2006年09月28日

なぜ消えた?『博士の独り言』

なぜ、突然『博士の独り言』は消えたのか?

 昨夜ブログ・ランキングの2位につけていた『博士の独り言』というブログが突然ランキングから消えたことについて、多くの方から「なぜ?」という疑問と何らかのトラブルに巻き込まれた可能性を心配するコメントが相次ぎました。

 当方としましては調査を始めた訳でもなく、現時点で何らかの確証を得ているわけでもないので、あくまでも推測の範囲でしか書く事はできません。

 しかしながら、この突然の出来事はその不可解さといい、どうしても皆さんには「不気味」に思えてくるのではないでしょうか。そのような観点から、これを今日は考察してみることにしたいと思います。

 私も常に気がかりに思っていることが一つあります。それは私がブログを開設したライブドア。そして人気ブログ・ランキングへの登録に関しても無料です。

 この無料というのは利用者からすれば最大の利点と思いますが、しかし、ライブドアにしても人気ブログ・ランキングにしても責任は一切ないということになります。

 確かに、これまでもライブドアや人気ブログ・ランキングにおいては、不具合が生じて皆様が閲覧出来ない事態が起きたことがあります。しかし、それは『極右評論』だけではなく、そこに開設もしくは登録したブログ全体の問題であり、その後、修復されて通常に戻りました。

 もし、仮に自分のブログだけが個別的に消えたとしても、それを確かめる術はないし、残念ながらその責任を追及することも出来ません。言ってみれば非常に不安定な状態の中でブログを書き続けているというわけです。

 この点に関しましては、ブログを有料でも良いので管理責任がしっかりしている所に移転する考えもありますが、ライブドアの政治ランキングで1位になっており、そこからのアクセスも多いので決断しかねているのが現状です。

 さて今回、突然『博士の独り言』さんのブログが突然ランキングから消えた件ですが、ブロガーの意思に反して外部からの操作によって消された模様です。これは下記の『博士の独り言 連絡帳』で彼、博士の独り言さんご自身が書かれているようです。

http://www.ad-office.ne.jp/private-bbs/open.cgi?plank

みなさま

 大変なご迷惑とご心配をおかけしました。現在、退避先からコメントを書かせていただいています。

 昨日(9月27日)、「安倍政権一考」という記事をアップさせていただいた後に発生しました。第三者による強制的なリモート侵入による削除、または非表示にする行為であると認識しています。関係ブログにご迷惑が及ぶことを怖れ、リンクを非表示にし、午後5時前に、一旦ログアウトして退避いたしました。その後、状況を目撃した有志の話によれば、どんどん記事が消去(または非表示)となった様子を伺いました。大変に残念です。

 現在、ブログの方にはログインできない状態ですが、この状態が続くとすれば、削除された可能性が考えられますので、その場合は、今度は、外部から侵害を受けないために、独自のドメインとサーバーを準備しての再スタートを考えたく思います。(つづく)

(つづき)私は、これまでに二度、「削除」(立ち上げ時点の数時間で削除されました)を体験しています。特定の賊にとって、「痛いところを突かれた」本質的な言資があれば、集団で襲来することがあらためて判りました。明らかな非道行為であり、8月からその予兆がありました。

 しかし、このスタンスは断じて変わりません。拙き内容ながら、171日間続けて365編の記事を披露させていただけましたことは、ひとえに有志皆様の絶大なるご支援に後押しいただいてのことと感謝しております。あるいは、ここで一旦、休止となるやもしれませんが、早期に強力なブログを構築してまいりたく考えます。その経過とお知らせはこのBBSか、弟に預けているブログを通じ、折々、報告させていただきます。後便にて 


 時間は28日だから今朝の6時半頃に書いたものです。私はネットの仕組みには詳しくないので分かりませんが、外部から何者かが侵入し書き換えたり削除したという事なのでしょう。

 そのような事件はたまに新聞で見ますし、犯人が逮捕されて新聞に掲載されることもあるので、多分そのような手段によって引き起こされた事件なのでしょう。

事件の背後に一体何が隠されているのか?

 私の個人メールに今月21日、『博士の独り言』さんのブログを毎日読んでいるという方からのメールがありました。そこにはここでお伝えして良いものか、或いは伏せておくべきか、迷うような内容の箇所もありました。

 了解は頂いていませんが、そこにあった気になる箇所だけを取り上げてみることにします。

?自宅に複数以上の人達が訪れてきたので警察に連絡した。

?脅迫電話が相次ぎ、身の危険を感じたので引越しを考えている。

 ここで私が疑問に思ったのは、なぜ自宅や電話番号を相手が知っているのだろう―ということでした。私の場合は住所、氏名、電話も表示していますが(リンク先のHPに)、そこまでは表示されていなかったのでそう思いました。

 確かに写真は掲載してありますが、果してそれだけでそこまで相手が特定出来るものなのかと。しかし、この点についてはすぐに読んでいる内に理解出来ました。

 最初はこの『博士の独り言』さんは、どうも実名を公表してブログを書かれていたようなのです。私は最初の頃を見ていませんので知りませんでした。後に匿名に直したというように書かれてありました。

 実名を公表し更に写真も本人であれば、相手方が御本人を特定することは容易でしょうし、そのような嫌がらせを受けたとしても、それは十分に考えられることです。

では、その相手方とは何者なのか?

 これは全く想像でしかありませんが、一番考えられるのは創価学会の関係者でしょう。なぜ、私がそのように推測したかといえば、これまでの『博士の独り言』を読ませて頂いてきた上での結論です。

 彼は(これ以後『博士の独り言』のブロガーをこのように呼ばせて頂きます)先ず、これまでのブログの中で重大なことを明かしていました。

?自分が池田大作創価学会名誉会長と面識があった事実。

?創価学会を批判追及してきた元学会員のジャーナリストとも面識があったこと。

 このことから想像するに彼は創価学会の元信者か、もしくはその周辺におられた方であると考えられます。これは別に彼の正体を探る意味で申し上げているわけではありません。

 彼をそこまで追い詰めた闇の正体が、紛れもなく創価学会の工作員であることを指しています。彼自身もそのことは百も承知なのではないでしょうか。

 創価学会はこれまで電話の盗聴や個人情報を盗み出すこと、或いは暴力団に依頼して相手を恫喝するなどの反社会的な行動を平然と繰り返して来ました。

 現在、創価学会では池田大作が無理やり長男を会長にして世襲を図ろうと必死であり、それを阻止しようとする反池田勢力も徐々にではありますが広がりを見せています。

 今後どのような知られざる情報がもたらされるか分かりません。創価学会においては、我々が知り得ない熾烈な権力闘争が始まったのかも知れません。

 そのような内部情報を握る彼に対して、先制攻撃が創価学会の闇の工作部隊によって引き起こされた可能性を否定することは出来ません。むしろ、そう考えることに何らの矛盾がないということでしょう。

 さて、この『博士の独り言』さんの近況を21日にメールで報告してくれた方は、当方にもそのような妨害や脅迫がないかを心配されておりました。

 そのことにつきましては以下のように返信しましたが、それをここで掲載させて頂きます。それは皆様共通の心配事でもあると思うからです。

一読者さま

はじめまして。こんにちは。いつも極右評論への応援を有り難うございます。

『博士の独り言』ブログは大変に好評ですね。
さっそく本題に入りますが、当方の極右評論及び関係先に、創価学会からの妨害工作などは未だかつて一度もありません。実は、そのような妨害工作を待ち構えているところでもありますが、一度もありません。
警察内部にも学会員はいると思われますが、それゆえに相談にもまともに応じてもらえなかったとは考え難いと思います。往々にして警察は特にネット上の相談事に対しては疎いものですから。
ライブドアからも削除されたことはありません。
参考にはならないと思いますが、私の場合、堂々と「極右である」と正体を明かしていることに対して、学者というステイタスを持たれている「博士の独り言」様は狙われやすいのではないでしょうか?結局、極右と違って、狙う側からしてみれば「貶め甲斐」があると思えますから。狙い易い、攻め易いところから攻めるのは常套手段なのでしょうね。

長い活動歴、ネット歴を通じても学会からの妨害工作はありません

篤きご声援を有り難うございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
お気軽に情報、経過等をお知らせ頂けましたら幸甚の至りです。

極右評論・瀬戸弘幸

 私はあくまでも外部の者であり、それ故に創価学会側は今後も無視し続けるものと思います。以前脱会者に聞いた話ですが、創価学会は脱会者に対しては「仏罰を下す」と、それこそキチガイのように攻撃を加えるようですから。
 
ブログ・ランキング参加中!  応援よろしくお願いします!


Posted by the_radical_right at 08:01│ mixiチェック 公明党 カルト宗教 
この記事へのトラックバック
極右評論さんから多分最初で最後のトラバです。 なぜ消えた?『博士の独り言』 なんか色々噂されてるみたいですね。 まぁ……あまりよく解りません。件のブログも拝見したことはありませんでしたし。ただ批判する対象が正体の掴みきれない巨大組織であるという....
(文化)有名ブログが消えたらしいです。【徒然なるままに、ひぐらし。〜日本の10代は今何を思うか】at 2006年09月29日 23:05
この記事へのコメント
私は博士の独り言をチラッと見ただけですが、こんな非道なことをする奴に腹が立ちます。
別に個人の悪口をブログに書き込んでいません。
一早い復旧を心より願います。
Posted by 司令長官 at 2006年09月28日 08:32
おはようございます。
この事件、かなり話題になっているようですね。
創価による犯行だとしたら恐ろしいことです。
しかしブログが消されたことよりももっと心配なのは、博士が「身の危険を感じている」とおっしゃっていたことです。とりあえずは無事なようで何よりなのですが、今後が気になります。
Posted by 一読者 at 2006年09月28日 08:35
昨日の「博士の独り言」ブログは創価学会を批判する内容であった。

学会信者を意味する三色が街角でよく見られるようになった。
テレビで活躍するお笑い芸人にも三色旗をつけている人が増えている。

もともと赤黄青の三色は煩悩を表し、
煩悩からの解脱を願う個人への戒めの意味を持つ。
従って日本では古来より三色は鬼として表現されてきた。

それを信者のしるしとするなどまさに煩悩まみれの学会らしい。

このような内容を書いた後「自宅に複数以上の人達が訪れてきた」
「脅迫電話が相次いでいる」ブログが突然ランキングから消えた。
これでは誰でも「身の危険を感じ」「警察に連絡し」「引越しを考え」る。
Posted by 名無しの経営者 at 2006年09月28日 09:35
たぶん、個人の特定って やろうと思えばカンタンにできるはずですよ。
アクセスの多い=影響力の大きなブログを潰そうとする勢力ですから
きっとハッキングくらい いともカンタンに…でしょうし。

最近、どこぞの政治家の実家が放火されるという事件もありましたが
ブロガーにとって ブログを消されるというのは 家がなくなったようなもの。

いくら自分に都合の悪いことを書かれたたとは言え、そこまでするか…と。
都合が悪いことがあれば それを無くすよう、善処するのが正常だと思うのですが。
狂信的キ●ガイ集団は わけがわかりません。
本当に酷いことをする人間が居たもんです。
Posted by 山羊 at 2006年09月28日 09:46
初めまして。正確には久しぶりのコメントですが。もう初コメから一年近く経過しましたがかつて「NT」で書き込んだ者です。
博士の独り言は二週間前から拝見しており、その理路整然とした文章に感服しておりましたが、今日開いて見たら突然エラーになって一体どうしたのかと新参者ながら心配しました。提示されたソース内で博士様を見掛けましたのでとりあえず無事を確認できました。また英気を養って再開して頂きたいです。
Posted by アズラエル at 2006年09月28日 10:18
「博士の独り言」というブログに信憑性があるから攻撃されているのだと感じます。痛いところをついてるんでしょうね。
Posted by 渡辺 at 2006年09月28日 10:22
瀬戸様。

状況分析、読ませていただきました。私も瀬戸様の分析でほぼ間違いないと思っております。
とにかく、一個人という弱い立場であっても強力な恫喝を仕掛けてくるわけですから、現時点に置いてはやはり尋常ではない集団ということなんですね。正直怒りが湧いてきます。


渡辺様。

“痛いところをついてるんでしょうね。”

おそらくそうでしょうね。だから潰したわけですね。
Posted by kappy hill at 2006年09月28日 10:37
創価学会は日本において宗教戦争でもたくらんでいるんでしょうか。
このまま恫喝、言論弾圧が続き博士のような鋭い洞察力と良識を持った人物が狙われるのであれば、良識派日本人 VS 朝鮮カルトという宗教戦争?に発展しかねません。
そうなる前にもし日本政府に良識というものがあるのなら朝鮮カルトはいい加減解体させるべきである。

池田が死亡すれば勝手に崩壊するなどと分かったことを言う人もいますが、オウムですら名を変え存続している現状をみれば強制的に解体させる他手段はない。
Posted by 無名 at 2006年09月28日 10:53
博士には身の安全には万全を尽くして欲しいと願うが、いったん命を狙われたらたとえどんな軍事、警護のエキスパートであっても防ぎきれないことを付け加えておく。命を狙われるとはそういうことである。

朝鮮カルトが存在している限り、誰がいつ命を狙われてもおかしくない。
Posted by 無名 at 2006年09月28日 11:01
瀬戸さん、いつもお世話になっております。

ブログ『博士の独り言』消滅の件、ウチの方にも心配するコメントが寄せられています。ブログを運営する者として、これは他人事では済まされないですね。

しかし外部から進入された上に削除とは・・スパムTB&コメントが大量に送り付けれることはママありますし、私のブログは1週間ほど前からブログランキングへの自動ping送信が出来なくなってます(現在は手動で送っています)。色々と対策を考えなくてはならないのかも。

Posted by やじざむらい at 2006年09月28日 11:09
“日本において宗教戦争”

最悪、そうなることはありえると思います。
国や身内を守るためには戦う必要も出てくるでしょうね。
私自身は、覚悟が必要かなと思っています。
Posted by そうなることはありえると思います。 at 2006年09月28日 11:29
公明党に投票はしないけど、
なんでカルトっていわれるんだろ?
と、疑問に思ってました。
どんなへんちくりんな思想であってもそれを是とする人が多数いて、
そういう政党があっても仕方がないと。
(というか、駆逐できないのは投票率が低いからで国民の責任だし)

でも、こういう「暴力や犯罪行為」を見せ付けられると、
「そのうち消えればよし」と思っていた私のような消極的否定派も
「怖い!周りの人にも周知せねば!」と積極的否定派になることを、
彼らは考えないんでしょうかね?
Posted by ぽぽん at 2006年09月28日 12:16
昨日の博士さんの記事読みました。たくさんの写真と三色旗の関係がよくわかりましたがまさか簡単に消されるなんて。ぼやきくっくりさんのところも今ミラー版になっていますが、あちらも突然ランキングから消えてしまったようです。あちらは特に危険な記事などなかったと思いますが。ライブドアなども野口氏の件もあるので何らかの闇勢力と関係あるとしたら恐ろしいことです。せんべいは東村山市議や伊丹十三氏など色々なところで黒い噂を聞きますし、フランスではカルト指定されているのに、国政にかかわっていること自体恐ろしいことです。同じ思想を持っている同士として皆さんの英知を結集して言論の自由を死守しましょう。
Posted by とんぼ at 2006年09月28日 12:19
小生の実家が30年来の創価です。但し兄夫婦のみですが。
少し前創価学会批判の本を送ったのですが、はなっから読もうとしません。創価の上のほうから創価批判の本は本名、著者名を開示し読むなと言われているようです。
まあ、信じて疑わない事を刷りこまれている訳で、簡単には宗旨替えは出来ないのでしょう。
少しずつ洗脳を解くしかないのでしょうが、本人達はもう高齢ですから、そっとしておくべきかもしれません。

いずれにしても博士さんの復帰と安全を願っています。
Posted by Hatumagodekita at 2006年09月28日 12:48
創価学会もオーム真理教も仏教の衣を着ているので、日本人は、ころっと洗脳されてしまう。既存の仏教勢力も座視しないで、カルトに洗脳された人々を救って欲しい。言論統制の時代がヒシヒシと迫ってきている気がして恐怖を感じます。
Posted by なっとく at 2006年09月28日 12:49
こんにちは。創価学会については、悪評は尽きません。特に戦後ですが、あちこちで酷い話を聞きました。私も一度学会関連の論戦でメルアド晒したら、その後エロメールが山ほどきたことがあります(´∀`) 今回の問題は幅広くネットで呼びかけて行く必要がありますね。
Posted by あきら at 2006年09月28日 12:55
私の昨日のコメントですが、博士の独り言を書いている方が顔写真を出していたので、名前も出していたかと思ってしまいました。ただ、彼自身が池田大作と面識があるのなら、創価は彼を同定するのは容易でしょうね。
Posted by Cosine at 2006年09月28日 12:56
あと、パスワードについては、簡単に破られない言葉にしておく事と、コンピュータにスパイウェアを仕込まれないようにしておく事で、大体対処できると思いますけどね。。
Posted by Cosine at 2006年09月28日 13:00
>Cosineさん スパイウェアを仕込まれないようにしておく
それって不可能じゃないですか?
対策:
―斗廚文朕余霾鵑魎泙爛僖愁灰鵑蓮決してインターネットに接続しない。
▲侫.ぅ襪鮠探遒垢觝櫃蓮完全消去ツールを使用。
パスワードを記入した際は、画面コピーをとる。   など
Posted by なっとく at 2006年09月28日 14:36
各位
この度の「博士の独り言」の突然の閉鎖は、どうも本人の意思ではなく、何らかの強制力によってブログの閉鎖に追い込まれたような感じです。正直言ってとてもいゃ〜な感じです。でも、このような状況こそ犯罪者教団を糾弾するチャンスでもあります。共に頑張りましょう。
なお、コメントは新しいエントリーの方にお願いします。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年09月28日 20:14
スパイウェアを仕込まれないようにしておくのは不可能ですね。
ただ、SpywareBlasterなどを使って適用させておくことによってある程度は防げます(その他Spybot-SDの免疫化など)。
パスワードを知る方法などは結構あるので、詳しいことはわかりません。もしかしたら、現実の方でなんらかの方法で知られた可能性もあると思います。
Posted by KHZ at 2006年09月28日 20:18
ブログ「博士の独り言」は立ち上げ以来互いにTBし合う仲間でした。
そのコンテンツは実証的、理論的で尊敬していました。
Ponkoのブログも最近、何者かに侵入され、名前ロゴやブログバナーや記事写真などが別の物に置き換わったことがありました。
博士のブログの消滅には黒い大きな手を感じます。
Posted by ponko at 2006年09月29日 00:12
日蓮大聖人と言う、サイトには驚愕の事実が出ています!
Posted by 日本海の竜 at 2006年09月29日 08:20
其れは” 層化の麻薬ビジネス ”と言うサイトです!
Posted by 日本海の竜 at 2006年09月29日 10:45
実に愚かだ・・・。無理に押さえつけた真実は・・・、やがて数倍に膨れ上がって復活する・・・。
そしてもはや抑えきることはできない・・・。
真実を覆い隠すことはダムの決壊を遅らせ被害を大きくするだけのようなことだ・・・。
創価学会よ思い知るがよい・・・。
そして鉄砲玉となった信者よ・・・、もはや学会は汝を助けることはない・・・。
遠慮なく逃げよ・・・。
Posted by stuper X又はシュバルツ博徒 at 2006年09月30日 02:13
検索をかけたらここへきました。
カルトにとって痛いところをつかれたんでしょう。
それだけ彼らも見境ができず割と臆病なんだと思います。
税金を払わず、悪政を働き、マスコミプロパガンダをする、
百害あって一利なしです。
過去記事にごめんなさい…。
Posted by 丸亀 at 2006年11月13日 18:16
初めまして、萬屋 勘兵衛と言います。

私がこちらのサイトを知った理由は笑うに笑えない語句でぐぐったのが原因です。その語句とは「日本の左翼活動家リスト」です。

私は昔、若い頃に横浜市の戸塚区(現在の泉区)に住んでいた事があり、当時の仲の良い友達に勧められるままに意味も分からず、創価学会に入信したことがあります。

結局数ヶ月で学会の色々が分かり、勝手に脱会宣言して帰郷しました。ですが、脱会宣言した時に強烈な事を言われた事を今でもはっきりと覚えています。

「業火に焼かれろ、交通事故死するぞ、ろくな死に方はしない、家族に災いが降りかかるぞ、本尊を粗末にすると地獄行きだ・・・などなど」それが創価学会の真実の姿であると、当時悟った事は今の自分の宗教を信じなくなった遠因ともなっています。

Posted by 萬屋 勘兵衛 at 2006年11月24日 03:03
維新政党新風 政見放送





http://www.youtube.com/watch?v=_EOVLEgpx3o



http://www.youtube.com/watch?v=wE1yAM4WVL8
Posted by AAAAAAAAAAAAAA at 2007年07月18日 05:52
1
<a href= https://www.blogger.com/comment.g?blogID=4569594897132152253&postID=1167886983983977624 >online casino</a>
<a href=https://www.blogger.com/comment.g?blogID=4569594897132152253&postID=1167886983983977624>online casino</a>
Posted by online casino unionnaicywob at 2007年10月25日 17:53
本当に創価は恐ろしい集団ですね。凶悪すぎて、どうすることもできません。我々はいったいどうすればいいのでしょうか。
Posted by YUMEYUME at 2008年11月22日 04:08
5
カルト宗教創価系企業セコムが警備会社をやれば必ず咳の誘発電磁波盗撮盗聴嫌がらせが起こる 公共の機関各家庭で懸念される注意が必要である
Posted by セコム創価 at 2009年04月15日 16:24
######################################

韓国料理 『箱舟』
<TEL>名古屋(052)−772−9732
日本列島は日本人だけのものではない!
日本人は謝罪、反省、賠償責任がある。
☆不法滞在者が御接待します。(日本語OK)

ご来店お待ちしております!!

各種宴会用座敷あり。
<1F、40名、2F、48名>
歓送迎会・二次会・三次会
※貸し切りOKです。
ご予算やメニューなど、ご相談ください。
※駐車場あり。
お車でお越しください。

韓国料理 『箱舟』
営業時間:pm5:00〜11:00(年中無休)
名古屋市名東区香流1丁目1117番地
<TEL>名古屋(052)−772−9732

######################################
Posted by 韓国料理 『箱舟』 <TEL>名古屋(052)−772−9732 at 2009年10月12日 21:20
洋上慰霊祭についてお知らせします。
来る3月19日(金)〜3月23(火)4泊5日の予定で、日本海
軍最後の戦艦大和を旗艦とする第2艦隊戦没将士洋上慰霊祭が執り
行われます。
 今回の慰霊祭はご遺族の藍原マサさんによると参加予定者が大変
少なく、現在40名程しか集まっておらず、このままだと慰霊祭が
中止になるかもしれないとのことです。もし、このメールマガジン
をお読みの中で参加できる方がおられましたら、宜しくお願い申し
上げます。詳細につきましては下記をご覧下さい。またこのメール
をお読みの方はできるだけ多くの方々へ連絡をお願いします。
(先程、藍原マサさんに問い合わせたところ、40名程度でも赤字
覚悟で決行するとのことで、泣きながら訴えておられました。
皆様のご協力の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。)
Posted by 天下の無法松 at 2010年03月01日 17:57
洋上慰霊祭 問い合わせ先:JTB首都圏法人営業千葉支店
TEL043―290−8210
FAX043―290−8059
営業時間:土日・祝日を除く9:30〜17:30
担当者:小林 新井 川口
参加出来ない方は義捐金だけでも結構ですので、何卒、宜しくお願いします。
ゆうちょ銀行 口座:01780−8−121784
     加入者名:戦艦「大和」及び第二艦隊洋上慰霊祭実行委員会
Posted by 天下の無法松 at 2010年03月01日 17:58
洋上慰霊祭日程

   3月19日(金):JR鹿児島駅/鹿児島空港10時半頃発
            鹿児島市内で昼食後、知覧特攻平和会館見学
            ホテル17時頃着
     20日(土):ホテル8時発
            枕崎慰霊碑参拝後、指宿市内観光
            鹿児島新港20時出航後、船中泊
     21日(日):洋上慰霊祭
            徳之島亀徳港20時頃着
            ホテル21時頃着
     22日(月):ホテル9時半発
            慰霊碑参拝及び徳之島島内観光
            徳之島亀徳港20時出航後、船中泊
     23日(火):鹿児島新港11時〜12時頃着
Posted by 天下の無法松 at 2010年03月01日 18:00
 以上の日程ですが、必ずしもこの日程通りで無く、洋上慰霊祭だ
け参加(3月20日鹿児島新港出航〜22日徳之島空港〜鹿児島空港)
でも結構だと言うことです。全日程参加の場合は予算大人1人で
128,000円です。
洋上慰霊祭参加のみの場合の費用は98,000円です。
(22日(月)には徳之島から航空便が鹿児島空港向けにあるようです。
 徳之島から鹿児島空港までは別途航空運賃30,000円
(割引22,500円?)です。)

申し込みは電話やFAXでも可能で、できれば今週中で、来週3月8日頃
から請求書を発送するそうです。
Posted by 天下の無法松 at 2010年03月01日 18:01