2006年12月08日

衆院管理部からの回答書

シリーズ 維新政党・新風

不満足な回答ですが、成果もありました。

維新政党・新風東京都本部
代表 鈴木信行 殿

                            平成18年12月6日
                              衆議院管理部

 近藤昭一議員事務室は、今回開催した会議が、貴殿が指摘しているような内容の会議とは事前には知らされていなかったそうです。近藤昭一議員は会議の内容について、批判を受けたことから、朝鮮総連及び朝鮮新報に対して口頭で厳重に抗議をしました。

 「今回の目的は、在日の子供たちに対する暴力的脅迫等の人権侵害は許せないことを訴えることでしたので、人道的視点から妥当と判断し、取り次ぎました。今後会議を主催するに当たっては、国民から批判や誤解を受けないように十分留意します。」という回答をもらいました。

 これが先月11月29日に維新政党・新風の鈴木信行代表らと一緒に衆議院会館管理部に抗議に赴き、質問状を提出したことに対する回答書です。

 予想した通り、この国賊議員である民主党の近藤昭一(愛知県選出)は、この集会の開催目的は「在日の子どもたちに対する暴力的脅迫等の人権侵害は許せないことを訴えることでしたので、人道的観点から妥当と判断した」と回答しています。

 暴力的な脅迫を受けるのは、常に可哀想な在日朝鮮人であり、その弱い立場の在日朝鮮人に対して、常に暴力を加えるのは我々日本人である…これまでマスメディアで散々言われ続けてきた、このデマゴギーを平然とここでもお使いになる。このことが日本人に対する中傷になることを全く意に介さない。

 《「デマゴギー」の意味》

1.政治的な目的で、意図的に流す扇動的かつ虚偽の情報

2.事実に反する噂。流言飛語。「人を中傷する―を飛ばす」

 その考えというか、身に染みてしまった体質こそ、まさに反日的政治家を強く印象付けるものに他なりません。自らの行為を棚に上げ、人権で逃げようとの姑息なまでの態度は明白です。

 新風東京都本部と我々『新風連』(新しい風を求めてNET連合)の今回の活動において、明らかに目に見える成果が一つだけあったのでご報告させて頂きます。

 朝鮮新報は記事を密かに訂正していた。

 それは記事を紹介した時には、以下のように記述されていました。

 院内集会、行動継続を決意

 10日午後、衆議院第2議員会館会議室で緊急行動参加者らの院内集会が行なわれた。

 しかし、今回見てみると次のように変わっていました。

 集会、行動継続を決意

 10日午後、緊急行動参加者らの集会が行なわれた。

 院内という文字が外れ、衆議院第2議員会館会議室という名称も外れています。

 彼らが国権の最高機関のお膝元で、日本政府が決定した制裁措置に反対する行動を行なったという、その事実は決して消えるものではありません。しかし、それを誇らしげに記載していた朝鮮新報から削除させることが出来たのは、一つの成果であったと自負しております。

 今日は大東亜戦争の開戦記念日です。昨年の12月8日のエントリーをそのままご紹介させて頂きます。

   2005年12月08日

   歴史は敗者によってのみ正しく伝えられる。

0b75004c.jpeg

我々《極右》は共産主義の独裁国家・中国、北朝鮮の軍事的威圧に対しては、『日米共同覇権』の確立によってこれを撃退して、東アジアに民主的な国家を誕生させる戦いの重要性を訴えています。

ただ、かつて半世紀前に米国を相手に勇敢に戦った、我々の祖父母や父母の精神を忘れた訳ではありません。常に大東亜戦争を検証し、歴史は敗者によってのみ、正しく伝えられるとの信念に基づき活動しています。

 記念すべき12月8日、半世紀前の父祖達を想う―

 12月8日という日がやって来ても、それは365日の中の単なる1日、寒い冬の1日でしかない。そのような認識しか持たない世代が今日の日本社会の中枢を占めるに至った。しかし、明治維新後の日本にとって、この12月8日という日こそは、絶対に忘れてはならない日であり、この日の持つ重要性を我々は永く語り継がなければならない。

 昭和16年12月8日、大東亜戦争は日本海軍のハワイ諸島・真珠湾への攻撃によって始まった。大正末期より昭和初期に至る日本を包む暗い重圧感は、この日未明の大本営発表と共に吹き飛び、多くの日本人にある種の解放感をもたらした。

 この時、老若男女を問わず、全ての日本人は血の湧き立つのを覚えたであろう。それは明治維新の偉業を成し遂げた若き志士たちを想い、それを継承し西欧人の独善と欺瞞と横暴の上に打ち立てられた植民地支配を粉砕し、アジアの独立と解放を目指すという大理想実現の日が遂にやって来たことへの喜びでもあったのです。

 大東亜戦争の歴史的考察の一面を見る時、明治維新後の近代日本が宿命的に背負わなければならなかった道が、戦争という不幸な手段であったことを認めないわけにはいきません。しかし、そこには日本人の国際社会に対する目覚めと、自らの意志と力量を以ってアジアの解放を達成するという強い自覚と信念に満ちていたのです。

 この日本人の考えと行動、先覚意識は多分に情念的なもので、いわば結果をあまり深く考えないで突っ走った面もなきにしもあらずでしょう。これは後日の自己反省の材料であっても、他国からいわれなき追及をされるべき罪悪とは一切関係がないのです。

 この民族一丸となって、欧米列強と戦った大東亜戦争の崇高なる理念を我々《極右》は決して忘れないし、これを今後も永く語り継ぐことを本日、靖国神社に参って誓うものである。

ブログ・ランキング!応援クリック御願いします!

〜新しい風を求めて〜ネット連合こちらも、宜しくお願いします!



Posted by the_radical_right at 08:07│ mixiチェック 維新政党・新風 
この記事へのコメント
各位
このコメント欄に朝から荒らしと見られる投稿が続いていますが、気にしないで投稿して下さい。妨害を目的としたもの、或いは意味不明なものについては問答無用で削除致します。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年12月08日 09:13
こんなもんで許せるか!!!反天皇「猿芝居」

反日雑誌『週間金曜日』主催
在日・反日劇団「他言無用」による
反天皇「猿芝居」の結末
 
他言無用 http://www.st21.co.jp/tagon/
Posted by とら at 2006年12月08日 09:21
瀬戸先生
ご無沙汰を致しておりました。
近藤昭一はこの問題を人権とか人道問題に目線を移そうとしています。
であるなら、世界で最悪の人権蹂躪国家である北朝鮮はどうなのか。
愛知県弁護士会のHPによれば、北朝鮮に4回も渡航しているそうですが、一体何を目的に行ったのでしょうか。とても信用できる男ではなそそうです。
Posted by としあき at 2006年12月08日 09:22
荒らし投稿を何十回となく、続けている人に申し上げます。
一体どのような目的で、投稿を続けているのですか。これ以上続ける場合は貴方のことを調べさせていただくことになります。ご注意申し上げます。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年12月08日 09:38
極右評論管理者さま
朝からご苦労さまです。
このような荒らしを行なう者は病的な偏執癖のある輩かも知れません。余り思想的なものを持ち合わせずに、ただ悪戯で書きこんでくる場合もありましょう。しかし、それを放置しておくと非常に目障りなので、本当に面倒だとは思いますが、削除していただけたらと思います。
毎日、朝応援ポチさせてもらっております。
Posted by 匿名サラリーマン at 2006年12月08日 09:44
ロボコップ3で思い出したのですが、世の中を理解するには「分析」「解明」「結果」の三位一体が重要だと思います。これを行うには勉強あるのみです。みなさんも頑張ってください。
Posted by JFS at 2006年12月08日 09:55
ちなみに私は「プロテスタント」の教会の信者です。皆様にはカトリックや神道の方に行ってもらいたいと思っていますが、プロテスタントも信者が多いようです。ところで教会の学びを通して、私や他の方々が教会で勉強をされているのですが、12chチャンネルの、みのもんたの番組で、松尾芭蕉がキリスト教徒だと聞きました。教徒が「京都」になるのは「偶然」か?と思いましたが、結局幕府が東京に移ったのは良かったと思います。
Posted by JFS at 2006年12月08日 10:02
瀬戸さん、我らが『日本』を常にお守りいただき、有難うございます。
反日左翼の常套句、『人権』・『言論の自由』・・・
奴らは、こういう言葉でたくみに犯罪まがいの行為をカモフラージュしてきた。
ところが実は、本当の『人権』『言論の自由』を冒してきたのだ。
それはかつて『北朝鮮の飢餓に苦しむ人々を救う』、などという名目で『ボランティア活動』(?)をやっていたレインボーブリッジが、例の水谷建設と連携していたという『とんでも集団』であったことと同じ構造です。

今世間を騒がせている、「三度のメシより子供の死体」などという異常な変態教師の親の水谷建設との繋がりを、明日発売する週刊新潮がすっぱ抜いてくれるようです。

(※参考)■2006/12/06 (水) 変態教師の父親があの水谷建設の顧問だった   http://www4.diary.ne.jp/user/429793/
Posted by yuukoku at 2006年12月08日 10:14
 平気で大嘘をつく在日には自浄作用はない。
話し合いで解る連中ではないので、破防法を適用して
帰ってもらいましょう。
http://www.youtube.com/watch?v=gyuibS5oHKI
Posted by Shimada at 2006年12月08日 11:00
>在日の子どもたちに対する暴力的脅迫等の人権侵害は許せないことを訴えることでしたので

実害があったのなら警察に被害届は出したのでしょうか?証拠はあるのでしょうか?
日本人に対する誹謗、中傷、言いがかりになりませんか?

近藤は確信犯です。許してはなりません。パチンコ業界との関係も深いようです。

日本の国会議員なら、まず日本人の生命と財産を守るのが任務だろ。
Posted by 日本人 at 2006年12月08日 11:16
なんでパチンコ業社に日本人経営者がいないのか?

こんなに美味しい商売はないのに・・・

この事実が在日差別なんて全くないことを物語っている!

日本人と在日の人口比からすべてを均等に分けようじゃないですか!

日本人経営のパチンコ屋を200作り、在日経営は1作るのが平等!

パチンコのようなギャンブル業を外国人に牛耳られているから
政界からマスコミまですべて在日支配を許している。
Posted by マスコミに巣食う在日朝鮮人の影 at 2006年12月08日 11:28

衝動買いした「イギリスのバランス、日本の傾斜」渡辺幸一

終始、イギリスは素晴しい、それに比べて日本は・・・

戦前の日本には民主主義が無かったとか。
東條英機は極悪人(しかも条と誤字)
富田メモ支持
日本はアジアから孤立するとか。
日本は外国人に差別的だ、参政権を与えるべきだ。
韓中のエレクトロニクス分野の発展は素晴しい。
etcetc...

4/5まで読みましたが、拷問です--;;
読み終わったら、アマゾンにレビュー載せます。
Posted by 生 at 2006年12月08日 11:38
祖国のために散っていった数多の英霊と犠牲になった方々に追悼の意をささげます
私達は彼等が命を落として守ろうとしたこの国をより良い方向に導かねばなりません
戦争はいけないことときめつけてしまえば彼等が罪人になってしまいます
戦争を賛美しているわけではないのですが侵略に屈しない力と精神をつけることは日本を守るために重要なことではないでしょうか
そのための教育も必要だと思います
Posted by 打緒 at 2006年12月08日 12:16
>マスコミに巣食う在日朝鮮人の影様

日本人がパチンコを経営するのも良い考えだと思いますが
誰もパチンコをしない事が一番だと思います。

ギャンブル依存症の方、サラ金返済で困っている方をご存知でしたら

『なぜいろいろなことが誤解されたままになっているのか?』
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea3.html

を紹介してあげてください。
『大車輪』という返済方法について詳しく説明されています。

我々、本当の日本人がしなければならないのは
パチンコをしない
サラ金を利用しない
カルト宗教に拘らない
靖国神社に参拝する
維新政党・新風に投票する
の5ヶだと思います。
祖国・アジア解放の為に命がけで闘った祖父達の為にも
我々は日本を奴等に渡してはならないと思います。
Posted by たか at 2006年12月08日 12:22
荒らし投稿に対しては、プロバイダに報告するのが一番簡単です
報告→プロバイダから荒らしに警告→再度やる→契約解除
で、対処出来ます。その場合、ログなどを保管するのを忘れずに
Posted by 太郎13 at 2006年12月08日 12:24
今日は朝から軍艦行進曲を歌いながら、駅まで走りました。
私達の未来を守ってくださった、戦没者に感謝します。
明日は硫黄島からの手紙が公開されます。
Posted by 司令長官 at 2006年12月08日 12:32
衆議院管理部は、危機管理に対する意識が弱いのではないかと思います。
北朝鮮は、「経済制裁は宣戦布告と見なす」と公表しているのに、その北朝鮮政府の代理人を自認する朝鮮総連の人を、国会関連施設に無防備に引き入れれば、今話題のポロニウムなどの毒物を上水道の貯水タンクに混入でもされれば、法律の制定に甚大な被害を生じかねません。(今回は無かったとしても、下準備をしていたかもしれません。)
Posted by とおる at 2006年12月08日 13:12
>ただ、かって半世紀前に米国を相手に勇敢に戦った、我々の祖父母や父母の精神を忘れた訳ではありません。常に大東亜戦争を検証し・・・

全く瀬戸先生の仰る通りだと思います。私も皇国の為に命を懸けて粉骨砕身なされた戦士の方々、そしてそれを陰で支えてこられたご家族の方々に対し、心から哀悼の意を表します。

ところで、今年で戦後61年が経過した訳ですが、色々調べてみますと、例えば『国立公文書館』に保管されている「戦犯」に関する公文書資料が770近くある内の、470件近くが戦後61年経過して未だに「非公開」又は「要審査」となっております。

下記へ
Posted by スサノオ at 2006年12月08日 14:16
上記より

何でもこれに関しては内閣総理大臣であっても閲覧出来ないそうです。極東軍事裁判でA級戦犯とされた28名の方々を筆頭に、多くの汚名を着せられた方々の為にも、こういった重要文書資料が早く公開され、正しい歴史認識を全世代で共有出来る事を願っております。

参考までに国立公文書館のアドレスを貼っておきます。
http://www.archives.go.jp/index.html
Posted by スサノオ at 2006年12月08日 14:16
本日、鳥肌先生の時局講演会に行ってまいります。
この日の話って、特別なことがあるのかな?
Posted by Nami3 at 2006年12月08日 14:44
>意にかえさない。
「意に介さない」ではないかと。
Posted by takoyan at 2006年12月08日 14:52
各位 コメントならびに応援を有り難う御座いました。

>takoyanさま
ご指摘を有り難う御座いました。訂正しました。

本日、靖国神社へ行ってまいりましたが、参拝客の入りはまばらながら、軍装をした音楽隊の行進が行なわれていたりと、それなりに盛況ではありましたね。
旧日本軍の格好をした爺さんの「我々も戦いに赴きますので、どうか見守って下さいとの思いで皆(大東亜戦争に出征された方々)、ここを参拝した」とのお話が漏れ聞こえてきましたが、これが印象に残りました。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年12月08日 15:56
本日記念すべき大東亜戦争開戦の日に合わせて維新政党・新風の党員届けを
行ないました。日本は武運つたなく敗れはしましたが、アジア諸国の列強からの
開放と言う大目的は達成されました。

戦争は決して無くなりません。侵略されてから何を言っても始まらないのです。
早く日本を憲法改正し普通の国にしましょう。核武装も必要かもしれません。
Posted by Hatumagodekita at 2006年12月08日 16:32
「在日の子どもたちに対する暴力的脅迫等の人権侵害」と近藤昭一がのたまっているようですが、その被害について警察に被害届を出したり、逮捕者が出たケースがどれだけあるのでしょうか?
自分の知る限りにおいて、皆無であります。
推測の範疇から逸することは出来ませんが、自分たちが被害がであるということに目を向けさせるための、自作自演ではないでしょうか?
犯罪国家北朝鮮の出先機関である朝鮮総連ですから、そう思う方が自然です。

また今日の開戦記念日にあたり、あの戦争の正当性を考え、英霊となった方々にご冥福をお祈りしたいと思います。
Posted by デンセンマン at 2006年12月08日 18:43
欧米が数百年に渡って繰り広げてきた全世界侵略・有色人種奴隷化競争。それにただひとつ有効に立ち向かえた者が日本であった。
もし日本が身を捨てて大東亜戦争を起さなかったら、今現在に至っても果たして欧米の奴隷植民地が消えていただろうか?
第二次世界大戦が終わった直後に連中が即座に植民地快復に乗り出したことを見ると到底そうとは思えない。

この国は8月15日にだけ、「日本がすべての原因であり絶対悪である」という歴史の重要な部分を全て切り捨てた戦勝国史観と日本中が焼け野原にされた敗戦の衝撃と悲しみを悪用された歪められた感情を刷り込まれてきた。
Posted by 視点 at 2006年12月08日 19:34

12月8日は8月15日以上に様々な特集が行われ、あの大東亜戦争に至った経緯を知り、当時の日本人の歴史的運命に思いを致し、日本の側にどのような失策があったのかを痛切に反省して、日本国体の弱点を糾す、その日であるべきだが見たところそれに値するのは「その時、歴史が動いた」だけのようだ。

このような忘却の結果もたらされたのは、親を子供を地域を家庭を形作り、支え、生かしてきた日本という共同体・文化の破壊と亡国の影である。
情報遮断と感情の操作という洗脳環境が解けつつある今日、改めて当時の日本に思いを致し、日本人全員が今為すべきことは何か、自分に出来ることは何なのかを問う日であってほしい。
Posted by 視点 at 2006年12月08日 19:34
各位 コメントを有り難う御座いました。

>Hatumagodekita様
維新政党・新風への入党、おめでとうございます。
現在、新風への入党者は急増していると言われます。ここを起点として、戦後日本におけるタブーを打ち破りましょう。
Posted by 極右評論管理者 at 2006年12月08日 20:49
こんばんは、先生。
今日は真珠湾攻撃の日ですね。
日本が立ち上がって欧米列強に一撃を加えた日ではありますが、あまりにも多くの尊い命の犠牲があったわけで胸が痛みます。

私は今年の秋にアメリカ合衆国であるサイパン島に夫ともに観光目的で行きましたが
サイパン戦の跡を辿るツァーに行って日本兵に対する見方が一変しました。
私は自虐史観を教わった年代で日本兵は悪でした。
ところが実際サイパンに行って私が見たものは圧倒的な火力の差がある米軍に祖国防衛の為子ども達の為に、決死の覚悟で立ち向かった日本軍の戦いの跡でした。
Posted by まりこ at 2006年12月08日 22:21
戦跡を見て犠牲になられた方に哀悼と感謝の気持ちが深く湧き上がり、何度も何度も有難うございますと呼びかけていました。
米軍に対して勇敢な戦いをした日本軍を誇りに思います。
サイパン空港は元々は日本軍が作りました。
米軍はハワイで訓練に訓練を重ねてサイパン空港を2日で落とすつもりでやって来ましたが、日本軍の必死の抵抗で落すのに1週間もかかり、空港を攻めた米軍の指揮官は解任され本国に帰されたそうです。
民間人も含めてものすごい抵抗をしたことが分かり涙がこぼれました。
日本統治下のサイパンは箱庭のように美しく、さとうきび畑が全島に広がりジャングルには果物がなっていたそうです。
全て米軍に燃やし尽くされました。(続く)
Posted by まりこ at 2006年12月08日 22:22
昨年両陛下がサイパンに行った時はサイパン在住の韓国人が
反日デモを起こそうとしたらしいのですが、
現地チャモロ族の方が日本から神が来るのに失礼なことをしたら許さないときっぱり言ってくれたそうで、
天皇皇后両陛下の慰霊の旅は無事に済むことが出来ました。
心から感謝したいです。
日本人も天皇皇后両陛下をしっかりお守りしなければいけませんね。
Posted by まりこ at 2006年12月08日 22:24
まりこさんへ
いつもありがとう御座います。
>昨年両陛下がサイパンに行った時はサイパン在住の韓国人が
反日デモを起こそうとしたらしいのですが、
現地チャモロ族の方が日本から神が来るのに失礼なことをしたら許さないときっぱり言ってくれたそうで、
天皇皇后両陛下の慰霊の旅は無事に済むことが出来ました。

知りませんでした。貴重な情報感謝致します。皆さんにもエントリーで紹介したいと思います。
Posted by 瀬戸弘幸 at 2006年12月08日 22:59
「歴史は敗者によってのみ正しく伝えられる」。まさにそのとおりだと思います。

大東亜戦争はとても多くの外国人も評価して下さっています。欧州だけでなく、インドや東南アジア、韓国の方もいます。私のブログでこれらを集めてみました。よろしければご覧ください。
Posted by (K改め)耕 at 2006年12月08日 23:03
連続投稿となってしまいますが、お許しください。

瀬戸先生、私のブログにコメントをくださりありがとうございました。感激の思いです。

瀬戸先生が来訪なさった時間には追加されていなかった可能性がありますので、念のため伝えさせてください。日本は真珠湾攻撃を開戦通告無しに行ったから卑劣だ、とアメリカから言われますが、それは全く根拠がありません。そもそも開戦通告する必要性はほとんどなかったのです。その辺について後で追加したのでそのことだけ書かせていただきました。
Posted by at 2006年12月08日 23:51
在日の子供がいじめられる?
あるわけ無いです。
僕の時代朝鮮高校は「怖っ」の代名詞でしたよ
息子に聞いてみても
未だに朝鮮高校校は怖いそうです。
いじめなんてあるわけ無いじゃないですか。
Posted by 通りすがり at 2006年12月09日 02:14
>瀬戸様 皆様 こんばんは
12月8日開戦記念日。あの大東亜戦争とは何であったかを深く考えさせられます。
もとより戦争そのものに正邪の区別などなく、ただ勝者と敗者があるのみ。戦後の世界は勝者を正義として動くは世の常なれど、敗れた側がどっぷりと自虐史観に浸りこむ愚かさは、わが国を守るべく尊い命を捧げられた英霊の御心に背くもの。日本はポツダム宣言を受諾したが、それは日本軍の無条件降伏(言い換えれば無条件降伏したのは軍のみ)であり東京裁判を無条件で受諾することではなかった。今もなお効力を持つサンフランシスコ講和条約第十一条「東京裁判の判決の受諾」はわが国の喉元に突きつけられた匕首の如し。東京裁判で有罪とされ処刑された方々を日本国民自らが「戦犯」と呼ぶことに私は強い違和感を覚えます。
Posted by ROM太郎 at 2006年12月09日 02:42
先生、おはようございます。
エントリーして下さるとのこと有難うございます。
チャモロ族の方が両陛下を歓迎して下さる気持ちがうれしかったです。
サイパン戦ではチャモロ族の方も犠牲になっているので日本人はその事を忘れてはいけませんね。
サイパンは親日の島だと感じました。

ツァーで砂糖王公園にも行き、すぐ目の前の彩帆神社も見ました。
正式にはサイパン香取神社というそうで現地の方が丁寧に手入れをして下さってます。
両陛下がご訪問なさる前には香取神宮から人も来て整えたりもしたそうです。
砂糖王のつながりで親善交流都市提携をサイパンと会津若松市は結んでまして記念碑もありました。
会津の方の誠実な心を感じました。
砂糖王松江春次の銅像も残ってまして、米軍はこの像は壊しませんでした。
ルイジアナ大学出身だったのです。(続く)
Posted by まりこ at 2006年12月09日 07:23
小さな島ですが様々な人種がいて韓国人、中国人も大勢いました。
中国人は何処ででも商売熱心ですね、グァム、サイパンで一族で商売をしている中国人と知り合い、そのバイタリティに驚きました。
道を歩いていても日本人だということが分かるのか?信号(ひどく長い)が変るのを待っていたら、チャモロ族の方が車を停めて道路を渡るように促されました。
道に迷っていた所、バングラディシュの方が親切に声をかけて道案内をしてくれました。

サイパンに行く前に「心に残る日本の歌」というNHKの番組を偶然みました。
有名な「里の秋」の3番です。
歌詞が印象深くサイパンで思い出しました。

♪さよなら さよなら 椰子の島
お舟にゆられて 帰られる
ああ 父さんよ御無事でと
今夜も 母さんと 祈ります
Posted by まりこ at 2006年12月09日 07:27
私たちのために戦って下さった英霊に深く感謝いたします。
Posted by まりこ at 2006年12月09日 08:05