2007年04月08日

若者の至純な祖国愛

若者の至純な愛国心

  今日は私のブログというよりは、弟子の有門大輔君の『侍蟻SamuraiAri』ブログを読んで頂きたい。私のところにやってきたのは、まだ20歳の若者だった。

 今回、私は個人のHPを作成するために、これまでの闘いの軌跡をまとめているところです。テレビにも二度、ラジオにも一度インタビューを受け放映されました。

 テレビで放映された時に、それを見て私の元にやって来た訳ですが、その映像を知人から借りて、それを二人で見ました。13年ぶりに見た、その映像について語っています。

己が極右に参戦した初心に立ち返る!

0a10403d.jpg《写真》
TBSの報道番組に出演した時の瀬戸弘幸・現『極右評論』主宰

近くインターネット動画として、皆様にもご覧頂けるだろう




 そのビデオには、私が極右活動に参戦する爐っかけ瓩収録されていた。

 今から13年前、TBSの『スペースJ』なる報道番組にて、不法滞在・不法就労外国人の追放を主張する極右団体が取り上げられたのである。放送日は平成6年9月14日―。

 当時、私は19歳で警備員のアルバイトをしていたのだが、番組が始まる時間帯には休憩室でテレビを観ていられた。日頃から外国人の増加で溶解しつつある日本国に、危機感を募らせていたことを思い出す。

 http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/50657611.html

 また、今年3月23日には次のような記事もアップされていました。

 http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/50649138.html

 現在、有門君はNPO法人『外国人犯罪追放運動』の代表として、凶悪犯罪から不法就労問題まで幅広く活躍しています。特に不法滞在外国人問題では、日本を代表するスペシャリストの一人でもあります。

 NPO外国人犯罪追放運動 公式ブログ
 http://blog.livedoor.jp/gaitsui/

 私のところにやってきた頃は、まだひ弱さを感じさせる若者でしたが、今では頼もしく成長しました。この12年間共に苦難の道を歩いて来ましたが、必ずやそれは報われることになると信じています。

 私の映像だけではなく、その後、当時20歳だった有門君と当時、専門学校生だったO君、それに高校生だったH君、それに同年代の少女Tさん。この4人も「ネオナチ群像」として、その活動ぶりがテレビで放映されていました。

 有門君と当時大学生のO君は、素顔を隠さず、自分達の思いを語っています。青年のナイーブ(純真)な気持ちが、やがてこの日本を危機から救うことになるでしょう。

 有門君が自分のブログで述べている自己紹介文を最後に紹介しておきます。

 「大義に基づいて生き、大義に基づいて死にたい」
 これが私の人生観です。

 極右活動ならびに不法滞在外国人追放運動を行っている上で何か特異なことをやっているという認識はありません。
 多くの方々が、おそらく子供の頃からやりたかったわけではない仕事に携わっているように、私にとってはそれが“生き様”にさえなっています。
 しかし、国を守る人に対する憧れは強烈でした。ですから基本的に追求するものは何ら変らず、ただ、方向性が違ったというだけでしょう。
 そして、その様な道を自らの意志で選んだ以上、きっとそれが運命だったのでしょうね。

 平成7年より排外主義愛国運動に参戦。以来「日本に不法滞在外国人と外国人労働者導入は必要ない」をモットーに尊皇攘夷の精神に身を捧げつつ瀬戸弘幸・極右評論主宰に師事する。

 平成12年には瀬戸弘幸らと共に、単行本『外国人犯罪』の執筆に携わり、これを完成・出版させた。
 その他、瀬戸弘幸が雑誌『GYROS』(勉誠出版)や『力の意志』(サンラ出版)、警察雑誌『BAN』(教育システム)に寄稿した際には、それらの執筆に常に裏方として関わった。

 http://blog.livedoor.jp/samuraiari/ (侍蟻ブログ)

ブログ・ランキング!応援クリック御願いします!

右派SNS『国民の総意』  新風連


【ニコニコ動画】
 
画面を押して再生にご協力お願いします。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1558



Posted by the_radical_right at 07:54│ mixiチェック 我々の闘いの軌跡 
この記事へのコメント
選挙についての、疑問です。

私はすでに、病院で終わらせております。
息子の選挙のお知らせ葉書が届いていないと夫が心配をしていました。

息子は一年ほど前から戻っております。住民表も取り寄せてみて、移動済みを確認してみました。きちんと移動してます。

今朝 夫と息子二人で選挙に行ったとき、息子は 住民台帳を調べて免許証を確認しただけだったそうです!

(疑って)何か不正があったとして、誰かがその葉書を見せて すでにチェック済みだったとしたら(疑ってすみません)
その人は拘束されるんですかね?

Posted by 東京ばば at 2007年04月08日 09:29
東京ばば様おはようございます。お元気そうで何よりです。
当人でない人がもしも入場整理券を持って投票しようとしたら犯罪ですね。掴まるのではないでしょうか。
Posted by まりこ at 2007年04月08日 10:10
老婆心ながら、ナイーブという言葉は日本語ではどちらかというと純真とか肯定的に考えられてますが。語源的、西洋的には未熟故に当然知ってしるべきことを知らない、愚か者という風に否定的に使われます。
この文脈で、この言葉を使うのは避けたほうがいいと思います。
Posted by お節介 at 2007年04月08日 10:11
サイパン戦跡で若者たちの祖国を守るぞ!という確固たる意思が時間を越えて伝わって来てその心に涙しました。
振り返れば元寇、明治維新と国難に立ち上がったのは侍精神を持った若者だったのじゃないかと。
靖国にある英霊の写真を見るとファッションは違えども現在の若者と顔つきが同じように思ってます。
私は日本人は変らないと思ってます。
あの十七条の憲法を作った聖徳太子も武人でした。
米国も中国も日本人が日本人として目覚めることを一番恐れているのではないでしょうか。
今また国難の時です。
戦後、在日が我が物顔に日本を歩き、日本人は自虐史を施され、マスコミに騙され、歴史は捏造され歪められました。
ですが、平和の眠りから覚めて日本人は日本人としての魂が目覚めつつあるのではないかと思ってます。
ネットで若い方が真剣に日本のことを考えてくれているのを見て私も励まされてます。
Posted by まりこ at 2007年04月08日 10:12
「大儀」をかざすものの成れの果て。要するに、自己愛性人格障害の病理の発露が、
「大儀の名の下の人殺し」になっているだけ。日本に巣食う今日の極右や
昔の日本赤軍は、アルカイダのような連中の精神構造となんら変わらない。
人権尊重、思いやり、融和と和解の心を失した右翼やテロリストは人間として失格。


★ビンラディンよ「アルカイダ暴走止めて」 スンニ派訴え★

朝日新聞 2007年04月07日21時05分
http://www.asahi.com/international/update/0407/TKY200704070220.html
Posted by 馬鹿かよ? at 2007年04月08日 10:26
私は日本人を信じています。
文武両道の侍精神と恥の文化が今でも日本の其処ここに生きていると思ってます。
お隣の韓国で障害者がどのように扱われているか知っています。
戦後、韓国で障害者に尽くしたのは朝鮮王朝最後の皇太子妃の李方子様、日本の元皇族でした。
最近、中国で内モンゴルの農民の苛酷な生活もテレビで見ました。
貧しい生活のでしたがモンゴル人の誇り高い精神が表情に表れていて興味深かったです。
Posted by まりこ at 2007年04月08日 10:43
大儀に生きる人生を俺も目指したい。最高の生きざまでしょう。瀬戸先生、お弟子様に着いて行きます。
Posted by てやんでぃー at 2007年04月08日 10:46
まりこ様

私もそう思います!
我が家のポストは、普通のポストです!手を入れて取ろうとすれば取れますが、人の目も有りますし上にあるインターホーンはテレビ画像つきなので、普通は出来ないと思います。
郵便配達をする方がどなたなのか分かるシステム管理は出来ているのでしょうか?ここは世田谷区ですが・・・
Posted by 東京ばば at 2007年04月08日 10:56
選挙管理委員会の人達がきになるのですが、あの人達はどういう素性の方たちなのですか。在日カルト集団の関係者が混じっていたら心配です。なにせ彼らは違法な占拠選挙活動を、長らく平然と行なっているのですから。
Posted by アンチカルト at 2007年04月08日 11:11
今後も一層のご活躍を期待しております。
さて、今朝のフジテレビ「報道2001」を見ていたのですが、韓国人の東大教授にコメントさせ、時間が終了という手段で2度に渡って反日側のコメントで終了していました。
Posted by とおる at 2007年04月08日 11:49
今朝のフジテレビ「報道2001」、沖縄の自決に関して、母親を殺さざるを得なかった人(沖縄の短期(?)大学名誉教授(?))が登場し、被害者のような事を述べていましたが、果たしてそうでしょうか?
(1)当時16歳の母親の年齢は、推定32歳くらいですが、この年齢なら、立派に米兵の強姦対象でしょう。(戦争が始まる前に既に満州では中国人による日本人の虐殺・強姦がされています。敗戦後、米兵による強姦・殺人が現実に起こっています。このような事を考えると、自殺ように手榴弾を渡す事は、腹切りの伝統のある日本では、武士の情けでしょう。)
(2)自分の母親を自らの手で行いながら、生き延びて、日本軍に責任を転嫁するのはお門違いでしょう。何故、母親を自らの手で殺さざるを得なかったも分からなかったのでしょうか?(殺した本人の責任までは問いませんが)
Posted by とおる at 2007年04月08日 11:49
アンチカルト 様

>在日カルト集団の関係者が混じっていたら心配です。なにせ彼らは違法な占拠選挙活動を、長らく平然と行なっているのですから。

どういう事か、勉強不足の私はピンと来ません!

今病院仲間とこの話をしました、やはり郵便配達では無く、選挙管理委員会と言ってました。
Posted by 東京ばば at 2007年04月08日 11:53
外人犯罪には本当に腹が立ちます。マスゴミは外人が犯す犯罪やトラブルを非難することさえも、差別だと言わんばかりの偏向報道を正義面して垂れ流しています。

瀬戸さんの活動を一庶民として応援しています。
Posted by 十三 at 2007年04月08日 12:14
東京ばば様

>郵便配達をする方がどなたなのか分かるシステム管理は出来ているのでしょうか?

選挙管理委員会に問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。
投票の整理券を郵便局が配達しているのならば郵便局に問い合わせても
誰が配達した等の記録は残っていると思います。

投票を済まして来ました。今日はお天気がいいので投票率が良いかもしれません。
Posted by まりこ at 2007年04月08日 12:52
その葉書は無くても投票できますから。どうどうと事実を述べて投票に行ってください。
もしかすると自治体によっては違うかも知れません。
私は大丈夫でしたよ。
Posted by じょしゅ at 2007年04月08日 14:19
瀬戸さん、お弟子さんこんにちは。

平成六年、1994年と申さば、ルワンダの内戦による大量虐殺が世界を震撼とさせ、また、松本サリン事件が起こった年でもありました。
当時、小生は東京でサラリーマン生活をしておりましたが、世は未だ偏向マスゴミが世論を恣に操っていた。小生はその頃から鮮人に強い敵愾心は抱いておったものの、さりとて極右と耳にすれば、何やら暴力的な匂いを嗅ぎ取って忌避しておったことでしょう。まさか今日、極右シンパになるとは思いも寄らなかった(笑)。
極右評論管理者こと、瀬戸さんのお弟子さんである有門大輔さんは、折りしも日本が混沌の予兆を孕んだこの時期、テレビで放映された瀬戸さんの主張に接し、目から鱗が落ちたとか。小生がネットを始めて、数々の保守的な論調のサイトに接した際に受けた感慨も同様のものがございました。
(続)
Posted by 怒る小市民 at 2007年04月08日 14:20
(承前)
昨今、偏向マスゴミがタレ流す歪められバイアスのかかった世論操作は、ネットの普及によって化けの皮が剥がされ、報道の信用性も地に堕ちております。なれど、未だ一定数の左翼を始めとする反日勢力が事実の歪曲を画策しておる以上、我が極右は、未だマスゴミの嘘を疑いもなく信じておる人々を啓蒙せねばならない。
先ずは東京都知事選で石原先生の勝利を確たるものとし、更には、今夏の参院選挙に於いて我が国初の極右政党を現出させること。そのため今一度、保守系ブロガーとその支持者に結束を呼びかける必要があるやに存じます。
Posted by 怒る小市民 at 2007年04月08日 14:22
気合をいれて投票して参りました。
皆さん ! 喜び叫ぶ為にも必ず投票しましょう。
Posted by 無党派やめよう ! at 2007年04月08日 14:58
各位 コメントを有り難う御座いました。

普段、このブログにおいては黒子に徹していますが、本日は私のことが記事で紹介されたということで、素顔を明らかにして皆様にご挨拶申し上げます。

本日、東京都知事選挙への投票を済ませてからPC画面に向かっております。投票は勿論、石原慎太郎を置いて他にありません。

まず、このブログにおいて自身のことが紹介されるのは非常に名誉なことだと思っております。最近、コンビニなどで「右翼・アンダーワールド」を特集した本が並んでおりますが、彼らが右翼なら、自分は「極右」! 極右として自身らで保持しているメディアに登場できるとは、これまた誇らしい限りです。
Posted by 極右評論管理者/侍蟻こと有門大輔 at 2007年04月08日 15:24
(承前)
私は、この時代に生き、生きる道標を示してくれた極右思想に感謝しております。
二十歳の頃に参画して早や12年。その思いは一層強靭になって昇華されたことを実感しております。もし、極右に出会わなければ私は、昨今問題になっているニートや引き篭もりになっていたかも知れません。または性犯罪者になって獄に繋がれていたかも知れません。

極右の旗が自分を拾ってくれた、極右の思想が自分を救ってくれた、そのように考えます。
極右なるものを罵倒し、中傷する者もおります。まるで犯罪者予備軍であるかのように罵声を浴びせる向きも少なくありませんが、私はむしろ話は逆であると思います。
Posted by 極右評論管理者/侍蟻こと有門大輔 at 2007年04月08日 15:30
>馬鹿かよ?様

その言葉はそっくり、貴殿に返そう。

貴殿は迫り来る国難にわずかでも抗うことさえせず、座して死を待つのでありましょうか?少なくとも私はそんな飼い慣らされた羊のような一生は嫌ですな。
>人権尊重?
特別永住資格を付与され、犯罪テロ国家に忠誠を誓う在日朝鮮人に? これ以上、彼らの何を尊重してやるというのですか?
>思いやり
日本に不法に居座っている外国人犯罪者に? 迫害も受けていない不法外国人を難民として認めるのが思いやりなんですかね?
>融和と和解の心
内政干渉を繰り返し、領土を侵略している国と和解するんですか? どうぞ占拠していて下さいと?

いや〜、私は到底、そのような心は持てませんな。^^
Posted by 極右評論管理者/侍蟻こと有門大輔 at 2007年04月08日 15:38
>馬鹿かよ?

どうやらあなたは、右の胸を撃たれたら、左の胸も差し出す博愛精神に満ちた方らしい(呆
Posted by 埼玉県人 at 2007年04月08日 15:39
>馬鹿かよ?

「『偽りの人権』」をかざすものの成れの果て。要するに、自己愛性人格障害の病理の発露が「『偽りの人権』の名の下の人殺し」になっているだけ。

日本に巣食う今日の『極左』や昔の日本赤軍は、アルカイダのような連中の精神構造となんら変わらない。

真の人権尊重、思いやり、融和と和解の心の失した『左翼』やテロリストは人間として
絶望。
Posted by 通弊 at 2007年04月08日 16:39
在日のアクドさ。。。

//戦後の日本における三国人たちの蛮行
http://vision.ameba.jp/watch.do;jsessionid=DABC46D6D6ED491C0915DC15C415207C?movie=197810

なぜ現在の日本で、駅前一等地にやたら在日経営の
パチンコや金貸し業が多いか、そのルーツが
よく分かる映画です。

多くの人に広めてほしいと願います。
Posted by 在日のアクドサ at 2007年04月08日 17:36
こんばんは!
瀬戸先生、先日はチャットにてお話していただき、ありがとうございました。
選挙に行き、さきほど侍蟻さんのブログに書き込んできました♪
わたしも先生や、みなさんのがんばりに励まされ、つたない小ブログで、自分なりに色々な歴史写真資料リンクを載せ、友だちに呼びかけをはじめてみました。
しかし、記事を書いた日からお気に入りの登録からのリンクが急激に増え、とんでもないアクセス数になっていたので、調べてみました。

どうぞご覧ください。
http://markciel.up.seesaa.net/image/insitukousaku.jpg

この粘着質な嫌がらせの仕方が、彼らが加害者であることを説に物語っていますね。自分や友人たちの中で、確固たる良い証拠になりましたし、わたしも国を愛する若者の一人として、認められたような気にもなりました。
Posted by markciel at 2007年04月08日 19:45

■終戦直後、第三国人(韓国朝鮮人)による略奪強姦暴行をあの高倉健が激怒!
■日本人の皆さん!この映画を全国に広めましょう!
■とにかく一度だけでも見て下さい。
■日本女性が我が子の目の前で朝鮮人の男達に輪姦されて発狂しています。
■これは事実に基づいて製作された映画です。
■あなたの大事なお祖母さんも被害にあっていた可能性があるのです!


http://vision.ameba.jp/watch.do;jsessionid=068CA60900C89BC272FF8F8F05D81C28?movie=197810
Posted by 在日特権 at 2007年04月08日 20:17
石原さん当確で売国左翼共がブログでキレまくりですな(笑
Posted by   at 2007年04月08日 20:41
本当ですな!石原さん当確でよかったです。きっこのヒステリー顔が目に浮かびますね
Posted by 時宗 at 2007年04月08日 20:52
5
きっこ懲りずにまたやってますよ。
逮捕秒読みですかね?
石原さん当確よかった。
都民の良識が証明されました。
Posted by TAKE at 2007年04月08日 20:54
くだらない! 国家のために命を投げうるなんてくだらない!

妄信的宗教にとらわれたかわいそうな人の戯言に聞こえますな。 

外国人労働者が日本市場に流入することにより、より社会がマルチナショナルになり、あらゆるアイディアが飛び交うようになる。

これからもどんどん混血を増やしていきたいですな! 混血の子は容姿良い子が多いでっせ!!

そういや、日本にいたときは結構不法滞在の外国人とやったことがありますなw。 やっぱやるんだったら、東欧や南米のねーちゃん達に限りますな!


VIVA インターナショナル!
Posted by 民が世 at 2007年04月08日 21:02
民が世

さっさと東亜へいきなよ。我々は身近な、我が国の女性達を愛し、慈しむから、オマエさんはさっさと日本から出て行くように。
Posted by 憂国者 at 2007年04月08日 21:17
愛国法というほど馬鹿げた規律は無い!

まあ、国家の形態により、敬うかどうかの価値が出る(自由主義論)が、日本衆愚国を愛せよという注文は難しい…。

小生には反日活動家の気持ちは少し理解できるかもしれません。 だからといって特ア諸国のいちゃもんを真に受けて旧日本の責任の有無を主張するつもりはありませんが。

そもそも、小生は愛国心という概念に反旗を翻しております。 誰もが生まれる国や文化を選択することができないのですから、それに対して誇りに思うことがナンセンスなんです。 

Posted by 民が世 at 2007年04月08日 21:28
もし、一つの国を好きになるということは、その個人の可能性を最大限に引き出せ、自由や権利を守り通せる立場にある存在であるかどうかということに委ねられるでしょう。 いつ如何なるときも国を愛せという価値観は非常に非合理的であり、自由の牽制に他無いからです。 

おそらく反日活動家の方々の概念の中には『敵の敵は味方』という概念が強いのでは? あまりにも、政治転換が難しく、敵が巨大であり、社会に嫌気がさす故にあえて、自分等にとって功利をもたらす敵の敵と友好関係を築いてしまうのでしょうね・・・・・・・

そしてわかっていただきたい事実は「日本という母国を裏切って、なぜ北の将軍様と手をくんで覚せい剤密輸して国民を犠牲にしてまで金儲けをしたい人人がいる」ということです!

正直申し上げて、私は今の日本そして多数派の日本国民を私の母国として非常に恥ずかしく思います。 そのお気持ちは論ずるに至ります。
Posted by 民が世 at 2007年04月08日 21:32
小生はアムステルダムでトイレの水道の水を頬張り飲むまで踊り酒を飲みまくり、マリファナを試して愉快になり、飾り窓地区で国営娼館の娼婦相手に最高のSEXをしたときに私の中でチャクラが開花しました。 その時思ったのです、そうかそういうことなんだ! 人生楽しまなきゃってねw。

・・・・さあ私と一緒に天国への道を駆け上がろうじゃあないか!
Posted by 民が世 at 2007年04月08日 21:37
民が世 百済無い 百済無い 君の祖国はもう無いんだよ!(俺のダジャレもくだらない?)笑 カミングアウトしたら・・・在日だって! 覚醒剤を密輸しているのは君達在日や仲間の同和=ヤクザだろうが!
Posted by 時宗 at 2007年04月08日 22:00
民が世へ
貴殿とはここに集う方々は価値観が違い過ぎます。貴殿が来る場所でない。
自分のブログの宣伝で来ているのだろうが、見苦しい書き込みはしない方がいいだろう。
Posted by 第三者 at 2007年04月08日 22:05
在日という流浪の民のいう事は同じなんですね。
巨大掲示板で見ましたが様々な人種の売春婦と寝たという事も在日は自慢しますね。
地球市民になれた、自由人になったと思うのかな。
麻薬がどうとかの話も好きですねー。
日本人には理解出来ない。
行くあてもなくこの世界を永遠に彷徨い続けるのでしょうか。
祖国に帰って国の為に尽くすという考えは在日にはないのでしょうね。
Posted by 通りすがり at 2007年04月08日 23:09
各位 コメントを有り難う御座いました。

>民が世くん
外国人労働者が流入するとマルチナショナルになって、色々なアイデアが飛び出すですと?
入って来るのは犯罪者予備軍や精神異常者など使いもんにならない者ばかりじゃないですかね。
混血がいい?その前に結婚できなくなった日本人が溢れて、流血の惨事になるよ。
不法滞在の女とやった?あなたが病気になるのは勝手だが、周りに感染させないでくれよ。
Posted by 極右評論管理者 at 2007年04月09日 01:02
最近ご無沙汰しております。
瀬戸さん、有門さん、そして皆様の、ますますのご活躍を祈念しております。
Posted by マック at 2007年04月09日 01:25
少なくともスコットランドで生活している小生は日本にいるときよりも生甲斐を感じますし、親しく話せる友達もできたし、キッスしてくれた女性もいたし、日本で過ごした数年よりも大いに充実しています。 

ただ、ここまで支援してくれた両親や親戚、そして恩師など、日本にも感謝するべきところがありますがね。 

それに日本食は世界一の料理であることはどこでも誇らしげに宣伝していますね。

ですから、腐っても母国、いつかかならず恩返しとして、この国を遠く離れた欧州から、もしくは日本が真に小生を必要としてくる日がきたら、日本を改善していきたい所存です! そしていつの日か、小生が常に信じ続けてきた大儀を基に天変地異と呼ばれるほどの日本変革を実現してみせます!!!!!!
Posted by 民が世 at 2007年04月09日 02:09
民が世っていう奴は、稀にみる夢精症の人ですねw
Posted by 埼玉県人 at 2007年04月09日 02:23
民が世へ   貴方のようなことお考えてると シナ人だけが生き残り日本人は絶滅されるから、日本から出て行け
Posted by 英雄 at 2007年04月09日 02:29
4
有門氏は私が何となく人生を過ごしていた時代から、日本の未来の事を憂いてらっしゃったのですね。自分のその頃の事を考えると…なんの思想もなく恥ずかしい限りです。
それにしても、民が代氏…見苦しいですね。結局ここに書き込みしているのは過疎化している自分のブログに誘導したいだけでしょ?こんな奴は放置もうざったいのでアクセス禁止で良いのでは無いでしょうか。
Posted by Fact at 2007年04月09日 04:31
各位 コメントを有り難う御座いました。

お知らせです。「民が世さん」の投稿からブログへのリンクを削除しました。

>マック様
ご無沙汰しております。応援を有り難う御座います。

>Fact様
私は何となく極右を選びました。^^
何となく生きていたら皆に勝てないから、何となく日本の未来を考えるしかありませんでした。ここのコメント欄で、民が世さんが行き過ぎた個の尊重を説いていますが、本当の「孤」になると、最終的には国のことでも考えるしかなくなります。これは日本の若者の未来像(つまり今)であると思いました。
Posted by 極右評論管理者/侍蟻こと有門大輔 at 2007年04月09日 12:43