2006年11月30日

維新政党・新風

f5a1bd69.jpeg

シリーズ 維新政党・新風

 草の根民族運動の先駆者・魚谷哲央代表

 私が維新政党・新風を応援することになった経緯については、このブログを読まれている常連の方は既にご存知と思います。しかし、維新政党・新風を知っている方はそう多くはないと思います。

 確かに私が掲げてきた「西欧の極右政党のイメージとは少々違うのでは?」というご意見もありました。しかし、多くの共通点があることも事実ですし、何よりも結党以来11年という歴史と、これまで3回に渡って参院選挙を戦ってこられた実績があります。

 政治信条・理念においても、戦後政治を打破するという、その大局的な見地は同じであり、その手法においても地道な努力の積み重ねによって支持者の拡大を目指すという点にも共鳴出来るものがありました。

 来年夏に行なわれる参院選において、新風がたとえ一議席でも獲得すれば、それは日本の戦後政治に対する衝撃となり、その波紋は日本国内だけではなく、周辺諸国は勿論のこと、米国や西欧社会にも伝わることでしょう。

 何事も一歩から始まります。一歩前に進まなければ、歴史を劇的に変化させることは出来ません。これまで何度も書いてきたように、21世紀は古今に比類の無い変革、即ち維新(革命)の世紀として世界史の中に位置づけられたのです。

 我々はそのことを胸に刻み、この変革の嵐の中で、前に突き進み勝利を得なければなりません。そのためには多くの人に維新政党・新風という政党とその目指す国家と社会について理解を得られなければなりません。

 そのような意味でこれからこのシリーズを二日間位の間隔を置きながら始めてみたいと思います。

 新風は結党以来、民族主義の「草の根運動」として、その勢力拡大に務め、これまで3回の参院選において議席を得る為に立候補しています。

 一つの政党として認められるには最低でも、地方区、全国区の二つの選挙区に党の公認候補を10人立候補させなければなりません。新風は小さな政党で資金力もないので、供託金の少ない地方区に8人ほどが立候補して、残りの二人が全国区に立候補することになります。

 維新政党・新風の代表である魚谷哲央氏は同志社大の卒業で、学生時代から民族運動の経歴を持つ信念の人です。今度は4度目の挑戦であり、背水の陣で臨むことになります。

 第18回選挙  比例区総得票数    56,966票

 第19回選挙  比例区総得票数    59,385票

 第20回選挙  比例区総得票数   128,478票

 この第20回参院選挙の投票率は56・4%であった。

 確たる支持基盤もなく、志を同じくする人達が、何とか自分たちの代表を議会に送ろうと選挙資金を積み立てての戦いである。言い方は悪いが、前々回、前回の得票数を見れば、第20回選挙においても家族や友人、知人に応援要請を求めても、それは死票を覚悟の上での要請となった。

 それでも戦い得票数を倍増させたこの結果を、既成政党からは嘲笑と侮りの対象にしか過ぎない結果だったのかも知れない。しかし、この3回の戦いを通して国民に一つのことを示したのではないか。

 それは結成されてもすぐ消えてしまうような泡沫政党ではなく、確固たる信念を持った政党であるということです。そのことを内外に示したと思います。

 そして次の参院選挙までに残された時間は半年と迫ってきました。前回の3倍増でも一人当選させることは出来ません。10倍増を果たさなくてはならないのです。

 私は選挙のプロではありません。しかし、新風を支援するにあたり、比例区で100万票を目指すことは可能であると思って決断しました。急速なインターネットの普及は、新しい社会を創造しました。

 このインターネットこそが我々の最大の武器であり、我々はこの武器のみで為政者の支配する現下の社会に鉄槌を下すのです。その戦いに今乗り出したところです。

 我々の目指す社会の前には多くの敵が立ちはだかっています。この敵との果敢な闘争を経て我々は必ずや半年後には勝利を掴むことが出来るでしょう。

※コメント欄には新風以外の話題でも、何でも結構ですので自由なご議論を御願いします。

 週刊金曜日主催の天皇陛下と皇族を侮辱した劇の内容を、コピペさんがコメント欄に貼り付けたくれました。余りの酷さに驚きました。左翼や在日が敵意を剥き出しにしてきたようですね。

ブログ・ランキング! 応援クリック御願いします!

〜新しい風を求めて〜ネット連合こちらも、宜しくお願いします!

 新風応援団ブログ

 http://simpu-oendan.jugem.jp/



Posted by the_radical_right at 17:33│ mixiチェック 維新政党・新風 
この記事へのトラックバック
ごーやーどっとネットでの支持政党アンケートで『維新政党新風』が首位を独走中だ。
『維新政党新風』が断突首位【★★反日ブログ監視所★★】at 2006年12月01日 04:56
この記事へのコメント
同志社の先輩に、このような偉大な方がおられて嬉しいです。

来夏の参院選には必ず投票します!!
Posted by 右巻き at 2006年11月30日 17:38
日本を普通の国にする為には、既存の政党には出来ない。
維新政党・新風を応援します。
Posted by Hatumagodekita at 2006年11月30日 18:47
こんばんは、いつも勉強させていただいて有難うございます。
全く違う話題なのですが、これを読んであまりの怒りのため全身の血液が沸騰しました。
ここまで天皇陛下と皇族の方々を侮辱するなんて・・・・・絶対に許せません!

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50695135.html
Posted by 鳥海 at 2006年11月30日 18:57
週間金曜日主催のキチガイ集会 「みんなー!!今日は千代田区1丁目1番地にお住まいのスペシャルゲストを呼んでるぜ!!」
2ちゃんねる ニュース速報+
【週刊新潮】 下劣な週刊金曜日主催の「市民集会」…長文なので注意

1 エマニエル坊やφ ★ New! 2006/11/30(木) 17:36:54 ID:???0
◇特集 悠仁親王は「猿のぬいぐるみ」! 「陛下のガン」も笑いのネタにした「皇室中傷」芝居

その瞬間、あまりの下劣さに観客も凍りついた。11月19日、日曜日。東京の日比谷公会堂で開かれた『週刊金曜日』主催の「ちょっと待った!教育基本法改悪 共謀罪 憲法改悪 緊急市民集会」である。会場を埋めた2000人近い観客の前で、悠仁親王は「猿のぬいぐるみ」にされ、天皇陛下のご病気もギャグにされる芝居が演じられた……。
Posted by コピペ at 2006年11月30日 19:05
安倍政権への対立姿勢を鮮明にする左翼系週刊誌の『週刊金曜日』が主催する緊急市民集会である。同誌の本田勝一編集委員の挨拶から始まった集会で、問題のパフォーマンスがおこなわれたのは、午後2時半頃からである。司会を務めるのは、同誌の発行人でもある評論家の佐高信氏だ。

「えー、今日は特別な日なんで、とても高貴な方の奥さんにも来ていただきました。この会場のすぐ近く、千代田区1丁目1番地にお住まいの方です」

佐高氏がそう言うと、舞台の右袖から、しずしずと美智子皇后のお姿を真似たコメディアンが出てきた。

黒いスカートに白のカーディガン、頭には白髪のかつらと、帽子に見立てた茶托を乗せている。(※参考:茶托 http://www.sala.or.jp/~matu/mihon20.htm)そして、顔は顔面だけおしろいを塗って女装をした男である。

会場は、拍手喝采だ。
Posted by コピペ at 2006年11月30日 19:06
「本日は雨の中、多くの国民が集まっている中、なんの集会だかわかりませんが」と切り出すと、大きな笑いが起こった。

「そう言えば、先日、主人と一緒に、ソフトバンクの王貞治監督にお会いしたんです。王さんは“日の丸のおかげで優勝できました”と、仰っていましたが、この人が日の丸のおかげなんて言うのは、おかしいんじゃありませんか?」
そう言って、コメディアンは笑いをとった。先日の園遊会で、王監督が、天皇陛下に話した内容を皮肉ったのだ。


続けて、「そう言えば、去年は皇室典範を変えるとか変えないとかで、マスコミがずいぶん騒がしかった。でも、ウチの次男のところに男の子が生まれたら、それがピタッとおさまっちゃいましたね」と悠仁親王のことを話題に。

Posted by コピペ at 2006年11月30日 19:07
そして、「今日は、実はその子を連れてきているの。ちょっと連れてきて」と言うと、スタッフが舞台の下からケープに包まれた赤ちゃんの人形のようなものを壇上の“美智子皇后”に無造作に手渡した。

よく見ると、猿のぬいぐるみである。

“美智子皇后”は、そのぬいぐるみに向かって、「ヒサヒト!ヒサヒト!」と声をかけながら、その猿の顔を客席に向けたり、ぬいぐるみの腕を動かしたりする。場内は大爆笑。

大受けに満足の“美智子皇后”の芝居は続く。

やがて、抱いている猿のぬいぐるみに向かって、「ヒサヒト! お前は、本家に男の子が生まれたら、お前なんか、イーラナイ!」と叫んで、舞台の左側にポーンと放り投げるパフォーマンスが演じられた。だが、このシーンで場内は静まり返った。

Posted by コピペ at 2006年11月30日 19:08
若者の中にはクスクスと笑いを漏らす者もいたものの、さすがにここまで来ると観客の大半が凍りついてしまったのである。

そして、ここで登場したのが『話の特集』の元編集長でジャーナリストの矢崎泰久氏と、作家であり、タレントでもある中山千夏さんだ。二人は何十年もの間、行動を共にしている“同志”である。

★静まりかえる観客
「これはこれは、さる高貴なお方の奥さんではないですか。その奥さんにお聞きしたいことがあるんです」と、矢崎氏。
「天皇なんてもう要らないんじゃないですか。天皇なんてのは民間の邪魔になるだけでしょ?」と聞く二人に“美智子皇后”は、「あら、アタシは民間から上がったのよ」と、応える。

Posted by コピペ at 2006年11月30日 19:10
中山女史が、「そもそも天皇になれるのが直系の男子だけという方がおかしいでしょ? 男でも女でも、長子がなれるようにすべきじゃないでしょうか。それで、ハタチぐらいになったら、本人の意志で天皇になりたければなり、なりたくなければ一般人になってそれで終わり。普通の市民のように選挙権も持てるようにすればいい。そうしていけば、天皇家というウチはなくなります」と、持論を展開。
すると、矢崎氏が、「そう言えば、今日はご主人が来てませんね?」と“美智子皇后”に尋ねる。

「ハイ」「どこか悪いの?」と、矢崎氏。
「ハイ。知っての通り、病でございまして。マエタテセン?じゃなかった、えーと、あ、そうそう、前立腺を悪くしまして。あまり芳しくないのですよ」「それはご心配でしょうねえ」「そうなんです」

Posted by コピペ at 2006年11月30日 19:12
そんなやりとりが続いた後、突然、矢崎氏が、「それであっちの方は立つんですか?」 と、聞く。

“美智子皇后”は面食らいながら、「私の記憶では……出会いのテニスコートの時は元気でございました」と、応える。

場内はシーンと静まりかえった。
皇のご病気までギャグにされたことで、さすがに観客がシラけてしまったのだ。

「笑い声なんてなかったですよ。何て下劣なことを言うのか、と思わず拳を握りしめてしまいました」と、当日、イベントに参加した観客の一人がいう。
失礼致しました。これで終了します。本文はまだまだ続きます。
Posted by コピペ at 2006年11月30日 19:13
瀬戸先生、皆様こんばんは。
昨日、オーラの泉を見ていたのですが、人は常に見られている事を自覚しなければ、非行やいじめをすると言う事をおっしゃってました。
神道にしてもイスラムにしても人間そういう心が必要だと思います。
Posted by 司令長官 at 2006年11月30日 19:14
 結成の頃から維新政党新風を応援していた者として、「極右評論」をはじめ政治ブログランキング上位ブロガーと新風の連携が行われたことを大変うれしく思います。

 さらにこの連携を拡大していき来年参院選における新風の躍進を実現するために、ウェブリングhttp://www.webring.ne.jp/を活用されてはどうでしょうか。これを活用すれば新風の支部が自動的にネット界に作られていきます。すでに公明党議員が利用しています。http://www.webring.ne.jp/cgi-bin/webring?ring=komei;list
Posted by 東亜連盟戦史研究所所長 at 2006年11月30日 19:46
今の状況では参議院に勝てるとは思えない
平沼さんに政党の党首になってもらうのがいい
それで知名度は上がるし
同じ志があるなら同志に加えても何の問題もない
Posted by 京 at 2006年11月30日 20:08
私も来夏の参院選には必ず投票させていただきます。
維新政党・新風の躍進こそ、本来の日本を取り戻す第一歩になると思います。

コピペさん
この内容は事実なのでしょうか。
私も「何て下劣なことを言うのか、と思わず拳を握りしめて」います。

佐高信らの左翼連中は、日本国憲法の「第1章 天 皇 」の「第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」を知らないのか。天皇廃止を叫ぶこと自体憲法に違反しているということに気付かないのか、それとも気付いていて無視しているのか。
本当かどうかはしらないが、佐高とやらも在日という噂があるらしいが、本当ならば、天皇家を戴く日本がそんなに嫌なら一刻は早く、天皇制がない素晴らしい?祖国朝鮮に帰れ!!
Posted by 松下 at 2006年11月30日 20:10
京さんへ
平沼先生はいずれ自民党に時期を見てもどられることになると思います。残念ながらご本人にそのような考えがない以上、いくらそれを望んだとしても叶わぬことです。
確かに現在の状況での戦いは苦戦を強いられることになるでしょう。しかし、これからの東アジアの情勢はここ数ヶ月間で劇的な変化を見せることになると思います。
北朝鮮が実質的な核保有国家として認められ、日本が東アジアの中で、より一層の苦境に立たされれば、国民の怒りは先鋭化して、その怒りの矛先が為政者の支配体制に向けられることは必定です。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年11月30日 20:17
公僕であり、全体の奉仕者である日教組や公務員が政治活動しているのも違憲ですが、マスコミは全く指摘しません。確信犯としかいいようがありません。
Posted by 通りすがり at 2006年11月30日 20:20
東京の日比谷公会堂で開かれた『週刊金曜日』主催の「ちょっと待った!教育基本法改悪 共謀罪 憲法改悪 緊急市民集会」>>>>>

皇室を愚弄する「ふざけた演劇」この話は事実です。参加者から仲間が様子を聞いています。会場は氷ついたように静まりかえったそうです。

頭が可笑しい反日工作活動と判断できます。

Posted by 反創価グループ at 2006年11月30日 20:25
私は前回の参院選で新風に投票しました。
このままでは国が滅びると危機感を持ち、「大きな流れを生む源流を支えたい」と思ったからです。

投票前に選挙事務所に電話してお願いしたのは、幅広く政策を勉強して頂きたいという事です。
各政党を集めてのテレビ討論がありましたが、新風の立候補者は「愛国」の一点豪華主義で、各種政策に対する考えを持ち合わせず、他党から鼻で笑われる状態に、無性に腹が立ったからです。
その時点では政党としては発展途上にありましたが、前進を信じて敢えて新風を支えようと思いました。

新風に投票を続ける決心をしておりました処、瀬戸氏が勢力を結集して新風を支える流れに邁進されるとは、大変うれしく思います。
当たり前の事を、当たり前に言える世の中を取り戻して、当たり前を実現したいと思います。
Posted by 狼人間 at 2006年11月30日 20:29
怒りが収まりきらず・・・

やつ当たり!週間金曜日が先だろ!
Posted by aa at 2006年11月30日 20:37
中山千夏はベン・アミ・シロニー(イスラエル、ヘブライ大学教授)のお言葉を 、心して拝聴すべき 。以下は、原文通り。
「皇室の伝統を守る一万人大会にお招きいただいたことを、光栄に存じます。本日、この大会にご参集の皆様方が、皇室のご繁栄と存続について、深い思いと熱意を傾けておられますことに、心より敬意を表します。 日本国のみならず、世界全体にとりまして、類まれなる大切な皇室がいっそう繁栄し、皇位継承の適切な解決策が見出されますことを、心よりお祈り申し上げ、ここに私の考えの一端をご披露させていただきます。 『現在、日本の皇室は、二千年以上続いた世界で唯一の存在である。これは世界の宝である。しかし、この地位は今、廃絶の危機にさらされている。廃絶されれば、それは日本だけでなく世界の大きな損失になるだろう。 (続く)
Posted by 松下 at 2006年11月30日 20:39
(続き)女系の皇統は、日本に存在したことがなく、これは天皇制の根本原理に矛盾する。皇位を男性が独占する制度は、男女平等の原則に反するが、伝統的で神聖な制度の場合には、これが広く受け入れられ、尊重されてきた。 カソリック世界はローマ教皇が男性に限定されていることに対して異議を唱えることはない。ダライ・ラマは自由と正義の擁護者だが、この地位につけるのは男性だけだ。ユダヤ教の祭司は、三千年にわたり父から息子へと継承されてきた。女性のローマ教皇、女性のダライ・ラマ、女性のユダヤ教祭司を要求することなど、考えられない。 私見を申し上げれば、日本政府は、男系皇位継承のように古くからある原則を廃止するという、過激な変革は急ぐべきではない。(続く)
Posted by 松下 at 2006年11月30日 20:42
(続き)今の世代が、二世代も先の子孫たちに、結論を押し付ける理由など、どこにも見つからないからである』
 この度の『皇室の伝統を守る国民の会』が設立される意義は誠に大きなものがあります。どうぞ皆様方のご活躍とご健勝を、遠くイスラエルの地よりお祈り申し上げております」

中山千夏よ。本当に男系反対というなら、 「カソリック世界はローマ教皇が男性に限定されていることに対して異議を唱えることはない。ダライ・ラマは自由と正義の擁護者だが、この地位につけるのは男性だけだ。ユダヤ教の祭司は、三千年にわたり父から息子へと継承されてきた。」とあるが、カトリック、仏教、ユダヤ教の男系にも反対の声明をだすべきである。

瀬戸先生、皆様方、長々と申し訳ございませんでした。
Posted by 松下 at 2006年11月30日 20:48
松下様
事実のようです。あきれます。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/865380.html
ものがいえません。
Posted by 松浦 at 2006年11月30日 21:22
松下様、こんばんわ。

捕捉ですが、今、日本文化チャンネル桜の番組『報道ワイド日本』でもこの反日朝鮮人連合の下劣な天皇批判集会は取り上げられており、実際に会場へ行かれた方が出演して、その一部始終を報告して、その方は余りの内容に怒りが収まらない様子で、終始拳を握り締めていたとのことです。

いよいよ本性を現したな>在日&反日日本人
Posted by 憂国者 at 2006年11月30日 21:23
「維新政党 新風」夏の参院選挙は、迷わず魂の一票を投じます。


週刊金曜日とやら主催の集会・・・何という低俗かつ下劣な・・。

読んでいるうちに、フツフツと怒りがこみ上げてきました。


普通の日本人ならこんな天皇家を侮辱した下らん芝居、
できるはずありません。

さすがは下等民族の反日朝鮮人。
Posted by 岡崎 at 2006年11月30日 21:33
海外で14年生活しています。
最近日本の異常度がよくわかります。
日本に居たときは気がつかなかったことが多いです。
日本の将来がとても心配です。

極右評論の知名度は一般社会では低いと思います。
仕事などで日本人とのメール返信時に極右評論を紹介してます。
広める事が大切だと思います。
それが日本のためになると信じてます。



Posted by やまとなでしこ at 2006年11月30日 21:33
松浦様、憂国者様

お教え頂きましてありがとうございます。m(__)m

早速お教え頂きましたチャンネル桜を見てみます。

aaさんへ
>怒りが収まりきらず・・・
やつ当たり!週間金曜日が先だろ!

この文は私に対してか。
もし、そうならば、この言葉をそのままaaさんに返す。
aaさんこそ、私に対して八つ当たりするのではなく、まず、週間金曜日に対して非難すべきである。


Posted by 松下 at 2006年11月30日 21:35
読んでいるうちに、怒りで涙が出てきました。
彼らは日本社会に甘えている。
どんな無礼を働いても、絶対に身の安全が保障されていることで増長している。
このような劇を演ずる連中、見ている観客、どちらも下劣です!
Posted by yuukoku at 2006年11月30日 22:14
海外諜報機関の常識


「中国の日本侵略計画」が推進してることを知らない海外の諜報機関を探す方が大変です。日本人は親に甘え遊んでる場合ではない。前回の総選挙で投票率の低かった層も「ニートとフリーター」と呼ばれる層だ。中国とロシアの意向が日本に強まれば真っ先に粛正されるのは君達だから。目覚めて極右評論を支えましょう。日本のために。
Posted by ご連絡 at 2006年11月30日 17:17

※貴重なコメントと思いましたので、貼り付けをお許しください※
家族で維新政党新党を応援します。
Posted by 東京都内 会社員 at 2006年11月30日 22:37
『週間金曜日』主催の緊急市民集会なるものを主催した『週間金曜日』は勿論、劇を演じた『他言無用』、協力したタレント、そしてその他関係者共に、激しい怒り…いや殺意までも感じております。
瀬戸先生並びにこのブログの読者の方に、上記に非常に乱暴な言葉遣いがあることをお詫び致します。しかしながら、私の思いを的確に表現できる言葉は、あれしか無かったのです。
Posted by T at 2006年11月30日 22:42
先の私のコメントにおいて、
最初の『週間金曜日』から、『主催した、』までは無視して下さい。
Posted by T at 2006年11月30日 22:45
維新政党・新風のこれまでの戦いは評価します。しかし、その得票はどう見ても議席が届くとは思えません。しかし、瀬戸先生は100万票を取れると確信して決断したと書いていらっしゃいます。これまで瀬戸先生のこのブログにかける執念の凄さを感じてきた私は、それを信じることにしました。皆さんも同じような気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか。
Posted by 聡 at 2006年11月30日 22:49
ふむ、管理人氏が心配された開かれた皇室の弊害なんでしょうね(`へ´) 週刊金曜日編集部には抗議メールをしっかり送っておきました。性根を据えて返答するように言ってはおきましたが…。まったく血圧が上がる話ですな(-"-;)
Posted by あきら at 2006年11月30日 22:50
瀬戸様、皆様こんばんは

私もチャンネル桜の「報道ワイド」を観て、「週刊金曜日」の下劣な集会の様子を知りました。この件は週刊新潮も取り上げているようです。
当日は国立市長も参加していたようですね。

新風を応援します!
平沼氏は無理でも西村眞悟氏はどうでしょうか?
Posted by しんべい at 2006年11月30日 23:11
昔は「右翼」と聞いたら恐いイメージでしたが
最近は左翼のほうが基地害ですね。朝鮮人がいるからややこしくなるんですよね、それでも基地害左翼じゃない政党が自民党だけってのも最悪
自民党は自民党で中国人労働者を日本に沢山引っ張ってこようとしてるし、とても国益を考えてるとは思えない(;-_-)=3 新風頑張って下さい
Posted by くるくる at 2006年11月30日 23:23
瀬戸さんお答えいただいてありがとうございます
平沼氏がダメなのは残念ですが
それほどの知名度のある人
例えば櫻井よしこさんや
それ以外でも有名な保守の方を党首に据えるがいいと思います
Posted by 京 at 2006年11月30日 23:27
瀬戸さん、お弟子さんこんにちは。

件の不敬極まりない集会は、mumurブルログさんでも取り上げられておりましたが、全く以って言語道断!。怒りを通り越して憎悪すら覚えます。
頓に減退著しい左翼どもが、あろうことか皇族の方々を揶揄し嘲笑しようとは、思想信条以前に人間と資質に疑問を抱かざるを得ない。声高に皇室の存在を否定することで支援者が増えると、浅ましい算段をしたのでありましょうか。最早これは単なる市民集会の閾を逸脱しております。主宰者たる『週刊金曜日』には、何故かかる愚劣な寸劇を催したのか、真意を糾して戴きたく存じます。
Posted by 怒る小市民 at 2006年11月30日 23:28
>あきらさん
仰るように、余りにメディアへの放埓な発言を許容し過ぎた弊害でありましょう。自由報道を盾に日本人としての精神を忘れたマスゴミには倫理規定の見直しを迫るなど、大鉈を振るわねばなりませんね。
Posted by 怒る小市民 at 2006年11月30日 23:33
天皇関連を、直接攻撃してきましたね
天皇には人権がありませんから、公でどれだけ嬲ろうが
訴えられる事はありません。これは人間の屑がやる事
対象が天皇・民間人関係なく、これは人間としてやってはならない事です

こんな事を許す様な社会は間違っています
無抵抗の人間を、よってたかって嬲る卑怯者は非難されるべき
これは虐めと変わらない
Posted by 太郎13 at 2006年11月30日 23:50
維新政党新風、百万票計画ですか。すごいですね。百万票なら何人当選
しますでしょうか?私は選挙のことはよく分かりませんが、次回の参院選
では、投票します。教員やっている友人もいますが、彼にも勧めます。
彼は、思想的に私に近いです。家内にも勧めますが、投票するかは
よく分かりません。

ところで、佐高信は日経の社外取締役をやっていたと思いますが、日経には
抗議できないでしょうか?
Posted by 金満 at 2006年12月01日 00:03
松下さん>
一応まとめサイトできているみたいです。
http://www21.atwiki.jp/shukin/

しかし、あまりにも醜悪、そして怒りで震えるような出来事です。
言論の自由とか、左右、思想以前の問題として、
こいつらは人間としてあるべき何か、が欠落している連中ですね。
恥を知れ!
Posted by 烏賊 at 2006年12月01日 01:06
瀬戸様 本日も力漲るエントリありがとうございます。
また、先のコメント欄では私の愚問に対する簡明なお答え感謝申し上げます。平沼氏を党首の声もありますが、まずは魚谷代表のご活動をもっと多くの国民に知っていただき、悲願の一議席を確保いただきたい。何とか代表のメディア等への露出度を高める方法はないものでしょうか。
今後も極右評論と維新政党・新風を全支援いたします。
Posted by ROM太郎 at 2006年12月01日 01:13
私も怒りがおさまりません!
恥ずかしながら佐高という人は私の同郷でなおかつ高校の先輩にあたります!
私は故郷に誇りを持つ人間として悲しいです
この件には徹底的に糾弾したいと思います!
Posted by 沙 at 2006年12月01日 01:19
次の参院選は維新にいれます。
小さな事からこつこつと。

サダカは在日と聞いたんだが
Posted by 神戸っ子 at 2006年12月01日 01:35
瀬戸さま、お願いがあります。

少子化にもう少しだけ問題意識を持っていただけませんか?

昨年の合計特殊出生率1.24
非常に危険な数字だと思います

2050年、日本の人口9200万人のうち約4割、3600万人が65歳以上の高齢者に。その年の新生児は40万人程度・・・

↑は厚生労働省が以前出した人口動態予測、低位水準での試算です。
こんな状況で社会が回りますか?
年金不安、医療費引き上げ、外国人移民受け入れの話は全てこの異常な出生率の低さに起因します。

団塊の世代は一年に270万人産まれました。団塊Jrは200万人。去年は106万人。このままいくと30年後には
60万人台になってしまうでしょう。
この急速な出生数減少と寿命の伸びによる高齢化。それに伴う社会保障費の増大とそれを支える世代の
加速する減少。これらが引き起こすの国力の低下と国家の衰退。
これが少子高齢化の問題点です。
Posted by 一市民 at 2006年12月01日 02:00
今までろくに選挙にいったことのない私だが、在日朝鮮人を追放できる政党になら喜んで投票します。
在日朝鮮人と帰化人の完全追放は多くの日本人の切なる願いなのです。
中途半端な主張しかできない政党には存在意義はありません。
Posted by peshukabuce at 2006年12月01日 02:11
この寸劇を演じた芸人は、「タブーを笑いにする」と嘯いている様ですが
それならば、過去に在日朝鮮人や部落を笑いにした事はあるのでしょうか?

あるのなら、こいつは単なる馬鹿

無いのなら、自分に害が及ばない対象ならば、どんな下劣な思想信条をぶちまけても
適当な理由をつければ大丈夫だと思っている、唾棄すべき馬鹿です。
Posted by まさ at 2006年12月01日 02:18
すみません、↑
「瀬戸さま、『お願いがあります』」
が抜けていました。

続き

政府は対処療法的に医療費自己負担の増加や年金負担の増加などを取り決めています。しかし、その根本にある
少子化に対して実効的な政策は何一つ行なっていません。むしろ大企業の三年先の利益のために少子化を
促進するような政策を進めているようにさえ感じます。しかし本質的に行なうべきはこの少子化対策では
ないでしょうか。

「少子化は時代の流れ」という意見もありますが、派遣や非正規雇用の増大・経済的理由等で結婚できない、
子供が産めない家庭は数多くあります。これらの家庭への支援で少子化の流れはある程度食い止められます。
逆に少子化対策を取らなければ、私はそう遠くない未来に日本は滅びてしまうのではないかという危機感を
持っています。
Posted by 一市民 at 2006年12月01日 02:20
最後です。

この行きすぎた少子化が招く日本の崩壊を、我が愛すべき祖国・日本の未来を真剣に憂いています。

この問題、注目を集めたりはしないかもしれません。選挙で訴えても票には殆どつながらないかもしれません。
少子化による日本社会の衰退は徐々に進行していくため実感が湧かないかも知れません。しかし、
なにより重大な問題だと思います。

どうか、この問題に対して、少しでも取り組んで頂けたらと思います。

長文、失礼いたしました。
Posted by 一市民 at 2006年12月01日 02:27
あと、週間金曜日の連中には電凸しときます。
単純にこのバカ共は許せん。

維新政党・新風は、政策を見てから判断しますが、瀬戸さまの主張と重なるなら、次の選挙では投票させて頂きます。

でわ、失礼いたします。
Posted by 一市民 at 2006年12月01日 02:35
瀬戸さん皆さんこんばんは。
参院選では状況が許せば新風に投票させていただく所存です。
(自民党が苦戦していた場合には入れられないかも知れません)

>一市民さま
少子化は本当に問題ですね。極左勢力が女性を扇動して未婚率を増やし、少子化→移民受け入れを狙っていることは、以前に極右評論でも取り上げられていたような気がします。

なお、私は、相続税も問題だと思っています。
子孫に冨を残したい、先祖の土地を守りたい、それは人として自然な感情ではありますまいか。それを踏みにじるのが相続税です。子育てにお金がかかる40代50代に相続税の支払いも重なってしまいます。これでは安心して子供にお金を掛けることも出来なくなってしまいます。

さらに、土地が荒れますし、歴史ある名家もなくなってしまいます。名家がなくなると天皇家は丸裸になってしまいます。ちょっと大げさな話になりましたが、私はそのように思っています。
Posted by ししまい at 2006年12月01日 02:37
週刊金曜日の集会には、「子どもと教科書全国ネット21(教科書ネット)」の事務局長・俵義文も参加したようです。

昨年、扶桑社の教科書採択反対の「市民運動」としてマスコミがよく取り上げた人物。

同じく昨年、彼は、笠原、大日方といったお馴染みの面々で日中韓共同編集の歴史副読本を書いて出したわけですが(日本ジャーナリスト会議特別賞!これだけでもわかり易いですが)、内容は日本版だけの表現満載で韓国もびっくりの北朝鮮史観でした。内容のおかしさは産経や毎日(下川さんの連載コラム)が取り上げました。毎日は、こちらから全4回。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/column/seoul/news/20050722org00m030088000c.html

この人、民団新聞にも寄稿してますね。
これらの活動は勝手にやっていれば別段問題ないですが、なぜ彼が「市民」として何の説明も無くマスコミに多く出てくるのか、それが問題だと思います。
Posted by えい at 2006年12月01日 03:02
週刊金曜日。HPを見るといきなり見たくも無い顔写真が並ぶ。佐高信、石坂啓、筑紫哲也、椎名誠、本多勝一と「錚々たる」メンバー。嗚呼、わが青春のマドンナ、レモンちゃん(わかる人には、わかる・・)、なぜに貴女が此処にいる?確かあの売国辻元も民主党議員時代にはここに連載コラム書いてましたね。「買ってはいけない」で一世を風靡したこともあったが、いまや完全にバカサヨの巣窟と化している。不敬罪の復活を強く望みます。
ビートたけしよ、こっちの「フライデー」にも乱入してくれ!
Posted by ROM太郎 at 2006年12月01日 05:27
<りそなインサイダー取引に言及し、不当逮捕された植草一秀氏>
http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/107761176.html
http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/107785924.html
http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/107889537.html?js

りそなホールデイングスの2002年3月の自己資本比率は、8.73%。
実は、りそな銀行は優良な銀行だった。

これを、竹中平蔵は無理やり国有化に追い込んだ。
実質優良なりそな銀行を「殺す」ために、経理上の解釈を強引に変更した。

4月22日、朝日監査法人の上層部は、竹中の「監査方針」に沿った「理不尽な」監査結果を下した。
そして、奥山公認会計士会会長は、竹中の意向を汲んだ「会長の通知」を発行した。
りそな銀行処理という「銃弾」を引いたのは、表向きは監査法人、実際は竹中平蔵である。
Posted by kaku at 2006年12月01日 07:14
4月24日、内情を知るりそな銀行会計監査の現場責任者、平田聡氏が死を迎えた。
自殺だったのか、それとも誰かに殺されたのか、遺書は無かった。

小泉政権は、金融危機なる「風説の流布」で株式を売り煽り、国家ぐるみの「株価操縦」を行った。
りそな銀行処理に関わるインサイダー取引の中心は、竹中平蔵、木村剛、背後の小泉純一郎。

小泉政権が、あの長銀を「たった10億円」で計画的に米国リップルウッドへの売却したこと。道路公団が赤字だと政府・マスコミが国民を騙し続けて民営化したこと。そして、りそなインサイダー取引。

2006年9月、小泉政権が痴漢のでっち上げで植草氏を逮捕したのはこれらの隠蔽のため。実名入りで内情を記した本を出版する直前だった。

Posted by kaku at 2006年12月01日 07:16
植草一秀氏が前回(2005年)の裁判で有罪とされた2004年の手鏡事件は免罪。

真正面に設置されている防犯カメラの映像が消去されたのは何故?

検察側は、犯行現場は防犯カメラの撮影範囲外であると主張したが、以下の写真で、それが全くの嘘であることがわかる。

問題のエスカレーターは二台の防犯カメラの撮影範囲であるが、特に前方上側の一台はエスカレーター全部を撮影範囲としている。

有罪の根拠は、二人の警官の証言であるが、目撃したとする警官とエスカレーターの間には、首の高さほどの高い壁がある。

http://www.geocities.jp/yuutama_1/shinagawast.html
Posted by kaku at 2006年12月01日 07:19
検察のでたらめな主張は、公判資料を御一読下さい。

平成17年2月21日付弁論要旨(要約)
http://www.geocities.jp/yuutama_1/saisyuubenronyousiyouyaku.html
平成17年3月1日付弁論要旨(補充)(要約)(プレス向け)
http://www.geocities.jp/yuutama_1/saisyuubenronhojyuu.html

最終弁論弁論要旨・第2・被告人の説明に信用性がある理由の5より;
「4月12日に裁判官の勾留質問を受けたときより、エスカレーター上を撮影していた監視カメラを検証するよう強く要求していたことは、被告人が無実でなければできない言動である。
罪を免れようとするのであればこのような要求をすることはあり得ない。
(中略)
当初より否認している事案にもかかわらず、しかも被告人が執拗にカメラの録画映像を確認して欲しいと要求したのにもかかわらず、直ちに捜査に着手しなかったことは不自然である。」
Posted by kaku at 2006年12月01日 07:20
kaku さんへ
あなたがこのコメント欄で貼り付けたものは、これまでも何度も貼り付けられたもので、しかも、新しいものは一つもなく丸写しです。自分なりの主張や検証、意見も述べられておりません。
重複するものについては、消させて頂きました。今後は少なくとも2日〜3日位前までのコメント欄をお読みになってから御願い申し上げます。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年12月01日 07:24
私は昔から幹線道路沿いに住んでおり、街宣右翼が道路を通るのを何十年と眺めています。先日維新政党新風の車が通ることがあり、その際感じることがあったので一言。
これまで何度かコメントされたことがありますが「極右評論」というタイトルにギョッとする人は多い。しかしネットであればその中身を見て、なんだ他のサイトよりはるかにまとも、いや最も真っ当じゃないかと気づいて常連になります。中身を見ることが出来るインターネットの場合はそれでいい。しかし道路を突然維新政党・新風と名乗って通り去っていく車は既存のヤクザ同然の街宣右翼となんら変わりなく見えます。特にここ5年ほど昔いなかった団体・タイプの車が急増しており、何の知識も無ければその一種としか認識できないでしょう。
Posted by 視点 at 2006年12月01日 10:11
正式名称として「維新政党・新風」を名乗るのはもちろん当然としても、これから広く国民の支持を得ていこうとするのだから、少なくとも悪いイメージを持たれるのだけは避けるべきだと考えます。道路を通る時などは「新党新風」とでも名乗るべきではないでしょうか。
Posted by 視点 at 2006年12月01日 10:12
さらに言えば車で走りながら行う主張をまともに聞いて判断することは困難。インターネット上のサイト・ブログを整えて「日本人の利益を守る、日本人の利益を破壊するような××は徹底阻止する、日本の防備を整える、労働者を奴隷にする制度は破壊する」などと言ったシンプルなメッセージ共に「新風をネットで検索して下さい。」ということをハッキリ謳い、ネットを前面に押し出した既存街宣右翼と違ったメッセージの発し方をすべきと考えます。新しい風は古い汚れた物とは決定的に違った印象を与えなければならない。個人的には「インターネットの極右評論を見てください!」というのが一番効果があると思います。
Posted by 視点 at 2006年12月01日 10:23
私たち夫婦の2票は確実に新風です。私の兄弟にはお正月実家に帰省した時にじっくり話すつもりです。両親は私が急に政治に関心を持ったため変な心配をする有様ですが。友人数人もどの政党に入れていいかわからないという人がいるので、社会、教育の話などから徐々に新風を薦めていきます。いきなり「新風に入れて!」なんて言ったら「公明党に入れて!」とかいう信者と間違えられるので・・・。
Posted by 日本の母親 at 2006年12月01日 11:33
連投失礼致します。

極右を支持されている主婦の皆様へ

皆様は、どのような形で、回りに理解を得ていらっしゃいますでしょうか。私が手ごたえを感じるのは、「在日特権って知ってる?生活保護を多い人で年間600万円ももらってるんだって」「えーー!うちの年収より高い!!」というやりとりです。そこへ、朝鮮学校へ通わす家庭への補助金制度などを付け足すと皆興味津々、問題意識を持ってくれます。最近部落開放同盟のニュースでTVが騒いでいたので、在日に関しても「差別差別って、私たち差別したことあるっけ?」「逆に差別されてるよねぇ」と盛り上がっていきます。
こんなやり取りをした後に在日特権を無くしてくれる新風の話をしようと思っています。他の主婦の方々の良い語りかけがありましたらお教え頂きたいです。
Posted by 日本の母親 at 2006年12月01日 11:40
怒る小市民さん
この不敬寸劇の話題、ネットのあちこちで大変な怒りを買ってますね。とりわけ2チャンネルはスゴいですね。★11って…レスが一万二千に迫る勢いです。

ROM太郎さん
マドンナ…レモンちゃん…中山千夏?…ちろりん村ですか?(*^_^*) 違いましたたかな?(^_^;)
Posted by あきら at 2006年12月01日 14:01
ししまいさん、レスありがとうございます。
移民受け入れは絶対反対です。日本が日本でなくなってしまいます。

しかし、現実問題として急速に進んでいる少子化はこの国にとって、労働力不足・経済活動の低下による
税収不足・社会保障費負担増などの点で非常に深刻で、将来移民を受けいれざるをえない状況になりかねません。
左連中がそれを狙っているなら呆れるばかりです。

今の政府は少氏化担当の高市氏が六個の役職を兼務するなど「オマケ」としか見ておらず、全く力を入れていません。
ここ十数年効果の無い対策を打ち出しては根拠なく「将来少氏化は解消する」という人口予測をだし、
毎回見事に外しています。

この問題、票にならないから政治家も興味が無いのでしょうか・・・今の異常な出生率では将来間違いなく
国力は衰退し、国は滅びてしまう・・・
Posted by 一市民 at 2006年12月01日 14:30
 インターネットの普及率が増えましたが、政治に対して危機感を持つ有権者が少ないと言わざる終えません。ここ数年の投票率に現れています。不満はそれなりにあるが、今の生活環境が安全でこれからも続くだろうと感じてる国民が多いからと考えられます。
 刺激が強すぎるかもしれませんが、真実の日本を国民に広めなければいけない時期ではないのでしょうか。日本は亡国の危機です。自覚が足りない国民が多すぎると思います。
Posted by GQebisu at 2006年12月01日 15:18
いつも勉強させていただいております。
選挙の際には、新風に一票入れる事を約束いたします。

これからも応援しております!
Posted by 日本は日本人の国 at 2006年12月01日 15:27
ししまいさんの

参院選では状況が許せば新風に投票させていただく所存です。
(自民党が苦戦していた場合には入れられないかも知れません)

に同意します。

カミサンと2票です。
しかし「極」右イメージや「憂国」しか脳がないと
思われるキライがあります。
本気で取り組む以上。イメージ戦略の構築が必要と感じます。

少なくともナチスドイツは美しく気高くイメージ戦略がありました。
(別に私はネオナチではありません。)

Posted by oka at 2006年12月01日 16:31
重体のガイダル元露首相代行も毒物か

 【モスクワ=緒方賢一】ロシアのガイダル元首相代行がアイルランドで突然、体調を崩し重体となった事件で、ガイダル氏が入院するモスクワの病院の医師団は30日、何らかの有毒物質が原因との見解を明らかにした。

 インターファクス通信が伝えた。プーチン政権下での非合法活動を暴露したロシア連邦保安局(FSB)元中佐のリトビネンコ氏も放射性物質「ポロニウム210」により変死しており、有毒物質が使われた二つの事件へのロシア特殊機関の関与を疑う見方が強まりそうだ。

 医師団は、ガイダル氏が最初に搬送されたアイルランドの病院と連絡を取って原因の究明を進めているという。これまでのところ有毒物質は特定できていないが、4日以降に最終的な結論を出すことができる、との見通しを明らかにした。
(読売新聞) - 12月1日
Posted by qp at 2006年12月01日 17:18
<海上自衛隊>インド洋派遣6年目

 米英などによるアフガニスタンでのテロ掃討作戦を支援するテロ対策特別措置法が11月から1年延長され、海上自衛隊のインド洋派遣は6年目に入った。他国艦艇への無料給油は先月27日で、延べ700回に達した。日本から1万8000キロも離れた洋上の活動の実績はどうなっているのか[中略] 米英などの艦船は、アラビア半島周辺のインド洋で武器やテロリスト、資金源となる麻薬が行き来しないよう、01年9月の米同時テロ以降、阻止行動を続けている。04年1月に大麻約1.5トン(110億円相当)を押収し、アルカイダに関与するとみられる乗員15人を拘束した。同5月には、銃器約560丁、実弾約1200発を押収した。[省略](毎日新聞) - 12月1日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061201-00000061-mai-pol
Posted by qp at 2006年12月01日 17:24
維新政党・新風に投票することとします。応援しています。
Posted by T.M at 2006年12月01日 17:24
レバノン暫定軍派遣同意案、国会提出を閣議決定

【ソウル30日聯合】政府当局者が30日に明らかにしたところによると、政府は国連の要請を受けレバノンに350人を派兵する方針を固めた。28日の閣議で、こうした内容を柱とする「国軍部隊の国連レバノン暫定軍(UNIFIL)派遣同意案」の国会提出が議決されたという。[中略]
韓国は現在、インド、アフガニスタンなど6つのPKOに30人を派兵している。 (YONHAP NEWS) - 12月1日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061201-00000003-yonh-kr

日本の平和ボケは直りません。世界は緊迫してます。あの韓国でさえ。
維新政党・新風応援します。
Posted by qp at 2006年12月01日 17:31
非合法活動を暴露したロシア連邦保安局(FSB)元中佐のリトビネンコ氏も放射性物質「ポロニウム210」により変死>

北方領土問題を抱える我が国は、ロシアの脅威は人事ではありません。
氷山の一角ともとれます。日本でも何かやらかしていると思います。
維新政党・新風を応援します。頑張って下さい。

Posted by 神奈川県 会社員 at 2006年12月01日 17:43
>一市民さま
レスありがとうごさいます。
私個人としては少子化が現在一番危惧している問題です。出生率予測を外し続けた厚労省役人をつるし上げたいです。

高市大臣は、自信のブログにて、「少子化は金を出せば解決するというわけではない。子供を育てて一人前という価値観を復興させるべき」と仰っています。役職が多すぎて不安ではありますが、思想的には信頼している政治家の一人です。

http://rep.sanae.gr.jp/tusin/contents.html?id=8

>oka様
イメージ戦略は大切ですよね。
自民党を右から攻撃する役割を新風には期待しております。

#西村眞悟議員はずっと無所属でおられるのでしょうか・・・。
Posted by ししまい at 2006年12月01日 18:58
一市民様
>年金不安、医療費引き上げ、外国人移民受け入れの話は全てこの異常な出生率の低さに起因します。
私も同感です。今日本で、一年間の中絶数が30万人だそうですが、中絶を原則禁止とすれば、30万増となります。原則と書いたのは、中にはレイプなどの犯罪による妊娠の場合は例外として認めるべきかと思うからです。そして、自殺者、自動車事故死などをなくしていくために対策を講じていくこと。それとロボットなり、機械化、システム化を推進して極力無人化をしていくこと。今すぐにはもちろん人間並みの能力をもつロボットの開発は無理とは思いますが・・・。その時には、ロボットなり、機械には1台につき、人頭税ならぬロボット税をかけ、年金、保険の相当する金額を徴収する。そして人間はより一層創造的な付加価値の高い仕事をしていく。どうでしょうか。


Posted by 松下 at 2006年12月01日 20:00
>ししまいさま
高市氏のブログを読ませて頂きました。教えて頂いてありがとうございます。
なるほどという思いと、信頼できる方だという思いを持ちました。
少しほっとしたのと、このような方が増えてほしいと願うばかりですね。

>松下さま
ありがとうございます。中絶廃止や避妊治療など、取り組むべき問題は多いと思います。
また、私も勉強不足ではあるのですが、今の適齢期の方は結婚しない方が多いと聞きます。
「相手がいない」のであれば、仲人を国が主導でやれると思います。
また「結婚しない」「子育てをしない」のであれば、その方は将来の年金額削減、医療費負担増加
という方策があると思います。(世代間扶養の制度である以上、将来の現役世代を作らなかった人の
負担は増える。当然の形だと思います。)
他にも派遣を無くして雇用を安定化させるなど、手の打ちようはあるはずです。
Posted by 一市民 at 2006年12月01日 20:54
続き

ところで今年の出生数は少しだけ改善したようです。

厚生労働省はこれについて結婚数の増加と雇用環境の改善を理由として分析しています。。。

今までの少子化対策は共働きの人への優遇、経済的援助がメインでした。
しかし、改善には役立っておらず、結婚数の増加と雇用の改善で出生数は増えたのです。

(;^_^A 今まで国は何してたんだよっ!

高市氏の考えは確かに日本に復活させるべき考えだと思います。しかし今現在起きている少子化に早急に
対応するにはもっと他にも手の打ちようもあると思います。

それをして欲しいと期待している今日この頃でした。
Posted by 一市民 at 2006年12月01日 21:03
一市民様
>今現在起きている少子化に早急に対応するにはもっと他にも手の打ちようもあると思います。
本当にそうですね。ちなみにロボット税なるものも導入すれば、今の日本のロボットの稼働台数は30万台で世界の過半数をしめていると聞きますが、これで実質30万人の人口増になります。焼け石に水との批判を受けそうですが。(^_^;)一市民様も、「仲人を国が主導でやれると思います。」と仰られていますが、まずは、結婚数を増やし、子供の出産数を増やすにはどうすればいいか、を国が真剣に考えるべきと思います。ただ単に税金を投入するだけでなく根本的な解決はできないと思います。極論ですが、子供全員は必ず親に仕送りするといった法律が作れば、親の老後も安定しますし、今の若い人達も老後のために、子供を沢山つくるようになるのではないでしょうか。

Posted by 松下 at 2006年12月01日 21:53
>松下さま
ロボットが日本に30万台もあったのですか!なら、税金かければ十分ですね。多分大企業が中心でしょうし。
といいますが、大企業にもっと本当の意味での日本の未来を考えてほしいです。金のためじゃなく、
日本社会のために動いてもらわないと・・・派遣もそうですけど、彼らを正規雇用することが結婚、
出産、そして未来への第一歩だと思うのですが・・・
Posted by 一市民 at 2006年12月01日 22:09
>松下さま
子供全員が親に仕送り・・・まだ学生ですねをかじってる私には痛い言葉です(笑。でも、
本当にそのように、個人が親・社会を支えているというような認識を持たなければならないと思います。
でも肝心の自民党は御手洗タソの献金欲しさに派遣を増大させようとしてるような・・・
国家社会主義(でしたっけ?)、共産党の極右バージョンと考えれば良いのでしょうか?
そういった政党が欲しいです・・・
Posted by 一市民 at 2006年12月01日 22:29
60年前のあの戦争をゆがめられた教育・環境で育った私のような無知な大人が多すぎるのでしょう 一刻も早く目覚めてほしい。

Posted by 故郷 at 2006年12月01日 23:01
>あきらさん <マドンナ…レモンちゃん…中山千夏?…>
 「超」遅レスになってしまいましたが、その方だけはご勘弁を。。。
  落合恵子さんですよ。
  
Posted by ROM太郎 at 2006年12月02日 00:12
一市民様の、
>「結婚しない」「子育てをしない」のであれば、その方は将来の年金額削減、医療費負担増加という方策があると思います。(世代間扶養の制度である以上、将来の現役世代を作らなかった人の負担は増える。当然の形だと思います。)

これに賛成です。今、子供を育てていて思うのは、自立させたら終わり、にはならないということです。子供たちが大人になって、ぎりぎりの生活しかできないようなら援助してあげたいし、孫にもお祝いなどを贈りたい。いつまで働けるかわからない上、自分たちの老後の生活もある。そう考えると、子供が多いほど負担は倍増です。今の公立校は信用できず、出来るなら私立に入れたいと思っていますし。産む時の費用を出すのではなく、学費を援助してもらえるとか、年金を子供の人数だけ多くもらえるシステムでしたら、もうひとり産んでも育てられるかなと思います。
Posted by 日本の母親 at 2006年12月02日 01:07
適齢期の人が結婚しない、子供を産まない理由に、医学の発達というのが原因にあるのではないでしょうか。私の推測でしかないですが、高齢でも安心して産めるという意識があって、いつかは子供を産もうと思いながら、ぎりぎりまで好きな生活をしてしまうのかなと感じることがあります。40歳過ぎて出産したなどのニュースも多いですよね。(仕事が生きがいというのもわかるのですが・・・私も仕事大好きで出産直前までバリバリ働いていたので)
差別的かもしれませんが、子供を産むのは35歳まで。それ以上になると子供が不健康に生まれる確率が格段に上がる事や、羊水検査なども必要でとてもリスクが高いことを広めることも必要ではないかと思います。高齢出産の方が割と多いので、子供が一生欲しくないわけではないみたいです。
若いうちに産もうという意識が高まり、女性がその気になれば、結婚問題もある程度解決するのでは、と思います。
Posted by 日本の母親 at 2006年12月02日 01:25
>日本の母親さま
ありがとうございます。やはり現役の母親様には凄い説得力がありますね

高齢出産のリスクですか。考えもしなかったです。やはり出産にも色々大変なことがあるのでしょうね・・・

少子化は色々な問題がありますから一筋縄ではいかないのでしょうが、なんとか克服してほしい問題です。
今、高市少子化担当大臣がwebで意見を募集しています。そちらにも是非お考えを投稿されてはどうでしょう?

日本人みなで考えて、なんとかこの問題を解決していきたいですね。
Posted by 一市民 at 2006年12月02日 02:15