのならば、別段気に留める必要もなかろうて。それと、君を人格異常者と断じた覚えはないがね。君に小生への賛同も求めてはいない。小生を人格異常者と見做したいたいのなら、どうぞご自由に。君の内心まで詮索するつもりはないよ。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 22:45
(承前)
>なぜ本音を押し殺していると分かるのですか?
単なる所感だよ。定見もないのに右顧左眄して、「極右評論が叩かれてるから、俺も便乗してコキ下ろしてやろう」なんて奴もいないとは断言できないだろう?。違うかね?。証拠を出せなんて子供じみた言い掛かりはせんよな?。そうしたら小生も、「極右評論を批判してる奴は、建前論を言ってない証拠を出してみろ」って話になるからね。
>加藤氏に文句があるなら加藤氏本人に言えということです。
小生も同意見だか・・・はて、何か異論を述べたかね?
それで、今回の事件が徒に右翼への恐怖心を煽り、保守全体が誤解を受けかねないことについて、「心配はない」と言ってはいないがね。ただ、何がしかのフィルターを通して保守・右派の人間を見る者らは、仮令、特段の事件がない平時でも色眼鏡で見るんじゃないかね?
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 22:47
>あきらさん
国際関係なんてのは所詮、エゴとエゴのぶつかり合いですよね。左巻きどもがよく“国際協調”なんてのを口にしますが、諫言すれば、「エゴにどう折り合いをつけるか」ってことに収斂すると思います。大戦の是非について蒸し返そうものなら、戦勝国も被災国も看過はせぬでしょう。とどのつまりは、戦勝国は勝利したから正義。敗戦国は敗北したから悪者。承服し難いことながら、とりあえずはこれで、「堪えがたきを堪え」決着した訳ですから、勝った側もそれ以上の追求をしないのは暗黙の了解事項でしょう。
幼児並みの精神年齢より持たぬ鮮人は兎も角、支那人が徹底的に利用しようとしておるのには、さもしいタカリ根性に他なりません。断固、撥ね退けるべきですよね。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 23:19
>お弟子さん
お久しぶりです。
件の右翼団体幹部は日本青年社に所属する者と聞き及んでおりますが、気になるのが、この人物の一存で為したことなのか?、それとも背後で糸を引く者がおったのか?、と云う点です。放火と云うテロ行為を決して賞賛は出来ぬものの、もし、前者であるのなら心情は理解できます。なれど後者ならば、いかな事情があろうと絶対に認められない。差し出口をお許し戴きたいが、日本極右は既存の街宣右翼と同一視されぬためにも、一線を劃す必要があるやに思います。
Posted by 怒る小市民 at 2006年08月19日 23:20
放火は卑怯者のやることであり、卑怯者には義はなく正義の鉄槌であるはずはありません。これ以上私のいいたいことはありません。
新渡戸稲造(奈良本辰也訳):「武士道」
勇気は、義によって発動されるのでなければ徳行の中に数えられる価値はないとされた。...あらゆる種類の危険を冒し、生命を賭して死地に臨むこと.....しかし武士道の教えるところはこれと異なる。
死に値しないことのために死ぬことは「犬死」とされた。
....サムライの若者で「大儀の勇」と「匹夫の勇」の区別を教わらなかった者があろうか。
Posted by open at 2006年08月20日 00:55
似非右翼でおなじみの【大日本同胞社】の住所は
コリアンタウンのビジネスホテルだ!!↓
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=2465839

おおかた、朝鮮人似非右翼による、自作自演だろ。
【大日本同胞社】の政治資金収支報告書↓
http://www.j-cia.com/file/19/1801/2.jpg
コリアンタウンの同胞による住所また貸しだな。

放火事件自体がキナ臭い猿芝居だ。

糞マスゴミ!ちゃんと報道しろ!!
右翼に罪を擦り付けているんじゃねえ!
Posted by zaimoku at 2006年08月24日 21:57
瀬戸さんはなぜ「偽右翼による自作自演説」に回答されないのですか?
犯人が瀬戸さんの言うようにホンモノの「老兵」だったとしても、
背後にたきつけた勢力があったとしたら、これは右翼のイメージ低下作戦です。
それに対して、はめられたのならば善後策を出してほしいです。

また、これが、「偽右翼による自作自演」では無かったとしても、
それを危惧した右翼の人に対する何らかの議論をしてもいいのではないでしょうか?

私は、どちらにしても、今回の件は右翼のイメージを落としたいやな事件だったと思います。
だって、首相はもう参拝した後だったんですよ。水をさす以外の何者でもない・・・
と思いました。
Posted by ぽぽん at 2006年09月01日 23:52
右翼テロリズムのカテゴリー以外にもこのネタのエントリーがあったのですね。
拙速で恥ずかしいコメントを書いてしまいました・・・
Posted by ぽぽん at 2006年09月02日 01:27
管理人さんは朝鮮右翼か中国工作員ですか。
国論を分断して内紛が起き日本人同志が殺し合うのを喜ぶのは反日国家だ。
Posted by 笑 at 2006年09月09日 13:34
>笑さん

同じ日本人、それも同じ与党の人間が首相の靖国神社参拝という当然の行ないに難癖をつけ、足を引っ張るなど、国論を分断して内紛を起こしているのはどちらか?
少しは考えて書き込みをせよ。
何でもかんでも朝鮮や中国の工作員であるというレッテルを安易に貼るなどは馬鹿でも出来る。

出直して来いっ!
Posted by 極右評論管理者 at 2006年09月13日 20:03
>ぽぽん様

右翼はその意味で元々イメージの良くないものです。
一般人なら誰もやり得ない、恐いことをやるから恐れられるのです。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年09月13日 20:05
未だに国論を分断を図る輩が幅を効かせて居るのは事実です! (テロがあったからこそ、あの明治維新が成功したのです。暴力を否定するのはその民族性を否定する事に繋がります)話は変わりますが、此処にリンクを張ります。   
Posted by 日本海の竜 at 2006年10月01日 10:34
管理人様へ  補足です。  http://www.nsjap.jp/index.html (国家社会主義日本労働者党です)
Posted by 日本海の竜 at 2006年10月01日 10:38
テロは日本のカルチャーです。みなさん、民主主義を絶対視していませんか?民主主義は制御不能な状態を作り出す危険があります。その状態を作り出す以前に秩序を保つ方法として、昔からテロ(暗殺)という手段がありました。スパイ防止法がないのですから、加藤議員のような国賊議員を民主的な方法で処罰できないわけです。中共から賄賂を受け取り、国を売る行為に対し、民主主義では何もできなかったわけです(スパイ防止法さえできていない)。私は暗殺もやむなし、と考えます。
Posted by 民主主義 at 2006年11月16日 16:46
正直言って私は言論の自由の範囲であればどのようなことを言ってもよいと思う。
それに左右されて正しい意見を選択できないのであればそれはその人の力である。
ただし公平に物を判断をしにくくする力が政治家、教師、マスコミ
には存在するこの職に就くものは聖人であるべきだが
どうも自分の考えが正しいと信じきって都合の悪いことは見ようとしないような
さらにいうなら文句は言うけどその責任からは逃げるような者がこれらの世界に多いように思う。
正常に判断させるように正しい政治家の出現を望む。
政治家として意見を言うのであれば政治家には明治維新のころのように
『自分の主張を通すのであれば命を狙われてもしょうがない』というくらいの心構えをもって発言をしてもらいたいものだ。
正直言って特亜に擦り寄るものにその気概はみじんも
Posted by 近代史に出てくるような政治家を望む者 at 2007年05月03日 21:22
暴力には3段階ある。

1)心(魂)を傷つける行為、言葉
2)身体を傷つける行為
3)所有物を傷つけたり破壊する行為

今回は一番低いレベルであった思います。

なぜ、心を傷つける行為が一番悪いかというと、
それがもっとも長く(死後ですら)人を傷つけるからです。

夫婦間でも、自殺や殺害に及ぶのは、肉体的弾圧ではなく
言葉による暴力が最も大きな原因です。

Posted by kuni at 2007年05月04日 03:57
5
北海道の星姓狩りもネット上の噂を信じたウヨクという話が出てますね。
Posted by $ at 2008年06月09日 11:07