2006年10月09日

「戦略的互恵」についての疑問

「戦略的互恵」外交について

 岡崎久彦先生が『戦略的思考とは何か』という本を出版したのは1983年でした。それから『大国と戦略』『国家と戦略』(伊藤憲一先生)『現代と戦略』(永井陽之助先生)と続けて戦略本が出版された。

 この「戦略的―」とは、そもそもどのようなことを指すのであろうか?

 岡崎先生の『戦略的思考とは何か』の冒頭では次のような文章が書かれてあった。

 「戦後あれだけの防衛論争がありながら、賛成論と反対論の間の勢力の消長はあっても、その立場がちっとも収斂してこない」のはなぜかと問い「日本人が論理的なものの考え方に弱いからではないか」と述べておられる。

 私などもあまり論理的な人間ではないので、この度の「戦略的互恵」などと言われても、即座にそれが何を意味するものなのか理解できない。正確に申すならば、目指そうとしているものは漠然とは分かる。

 しかし、私の頭の中にある戦略とは「哲学なき戦略は不毛だ」という頑迷な考えなので、今回の「戦略的互恵」がいまいち理解できないというわけだ。

 前回も紹介したが、安倍晋三氏が総裁選に臨むにあたって表明した考えを再度見てみることにしましょう。

主張する外交で「強い日本、頼れる日本」の中に次のような言葉がありました。

 米欧豪印などの価値観を共有する国々との戦略的対話を促進する

 このよく見かける「戦略的対話」とか「戦略的連携」といった言葉の裏に隠されたものであるが、それは事実上「敵・味方」を分別した上での同盟関係の構築に他なりません。

 もう一度、この戦略とか戦術という軍事用語について学んでみることにしましょう。この言葉の違いを理解できるのは、やはり軍事上からの分析が手っ取り早いのです。

 戦略と戦術の違いは、戦略とは全地球的規模で眺めた安全保障や軍事力の構想及び展開であり、戦術とは個々の戦場における限られた目標に対する行動である。

 戦略とは大局的見地に立って策定する統合的・全体的な構想や計画であり、戦術とは対症療法的で部分的・実戦的手段を指す。

 これに当てはめれば、なぜ中韓が戦略的対話から外れたのかは明白であろう。中韓とはその都度戦術的に対処して行けば良いのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この時の戦略的対話には哲学がある。それは共有する価値観である。つまり、「自由・民主主義・基本的人権の尊重」である。これは人類の普遍的な考えであり、目指すべきその「政治哲学」が感じられる。

 対して、この人類の普遍的価値と対立する共産主義国家との間に果たして「戦略的互恵」関係が成り立つのだろうか?例え成立しても、今後問題なく機能していけるのだろうか。

 ただ、戦略的とは二ヶ国間というよりは、他国に対する意思表示が隠されているとしたら、それは北朝鮮しか有り得ない。北朝鮮の崩壊を前にして、崩壊後の処置を決めておく必要はあるでしょう。

 そのような意味からの戦略性なら、それはある意味で理解できる。北朝鮮をどうするのか―、米国もそのために日本に対する働きかけを強めてきているのかも知れない。

ブログ・ランキング参加中!  応援よろしくお願いします!  



Posted by the_radical_right at 06:55│ mixiチェック 特定アジア(中国・歴史認識) 
この記事へのトラックバック
胡氏「脱反日」へ激闘 曽氏とタッグ、江派切り崩し 約1年半ぶりに開かれた日中首脳会談の冒頭、笑顔で握手する安倍晋三首相(左)と胡錦涛国家主席=8日午後、北京・人民大会堂(撮影・矢島康弘) 【北京=伊藤正】安倍晋三
「戦略的互恵関係」構築へ−日中首脳会談開催【新・平成徒然草】at 2006年10月09日 14:03
この記事へのコメント
 その〆2鵑痢崟鑪」は仰るとおり、北朝鮮への対応並びに北崩壊後の対処について・・・と言うことでしょう。
 安倍総理はそれ以外では中共を普遍的価値を共有する友好国とは見なしていない訳ですから。

 今回の訪中は、反日勢力の国内外反響システムをぶっ壊すと目的を十分達成したと思います。
 マスコミは今回の訪中訪韓を大々的に取り上げることが出来ないでしょう。
 

  
Posted by 民草あおい at 2006年10月09日 08:06
その◆々餡饉遡笋任△譴世院頑張った?管、福島、志位、岡田、田中・・・も反日の言質を投げる相手が国外に居なくなってしまったのですから、さあ〜〜大変\(^O^)/ヤッター
 勿論、ワシントンに巣食うチャイナロビーは健在です。これから安倍政権は主としてワシントンへの情報戦略を大々的に変更して攻勢をかけるものと推察いたします。
これが完成しますと、日本国内に居る国会質問で醜態を晒した反日勢力=敗戦利得者たちは存在価値がなくなり、日干しへのカウントダウンが始まりますね(^o^)
Posted by 民草あおい at 2006年10月09日 08:07
その 今回の訪中は上記の意味と共に、外務省を始めとする反日傾向の強かった役人に、衝撃を与えていると思います。
攻めの外交をしても日本は評価される・・・この経験は彼らの認識を大いに揺さぶっていると思います。

 これから弾の飛ばない戦争=外交を推進していくに当たって無くてはならない要素ですから、この成果も我が国にとって貴重なものではなかったでしょうか?
Posted by 民草あおい at 2006年10月09日 08:08
お早うございます。
安倍訪中のニュースを見てすぐこちらに参りました。
率直な意見としては、「微妙」ですね。
「戦略的互恵」というのは、「長いスパンを掛けてお互い仲良く
やっていこう」ということなんでしょうけど、どうでしょうかね。
反日が国是の共産中国で「互恵」はやっぱり無理でしょう。
「互恵」の前提は、中国が反日の看板を下ろして、「日本は平和でいい国だ」とハッキリ言うことです。
ま、そうすると中共の存在意義が疑問視されて、クーデターや内乱が起きるでしょうけど。
Posted by 乃介 at 2006年10月09日 08:34
>つまり、「自由・民主主義・基本的人権の尊重」である。これは人類の普遍的な考えであり、目指すべきその「政治哲学」が感じられる

ここで上の概念を「普遍的だ」と考えている主体が管理者さまであるならば、これはとても右翼を名乗る方の言う台詞とは思えません。
Posted by じゃリン子テツ at 2006年10月09日 08:43
ロシアと中国は戦略的に同盟しています。しかしお互いは根っこの部分では絶対に相容れない部分があります。つまり基本的な部分では認めないけど、お互いに取っ組み合いの喧嘩はしない、ということが戦略的互恵ではないでしょうか。さらに両国の国益となる事で協力できる事はやりましょう、ということだと思います。
Posted by shudo at 2006年10月09日 09:17
瀬戸先生、皆様お早うございます。
中国が丁寧に安部総理を迎えたことに驚きました。
予想を裏切ってまだ、何か希望はありそうですね。
中国に対して日本の文化を売るということは出来ないのですか?
ジャニーズ、戦隊もの、ドラマなど日本のものを売ることで
日本に対しての意識が変わると思います。

問題は韓国です。
中国より徹底して反日を行っているそうです。
Posted by 司令長官 at 2006年10月09日 09:26
戦略が日本の政府に在るのか否か疑問ですが、米国と中国で戦略的パートナーシップという話もありましたので、当面、北朝鮮に対する対応を一緒にしていきましょう程度ではないでしょうか。
中国側としては、日本を中国側に引き付けたいでしょうが、なかなか難しい事でしょう。
なお、北朝鮮の核実験前には、「北朝鮮の核保有を容認しない」と米国・中国・ロシアが言ったとしても、北朝鮮の核実験後には、「保有してしまったものはしょうがない」では、信用を失います。
「もし、北朝鮮の核実験(保有)を行えば、東アジアでの核軍拡を止める事は出来ない」程度の発言があってもいいように思います。
Posted by とおる at 2006年10月09日 09:38
安倍首相には、スパイ防止法、敵地攻撃兵器、空中給油機などの導入を希望しています。
また、北朝鮮が核実験を行った場合は、非核三原則の「持ち込ませず」を廃止する事を希望しています。
Posted by とおる at 2006年10月09日 09:46
みなさん こんにちは

まず、世論を 国民をマスコミの変な呪縛から開放しないと
いけないと思います。

覚醒させないと・・
すれば 何がおかしいか分かる
今、なんか催眠術にかかっている。



Posted by はてな at 2006年10月09日 10:14
爆乳【大橋未歩アナ】おっぱい揺らして大喜び!!
女子アナ人気癸韻鮓悗覽霪でエロイ女子アナこと
【大橋未歩アナ】。
番組内では「お口に出してイッっちゃって」「ハマグリが潮噴いた」
「ファーストキスは中3で、東京タワーの見える場所」
「寝るときは全裸」などなど、アナウンサーらしからぬ
発言を連発する。
メイドコスプレを披露し、おっぱいマッサージ中に
慌てて乳首を隠す姿はお宝となっています。
是非ご覧ください。
Posted by 爆乳【大橋未歩アナ】おっぱい揺らして大喜び!! at 2006年10月09日 11:00
中国人民を操ることが出来れば中国政府が日本に近付くことになると思います。
そうすると日本をポチにすることは出来ないと思います。
Posted by 司令長官 at 2006年10月09日 11:25
管理人様、皆様

今回の中共の歓迎振りは見せ掛け。友好が必要なのは中共。
所詮共産党一党独裁政権である。友好など有り得ない。
安倍首相には帰国後早急に靖国参拝をして頂こう。
来年の8/15は天皇陛下に参拝をお願い出来ないでしょうか。
Posted by Hatumagodekita at 2006年10月09日 11:32
核実験実施。対空回避だ。
Posted by マンダム at 2006年10月09日 11:58
中国は日本を必要としない。
技術なんて(例え、新幹線など・・・)、日本以外の国からも輸入できる。EUとかアメリカとか・・・。
資本も中国国内に溢れている。投資できないお金がもはや多すぎである。貿易相手として、EU、アメリカの次で、日本は3番目で、日本の重要さはますます薄くなっている。重要ではないので、日本を大事にする必要もないだろう。

中国の有識者にとっては、靖国参拝なんて、実際、意味もない問題である。外交は実力の競争である。靖国参拝が問題になったということは、むしろ中国の実力が足りないことを反映している。
中国の実力がアップすれば、こういう問題は自然に解決できるだろう。


Posted by ww at 2006年10月09日 12:21
現在、一般生活には必要がない、意味もない、日本製製品が多く販売されて、中国は困っている。日本の協力がなくても、中国は発展するのに間違いない。
確かに、中国にはいろんな深刻な問題がある。人権、格差、自由・・・。
しかし、昔と比べると、大きく進歩している。有識者も増えつつある。中国には明るい未来があるとみんな信じている。当然ながら、自分の力で発展するのに間違いない。
Posted by ww at 2006年10月09日 12:21
核実験成功。
バカな将軍ですね、これで北朝鮮は自滅します。
Posted by 司令長官 at 2006年10月09日 13:57
空から写した中国の写真には、環境汚染で濁りきった色付きの河川、樹木が切り倒され環境破壊で砂漠化したボロボロの国土、汚染物質を撒き散らす多数の工場が見える。中国は日本からのODAを削減され困っている。ハニートラップに引っ掛かかった橋本首相時に倍増されたODAは小泉首相により半減された。ODAは環境関係を残して廃止される方向だが、環境破壊の進む中国の現実をみるとODAを永久につづくようだ。うんざりする。
Posted by 自己反省 at 2006年10月09日 14:02
日中友好なんて日本の思い込み。中国は幼児期から反日教育を叩き込んでいる。 朝日の捏造による毒ガス撤去費用を安倍首相は止めていただきたい。
敗戦時ソ連、中国に引き渡した武器の撤去を何故日本が負担するのか?受け取った中国、ソ連が撤去するのが当然ではないか?負担を決めた河野洋平は中国のスパイか?朝日を筆頭に日本国内には中国の工作員がうじゃうじゃいる。
日本の治安を悪化させている中国人の犯罪者の取締りを徹底し、スパイ防止法を早期に成立させなければ日本がおかしくなる。

Posted by 自己反省 at 2006年10月09日 14:10
ついに実験実施ですか。いつも読んでるだけでしたが、なんか書き込まずにはいられませんでした。失礼。
Posted by かわらひわ at 2006年10月09日 14:13
中国で理不尽な目に合わされ、身ぐるみ剥がされ、撤退した日本企業はたくさん存在する。中国に都合の悪いことを日本のマスコミが報じないだけ。
最近、外国企業は中国から撤退し始めている。ドイツもお金を払ってもらえず、サミット時にメルケル首相はしつこく温家宝首相に借金の返済を要求していた。
人権が守られず、言論の自由もない、無法がまかり通る国と仲良くしても、お人よしの日本人は騙されるだけ。マスコミに煽られ中国に進出しても失敗するだけ。
Posted by 自己反省 at 2006年10月09日 14:21
「このような問題は、現代の我々のような愚かな人間より、将来の賢い人間に解決を求めたい」
といった旨の発言で、領土問題を棚上げした、トウ小平の言葉を思い出す。

それは、今の尖閣諸島の周辺のことである。

彼らは、時間が欲しいときに友好を演出し、厚遇する。
その間に、自己に有利な体勢にし、抵抗できない状態まで進める。

経済問題を破綻に向かわせないため、日本の資本のよりいっそうの流入が必要なので
あろう。

また、台湾問題も絡んでいるのだろう。

アメリカのどの辺からの指令なのか。または、別筋の利権屋の出現か。
Posted by 素朴人 at 2006年10月09日 15:09
中国は、現在、一番欲しいのは「弱さ」である、みんなが中国を弱いと見て欲しいのだ。弱いので警戒する必要がないとみんなに認識させえもらいたいのである。
次は、時間がほしいのが間違いない。急発展により実力がますます増加している。今、不利な問題を実力増加した後で解決したいのである。「孫子兵法」にもそう書いてある。
台湾問題もそうだ。今は、不利だから、我慢しているんだろう。実力増加すれば、必ず軍事行動で解決するだろう。今のアメリカもそうしている。
Posted by ww at 2006年10月09日 18:10
6日午前0時ごろ、神奈川県茅ヶ崎市の路上で、覆面パトカーが、不審な軽乗用車を止めようとしたところ、車は赤信号を無視して暴走し、道路脇のコンビニエンスストアに突っ込んだ。客で近くに住むマッサージ師の女性(33)が首や右肩にけが。県警は、車を運転していた東京都大田区の会社員花田達也容疑者(31)が酒に酔っていたことから道交法違反(酒酔い運転など)容疑で現行犯逮捕した。
Posted by   at 2006年10月15日 22:45